チール・ネルゼン染色とか蛍光染色とは、どういったもの(化学物質?)で染色するのですか?
抗酸菌の何に反応するのですか(脂質の膜?)?
また、チール・ネルゼン染色とテール・ニールセン染色とは同じものですか?

質問攻めで申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

チール・ネルゼンもテール・ニールセンも同じです(Ziehl-Neelsen)。

菌体のどこに反応するかはわかりませんでしたが、フクシンで染めた後、酸処理する過程で一般細菌では脱色されてしまうのに対し、結核菌を始めとする抗酸菌類では脱色されないという性質を利用して一般細菌と区別するという原理です(これが「抗酸菌」という名前の由来)。
http://www.hosp.go.jp/~kinchu/article/ntmqanda.h …
http://www.jichi.ac.jp/usr/path/stain/docs/tbc.h …

蛍光染色(聞いておられるのは抗酸菌に対するものですよね?)の方はオーラミンやローダミンといった蛍光物質が抗酸菌の菌体に結合することを用いるものです。普通、蛍光染色というのは蛍光物質を染めたいものに特異的に結合するような抗体にくっつけて染色する蛍光抗体法が多いのですが、この場合は蛍光物質そのものが抗酸菌に直接くっつくようです。どの部位に結合するかとか、詳しい原理は分かりませんでした。
http://www.jichi.ac.jp/usr/path/stain/docs/ro.html
http://www.samt.or.jp/gakujutu/sizbyo02.htm

最近はPCRを用いて結核菌のDNAを直接検出する方法もあるみたいですね。
http://www.kekkaku.gr.jp/ga/ga-14.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。大変タメになりました。

お礼日時:2002/02/13 23:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一定濃度・一定温度における蛍光強度の変化

私はリン脂質水溶液に蛍光物質を混ぜた試料の蛍光スペクトル測定を行っています。

リン脂質は温度・圧力によって状態が変化します。私は温度を一定に保ち、試料に圧力をかけながら蛍光スペクトル測定を行っています。この実験では、リン脂質の状態変化に伴って、蛍光極大波長が変化します。それに伴って蛍光強度も変化します。

圧力または温度を上げていくことで、リン脂質の状態がA→B→Cと変化すれば、それに伴って蛍光極大波長もa→b→cと変化します。蛍光強度もα→β→γと変化します。それぞれリン脂質の状態に特有のものです。

なぜ、リン脂質の状態によって蛍光強度が変化するのでしょうか?蛍光極大波長が変化する理由は分かるのですが、蛍光強度が変化する理由が分かりません。

蛍光そのものに詳しくないので誰か何か分かることがあれば教えてください。

Aベストアンサー

「電子が光などのエネルギーを吸収して励起した後、再び基底
状態に戻るときに光としてエネルギーが放出されるのが蛍光」と
説明されますが、例え蛍光を放つ物質であっても、光を吸収した
電子の全てが蛍光を放つ形で基底状態に戻るわけではありません。

つまり、「基底状態」と「励起状態」の間を一気に戻るのではなく、
その中間にあるエネルギー状態を経由して電子が徐々に基底状態に
戻った場合は、その電子分の蛍光は発生しません。
(「ある分子から励起した電子は蛍光を発したが、その隣の分子では
 熱振動に変換された」という場合がある、ということです)

このため、状態変化により、中間状態に移行する確率が変われば
(下記URLを参考にすれば、「より結合の回転しやすい状態を経る」等)、
蛍光強度も変化するものと思います。

参考URL:http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a/q16.html

Q非結核性抗酸菌症でも、治療の必要がない場合はありますか?

数日前にも結核の質問をさせていただいた者です。

喀痰の検査でガフキー1号が出て(胸部CT、胸部レントゲン、血液検査異常なし)、PCRの結果が出まして、結核ではない事が分かりました。
(先生が説明のメモに、MAC・MTb・アビウム・イントラセハラ全て陰性と書いてありました)

内科の先生は「よかったですね。特に何も心配する事はないので。では。」
っと診察を終わろうとされてたので、非結核抗酸菌症だったのかを聞くと、「きっとそれですよ。でも問題ないです。」
痰がおさまらないのと、気管が苦しい感じが続く事を告げ、
非結核性抗酸菌との関係はあるのかを聞くと、専門外なので分からないので、ご心配なら胸部の専門の病院を紹介しますとの事でした。

インターネット等で調べると、非結核性抗酸菌症は投薬を何年も続けないといけない病気で、特効薬がない等見た事があるので、症状が出てれば、治療しないといけない病気だと思っていたのですが、MAC等が陰性だったから大丈夫という事なのでしょうか?
それとも先生が専門外なので、治療を要する病気とご存じない方(メモの抗酸菌の字を好参菌と字を間違われていたので・・)だったのでしょうか?

分かりにくい文章ですいません。
そうぞよろしくお願いします。

数日前にも結核の質問をさせていただいた者です。

喀痰の検査でガフキー1号が出て(胸部CT、胸部レントゲン、血液検査異常なし)、PCRの結果が出まして、結核ではない事が分かりました。
(先生が説明のメモに、MAC・MTb・アビウム・イントラセハラ全て陰性と書いてありました)

内科の先生は「よかったですね。特に何も心配する事はないので。では。」
っと診察を終わろうとされてたので、非結核抗酸菌症だったのかを聞くと、「きっとそれですよ。でも問題ないです。」
痰がおさまらないのと、気管...続きを読む

Aベストアンサー

そのお医者さんが非専門なら一度専門の先生に紹介・話を聞きに行かれては如何でしょうか。結論としては経過観察になるはずですが、せめて情報は聞いておかれた方が良いでしょう。

問題1. 本当は何だったのか。
PCR法で陰性で有ったとのこと。そう言うこと結構有るのです。非定型抗酸菌と言っても沢山有りますし、それこそあのオレンジの菌は幻?と思いたくなることも。培養してもっと検体が増殖したら何かできるかも。PCR法以外にも確定に行くことが有りますが、保険的にも調べる事は困難です。研究施設でボランティアで気の良い検査技師さん・・・しかし院外の物を興味だけで調べる人あるのかなあ。診断には責任が伴いますから親しくないとあっけなく断られると思います。で、治療対象にもならず調べる価値も少ない事が多く結局なぜ調べなければ行けないのかと言うジレンマも。まあ、非定型の一種では?それ以上体勢に影響なし。となります。ただ、治療上影響があるようなら特定しなくてはいけないでしょうね。
問題2. 本当に感染症なのか
非定型抗酸菌は何処にでも居る常在菌です。土・水道にも居ます。なので病原性に乏しいのです。と言うことはたまたま貴方の口から或いは紛れ込んでもおかしくありません。つまり、非定型抗酸菌に感染しています、貴方の体に宿っていますと診断することは結構難しいです。診断基準も存在します(繰り返し検出されること+画像上妥当な感染巣が有る事など)。検出=感染では有りません。貴方の場合、単発・CT正常という段階で???マジで感染なの??何処に居たの?となります。
問題3.治療が必要なのか
非定型抗酸菌症を調べると慢性的に蝕むタイプが書かれていると思います。確かに20-30年単位で問題になることも有ります。が、一方悪さをしない事と、薬剤治療を行っても大抵再発しますので何のため?に治療を行うか非常に理屈を失う結果になります。よって、大抵の場合治療が行われません。私もほぼしたこと有りません。長年苦しんでいる方ぐらいでしょうか。20才ならなおさら今後20-30年後の貴方の体の成り行きを慎重に検討してから、行う場合は真剣にしないと行けません。私なら入院して化学治療を行いますね。それだけ真剣に貴方の今後を見渡せる医者に行って貰う方が良いですし、今の状況で治療を行う医者は居ないと思いますよ。多分。居れば何故治療を行うかpointを聞いて私に教えてくださいね。
>>喫煙 一応リスクでしょうね。気管支炎など気道病変を伴い安いので保菌してもおかしくありません。よどむところにくっつきます。
で、十中八九喀痰とCTのフォローアップになると。或いはCTも専門が見るとかすかな感染巣が指摘される事も有ります。普通に見ると引っかける「べきでない」程度の。
それでも良いから一度話を聞きに行けば良いとおもいますよ。

そのお医者さんが非専門なら一度専門の先生に紹介・話を聞きに行かれては如何でしょうか。結論としては経過観察になるはずですが、せめて情報は聞いておかれた方が良いでしょう。

問題1. 本当は何だったのか。
PCR法で陰性で有ったとのこと。そう言うこと結構有るのです。非定型抗酸菌と言っても沢山有りますし、それこそあのオレンジの菌は幻?と思いたくなることも。培養してもっと検体が増殖したら何かできるかも。PCR法以外にも確定に行くことが有りますが、保険的にも調べる事は困難です。研究施設でボラ...続きを読む

Q分光蛍光光度計の原理で聞きたい事があります。

分光蛍光光度計の原理を調べている大学の工学部2年生です。

光源から励起光を放ち、励起光を励起側分光器を通して、試料に照射して、試料から放たれる蛍光を蛍光側分光器を通して検出器で蛍光を検出する原理です。
ここで聞きたい事があるのですが、励起側分光器と蛍光側分光器の役割とはなんなんですか?

Aベストアンサー

>励起側分光器
出来るだけ波長幅の小さい光を作る。(どの光を入射させると蛍光を発するか特定するため)
>蛍光側分光器
蛍光がどの波長に現れるか測定する。(全波長を一度に測定するのはおかなが掛かる)

Q医師1名のクリニックで、循環器科・消化器科・呼吸器科・内科・小児科・外

医師1名のクリニックで、循環器科・消化器科・呼吸器科・内科・小児科・外科・整形外科 を標榜していますが専門はなんでしょうか?こんなに標榜しても問題は無いのでしょうか?

http://www.agemanagement.net/info-annai.htm

トプページはアンチ・エイジングなんてのも有ります。
http://www.agemanagement.net/antiaging-towa.htm

Aベストアンサー

以前は、あらかじめ規定されている診療科目であれば、どれをいくつ掲げてもいい、ということになっていました。
ですから、とりあえず診療できそうな科目を全部かかげてしまえ!という医療機関が多くありました。
ただ、質問者さんのように、混乱する患者さんが多くいて、2年位前に法律が変わりました。
医療機関は、常勤の医者1名に対し、標榜できる診療科目は2つまで、というふうにかわりました。
ですが、それ以前からある看板に関してはそのままでいい、ということなので、そこの医療機関は2年以上前から多く診療科目を掲げているのでしょう。
最近新しく看板を変えたのに、3つ以上診療科目を掲げていると、医師会に通報すべきこととなります。

あんまりたくさん掲げていると、かえって信用がなくなるような気がするんですが、その医者は何を考えているんでしょうかね・・

Q腕時計 蛍光加工

腕時計が蛍光加工されてなくて夜になると見えないので蛍光加工したいのですが

針に蛍光シールや蛍光ペンなんかでも大丈夫でしょうか?

それとも
時計店とかに行って加工して貰うべきでしょうか?

Aベストアンサー

関係あるQAがありました。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6654480.html
回答#1によると腕時計の弱った蓄光剤を補修するキットがあります。

夜光 ≒ 蓄光 ≠ 蛍光
なのは No.2 さんと同意見です。

蛍光塗料、蛍光剤は、紫外線が当たると可視光線を発するものです。
・蛍光ペンが光ってるように見えるのは、周囲からの光に紫外線が含まれる為であり、
 蓄光(光を蓄える)働きはなく、光源のない暗闇では光りません。
 逆にブラックライトなどで紫外線を当てれば光ります。
・蛍光灯は、管内部で紫外線を発し、管内面の蛍光剤によって可視光線に変換され、
周囲を照らす照明となります。

Q粘液染色

粘液染色にはムチカルミン染色があると思うのですが、他にはどのようなものがあるのでしょうか?アルシアン緑、PAS反応、があると思うのですが、トルイジン青やアルシアン青、コロイド鉄染色などの多糖類染色も含まれるのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃったらよろしくお願いします!

Aベストアンサー

粘液の種類は多いですよ。ムチカルミンは中性粘液、アルシアンG、B、トルイジンB、コロイド鉄は酸性粘液。PASは中性粘液多糖類、ベストカルミンはグリコーゲン、その他特別な粘液にはレクチン、免疫染色もあります。

QHPLCの蛍光検出器

HPLCの蛍光検出器で蛍光を出さない多くの物質について蛍光誘導体を作ることができるそうですが、これはどのような操作をすればいいのでしょうか?またHPLCで蛍光検出器を使用することについての長所と短所を教えてください。

Aベストアンサー

>HPLC の蛍光検出器で蛍光を出さない多くの物質について蛍光誘導体を作ることができるそうです
この文章意味不明なんですが。と言うのは、後段の

>HPLC で蛍光検出器を使用することについての長所と短所
から答えて方がわかりやすいので、こちらから行きます。

蛍光検出器、とは文字通り、蛍光を検出するものです。何の処理をしなくても蛍光を発する物質もないことはないですが、ある特定の化学構造があると、一定の波長の光を当てると、蛍光 (別の波長の光) を出す現象は、よく知られています。これを応用したものが、蛍光検出器で、HPLC からの Eluent を Flow Cell に連続的に流し、ここへ励起光を照射、生じる蛍光を測定します。蛍光の測定原理は、一般的な UV と同様です (尤も UV は吸収なので、ある意味逆ですが、強度の測定、と言う意味では一緒です)。そこで、UV では、非特異的吸収の測定になるため、Interference の存在を排除するための、前処理、HPLC Condition の設定が、非常に難しいことがありますが、蛍光の場合は、特異的に蛍光を出すことになるので、Interference の影響がかなり緩和されます。また、強度の関係で、測定感度が上がる、という Merit もあります。

一方、物質自体が蛍光を発することが少ないので、蛍光物質と言う特定の化学構造を持つ物質 (誘導化物質) を付加する必要があり、この作業を誘導体化、出来上がった物質を誘導体と言います。この処理は、HPLC で分析する以前に行ない、過剰量加えて誘導化物質、誘導体化する条件を設定するために加えた物質等をある程度は除去する必要もあり、この前処理が、複雑すること、どうしても HPLC にかける状態の Sample 中の Interference が、多の分析法に比べ多くなるために、Column の劣化を早める傾向がある、などの短所があります。

また、適切な誘導体化の条件を設定するにも、かなりの時間を要することもあります。

ちょっと特殊な例ですが、強アルカリ条件下では蛍光を発する物質の測定を行なったときは、HPLC 本体、Cloumn には強アルカリは流せませんから、Post Column で強アルカリを加え、蛍光検出器に誘導したこともありますが、測定終了後直ちに Line を洗浄する要があり、そのために System を構築したこともあります。

ということで、冒頭へ戻りますが、蛍光検出器で蛍光誘導体を作ることはできません。多くの物質かどうかは知りませんが、蛍光標識を付加できる物質、例えば -NH2 に対する OPA などは、成書に多数掲載されていますから、この位のことは、御自分でお調べください。Text 形式のここに書き出すのも大変ですから。そこには、誘導体化の一般的方法も併記されている筈です。

>HPLC の蛍光検出器で蛍光を出さない多くの物質について蛍光誘導体を作ることができるそうです
この文章意味不明なんですが。と言うのは、後段の

>HPLC で蛍光検出器を使用することについての長所と短所
から答えて方がわかりやすいので、こちらから行きます。

蛍光検出器、とは文字通り、蛍光を検出するものです。何の処理をしなくても蛍光を発する物質もないことはないですが、ある特定の化学構造があると、一定の波長の光を当てると、蛍光 (別の波長の光) を出す現象は、よく知られています。これを...続きを読む

Qクモ膜下出血 手術後の異変

今年、4月の始め 母がクモ膜下出血により倒れました
不安で仕方なく、ネットで病気や同じ症状で困ってる人の意見を読んだりしたのですが、同じ症状での情報が見つけられなかったので
母の状況を細かく説明した上で相談にのって頂きたいと投稿しました 

母の状態ですが手術(クリッピング)は成功し、最初、1日おいて次の日には目を覚ませるであろうと言う医者のお話でした
ですが、安全にという事で麻酔で眠らせて実際に目を覚ましたのは3日後でした

最初は意識は取り戻したものの目を開けられず私が話しかけると小さくうなずいてくれる程度でした
翌日の朝になると目もあけられるようになり、会話もできました
この時点ではまったく問題なく会話ができました

その日のお昼の面会に顔を出すと会話はできたのですが何か少し記憶が混乱しはじめていて、私が母に謝った言葉にたいし
「同じ事を前にも言っていた人がいるよ 確か・・(私の名前)って言ったかな 北海道に住んでいてね、君のひとつ上にいるはずだよ。」
なんて話はじめました 実際私に兄はおらず多分、私の事をいっていたと思います(以前私が同じように母に謝った事があったので)
夜の面会では更に話が混乱していて会話が少しずつかみ合わなくなりました

次の日、その次の日と徐々に会話がかみ合わなくなっていき
私の名前も出ない時、弟の写真を見ても誰なのかがわからない状態になりました
お医者さんや看護師の方にきくと手術後はよくある事だと言われましたが1ヶ月たった今でも状態はかわりません
自分の名前も言えない事もあったりします
例えば好きな食べ物を聞くと食べ物を答えるのですが、そこからその食べ物の名前が人の名前になってしまって
そこから話がどんどんずれていくような感じだったりします(記憶を無理やりつないで会話をつくっているような)

合併症で脳梗塞をおこし、片足が不随になってしまいました
記憶に関しては脳梗塞を起こす前と後では特にかわりありません

これは認知症なのでしょうか?それとも別の病気なのでしょうか
どなたか似たような経験、小さな事でも情報があればお願いします
本当に心配です ぜひとも参考にさせて頂きたいので沢山の回答をお待ちしております

今年、4月の始め 母がクモ膜下出血により倒れました
不安で仕方なく、ネットで病気や同じ症状で困ってる人の意見を読んだりしたのですが、同じ症状での情報が見つけられなかったので
母の状況を細かく説明した上で相談にのって頂きたいと投稿しました 

母の状態ですが手術(クリッピング)は成功し、最初、1日おいて次の日には目を覚ませるであろうと言う医者のお話でした
ですが、安全にという事で麻酔で眠らせて実際に目を覚ましたのは3日後でした

最初は意識は取り戻したものの目を開けられず私が話...続きを読む

Aベストアンサー

 お母様の病状については治療にあたってきた主治医の先生が最も詳しいと思いますので、主治医の先生から説明を受けられるのがベストだと思います。

 一般的なお話をすれば、くも膜下出血を発症すると1/3の患者さんは命が助からず、1/3の患者さんは命が助かっても後遺症を残し、残りの1/3のみが元通り社会復帰できる・・・と言われており、いつもそう説明させて貰っています。

 くも膜下出血が怖い病気であると言われるのは、突然死のリスクがあるということも勿論理由の一つですが、発症後4-14日目に遅れて起こってくる脳血管攣縮(れんしゅく)があるからだと思います。脳血管攣縮とは、出血の影響により上記の期間に脳血管が収縮して細くなってしまい脳細胞に酸素や栄養が送られず脳梗塞になってしまう病態を指します。発症後や術後暫くは元気に喋ることができていても、脳血管攣縮期に入ると意識状態が悪化して手足の麻痺なども生じ、それが続けば脳梗塞となり重篤な後遺症を残したり、或いはときには命を落とすことさえもあります。そしてこの脳血管攣縮に対する絶対的な治療法は残念ながら今日現在でも確立されていません。

 ご質問の文章から推察するに、お母様の脳梗塞は脳血管攣縮によるものでしょう。現在の症状からすると、手足の障害の他に物事を認知したりする能力にも障害が生じてしまった可能性はあると思います。

 しかしまだ発症後1ヵ月ですから、現在の状態が改善してくる可能性はまだあると思います。また、くも膜下出血後のもう一つの合併症である正常圧水頭症を現在併発しているのであれば、そちらについては治療の方法があります。

 以上より、「これは認知症なのでしょうか?それとも別の病気なのでしょうか」に対する回答としては、

 現在の状態はくも膜下出血によるものであり、さらに細かく言えば、出血時のプライマリーの脳の損傷による症状か、脳血管攣縮による脳梗塞に起因する症状、或いはくも膜下出血後の正常圧水稲症による影響が原因として考えられると思います。現在の症状がこのまま後遺症として残る可能性もありますが、発症後3か月~半年位までは症状が改善してくる可能性がありますし、正常圧水頭症であれば手術による治療法という選択肢もあると思います。お母様の今後の経過については、実際に診察させていただいたり、CT所見などを拝見させていただかないとなんとも判断のしようがないので、やはり主治医の先生にお聞きになられるのが良いでしょう。

 お母様の病状については治療にあたってきた主治医の先生が最も詳しいと思いますので、主治医の先生から説明を受けられるのがベストだと思います。

 一般的なお話をすれば、くも膜下出血を発症すると1/3の患者さんは命が助からず、1/3の患者さんは命が助かっても後遺症を残し、残りの1/3のみが元通り社会復帰できる・・・と言われており、いつもそう説明させて貰っています。

 くも膜下出血が怖い病気であると言われるのは、突然死のリスクがあるということも勿論理由の一つですが、発症後4-14日目に遅れ...続きを読む

Q水晶の蛍光性について

題名の通りなのですが、天然の水晶には蛍光性があるものなのでしょうか。ガラスには蛍光性があり、水晶には蛍光性が無い。とか、水晶でも物によって蛍光性があったり無かったりするものなのでしょうか。どうか教えてください。

Aベストアンサー

水晶の鑑定法のひとつに蛍光の有無で判定する方法があります。
ガラスでも石英ガラスは蛍光がありません。
しかしながら、人工水晶の蛍光は不明です。

参考URL:http://www.moonmadness.jp/suisho.html

Qくも膜下出血

私の母がくも膜下出血になり手術をしました。3日経ちましたがまだ意識が戻らないようです。だいたいどのくらいで意識は戻るのでしょうか?手は少しなら動いています。目も少しなら開けたりします。

Aベストアンサー

くも膜下出血の手術はあくまでも動脈瘤の再破裂を防ぐために行う手術ですので、意識が戻る戻らないためにする手術ではありません。それで入院時のHunt&Kosnik分類やHunt%Hessの重症度分類が予後と大変密接な関係にあります。1-3までならば生存する可能性が高く、4ではかなり厳しく、5ではまず生存できないと考えてもらえればいいと思います。3日経過して開眼したり、手がにぎったりできるということは3ぐらいの状態でしょうか?これだけの文面ではわかりませんが、あまり漠然として難しいですねえ。よーく主治医の先生にメモをとりながら聞いてみてください。もしくは質問はメモして主治医にお尋ね下さい。


人気Q&Aランキング