最新閲覧日:

チール・ネルゼン染色とか蛍光染色とは、どういったもの(化学物質?)で染色するのですか?
抗酸菌の何に反応するのですか(脂質の膜?)?
また、チール・ネルゼン染色とテール・ニールセン染色とは同じものですか?

質問攻めで申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

チール・ネルゼンもテール・ニールセンも同じです(Ziehl-Neelsen)。

菌体のどこに反応するかはわかりませんでしたが、フクシンで染めた後、酸処理する過程で一般細菌では脱色されてしまうのに対し、結核菌を始めとする抗酸菌類では脱色されないという性質を利用して一般細菌と区別するという原理です(これが「抗酸菌」という名前の由来)。
http://www.hosp.go.jp/~kinchu/article/ntmqanda.h …
http://www.jichi.ac.jp/usr/path/stain/docs/tbc.h …

蛍光染色(聞いておられるのは抗酸菌に対するものですよね?)の方はオーラミンやローダミンといった蛍光物質が抗酸菌の菌体に結合することを用いるものです。普通、蛍光染色というのは蛍光物質を染めたいものに特異的に結合するような抗体にくっつけて染色する蛍光抗体法が多いのですが、この場合は蛍光物質そのものが抗酸菌に直接くっつくようです。どの部位に結合するかとか、詳しい原理は分かりませんでした。
http://www.jichi.ac.jp/usr/path/stain/docs/ro.html
http://www.samt.or.jp/gakujutu/sizbyo02.htm

最近はPCRを用いて結核菌のDNAを直接検出する方法もあるみたいですね。
http://www.kekkaku.gr.jp/ga/ga-14.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。大変タメになりました。

お礼日時:2002/02/13 23:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