痔になりやすい生活習慣とは?

お世話になります。

個人間(身内)で、例えば5千万円相当の資産の移動を行う場合、贈与の場合と売買の場合の違いがいまいち分かりません。

贈与の場合:
贈与を受けた人間が贈与税を払う。
贈与した側にキャッシュアウトはない。
金額は・・・ どんなもんでしょうか?

売買の場合:
売却した方が売却益に準ずる所得税を払う。
購入した側はキャッシュアウトはない。
金額は・・・ こちらもわかりませんが、総所得での税率となるのでしょうか。

このような認識で正しいのでしょうか?
また、どちらを選んでも損得と懐事情さえ鑑みるだけで問題ないのでしょうか?

教えてください、お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

端的にわかりやすくいえば、贈与税はかなり高いです。



身内間での売買の場合よくあることですが、世間の常識・相場を外れた低価格で売買すれば、相場の価格との差額を「贈与」とみなされます。
そのために贈与税が発生します。

低価格で売買して得をしたつもりでいても贈与税がかかり思わぬ出費を強いられます。それが落とし穴です。くれぐれもご注意ください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング