「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

あほな質問ですみません。
先輩や先生方にはとても聞けないので、こちらで質問させていただくことにします。

院生(M1、文系)になってから、「学会に行くように」と先輩や先生に言われることがあります。
自分の関連テーマには、時間があれば国内どこでも積極的に参加すべきなのでしょうか。

私は東京都に住んでいるので、関東地方なら行こうかなと思うのですが、西日本の学会を出されると、交通費も時間もだいぶかかるので「うーむ」と思ってしまいます。今も京都で行われる学会を紹介されたところで、行くべきなのか迷っています。
大学生の感覚だと、わざわざ話を聞きに新幹線や飛行機に乗るのはすごいこと(大金がかかること)なので、どうも腰が引けてしまいます。

大学院生というのは、興味のある学会なら交通費や時間も厭わず学会に行くものなのでしょうか??
確かに、先輩たち(博士)を見ていると、九州などあちこちの学会にも行かれているようです。(よくお土産をもらいます(笑))

院生はバイトや奨学金などで、こういう遠征(?)に行くお金をためているんでしょうか。研究のための本を買うのにお金を惜しまないようなものなのでしょうか。

正直、「院生の生活」というのがよく分からないままです。。。
いまだに大学生の感覚が抜けません。

ちなみに、私がやっているテーマはマイナー(最近下火になっている)分野で、学会発表は少ないほうです。


あと、学会の懇親会もなるべく参加した方がいいのでしょうか?(コネ作りのために)
どうも人見知りをしてしまい、また専門分野への知識が非常に浅薄なので(と書いている暇があったら勉強すべきなのですが)、教授たちと話すことができません。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

数年前まで文系の院生だった者です。

いろいろ事情があって就職をすることになり、博士課程を退学して論博の道を選択しました。現在締め切りまぎわでいっぱいいっぱいですが、気分転換で見てしまったのでお答えします(笑)。

私は文学系なのですが、修士の時代は実は学会に一度も行ったことがありませんでした。将来博士課程に行こうとか、研究で食べていこうとか、そういう希望があるならばM1から学会に行くのは無駄ではないと思います。しかし実際はM1から学会に通っている人は稀で、ほとんどの人がDに上がってから行くようになります。

最初の内は指導教授にくっついて学会に参加するのがほとんどです。理由は「紹介してもらえるから」。だから誘ってもらえるなら有り難い話です。もし一人で行ってこいと言われたなら、理由を付けてサボってしまってもかまわないでしょう。発表を見に行ってるんだという前提があっても、それは学会参加の3割ぐらいの理由しかありません。残りの7割は人脈を作りに行くようなものです。その為にも指導教授というコネが絶対必須です。加えて、懇親会には絶対に出るべきです。人脈は酒の席で作られますから(笑)。名刺は一応作っていくといろいろ助かります。


>専門分野への知識が非常に浅薄
私もまだまだ実力不足です。しかし20代そこそこの修業中の身では当たり前のことではないでしょうか?ただし問題は、そのひよっこの院生に対して、温かい目で伸ばしてやろうという人が、研究者の世界には非常に少ないということです。学会に行くと院生であっても同じ土俵のライバルとして見られます。そしてトップレベルと同じぐらいの知識量を初めから院生に求める傾向があると思います。

同年齢の若者か70を超えてるぐらいの老齢の先生はまだ親切なのですが、50~60ぐらいの現役ばりばりの教授ほどあたりが厳しいです。学会発表をしたらわざわざイヤミを言いに来る人も稀にいたりします。(ほとんどが建設的アドバイスをくれるけども。)指導教授と一緒に学会に参加すると、非常識なことはほぼ防げるので、その点でも院生時代は指導教授にくっついて学会参加したほうが有利で安全です。

また「指導教授のコネが聞く学会」に参加するのがベストです。指導教授が内心嫌っているような学会には大抵指導教授のライバルが幅をきかせていたりして、弟子がフラフラ行くととんでもない目にあったりします。学会はそういう人間関係の裏を知っておかねばならない場所でもあります。

いろいろ恐いことを書きましたが、学会によって内情は千差万別です。アットホームなところもあれば、人ばかり多くて寒々しいところもあります。メインの大きな学会には所属しなければならないでしょうが、居心地のよい自分にあった学会を一つぐらいは見つけておくといろいろ心強くなります。学会には三年ぐらい連続して参加しないと顔を覚えてもらえないので、お金は大変ですができるだけ毎年参加した方がいいと思います。基本的に文学系は、自分が発表するときでもすべて自腹です。

安い旅行方法を知っておくのも院生の賢い生き方です。東京から京都なら、9/10までは18切符。その他の季節は高速バスが最安値。切符は金券ショップで買うのが常識。宿泊場所はYHや健康ランドまで落とせば一泊3000円代ですみます。うまくすれば予算5万ぐらいで、2泊してお土産もって帰れます。指導教授とは現地集合・現地解散がポイント(笑)。

長くなりましたが以上です。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

研究職の内情って怖いですね(-_-;)
あまり考えずに、近くでやっている学会やワークショップにはとりあえず見学に行っていましたが、もうちょっと人間関係も見た方がいいのかもしれません。。。

教授にとっては、院生であってもライバルなんですか!? びっくりです。
内部の先生だと「この分野は研究者が減ってきてるからがんばってね」と温かい目で見てくださいましたが、外部だと風当たりが強いもんなんですね。

安い旅行方法のアドバイスもありがとうございました。

今回は、発表される先輩に相談したところ、「無理していく必要はない」と止められたので見送ろうかと心が揺らいでいます。

お礼日時:2006/09/18 10:22

#1です。

お礼拝見しました。

>学会参加費用はどうやって捻出しておられましたか? そのためにバイトをして資金を貯めたりするのでしょうか。

私は一応、学費・生活費・研究費など大学院生活にかかるお金は全て自分で稼いでいます。さすがにこの歳(27)で親に甘えることはできないので。奨学金も受けていますが、そのほかにアルバイトを3つほど掛け持ちしています。

アルバイトといっても自分の専門分野に近いこと(語学講師や通訳)とか、暇なときは自分の勉強してもいいようなバイト(TAとか試験監督、会社の留守番とか)を探したり、紹介してもらったりしています。周りの院生にも苦学生が多いのですが、給料のいい塾の講師をやっている人や、比較的自由な時間を過ごせるビルの管理人とか図書館のアルバイトをやっている人もいました。

自分が発表する学会の場合は、うちの大学では補助金(交通費と宿泊費の一部)がでますし、場合によっては学会や教授が補助金を出してくれることもあります(懇親会とかは結構出してもらえる)。

自腹で行くときも、新幹線などの比較的高い交通機関を利用するのではなくて、夜行バスなどを利用しています。

お金はいくらあっても足りませんが、無理してアルバイトしたお金を研究に費やしたとしても、もったいないとは思いません。「むしろチャンスを逃す方がもったいない」研究者を志す院生ならそう思うのが普通だと思います。

私は学部時代から近場で行われる学会には参加していました。最初は発表も何のことやらさっぱりわからなくて面白くなかったんですが、今になって思うのは、やっぱり自分の研究分野以外のことも知っておかないとダメだなあ、ということです。特に文系で研究者を目指すなら、自分の専門以外のこともできなければ潰しがききません。

また、懇親会もコネづくりだけでなくて、情報交換の場でもあります。教授陣だけでなく、同じ分野の同年代の人と知り合っておくのも大事ですよ。ライバル心とかも(勝手に)芽生えたりとかして、モチベーションが上がります。私も他の大学に友人と呼べる院生が何人かいますが、情報を交換したり、資料の貸し借りをしたり、非常に良い関係を保っています。

他の回答者の方も仰っていますが、やはり将来どうしたいのか、研究者になりたいのか、一般企業に就職したいのかはっきりさせたほうがいいのではないでしょうか。研究者になるなら、学会参加は必須です。収入のほとんどを研究につぎ込んで、それでも大学に就職できないかもしれない。それでもいいと思えなければ研究は続けられないと思います。気づいた時には30超えていて、就職のメドもたたないなんて話はよくあります(私もヤバイけど)。でも後悔はしてませんし、これからもしないでしょう。

長い道なので、後悔のないようによく考えて、先輩方やご家族ともよく相談された方が良いですよ。研究の主体はあくまでも自分なのですから、自分で積極的にいかなきゃやっていけません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お礼が遅くなってすみません。

博士課程まで修了したいと思っています。家族の承認は得ています。
教職を取っていないこともあって、確かにその後は厳しいです。。。

確かに今のところは、まだ「教えてもらう」という受身の姿勢から抜け出せていない感があります。修論以外の何か、が思いつきません。

「同じ分野の同年代の人」は知り合うターゲットに思いつきませんでした。
ライバル、いると確かに張り合いが出ますね!

アルバイトのお話も参考になりました。
指導教官の方針として、M1はバイト(TA)より研究を、とのことなので今は何もしていません。

お礼日時:2006/09/09 21:10

自分の関連分野の学会なら、ぜひとも出席しましょう。


修士の方ですよね?
博士に進まれるなら、いろんな先生方と顔見知りになっておくのは有用です。実験で困ったときや共同研究の相手を探すときにも、あんな先生いたな、ということが頭に入ってるといいですよ。
就職されるにしても、どこの大学がどんな研究をやっている、という知識は役に立つことでしょう。
あと、先生方のコネだけでなく、同年代の学生・研究者の知り合いも後々有利に働きます。会社に入って知り合いにであったりするケースも多いですよ。懇親会だけでなく、同年輩の飲み会も催されるケースが多いですから、出席されといた方がよいかと。

参加費ですが、うちの場合はよほど近所で無い限り、交通費は研究室から出ます。参加費自体は自腹なので、毎回5000円から1万円程度は出費せざるを得ませんが。それぐらいは勉強代+コネ代とあきらめましょう。交通費も自腹になると、遠方の学会にほいほいと出かけるのは流石に困難ですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お礼が遅れてすみません。

博士課程まで修了する予定です。
同年代は狭き門(就職口)を奪い合う敵なのかと勘違いしていましたが、つながりは大切なんですね。就職活動でも、同年代の友人がいると情報交換できていいと聞きましたが、そのようなものでしょうか。


交通費・参加費は全然出してもらえないようです(泣)。他の研究室でも出してもらっているという話はないそうです。
「実験や共同研究」と書かれているということは、理系の方でしょうか? 文系と理系で違いがあるのかも。。。

お礼日時:2006/09/09 20:57

私の周りに、貧乏院生が何人かいるのですが…



東京ー京都間程度で、余裕がない場合は新幹線や飛行機などのリッチな移動はしていないですね。

夜行バスとかもありますし。
知り合いの所に泊まって宿泊費浮かせたり。

でもそこまでしているのは、その分野で、研究で生きていこうと頑張っている人達。
当然、今の人脈等が将来に大きく影響しますから、必死です。修士で出来た人脈で、博士ではより良い環境の研究室に移ったり、就職も誘いが来たり…
皆、きちんと当時作った人脈を生かし、更に広げていっています。

別に研究で生きていくつもりではない、というのなら、そこまでする必要もないでしょう。

結局は、将来どうしたいか。
その為に今どうしておくべきか、ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。お礼が遅くなってすみません。

博士課程まで修了したいと思っていますので、今のうちから人脈づくりが大切なんですね。

学会は、自分が学ぶというよりは人間関係を築く場だとは、今まで気付きませんでした。

お礼日時:2006/09/09 20:46

文系D3の者です。



>自分の関連テーマには、時間があれば国内どこでも積極的に参加すべきなのでしょうか。

もちろん、先輩方や先生方の言われるように、行ける範囲で積極的に参加すべきです。自分の関連テーマならなおさらです。私もそうですが、ちゃんとやっている院生は毎月何らかの研究会や学会に出席していますし、場合によっては遠方まで出かけることも珍しくないですよ(もちろん修士の院生もよく参加しています)。私も東京に住んでいますが、今年は名古屋、北海道と行き、次は京都の学会に出席する(というか発表しに行く)予定です(同分野だったりして)。

学会に参加して、同分野の研究者と交流をすることは、お金や時間に変えられない価値があるものなんですよ。自分の研究分野の発表であれば、現在の研究動向がわかりますしね。それにいろいろな人脈を作っておくと資料を紹介してくれたり、研究のアドバイスをしてくれたり、他の研究者を紹介してくれたり、いいことづくめです。自分ひとりで研究するより効率がいいわけです。学会発表が少ないならなおさら、積極的に参加する方がいいと思います(自分のレベルもわかるというものです)。

>あと、学会の懇親会もなるべく参加した方がいいのでしょうか?

というか、懇親会に参加しないと先生方と知り合えないのでは?人見知りは私もそうですので分かりますが、やっぱり無理やりにでも知り合っていくぐらいの積極性が必要です。知識が無いなら良い本を紹介してもらうとか、何でもいいから話しかけることが大事です。先輩や先生などに紹介してもらうのもいいと思います。とても聞けないなんて言わず、先輩に修士時代の体験などを聞いてみてはいかがですか?

M1なんだから、まだまだ修行中の身です。知識不足で当たり前。こういうところで自分の知識のなさを改めて感じるからこそもっと勉強しようと思うものです。しかもまだ自分が発表するわけじゃないし、こういう雰囲気に普段から慣れておかないと後で大変ですよ。尻込みする気持ちはわかりますが、将来研究の道を志すなら必ず通る道ですから負けないでがんばってください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

やっぱり、積極的に参加した方がいいんですね!
変にケチったりせず、京都の学会(ワークショップ)には行ってみたいと思います。
私は英語史なので、残念ながらmachirdaさんとは別分野です。


>知識不足で当たり前
そう言ってもらえるとありがたいです。
特に、院で専門を変えたので、学部からやっている人なら常識のことも知らず、先生や先輩方をあきれさせてしまうのではないかと怖れています。(入学したらやるぞ!と思っていたのに、ほかの授業で専門が後回しの状態です。)
以前、食事会で先生方とお話ししたとき、「君のやっている分野はこうなんじゃないの?」と聞かれて言葉につまってしまいました。下手に取り繕うより、勉強不足を認めて教えを乞うた方がよさそうですね。友達に聞かれたときでさえそうなので、もっと頑張らないと。。。

研究会は、先輩に連れられて1つ行くようになりました。
正直、内容はあまり面白くないのですが(^_^;)、名誉教授などと知り合えるいい機会です。それで仕事を紹介してもらった先輩もいるし、やっぱりコネって重要なんですね。

素朴な疑問なのですが、学会参加費用はどうやって捻出しておられましたか? そのためにバイトをして資金を貯めたりするのでしょうか。
今は学会の手伝いくらいしか働いていないので。

お礼日時:2006/09/06 08:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学会発表の経験の有無は就職に大きく関係あるのでしょうか?

学会発表の経験の有無は就職に大きく関係あるのでしょうか?
私は今年、外部の大学の工学部から別の工学系の大学院に入学しました。そのため研究も一から始めなければならず学会発表に値するぐらいの研究成果を就職活動前に出すのはよほど研究が順調にいかないと難しいと思います。
学会発表の有無は就職活動に大きく影響するでしょうか?

Aベストアンサー

私は民間企業の技術職であり、研究職に就いているわけではないことを最初にお断りしておきます。通常の技術職等を希望されているのであれば、まず学会発表の有無が問われることはありません。
公的機関(大学とか)の研究職、または民間企業の研究所などに就職を希望されている場合は、学会経験の有無は多少影響するかもしれません。しかし、よほどの成果を挙げていない限り、単に発表回数などで判断されることはないと思います。但し研究職の場合、就職してからは学会発表のノルマがあるので強制的に発表させられると思いますが。
どちらにしても、大学生(大学院生)の発表は、社会的なレベルで見ればそれほど高度な内容ではないので、採用有無を大きく左右するようなファクターにはならないでしょう、というのが会社生活20年の私の意見です。
参考になれば幸いです。

Q学会発表で失敗・・・

お世話になります。

学会で発表中、頭が真っ白になってしまい、
それ以降の発表ができず、さらに質疑にも答えることができませんでした。

研究者としては失格だと実感しています・・・

回答者の皆さんは学会などで失敗した人を見たとき、どう思われますか?
他人の眼を気にするのがおかしいというのはわかりますが、再来月に学会を控えており、大変なプレッシャーを感じています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私が在学していたときの指導教官は端から見てもテレビ出演時も非常に堂々(横柄?)に見えるのですが「発表時に緊張しないヤツはバカだ」と言い切っています。
だから緊張するのは当然と思います。
一方、発表とは自分の考えを他人に伝えることですので自信を持って行う必要があります。ここでいう自信とは自説に対する確信ではなく、この点はわかっている、この点は皆さんの意見を伺いたい、という自分の研究に対する自分での理解と私は考えています。
皆さんに謙虚にご意見を伺えばいいのだと思うと私は自信をもって発表できました。
失敗した人は「この学会でどうしたいかという心の準備が足りなかったかな」と見えます。

Q初の学会発表なのですが・・・

僕は学部4回生なのですが、3回生から研究室に出入りして仕上げた論文を教授に見せたら学会の支部の発表会に出ないかと誘われ来月初の学会発表となりました。そこでいくつかの疑問があります。
(1)論文作成につき少しでも手伝っていただいた方は6人ぐらいいるのですが、論文に書く順番は発表者の僕が始めで他の人たちは順番はどのようにすればいいのでしょうか?
(2)発表する方々は大学教授や企業研究員などのプロか院生ばかりですが、僕みたいに学士も持っていない奴の発表なんかウザイと思うのでしょうか?
(3)発表後の懇親会にいって他大の教授の方々に挨拶をして顔を覚えてもらったほうがいいのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

大学教員です。

(1)これに関する意見はいろいろのようですが、私の感覚では
本人→次に貢献した人→その次に貢献した人→。。。→教授という感じですが、トップとラスト以外はまあどうでもいいかな、と私は思っています。教授がラストなのは、普通は最も濃密にタッチしなかった人が教授だからです、大所高所からは見ていたでしょうけど。そうじゃなかったらちょっと微妙。かなり手を掛けていても俺は最後に名前が出る方がふさわしいと思う人もいるし。
どうであれ、ともかく教授か誰かにこれでいいかって確認するのが無難です。結構気にする人も多いし。その教室の文化というものもありそうだし。
どっちにしろ、発表とか投稿前に下書きチェックが入るんじゃないかという気もしますが。

(2)うざくないですよー。偉いなあ、と思って聞く人のほうが多いです。未熟なんて自分で思う必要なし。聞いている方も大部分は未熟。芋かカボチャが聞いていると思うのが正解。目利きは1割以下でしょう。

(3)これはTPO次第。相手がヒマそうだったら教えを請うという感じでアクセスするのはいいです。何かのきっかけで話がはずんで親しくなるというのもありです。しかし、わけもなくただ挨拶に来られてもちょっと困っちゃう。顔を覚えるったって相手が学生で挨拶だけでは覚えることもありえません。

大学教員です。

(1)これに関する意見はいろいろのようですが、私の感覚では
本人→次に貢献した人→その次に貢献した人→。。。→教授という感じですが、トップとラスト以外はまあどうでもいいかな、と私は思っています。教授がラストなのは、普通は最も濃密にタッチしなかった人が教授だからです、大所高所からは見ていたでしょうけど。そうじゃなかったらちょっと微妙。かなり手を掛けていても俺は最後に名前が出る方がふさわしいと思う人もいるし。
どうであれ、ともかく教授か誰かにこれでいいかって確認...続きを読む

Q大学院生ってそんなに忙しいですか?

こんにちは。私はつきあって2年の彼氏がいます。
私は社会人で、彼氏は某有名大学の大学院生(化学専攻)です。

彼が「学校がいそがしい、レポートがいそがしい」といっているので、1ヶ月以上会っていません。少なくても2週に1度は会っていました。

メールで連絡をとるのも1日おきぐらいです。
電話は以前からする習慣がありません。

私が会いたいと言っているわけではないのですが、ここまでほっとかれていると、「つきあっている」という意識が薄れてきてしまいました。

彼のことは信頼してきたのですが、だんだん信じられなくなってきました。

大学院生って、そんなに忙しいのでしょうか?彼女のことが大切なら、忙しいけど平日の夜とかに時間を割いてあってくれたりしますよね?どうなんでしょうか・・・

Aベストアンサー

大学院で物理学専攻の修士2年♂です。
基本的に院生は皆忙しいと思いますが、私の通っている大学では化学が一番忙しいと言われています。話によると、何かの締め切り前(学会etc.今なら修士論文でしょうか。)は一週間家に帰れない人もいるとか。風呂などは大学近くに住んでいる友人に借りるそうです。

大学の研究費を使い研究室の看板を背負う以上、研究において責任が問われその出た結果のみが評価される、そんなところが大学院です。少なくとも、学生だからといって学部生と同じ扱いをしては彼がちょっとかわいそうかな・・・。人にもよりますが、忙しい時は本当に他のこと一切何も出来ないぐらいになります。といいますか、やるべきこと以外は考えたくない、という気持ちにまでなります。

もし今の時期、彼が修士論文を抱えているとなると、平日の夜に時間を割くなど正気の沙汰ではないです。その時間、研究室内はおそらくサバイバル状態だと思いますよ。もう少し待ってあげて、彼に余裕ができた時にじっくり話し合われてはいかがでしょうか。

少々偉そうな事書いてしまい失礼致しました。理系の院生や研究者でも彼氏彼女ときちんとしたお付き合いをしている人は大勢おられます。sakana22様達が良い恋愛ができることを祈りつつ・・・。頑張ってください。

大学院で物理学専攻の修士2年♂です。
基本的に院生は皆忙しいと思いますが、私の通っている大学では化学が一番忙しいと言われています。話によると、何かの締め切り前(学会etc.今なら修士論文でしょうか。)は一週間家に帰れない人もいるとか。風呂などは大学近くに住んでいる友人に借りるそうです。

大学の研究費を使い研究室の看板を背負う以上、研究において責任が問われその出た結果のみが評価される、そんなところが大学院です。少なくとも、学生だからといって学部生と同じ扱いをしては彼がちょっとかわ...続きを読む

Q学会に出たくない

大学院1年です.

4人で研究(たいしたことないレベル)をやっていました.
私以外就職したので
残った私が学会発表することになりました.
論文はみんなで分担して書きました.

もともと私が中心だったわけでもないし,
学会に出るつもりで研究してたわけでもないし,
出たくないし,どうでもいいと思っているのですが
指導教員がでろってうるさいんです.
論文も提出しちゃったし(しかもタイトル間違えて提出)
学会に出ると思うんですけど
モチベーションがまったくあがりません.

いやなことをしなくてはいけないとき,
皆さんはどのように頑張って克服してますか?
教えてください.

Aベストアンサー

発表は、4人の代表として行ないます。もちろん中心でやっていた人が発表できれば良いのですが、就職等の都合もありますのでその点はやむを得ません。

これからの将来のことを考えれば、発表させてもらえるのは名誉なことだと思った方が良いですよ。機会が与えられたのですから。将来社会に出て、そういう考えでは、チャンスはめぐってきません。

いやなことをしなくてはいけないとき,と思わずにチャンスと思って克服しましょう。

Q学会は一般人が参加してもいいですか

科学関係の学会に参加できるでしょうか?
こういうのは、研究者や学校関係の人しか入れませんか?
私は一般の社会人で、科学が好きで興味を感じたので、是非話を聞きに行きたいなと思ったのです。
私は何何大学で何を研究しています、、、という話はできないのですが(苦

趣味で本を読んでいるだけでは理解できないようなレベルの高いものかな、と、その点も少し心配ではあります。

Aベストアンサー

科学関係ではありませんが、某学会に所属している者です。

「学会に参加する」とは、2種類の意味が考えられます。
1つは「学会のメンバーになる(学会に所属する)」、もう1つは「学会の研究大会に出席する」です。

前者の方は、大学の先生だけでなく、大学院生だったり、企業の研究機関などの研究者などもいますので、必ずしも「○○大学で△△を研究しています」という自己紹介の仕方だけでは無いです。
ただし、私の知る限り、かなり多くの学会で、入会するには「現学会員2名(前後)の紹介(推薦)」が必要です。
ただし、学会に入会すると、学会誌への投稿・学会の研究大会での発表などの権利が与えられたり、地域にある支部の研究会の案内が来たり、、、という事があります。
あと、研究大会の出席の際、参加費を支払うのですが、学会員は割引価格になります。

で、後者の方は、研究大会での発表を聞くだけなら、非学会員でも入れます。
ただし、すぐ上にも書きましたが、非学会員だと(学会員に比べて)参加費が少し高くなります。
これは、研究者や学校関係の人でなくても、非学会員ならば高くなります。
また、お金さえ払えば「話を聞くだけ」なら可能ですが、発表などは出来ません。

余談ですけど、私が所属学会の研究大会に出席した際、大学の専攻も現在の仕事も、その学会に何ら関係のない夫が、私と一緒に研究大会に行って話を聞いてました(^^;
宿泊が必要な場所での研究大会で、なおかつ夫の学生時代の親友が住んでいる地域だったので、「私の学会出席と、夫の友達訪問」という小旅行をしました。

趣味で本を読んでいるだけでは理解できないようなレベルの話もあるかもしれませんが、今までは触れようとも思わなかったような部分の話を聞いて、「こんな世界もあったのか!」と目からうろこが落ちるような面白さがあるかもしれませんよ。

科学関係ではありませんが、某学会に所属している者です。

「学会に参加する」とは、2種類の意味が考えられます。
1つは「学会のメンバーになる(学会に所属する)」、もう1つは「学会の研究大会に出席する」です。

前者の方は、大学の先生だけでなく、大学院生だったり、企業の研究機関などの研究者などもいますので、必ずしも「○○大学で△△を研究しています」という自己紹介の仕方だけでは無いです。
ただし、私の知る限り、かなり多くの学会で、入会するには「現学会員2名(前後)の紹介(推薦)」が必要...続きを読む

Q理系修士で就職活動された方に質問です。

こんにちは、理系大学4年生の者です。

私は大学院まで進学し、修士で就職活動をする予定です。

私が気になっていることは「修士時代における論文投稿や学会の出席回数が修士の就職活動においてどれだけ有利に働くか」ということです。

自分のやりたいことを追究するために大学院に進学する訳ですから、論文の数などはあくまでその研究の結果なので、それと就職活動の有利さを関係づけるのはおかしな話なのですが、評価の高い企業に就職したいから大学院に進学するというのも事実です。
聞くところによると、研究活動が忙しくて納得いく就職活動ができなかったという修士学生もいるようです。
いい企業に内定をもらいたいなら研究はほどほどにして就職活動を頑張ればいいのでしょうか?
しかし、就職活動を優先するならば、論文数なども減るので人事からの評価は下がってしまうと思います。

修士の就職活動の実態がよくわからないので、自分の研究していることや成果がどれだけ面接で重用視されているのか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は理系修士で昨年就職活動をし、つい先日から社会人となりました。

まず第一に、大学院での専門性に通じる採用枠なのか・そうでないのか、それによって答えは大きく違ってきます。

私は生態学が専門分野でしたが、生態学の知識・研究経験が活かせる企業(または採用枠)は受けていません。入社した企業はベンチャーで、当面の職種は営業職です。

いくつか企業を受けましたが、大学院でどのような研究に取り組んでいたのか、たいてい聞かれます。(ただし質問のされ方は様々です。)
論文の数や学会への出席に関しては尋ねられたことはありません。成果について尋ねれられたことはあります。

以下、私の経験と就職・転職支援企業に勤める複数の友人の話からの考察です。

専門性を活かした採用枠ではない場合、論文の数や研究成果はほとんど考慮されないと思われます。
しかし、研究内容は成果を尋ねられることがある。それは、一般には難解な研究内容をどれだけわかりやすく伝えることができる能力を持っているのか、研究というある程度与えられた課題に対してどれだけ熱意を持って取り組めるのか、問題解決する意思・能力があるのか、それらのような事を知りたいために研究について質問されます。


>いい企業に内定をもらいたいなら研究はほどほどにして就職活動を頑張ればいいのでしょうか?
>しかし、就職活動を優先するならば、論文数なども減るので人事からの評価は下がってしまうと思います。

多くの就職活動学生が抱えている悩みだと思います。
どちらの方がいいという共通の答えはない様に思われいます。だからこそ、限られた時間の中で研究と就職活動にそれぞれどのようにウェイトを置くのか、それを自分で考え、判断し、遂行することが大切であり、その判断力・実行力こそが面接で問われるのではないでしょうか。どちらを選んだとしても、その根拠や考えを自分の言葉で話すことができれば大丈夫でしょう。

専門性を活かした採用枠を希望している場合には、全く役立たない内容となってしまいました…
少しでも参考になればと思います。

がんばってください!

こんにちは。
私は理系修士で昨年就職活動をし、つい先日から社会人となりました。

まず第一に、大学院での専門性に通じる採用枠なのか・そうでないのか、それによって答えは大きく違ってきます。

私は生態学が専門分野でしたが、生態学の知識・研究経験が活かせる企業(または採用枠)は受けていません。入社した企業はベンチャーで、当面の職種は営業職です。

いくつか企業を受けましたが、大学院でどのような研究に取り組んでいたのか、たいてい聞かれます。(ただし質問のされ方は様々です。)
論文の数や...続きを読む

Q修士の研究テーマは自分で見つけるものなのでしょうか

私は工学系の大学院生博士前期課程1年なのです。
私の指導教官は「大学院生ならば研究テーマは自分で見つけるもの」という方針なので、
修士の学生にも自分で研究テーマを探させています。
研究テーマを探すのは非常に時間と労力がいるため、これまでのM1の時間のほとんどは文献調査に費やし、最近なってようやく研究テーマになりそうなネタを発見できたという状況です。

しかし他の研究室を見ると入学してすぐ教員から研究テーマが与えられるというところが多いみたいで、さらに研究テーマを自分で考えなくて良い分、その時間を実験などに費やせるので研究もかなり進んでいるようで成果も出ているようでした。

そうすると時間を文献調査に費やして研究テーマをゼロから考えた学生よりも、最初から研究テーマを与えられて研究を進めた学生のほうが実験などを多くこなしている分、より多くのスキルが身についているのではないかという疑問を持ちました。

就職活動で研究をアピールするのにもずっと文献調査に時間を費やしましたなどというよりも、~を実験するために~のような工夫をしましたなどと言ったほうが説得力があるような気がします。

こんなふうな状況なので2年間という限られた時間で研究を行う修士の学生にとっては時間を費やして研究テーマを自分で探すことが本当に有意義なことなのかどうか疑問に思いました。

皆さんどう思われますか。

私は工学系の大学院生博士前期課程1年なのです。
私の指導教官は「大学院生ならば研究テーマは自分で見つけるもの」という方針なので、
修士の学生にも自分で研究テーマを探させています。
研究テーマを探すのは非常に時間と労力がいるため、これまでのM1の時間のほとんどは文献調査に費やし、最近なってようやく研究テーマになりそうなネタを発見できたという状況です。

しかし他の研究室を見ると入学してすぐ教員から研究テーマが与えられるというところが多いみたいで、さらに研究テーマを自分で考えなくて...続きを読む

Aベストアンサー

数年前に電機メーカーに就職した者です。私も似たような状況だったので参考意見を書いておきます。

最も理想的なのは、自分自身でテーマを見つけ、よい結果を残し、修了する、ということだと思います。しかし、現実に修士の2年間という限られた時間の中でそれを行うのは極一部の人間しかいません。テーマ決めから始めると、テーマが決まらずに1年を過ぎてしまった、M2の夏になってもテーマが決まらない、という話も多く耳にしました。

(マスターとしては初めての「研究」を行う場ですので、個人的には曲がりなりにもテーマありきで研究してみたかったですけどね。その中で新しいテーマを見つけることもあるでしょうし。0からのテーマ決めがメインでは研究の面白さを学ばずに終えることになってしまいます。そのせいか私の周りではドクター、研究職志望はいませんでした。皆がテーマが与えられたほうがいいと言っていました。)

しかし、テーマが先生から与えられる環境でも問題はあります。私の周りでは終わってみたら雑用ばかりやっていた、一貫性のあることを与えられなかった、という理由から修士論文が書けないと嘆いている人もいました。テーマあるなしにかかわらず問題は起こるようです。それらに比べればM1のこの時期にテーマが決まるのは、少なくとも最低レベルのことではないと思います。

テーマあるなしに関わらず共通して言えるのは、そもそも先生を頼りすぎてはいけないということです。NO.7の方が言っているように学生が有意義だろうが、就職できなかろうが、先生には関係ないのです。そこに気がつく必要があります。悪いテーマが与えられた場合はそれを拒否しなければなりませんし、テーマが与えられない場合は自分で見つけるしかありません。先生を頼りすぎてはいけません。私も授業の延長で考えていたので「最終的には先生がなんとかしてくれるだろう」という意識がありましたが、そんなことありませんでした。言ってしまえば、先生なんて「利用してやる」くらいの認識でよいと思います。
初めからそういう意識で自発的に動いておけば、もう少しよい結果が出ていたかなあと今では思っています。

>就職活動で研究をアピールするのにもずっと文献調査に時間を費やしましたなどというよりも、
>~を実験するために~のような工夫をしましたなどと言ったほうが説得力があるような気がします。

これについては「文献調査」よりも「実験するために~のような工夫をしました」というほうが「説得力のあることを言いやすい」だけだと思います。自らの力で文献調査し、学んだことをきちんと伝えることができれば認めてくれる方はいると思います。前向きにがんばれば結果はついてきます。

以上の話は研究分野、企業によっても違ってくると思います。参考にしてください。

数年前に電機メーカーに就職した者です。私も似たような状況だったので参考意見を書いておきます。

最も理想的なのは、自分自身でテーマを見つけ、よい結果を残し、修了する、ということだと思います。しかし、現実に修士の2年間という限られた時間の中でそれを行うのは極一部の人間しかいません。テーマ決めから始めると、テーマが決まらずに1年を過ぎてしまった、M2の夏になってもテーマが決まらない、という話も多く耳にしました。

(マスターとしては初めての「研究」を行う場ですので、個人的には曲がりな...続きを読む

Q研究をする気が起きない

研究をする気が起きない

現在、大学院修士2年の学生です。

タイトルの通り、研究を進める気が全く起きません。
そろそろ修士論文に向けて本腰を入れて進めなければいけないのですが、研究室に行く気がでずに休んでしまうことも度々あります。

やる気がでない理由として考えられるのが、研究に対して全くと言っていいほど興味が無いことです。
単に逃げているだけだと思うのですが、実験などをしていてもこんなことやって何の意味があるんだろう、などと考えてしまいます。
学部時代に卒業研究をしながら、自分は研究に対して興味が湧かない、向いていないと薄々は感じていたのですが、その時点で既に進学が決まっており、そのまま大学院に入学してしまいました。

また、学部時代までは与えられたことをやっていれば良かったのが、大学院に入って、急に何をやっても自由、自分で何をやるかを決定しなければならない状況に置かれて、未だに適応できていないのも理由の一つではないかと考えています。

私の所属する研究室は非常に自由で、何時に研究室に来ようが自由、週1のゼミでの発表は任意、年に数回報告会がありますが、そこを乗り切れば最悪あとは何もしなくても何も言われません。

過去の質問を見てみると「研究はやる気でやるものではない」「仕事と思ってやるべき」などの回答があるのですが、上記のように強制力がほとんど働かない状況で自分を律することができず、つい楽な方に流れてしまいます。

親のお金で大学院にまで行かせてもらって、非常に甘ったれた考えであることはわかっているのですが、どうにもこうにもやる気が出ません。

修士論文の審査は厳しくないので、このままグダグダと研究をしていても卒業はできるかもしれないのですが、最近はやるべきことから逃げている自分に対して自己嫌悪の毎日です。卒業まであと半年、少しでも納得いく生活を送りたいと考えています。
既に就職は決まっており、退学は考えていません。

同じような状況を克服された方、また興味などなくても研究を進められている方など、どのような心の持ちようで研究を進められているのかアドバイスいただければ幸いです。

最後に、長文にも関わらずこの質問を読んでいただきありがとうございました。

研究をする気が起きない

現在、大学院修士2年の学生です。

タイトルの通り、研究を進める気が全く起きません。
そろそろ修士論文に向けて本腰を入れて進めなければいけないのですが、研究室に行く気がでずに休んでしまうことも度々あります。

やる気がでない理由として考えられるのが、研究に対して全くと言っていいほど興味が無いことです。
単に逃げているだけだと思うのですが、実験などをしていてもこんなことやって何の意味があるんだろう、などと考えてしまいます。
学部時代に卒業研究をしながら、自分...続きを読む

Aベストアンサー

本音
どこの大学院だろう?そんな大学院はつぶれてしまえ!
役にも立たない修士修了者を排出しないで欲しい。こんな学生がいるから修士修了学生が低く見られる。
やる気がなのなら辞めてしまえ!
修士なんて雑用係だよ。修士にそれ程価値はない。博士修了者だってそれ程の価値が有るわけではない。レベルが低い大学院が増えてきて、でもしか学生増加を嘆く。

建前
折角ここまで来たのですから、親の期待に背かない様に頑張りましょう。
やる気がない、たいした成果も出さないで修士の学位が頂けるのです。世の中はそれでも修士修了者と見なし一目置いてくれます。(駅弁大学の修了者はその傾向が薄いのも事実です)

今落後すると、これからの厳しさに耐えていけないかも知れない。鶏頭でもいいから自分が満足するように努力しましょう。社会は学歴と内容が見合っているかを判断します。見合ってないときは淘汰されますので、今の内に少し先の将来を目標にして欲しい。

Q大学院別のTOEICの合格点を教えてください。

大学院入試でTOEICの点数を英語の点数として換算している大学院が多くあると知ったのですが大学院別にどのぐらいが合格点なのでしょうか?
東大の院生の平均点が730というデータはネットでみたのですが他のいろいろな大学院について教授からや友達からの情報でもいいので参考にさせてください。

Aベストアンサー

このサイトに、大学院入試でTOEIC(R)Testを活用する52の大学院が、
国公立、私立別で掲載されており、
ある一定のスコアで、英語の独自試験免除など、詳しい情報が見れます!

参考URL:http://www.toeicclub.net/graduateschool.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング