『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

私は、東洋医学に興味があり、鍼灸師を目指しているものです。日本で鍼灸師になるには、国家資格のはり師ときゅう師に合格しなければならない、と聞きました。しかし、国際鍼灸師という中国政府機関が行っている資格もあるようです。できれば私は国際鍼灸師の受験資格を頂ける学校に行きたいのですが、国際鍼灸師の資格だけでは、日本で鍼灸の仕事はできないのでしょうか?何かご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

#1さんの仰るとおりです。


将来、日本を離れて中国で生活していくおつもりなのでしたら、国際鍼灸師・国際中医師などの資格は活かせますが、日本では何ら効力の無い「民間認定資格」と同じです。

整体・推拿とかでしたらまだリラクゼーションだのと言ってマッサージ師法や医師法の違反となる業務を誤魔化して言い逃れする事も出来るかもしれませんが、鍼灸ですと、国内法に則った鍼灸師資格を持たなければ直ぐに手が後ろに回るでしょう。
参考まで:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/i-anze …

ちなみに、私に中医学を教えて下さった先生は、中国の中医薬大で教壇に立ったり、世界保険機構WHOの仕事も同時にこなすような方でした。日本の医大から中医学を教えて欲しいと頼まれて来日し、そこで知り合った日本の患者様方に対し「自分で責任を持って鍼灸治療をおこないたい」という考えに至り、わざわざ日本で専門学校に通って鍼灸師資格を取りました。
この先生は、中国本土では中医師・中医薬大学講師であり、日本では医学部や専門学校の講師だった人です。その先生でさえ日本で治療をおこなうためには、既に分かり切った授業内容を3年間かけて受講し、国家試験を受けたのです。

語弊を恐れずに言うと、日本に入ってきている中医薬大の殆どが、金儲けのために設立されています。もっとしっかりしている大都市の有名中医薬大でも、日本からの留学生や研修生は「資金集め」のために重宝がられます。留学生のためにキャンパス内に酒宴やカラオケ、パーティー用の施設を持っていたりするくらいです。(私も研修中何回か行きました)
中医薬大日本校の募集やホームページを見ると、あたかも日本を含む世界中で活躍できるような書き方をしていますので、勘違いなさる方も多いでしょうね。この資格に関して中国と条約締結・批准している国でなければ仕事は出来ません。

さらに余談ですが、日本にある中医薬大は、日本で言う「大学」ではありません。文部科学大臣による大学の認可は下りていないはずです。単に街の中にある塾のようなものです。したがって「日本でいう大卒資格」も取れませんよ。
※もし例外があったらゴメンナサイ。

鍼灸治療はとても奥深くて面白い分野です。本気で鍼灸を学ぶおつもりなのでしたら、先ず国内の資格(医師か鍼師灸師)を取って、その上で中医師や国際鍼灸医師を目指すと良いでしょう。鍼灸にこだわらないのでしたら薬剤師・栄養士でもOKです。
「中医学」「漢方医学」「現代整形分野等での鍼治療」などの違いはありますけど、はじめから日本で明治鍼灸大や筑波等に行く という手もあるかと存じます。

良い方向性がみつかると良いですね。頑張ってください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。ありがとうございました。私は祖母が膝がとても痛くて、色々な病院に行っていたり、知人は少しずつ体が動かなくなり、しまいには寝たきりになり、しゃべることもできなくなる。そして心臓がとまってしまう難病の方がいらっしゃって、鍼灸を学んで少しでも役に立ちたいと思い鍼灸師を目指しています。始めから、国際鍼灸師を目指してしまったら大変でした。本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/01/19 16:43

あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律の第2条に


「免許は、学校教育法(昭和22年法律第26号)第56条第1項の規定により大学に入学することのできる者(この項の規定により文部科学大臣の認定した学校が大学である場合において、当該大学が同条第2項の規定により当該大学に入学させた者を含む。)で、3年以上、文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣の認定した学校又は厚生労働大臣の認定した養成施設において解剖学、生理学、病理学、衛生学その他あん摩マッサージ指圧師、はり師又はきゆう師となるのに必要な知識及び技能を修得したものであつて、厚生労働大臣の行うあん摩マッサージ指圧師試験、はり師試験又はきゆう師試験(以下「試験」という。)に合格した者に対して、厚生労働大臣が、これを与える。」とあります。

日本国内ではり及びきゆうを業として行うには、国内の学校を出て国家免許を所得する必要があります。国際鍼灸師の肩書きや資格証は、中医師同様に日本国内ではなんら効力のないものですので、国際鍼灸師の肩書きで鍼灸を業とした場合、同法第1条又は第12条違反、もしくは医師法違反で逮捕処罰の対象です。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。たいへん参考になりました。

お礼日時:2007/01/19 16:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鍼灸師として

はじめまして。

鍼灸師を目指して、専門学校へ入学しました。

しかし、色々な所で鍼灸師として食べていくのは
難しいなどの否定的な発言が多いように思えて
不安を感じます。

鍼灸師として、まだ新入学生ですか、将来を
考えて、何をやることが大切なのか?
鍼灸師で持っていたほうが、将来に役立つ
資格などを教えてほしいと思ってます。

色んなアドバイスを欲しいです。

本当にどんなことでもいいので、新入生の私に
アドバイスなんかもお願いします。

Aベストアンサー

私は、椎間板ヘルニアで長い鍼の先生とのお付き合いです。
 整形外科のリハビリでも鍼治療が盛んに行われています、求人もハローワークでも見ますし、これからは仕事は多く有ると思う一人です。
 理由は、高齢化で痛みとの付き合いが長い人が多い鍼でペインクリニック的な事も可能な治療が出来る事と鍼の先生は言っております。
 事実、鍼で痛みは軽減出来ますしこれからは生ける仕事の一つと思います。
 これが証拠に、関西圏ですが関西鍼灸短大が4年生になり、鈴鹿医療科学大学も鍼灸学科も新設しています。
 鍼灸は生けると思いますよ。
 唯、壷を間違えるとめちゃ痛いので、これだけは確実にマスターして下さいね。
 時々先生するので、適いません。
 頑張って下さい。

Q鍼灸師をやめてしまおうかと考えているのですが。

こんにちは。ぜひとも相談に乗ってほしいことがあります。自分は、某県に住む、32歳の男です。5年ほど前に、鍼灸師を養成する学校を卒業し、その後、整骨院で、3年ほど勤務しました。その後、キャリアアップを目的に、某大学の医学部を再受験したのですが、結果はおそらく不合格になりそうです。また鍼灸師としてのキャリアを生かした仕事に就きたいと思うのですがここで大きな不安に突き当たってしまいます。
 現在自分が住む県においては、鍼灸治療を希望する患者は少なく、鍼灸師として整骨院に就職しても、ほとんどマッサージにまわされてしまいます。そのため、技術向上のための機会にほとんど恵まれず、技術に対して自信がもてません。また、マッサージに関しても、本来、学校に行って資格を得たものではありませんし、職場で教わっただけのものですから、それに対しても、自信がないです。またたいていの整骨院は労務環境が悪い、(賞与・昇給・退職金・昇進なし、低賃金、拘束時間が法定労働時間を越えている)です。
 では鍼灸院については、自分が住む県に関して言えば、鍼灸院の雇用はほぼゼロです。 また病院は鍼灸師が働く環境が整っているところは極めて少なく、雇用する相手側の院長が鍼灸治療に対する理解がほとんどないというのが現状ですし、。ともすれば雑用係にまわされたこともしばしば、というのが実情です。
以上の現実を踏まえますと、もう鍼灸師としてのキャリアを捨て、別の職業に就いたほうがいいのではないか、という考えが浮かんできます。 もちろん、他の仕事も厳しいですし、現在の年齢から言えば、それほど恵まれた職業にありつけるとは考えていませんが…、 鍼灸師、及び、他のコメディカルの職業についておられる皆さん。こんな自分の考えについて意見をお聞かせください。

こんにちは。ぜひとも相談に乗ってほしいことがあります。自分は、某県に住む、32歳の男です。5年ほど前に、鍼灸師を養成する学校を卒業し、その後、整骨院で、3年ほど勤務しました。その後、キャリアアップを目的に、某大学の医学部を再受験したのですが、結果はおそらく不合格になりそうです。また鍼灸師としてのキャリアを生かした仕事に就きたいと思うのですがここで大きな不安に突き当たってしまいます。
 現在自分が住む県においては、鍼灸治療を希望する患者は少なく、鍼灸師として整骨院に就職して...続きを読む

Aベストアンサー

関係者として一言アドバイスを。
鍼灸師の中には、マッサージ師、柔道整復師の資格を持っているものも多いのですが、現実的には鍼灸よりもマッサージの需要が圧倒的です。
また、新規開業では鍼灸師に限らず5年から10年は客層の開拓に苦労するのが普通です。
好きでなった仕事なら、家や土地がおありなら、自宅を利用しての開業が長い目で見れば、一番有利かと思います。マッサージ師の仕事を続けながら、適応のあるお客さんには(十分信頼されてから)針治療をお勧めするというようなやり方が良いと思います。
病院で鍼灸師が働く環境が整っているところが、きわめて少ないとのことですが、鍼灸や整形外科、ペインクリニック、疼痛関係の学会に出席しますと、鍼灸師を雇用して集学的な治療を積極的に行っている施設も数多くあります。
そうした関連学会に出席したりして情報収集されたり、これはという施設がありましたら、自分の思いを話してアプライされたらいかがでしょうか?


人気Q&Aランキング