ただいま仕事で展開図を作っています。
そこで三角形の面積を求めるのにヘロンの公式を使っていますが
座標法で求めたものと数値が違います。

座標法での計算式は
http://www.hat.hi-ho.ne.jp/sokubou/mensekirei.htm
のURLにあるやりかたです。
なお座標は、CAD上で読み取った簡易的なものです。

ヘロンの公式と、座標法ならどちらの方が真値に近いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

#5.6です。

回答する前に閉じられては…と思い、#6の回答は大急ぎだったので補足を。
誤差はあると思ってはいたのですが、検証したことがなかったので良い機会だと思い、実験してみました。

先ほどの回答、辺長A=0.9、辺長B=2.6、辺長C=2.491が検証の基準です。

座標点b:2.337,717.861 は、8桁では
座標点b:2.33751558,717.86087277

この時点で、誤差はしょうがないと諦めなければ仕方ありません。計算結果は先の回答。

この図形を縦横ともに1000倍し、結果を1000000で割った場合

座標計算値は:1.11913460214394となり、ヘロンの公式との差が大きくつめられました。
↑必要な精度によっては、このような手法も考えられるという例です。

先ほどの0.3-0.2-0.1+0の例は、コンピュータでの計算には誤差が必ずあるので、信頼できる範囲に限りがあるということです。0.1という十進数は二進ではありえない数値です。参考は、
http://pc.nikkeibp.co.jp/pc21/special/gosa/index …

ヘロンの公式については、Excelにて
A,B,C列に各辺の値
D列:=IF(OR(A6="",B6="",C6=""),"",SUM(A6:C6)/2)
E列:=IF(ISNUMBER(D6),(D6*(D6-A6)*(D6-B6)*(D6-C6))^0.5,"")
として計算しております。余分なIF関数と、6行目から始まっていることは、こちらの既存ファイルからのコピーですのでお許しを…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。

検証までしていただき本当に感謝です。

余談の話が大きく膨らんだ気がしますが
きのせいですねw

今後の勉強になりました^^

お礼日時:2006/06/28 09:22

>>=0.3-0.2-0.1+0


>不思議なことをエクセル君言っております。
>-2.7756E-17???
有理数を2進数に置き換える時に、誤差が生じてしまうからです。
excelでのその過程を概説しているページを見つけたので。
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/software/exc …

これを、きちんと計算するには、10進演算プログラムというものが必要です。
BCD(2進化10進数,つまり2進の計算機での10進法のエミュレーション)とも言われます。
概念的には、各桁毎に変数を用意してそれぞれ0~9のみを入れて、筆算をするごとく、一個ずつ計算して、答え用の各桁用変数にデータを入れていくといったイメージです。
しかし、計算時間が長くなるので、科学計算とか、お金を扱うプログラムなど、精度管理の重要なものに使われます。
phyton用だけど演算方式の違いの説明が載ってるページ
http://www.python.jp/doc/release/lib/module-deci …

プログラマーでないなら細かいところは必要ないですけど、どのプログラムで計算させるかの参考程度に述べてみました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

エクセルの勉強になります^^
ちと難しいですが、勉強してみます。

お礼日時:2006/06/28 09:19

#5です。

#4様へのお礼を拝見いたしましたが、
ヘロンの公式間違えていませんか?

辺長A=0.9
辺長B=2.6
辺長C=2.491

を元に計算した結果
座標での計算:1.11913460100002
ヘロンの公式:1.11913460214352
キャドデータ:1.11913460

となりましたが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ぬあ^^;

恐れていたことが・・・

申し訳ありません。
何度もありがとうございます。

お礼日時:2006/06/28 09:17

>PCを使う以上避けては通れない道ですかね^^;


そのとおりだと思います。

座標法、ヘロンともに面積計算に利用しています。
誤差を少なくするために、座標抽出は、CAD側にて小数点以下8桁として行い、抽出データをExcelに貼り付けて計算しています。やっている感じとしては、CADから辺長を抽出し「ヘロンの公式」で行ったほうが、やや正確な気がしますが、作業効率を考えると圧倒的に座標計算です。計算結果とCADのオブジェクトデータ(これも抽出し貼り付け)を比較して、小数点以下○位の四捨五入で=ならば"OK"という判定で検算しております。

※使用CAD:AutoCADLT2000、Excel2000

コンピュータに限らず計算には誤差はつき物なので、どれだけの精度が必要か?という部分の吟味が必要だと思います。

余談ですが、Excelにて=0.3-0.2-0.1+0を計算してみてください。あれ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます^^

詳しい検算の方法まで教えていただいて感謝です♪

試しにやってみました>=0.3-0.2-0.1+0
不思議なことをエクセル君言っております。
-2.7756E-17???
エクセル君どうしたのでしょうか???
これが有効桁数とかの関連で出る結果なのですか?
(バグではないんですよね?)

お礼日時:2006/06/27 16:57

>PCを使う以上避けては通れない道ですかね^^;


仰有るとおりです。ただ両者の違いはほんの僅かの筈で、実害のない程度のものではないのでしょうか? よほど精密な仕事ではない限り、有効数字3桁もあれば上等の場合が殆どなので、多少の食い違いには目をつぶるということも大切なのかも知れませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々ありがとうございます。

>実害のない程度のものではないのでしょうか?
たしかに実害はない程度のものです。
(困り度も「暇なとき・・・」ですしw)

ただ、小数点以下1位でずれていたので
え?!
と思ったまでです。

例:
辺長A=0.9
辺長B=2.6
辺長C=2.491

~~座標~~
  X   Y
a=2.337 717.861
b=2.600 717.000
c=0.000 717.000

というものですと答えが
ヘロン・・1.2524
座標・・・1.1193
となるのです。(計算間違いしてないと思いますが・・・)

それでどちらが一番最もらしい値なのかなぁと思っていました^^;

お礼日時:2006/06/27 16:52

#2です。



>ご回答がイメージできません。

適当な直角三角形で説明しますと

 A(0,2)
 |\
c| \b
 |  \
 B----C
 (0,0) a (1,0)

・a辺(BC辺)はX軸と水平で長さが1
・c辺(AB辺)はY軸と水平で長さが2
その場合、
b辺(AC辺)は長さが√5で無理数になりますので、各辺の長さから解を求めるヘロンの公式では、途中の計算でズレが生じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々ありがとうございます。

確かに√5では延々と続いていきますもんね^^
そりゃ~ずれますね^^;

おかげでわかりました^^

お礼日時:2006/06/27 16:39

ヘロンの公式を用いて三角形ABCの面積を求めた場合、仮にa辺を下にしてX軸と水平にした場合、b,c辺の値が無理数になる場合がありますよね。


その値とコンピューターの有効数字のズレではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

数学のカテに質問しておきながら、数学苦手でして
大変申し訳ないのですが、ご回答がイメージできません。
>b,c辺の値が無理数になる場合がありますよね
↑このくだり;;

申し訳ありませんが、お手すきのときで構いませんので
もう少し砕いた表現にしていただると助かります。

お礼日時:2006/06/27 11:59

 コンピュータでプログラムされているのでしょうか。

アルゴリズムと入力データが同じなら結果は同じ筈です。ヘロンの公式を使うには座標値から三角形の長さを計算しなければなりませんね。そこで間違いが起きているのではないでしょうか?

 誤差の問題だとすればこれはかなり複雑ですね。コンピュ-タで生じるのは桁落ちの誤差ですが、これは計算の過程、データの桁に左右されるので何とも言えません。

例えば4桁しか扱えないコンピュ-タがあったとして

1000-0.1は1000になってしまいますよね? そんな感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私もやっぱりそんな気はしてました^^;<桁落ち

ちなみに私はプログラムしていません^^;
CAD上で面積計ったのと(CADに面積計らせる)、ヘロンで計算したものが違っていたので
検算(でいいのかな?)ができなくて
結局何が正しいのか分からなくなり質問しました。

PCを使う以上避けては通れない道ですかね^^;

お礼日時:2006/06/27 11:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単位長さあたりから単位面積あたりの換算

単位の換算方法について教えて下さい。
例えば、単位長さあたり(165kg/m)の荷重を単位面積あたりの荷重
に換算する場合どのようにしたらよいのでしょうか?
負担面積は、15m x 1.5mと仮定した場合で教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

単位長さあたり(165kg/m)の荷重が15mx1.5mの板に加わっていたという話ですね。

この「単位長さ」がどっちの長さを指すのかで、面積あたりの荷重は違います。15mのほうを長さ方向とすれば(普通、長手方向を取るのでこっちだと思いますが)、1m×1.5mの面積に165 kg かかっていることになるので、単位面積あたりの荷重は 165/1.5 [kg/m^2] になります。165 の単位はもともと [kg/m]ですから、これを長さの単位で割ると[kg/m^2] になって、ちゃんと面積あたりの荷重の単位になります。

Q任意の三角形からその三角形と面積の等しい正三角形をその三角形を使って作図するには??

等積変形の問題なのですがかなり考えたのですがわかりません。どなたかわかれば教えてください。

Aベストアンサー

方べきの定理を使用します。
任意の三角形の1辺をaとし、此に頂点から垂線を下ろします。
垂線の長さをbとする。
面積は、ab/2
正三角形の1辺をcとすると、面積は((√3)c^2/4)
c^2=(2√3)ab/3)
ですので、2a/3の線分を作るには、平行線を利用することにより作図できます。
次に、(√3)bを作図しますが、此は1辺がbの正方形を作図して、対角線をとりますと、(√2)bが出来ます、
此を1辺とし、もう1辺をbとする長方形を作り、この対角線は(√3)bとなります。
これで、(2a/3)と(√3)bの辺の長さが決まりましたので、ここで方べきの定理を使用します。
1点より、同じ方向へ、(2a/3)と(√3)bを直線上にとり、この差の半分の長さで円を描きます(この直線上に円の中心がある)。全ての点は同一直線上にある。
つぎに、最初の1点と円の中心点とを直径とする円を描き、交点と最初の1点を結ぶと、接線となり、此がcとなります。
此を1辺とする正三角形を書けば出来上がりです。
作図をするときにa,bを入れ替えてしても同じ結果になります。

方べきの定理を使用します。
任意の三角形の1辺をaとし、此に頂点から垂線を下ろします。
垂線の長さをbとする。
面積は、ab/2
正三角形の1辺をcとすると、面積は((√3)c^2/4)
c^2=(2√3)ab/3)
ですので、2a/3の線分を作るには、平行線を利用することにより作図できます。
次に、(√3)bを作図しますが、此は1辺がbの正方形を作図して、対角線をとりますと、(√2)bが出来ます、
此を1辺とし、もう1辺をbとする長方形を作り、この対角線は(√3)bとなります。
これで、(2a/3)と(√3)bの辺の長さが決まりまし...続きを読む

Q断面積単位の運動エネルギー

「運動エネルギー」「カロリー」などは物体の断面積単位(立法センチメートル)で表示可能なのでしょうか? それは圧力になるのでしょうか? 
例えば、3kg・mの運動エネルギーをその初活力のかかる物体の断面積で割れるものなのでしょうか? 
また、340Kcal(キロカロリー)のジャムパンがあったとすれば、100g当たり(質量単位)では割れると思うのですが、断面積の値を出せるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

(立法センチメートルは平方センチメートルの誤りだと思いますが)

その概念を作るのが可能か不可能かということであれば、可能です。

例えば、ゆでる前のスパゲッティが、束ねられた状態で長さ方向に運動しているとき、それはスパゲッティ1本1本当たりの(=単位断面積当たりの)運動エネルギーに分解できます。
(スパゲッティ同士の間の隙間がないという前提のたとえ話です。)


今度はスパゲッティを食品と見なして、
束ねられた状態のスパゲッティ全体のカロリー数は、スパゲッティ1本1本当たりの(=単位断面積当たりの)カロリー数に分解できます。


つまり、
単位体積当たりでなく、線状のものの1本当たり、断面積当たりというほうが合理的であるケースでは、考えられなくもない概念だと思います。

見たことはないですけど・・・

Q三角形の面積の求め方でヘロンの公式を使わせるのはなぜ?

三角形の面積の求め方でヘロンの公式を使わせるのはなぜですか?

(底辺+高さ)÷2 だとなにか弊害がありますか?

Aベストアンサー

三角形の底辺の長さと高さがわかっていれば、(底辺+高さ)÷2とすればよいです。高さが不明でも、三角形の3辺の長さから直接に面積を出す方法(ヘロンの公式)があるというだけです。ヘロンの公式を知らなくても、2個の直角三角形に分割すれば、3平方の定理で高さを知ることができます。
「使わせるのはなぜ」とか「弊害」の文脈が不明ですが、これで回答になっていますか?

Q単位面積あたりの電流について

単位面積あたりの電流について

J=単位面積あたりの電流
σ=導電率
E=電界
です。

J=σE
が成り立つそうですが、具体的になんでこのような関係式になるんでしょうか?

Jの単位はA/(m^2)
σの単位は1/(Ω*m)
Eの単位はV/m
であるので単位は一致するんですが、この式がどのように証明されたかが分りません。

分りやすく具体的な解説をお願いします。

Aベストアンサー

オームの法則そのままです。

断面積S、長さlとすると、

抵抗=l/(S*σ)
電圧=l*E
電流=S*J

になります。これとオームの法則から、

l*E=l/(S*σ)*S*J

となり、コレを解くと
J=σ*E
になります。

Q三角形ABFと三角形DEFの面積は等しいのですが、なぜですか?

三角形ABFと三角形DEFの面積は等しいのですが、なぜですか?

Aベストアンサー

辺ADと辺BEが平行なら、△ABEと△DBEの面積は等しい。
△ABF=△ABE-△FBE
△DEF=△DBE-△FBE

よって
△ABF=△DEF

Q毎時シーベルトは単位面積当たりの被爆強度ですか?

毎時シーベルト (Sv per hour, Sv/h) は、1時間あたりの生体への被曝の大きさの単位だそうですが、「生体」って、どう定義されているのですか?
標準体重(体積)とか、標準面積など決められているのですか?
Svなら、体の部位に関わらず吸収線量の合計値で分かるのですが、
Sv/hは、何に対する被爆の大きさなのでしょうか? 単位面積(m2)当たりとか?

Aベストアンサー

『毎時シーベルト (Sv per hour, Sv/h) は、1時間あたりの生体への被曝の大きさの単位』は、もう少し正確に言えば、「1時間あたりの被曝による生体ダメージの程度の単位」です。
『標準体重(体積)とか、標準面積など決められているのですか?』うーむ。まあそれに近いか。というか、別に体重とか面積とかではなくて、成人と子供、ということです。
発表されているのは成人の値ですね。
と言っても判らないかと思うので、もうちょっと書くと、
No.2様のいうグレーが単位体重あたりの被曝の量ですが、これが同じであったとしても、成人と幼小児とでは被曝に対する感受性が違います。幼小児のほうがダメージが大です。体格とは関係なく、成人が超小柄であっても超小柄であっても、総被曝線量は違うけど、単位体重あたりあるいは単位体積あたりは同じ、感受性は同じ、シーベルト値も同じ。
更に言えば、同じ被曝をくらっても臓器毎に感受性が違います。ちょっとした被曝でやられる臓器とそうでない臓器と。
全身に同程度の被曝をくらったとき、臓器毎に重み付け加算をして全身的なダメージの程度(どこかに異常が発生するリスクの程度)を求めたのがシーベルト値です。

『Svなら、体の部位に関わらず吸収線量の合計値で分かるのですが』は、だから上記のように間違いです。

『Sv/hは、何に対する被爆の大きさなのでしょうか? 単位面積(m2)当たりとか?』は、従って「一時間あたりの人間一人あたりの被曝ダメージの程度」です。

『毎時シーベルト (Sv per hour, Sv/h) は、1時間あたりの生体への被曝の大きさの単位』は、もう少し正確に言えば、「1時間あたりの被曝による生体ダメージの程度の単位」です。
『標準体重(体積)とか、標準面積など決められているのですか?』うーむ。まあそれに近いか。というか、別に体重とか面積とかではなくて、成人と子供、ということです。
発表されているのは成人の値ですね。
と言っても判らないかと思うので、もうちょっと書くと、
No.2様のいうグレーが単位体重あたりの被曝の量ですが、これが同じで...続きを読む

Q数学A 平面図形 三角形の面積の比の問題です

下の図において、次の値を求めよ。

△ABD/△ABC,△ABP/△ABC

解説なども含めた回答を頂けると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

△ABD/△ABC,△ABP/△ABC
△ABDと△ABCは高さが共通(AからBCに下ろした垂線の長さ)
なので、面積比は底辺の長さの比になります。
よって△ABD/△ABC=3/7

△ABPと△ABDは高さが共通(BからADの延長線上に下ろした
垂線の長さ)なので、上と同様に△ABP/△ABD=2/5になります。
この2式から求める△ABP/△ABCは
△ABP/△ABC=(△ABP/△ABD)×(△ABD/△ABC)=(2/5)×(3/7)
=6/35となります。

Q土地の面積の単位で、1坪=3.30578?と換算されますが、何故1坪=

土地の面積の単位で、1坪=3.30578?と換算されますが、何故1坪=3.30578?なのですか?

Aベストアンサー

何故こんなにへんちくりんな換算になってしまったか。それは、尺貫法の長さの単位(尺)が人間の大きさを基準に決めたのに対して、メートル法の長さの単位(m)が地球の大きさを基準にして決めたからです。地球の大きさと人間の大きさの間には特別な関係がないので、そのようんへんちくりんな換算になってしまった訳です。そして、面積の単位は長さx長さですね。

メートル法では、赤道から北極のまでの長さを1という単位に決めた。そうすると、その1千万分の1が大人の大きさの約半分ぐらいになる。そこで、その辺りの長さを改めて1mと呼び直すことにすると、逆に赤道から北極のまでの長さはその1千万倍になる。だから、地球一周の長さが丁度4千万m=4万Kmになりますね。

一方、尺は元々は大人の腕の肘から小指の方の手首の付け根までを1尺とすると決めました。その部分にある骨を尺骨と言います。大体の長さを測るには、それで十分だったのです。しかし、もっと正確に量る必要が出て来て、それを統一するために時の政府が、丁度尺骨の長さ当たりになり、しかも誰が計っても何時も同じ長さになるような物、例えば笛の長さなどを基準して、その物質で計られた物が1尺だと決めたそうです。

そうすると、家の入り口の高さを6尺に作っておくと、殆どの場合大人が頭をつっかえずにに自由に出入りが出来る。また、6という数字は1でも2でも3でも割れるので、5や7から10の他の数よりも自分の大きさの割に一番多くの数で割れるので、大変便利な数である。そこで、6尺を改めて1つの単位として1間とすることにしました。そうすると、面積の単位が1間x1間と定まります。そこでそれを1坪と呼ぶことにする。

このように人間の大きさを基準にして長さを決めておくといろいろ便利なことがある。例えば1坪の半分の大きさで畳を作っておくと、畳二枚で1坪が覆える。畳一枚の多きさは、一人が寝る時にちょうど良い大きさですね。事実、1畳の広さは人間の体の表面積と丁度同じになり、一回り寝返りした場合の広さになっています。そのような意味で、1坪とか1畳とは人間に取って大変合理的な広さになっているのですが、それを人間とは全く関係ない地球を基準にして長さの単位を1mと決めてしまい、1m x 1m で面積の単位を決めてしまったので、メートル法で計ると1坪がこんなにゴチャゴチャした数字になってしまったのです。

何故こんなにへんちくりんな換算になってしまったか。それは、尺貫法の長さの単位(尺)が人間の大きさを基準に決めたのに対して、メートル法の長さの単位(m)が地球の大きさを基準にして決めたからです。地球の大きさと人間の大きさの間には特別な関係がないので、そのようんへんちくりんな換算になってしまった訳です。そして、面積の単位は長さx長さですね。

メートル法では、赤道から北極のまでの長さを1という単位に決めた。そうすると、その1千万分の1が大人の大きさの約半分ぐらいになる。そこで、その...続きを読む

Q次の図において、四角形AEFBの面積は四角形BGHCの面積の何倍になる

次の図において、四角形AEFBの面積は四角形BGHCの面積の何倍になるか。なお、AB=BC=CD=DO、EF=FG=GH=HI=IOである。

上記問題は比を使って解くと思うのですが、比が苦手で解き方が思いつきません。
答えは1.6倍です。
どなたか解き方を教えてもらえないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

辺EOの長さをY、辺AOの長さをXとして
まず四角形BGHCは三角形BGO-三角形CHOだから
BGOの面積 3/4X×3/5Y÷2=9/40XY
CHOの面積 2/4X×2/5Y÷2=1/10XY
従って四角形BGHC 9/40XY-1/10XY=1/8XY

同じようにして四角形AEFBは三角形AEO-三角形BFOだから
AEOの面積 X×Y÷1/2=1/2XY
BFOの面積 3/4X×4/5Y÷1/2=3/10XY
従って四角形AEFB 1/2XY-3/10XY=1/5XY

AEFB÷BGHC=1/5XY÷1/8XY=1/5×8=1.6

よって1.6倍となります。
(比の問題だから高さはこのようにして解いてもいいと思います)


人気Q&Aランキング