pHが2.8から3.1くらいのものでも酸度が6.3%だったり0.07%だったりするのはなぜでしょう?
対象はほぼ酢酸です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

yumityanさん#3の土壌分析の事例は私にはわかりませんが、


単に酢酸の水溶液にKClやNaClを加えてもpHは動きません。

yogorozaさんは「酸度」をどのように測定(あるいは定義)して
おいででしょう? 例えば、被験サンプルをNaOHで滴定して、
中和に要したNaOHの mol数を酢酸 60 g/mol に換算している
のでしょうか? 仮にそうなら、酢酸より解離定数の大きい酸
(安息香酸とか)が含まれればpHは低めになり、解離定数の
小さい酸(フェノールとか)が含まれればpHは高めになります。

塩類のうち確実に影響するのは酢酸ナトリウム等です。酸度を
上記のように測定(定義)するなら、酢酸ナトリウムの有無は
酸度に影響を与えませんが、#1に書いた酢酸の解離平衡の式
Ka = [H+]・[CH3COO-]/[CH3COOH]
の[CH3COO-]が増加するため、pHは高くなります。

一方、CaCl2等が共存すると、酢酸の一部が
2 CH3COOH + CaCl2 → (CH3COO)2Ca↓ + 2 HCl
のように塩酸(ほぼ完全解離)に置き換わっていて、酸度の割に
pHは低くなるでしょう。

いずれにせよ、酸度だけではpHは決まらないのです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

酸度の測定は緩衝液を使って滴定により酸度のわかっている規定液を定量加えた場合ののpH変化量と被験サンプルを定量加えた場合のpH変化量から算出しています。
酸度とpHの関係がよくわかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/21 07:48

こんばんは


説明が不十分だったみたいなので補足します。

<塩類が共存し電離が進んでいると
<酸度(水素イオン総量) 低--高
<pH(水素イオン濃度)  高--低
これは逆です。濃度が高いほどpHは低くなります。

<濃いものを希釈した場合にpHはあまり変わらないが酸度が二桁も減る場合は塩類濃度が低くなってしまうからということでしょうか?

酸度は酢酸の総量によって決まります。
pHが塩類の濃度で変わるのです。
質問を逆にして、酸度が6.3%だったり0.07%なのにpHが2.8から3.1とあまり変わらないのは何故でしょう?とすべきですね。

<電解質ならすべてpHが低くなるか?
どうでしょうか、良く分かりませんが、塩化ナトリウムや塩化カリウムは確かにそうなります。
loveoboさんの詳しい解説がありますが、現実の溶液ではpHが大きく変わることが(と言っても2位でしょうか)あります。
土壌の酸性度を測定する際には、1mol-KCLで溶解しますが、pHは大きく変わります。これは土壌のコロイドの帯電を抑制することもありますが。

この回答への補足

質問のしかたも補足の入れ方も悪くて
すみませんでした。
ありがとうございました。

補足日時:2002/02/18 06:30
    • good
    • 1
この回答へのお礼

補足とお礼が逆になってしまいましたが
酸度2.6、pH3.0程の液10mlに塩を0.5gほど入れて
みましたがpHに変化はないようでした。
他に何か原因は考えられますか?

お礼日時:2002/02/18 12:39

含まれている酢酸のうち、解離してH+ を出しているのは一部です。


yumityanさんがお書きの「含まれている水素イオンの総量」は、
「解離していない酢酸も含めた量」ですね。まず、酢酸以外の成分を
無視して、酢酸(分子量60.05)の解離平衡を考えてみましょう。
CH3COOH ←→ CH3COO- + H+
解離定数 Ka = 10^-4.76 mol/L として計算してみます。

pH 3.1 なら [H+] = 7.94 x 10^-4 mol/L
これが全て酢酸由来なら [CH3COO-] = 7.94 x 10^-4 mol/L
Ka = [H+]・[CH3COO-]/[CH3COOH] ですから、
解離していない酢酸の濃度は
[CH3COOH] = [H+]・[CH3COO-]/Ka = 3.63 x 10^-2 mol/L
酸度に相当する全酢酸濃度は
[CH3COOH] + [CH3COO-] = 3.71 x 10^-2 mol/L
この酢酸水溶液 1.0 L を 1000 g と近似すれば
3.71 x 10^-2 x 60.05/1000 = 0.22重量%

同じ要領で、pHを少しずつ変えて計算してみると、
pH 3.35 が 0.07%、pH 2.37 が6.31%酢酸に相当すると算出されます。
yogorozaさんがお書きの「pH 3.1~2.8、酸度 0.07~6.3%」とは少し
ズレていますが、解離平衡は他の成分の影響を受けますし、解離定数も
分子量も異なる酸を酢酸換算している影響もあるでしょう。

もう少し直感的に書くなら、「酢酸濃度を100倍くらい薄めても、
平衡が移動して解離しやすくなるので、水素イオン濃度は1/10ほど
しか低下せず、しかも『対数表記』の pH は1ほどしか増えない」
ということです。

この回答への補足

詳しい解説ありがとうございます
純酢酸の場合に近いようですが
塩類があると解離が進んでpHが低く
解離平衡によらず変化する事も
あるようですが
塩類とは逆に働くものって
あるのでしょうか?

補足日時:2002/02/18 05:30
    • good
    • 0

こんにちは


酢酸は有機酸で、弱酸ですから濃度が濃くてもpHがそんなに低くはなりません。
ただし、塩類が共存していると水素イオンの移動性が高くなり、pHは低くなります。
酸度はそこ含まれている水素イオンの総量を示しています。
pHは水素イオンの濃度です。従って電離度によってpHが大きく変わってきます。
おそらくは、共存する塩類の影響によりpHが違う結果になっているものと思います。

この回答への補足

つまり弱酸である酢酸の場合
酸度(水素イオン総量) 低--高
pH(水素イオン濃度) あまり変わらない
塩類が共存し電離が進んでいると
酸度(水素イオン総量) 低--高
pH(水素イオン濃度)  高--低
と大きく変わってくるということでしょうか?
濃いものを希釈した場合にpHはあまり変わらない
が酸度が二桁も減る場合は塩類濃度が低くなって
しまうからということでしょうか?
この場合の塩類と言うのは電解質なら何でも?

補足日時:2002/02/17 21:44
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土壌の酸度について

土壌の酸度には、活性酸度と全酸度があるらしいのですがよくわかりません。
詳しくおしえてください

Aベストアンサー

こんにちは
土壌は固体と液体と気体とからなり、有機物を多く含んでいます。
土壌の酸性度を何の目的で把握するかで考え方が異なります。
農業の生産基盤として土壌の酸性度を見ようとする場合について考えてみましょう。
この分野で最も権威があるとされている「土壌養分分析法」(農林省監修:出版 養賢堂)では、酸度の測定法としてpH、置換酸度、加水酸度、石灰中和量の方法が記載されています。pHに関しては溶媒をH2O及びKClの2通りが紹介されています。土壌の場合H2Oでは、生成するコロイドにより、水素イオンが自由に移動出来ないことから、中性に近い値となります。KClの場合、コロイドの帯電が抑制されることから、有機酸のpHがきちんと出てきて低い値となります。
置換酸度は1molのKCl溶液で置換した後中和滴定、加水酸度は1mol酢酸カルシュウム溶液で加水分解した後、中和滴定で酸度を求めます。石灰中和量は、土壌改良に必要な石灰量を求める方法です。
農業以外の分野では、土質試験法(土質工学会)でpHが定められており、この場合はH2Oのみが定められております。
通常は、土壌の場合KClでの置換酸度を全酸度と言う方が多いようです。

こんにちは
土壌は固体と液体と気体とからなり、有機物を多く含んでいます。
土壌の酸性度を何の目的で把握するかで考え方が異なります。
農業の生産基盤として土壌の酸性度を見ようとする場合について考えてみましょう。
この分野で最も権威があるとされている「土壌養分分析法」(農林省監修:出版 養賢堂)では、酸度の測定法としてpH、置換酸度、加水酸度、石灰中和量の方法が記載されています。pHに関しては溶媒をH2O及びKClの2通りが紹介されています。土壌の場合H2Oでは、生成するコロイ...続きを読む

Q酢酸緩衝液の酢酸と酢酸Naの存在比とモル濃度

pHが判明している0.1M酢酸緩衝液内の[CH3COOH]と[CH3COONa]のそれぞれのモル濃度の求め方を教えて下さい。
モル濃度でなくても[CH3COOH]と[CH3COONa]の存在割合(2:1など)を知る方法があったならそれでも構いませんので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

[CH3COONa] は常に0です.[ ] の意味をよく考えてください.

酢酸ナトリウムの分析濃度を C(CH3COONa) とすれば,緩衝領域では [CH3COO-] = C(CH3COONa) と近似してかまいません.ただし,これはあくまでも近似です.同様に,C(CH3COOH) を酢酸の分析濃度とすれば,[CH3COOH] = C(CH3COOH) と近似できます.これも,あくまでも近似です.

解離定数の定義より,pH = pKa + log([CH3COO-]/[CH3COOH]) ですが,緩衝領域近辺ではこれは pH = pKa + log{C(CH3COONa)/C(CH3COOH)} と近似できます.

Qピートモス しか書いていない商品は酸度無調整?

ブルーベリーやツルコケ桃の鉢増し用の土にピートモスを使いたく ピートモスを購入しました。後から気づいたのですが 酸度調整済みピートモスと 酸度無調整ピートモスがあるのですね。購入した商品はピートモスとしか書いていなく販売元のHPもありません。
どっちなんでしょうか?

Aベストアンサー

はっきりとした確信の持てる回答はできません。
確かなのは、酸度計かリトマス試験紙で酸度測定してみる事でしょう。
割と熱心なサイトがありましたので参考までに。
http://www.blueberryhouse.com/v001/goods/ph.html

拙宅の近所の大型ホームセンターでは、天井付きの屋外に、大きな木箱の中に無(未)調整ピートモスを入れて販売しております。
包装も透明で単純な薄いビニール袋、ホッチキスどめで、量り売りに近いような状態ですね。
購入店で確認してもらえれば良いのですが、店員がアルバイトやパートでは心もとないので(多分逃げる。)責任者たる者を呼んで、まあ日にちは少しかかるかもしれないが、言質をとらすことです。(笑)
酸度を間違えると枯らすかもしれないので。

Q酢酸のpHの考え方

高校化学の問題に、「pHがともに3である希塩酸と酢酸水溶液を、同体積ずつ調製するには、塩化水素の物質量より酢酸の物質量の方が多く必要である」という記述がありました。

酢酸は電離度が小さいためにより多くの物質量が必要になるというのはわかります。しかし、酢酸の物質量が多くなるということは濃度が濃くなるということで、そうなると余計に電離しにくくなって、その結果pHが3にならないということはないのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

電離定数が決まって居ますので、酢酸の濃度が高くなれば、その分 水との平衡反応が H3O+ の濃度が上昇する方向へ移動します。              
CH3CO2H + H2O  →  CH3COO-  +  H3O+
                ←

従って、酢酸を増量することに伴って pHが 増大(酸性から7に近づく) という現象は 起こりません。
物質量どれだけで pH3 になるか というのは 電離定数を用いて算出することができます。

近似的に
       1
pH = --(log C - pKa)
       2

という式が成り立ちます。 C は 酢酸のモル濃度、pKa は 酢酸の電離指数 で 4.76 です。

Qブルーベリー 土の酸度

ブルーベリー(ハイブッシュ系)を鉢で購入してきたので庭に植える予定
ピートモス・鹿沼土を半々で混ぜろと書物にあるので水分入れてコネコネ混ぜました
翌日測定器で測定してみると酸度6.5なので明らかに酸度低すぎ
2つを混ぜると酸度は4.5前後になると思ってましたがダメでした
このままやると枯れてしまう気がします
ちゃんと書物通りやったのになぜでしょうか?
ちなみにピートモスだけで(水分を投入後に)測定してみると酸度3
これから庭にブルーベリーを植えようと思います
これからどうすれば良いのか途方に暮れています

Aベストアンサー

園芸ドシロウトで回答できる知識も有しておりませんが。

化学の実験ではありませんが、鹿沼土だけをコネコネしてpHを
測定してみてはいかがでしょうか?
おのずと原因がわかるのでは???

あるブルーベリー園では硫黄の塊?がおいてあったよなー
土の上に木を小さく砕いたチップで防草(保水?)にしても
あったような~。。

我が家のブルーベリーはピートモスもやってません。
恐らく石灰まいてないので過度のアルカリにも偏ってもいないと
思いますが。。。ただ、乾燥には気にした方がいいとは思いますが。
天の恵みは近年酸性よりかな。

Q酢酸のpHを求める問題

4×10^-8(マイナス8乗)M酢酸のpHを求めるには、Cα^2+Kα-K=0から電離度をだして求めればいいんでしょうか?αは電離度、Cは濃度です。電離定数は2×10^-5です。log2=0.3

Aベストアンサー

No.1です。
酢酸の濃度が、4×10^-5であるならば、
αは、No1にしめした近似は成り立ちません。(α<<1ではないので。)
αは0.5になりPHは4.7であっていると思います。

Q酸度の計算について

酸度の計算方法について…

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4172571.html
この方の質問の場合、水10mLによる希釈は
酸度の計算とは関係しないということでしょうか?
もしそうなら、何mLで希釈しても関係ないのでしょうか?

Aベストアンサー

まあ、あまりにも希釈し過ぎたら問題あるかと思いますが、この程度なら問題ありません

>酸度の計算とは関係しないということでしょうか?
関係ありません

例えば1mol/lの塩酸水溶液1Lを完全に中和するのに必要な1mol/lの水酸化ナトリウム水溶液は1Lです。
これは1mol/l×1L=1mol/l×xL
でx=1となるからです

この塩酸水溶液を2倍希釈したら、0.5mol/lの塩酸水溶液2Lができますが、これを完全に中和するのに必要な1mol/lの水酸化ナトリウム水溶液は
0.5mol/l×2L=1mol/l×xL
でx=1
より、1mlとなり、結局変わりません

Q弱酸である酢酸の水溶液がある。では酢酸と酢酸イオンとプロとんのなかで最も多いのはなにか。その理由をお

弱酸である酢酸の水溶液がある。では酢酸と酢酸イオンとプロとんのなかで最も多いのはなにか。その理由をおしえてください
また、酢酸ナトリウムのばあい何が多いのか理由もつけておしえてください

Aベストアンサー

この問題には落とし穴がある。#1の回答者様は無視してどこからか酢酸のpKaを引用したが、それが与えられない場合。「弱酸である酢酸の水溶液」だけからpKaを推測しなければならず、#1の回答者様のお答えは「正確だが題意を無視している」この問題では正確な計算は排除されている。

QpH試験紙と土壌酸度測定器、どちらが正確?

pH試験紙と土壌酸度測定器では、どちらが正確に土壌の酸度を測ることができますか? 測定器は針で示してくれるのでわかりやすいと思うのですが、正確性を求める場合、どちらを利用したほうが良いでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おはようございます。
土壌酸度測定器は値段によって精度がピンきりだと思います。

http://www.tech-jam.com/water-quality_measurement/soil_pH_meter/KN3154870.phtml
こちらのものですと,精度が±0.5もありますので,pH試験紙の比色をきちんとできるのでしたらpH試験紙のほうが有効かもしれません。本機も「pHの目安」といっているようですし。

http://www.webshiro.com/syouhinsetumei/MF2-I99121.htm
こちらのものでしたら,60℃までの温度で精度が±0.02ですので,こちらの方が断然正確と思います。ただ,値段は跳ね上がります。

pH試験紙は,
http://www.advantec.co.jp/japanese/hinran/tanpin/phpaper.html
にいろいろ出ていますが,UNIVタイプのものが色がはっきりわかっておすすめです。WHOLE RANGEやBTBタイプは試験紙の色が薄くて,個人的に結構難儀しました。

