住宅借入金等特別控除計算明細書のなかで 

「敷地」-”居住用部分の面積”                      
      ”敷地の総面積”
      ”居住用割合”   の記入の仕方を教えてください。

敷地内に工場やお店は無く、家で仕事をしているわけでもない一般の住宅です。
この場合、”居住用割合”というのは 100%になるように記入するのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

敷地の「居住用部分の面積」と「敷地の総面積」は同じで、「居住用割合」は、100%になります。

  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
やはり それでいいのですね。

お礼日時:2002/02/23 20:04

居住用割合は100%ですが、居住用の面積と敷地の総面積は変わる場合があります。


敷地は、あなたが居住用として買った土地の総面積、居住用部分の面積はこの場合建物の総面積となります。
建ぺい率との関係で、この二つは同じにならない場合がありますが、居住用割合が100%なら、そんなに気にすることはありません。
あとは税金の無料相談に行って確認してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/25 20:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅借入金等特別控除額の計算明細書の床面積について

住宅借入金等特別控除額の計算明細書の床面積に関する質問です。
昨年末にマンションを購入したため、控除の申請書を書いているのですが、床面積とは専有面積と同じとの認識でよろしいのでしょうか?

売買契約書には専有面積しか記載されていません。登記簿はうっかり離れた実家近くの銀行に預けてしまい、簡単に取りに行ける環境にないので床面積が記載されているかわかりません。極力売買契約書のコピーだけで済ませたいのですが。。ご存知の方がいればご享受ください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

契約書の専有面積は壁芯面積ですが、登記簿は内法面積です。
住宅ローン控除でいう面積は後者ですので、必ず登記簿は添付する必要があります。
 手間を省いて控除を受けられなくなったら困りますよね。
 住宅の登記簿ですから、ご自宅の最寄りの登記所で入手することになり、遠方のご実家に出向く必要はありません。

Q住宅借入金等特別控除申告書の事で。

H21年に住宅ローンを組み、1年目は自分で確定申告を済ませましたが
今年の確定申告で、会社から「住宅借入金等特別控除申告書」を提出するように
言われたのですが、「住宅借入金等特別控除申告書」が送られてきた記憶が全くありません。
実際書類を見せてもらいましたが、まったく覚えがなく・・
こんな大事な物忘れるのかと戸惑っております。

本来、H22年の10月に税務署から送られてくるものなのでしょうか?

再発行するとしたら、何日位で送られてきますでしょうか?

ご回答宜しくお願い致します。
ちなみに、大阪府堺市です。

Aベストアンサー

平成21年の所得税控除を翌年確定申告したのですから、平成22年の年末までに“給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書”の残り9年分が税務署から送られてきているはずです。平成22年分は既に年末調整で控除しているでしょうから、その時その書類を提出しているとすれば届いている証拠になるかと思います。この時残りの分を失くしたか、或いは全て纏めて会社に提出したかでしょう(会社によっては預かってくれるところもあるようです)。失くしたとして再交付を申請し、年末調整に間に合わない時は翌年年明けに確定申告すれば良いだけですので、あまり気にする必要もないでしょう。平日税務所に行く時間がなくても、ネットで作成し郵送なり時間外収受箱にでも投函すれば済みますし。
http://internet-kaikei.com/nentyo/jyutak.html
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1213_qa.htm
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm

Q住宅借入金等特別控除を受けるのは来年になりますか?

住宅ローン控除について教えていただきたいです。

1:今年8月に中古マンションを購入しました。
「住宅借入金等特別控除」を受けるのは、今年ではなく、翌年になりますか?

2:国税庁のHPでは、平成20年1月1日から12月31日までに居住 場合は、
控除期間は10年と15年分けて書かれていますが、自分がどれに当たるのはよく分かりません。

平成20年1月1日から
平成20年12月31日まで
(注)控除期間について10年又は15年のいずれかを選択
10年:1~6年目年末残高等×1%(20万円)
15年:1~10年目年末残高等×0.6%(12万円)

Aベストアンサー

>今年8月に中古マンションを購入しました。
>「住宅借入金等特別控除」を受けるのは、今年ではなく、翌年になりますか?
もう住んでいるようですので、今年から受けられます。
そのマンションは築25年以内ですよね。
それでないと対象になりません。

>控除期間は10年と15年分けて書かれていますが、自分がどれに当たるのはよく分かりません。
「どれがあてはまるのか」ではなく「自分でどちらかを選ぶ」のです。
ローン残高により控除額変わりますが、10年の方が、6年目までは1年の控除額最高20万円ので、貴方の所得税が20万円以上なければ、引ききれませんので損です。
15年末の方は、控除額が最高12万円までですので、所得税が12万円なら、差し引きちょうど0円になります。

10年は控除を受けれられる年数が10年で1年に控除される額が大きく、15年は控除を受けれられる年数が15年で1年に控除される額が10年より少ないということです。

来年、確定申告してください。
必要な書類などは下記サイトをごらんください。
そうすれば、2年目以降は会社の年末調整で控除が受けられるようになります。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/h20/pdf/e-1.pdf

>今年8月に中古マンションを購入しました。
>「住宅借入金等特別控除」を受けるのは、今年ではなく、翌年になりますか?
もう住んでいるようですので、今年から受けられます。
そのマンションは築25年以内ですよね。
それでないと対象になりません。

>控除期間は10年と15年分けて書かれていますが、自分がどれに当たるのはよく分かりません。
「どれがあてはまるのか」ではなく「自分でどちらかを選ぶ」のです。
ローン残高により控除額変わりますが、10年の方が、6年目までは1年の控除額最高2...続きを読む

Q贈与税の配偶者控除 居住用不動産の範囲

贈与税の配偶者控除(2000万円)を検討しています。
そこで居住用不動産の範囲で疑問があります。

ここでいう居住用の土地は広さは関係ありませんか?
(庭が広い場合など)

居住用家屋として別棟の倉庫(生活用動産を保管している蔵)も
含めて考えて良いですか?

以上、2点 ご回答お願いいたします!

Aベストアンサー

こんばんは。

「ここでいう居住用の土地は広さは関係ありませんか?」
住んでいる地域で評価方法が変わりますが、土地・建物の評価を出して
その評価額から2000万円を控除しましょうというのですから、関係して
くるのでは、ないでしょうか・・・。

「居住用家屋として別棟の倉庫(生活用動産を保管している蔵)も
含めて考えて良いですか?」
いいえ、はっきりと「居住用の土地や家屋であること」と明記されてます。
含めては、いけないと思います。

Q贈与税における居住用不動産の配偶者控除の特例につぃて

 結婚20年以上の配偶者に居住用の不動産(宅地)を贈与しようとした場合に、土地を贈与税の配偶者特例の枠内で按分し共有することは問題ないでしょうか?
(配偶者控除の枠内で、配偶者と共有名義に変更は可能でしょうか?)

 土地評価額  4,400万円
 課税地積   1,200m2
 評価倍率   1.1倍
 非課税枠   2,110万円(基礎控除110万円含む)

のときに
 1,200m2×(2,110万円÷(4,400万円×1.1倍))= 523m2
 ⇒ 配偶者持分 523m2/1,200m2 として登記後、贈与の申告をすれば問題ないでしょうか?

Aベストアンサー

評価額が合っていて、他の要件を満たしていれば、その方法で問題はないものと思います。
というより、こういう形式で贈与税の配偶者控除を受けられるケースは、結構多いものと思います。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4452.htm

ただ、共有持分の登記は、523m2/1,200m2という感じでの面積での表示ではなく、1,200分の523という感じになるものと思いますので、一般的には、もう少し簡単な割合でされるケースが多いとは思います。
(例えば、60分の26、とかいう感じで) 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報