gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

今、まさに新築のため土地を購入しようとしている私一家です。土地価格が安い物件を見つけ、ここなら自分の理想の家が予算内で建つと大喜びの最中・・・その土地が安い理由が高圧鉄塔がまさにすぐ真横に建っていて、高圧電線が真上を通っていると言う訳です。まだ結婚して2年、子供はこれからと言う夫婦です。果たしてこの物件で磁波の影響を無視して新築して良いものかどうか悩んでいます。世では磁波の影響があるないと謎の領域ではあるため、余計に悩んでしまっています。友人に建設業を営む者がいますが、聞いても「自分だったら買わないけど、あなたたちがいいんならいいんじゃない?」と言われるました。確かに誰に聞いても同じ回答かと思います。多分ずっと結果が出ないままになるのかな~と思うと果てしなく考え悩んでしまいます。
ただいま私が夢に見ているお家は、この値段で他では叶わないことだけが事実です。どなたか私に良き助言をお願いいたしますm(__)mちなみに主人は私の理想の家が建つからと言う理由で、鉄塔と土地の安さを比較すると土地の安さを選びたいようです。

gooドクター

A 回答 (12件中1~10件)

生活環境下の磁力線と(あえて電磁波とは言いません)健康被害は明確な因果関係が認められない以上心配するのは杞憂かと思います。



・・・がこれは方位などと同じで引っ越した方角が悪いから病気になった等と言う戯言さえ本気にする人が居る以上おやめになった方が良いのかも知れません。仮に将来どなたかが病気になった場合やっぱり送電線の影響かも知れない、と悔やむかも知れませんから。
一生の財産を作り住む訳ですから少しでも不安が有るなら止めたほうが良いt思います。

しかし実際問題として高圧送電線は平衡三相交流で送っていますので発生した磁力線は位相が120度ずつずれている為合成磁界はゼロになります。まあ線の間隔が離れていますので完全にゼロと言う訳では有りませんが弱くなる事は確かです。
屋内配線も同じ理屈で二本の線が行きと帰りで逆位相なので磁力線は打ち消しあって外部には非常に僅かしか漏れません。

それと多くの方が誤解していますが
>6万6千ボルトの電流が流れているようです

と言う言い方は間違いです。ANo.2のyasu99さんが詳しく仰っていますが磁界は電流が流れなければ決して発生しません。別に学問的な事を言いたいのでは有りませんが仮に100万ボルトでも電流が流れていなければ磁力線はゼロです。くどくど書きましたが送電線から受ける磁界は極めて僅か、健康被害が出るレベルではないと思います。

しかし幽霊に殺された人なんて全く確認されていないのに幽霊を怖がるのと同じで人間はそう単純ではありません、理屈どおりに行動する訳ではないですよね。逆に自動車事故で毎年数千人が亡くなっているのに自動車を見てキャー怖い!なんて言う人は居ない、大きな矛盾ですがそれが人間と言うものです。心配ならおやめになる事をお勧めします。
    • good
    • 1

電磁波の影響は他の人がお答えなので別の観点から…。



家探しは、「縁」みたいなものがあって
あせらずにいろんな物件を見ていたら「ここに住みたい!」って
思えるところに必ず出会いますよ。
うちも昨年家を買いましたが、実家が不動産屋をしていることも
あり、嫌になるほどたくさんの物件を見て歩きました。

恋愛と同じで縁のある家とは不安なくとんとん拍子に話しが進み
ますのでご心配なく。
きっと良い物件に出会いますよ。
    • good
    • 2

パナウエーブが騒がれていた頃に、磁界の測定器(これ自体も怪しいものでしたが)で測ってみると、高圧線直下より75mほど離れたところが測定値として多かったです。

で、これが直接何かに影響するのか?というのはよくわかっていないところです。

また、同じ高圧電線でも全く針が触れないものがあり、電流が流れていない(あるいは少ない)ものもあるようです。外観では全くわかりません。

電線直下でない限り高さ制限で問題になるような事はないですし、高層ビルを建てるのでもない限り地上権としての問題はありません。

寝に帰ってくる家に電磁波があるとすると、かなりの長時間晒されることになりますし、携帯電話に比較して電磁波の悪影響がどうかもよくわからないですけれども、不安と引き換えに安さを選ぶのであれば一概には否定できません。

子供あるいは本人の健康に不安があるのであればやめるべきです。
ガンになったとしても運命だとあきらめることが出来るのであれば突き進むべきです。第3者としてはこの程度しか申し上げられません。
    • good
    • 1

私も昨年末、電力会社の高圧線に近い土地を購入しそうになりましたが、結局やめました。


私の場合、真下ではなく、真下から20mぐらい離れていましたが。

高圧線の存在に気付いてから色々、調べましたが、高圧線の人体への影響は十分に解明されていないようです。
悪影響があるとする意見と、ないとする意見があり、どちらも決め手を欠いているようです。
ただ、欧米では、高圧線からの一定距離内に、学校など子供の集まる施設の建設を厳しく規制している地域もあるようです。

私が悩んだ末に到達した心境は、
「いっぱい土地があるのに、なにも好き好んで高圧線の近くに住む必要はない」という考え方です。
高圧線はどこにでも走っているものではありません。
高圧線から離れた土地の方がはるかに多いです。
そう思うと、他の土地を探す方が得策だと思うようになりました。

そして、高圧線の土地を断ってから1ヶ月ぐらいで、気に入った土地が見付かり、購入しました。
今週、建物の建築契約をする運びです。

これから長い間、住むところです。
気掛かりな点があるなら、その気掛かりな点と徹底的に向き合った方がいいと思います。
高圧線から来る不安と、地価の安さを天秤にかけながら、
ご主人と再度、話し合われてはどうでしょうか。
そのうえで、どうしても高圧線が気になるなら、購入を見送られた方がいいと思います。
見えない危険におびえながら暮らすより、理想よりは小さな土地や家に住む方がずっといい場合もあるでしょうから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変貴重なご回答ありがとうございます。どうしても家が欲しくて視野が狭くなってしまっていた自分に気が付くことができました。
主人ともよく相談?(と言うか私が土地に不安を持っていることは解っていた様で、「今回は見送ろう」と言われました)ご回答くださった方々と主人の言葉に1歩踏みとどまり、冷静に考えた結果です。これからまた新しい物件探しに頑張りたいと思います(^^)本当にありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2007/04/10 00:28

No.5です。


>見送って今は理想のお家を建てられたのでしょうか?見送ってよかったと思っていらっしゃいますか

 古家付の土地を購入し、更地にして家を建てました。理想の家かどうかは別にして、自分が納得して取得した家であることは確かで、満足しています。そこに行きつくまでは、いろいろ物件を検討しては見送ってを繰り返し数年がかりでした。高圧電線下の物件もそのうちのひとつで、ご相談者様の質問を拝見して思い出しました。
とりあえず、日当たりが悪い等の健康にマイナス面を及ぼす可能性があるところは、候補外でした。高圧電線下物件もちょうどその頃(7、8年くらい前)TVで、特集をやっていました。それは、小児のガンや白血病の発生率が高い懸念があるというドキュメンタリ番組で、お子様が白血病になられたあるお宅を紹介していました。それは、原因が電磁波であるとまでは決めつけてはいませんでしたが、ハンディな測定器で電磁波を測り、家の中で振り切れているのを見て気持ちが悪いなと思った記憶があります。
 今の場所を見つけられたのは、予算枠を広げたためです。予算を広げれば選択肢が広がるのは道理ですので、ご参考にならないと思いますが。結婚当初は長期休暇毎に行っていた旅行も家を建ててからはずっと行っていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変貴重なご回答ありがとうございます。どうしても家が欲しくて視野が狭くなってしまっていた自分に気が付くことができました。
主人ともよく相談?(と言うか私が土地に不安を持っていることは解っていた様で、「今回は見送ろう」と言われました)ご回答くださった方々と主人の言葉に1歩踏みとどまり、冷静に考えた結果です。これからまた新しい物件探しに頑張りたいと思います(^^)本当にありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2007/04/10 00:30

有名な高圧電線と白血病・癌との因果関係を調査したレポートがあります。


また、細胞レベルでの発癌確認の論文もよく引用されます。

私らの地区でもドコモの鉄塔反対運動があって、このレポートが引き合いに出されました。
京都大学の教授とやらも着て、やはり、レポートを根拠に癌の危険が喧伝だれました。
もちろん、レポート・論文を報道した新聞のコピーも配布されました。
「鉄塔周辺住民に白血病」
「電磁波で発癌を確認」
ギョッとする見出しが躍っていました。

さて、レポート自体を原本で読むと、「因果関係を証明するには不十分」との一節も。
さて、論文自体を読むと、「実験室で細胞に長時間電磁波を照射した実験であり・・・」と。
「決して、人体と電磁波の関係について論及したものではない」という断り書きが。

問題は、電磁波の量です。
朝の太陽の光を浴びた位では、誰も、火傷を負うことはありません。
が、サハラ砂漠で裸で過ごすと、これは間違いなく火傷を負ってしまうでしょう。
この量と質の関係を無視すれば、どんな極論も成立します。

周知のように、電磁波は距離の2乗で減退していきます。
ですから、50m地点と100m地点では4分の1に。
ですから、50m地点と200m地点では16分の1に。

一体、現実的には、どれ位の鉄塔からの電磁波を家屋内で浴びるかでしょう。
まさか、お子さんが、鉄塔によじ登って遊ぶわけではないでしょう。

私は、わざわざ、そういう所に住む気にはなりませんが、杞憂と思いますよ。
なお、鉄塔下に居住されて後に癌・白血病を発病されても、私は一切責任を取りません。

この回答への補足

とても参考になるご意見ありがとうございます。実際鉄塔には6万6千ボルトの電流が流れているようです。地上から電線の距離は分かりませんが、不動産のかたは、制限内の建築の高さになるから大丈夫ですと・・・(まあ人事ですからね^^;)そうですね・・・わざわざは住みません。ただ、女と言うものは理想が大きく、周辺であればスーパーや買い物できるところが多い、家であれば思い通りの間取り・色・外観など追い求めるものは多く、ただ現実費用の問題でその多くを妥協しなければならないことが事実です。今回の新築は広さ・家の注文・立地全てにおいて8割満足と言ったところでしょうか。ちなみに注文なので、家は建ってみないと分からない部分があります。そこへ高圧鉄塔&電線です。今回この物件を見送ったとしても、今後100%満足な家には住めないだろうと思います。私は焦っているのでしょうか?

補足日時:2007/04/09 15:15
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になるご意見ありがとうございます。実際鉄塔には6万6千ボルトの電流が流れているようです。地上から電線の距離は分かりませんが、不動産のかたは、制限内の建築の高さになるから大丈夫ですと・・・(まあ人事ですからね^^;)そうですね・・・わざわざは住みません。ただ、女と言うものは理想が大きく、周辺であればスーパーや買い物できるところが多い、家であれば思い通りの間取り・色・外観など追い求めるものは多く、ただ現実費用の問題でその多くを妥協しなければならないことが事実です。今回の新築は広さ・家の注文・立地全てにおいて8割満足と言ったところでしょうか。ちなみに注文なので、家は建ってみないと分からない部分があります。そこへ高圧鉄塔&電線です。今回この物件を見送ったとしても、今後100%満足な家には住めないだろうと思います。私は焦っているのでしょうか?

お礼日時:2007/04/09 15:39

携帯電話しかりIHクッキングヒーターしかり電磁波の問題


ってありますよね~。

pponnpokoさんはご自分なりご家族がガンになったら鉄塔
の電磁波疑いますか?疑うのなら購入しない方がいいです
よ。俺なら買いません。

この回答への補足

ご回答ありがとうございますm(__)m私がガンになったらまず鉄塔を疑います。でも「それも人生」と考えると思います。ただ今後生まれてくるであろう子供や他の家族がとなると話は別です。それが1番のネックになっています。

補足日時:2007/04/09 15:28
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございますm(__)m私がガンになったらまず鉄塔を疑います。でも「それも人生」と考えると思います。ただ今後生まれてくるであろう子供や他の家族がとなると話は別です。それが1番のネックになっています。

お礼日時:2007/04/09 15:39

 高圧電線線下の土地は、建築に制限が設けられていると聞いたことがあります。

「高圧電線」「地益権」で検索すると色々出てきます。
実害としては、電波障害や、強風時の音鳴り等があるようです。
健康面に関しては、白血病等の発生率が高くなるなどです。
そういったデメリットや健康に対する不安感と、費用とをてんびんにかけた時に、どう判断するかというところかと思います。
そういう環境に、家を建てられている方は多くいらっしゃいますので、一概にだめだよということは申し上げられませんが、私の場合は、検討の結果、購入は見送りしました。

この回答への補足

ご回答ありがとうございますm(__)m実害は私も色々と調べ解っているのですが、実害のない場合もあると言う見解もあり悩むところです。実害と費用を天秤にかけるなら私は買いません。でも実害の証明がないところが苦しんでいるところです。見送って今は理想のお家を建てられたのでしょうか?見送ってよかったと思っていらっしゃいますか?

補足日時:2007/04/09 15:32
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございますm(__)m実害は私も色々と調べ解っているのですが、実害のない場合もあると言う見解もあり悩むところです。実害と費用を天秤にかけるなら私は買いません。でも実害の証明がないところが苦しんでいるところです。見送って今は理想のお家を建てられたのでしょうか?見送ってよかったと思っていらっしゃいますか?

お礼日時:2007/04/09 15:45

補足説明しておきます。


高圧線、特別高圧線、いずれの電線下でも建築は可能です。
法律により、離隔距離などの防止策が定められていますが、これを確保する必要があります。

某電力会社の社宅は変電所に隣接し、なおかつ送電線の下に建設されています。それでもなんの磁界による影響を受けたという報告はありません。
    • good
    • 1

いろいろなことを言う方がいますが



高圧電線の磁界(電磁波と言うには周波数が低すぎます)の人体への明確な影響は確認されていません(種々の条件を揃えて意味ある差が生じる、また再現が可能である)

ただ言えるのは、電波の受信障害は発生します
放送局と鉄塔・高圧線と受信場所の位置関係で、大きな影響が発生する場合とほとんどか影響が無い場合があります
自宅から放送局の方向(TVアンテナの向いている方向)に高圧線がある場合、受信障害が発生し易くなります
これも地上波ディジタル放送ではほとんど影響を受けなくなります

あとは、気分・感情の問題です 電車の線路のすぐ脇に住んでいる方もいらっしゃいます

なお、高圧線の真下は建築禁止ですので、真下よりもある程度離れているはずです

この回答への補足

ご回答ありがとうございますm(__)m今まさに住んでいる家が電車の真横なんです(^^;)はじめはびっくりしました。テレビの音が良いところで聞こえなくなったり、私は夢のなかでは何度も電車に引かれています・・・でも慣れまして、今は何とも感じなくなりました。性格上おそらく、今は気になっていてもそのうち気にならなくなる可能性は大きいかと思うんですが・・・何千万の買い物なので、よく考えるべきかと悩んでいるところです。

補足日時:2007/04/09 15:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございますm(__)m今まさに住んでいる家が電車の真横なんです(^^;)はじめはびっくりしました。テレビの音が良いところで聞こえなくなったり、私は夢のなかでは何度も電車に引かれています・・・でも慣れまして、今は何とも感じなくなりました。性格上おそらく、今は気になっていてもそのうち気にならなくなる可能性は大きいかと思うんですが・・・何千万の買い物なので、よく考えるべきかと悩んでいるところです。

お礼日時:2007/04/09 15:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング