見守り電球またはGPS端末が特価中!

ナイロンは、広義には一般溶剤には溶解しなく、フェノール類や濃蟻酸に溶解するらしいのですが、溶解させる場合、どんなものを使えば安全にできるのでしょうか。

追記:
薬局屋で聞いたところ、卸問屋がススメル溶解剤は『塩化メチレン』ということなのですが、塩化メチレンは、皮膚に接触すると炎症を引きおきしたり、蒸気を大量に吸引すると麻酔作用を示すらしく、なるべくなら使用したくないです。

A 回答 (5件)

私も6,6-ナイロンが他にどんな溶媒に溶けるか知りませんので、参考までに。



まず塩メチですが、換気をよくしておけば沸点が低い(45度くらい)ので、揮散してとんでいきます。いつまでも残るということはありません。
私が排出設備を気にしたのは、環境問題に引っかかりやすい溶媒なので、廃液処理などが充分に行われているかな?ということが気になったからです。
あと、使っているそばに水道の流しなど下水につながっている水ためがあると、塩化メチレンはいくらか水に溶けますので、蒸気が溶解して下水に流れてしまいます。これで環境安全課から注意が来たことがあるので、質問者さんも気をつけてくださいね。
皮膚への接触は、ゴム手袋しておけば大丈夫です。
溶剤にもろに浸したりすると、しみこんできますが、飛沫がかかる程度なら問題ありません。

塩化メチレンに溶けるとなると、たぶんクロロホルムにも溶けるとは思いますが、安全性を考えるとどっちもどっちです。大体、同じような特性を持っています。クロロホルムの方がちょっと沸点が高い(60度くらい)ですが。

あとは何だろう。
THFに溶けるかもしれません。
これだって有毒に違いはありませんが、ハロゲン系溶媒よりはましだと思います。

問屋さんは他に何に溶けるか教えてくれませんでした?
(他力本願な私・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
扱いには、ゴム手袋を使用し、処理方法や使用する場所には十分配慮が
必要になってくるわけですね。こんな1個人の実験で環境安全課に迷惑が掛からないように気をつけます。

>問屋さんは他に何に溶けるか教えてくれませんでした?
残念ながら、問屋さんには塩化メチレンしか紹介されませんでした。

追記:誤解が晴れてよかったです。それは、、、
お恥ずかしいことですが、
塩メチの沸点は39度くらいと文献に記載されており、
「なるほど。39度の環境下では、ブクブク泡が立つんだな。使用する際には皮膚に付着しないように十分気をつけなきゃな。」
と勘違いしてました。。。(揮発という言葉を完全に忘れてました…)

お礼日時:2006/11/12 21:49

うーん、フェノールだって発がん性が確かあって、結構な毒ですよ。


私個人の感覚でいえば、塩化メチレンのほうがなんぼかましです。
置換基をつければ変わるでしょうが、大抵固体になりますし、金もかかってしょうがありません。沸点が高いから、後で除くのもめんどくさいでしょうし。
zoo123さんの疑念は私も感じたのですが、とりえあえずは塩化メチレンでやってみられては?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
危険は付きもののようで。。。
皆様方の回答を参考に、個人としてどのようにやれば「安全に」できるか、一度じっくり考えてみることにします(安全といっても、奥が深すぎて、どこまで煮詰めればいいかに困りますね)
まずは、塩化メチレンでやってみたいと思います。

お礼日時:2006/11/12 22:59

はっきり言って、安全に溶かすのは無理だと思います。

有機溶剤の大部分は安全ではありませんし、数少ない「比較的安全な」有機溶剤の中にナイロンを溶かすものはないと思います。

ただし、たとえばナイロンの小片を溶かしたいと言うのであれば、フラスコやビーカーの中で比較的安全に試してみることは出来ると思いますが、数十グラムを溶かしたいと言うことであれば、「安全に」というのはかなり困難だと思います。
実験設備もさることながら、どのような状態のナイロンを溶かすかと言うことは大問題だと思います。また、溶かしたナイロン溶液を廃棄するのか、それともそれからナイロンを回収したいのか、つまり、ナイロンを分解してしまってもよいかどうかということも重要だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>どのような状態のナイロンを溶かす
具体的に申しますと、線径1mm×長さ5cm弱のナイロンが束(直径5cm弱)になったものがあるのですが、その束になったものの先端部を溶解させたいのです。w-palaceさんのおっしゃるフラスコやビーカーに入るようなナイロンではありませんので、安全面は無視して「吹きかける」あるいは塩メチに「漬ける状態」になるかと思います。

>ナイロンを分解してしまってもよいか
ナイロン溶液は破棄します。

>数少ない「比較的安全な」有機溶剤の中にナイロンを溶かすものはない
とりあえず問屋が勧めてくれた塩メチで試してみたいと思います。安全にはできないかもしれんませんが、まずは、ナイロンの表面の溶解度でも確認してみます。

お礼日時:2006/11/12 22:54

ナイロンはかなり溶解しづらい高分子で、確かにフェノール類や濃蟻酸に溶解するらしいです。

これ以外で安全に出来るもの・・・なかなか思いつかないです。

薬局屋で聞いたところ、卸問屋がススメル溶解剤は『塩化メチレン』ということだそうですが、塩化メチレンに本当に溶けるのでしょうか?
私にはどう考えても溶けるようには思えません。塩化メチレンは溶剤としては一般的ですが。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

実は、薬局に行った際に、「フェノール類でナイロンを溶解させる際に、なにかいいものはないですか」と聞いたのですが、回答としては、
質問を無視した回答で『塩化メチレン』でしたので、フェノール類はダメなのかな?と思いました。

もし、知ってらっしゃるのであれば、フェノール類で1つ教えていただけませんか?

お礼日時:2006/11/12 21:56

どのような状況・環境で使われるのですか?


薬局で聞いた、ということは、おそらく素人さんかな?とは思いますが。

塩化メチレンは嫌、ということですが、確かに最近はこの溶剤は大学でも使用を控えるよう言われます。これは、安全性というよりは、環境への悪影響のためですが。
それでも、排気・排出設備がしっかりしていれば問題なく使用します。

質問者さんが、きちんとした設備の実験室で使われるのか、それとも家庭でやられるのか、使用状況を補足お願いします。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。
補足いたします。
実験室と呼べる立派な部屋ではなく、工場の一角でやります。
天井の高さは10~15m位で横幅は小学校の体育館くらいだと思います。anthraceneさんの心配される排出設備は残念ながらありません。したがって、もし使用すると大気に飛散し、いつまでも分解されずに残存するかと思います。※天窓を開ければ排気は可能です。
環境は、温度は今の時期ですと外気より少し暖かめで、湿度はいくらかはわかりませんが、過ごしやすい環境かと思います。
曖昧な表現ですみませんが、回答のほどよろしくお願いします。

補足日時:2006/11/12 01:10
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qナイロンを溶かす溶剤を教えてください。

 ナイロン(PA612)を溶かすのに蟻酸を使っていますが、臭いがきつく体に悪そうです。
 体や環境への負荷の小さな溶剤で、何か良いものがあったら教えてください。

Aベストアンサー

 正直、環境にやさしい溶剤というのは難しいかと思います。通常、高分子量の脂肪族ポリアミドは、フッ素系アルコールやハロゲン化水素、ヘキサメチルホスホルアミド、テトラメチル尿素、濃硫酸など、かなり特殊な溶媒が良溶媒として使用されますので・・・。

 比較的普通の溶媒として可能性があるのは、N-メチル-2-ピロリドンや、N,N-ジメチルアセトアミド、N,N-ジメトルホルムアミドあたりのアミド系溶媒ですね。で、これらに塩化リチウムを沢山溶解しておき、加熱中で長時間撹拌すれば、溶けるかもしれません。環境負荷はともかく、蟻酸に比べると人体への影響ってのは少ないかと思いますよ。

 実際に溶けるかどうか私自身が確認したわけじゃないので、あしからず(^^;

Qポリアミド(ナイロン)の加水分解方法?

ポリアミド6に複合されている含有物を取り出したいのですが、焼いて灰分残渣から取ると高温の熱の影響を受けてしまい、目的が達せません。
ギ酸か硫酸で溶解する手も考えましたが、強酸も一寸問題がありそうです。
そこで、弱い酸か、アルカリで加水分解できないかと考えたのですが、既にご経験の有る方の具体的方法について、お知恵を拝借いたしたく存じます。

Aベストアンサー

私も経験がありませんがナイロンは非常に酸に弱いので希塩酸で充分ではないかと思います。希塩酸なら後で大した障害にはなりません。
m(_ _)m

Qエクセルの散布図のX軸に文字を表示したいのですが、どうしたらよいのでしょうか?

エクセルの散布図を使って、下の表をグラフにしたいと思ってます。
a  a1
b  a2
c  a3

この場合、そのまま折れ線グラフにすると、X軸にしっかり、a,b,cと出てくるのですが、散布図の場合は、X軸が1,2,3となってしまって、セル内の文字が表示されません。

X軸の目盛りに、セル内の文字を表示させるにはどうしたらよいのでしょうか?お願いいたします。

Aベストアンサー

残念ですが散布図では不可能です。
そもそもグラフの概念が違います。
散布図は変数領域に対するもう一方の変数の領域を見るためのグラフです。
主に物の寸法バラツキに対する、出力される数値などの相関性を見るために使用するので、要素は全て変数なんです。

質問内容のグラフは、モノに対する物量をあらわすという考え方がありますので、X軸は必然的に固有名詞になります。
この場合、散布図ではなく折れ線グラフで表すのが普通ですね。(2軸の折線でなくても可能)
Y軸要素が2つまでなら、Y1軸とY2軸に分けて要素振り分けが可能です。3つ以上ですと、EXCELでは不可能でしょう。
また、X軸の名称は同列の高い順に並びますので、連続性がある場合は、グラフの元データは上から順番に記入していかなくてはなりません。

Qポリビニルアルコールを溶かす溶媒

ポリビニルアルコールを良く溶かす溶媒で、速乾性の高い溶媒(水、DMSOよりも)があれば教えて下さい。
できれば、人体に安全で、安価で容易に入手可能なものが良いです。

そのPVAは、重合度:500,けん化度:88% と、重合度:1700、けん化度: 80% の2種類です。

Aベストアンサー

こちらのサイト(http://www.gohsenol.com/doc/tech/tech_03/tech_03_04.shtml)のポリビニルアルコールの製品説明のところにほとんどの有機溶剤、動植物油、グリースには溶解しない。溶解またはわずかに溶解性を示す有機溶剤としては、エチレングリコール、トリエチレングリコール、グリセリン、アセトアミド、ジメチルアミド、ジメチルアセトアミド、ジメチルスルホキシドなどがある、と記載されています。でも残念ながら沸点が高いものばかりのようですね・・・

Qポリエチレンが溶解可能な溶媒について

ポリエチレンを溶媒に溶かしたいのですがアセトンなどに入れても溶けません。何か溶解可能なようばいなどありますか?

Aベストアンサー

結構難しいですよ。
PEとか、PPは、非常に耐薬品性が高いですからね。

扨、答えとしては、「デカリン」を用い、高温(130~150ぐらいだったと思います)で溶解可能です。
PE等の極限粘度を測定するときなんかにこの方法を用いるはずです。
このあたりの方法として、捜されると溶解方法の手順が見つかると思います。

くれぐれも高温溶媒を扱いますから、やけど等にはご注意くださいね。

Qポリエチレン・ナイロンが溶けました

冷凍食品をボイルしようとしたら、内袋(ナイロン・ポリエチレン製)が鍋の縁についてシュワッと溶けてしまいました。
溶けたところに穴が空いて中身が漏れました。

すぐに換気扇を最大にして、溶けたものが中に入ったかもしれないので食品は捨ててしまいました。
ポリエチレンとナイロンが溶けるとどうなるのでしょうか…
調べるとポリエチレンは溶けても無害という話がちらほらありますが、ナイロンは見当たりません。
捨てるのはやりすぎだったでしょうか。

異臭がしたような気もします(食品の匂いかも)

Aベストアンサー

ポリエチレンは融点が低い(80~120℃)のですが、ナイロンはかなり融点が高く
(220~260℃)これが溶けるのはよほどのことです。まず、鍋の余熱温度が
高すぎます。
ポリエチレンは炭素、水素、酸素の3種からなる合成樹脂で焦げても異臭はないですが、
ナイロンはこれにチッ素も加わり、焦げると異臭がします。簡単にいうと髪の毛を
焦がした臭いです。

溶けて固まった部分を取り除くとほぼ問題はないように思いますが、微量に発がん物質
に変化している場合もあります。しかし、これは魚や肉の焦げと同じなのであまり
神経質になることはありません。

Q融点とガラス転移温度の違い

融点とガラス転移温度の違いが良く理解できません。分かりやすく教えてください。

Aベストアンサー

高分子やってるものです。おそらく質問にでてくる融点は普通いわれている融点ではなく、高分子特有のTmといわれているほうの融点ですよね?
板ガムを考えていただけるとわかりやすいと思います。ガムってそのまんまだと引っ張ってもぶちぶちきれちゃいますよね?でも口の中でかむとひっぱっても伸びるようになります。この引っ張っても伸びる性質に変わる温度が高分子における融点です。次にガムを寒いところもしくは冷凍庫に入れてみてください。常温のガムは折り曲げてもたたまれるだけなのですが、低温におかれたガムを折り曲げようとすると割れてしまうと思います。このぱきぱきの状態になってしまう温度がガラス転移温度です。
食品保存容器とかラップに耐熱温度がかかれていると思いますが、よくみるとなぜか上と下の両方の温度限界がかかれていると思います。上の方の温度限界(融点)になると溶けてしまうのはまあ想像がつくのですが、下の方の温度限界(ガラス転移温度)になるとぱきぱきになって容器が割れてしまうので書かれているのです。

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

Q高分子のX線構造解析(SAXS,WAXS)

X線構造解析で小角と広角の構造解析についてですが、
なぜ、
小角散乱でラメラ構造などがわかり、
広角散乱でパッキング構造、結晶化度
が解析できるのでしょうか?
実際に装置を触ったことがなく、生データの見方もわかりません。わかりやすいホームページ、解説書など教えてください。

Aベストアンサー

高分子の構造解析は専門外ですが、通常の無機結晶のX線回折を使っている者です。
小角も広角も原理は同じです。有名なブラッグの関係式
2d・sinθ = n・λ
で解釈出来ます。ここで、dは調べようとする試料の結晶の面間隔、λは測定に使うX線の波長、θはX線回折測定結果で得られるピークの位置です。nは回折の次数ですが、とりあえずn=1の場合を考えましょう。
ただし、通常の粉末用装置では、横軸に回折角度としてデティクターのスキャン角度である2θを、縦軸に測定されたX線強度で測定結果を図示します。θではなくて、2θになっていることに注意してください。
ここで、ブラッグの式を見れば分かりますが、右辺は定数なので、θの大きいピークは、小さい面間隔のdからのものであることが理解出来るでしょう。
つまり、広角側で得られるピークは高分子の小さい面間隔に関する結晶の情報=分子のパッキング情報なわけです。一方、小角領域でのピークは、面間隔の広い結晶情報=ラメラ構造の面間隔の情報になるのです。
結晶化度に関しては、実は定量的に評価するのはけっこう難しいのですが、定性的な評価としては、ピーク強度が結晶化している体積を反映しており、ピークの幅がシャープなほど結晶のサイズが大きいor結晶の構造の乱れが少ないことを意味しています。
この評価は、原理的には小角でも広角でも同じなのですが、もう一度ブラッグの式に戻ってください。2d=n・λ/sinθと変形して両辺を微分します。すると、2Δd=-nλ・Δθ・cosθ/(sinθ)^2となります。
ここで、もう一度式を変形すると
2Δd・(sinθ)^2/(nλ・cosθ)=-Δθとなります。
ピークの幅とは右辺のΔθを意味しており、これは同じ結晶の乱れΔdに対して、θの小さい領域ではΔθがどんどんと小さくなることになります。つまり、小角領域では、結晶化度を評価するためのピーク幅が非常に小さいものとなり、測定装置自体の原因によるピークの幅より小さくなってしまい、実際には測定が不可能となります。従って、結晶化度の評価は主に広角で行うのです。また、結晶化度の意味からも、分子のパッキング面の完全度で評価する方が妥当ですし。

高分子の構造解析は専門外ですが、通常の無機結晶のX線回折を使っている者です。
小角も広角も原理は同じです。有名なブラッグの関係式
2d・sinθ = n・λ
で解釈出来ます。ここで、dは調べようとする試料の結晶の面間隔、λは測定に使うX線の波長、θはX線回折測定結果で得られるピークの位置です。nは回折の次数ですが、とりあえずn=1の場合を考えましょう。
ただし、通常の粉末用装置では、横軸に回折角度としてデティクターのスキャン角度である2θを、縦軸に測定されたX線強度で測定結果を図示します。...続きを読む

Q修士論文のフォント

そろそろ、修士論文を書く季節なのですが、論文のフォントをどうしようか迷っています。研究室の過去の論文を見てみても、一つに統一されているわけではないので困っています。論文で一般的に使用されるフォント、または見やすい論文を書くにはフォントは何を使用したらよいのでしょうか。日本語と英語で異なる場合はそれぞれを教えてください。

Aベストアンサー

在籍している大学院(研究室ではない)の論文提出規定がきちんと決まっていれば、必ずそれに従います。とくに決まりがない場合は、adgjm11さんの分野で、もっとも権威のある日本語学会誌の投稿規定を参考にしてください。

一般的には、ほかの回答者の意見でよいと思います。原則明朝体。ゴシックは項目名など限定的に使用。それ以外の日本語フォントは使いません。数式はイタリック。英語論文ならTimes New Romanで、項目名もTimes New Romanのまま強調字体にしてください。

お尋ねの範囲を超えますが、作文技法・論文のスタイルを教えてくれる古典をお読みになることをお薦めします。木下是雄「理科系の作文技術」、もっと基本的なことなら小笠原喜康「大学生のためのレポート・論文術」。

LaTeXを推薦した回答者がいましたが、文法の勉強を今から始めたら時間がかかるかもしれません。LaTeXはとくに数式が多い論文を書く人にはおすすめです。ちなみに私も、奥村本で勉強しました。


人気Q&Aランキング