実際に植物が危機に瀕しているのではないので、恐縮ですが、手塚治氏の「陽だまりの樹」で出てくる中が腐りかけた樹なども治せるのかなと、疑問に思っています。

樹の中身も治せるのでしょうか?どうするのでしょうか?
ご存知の方がいらしたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まず、腐り部分の除去です。



ノミを使って腐食部分を除去し、仕上げはウォーターガンできれいに除去。そのあとよく乾いたら、墨汁と木工ボンドを練り合わせて(てきとう)木質部に塗布。乾いたら下記の発泡ウレタンを注入して、木質部を完全復旧。すぐ固まりますから。固まったら、形成層より出ないよう、発泡ウレタンをノミ等で削ります。(年々形成層がウレタンを巻いてきます)で完成です。

樹幹が今にも折れそうな樹木は木質部に鉄筋などを組み込んで補強したあと発泡ウレタンを注入します。

コツは、腐り部分の完全除去・木質部の炭による殺菌・発泡ウレタンによる形成層の再生です。

一昔前は発泡ウレタンのかわりにモルタルでしたが、重量が重くなるのと、凝固したときに出来る木質部の隙間に水が入る といった不具合がありました。

発泡ウレタンが凝固したあとの加工が、カッターナイフで出来るのと、軽量・まあまあの強度・木質部への隙間の皆無・加工がしやすい・モルタルを練る等の手間の削減等、いいことずくめです。
この方法は大手の造園屋さんすら知りませんよ。

樹木医の施術方法です。ちなみに本当の樹木医さんは、試験・資格・経験年数等、難しく、各県数名しかいらっしゃいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うわぁ、すごい。ウォーターガンまで使うのですか。ますます樹木医さんのお仕事の奥深さを垣間見た気がします(って全然なのでしょうが)。

全く知らない世界。本を読んで、もうすこし知ることができたらと思います。

ありがとうございます。

お礼日時:2006/04/21 15:59

木の幹の生きている部分って、実は外側のほうの数センチなんですよ。

つまり、中身(木の真ん中のほう)といっても、生きておらず、役割は樹体の支持なんです。
なので、中身が腐りかけていても、その部分を取り除き、これ以上広がらないように消毒する…などによって可能です。

木の中身は除去されただけなので「木の中身を治す」という表現は適さないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。中心部分って、年輪の始まるところですよね。

ありがとうございます。

お礼日時:2006/04/21 15:57

樹木は、腐朽菌というものによって腐ります。


腐った部分が、樹木が生きる上で必要不可欠な部分(維管束という水や糖分の通り道)を侵していなければ、その後も生き続けることは可能です。
この場合の治療は、それ以上腐らないようにすることで、腐った部分を取り除き、また腐朽菌が入らないようシリコンやモルタルなどで保護します。
樹皮にキズがついた場合再生しますが、枝や幹の内部組織は再生することはありません。

腐った部分が大きいと、自身の体重を幹あるいは枝のみで支えられなくなるので支柱などで支えますが、それができない場合は、事故防止の観点から伐らざるを得ません。
先日も環境省が裁判(折れた枝によって負傷した管理責任を問うもの)で負けましたし、特に公共用地ではその辺りが厳しく考え、伐るケースが増えると予想されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

シリコンも用いるのですか。木の治療、奥が深いのですね。

危ないからといってきってしまうのですか。悲しいですね。末期の木を集めて、木のホスピスのような物はできないのでしょうか。でも、お金もかかるし、日本は狭いですしね。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/21 15:55

樹木医は基本的に漢方医学です。


 寿命で枯れてしまう以外でその生命を奪う原因は今の文明社会構造そのものです。
 それを断ち切ってしまえばすこぶる生命力のあるものですから長生きします。 質問にある腐りかけた木にしても患部を取り除いて外科的な治療を施しますが根本的な解決にはなりません。
 やはり環境の良いところへ移植するのが一番なんですね。 
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

移植ですか。

外科・・・今までそういうことが見たことないので、とても興味があります。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/04/21 15:53

こんにちは



この方が書かれている本を読まれてはどうでしょうか?
http://homepage3.nifty.com/nihonjumoku/sakusaku/ …

http://www.remake-flower-n.com/work/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

読んでみたいと思います。

お礼日時:2006/04/21 15:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qその樹なんの樹きになる樹

スクーターに乗って通勤しています。大都会のいわゆる産業道路を通っているため、大型車の排ガスがたまらない毎日です。そんな空気を吸いながらの通勤ですが、帰り道の道路でほんの一瞬だけ、距離にすれば数メートルの決まった間隔で、柑橘系のようなすごくいい香りがします。はじめは何かショップが近くにあるのではと思いましたが、どうやら街路樹のようなのです。街路樹は何十メートルに渡り、かなり大きな樹木が並んでいますが、香るのはその場所だけです。一年中です。不思議とその一瞬の香りに癒されます。場所柄わき見や停車が難しく、それでも一度確かめてみましたが香る樹木を見つけられませんでした。何の樹でしょうか?

Aベストアンサー

>香るのはその場所だけです。一年中です。
 一年中が難しい。

柑橘系とは言えませんが、樟脳の匂いはご存知でしょうか?
今は合成品の防虫剤がほとんどですが・・
http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/fujisawa_shono/index.jsp
もしもこれに近ければ、原料となるクスノキは街路樹でも使われ、大木になり、葉などが匂います。
http://www.skr.mlit.go.jp/kagawa/gairojyu/syurui/jkoboku/j.html

他に アベリアは低木で花期が今頃からで、長く咲きます。
http://www.skr.mlit.go.jp/kagawa/gairojyu/syurui/teiboku/t.html

参考URL:http://www.skr.mlit.go.jp/kagawa/gairojyu/syurui/syuindex.html

Q樹が上から腐ってゆく

庭に、前の家主さんが途中で切った庭木があります。
高さ5m超のドングリの木で、
おそらく、2階のベランダにぶつかるために、幹を途中で切ってしまったと思うのですが・・・

枝と枝の中間あたりで幹を切断して、おまけに切り口になにも塗らなかったらしく、
切断された部分から、そのすぐ下の枝までは、完全に枯れていて、ボロボロに腐りかけています。
下の枝は生きていて、緑の葉っぱがついているのですが、
その枝の付け根からさらに50cm下くらいまで、幹が腐りかけたようになってしまっています。

これ以上ひどくならないようにするには、どうしたらよいでしょうか?

Aベストアンサー

 生きている枝の元まで腐った幹を切り落としてから癒合剤縫ってください。 
http://store.shopping.yahoo.co.jp/engeicom/ot-003.html

Q陽の当たらない部屋でも大丈夫な観葉植物

陽の当たらない部屋でも大丈夫な観葉植物を探しています。

・北向きなので直接の日照は全く期待できません。
・部屋は高層階で窓が広いこともあって夕方までは照明無しでも普通に明るいです。

このような部屋でもしっかり活きてくれるグリーンを探しています。
実際のご経験からのアドバイスなどもいただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

#1さんにもありますが、夕方まで明るいのでしたら、例えばオリーヴなどのように特に太陽光を好むものやデリケートな種類以外でしたらだいたい大丈夫ではないでしょうか。パキラはむしろ日照が強いと葉の先端が茶色になり出して一気に落ちてしまいます。私が南側の部屋で失敗した例です。

北向きではないのですが、実家の母は東向きの玄関でアジアンタムとシマトネリコを上手に育てています。これらは半日陰でも大丈夫な種類のようですので老齢の母も大きな植木鉢を抱えて場所移動の必要もなく楽に育てているようです。シマトネリコは最初20cm程度だったものが今では50cmぐらいになって葉もよく茂って美しくなっています。

ミルクブッシュやユッカも半日陰でも育ちやすいと思います。
ユッカは以前、我が家の東南角の廊下で育てていたのですが、(日照状態は半日陰の明るいめという感じです)非常に良く育ちました。5年ほど前にユッカを知人にお譲りし、その後その場所ではミルクブッシュを育てています。

日照状態も気になるところですが、マンションで育てるグリーンですと、風通しや乾燥に注意が必要だと思います。
高層階の明るい北向きのお部屋ということですので「半日陰」というイメージでお答えさせていただきました。参考になれば幸いです。

#1さんにもありますが、夕方まで明るいのでしたら、例えばオリーヴなどのように特に太陽光を好むものやデリケートな種類以外でしたらだいたい大丈夫ではないでしょうか。パキラはむしろ日照が強いと葉の先端が茶色になり出して一気に落ちてしまいます。私が南側の部屋で失敗した例です。

北向きではないのですが、実家の母は東向きの玄関でアジアンタムとシマトネリコを上手に育てています。これらは半日陰でも大丈夫な種類のようですので老齢の母も大きな植木鉢を抱えて場所移動の必要もなく楽に育てているよう...続きを読む

Q観葉植物は、たまには陽に当てた方が良いんですか?

観葉植物は、たまには陽に当てた方が良いんですか?

Aベストアンサー

基本的には植物は日当たりを好みます。
パキラやポトスなんかは日の当らない室内に置いてあることが多いですが、「日陰でも枯れない」というだけです。日光に当てた方が葉が生き生きしてきますよ。
ただ、それまで室内で育てたものをいきなり長時間日に当てると葉が痛みますので、窓際においたり30分~1時間から始めたり工夫が必要です。
ものによっては直射日光を嫌いますので、種類別に調べた方がよいでしょう。一番正確なのは、原産地の気候と同じにすることです。

Q腐生植物の栽培

腐生植物というのがありますよね。
ギンリョウソウ・シャクジョウソウ、ツチアケビ及びその他の腐生蘭…
葉緑素を持たず、寄生もせずに、菌と共生して生きている苔でもカビでもない植物です。
たいてい、絶滅の危険にさらされているようです。
この植物、とっても妖しい魅力があると思いませんか? もし栽培可能なら、マニア好みの素晴らしい栽培対象かと… 子供の頃からあこがれています。(笑)
しかし、今だ栽培例を見聞きしたことがありません。 絶滅危惧種になりつつある、あるいはなっている、というような話ばかりです。
しかし、可能性としては、現代のハイテクを以って不可能な事項とも思えないのですが…
なにか、この件についてご存知の方、いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

確かに人工栽培ができれば需要は大きいでしょうが、なかなか難しいでしょうね。
第一に菌類自体、栽培が可能なものは少ないですからね。腐生植物の場合はまず
菌が繁殖できるための環境を作ってやらなければならないでしょう。
オニノヤガラなどは薬用としての需要もあるので研究が進んでいるかと思って検索
してみましたが、やっと研究室レベルでなんとかできたと言う段階のようです。
(参考URL"腐生ランの栽培に挑戦~ついにオニノヤガラの人工栽培に成功~")

参考URL:http://www.obunsha.co.jp/concours/hyoshi/ichiran/image/naikaku.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報