会社に契約社員として入ったときからなのですが、厚生年金基金に加入していました。
これはやめる事はできるのでしょうか?
また加入しているメリットとは何があるのでしょうか。それと厚生年金基金が存在する基本的な意味を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 国民年金の場合には、老齢基礎年金として毎月支払う保険料に「国民年金基金」に加入して、支払額を上乗せすることにより、受給額を増やす方法があります。


 同様に、厚生年金の場合にも「厚生年金基金」に加入することにより、受給額を増やせる制度があり、企業単位や同種の企業が共同して運用していますので、勤務されている会社が厚生年金基金に加入している場合には、その部分だけを止めることは出来ません。
 なお、最近は金利が低迷していることから、基金の運用が困難になり解散する企業も出てきています。

参考URL:http://www.nikkei4946.com/today/0111/05.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。URLの頭だけ見ても払っても0になるような気がします。やめられるならやめたいのに…。

お礼日時:2002/04/05 19:11

 No1,No2の方のおっしゃるとおりです。


ちなみに、当社が加入している基金は加入後2年経過しないと掛け捨てとなります。それ以後は退職時、一時金として受領したり、一定以上加入年数が経過すれば年金として受け取ることができます。が、あくまでもNo2の方が言われているように、基金自体が存続していればの話ですが。
 加入員の年代が若い方が、基金としての財政は楽だと聞きました。うちの基金は年寄りが多い・・・。答えになっていなくてごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うちは年寄りだらけですのでかなり不安です。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/05 19:12

厚生年金基金は、厚生年金に加入している企業が、厚生年金の上乗せとして、独自に運営したり、同業の企業が圧って運営して、国から支給される厚生年金保険よりも手厚い給付を行う事を目的としています。



厚生年金に加入している従業員は、同時に厚生年金基金にも加入することになり、これだけ脱退することは出来ません。

この、厚生年金基金の掛け金も、企業が負担している部分もありますから、加入しているメリットはあります。
年金の受給時には、当然、厚生年金にプラスした年金を受給できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ただやっぱりもらうときにはそんなものすら存在しないような気がしますが…。不安なら払いたくないような気がします。

お礼日時:2002/04/05 19:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q厚生年金基金が解散すると

厚生年金基金が解散すると

主人のねんきん定期便が届き、私が開封して見た
ところ信じられない小額でかなりショックでした。
まさか厚生年金の受給分がこんなに少ないとは
思いもよりませんでした。

その心当たりといえば、厚生年金基金の解散です。
一時金がわずかばかり戻ってきました。

年金基金が解散すると、年金額は激減するもの
なのでしようか。それとも、他に何か理由が
あるのでしようか。

Aベストアンサー

はじめまして、よろしくお願い致します。

今は、どこの厚生年金基金もやりくりが大変です。

そこで、この際解散になったのだと思われます。

>年金基金が解散すると、年金額は激減するもの
なのでしようか

国民年金よりは多いですが、厚生年金+年金基金の時よりかなり少なくなると思われます。

もともと、厚生年金基金の利回りは5%/年で計算していましたので・・・解散に追い込まれたのです。

ご参考まで。

Q国民年金基金から厚生年金への切り替え

今まで国民年金基金にも加入をしていましたが、今度サラリーマンになり厚生年金に切り替わるのですが、なにか届け出などの手続きは必要ですか? 放置で自動に切り替わると思うのですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

18歳から国保に加入ですね。
 ( 上乗せの年金基金はこの際 置いておいていいです。 )

 現在は、25年の加入期間が年金受取に必要です。
 10年に短縮という動きもあるのですが、結果を確認していません。

 源泉徴収する都合から、年金手帳を会社に提出すれば、会社側で全てやってくれるはずです。
( むしろやってくれない会社だったら危ない。) ご心配なら年金事務所に出向くのがよろしいと思います。 ただ、時間的余裕はあるので、就職してから 最初の源泉徴収票で確認すればいいと思います。

Q厚生年金基金の解散で年金は貰えなくなりますか?

父の年金について教えてください。

父は70代で厚生年金を受給中の無職です。

国から貰う厚生年金とは別に、とある厚生年金基金から月数万円を受給していましたが

先日、「この度厚生年金基金が解散することになったので、現在基金から支給されている

”基金独自の上乗せ給付部分”は支給停止となります」という内容の手紙が届きました。

ということは、”基金独自の上乗せ給付部分”とは今現在もらっている月数万円のことでしょうか?

月数万円とは言え、この給付金がなくなると両親の生活が成り立たなくなってしまいます・・・。

”老齢基礎年金”は今後も変更はなく、基金から支給されている”代行部分”は国から支給される、

と書かれてありましたが、手紙の内容と言葉が難しく困っています。


無知で申し訳ありませんがどうか、回答お願いします。

Aベストアンサー

これまで厚生年金基金からは、代行部分=厚生年金相当と 基金独自の上乗せ部分(数万円)が支払われていました。
これからは、代行部分は国に返上して 基礎年金部分を含め国(年金機構)から支払われるということです。そして数万円は打ち切りです。
その数万円がなくなると 両親の生活が成り立たなくなる・・・。残念ながらどうしようもありません。でも、結果として、基金のない年金受給者(人数としてはこちらの方が多いでしょう)と同じ水準に戻るだけですので、それに合わせて生活するしかありません。

Q厚生年金基金の一時脱退金の選択について

この度7年勤務した(嘱託)仕事を退職します。
退職の書類の中に
”厚生年金基金脱退一時金選択届”
というものが入っていますが、
選択が5つあり

(1)脱退一時金を受給する

(2)脱退一時金相当額を企業年金連合会に移換する

(3)脱退一時金相当額を確定給付企業年金に移換する

(4)脱退一時金相当額を確定拠出年金に移換する

(5)選択を保留
(資格喪失日から1年を経過する日までに(1)~(4)の選択の申し出がなっ勝った場合は(2)を選択したものとする)

3つの移換先があり、どのようにちがうのかも、
どれを選択するのが良いのかもよくかわかりません。

どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら
是非教えてください。お願いします。

ちなみに退職後は家庭に入るので夫の扶養になります。次の仕事は決めていません。

Aベストアンサー

 こんにちは。私も先月、同じ選択を迫られて(2)を選びました。
 
 (2)と(3)と(4)は企業年金と呼ばれているもので、公的年金(国民年金や厚生年金)に上乗せされて年金として支給されるものです。近い将来まとまったお金が必要だとか、長生きする自信がないのであれば(1)を選ぶのも良いと思います。

 (3)と(4)は自分で運用方法を決める必要がありますので、おもしろいですが、手間はそれなりにかかるしリスクを考えると真剣に勉強しなければなりませんね。

 (2)はお勤め先の厚生年金基金の条件はそのままで、単に資金や記録を管理する主体が基金から連合会に移るだけですので、まあ、わかりやすいといえばわかりやすいです。

 将来、別の基金のある会社に就職して10年未満で退職すると、同じく連合会に移管可能なので、(3)(4)を積極的に選びたいのでない限りは、(2)なら情報が一元管理できて便利でもあります。つまり(2)は無難なので(5)のような定めにもなるのですね。
 
 それに、条件さえそろえば将来的に(2)から(3)(4)に移すことも個人の判断でできますので(ポータビリティーと呼びます)、そんなことも考えて私は(2)にしました。

 関連サイトを添付しますので、じっくり調べたいとのことでしたらご一読ください。かなり複雑ですけれど...。

参考URL:http://www.pfa.or.jp/top/qa/qa02.html#q10

 こんにちは。私も先月、同じ選択を迫られて(2)を選びました。
 
 (2)と(3)と(4)は企業年金と呼ばれているもので、公的年金(国民年金や厚生年金)に上乗せされて年金として支給されるものです。近い将来まとまったお金が必要だとか、長生きする自信がないのであれば(1)を選ぶのも良いと思います。

 (3)と(4)は自分で運用方法を決める必要がありますので、おもしろいですが、手間はそれなりにかかるしリスクを考えると真剣に勉強しなければなりませんね。

 (2)はお勤め先の...続きを読む

Q厚生年金基金の解散

私の会社では、同業種で組合を作っていて厚生年金基金に入っています。ところが、脱退企業が相次ぎ減収となり、また、支給がかさんだ等の理由からこの基金は解散するのだそうです。基金が解散するとどうなるのでしょうか。現在年金を支給されている人は支給を国が引き継いでくれるのでしょうか。まだ、受給していない世代が今まで支払った基金掛け金はどうなるのでしょうか。どこか別の上位団体のようなところが引き継いでくれ、再び基金に加入することはできるのでしょうか。ご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No3.です。
厚生年金は国が運営していて、基金は私的なもので、企業が設立しています。その資金は企業が負担しているのですが、それだけでは少額で有利な運営が出来ませんから、国の厚生年金の保険料も任されて併せて運営しています。これが代行ですね。
国の保険料は企業と従業員が折半して負担していますが、これは将来従業員に年金として給付される性質のものです。要するに従業員のものです。従って、代行返上をしたら、国の責任でその部分は保障されています。しかし、上乗せ部分の企業が負担している保険料は、企業の責任で連合会に移管されるのですから、いくら移管されて保障されるかは、基金の財政状況により違ってきます。極端には0かも知れませんが、勝手にされては、従業員は不安ですから、基金廃止にあたり従業員(基金の組合員)の承認が必要です。
ということで、質問者さんの会社も基金から脱退または基金の解散にあたり、そのような手続を経ます。具体的なことはその時に説明がある筈です。

Q厚生年金加入から国民年金へ変わる場合

現在27歳、女性です。現在勤務の会社で5年弱厚生年金に加入しています。
この度転職を考えており、一社内定を頂いたのですが、その会社は雇用保険はありますが厚生年金に加入していないといわれました。
保険や年金制度について全く知識がなくお恥ずかしいのですが、調べてみて厚生年金だと会社が半額負担してくれ、収入に応じて支払額が変動する。国民年金は毎月一定額の支払いだがその分将来厚生年金に比べ受給金額が少なくなるということは理解しました。

ただ私は現在正社員ですがアパレル勤務の為薄給です。毎月額面15~16万円、厚生年金は1万2千円ほど引かれています。
内定先の会社は18万円スタート、成績により22、3万円、賞与ありとの事です。
5年弱厚生年金に加入したものの、納めた金額はしれているので国民年金に変えたとしても将来の受給額はそれほど変わらないのではないか、転職にあたっての不安材料にはならないのではないかと思うのですが、親などに相談するとやめておいたほうが無難と言います。
転職先の会社もアパレルで百貨店にも出店しており、怪しい雰囲気はないのですが。
私の所得金額で国民年金に加入すると毎月の支払い額はどれくらいになりますでしょうか。
また、国民年金プラス自分で保険に何か加入して備える方がいいのでしょうか。
全くわからず決めかねています。
お詳しい方アドバイスお願いします。

現在27歳、女性です。現在勤務の会社で5年弱厚生年金に加入しています。
この度転職を考えており、一社内定を頂いたのですが、その会社は雇用保険はありますが厚生年金に加入していないといわれました。
保険や年金制度について全く知識がなくお恥ずかしいのですが、調べてみて厚生年金だと会社が半額負担してくれ、収入に応じて支払額が変動する。国民年金は毎月一定額の支払いだがその分将来厚生年金に比べ受給金額が少なくなるということは理解しました。

ただ私は現在正社員ですがアパレル勤務の為薄給で...続きを読む

Aベストアンサー

 私は国民年金付加型に加入しています。本年度の支払は以下の通りです。

前納一括支払で¥182,100・・・前納一括支払が一番割引が大きかったからです(確か10%引き)
前納一括支払の申し込みは毎年2月末になっています。
国民年金への加入申し込みは現在お住まいの地域で「年金事務所」へどうぞ。

口座振替早割り制度(当月保険料の当月引落し)の場合・・・毎月¥50円引き


 国民年金だけで不足する場合、地域型国民年金保険に併せて加入する事が出来ます。
これはご本人の現在住んでいる県で主催されているものです。・・・控除されます。
URLを記しますので詳細はご覧ください。

http://www.shihoshoshi-nenkin.tsknet.or.jp/link/kchikihtm

国民年金の支給額¥7万円では絶対生活に困りますので、何らかの保険は必要と思います。
勿論民間の個人年金型保険も有りますがこちらは会社の業績で受取り金額が変動する場合
が有りますので、良く比較検討して下さい。

Q厚生年金基金が解散しました。3年3ヶ月分の年金基金は60歳以降に年金の請求をした際に加算されるのでしょうか。

過去に3年3ヶ月勤務した会社で厚生年金と厚生年金基金に加入していました。
両方とも証書は保管しておりますが、
年金基金はもうなくなったと聞きました。

3年3ヶ月分の年金基金は60歳以降に
年金の請求をした際に加算されるのでしょうか。

Aベストアンサー

厚生年金基金が解散した場合は、それまでに加入者が支払った掛金は、全て企業年金連合会に移管されます。
その上で、年金の支払いも、企業年金連合会から60歳以降支給されることになります。
従って、払い損になることはありません。
ただ注意が必要なのは、年金を請求する際は、国の厚生年金とは別に、企業年金連合会にも請求手続きをする必要がある点です。

なお、「加算されるのでしょうか?」との質問には、本来、受け取る権利のある年金を受け取るだけの話ですから、「加算される」とはいいづらいでしょう。

Q国民年金支払い後、再就職し厚生年金加入による重複納付したことについて

お世話になります。
今年始めに失業し、国民年金を1月~4月の期間支払いました。
私(夫)と専業主婦の妻の分を両方です。
その後再就職をし、4月から厚生年金加入となりました。同時に妻は扶養家族として第3号国民年金加入となりました。

さてその後、社会保険事務所から私の4月分の「国民年金保険料過誤納額還付通知書」が届き、厚生年金と重複した4月分を還付します、という封書が届きました。
それはそれでよいのですが、妻の分が届きません。第3号国民年金加入者は、同様の重複があっても還付対象にならないのでしょうか?
ご教授の程、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

奥様の4月分も還付対象になります。
2号被保険者(夫)より、3号被保険者(扶養の妻)の方が、手続きが遅れると聞いたことがあります。
奥様の分は、後から還付通知書が届くと思われますが、しばらく待っても音沙汰無い場合は、以下のように確認した方が良いでしょう。
(1)年金で妻を扶養にする手続きが済んでいるか、ご主人の会社に聞く。
健康保険の扶養の手続きはしたが、年金の扶養の手続きを忘れてしまう会社がタマにあります。
手続き済で3号被保険者になれば、社会保険庁から3号該当通知書が届くはずです。
(2)お近くの社会保険事務所に、還付通知書が届いていない事を伝え、送付してもらう。

Q厚生年金基金解散の場合、将来年金はもらえる?

10年ほど勤めている会社は、厚生年金基金に加入しています。
 
基金の赤字により、数年以内に解散する方針が決定したようです。

解散すると言われれば、それに従うしかないのですが、今まで10年かけてきた掛け金は

将来年金の加算部分としてもらえるのでしょうか?

もう全くもらえないのでしょうか?

その辺の説明がなく、わかりません。

運用の失敗で赤字なので解散・・・・・解散するにも加入している会社がお金を払わないといけないなんて・・・・・

全く納得はいきませんが、色々言っても仕方ないので

今までの掛け金がどうなるのか、知りたいです。

Aベストアンサー

基金に加入していなかった勤め人と同水準の厚生年金は貰えるようです。
しかし、余計に貰えることを前提に 高めの保険料を払った分(加算分)は このケースの場合ゼロでしょう。高い分の保険料は掛け損です。
そして、基金によっては 運用失敗による損失分を 加入会社が追加負担しなければなりませんが 会社に財源がないと 間接的に加入者が負担(給料据え置き 引き下げ等により財源をひねくりだす)しかねません。場合によっては 会社倒産も・・・。踏んだり蹴ったりです。
損をしないのは 運用を他人任せにして 高給に加え過剰接待等で甘い汁を吸った年金基金の役員(大半は厚労省の年金部署からの天下り)だけです。彼らは さっさと逃げ出して(退職して) 一円たりとも損をしないと思います。

Q付加保険料・国民年金基金への加入について

4月生まれで平成11年に20歳になりました。
当時学生で年金を払う余裕がなく、国民年金の全額免除を受けました。
卒業後、資格試験に落ち続け、29歳になってやっと合格。
資格による自営業で、30歳にしてやっと収入のメドが立ちました。
その間、アルバイトをして国民年金は納付していました(免除の月は後回しにしていました)。
今回、やっと余裕ができたため、全額免除の期間も追納しようと思ったところ、4月分はすでに追納期限の10年が過ぎていることに気づきました…。

●20歳4月分から23歳3月分まで全額免除(学生納付猶予含む)
●24歳4月分から30歳5月分まで納付済み
●現在、20歳4月分のみ追納期限切れ
という状況です。

上記のような場合、今後一切、付加保険料を支払うことも国民年金基金に加入することもできないのでしょうか?

やっと年金を払っていける状況になり、有資格者が加入できる国民年金基金があるにも関わらず、現役中に国民年金の満額からプラスにしていくような道はすでにこの時点で無くなってしまったのでしょうか?

宜しくお願い致します。

4月生まれで平成11年に20歳になりました。
当時学生で年金を払う余裕がなく、国民年金の全額免除を受けました。
卒業後、資格試験に落ち続け、29歳になってやっと合格。
資格による自営業で、30歳にしてやっと収入のメドが立ちました。
その間、アルバイトをして国民年金は納付していました(免除の月は後回しにしていました)。
今回、やっと余裕ができたため、全額免除の期間も追納しようと思ったところ、4月分はすでに追納期限の10年が過ぎていることに気づきました…。

●20歳4月分から23歳3月分まで全額...続きを読む

Aベストアンサー

自営業が軌道に乗り、おめでとうございます。
あなたの質問を読み、国民年金基金のHPを再度読んでみたのですが、誤読されているんじゃないでしょうか?

資格がないのは、<国民年金第一号被保険者で免除・納付猶予などを受けられている方>ということで、現在の納付状況が問われているのだと思います。
資格喪失も、上記の納付状況になったときに<加入している資格>を失いますと書かれています。

国民年金基金にメールなどで問い合わせてください。

全額免除と納付猶予は全く違います。全額免除であれば、その期間の1/3は納付していることになります。なぜなら、1/3は税金で補てんしているからです。
でも、学生納付特例などの納付猶予は掛け金の納付を待ちますということで、その期間はカラ期間として年金の支給額とは関係なくなります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報