私は愛知県在住の29歳会社員、母妻の3人で暮らしている者です。
現在、愛知県内に分譲住宅の購入を考えているのですが、ローン、金融について知識が乏しく購入に先立ち非常に不安です。
今のところはおおざっぱに購入額3000万、頭金300万、返済期間30年、住宅金融公庫を使用したいと思っています(年収600万です)。
自分のプラン以外に、実体験(返済中、返済終了の方)を通じ、税金対策、金利等を踏まえ、返済計画について良きアドバイスを伺えたら幸いです。
幾多のプランを熟慮し、考えていきたいと思っています。
よろしくお願いします。
また、資金運用について参考になるサイトがあったら、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 公庫の融資は、先月23日以降の申し込みでは、80%までしか借りられなくなったはずです。

よって、最低でも頭金が後、300万必要になります。

 公庫の金利は今月22日の申し込みから、特別加算も引き下げられました。(基本融資は、今月5日から引き下げ)なるべく公庫から借りられるように出来るといいですね。(火災保険も4割ほど安いですし。)

 ↓にシュミレーターが有るので、参考になるのではないでしょうか?

 ちょっと質問が漠然としているので、とりあえず回答はここまでにしておきます。

参考URL:http://www.jyukou.go.jp/
    • good
    • 0

最近分譲住宅を購入したものです。

参考まで。
まず、頭金ですが購入額の2割用意したほうがいいでしょう。
決まりではありませんが、そのぐらいの余裕を持ってということだと思います。
また、頭金のほかに諸費用というのがかかります。
約150万ぐらいです。仲介物件の場合、これに購入額の3%を仲介手数料としてプラスされます。
そして引越し代、新居の家具代など考えると、頭金のほかに最低でも300万(諸費用含む)は用意しておいたほうがいいでしょう。
次にローン、金利についてです。
まず一戸建てだと全てを公庫でまかなうのは無理だと思います。
公庫は住宅の性能により融資額が異なるのでいくら借りれるとはいえませんが
私の例でいうと、公庫1300万、銀行2200を35年です。
これで毎月11万5000ぐらいだったとおもいます。ボーナスは無しです。
それまで借家で10万払っていたので、今の所負担は余り感じられませんが、
これが金利が0.5%上がると約5000円上がります。
ちなみに全て銀行にした場合は0.5%あがると約1万あがります。
(先々不安だな(^^;)
「ローン計算」で検索するとローンを計算してくれるサイトがありますので
それらを利用してみてください。
税金対策はまだ修行の身であるゆえ分かりませんm(__)m
不安は一杯あると思いますが、必要以上に不安がる必要は無いと思いますよ。
せっかくだから楽しんでください。(^^)/~~~
余談ですが、あなたの年収からすれば、不動産屋は4000万ぐらいの勧めてくると思いますので、注意してくださいね。(別に無理な物件とは思わないですけどね(^^;)
    • good
    • 0

私が購入時に立てたプランは以下のようなものでした。


数年前なので、現在の状況と多少違うかもしれませんが、
ご参照ください。

1.借入期間は25年で住宅金融公庫から
  自分の年齢と物件(戸建て)の特性から決めました。
  公庫は固定金利で、契約時の金利が適用されるので、
  経済動向による変更リスクがありません。
2.返済にボーナスを充てない
  ボーナスは業績によって大きくぶれるので安全を期して
  返済は月給だけにしました。
3.自己の借入可能額を把握する
  上記条件から借入可能額を計算しました。
  月給からローン返済に充てることができる金額を
  確認する作業です。現在のお住いが賃貸住宅なら、
  家賃プラス頭金のための月々の貯蓄額の合計です。
  これをベースに「借入可能額」を確認し、これに
  手元資金から「頭金」を加えた合計額が購入可能な
  物件の価格となります。
4.頭金は15%から20%を目指す
  当時は頭金が2割なくても購入できましたが努力目標として。
5.購入後の支出に備えて手元にも100万円を残す
  購入後に税金の納付や家具類などの支出が続きますので、
  手元資金は重要です。特にボーナス支給月まで間がある時は
  特に注意です。
6.繋ぎ融資の可能性の有無
  契約する会社によりますが、工期中に代金の一部を中間金として
  支払うケースがあります。公庫は完成済みが前提ですから、
  公庫を扱う銀行に繋ぎ融資を依頼します。
  私の場合、工期の遅れから繋ぎが必要になったため、
  手数料は会社に負担して頂きました。

また、昨今の金融市場で資金運用を考えるのは、非常に厳しい状況です。
まして、住宅資金として支出目的が決まっている自己資金については、
元本保証が一番です。運用を考えるとしたら、貯蓄額が年収額を超えた
部分だけです。しっかり貯めてガッチリ守りましょう。
希望の物件に巡り合えると良いですね。






  
  

6.
    • good
    • 0

私も2年前に住宅を購入しました。


そのときは、金利を考えて銀行から借りました。
資金は、住宅財形で貯めたお金を頭金にしています。
借り入れ金額は、3800万円で35年ローンです。
月々の返済額は、80,368円です。
ボーナス返済額は、437,024円です。
昨年の年収は、700万ぐらいです。
私は、繰上げ返済を行って期間短縮に心がけております。
金額を下げるより期間短縮のほうが返済金額を減らせるメリットがあります。
金融の知識って中々難しくて、素人には解り難いですよね。
私は、月刊マネーライフという雑誌で勉強しました。
簡単に解説しているので、私のような素人にも良く分かります。一度、お読みになってみては如何でしょうか?

参考URL:http://www.okane.co.jp/magazine/magazine.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金融公庫返済中のマンションは貸せますか?

金融公庫返済中のマンションは他人に賃貸として貸すことは出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

http://home.yomiuri.co.jp/soudan/okane/20050210_01.htm

によると、条件付きですが可能なようです。
いずれにせよ事前に連絡して了解を得る必要があります。

Q住宅金融公庫の繰上返済方法

住宅金融公庫の繰上返済は100万円以上となっていますが、今後繰上返済する場合、

1.期間短縮 100万円
2.期間短縮  50万円+返済減額 50万円

どちらがお得なのでしょうか。金融公庫のHPを見てもわかりませんでした。どなたかご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教授願います。

Aベストアンサー

はじめまして。

基本的に1の期間短縮型のほうが総返済額から考えると得になります。
この得は、返済初期ほど大きいです。

期間短縮型というのは、短縮した月数間の利子が丸々浮きますが、
返済減額は、返済期間全体に引き伸ばされますので、
利子も少なく均等に浮いてきて、結果短縮の方がお得になります。
文字で書くの難しいですね(汗)

ただ、金利上昇局面においては、
金利がかわるタイミングで月額返済額も上昇してしまいます。
お得だからと期間短縮しても日々生活できなければそれは大変なことになると思います。
従いまして、金利がかわるタイミングであれば、返済減額も考慮したほうが良いですが、
基本的には期間短縮に全部・・・というのがセオリーと思います。

Q元利金等返済 or 元金均等返済

住宅購入時のローン返済について、経験者の方&専門家の方ご教授くださいませ。

今、いろいろ調べているのですが皆さん元利金等返済を選択されている方が多いようですね。月々の返済額をおさえて確実派ということでしょうか。
元金均等返済は月々の返済額が多少上がりますが、元金から減るということで年々少しずつですが月々の返済額が減っていくのですよね。

払う利息が減少するということで魅力的に感じるのですが(もちろん返済可能としたら) 実際は、どの位の方が元金均等返済を選択されているのでしょうか???
そして、ボーナス分に関しては返済に組み込んでいるのでしょうか? or いないのでしょうか?

アドバイス等よろしくお願いします。

Aベストアンサー

業者です。
元金均等返済は100戸のマンションで5件取り扱えば多い方です。
もっとも5年前ならば、100件で1戸あるか否かでしたけどね。
理由として
取り扱う商品の金額にもよりますが、2~3千万クラスの場合、自己資金が少ないが多く、返済比率も割りと高めでもともと選べないお客さんが多いというのもあります。
また、月々の返済自体が一定のほうがわかりやすいという営業の意識の植え付けもあります。
自身の営業では#2さんと同じで、35年の元金均等を26年の元利均等に捻じ曲げた事があります。(返済終了時の年齢を考慮させたのですけどね)
また、一番の問題は取扱金融機関が公庫、都市銀行ぐらいしかない事です。
ボーナス返済についてはその人の年収に対しての賞与の依存度によりますので、これは一概にどうという参考には出来ないでしょう。
以前、賞与が年収の50%超を占める人がいて、ボーナス割振50%としたことがありました。

Q【住宅ローン繰り上げ返済】返済期間短縮のための方法

【住宅ローン繰り上げ返済】返済期間短縮のための方法

35年ローン始まったばかり(最終支払い 2045年1月)。
変動金利 0.975%
残債 1,900万円(毎月返済分1,010万円、増額月返済分890万円)
返済 毎月28,000円、増額月(年2回)150,000円

(1)このたび返済期間短縮のために、100万円を繰上げ返済しようと思っています。
それにあたり、その100万円を毎月の返済分と増額月分に配分しないといけないのですが、
どのように配分するのが一番いいのかがわかりません。

(2)また同時に、最終支払い年月を変更でき、短縮すればするほど毎月と増額月の支払いが増えます。
支払いを増やしてまで短縮すべきか(毎月40,000円、増額月200,000円くらい)、あるいは支払額は今と同じになるくらいにしておいて、その差額分をためておいてまとめて繰り上げ返済すべきか、
どちらがお得なのかわかりません。

Aベストアンサー

こんにちは。

以前に私も繰上返済を何回か実施し、今はローンを完済しました。

その時は Excel で返済予定表を数パターン作製し、
家内と2人で返済シミュレーションをいつもやってました。

☆☆ お得か否かは返済シミュレーションで確認することをおすすめします。


(1)私なら、増額部分のみに繰上返済します。
   このご時世ですから、ボーナスが出なくなる場合もありますので・・。

(2)私なら、支払額の増額はしません。家計に余裕ができた時に何度も繰上返済です。
   支払額を増額してしまうと、自動車や家電の買い替え時などきびしい家計になりますので・・。

ご参考になれば幸いです。^^

Q繰上返済の返済順位について

2年前に土地と家を購入しました。その際、1つの銀行から3本立てで35年のローンを組みました。
借入当初の内訳は以下の通りです。
160万円を5年間の固定金利1.5%
730万円を5年間の固定金利1.5%
1960万円を5年間の固定金利1.4%
今回150万円程度、繰上返済を予定しているのですが、どの金額のものを繰上返済するのが一番良いのでしょうか?
昨年も同じ金額を繰上返済したのですが、一般的に金利の高いものからという話を聞いたことはあったのですが、0.1%の差なら額の大きなものから返済していった方がいいのではないかと1960万円の借入分に繰上返済しました。原則通り金利の高い1.5%のものへ当てるべきだったのでしょうか?同じ間違いを繰り返したくないので、こちらに質問させていただきました。
アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

全額繰上返済:36,750円
一部繰上返済:15,750円
ですので
手は
160万円を5年間の固定金利1.5%
を全額返済すると36,750円となります
全額でなく
159万ちょいを一部繰上返済:15,750円で
上との差額で次の月に返済がおわります
さがあるので最終回分だけのこして一部繰上返済すれば
2万1千円儲かる訳ですね


人気Q&Aランキング

おすすめ情報