人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

例えばですが、木の強度は高い?それとも強い?

日本語では、強度は高いというのですか?それとも強いというのでsyか? 漢字だけみると「強さの度合」とみれます。
しかし話し言葉では、恐らく強度の強いという表現を聞いたことがあります。  ない知恵を絞ってもダメだったのでネットで調べましたが、その定義を書いてあるところがありません。
解る人がいましたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

> 「強度のある家」と言う表現は適していない、ですよね? 



強度が強い、弱いとは、普通言いませんが、強度がある、ないとはよく使われますね。
同様に、
硬度がある、ない
粘度がある、ない
湿度がある、ない  等よく使われる言葉です。
でも同じく数値化できる「度合」でも
温度がある、ない とは言わず、あくまで高いか低いですよね。
日本語は面白いです。
    • good
    • 1

高いか強いかと言われれば、「高い」でしょうね。



定義としては、おっしゃるところの「強さの度合」ということでしょう。
「強度の強い」でも通じますが、「強さの度合いが強い」という意味になってしまい不自然です。

実際的な表現としては、強度の対象や、前後の文脈によって使い分けできそうですが、「高い」のほかでは「優れた」という表現も可能かと思います。
また、文法的に正しいか否かは不明ですが「強度面」という語と組み合わせるのも一法かと思います。

・この家は、種々の実験により高い強度が証明されています。
・この家は強度面で非常に優れております。
・この木は強度に優れています。
・この家は強度の高さが自慢です。
 
    • good
    • 1

No.2 の回答をした者です。


分かりにくい書き方で、かえって混乱させてしまったかもしれませんね。
また他人の回答を引くようですが、No.3 の回答をされた方が、すっきりとした書き方をされています。
「強度のある家」といういい方は、普通はしません。
「頑丈な家」といういい方ならします。
    • good
    • 0

No.1 の回答が簡潔に答えておられます。


まさに「度数」である、ということが根拠であり、理由です。
「強度」は「強さの度合」ということです。「度合」というのは、「程度の大きさ」のことで、別な表現をすれば「度数」となります。
「度数」の程度は、日本語では、「高い」「低い」という言葉で表します。

「強度が強い」「強度が弱い」という言い方を耳にすることがあるかもしれませんが、それでも意味が通じるということで、許容範囲ではあると思います。
言葉というのは、正解か不正解か、という二項対立になじまず、融通が効く面があるのです。
けれど、きちんとした文章の中では、「高い強度を誇る」とか、「強度が低いのが問題だ」などという言い方をする方が、知的な感じを受けます。

「以上」についてですが、数学の「A が2以上」という表現で表されるのは、A = 2 か、または A >2 の、どちらかの条件を満たすということです。
数学的な意味を除く「以上」という言葉の例として、「あなた以上の逸材」をあげておられます。
この「以上」は、数学的な表現に近いですが、厳密に同一と言えない場合もあるかもしれません。
なぜなら、「あなたは逸材だ」と言うにしても、その「逸材である」という程度を、数値で表現することは出来ないからです。
数学では数値を用いて、客観的な比較が可能ですが、AさんがBさんを「逸材である」と評価したとしても、それはAさんの「主観」であって、数値で表現することは出来ません。
それでも、AさんにとってはBさんは、「その他」の人たちと比べて、大きな価値がある、と認識しているわけです。
自分の主観的な評価を表現するのに、あたかも客観的な評価であるかのような表現を取り入れているわけです。

「面白い質問だな」と思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

bakanskyさん、細かい説明ありがとうございます。
決して反論ではないのですが、より「この木材の強度は高い」を肯定したいので、もう一つだけ教えてください。

正しいというか、最も適合した言い方が「強度の高い」というのは理解いたしました。この強度を「強さの度合」ととるならば、「強度のある家」と言う表現は適していない、ですよね? それとも強度というのは抽象的なものにもなりえるということですか?
例えばですが、「節度ある行動」は抽象的表現のみですよね?
しかし強度は数字的そして抽象的でもあるということですか?

なんか難しすぎてパンク寸前ですが、これだけをクリアしたいので、お願いします。

どちらにしろ、この「強度の強い」表現は抽象的にしろ数学上にしろ、間違ってますよね。

お礼日時:2009/06/22 21:28

「高い」です。


度数ですから。

この回答への補足

私もそう思ったんですが、私の父に指摘されまして。(とても教養のある人で)。 しかし、強度なので高いとは思うんですが、海外生活が長く、自分に自信が持てません。
例えばですが、数学上の「以上」は、{1以上=ひとつ又はそれより大きい値}になりますよね?
でも国語では、 「あなた以上の逸材」といえば、あなたを超えているということですよね?

なんかややこしくてすいませんが、記事に載せるので、その根拠又は、情報の起源を教えてもらえますか?? 

補足日時:2009/06/22 19:04
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「強度が弱い」という文はおかしいですか?

「ある物体は、強度が弱いです」と書きたいです。書く先はブログです。
この言葉はおかしな表現ですか?
なんと書けばスムーズな表現になりますか?
ある物体は、強いか丈夫かと言えば、弱いので、こういう表現しか思い浮かびません。

Aベストアンサー

「体重が軽い」「身長(そもそも体の長さのこと)が低い」「粘度が強い」・・・のような言葉が普通にたくさんあるくらいですから、問題は無いと思います。
「強度が弱い」がおかしいのだとすると、よく考えるとこれらの表現もおかしいってことになると思いまが、実際は一般的に広く使われています。

どんな「おかしい理由」を挙げられても、自分には屁理屈に思えます。まだ「慣用的ではない」なら納得もいきますが、「強度が弱い」は実際日常でよく聞きます。
「強度が不足」は、具体的な用途が挙げられているのならそれに対し「充分or不足」で使えますが、特に挙げられているのでないなら使えませんよね。例えば単にその素材自体が一般的に「強度が弱い」って時など。「劣る」は比較対象があってこそ成り立ちます。つまりこのどちらも使うケースが限られる表現だと思います。
「低い」であれば「弱い」に用途は近いと思います。「弱い」が嫌なら「低い」でいいんじゃないでしょうか。ただし「弱い」じゃないと伝わらないニュアンスもあるかもしれませんよ。くだけた趣とか。「強度が低い」はちょっと専門的で硬い印象もありますからね。

「体重が軽い」「身長(そもそも体の長さのこと)が低い」「粘度が強い」・・・のような言葉が普通にたくさんあるくらいですから、問題は無いと思います。
「強度が弱い」がおかしいのだとすると、よく考えるとこれらの表現もおかしいってことになると思いまが、実際は一般的に広く使われています。

どんな「おかしい理由」を挙げられても、自分には屁理屈に思えます。まだ「慣用的ではない」なら納得もいきますが、「強度が弱い」は実際日常でよく聞きます。
「強度が不足」は、具体的な用途が挙げられているの...続きを読む

Q速度は、大きい小さい?高い低い?早い遅い?

お世話になります。
日本語で「速度」のことを表現するときに、下記(1)~(3)のどれが正しいですか?出典も教えて頂けるとありがたいです。
(1)速度が大きい・小さい
(2)速度が高い・低い
(3)速度が早(速)い・遅い

Aベストアンサー

面白いご質問だったので考えてみました。

言うまでもなく、どの表現もよく使われているし、その意味ではどれも「正しい」と言えると思いますが、改めて考えてみると使われ方が少しづつ違いますよね。

以下はしろうと考えですが、

(1)速度が大きい・小さい

 ……これは日常会話ではあまり使われませんが、物理学や工学などの教科書とか論文など学問的な記述のなかで使われることが多いコトバだと思います。それは速度を「ベクトルの大きさ」で示すことと関係あるのでしょうか。

(2)速度が高い・低い

……日常的には熟語として「高速○○」「低速な△△」などとして使われることが多いように思いますが、もちろん「速度が高い・低い」と表現してもOKですよね。
英語でHigh-speed、Low-speedと表現するのと何か関係があるのでしょうか。

(3)速度が早(速)い・遅い

……日常的には最も多く使われるように思います。
もっとも、「早(速)い・遅い」のコトバ自体が『速度』の意味を含んでいますから、「速度が」を省略して「早(速)い・遅い」だけでも意味は伝わりますよね。
考えてみると、「速度が速い」というのは「馬から落ちて落馬した」と同じような重複表現と言えるかもしれない。

回答になってないかも知れませんがご参考になればラッキーです。

面白いご質問だったので考えてみました。

言うまでもなく、どの表現もよく使われているし、その意味ではどれも「正しい」と言えると思いますが、改めて考えてみると使われ方が少しづつ違いますよね。

以下はしろうと考えですが、

(1)速度が大きい・小さい

 ……これは日常会話ではあまり使われませんが、物理学や工学などの教科書とか論文など学問的な記述のなかで使われることが多いコトバだと思います。それは速度を「ベクトルの大きさ」で示すことと関係あるのでしょうか。

(2)速度が高い・低い
...続きを読む

Q吸光度

吸光度を比較するときは「大きい、小さい」なのか、「強い、弱い」なのか「高い、低い」どのように言い表せばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

業界・学会で異なりマス。
「大きい、小さい」、「強い、弱い」の両方を使い分けていました。
ただし、ピークという言葉をつけて「きゅうこうピークが」「大きい、小さい」、「高い、低い」の場合もあります。

Q間隔は「開く」?「空く」?

今日の新聞の夕刊に「間隔は開かない方がいい」という文章がありました。
この場合、「開かない」は「ひらかない」であって「あかない」ではないですよね?

間隔を「あける」時は「空ける」で、間隔を「ひらく」時は「開く」という漢字の使い分けでいいのでしょうか。
また、そもそも「間隔を開く(ひらく)」という表現はありますか?
間隔が主語ならいいのかな……

考えれば考えるほど混乱してきました……普段使っているような使っていないような……

Aベストアンサー

「開かない」の読み方ですね。

「あく」に使う漢字は、
空(あ)く=からになる。席が空く。間が空く。手が空く。
開(あ)く=ひらく。穴が開く。戸が開く。幕が開く。店が開く。
明(あ)く=ひらいて見える。目が明く。埒(らち)が明かない。

よって、意味から考えると「空(あ)く」を使うべきでしたよね。

開(ひら)くと使う場合は、扉(を)開く。大会(を)開く。本(を)開く。店(を)開く。
となります。反対語が「閉じる」である事から、
閉じないものをひらく様な使い方には使わないと思います。
「間隔」は、詰める事はあっても閉じるとは言わないので、
「あかない」と読む事例ではないですね。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

Q廃盤、廃番、廃版の違いを教えてください

ご質問させて頂きます。
紙などの資材を取り扱う仕事をしています。
その中で出てくる廃盤商品などをまとめて
文書を作っているのですが、「廃盤」と表記した所、
他の方から「『廃番』ではないか?
商品番号が無くなった、ということだから。」
とアドバイスを頂きました。
辞書で調べると、「廃盤」は、「製造を中止したレコード盤」
と書いてあるのですが、「廃番」「廃版」は
載っていませんでした。
略語なので、載っていないのだと思いますが、
違いが明確に分かる方いらっしゃいましたら、
ご回答お願い致します。

Aベストアンサー

基本的に同じことなのですが、

廃盤:レコードなど、形態が盤面であるものに適用。
  CDやDVDだけでなく、関連してカセットなどにも使うことがある。

廃番:型番に着目した言い方。製造番号やカタログ番号を明示する
  場合に適用。オフィス器具や電気製品などがこれ。

廃版:本など、製版するものに適用。関連して印刷されるもの
  (廃版ポスターなど)や板状のものに使用される場合がある。

ただ、これのどれにも属さない場合があって、その場合にどれを使うか
は恣意的に決まっているようですね。

Qその日程で大丈夫!と取引先に返事したい

急いでます。宜しくお願いいたします。

取引先(お客様)からいただいた
打ち合わせ日時の案内メールに対して
「その日、その時間で大丈夫です。」と返事をしたいのですが
どうやって書いていいのかわからなくて困ってます。

不在の上司のかわりにメールをするので
ちゃんとした、失礼のない文面にしたいのですが・・・

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

メール返信の形で、

ご連絡を誠に有難うございます。
下記承知いたしました。
それでは○月○日○時にお伺いさせて頂きます。

で良いのでは?

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q強度と剛性の違いは?

単純な質問ですが、強度と剛性って意味合いが違うのか知りたいです。
広辞苑で調べても言葉の意味の違いが分かりません。
同じようなことで、「・・・思う」と「・・・考える」も意味合いが違うんですか?

日本人ですが、日本語難しいです。

Aベストアンサー

No.6です。
>強度=「強さの度合い」、剛性=「外力によって変形しないという強度」ということですか・・・。

 その通りです。ただし、前に書いた通り、「強度」には「何に対して強いか」という点で種々の強度があります。
 一方、「剛性」はこれを高めるために関係する種々の「強度」の組合せで作り出すものといってもいいでしょうか。そして、剛性はただひとつだけのものといっていいでしょう。

>結局「強度」と「剛性」は同じなのですか?。ニュアンスの問題だけになるのですか。

 つまり、「強度」には実にいろいろな種類がありますが、「剛性」とは多くは構造体がこれに加わる外力によって変形しないように、「いろいろな種類の強度を組み合わせて作り出した総合的な強度」といったらいいかと思います。もちろんニュアンスの問題ではありません。
 
 「剛性」とは変形しない強さ.....これは例えば、自動車のボディなどといった構造体に剛性を持たせるには、路面の凹凸などから車輪を通じて伝わってくる振動や強い衝撃、風圧、遠心力や慣性、衝突時の衝撃といった「外力」によって車体がつぶれたり伸びたり、あるいはれじれたり歪んだりしないように(これが剛性)、圧縮強度、引張強度、ねじれ強度、など種々の「強度」をそれぞれ高める必要があります。

 また材料には弾性(バネの性質や弾力)というものがありますが、「外力」によって材料が一時的にバネやゴムボールのように変形することで、構造体全体が一時的に変形しないようにする必要もあります。

 繰り返しますと、こうした「種々の強度」をそれぞれ高めることで「剛性」は高まります。

 しかし、種々ある「強度」の中でも「磨耗強度」だとか「耐環境性」といった「強度」は直接「剛性」には関係ありませんね。ここのところをご理解下さると、ただのニュアンスの違いだけでないことがお分かりいただけると思います。

 とても技術的な話でさぞ難しいことと思いますが、わたしも技術分野の方はともかく、それをご説明する「国語」方が危なっかしいので、その辺はお許し下さい。

No.6です。
>強度=「強さの度合い」、剛性=「外力によって変形しないという強度」ということですか・・・。

 その通りです。ただし、前に書いた通り、「強度」には「何に対して強いか」という点で種々の強度があります。
 一方、「剛性」はこれを高めるために関係する種々の「強度」の組合せで作り出すものといってもいいでしょうか。そして、剛性はただひとつだけのものといっていいでしょう。

>結局「強度」と「剛性」は同じなのですか?。ニュアンスの問題だけになるのですか。

 つまり...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング