出産前後の痔にはご注意!

常日頃よく迷う点を箇条書きでお伺いします:

(1)捺印欄が甲・乙・丙~間で次項にまたがる場合
  どこから改ページすべきでしょうか?
 (本書○通を作成し~といった前文からか、
  署名年月日からか、等々)

(2)条・項間で次項にまたがる場合は?
(第1条<○○○>と冒頭にあって、
 1.甲は~と続くような場合。条の見出しのみ
前ページにあるのは体裁が悪いような。。。)

(3)B4で、署名欄が右半分にあって、左半分が白紙の場合
  「別紙」は左半分に記載?それとも左半分は白紙のまま
  次ページに記載すべき?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。


法律の専門家ではありませんが、長い間にわたって営業に携わって来ました。

(1)(2);
どこで改ページをしても原則的に結構です。
重要書類に関しては、後から改ざんを防ぐ意味からも、無駄な空白を作らない
事が肝心です。すなわち例えば最初のページに30行を使っているのなら2ページ目
も30行きっちり使います。
でも、1行余してそのページが終わるけれど文章もお終い、というならそこで終えて
次ページの頭からサイン欄に使う、という程度なら良いと思います。

もしどうしても見栄えを気にされてその頁が数行余るならそこに「この頁、以下余白」
とか「以下余白」などと書けば良いでしょう。

(3);
著名欄が右半分で左半分が白紙? その書類は右から始まりますか左から右に流れて
いる書類なのですか?
いずれにしても1ページ丸まる空白というのは考えにくいですね、というかそのような
無意味な空白を「途中で」作るのは上記の趣旨からも良くありません。
著名の後の残り頁が空白なら特に問題はないと思いますが、念のために次ページの頭に
「以下空白」と書いたような念を入れた契約書を目にしたことはないですけど、
そう書けば禍根は残りませんね。むしろそうした方が良いかもしれません。何故なら
訂正を行う時は、最終行に「何枚目何行目に何字訂正」と書きますから、そうさせない
為にも書くべきかもしれません。

もう一度書きますが、重要書類は改ざんされにくいものにするというのが趣旨で、
見栄えは二の次です。

なお、蛇足ですが、何枚かで出来た書類はページの連続性を証明するためにも
著名者全員の印がつなぎ目に必要です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q契約書の綴じ方

最近まで、数枚にわたる契約書の場合、両面印刷をして、袋綴じに変わる最近の製本用テープで製本をして作成していました。
ところが、会社の法務事務の担当者が替わったら、両面印刷は不可で、片面印刷で製本するようにと言われました。

今までの認識では、空白のページに加筆印刷などをすることを防ぐ意味でも、むしろ両面印刷が良いとされてきていたのが、一変し戸惑っています。

現在の担当者の言い分は、「慣習上そういうものです」とはっきりしません。
枚数が多いものなどはとても綴じるのが大変ですし、保管にも場所を取りますので、両面の方が推奨されている(理想的)や印刷は片面でも両面でも自由(せめて)など見せられる資料が無いものかと探しています。

どなたかご存じの方いらっしゃいましたら、ご教示願えませんでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

法務事務の担当者の年代はどのぐらいの人なのでしょう。
いつの時代の慣習を引きずっているのか、お聞きしてみたいものです。
おそらく倍の大きさの用紙に片面印刷して半分に折って製本する、和紙と墨の時代の名残りを言っているのだとしか思えません。

要は書面の欠落がないように袋とじするのですから、枚数により合理的な方法で作成して、支障があるものではありません。

Q契約書内の「別添」と「別紙」の意味

工事の契約書内で「別添」「別紙」という言葉が出てくるのですが、
これは契約書と同じ文書ということで割り印が必要なのでしょうか?
また、それぞれの言葉の違いはなんでしょうか?

Aベストアンサー

まず、一般的な定義については、下記のとおりです。

●「別紙」
文書の内容を別の用紙に記載した方が、見やすく、分かりやすいときに用いられる。
(文章で逐一書くと長くなってしまうような工事対象物件の一覧を、「別紙のとおり」として、別紙に一覧表をつける、等)

●「別添」
文章の内容そのものではない。文書の内容の資料的なもの、あるいは参考的なものに用いられる。
(文書中に記載されている工事対象物件を分かりやすくするために地図をつける、等)

上記の一般的定義から考えると、別紙は契約内容の一部であることから割り印が必要、別添は契約の内容そのものではないので、割り印についてはケースバイケース、といったところだと思われます。
但し、別紙と別添はよく混同されるので、割り印の必要・不必要については、契約や別紙・別添の内容によってご判断されたほうがよろしいかと思います。

ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/bsh/words/words.htm

Q契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべき?