以上,ご参考まで。

おはようございます。
土壌酸度測定器は値段によって精度がピンきりだと思います。

http://www.tech-jam.com/water-quality_measurement/soil_pH_meter/KN3154870.phtml
こちらのものですと,精度が±0.5もありますので,pH試験紙の比色をきちんとできるのでしたらpH試験紙のほうが有効かもしれません。本機も「pHの目安」といっているようですし。

http://www.webshiro.com/syouhinsetumei/MF2-I99121.htm
こちらのものでしたら,60℃までの温度で精度が±0.02ですので,こちらの方が断然正確と思います...続きを読む

Q酢酸のpHの理論的滴定曲線

学校で、水酸化ナトリウムで酢酸のpHの測定を行った者です。
実測値のpHと理論的に計算したpHのグラフを書かなければならないのですが、
理論的なpHの計算方法がどうしてもわかりません。

OH- が過剰なときは水酸化ナトリウムの濃度から計算できるのですが、
H+ が過剰なときの計算方法がわかりません。
K:解離定数  CAH:CH3COOHの濃度   CBA:CH3COO-の濃度とする時
緩衝液のpH=pK-log(CAH/CBA) を使うのだろうと考えていますが、
最初から当量点まで、この式だけで計算できないような気がします。

よくわからない質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

きちんと式を立てると[H+]についての3次方程式になります。
中和点までの滴定曲線には3つの特徴ある部分が見られます。
(1)NaOHを加え始めたときの急激にpHが上昇するところ
(2)ほぼ直線的にpHが上昇するところ
(3)中和点に向けて急激にpHが上昇するところ
酢酸のみ、中和点や1/2中和点の付近などという特別な場合は近似で解くことが出来ますが一般的には数値解法になります。緩衝液の表現は1/2中和点付近(2)に相当するものです。
きちんとした式を書いておきます。
変形はやってみて下さい。
[CH3COOH]+[CH3COO-]=c1  (式1)
[Na+]=c2               (式2)  
[Na+]+[H+]=[CH3COO-]+[OH-](式3)
[CH3COO-][H+]/[CH3COOH]=K(式4)
[H+][OH-]=KH (式5)
(式1)は混合溶液中での酢酸の濃度です。溶液内ではCH3COOHとCH3COO-の両方の形で存在しています。中和のどの段階かによって大小関係は変化します。c1も変化します。
(式2)は加えられたNaOHの混合溶液中での濃度です。NaOHが加えられると液量が増えますのでc2は変化します。OH-は反応していますのでNa+についてだけの表現になります。
(式3)電気量の保存です。酸性領域では[OH-]は無視できます。この時は(式5)は不要になります。
[NaOH]=0の時にも対応するようになっています。NaOHが加えられると[Na+]≫[H+]ですので
[CH3COO-]~[Na+]=c2となります。
この時は簡単に解くことが出来ます。
(式4)酢酸の電離平衡の式です。

c2=0の場合、[H+]~√(c1K)
0<c2<c1の場合、[H+]~(c1-c2)K/c2
c2=c1の場合、[H+]~√(KKH/c1)
質問の中に示されている式は2番目の式ですね。

きちんと式を立てると[H+]についての3次方程式になります。
中和点までの滴定曲線には3つの特徴ある部分が見られます。
(1)NaOHを加え始めたときの急激にpHが上昇するところ
(2)ほぼ直線的にpHが上昇するところ
(3)中和点に向けて急激にpHが上昇するところ
酢酸のみ、中和点や1/2中和点の付近などという特別な場合は近似で解くことが出来ますが一般的には数値解法になります。緩衝液の表現は1/2中和点付近(2)に相当するものです。
きちんとした式を書いておきます。
変...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報