小学校の時、通る・大橋・遠いなどの単語を組み合わせて、そのすべてを覚えやすい文章にしてある例文を教えてもらったことがあるのですが、それがどのようなものであったかを思い出せません。読み仮名をつけるときに、「とうり」とか「とうい」と誤るようなのを集めて一つの文章にしたものです。「遠くの大橋を通る」という感じの文章です。思い出せないので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私もず~っと前に聞いたことがあります。



途中までしか覚えていないのですが、

「多(おお)くの大(おお)きな狼(おおカミ)が、赤いほおずき(ほおズキ)十(とお)手に持って、遠(とお)くの???」

あとは、どなたかお願いします!
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうそう、おおかみが入っていたのを思い出しました。
「とおくの おおきな こおりの うえを、おおくの おおかみ とおずつ とおった」というのが、検索した結果、下記のURLに見つかりました。このように様々なバリエーションがあるのかもしれません。ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/24 23:59

回答ではないのですが、アドバイスとして…


「とうい・おうきい・とうり」と読むのに「お」であるもの…とありますが、これらは、お行の長音で「う」とは、よみません。
お行の長音には、「お」と書くものと、「う」とかくものがあって、紛らわしいのです。慣用的にこう決まっていると覚えるしかないですね。
遠山さんという方がいますが、遠いは、「とおい」とふりがなを付けるのですが、中には、固有名詞ですし、「とうやま」さんという方もいて、難しいものです。
お行の長音は、おとうさん、おうさま…と「う」と書く方が多いので、「お」と書く例外のようなものを集めたのでしょうね。私は、そのようなものがあると、初めて知りました。ここの回答で、私も教えていただきたいものと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。たしかに「う」と読まないのですが、のばす音を示す目的で「う」と書きました。紛らわしくて申し訳ありませんでした。当為は、「とうい」、遠いは「とおい」と書きますが、発音は同じになると感じられます。
小学校のとき習った記憶があります。

お礼日時:2002/02/25 00:05

確か、こんなのがあったと思います。


「遠くの大きな氷の上を多くの狼とコオロギが十(とお)通った」
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。わたしは、一つの定型句のようなものが標準的に存在するのだと思っていましたが、どうもバリエーションがあるようですね。参考になりました。

お礼日時:2002/02/25 00:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアライグマとオオカミは交尾する?

タイトルのとおりです。
別にアライグマとオオカミでなくても良いです。
ネコとネコ、オオカミとオオカミみたいに同じ種類じゃなく
ネコとオオカミみたいな異なる場合です。
なお、ペットとして飼われている動物ではなく野生と考えます。

アライグマとオオカミが交尾することってあるのでしょうか?

また、交尾とまではいかなくても、野生のアライグマとオオカミが軽くじゃれあう程度のようなことをする可能性はあるでしょうか?

Aベストアンサー

 アライグマの生息地域がオオカミほど広くないことを考えると、ほぼ北米に限定される話題ですが、交尾はともかくとして繁殖するということはありえないと思います。
 オオカミはイヌ科、アライグマはアライグマ科。ここで繁殖に至るあらゆる面が違うでしょうから、お互いが繁殖相手と認識するにも野生の状態ではかなり無理があります。飼育下で幼い頃から同族であると刷り込まないとだめでしょう。

 繁殖以前に北米に生息する数種類のオオカミ亜種に特に限らなくても、オオカミはアライグマを獲物とみなすはでです。ウサギよりは獲りづらい獲物でしょうが。
 ですからアライグマを仲間とみなしじゃれるオオカミよりも、捕食対象と思うオオカミのほうが圧倒的に多いでしょう。
 オオカミは科の違うアライグマどころか、同じイヌ科のコヨーテやキツネすら可能であれば捕らえて食べます。

 アライグマとオオカミに限らないとのことですが、動物はなんらかの方法で同族を同族と認識しており、それ以外の動物は敵か獲物か関係ない存在かのどれかです。そこから外れる存在は確かにいますが、なかなか例が難しいですね。
 でもたとえ同じ巣穴で育っても、成長すると無視するようになったりする生き物もいます。まして遊び相手と考えるのはかなり難しいのではないでしょうか。
 繁殖にまで至った例があるのは、イヌ科ではコヨーテとイヌ、イヌとオオカミというように、野生の生き物と家畜・・・という組み合わせが多いように思います。家畜は長い間人間に飼育されているせいか、性に関するなにかが野生の生き物に比べて緩いようです。(「家畜化されると生き物は性的に堕落する」とかなんとか言った人がいましたが)
 上記のように、繁殖が可能ということはそもそも種がたいへん近いということです。ほとんど同種か、亜種程度でないと無理です。
 冒頭でちらっと述べたとおり、繁殖例がないからといって交尾を試みた個体がいたかいないかというのは証明が難しいのでわかりませんが・・・。

 言い忘れましたが、「オオカミが一方的にアライグマにじゃれかかる」ということはありうると思います。アライグマは弄ばれて防戦一方ということですね。
 ネコがネズミをなぶるような関係はないわけではありません。お互い楽しく遊ぶ、ということはないと思います。

 ただ、たいへんまれですが偶然いっしょに行動するようになる、という例があることはあります。このなかには捕食者が捕食する相手を保護していた例もあります。
 たとえば、授乳時期の母親が子供を失い、たまたま同じように母親を失った他種の子供を見つけて保護していた・・・という話はあります。

 なぜこのようなご質問をたてられたのか、少し興味があります。

 アライグマの生息地域がオオカミほど広くないことを考えると、ほぼ北米に限定される話題ですが、交尾はともかくとして繁殖するということはありえないと思います。
 オオカミはイヌ科、アライグマはアライグマ科。ここで繁殖に至るあらゆる面が違うでしょうから、お互いが繁殖相手と認識するにも野生の状態ではかなり無理があります。飼育下で幼い頃から同族であると刷り込まないとだめでしょう。

 繁殖以前に北米に生息する数種類のオオカミ亜種に特に限らなくても、オオカミはアライグマを獲物とみなす...続きを読む

Q「旧仮名遣い」→「新仮名遣い」へ移行した年は?

旧仮名遣いはいつ、どのような考えで新仮名遣いに変更されたのでしょうか。また新仮名遣いを使わなければならないといったような規則or法律(?)が存在するのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考URLによると,昭和21年11月16日の内閣訓令第八号および内閣告示第三十三号によって
現代かなずかいが奨励されています.
またこの訓令および告示は昭和61年7月1日の訓令および告示によって廃止され,
新たな現代仮名遣いが例示されていますが,強制ではありません.
http://www.asahi-net.or.jp/~lf4a-okjm/genkan61.htm

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~lf4a-okjm/genkan21.htm

Q日本の民話や説話にオオカミがあまり出てこないのはどうしてでしょうか?

西洋の民話ではオオカミは重要な役割を果たしています。
でも日本の民話にはあまりオオカミは登場してきません。
なぜでしょうか?
次のうち正解がありますか。
1.日本では人間とオオカミの接触が少なかった。
2.日本のオオカミは獰猛ではなく、畏怖の念がわかなかった。
3.実は日本の民話にオオカミはよく出てくる。(質問者が無知)


よろしくお願いします。
また、オオカミの出てくる民話があれば教えてください。

Aベストアンサー

Elimさんの言うとおり、日本は農耕民族でした。
そして、狼は畑の作物を食い荒らす狸やウサギなどを追い払ってくれました。それにより、日本人は畑を荒らされずにすみました。
日本人にとって、狼は益獣だったのです。

また、狼を山の神、山の神の使いとしてあがめていた所もあります。
というわけで狼を悪役に仕立て上げたくはなかったのでしょう。いい狼(?)が出てくる話ならあると思います。
このあたりは、「ドキドキ!ぜつめつ動物園」という本(漫画です)に日本狼について書いてあるのでもしよければ。

ちなみに絶滅理由ですが、山野の開発、狩猟の開始による餌の現象&狼も撃たれた、狂犬病などの病気が持ち込まれたという要因が重なって絶滅したようです。

Q英語の文章を読んでいて人の名前や行事の名前、建物の名前などが出てきますよね。文章を解くときに、ちゃん

英語の文章を読んでいて人の名前や行事の名前、建物の名前などが出てきますよね。文章を解くときに、ちゃんと読んでますか?
時間制限があるなかでちゃんと読んだり、覚えたりするのはかなり時間のロスになると思うのですが…。
早い時間で、正確に読む秘訣があったら教えて下さい

Aベストアンサー

母国語でも私は固有名詞をちゃんとは読みませんが、短時間で正確に読むためには、相関図を描きながら読んでいます。

例えば、「武者小路呂羽左衛門がアレクサンドリア・ショスタコーヴィッチと第六大曾根記念会館でロデマルギラ・フェスティバルを開催した」という場合には、「六」という家を描いて、「武」と「A」をそこに入れて、天井の上に「ロフェス」と書く、という具合です。

なお、パソコンを使える環境であれば、細かいことは気にせずに読み進めて、「あれ? この人だれだっけ?」と思った段階で、その人の名前を「CTRL+F」で文書内検索したりします。

Q外見がオオカミに近い犬種は?

自分はオオカミが好きなので、最初はオオカミそのものや、オオカミの遺伝子を持つオオカミ犬を飼育しようか考えましたが、ネット上の複数の意見を見て、オオカミやオオカミ犬は「危険動物」として届け出が必要であったり、プロのトレーナーや熟練の飼育技術者(例えば動物園勤務経験者)ぐらいにしかうまく扱えず、一般人には扱いが大変難しく、周囲の住民に事故・精神的ストレスも与えかねないと感じ、やはり犬を飼いたいと考えました。でも犬を飼うにしても、外見がオオカミに近い犬を飼いたいです。外見がオオカミに近い犬と言えばペットショップでもよく見かけるシベリアン・ハスキーがいますが、それ以外にも外見がオオカミに近い犬が存在すれば教えてください。該当する複数の犬種が存在すれば可能な限り全て教えてください。ただし日本で購入可能な犬種に限ります。また土佐犬のように性質が狂暴かどうかとか、平均的な販売価格も分かれば教えてください。ちなみに、外見がオオカミに近い犬種がメインの飼育本や専門販売業者(ホームページ)が存在すれば併せて教えてください。これらも複数存在すれば、できるだけ沢山の本や業者を教えてください。

*オオカミ犬とは違い、オオカミの遺伝子は全く入っていない「完全に犬として定義される犬種」を教えてください。

自分はオオカミが好きなので、最初はオオカミそのものや、オオカミの遺伝子を持つオオカミ犬を飼育しようか考えましたが、ネット上の複数の意見を見て、オオカミやオオカミ犬は「危険動物」として届け出が必要であったり、プロのトレーナーや熟練の飼育技術者(例えば動物園勤務経験者)ぐらいにしかうまく扱えず、一般人には扱いが大変難しく、周囲の住民に事故・精神的ストレスも与えかねないと感じ、やはり犬を飼いたいと考えました。でも犬を飼うにしても、外見がオオカミに近い犬を飼いたいです。外見がオオカ...続きを読む

Aベストアンサー

オオカミにも色々とありますので、元とされるイメージによります。
ホッキョクオオカミに似ているならば、ホワイトシェパード。
シンリンオオカミに似ているならば、シベリアンハスキー。
絶滅種のニホンオオカミに似ているならば、柴犬。ちょっと小さいのと巻き尾である点が大きく異なりますが柴の血が濃い雑種に雰囲気が似ている固体を見かけます。

特に馴染みの深いであろう柴犬を基本に見て頂くと解りやすいと思いますが、どの犬も実際は全く違う外見ですので、あくまで人がオオカミに抱きやすいイメージです。
実は世界的にもcocoawaterさんと同じように『オオカミの外見』を求める人は多いです。

>ただし日本で購入可能な犬種に限ります。

こちらに反しますが、犬種管理の組織に正式に認められていない新犬種を交えると数種存在します。
新犬種として固定される目的も『オオカミの外見』というパターンが多いですので、パッと見は結構似ています。
ただ求める人の数に対して個体数が多くありませんので、乱繁殖に陥りやすく出ては下火になりの繰り返しです。
現状、比較的健全な繁殖を試みられていると感じるのはウトナーガン。
とはいえ記事で読む程度ですので、私も実際には見たこともありませんし、日本での知名度もゼロに近いと思います。また登録犬種で無いために情報も非常に限られた物となります。

こういった新犬種が海外に輸出(日本に輸入)されるには、熱烈なファンが日本に生まれ、その方が海外まで言って繁殖者と交渉して輸入してくるという経緯を辿ります。
そういった金銭的苦労と情熱を注ぎ込んだ犬ですので、ペットショップにはまず卸しません。
ブリーダーと異なる繁殖屋(つまりこの時点で乱繁殖ですが)が手を出すまでペットショップには出回りませんし、個体サイズが大きいために繁殖屋が手を出すのは確実に売れる犬種です。
つまり日本で犬を欲する人の事情が変化しない限り、現状では望み薄だと思います。

ですので、犬種そのものの目的『オオカミそっくり』の犬を迎えられるならば、10年単位で待つ覚悟が必要になると思います。
同時に待ってもそういう時代にならない可能性が充分あります。
現実的には、数少なくとも日本に真っ当なブリーダーが誕生するまで待つか、ご自身が熱烈なファンとして海外に交渉に行くということになるかと思います。

最後になりますが、諦められたオオカミ犬ですが御参考までに。
私も共に暮らしたことがあります。
『手に負えない』と飼い主を転々としてきた犬で、最後に私の元(正確には祖父)に来たのですが、難しさは「どれぐらい田舎か?」に直結します。
75%血統だったのですが、遠吠えをするんです。(代わりに吼えません)
それも犬がする遠吠えとは次元が違います。
もう一点は、犬と違って放浪しようとします。
犬の場合は超大型犬であっても飼い主の声に反応する範囲を基本にしますが、こういった感じ(行動)が全くといって良いほどありませんでした。(とはいえ一頭の経験だけですので個体差は考慮できませんが)
これはオオカミ本来の移動範囲が関係すると思います。
一日数十キロの移動をする動物ですが、流石にそういった環境は用意できません。だから人間から見れば”放浪”と言うしかないという感じです。
超がつくほどの田舎で私有地が広かったということと、元々猟犬育成をしていましたので、敷地ぐるりを囲む塀が動物園並に高かったことが救いになっていただけです。

オオカミ血統の独特な特徴として牙が巨大で応じて噛む力も強いので、万が一の危険性考慮は犬以上に必要ですが、飼育そのもの付き合い的なこととしては気性の激しい犬との付き合いがしっかりと出来る人、信頼関係を元にしてつきあえるならば、おおよそ大丈夫という感じもします。(感覚に過ぎませんので、鵜呑みにはしないで下さい。性格はやっぱり違います)
性格は非常に素直で、かつ犬と違った方面への、頭の良さも感じさせます。
付き合いで最も犬と異なるのは、視線の重要さ。
犬と比較すると、人間が見ている方向への反応が鋭すぎます。

田舎もドンドン過疎化が進んでいますし土地はいくらでもあります。ほとんど人間の仕事面だけですね。(それが最も大変なんですが)
将来的に田舎に引っ込むことが可能ならば、犬との付き合いを進めて、最終的にオオカミ血統に行き着くことも可能だと思います。
オオカミ犬を勧める訳ではありませんし、相当な覚悟がいりますが、本物の情熱ならば不可能では無いとだけ申し上げます。
よき伴侶を見つけられるようにお祈りいたします。

オオカミにも色々とありますので、元とされるイメージによります。
ホッキョクオオカミに似ているならば、ホワイトシェパード。
シンリンオオカミに似ているならば、シベリアンハスキー。
絶滅種のニホンオオカミに似ているならば、柴犬。ちょっと小さいのと巻き尾である点が大きく異なりますが柴の血が濃い雑種に雰囲気が似ている固体を見かけます。

特に馴染みの深いであろう柴犬を基本に見て頂くと解りやすいと思いますが、どの犬も実際は全く違う外見ですので、あくまで人がオオカミに抱きやすいイメージです...続きを読む

Q銚子大橋

銚子大橋って鋼構造物に含まれますよね??

Aベストアンサー

鋼でできている橋ですから 含まれる?より、 そのものと言った方がよいかも知れません 銚子大橋は作られた当時、日本の代表格でしょう 確か1200m超ですよね

参考URL:http://www.jsce.or.jp/committee/steel/seinou/welcome.htm

Q日本オオカミの放獣について

 日本オオカミが日本で絶滅して久しいのですが、オオカミの獲物であった鹿、カモシカがふえて森林被害、農産物被害が出て、奥日光では高山植物が食害にあい危険水域になっているとききます。
 ハンターによる調整が、ハンターの老齢化などで次第にむずかしくいるらしく、対策が必要になってくるとおもいます。食物連鎖の頂点にオオカミが必要であると思っている方は少なくないと思います。
 アメリカのイェロウストーン公園ではオオカミを放獣していい結果を出しているとききます。
 日本オオカミといっても森林オオカミとほぼおなじと考えてらしいとの放送を聞きました。
 日本でのオオカミ放獣ができないハードルはなにですか?

Aベストアンサー

日本社会において“リスク(risk)ゼロ”/“ゼロリスク”/“百パーセントの安全信仰”が蔓延しているからですよ。
他の回答者の方々が、オオカミの放獣についてリスクを色々指摘していますが、
それらに対して、あなたは、リスクが現実のものになったら補償すれば良いと述べられていますように、
あなた自身、放獣に得られる“ベネフィット(benefit)”自体が“リスク(risk)”を無視出来る程大きいとお考えの様ですね。
けど、そうは考えない人々が多数派になってしまうと思います。
諸外国の事例から、どんなに科学的調査の結果として[ベネフィット]>>>[リスク]であっても、
[リスク]=ゼロじゃなきゃ認めない人々が多数派になってしまうでしょう、冒頭の信仰によってね。

“リスク(risk)ゼロ”/“ゼロリスク”/“百パーセントの安全信仰”を物語る有名な例が、予防接種です。
予防接種は伝染病の蔓延を防ぐという“ベネフィット(benefit)”がありますが、副作用という“リスク(risk)”があり、
どうしてもゼロにすることは出来ません。ただ、リスクを減らす事は出来ます。
それは喩えるならば、蕎麦を食べてアレルギーで死ぬ人をゼロにすることが出来ませんが、そんな人に蕎麦を避ける事は出来ます。
一部の人々が“ベネフィット”を無視して副作用という“リスク”の恐怖をいたずらに煽った結果、予防接種を受ける人々が減少し、
そのつけとして再び麻疹が大流行してしまい、欧米諸国から日本は麻疹輸出大国だとの抗議も受けてしまいました。

あなたが、日本でもオオカミの放獣を実現したいと単に思うだけでは無く、実際に行動するならば、如何に大衆に対して
「オオカミの放獣は、確かにリスクはあるが、それを凌駕する程の素晴らしいベネフィットがあるんです!」と説得出来るか、
理論武装のみならず話術などもかなり磨く必要性が生じるでしょう、
まるであたかもお笑い芸人が日本の政治を左右しているような状況では。

“ベネフィット(benefit)”とは、利益、便益、プラスになる、などの意味です。“リスク(risk)”とは、危険な事が起きる確率。
ある物若しくは方法について、それに伴うベネフィットとリスクを比較して、[ベネフィット]>>>[リスク]ならOK!と採用するという
リスクベネフィットアセスメントは、百パーセントの安全が存在しない化学物質、医薬品、科学技術、環境などの科学政策において
よく使われる概念です。

日本社会において“リスク(risk)ゼロ”/“ゼロリスク”/“百パーセントの安全信仰”が蔓延しているからですよ。
他の回答者の方々が、オオカミの放獣についてリスクを色々指摘していますが、
それらに対して、あなたは、リスクが現実のものになったら補償すれば良いと述べられていますように、
あなた自身、放獣に得られる“ベネフィット(benefit)”自体が“リスク(risk)”を無視出来る程大きいとお考えの様ですね。
けど、そうは考えない人々が多数派になってしまうと思います。
諸外国の事例から、どんなに科学的調...続きを読む

Q空気の通りやすさ、通りにくさ

昔学校で習ったような気がするのですが、教えてください。

10cm角の平板のシートに多数の細かい丸い孔が開いているとします。シートに一定の圧力で空気を通そうとした場合、直径1mmの孔が1000個あいているのと、2mmの孔が250個あいているのとどちらが空気がとおりやすいのでしょうか。

孔のトータルの面積は同じなのでどちらもとおりやすさは変わらないと思うのですが。

愚問かもしれませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

やはり,大きい孔がある方が通りやすいです.

参考URLの中の下記の項目(PDFファイルです)にあるように,
「Poiseuile流れ(円管内の定常層流)」
空気が孔の中を通るときの流速は,壁面に近い方が遅くなります.
よって,孔の面積に対して壁面の割合が大きいほど(つまり
孔の面積が小さいほど),全体の流量は小さくなりますね.

ただ,流れやすさの違いは,流速や温度によっても変わります.
理論的には1mm孔の方が流れにくいと思いますが,
1mm孔と2mm孔でその差が計測可能かどうかは,わかりません.

参考URL:http://www.fluidlab.naoe.t.u-tokyo.ac.jp/~yama/lectures/FluidMechA/H12/Materials/

Q美女と野獣を見て頭にきた。またオオカミを悪者あつかい。オオカミほど、素晴らしい動物はないのに。あなた

美女と野獣を見て頭にきた。またオオカミを悪者あつかい。オオカミほど、素晴らしい動物はないのに。あなたも、オオカミに偏見もってますか?古代ローマ帝国の双子の帝王を育てたのが、オオカミだとご存知か?

Aベストアンサー

ドラクエでオオカミが仲間になります。
他の動物と同じ感覚ですね。

Q調理師専門学校に通っている方、もしくは通っていた方にしつもんです。

調理師専門学校に今現在通っている方、もしくは通っていた方に質問です。
2年制コースには就職のサポート、就職先の紹介等があると思うのですが、1年制コースにはそういうサポートはあるのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

1年制コースでもあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報