痔になりやすい生活習慣とは?

次の住宅地に適用される不整形地補正率、奥行長大補正率(後者は関係ないかも。)を教えて下さい。土地形状は台形。南側の9mの下底が幅約5mの道路に接しています。上底は5m、高さは25m、したがって広さは約175平米。間口の狭く奥行きの深い形状です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 この不整形地補正率、奥行長大補正率というのは相続税財産の評価の質問なのでしょうか?それとも他分野の土地評価関係での質問なのでしょうか?


 もし、質問が相続税財産の評価にあたるならば、不整形地補正率は、『付表4「地積区分表」に掲げる地区区分及び地積区分に応じた付表5「不整形地補正率表」に定める補正率』(下記httpより抜粋/財産評価基本通達)となるそうです。
 質問の例の場合、住宅地で広さが約175平米ということですので、付表4「地積区分表」に当てはめますと普通住宅地区の500m2未満となり地積区分はAとなります。
 そして、付表5「不整形地補正率表」にあてはめるために「かげ地割合」を算出します。(算出方法は下記数式)
「かげ地割合」=(想定整形地の地積-不整形地の地積)
          ÷想定整形地の地積
(図)
---想定整形地
***不整形地

---******----
|--********--|
|-**********-|
|************|
*************

質問例のかげ地割合=(9m×25m-175m2)
               ÷(9m×25m)
         =0.22222… ⇒ 「20%以上」
これを下記httpの付表5「不整形地補正率表」にあてはめると、不整形地補正率は「0.94」と導き出されます。
 奥行長大補正率については、手元に資料がないのでわかりません。
 また、私は素人であり資料を片手に算出しましたので正しいかどうか心許ないです。
 やはり税理士等の専門家に相談なさるのが一番確実で信頼がおけると思います。


http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kobetu/souz …
6ページ、21ページを参照のこと

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kobetu/souz …

この回答への補足

色々な検索エンジンでひっかからなかったところ、ついにMSNで「奥行長大補正率表」のあるHPを発見しました。http://www.tabisland.ne.jp/explain/zaihyoka/zaih …
「119」さん始め、サポートを試みられた方々に感謝します。

補足日時:2001/01/07 16:24
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切・丁寧に御回答いただき有り難うございます。国税庁のHPに通達文があるとは気付きませんでした。同HPに付表7の奥行長大補正率表が省略されているのが残念です。

お礼日時:2001/01/05 22:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社会保険協会の会費は納めるべきでしょうか。

従業員12名の会社で事務をしております。
今まであまり深く考えずに納付していましたが、この会費を納めていない事業所もあるのでしょうか。
案内書によると、社会保険制度の普及や被保険者の厚生福利等の事業を実施しているようですが・・。

Aベストアンサー

支払わなくても全然問題ありません。
毎年のように納入書が届き、支払わないと算定基礎等で社会保険事務所へ出向いたときに支払ってくださいといわれますが、無視していてもその後は何も言われませんよ。

Q税込から税抜に変更した場合の固定資産

2004年までは税込経理でしたが、2005年からは税抜処理にしました。2004年に取得した固定資産は税込で登録してあります。2005年から税抜き処理になった場合、これはどうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>それでは、本当はこれからは、税抜き経理をしていきたいので、2005年に取得した固定資産は税抜きで登録し、2004年以前の税込処理時代のは税込のままの登録でいじらなくていいのですね。

そうですね、その通りです。

>2004年以前の税込時代の固定資産の減価償却費はこれから毎年消費税分多くなってしまいますが、これは、なにか、処理しなくてよいのでしょうか?消費税分雑収入にいれるとかしないとだめなのでしょうか?でも雑収入にいれるのも変なような気がします・・。

何もする必要はありません。
仮に本則課税であった場合は、売上等に係る消費税から、仕入や経費、資産の購入等に係る消費税を引いて、消費税を納付する訳で、その時に税込経理方式であれば、固定資産に係る消費税分については既に控除されているので、納付時に処理する租税公課勘定も、その分少なくなっていますので、その分が償却期間に渡って費用化されるだけの話で、簡易課税であればそれは関係なくなりますが、いずれにしても、消費税の精算仕訳又は納付時にそれは既に精算されている事になりますので、何もする必要はなく、消費税分だけ償却費が多くても全く問題はありません。

>それでは、本当はこれからは、税抜き経理をしていきたいので、2005年に取得した固定資産は税抜きで登録し、2004年以前の税込処理時代のは税込のままの登録でいじらなくていいのですね。

そうですね、その通りです。

>2004年以前の税込時代の固定資産の減価償却費はこれから毎年消費税分多くなってしまいますが、これは、なにか、処理しなくてよいのでしょうか?消費税分雑収入にいれるとかしないとだめなのでしょうか?でも雑収入にいれるのも変なような気がします・・。

何もする必要はあ...続きを読む

Q親族間の土地の売買で適正な価格とは

適正価格よりも低い価格で売買すると、その差額が贈与されたものとみなされ、贈与税を課せられる可能性があるということなので、贈与税を課せられない適正価格を知りたいのですが、相続税評価額で大丈夫ですか?それとも実勢価格から何%の範囲とかあるのですか?

Aベストアンサー

売買等による贈与税の計算のときの時価は、次のように計算して参考価額としています。

対象地の路線価:対象地の時価=公示地の路線価:公示地の公示価格
注)公示地の他に基準値も参考に計算するとよいでしょう。

対象地の時価=公示地の公示価格×(対象地の路線価÷公示地の路線価)

いくつか計算して、価額を確定すれば贈与税は課税されないでしょうが、もともとこのような方法としたのは、路線価で売買し、すぐに他に転売して差額について贈与税を不当に回避する行為が横行したためです。
また、参考価額としての時価の計算は、今回の公示価格・基準地価格が若干でも上昇しているような地域については、そのまま適用されるでしょうが、いまだに下落等している地域では、路線価=時価として売買されているところもあるようです。
路線価
http://www.rosenka.nta.go.jp/
土地情報ライブラリー(公示地・基準地・取引情報等)
http://www.tochi.nla.go.jp/
以上ご参考までに。

Q貸付金利息の計算

こんにちは。
役員の貸付金利息を計算するときに
(前期末残高+当期末残高)÷2×利率=貸付利息
という計算式を用いています。
計算根拠がよく分りません。税理士に聞いても答えてくれませんでした。 この計算方法で問題ないのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「(前期末残高+当期末残高)÷2」との部分で期中平均元本額が算出されますから、これを元に利息計算をしているのでしょう。

問題あるかどうかは、貸金契約における利息計算の定め方如何によります。

すなわち、その計算方法と異なる計算方法を定めていたときは、利息の過剰請求または過少請求をしているおそれがあります。もしも過剰・過少があれば、差分につき返還または追加請求するかどうかの問題が発生します。

そのとおりの定めがあるか、またはそもそも定めのないときは、特に問題ないでしょう。定めのないときは、その計算方法でよいとする黙示の合意が会社・役員の間にあったと捉えることになります。

Q仕訳を教えてください

飲食店の材料を使ってまかない食を従業員に提供して(無料)いる場合決算時に福利厚生費として計上しないといけないのでしょうか? 経営者が店で飲食したものは家事消費分として売上にあげると聞いています。

Aベストアンサー

食材を仕入れる時に、
〔借方〕食材仕入高◇◇◇◇/〔貸方〕現金◇◇◇◇

と仕訳するのであれば、その食材を使った食事を従業員に無償提供する時は、
〔借方〕福利厚生費оооо/〔貸方〕食材仕入高оооо

でいいでしょうね。売上用(顧客料理)に仕入れた食材を社内用に転用するからです。

本格的な仕訳ですと、
〔借方〕福利厚生費оооо/〔貸方〕他勘定振替高оооо

がよろしいでしょう。

Q収入印紙の売買・譲渡について

収入印紙は、郵便局や金券ショップなどで購入できると思うのですが、収入印紙を販売するには何か許可が必要なのでしょうか?中小企業で、常にではなく求められれば印紙を売っても大丈夫ですか?郵便局で買ったものは非課税で、金券ショップで購入したものは課税処理と聞いたのですが、中小企業が販売した時も課税処理になるのでしょうか?以下、当社の処理です。


・郵便局で印紙を購入・・・継続的に経費処理してます(期末に貯蔵品へ振り替え)

租税公課/現金

・第三者に印紙を販売

現金/租税公課

・第三者に印紙を譲渡

仕訳なし 受け払い簿上の印紙枚数を減らす

Aベストアンサー

 郵便切手類販売所・印紙売りさばき所の看板を出し
直接 郵便事業会社から、おろしてもらうのは許可要りますが、
一般納税者として、普通に郵便局で購入したものを
譲渡販売するのは、自由ですので、許認可不要です。

課税処理です。まー額面販売でしょうから、
資産総額は変動無しですが\(^^;)...


人気Q&Aランキング