契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべきなのでしょうか?
片方が押せばOKなのでしょうか?

Aベストアンサー

印紙の消印については、最初の回答者の述べるとおりだ。片方でよい(印紙税法基本通達64条)。印紙税法3条2項に定める連帯納税は、いずれかの者が全額を納税すればよいことを意味するのだから、ここからもいずれかの者が消印をおこなえばよいと結論づけることができる。社会通念上もこれで足りる。

なお、印紙を押印により消すことは、正確にはご質問のとおり消印と呼ぶ。割印ではない。また、契約書に貼付して印紙税を納税する場合の印紙については、消すことが法律上義務付けられている。「押しても押さなくても良い」にも「押してはいけないものもある」にも該当しない。

Q履歴事項全部証明書と登記簿謄本のちがい

会社で、ある省庁に登録を行おうとしたことろ、「登記簿の謄本」を申請書類
に添付せよとありました。

この場合、履歴事項全部証明書では駄目なのでしょうか。この2つの違いは?

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

従前は会社の登記は紙でできた「登記簿」に記載して行うこととなっていました。

この「登記簿」の全部の写しのことを「登記簿謄本」といいます。
ちなみに一部の写しのことは「登記簿抄本」といいます。

現在、多くの登記所では紙の登記簿ではなく、コンピューター内のデータで記録することとなってきています。

そしてその登記事項の経緯全て(例外もあります)をプリントアウトしたものが「履歴事項全部証明書」です。
現在生きている事項のみをプリントアウトしたものは「現在事項全部証明書」です。

この2種類の証明書が、従来の登記簿謄本の代わりということになります。

ですので、ご質問の場合にも、「履歴事項全部証明書」を添付すればいいということになります。
ケースによっては「現在事項全部証明書」で足りる場合もありますが、履歴事項全部証明書で申請を行う方が安全ですね。

Q文書作成の余白について

会社で雇用契約書を作成していますが、余白はデフォルトのままで作成しました。
上司はまだチェックはしてないようですが。。。

ワードの練習テキストには余白上下左右25mm程度で作成するようになっていますが‥

通常、デフォルトのまま文書作成はしないものなのでしょうか。

事務員の常識のような。。。契約書や規約を作成するときにワードの余白!
が、あればご教授いただけませんでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法律で決まっているわけじゃないので余白は自由です。
質問者がまわりの文書を見て、「美しい」「見やすい」と思われるレイアウト(余白や行間や文字数)を真似したらいいんですよ。また社内の統一様式なら、同じ規定書のレイアウトをそっくりコピーすればいいと思います。

個人的な感想を言えばWordデフォルトのA4文書の余白は「空きすぎ」の感があります。ビジネス文書は見た目もそうですが、効率的(プリントやコピーしたときに紙をたくさん食わない)であることも求められるので、見やすさを維持した上で、字数や行数を詰め込むようにしています。
一応、日本語として読みやすい1行当たりの文字数は、30字~35字程度という目安はありますが、50字くらい詰め込んである文書もたくさんあります。もし新しい様式を設計・新作するのであれば、余白や行間や文字数は、質問者個人のセンスが問われるところですよ。

Q白紙の契約書のリスクについて

在宅でデータ入力の仕事をしています。
あるSOHOグループの人材募集に応募したところ、契約書が送ってきました。
内容は仕事を途中放棄した場合のベナルティについてや、守秘義務について等、きちんとしたものだったのですが、SOHOグループの署名捺印がありませんでした。
問い合わせたところ、契約書を受け取った人が必ず送り返して来るとは限らず、その場合に悪用されるのを防ぐためという答えでした。
しかし、私としたら契約相手の欄が白紙になっているものに署名捺印するのはためらわれます。
やはり、署名捺印するのは危険でしょうか?

また、印紙税がかかるため、契約書は一部書式を使っているとのことです。
このことについてもリスクがありますか?

契約書に詳しい方、回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

契約書には、甲、乙の当事者が誰であるのかはすでに記載されていますね?
そして単に署名欄が書かれていないだけですね?

であれば特に問題はありません。そういう事はよくありますし、困ることもないです。
それは白紙の契約書というわけではありません。
一般的に遠方との郵送による契約書ではどうしてもそうなります。

ただ一部しか作成していないというのはいやですね。本来であれば2部作成するのが本当です。
(確かに収入印紙代がかかるのですが)

契約書はどちらが保管ですか?多分相手ですよね。
この場合はこちらが署名した契約書のコピーをとり、更に相手が署名した後にそのコピーを送ってもらいます。
(始めにコピーをとるのはその後相手が契約書のコピーを送付しなかった場合に備えるためです)

Q専属管轄裁判所と専属的合意管轄裁判所の違い

契約書で出てくる裁判所についての質問です。

ある会社と「守秘義務契約書」と「業務委託契約書」を同時に結ぶのに
守秘義務契約書では管轄裁判所の条文が

「~一切の紛争については東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とする」

とあり、業務委託契約書の方は

「~紛争については東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする」

とあります。
この、「専属管轄裁判所」と「専属的合意管轄裁判所」の違いは何でしょうか。
合意が入るだけで意味が変わってくるのでしょうか。

ちなみにこちらの会社は名古屋、向こうは東京です。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご質問の事例ですと、どちらも同じ意味です。一つ目の守秘義務契約書については、「専属管轄裁判所」という単語が使われていますが、あまり気にする必要はありません。「専属的合意管轄」という意味です。
守秘義務契約書の管轄も、業務委託契約書の管轄も、どちらも法律上は専属的合意管轄です。専属管轄というのは、法の規定によって特定の裁判所にのみ管轄を認めるものであり、当事者が任意に変えられるものではありません。当事者が合意により定めることが可能なのは専属的合意管轄です。
どちらの契約書も「争いが起きた場合、東京地方裁判所で裁判しますよ。その他の裁判所では裁判しませんよ」というだけの意味ですから、契約内容自体は文面から理解できたのではないでしょうか?あまり深刻に考えなくても大丈夫ですよ。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q契約書締結の日付はどの時点で誰が記入する?

契約書締結日の記入について質問です。

締結前の確認用に契約書案が示され、そこでは日付が印字されていました。
双方了承し、契約書原本が送られてきましたが、原本では日付が空白になっていました。

日付は、甲乙のどちらがどのタイミングで記入するのでしょうか?
(どちらかが手書きで記入するのですよね?)

以前、賃貸の条項変更の覚書を締結した際は、日付部分が空白で送付されてきて、甲乙とも署名・押印後、最後に甲(管理会社)が記入してきました。

決まりがあるようでしたら、教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

 不動産賃貸業を営んでおります。

 記入自体はどちらが記入してもかまいません。

 記入すべき数字(月日を表す数字)は、契約が成立した日を表す数字を入れるべきものです。

 2012/12/05 に契約が成立したのなら、そのように書くべきです。

 つまり、いつ、誰が記入したかは問題でなく、、契約が成立した日付が記入されているかどうか、という問題です。

 その契約書は、正しい日付が記入されていいますか? 正しく記入されていればOKです。
 

Q契約書に使うフォントは何が良いのでしょう。

契約書を作成することが多いのですが、ふと考えたことがあります。
通常、ワードの明朝体をボールドにしているのですが、UI Gothic 等、他のフォントで作るのは良くないのでしょうか。
社内に既にあるのをみても、ゴシックを使っているのは無いですが、個人的にはゴシックも見やすくていいと思います。
また、大きさはいくつが適当なのでしょう。

Aベストアンサー

 私は法律事務所で事務職員をしておりますので、契約書の作成は日常よく行っています。
 私の勤務する法律事務所では、主に「一太郎」を使用しているのですが、
 日本語はMS明朝、英数字はTimes New Romanを標準設定としています。
 ワードを使用する場合には、英数字をCenturyとすることもあります。
 契約書の題名はMSゴシックを用いるのが通常かと思います。
 フォントは、本文で11~12が通常です。題名は14から18程度かと思います。
 最近では、E-Mailを利用して契約書案のやり取りすることもありますので、
 あまりマイナーなフォントは使わない方が良いのではないかと考えています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング