出産前後の痔にはご注意!

こんにちは。お昼のワイドショーを見ていたら、林家正蔵さんの所得隠しの問題が取り上げられて、どういう場合のお金が課税対象になるのか……というのを特集していました。(結婚式のご祝儀のケースや仕送りのケース)。その中で親が子供の結婚祝いにマンションを買ってあげたら課税対象と紹介されていましたが、もし子供が親に家をプレゼントしてあげたら、これも課税対象ということですよね?実は両親に老後の家を買ってあげようかと計画しているので気になりました。買った家の名義が両親であれば、贈与となって贈与税が発生するということかなぁと理解しましたが……
たとえば名義は買ってあげた子供にしてあげると(この場合、両親との同居はしませんし、住民票も移しません)課税対象にはならないのでしょうか?
その場合、両親に不幸があって相続になった際、子供の名義になっている家は相続対象外になりますよね?
子供名義の家に両親だけで住んだ場合、世帯主は誰になるんでしょうか?
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>両親に老後の家を買ってあげようかと…



扶養義務がある相互間で、生活に必要な最小限のお金を出し合うことは、贈与ではありません。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4405.htm
現在、ご両親が住まいに困っていて、年金以外に所得がないなら、子が親の家を買ってあげても贈与とはならないでしょう。

もちろん、住まいに不自由しているわけではなく、お金もたんまり持っているとでもいうなら、贈与と見なされるとは思います。
また、分不相応な高級マンションでも行けません。
身の丈に合わせておくことが肝要です。

>たとえば名義は買ってあげた子供にしてあげると(この場合、両親との同居は…

これはもちろん贈与ではありません。
住まいを提供してあげることは、立派に扶養義務の範疇です。
家賃など取る必要はありません。

>相続になった際、子供の名義になっている家は相続対象外に…

当然です。

>子供名義の家に両親だけで住んだ場合、世帯主は誰になる…

住民登録に、建物の所有者は関係しません。
実際に済んでいる人が世帯主です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。扶養義務の範疇ですか。なるほど。疑問がすっかり解決しました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/17 22:24

>もし子供が親に家をプレゼントしてあげたら、これも課税対象ということですよね?


そうです。贈与税の対象になります。

>実は両親に老後の家を買ってあげようかと計画しているので気になりました。
自分の名義で購入して親に居住させるだけならば何の問題もありません。

>買った家の名義が両親であれば、贈与となって贈与税が発生する
そういうことです。

>たとえば名義は買ってあげた子供にしてあげると課税対象にはならないのでしょうか?
なりません。

>子供の名義になっている家は相続対象外になりますよね?
そうです。

>子供名義の家に両親だけで住んだ場合、世帯主は誰になるんでしょうか?
親です。

あまり難しいことを考える必要はありません。賃貸住宅ですよ。普通に。単に大家が子供で、賃料をもらわないだけです。

賃料をもらわないという場合には、厳密に言うと確かに親にその分援助していることになりますけど、これは扶養義務の範囲として認められますから贈与税の対象にはなりません。

親に不動産を贈与するのは扶養義務の範囲外ですから当然贈与税の対象です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。相続のときのことを考えると名義は子供のものにしておいたほうがよさそうですね。助かりました。

お礼日時:2007/04/17 22:28

子供が購入し、子供と両親の間で賃貸契約を結んで下さい。



名義(所有者):子供
大家(貸し主):子供
店子(借り手):両親
マンションの世帯主:両親

となる訳です。

両親の住民票は住んでいる借家(つまり買ってあげたマンション)に、子供は両親とは別の、自分の自宅に住民票が置けます。

あと、形式のみの賃貸契約では贈与とみなされる可能性があり、家賃の受け渡し実態が無いと税務所に何か言われるかも知れないので、家賃の帳簿を作って、家賃の領収書を発行しておくのが良いです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。No.2さんやNo.3さんとは見解の違いなんんでしょうか?でも税務署から指摘された場合の対策も必要なのかもしれませんね。

お礼日時:2007/04/17 22:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親のために購入する場合の住宅ローン

夫の親が長年住んでいた賃貸住宅を立ち退くことになりました。
この機会に、我が家の近くに呼び寄せようと話が進んでいます。

タイミング良く、私たちの住む近くに、中古マンションの手頃な物件が出ました。
両親が老後を二人で暮らすのにちょうど良い物件で、両親も気に入ってくれました。
ところが両親はすでに年金生活なため、新たに住宅ローンを組む事が出来ません。
そこで夫が住宅ローンを組む事にしたのですが、私たちはすでに住宅を取得しているので、セカンドハウスとして扱われ、金利が高くなるようです。
(私たちが住んでいる住宅のローンは完済しています。)

そこで現在の住まいを配偶者間の贈与税がかからない制度(結婚20年以上)を使って、夫名義から私名義に変更し、新たに夫名義で両親の住む物件の住宅ローンを組めないかと考えているのですが、このようなことは実際可能なのでしょうか。

もちろん、物件取得後は夫の住民票は両親の住む物件に移して、週に何日かは親の元に住む予定です。(近隣なので可能)

住宅ローン控除まで使わせて戴こうなどと厚かましい事は考えておりません。
金利の低い一般の住宅ローンが使えないかどうか思案しているところです。
どなたかご助言戴ければ有り難いです。

不適切な発言でしたら後ほど削除させて戴きます。
どうかよろしくお願いいたします。

夫の親が長年住んでいた賃貸住宅を立ち退くことになりました。
この機会に、我が家の近くに呼び寄せようと話が進んでいます。

タイミング良く、私たちの住む近くに、中古マンションの手頃な物件が出ました。
両親が老後を二人で暮らすのにちょうど良い物件で、両親も気に入ってくれました。
ところが両親はすでに年金生活なため、新たに住宅ローンを組む事が出来ません。
そこで夫が住宅ローンを組む事にしたのですが、私たちはすでに住宅を取得しているので、セカンドハウスとして扱われ、金利が高くなるようで...続きを読む

Aベストアンサー

>私たちはすでに住宅を取得しているので、セカンドハウスとして扱われ、金利が高くなるようです。

実は、ケースバイケースなのです。
転勤族は、「住宅ローンを組むと転勤する」というジンクスがありますよね。
私もご多分にもれず、一戸建て住宅を建ててから転勤になりました。
一戸建てには、両親を住まわせましたがね。
転勤先で、(家賃と同等の金額で購入出来る)マンションを購入しました。
もちろん、(銀行同意の上で)新たに2件目の住宅ローンを組みました。
※当然の事ですが、税金の各種優遇は受ける事が出来ません。

>このようなことは実際可能なのでしょうか。

たぶん、不可能です。
金融機関が考える「正当な理由」では、ありません。
素人の小細工は、直ぐに見破られます。
また、色々と探られたく無い事も探られますよ。

>住宅ローン控除まで使わせて戴こうなどと厚かましい事は考えておりません。

先にも書きましたが、税務署が許してくれません。
議員年金(月額約40万円)原資が、減りますからね。
人口が減っても、公務員・議員・農協職員は定数削減をしませんから・・・。

>どなたかご助言戴ければ有り難いです。

正攻法で、攻めて行きましよう。
原則論があれば、世の中例外論もあります。
「老いた両親が済む家」
フラット35では、両親・子供が済む住宅でもローンを組む事が出来ます。
もちろん、融資を受ける者が不動産所有者となる必要がありますがね。
http://www.flat35.com/kaitei/shinzoku.html
「公的機関の住宅ローンを既に組んでいる場合、一括返済」が必要です。
が、質問者さまの場合「自宅は、既に完済」ですよね。
上記HPを参考に、色々と考えて下さい。

>私たちはすでに住宅を取得しているので、セカンドハウスとして扱われ、金利が高くなるようです。

実は、ケースバイケースなのです。
転勤族は、「住宅ローンを組むと転勤する」というジンクスがありますよね。
私もご多分にもれず、一戸建て住宅を建ててから転勤になりました。
一戸建てには、両親を住まわせましたがね。
転勤先で、(家賃と同等の金額で購入出来る)マンションを購入しました。
もちろん、(銀行同意の上で)新たに2件目の住宅ローンを組みました。
※当然の事ですが、税金の各種優遇は受ける...続きを読む

Q親の家を買う。

親の家を子供がローンを組んで買うことはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

不動産業者です。
例外はありますが、原則親子間の売買で住宅ローンを取り扱いはしません。どうも金融機関の常識では、親から子へは贈与するのが当たり前であり、資金使途の疑念が出る。というのが一番の理由らしいのですが。
義理の親なら苗字が違えばわかりませんが、実の親なら無理だと思います。
その場合は、やはりマンションの方を質問者さんたちが住宅ローンを利用し購入して、住むのはお互いに交換するのが現実的でしょう。
一度質問者さん達は、マンションへ住所移動して購入することになりますが、手続きが終われば、実家に移動しても現実、何か不都合はありません。
借りてしまえば、住宅ローン控除が出来ないぐらいです。
但し、御両親も住みかえをしたいという明確な資金使途の理由があるので、もしかしたら地銀などでは、取り扱う銀行もあるかもしれません。電話でも相談できますからローンセンターなどへ電話して見てください。
また、質問者さん達がマンションを購入する場合で、他に相続予定人がいるのであれば、実家やマンションについて、相続関係の公正証書は作成しておかないと、後日トラブルになります。一人っ子なら問題ありません。
もし、取り扱う銀行がある場合は、どうしても実家の売買の業者の契約書と重要事項説明書など必要になりますので、安く仕事をしてくれる業者を銀行やマンション分譲業者などから紹介してもらってください。
親孝行出来ると良いですね。

不動産業者です。
例外はありますが、原則親子間の売買で住宅ローンを取り扱いはしません。どうも金融機関の常識では、親から子へは贈与するのが当たり前であり、資金使途の疑念が出る。というのが一番の理由らしいのですが。
義理の親なら苗字が違えばわかりませんが、実の親なら無理だと思います。
その場合は、やはりマンションの方を質問者さんたちが住宅ローンを利用し購入して、住むのはお互いに交換するのが現実的でしょう。
一度質問者さん達は、マンションへ住所移動して購入することになりますが、手続...続きを読む

Q65歳の両親に中古マンションを買ってあげる(東京)

数年前、父が経営する会社が倒産したため、家を手放し、
地元を離れ私のいる東京に出てきました。

父は一級建築士のためか、すぐに仕事は見つかりました。
都心部に賃貸マンションに住んでいますが、ローンと違い家賃が高く
貯金があまりできていない状況です。
これでは将来働けなくなったときが心配です。
頭金をいくらか出してあげて、両親に中古マンションの購入を促そうと
思っています。それなら月々の家賃が5万ぐらいで済むし、完済後は
年金だけでも何とか暮らしていけると思うからです。

父は病気らしい病気をほとんどしたことがなく健康そのもので、
あと10年は働けるだろうとみています。(あくまでも本人は)
この場合、いくらぐらいのマンションを何年ローンで購入するのが適当
なのでしょうか?

私は1000万ぐらいのマンションを10年ローン(頭金500万を想定)が
ベストかな?と想像しています。
職場が池袋、新宿のため西武新宿線か西武池袋線、中央線あたりを
考えています。
父の月収は30万ぐらいです。母も時々働きに出て10万ぐらいです。
もっと高いマンションでも大丈夫でしょうか?(たとえば1500万とか、2000万とかを
15~20年ローンとか)
どちらかが働けなくなった場合、残りは自分が払って、売るつもりでいます。
(物件が良ければ賃貸に出すかもしれません)
マンションを買ったことがなく、経験者や、詳しい方のいろんな意見を知りたいです・・。

数年前、父が経営する会社が倒産したため、家を手放し、
地元を離れ私のいる東京に出てきました。

父は一級建築士のためか、すぐに仕事は見つかりました。
都心部に賃貸マンションに住んでいますが、ローンと違い家賃が高く
貯金があまりできていない状況です。
これでは将来働けなくなったときが心配です。
頭金をいくらか出してあげて、両親に中古マンションの購入を促そうと
思っています。それなら月々の家賃が5万ぐらいで済むし、完済後は
年金だけでも何とか暮らしていけると思うからです。

父は病気らし...続きを読む

Aベストアンサー

一級建築士なら、中古マンションの資産価値とか、または、修繕積立金が適正に備蓄されている管理組合であるか否かなどで、マンションとしての値打ちが決することは、百も承知です。大規模修繕時に設計事務所とコンサルタント契約するのがマンション管理組合の手法として、こういう形が今後主流になりつつありますので、マンション管理組合との付き合いは、設計事務所は多くなっているはずですからね。つまりね、各設計事務所は、修繕工事のたびに、管理組合からの依頼があることになるのですね。

また、中古マンションということは、建替えも早まるのでしょうが、この建替えなど、法的にも理論的にも、都内のマンションでは全く不可能であることを一級建築士は良く承知しています。

そんなこんなで、いま、買った方が得か、借りていた方が得なのかも、都内の一級建築士なら、理論的に説明できるはずです。

で、多分、父上様は、中古マンションなど買わない方が得であるという結論を得ているものと思われます。
専門家としての父上の賢明な判断に対して、素人が口を挟むべきではありません。

質問者様にしてみれば、ゆくゆくは賃貸に出せれば、家賃収入が得られるものとお思いでしょうが、現実は、そんなに甘くありません。マンションの空き部屋は今後ますます増加しますから、まあ、殆ど、駅前マンションであっても入居者など居ないと考えた方が宜しいですよ。

たいていはね、入居者がなかなか居ませんとね、まず、不動産屋に騙されて、内装工事をするんですよね。リニューアルすれば、入居者が現れるはずだと言って、内装工事に多額な金を出させ、そして、やっぱり、誰も入居しません。しかしね、不動産屋はね、リフォーム会社からキックバックを受けていますから、内装工事をやらせた時点で儲けなんですね。まあ、そんなこんな、いろんな手法で素人は騙されますよね。でね、リフォームした挙句、かなり家賃を下げれば、やっと、訳の分からない人が入居してくれます。オーナーが支払う管理費、修繕積立金、税金、不動産屋への仲介手数料など考えますとね、全然儲けはありません。

それにね、なにより、一級建築士がマンションに入居してくれたということが知れれば、もう、完全に、次期、管理組合理事長候補に祭り上げられて、大変な苦労を強いられることになりましょうね。中古マンションならば、必ず、外壁関係から設備関係まで、各種修繕が毎年何件か生じますが、その都度、業者選定など、一級建築士の理事長に一任ということになり、そして、問題が起これば、全ては、理事長個人の責任ということになりかねません。ちょっとでも見積もり金額が高ければ、裏金が理事長の懐に落ちている筈と邪推されます。更には、一億円近い金額になる大規模修繕計画を含む「長期修繕計画案」も、是非、ボランティアで作成してくれなどということになりかねませんしね。こうなると、一級建築士の理事長は、即刻、逃げ出したくなります。

まあ、一級建築士であることを隠し通せれば宜しいでしょうが、しかし、毎年の総会などで審議される修繕工事予算計上案件など、専門家として黙っていられないことが次々に現れるはずで、そんな時、ちょっと、専門家としての意見を言った瞬間、あるいは、素人目にも、そこそこの有識者であると知られれば、まず、間違いなく、管理組合理事会に引き込まれますね。少なくても、理事会に出席しなくても良い「監事」を押し付けられます。、

そんなわけで、一級建築士は、中古マンションにはなかなか入りません。
一級建築士で中古マンションを購入するのは、マンション管理組合理事長に立候補するつもりというくらいの覚悟をお持ちの方に限られます。私の知り合いの一級建築士に、そういう人が居て、ゆくゆくは、管理会社を排して、自主管理組合に移行するのを目論んでおられます。私も、そういう方向なのですが、なかなか、全理事の足並みが揃いません。誰だって、輪番制で仕方なく役員(理事)をやっているわけで、少しでも楽をして任期(2年)をやり過ごそうと考えているのでしょうからね。私は、今年、任期が終了しますが、多分、誰も、私が退いた後の理事長をやってくれません。去年の総会前、極力、理事長としての私が行動しますので、お手間は一切取らせませんという文書を出して、現在の理事全員に役員を引き受けてもらったという経緯もあって、おそらく、どなたかに是非、理事長をなどと言った瞬間、「約束が違う」と、その後の役員自体を回避されることが予想されますのでね。まあ、誰かが出てくるまで、私が理事長を続けるしかなさそうです。ですが、新入居者に、時々、管理組合に興味を持ってもらえる人、または、管理の現状に不満不備を感じる人が現れたりしますので、そういう人の中から、次の理事長が出てくれれば良いのだがと思って、それまで頑張る積りでいます。

一級建築士なら、中古マンションの資産価値とか、または、修繕積立金が適正に備蓄されている管理組合であるか否かなどで、マンションとしての値打ちが決することは、百も承知です。大規模修繕時に設計事務所とコンサルタント契約するのがマンション管理組合の手法として、こういう形が今後主流になりつつありますので、マンション管理組合との付き合いは、設計事務所は多くなっているはずですからね。つまりね、各設計事務所は、修繕工事のたびに、管理組合からの依頼があることになるのですね。

また、中古マン...続きを読む

Q親への仕送り、税金は?

大学生の頃父が亡くなり片親です。
母の老後が心配なので仕送りを考えています。

母は体調が優れず現在働いいていません。
祖母の介護もあるので今後も働きに行けないかなと思っています。

なので毎月15万ほど仕送りをしたいと考えているのですが年間110万円を超えてしまうので贈与税がかかるのではないかと不安です。

家族間で生活費として仕送りする場合は贈与税はかからないという文面を見つけたのですが本当でしょうか?
その場合15万円の仕送りをきっちり毎月使い切らないとまずいのでしょうか?

私も今後結婚をし子供が出来て産休や育休取得となると毎月15万円の仕送りは難しくなるかもしれないので10万円ほどを生活費に、残りの5万円は貯蓄してほしいなと思っています。

この場合10万円は生活費として非課税。
貯蓄に回す5万円×12ヶ月=60万円、で年間110万円に収まるから非課税ということになりますか?
それとも15万円×12ヶ月=180万円に課税となってしまうのでしょうか。

税金にお詳しい方、ご回答いただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

大学生の頃父が亡くなり片親です。
母の老後が心配なので仕送りを考えています。

母は体調が優れず現在働いいていません。
祖母の介護もあるので今後も働きに行けないかなと思っています。

なので毎月15万ほど仕送りをしたいと考えているのですが年間110万円を超えてしまうので贈与税がかかるのではないかと不安です。

家族間で生活費として仕送りする場合は贈与税はかからないという文面を見つけたのですが本当でしょうか?
その場合15万円の仕送りをきっちり毎月使い切らないとまずいのでし...続きを読む

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>家族間で生活費として仕送りする場合は贈与税はかからない…本当でしょうか?

本当です。
国税庁のサイトにも以下のように説明されています。

『贈与と税金>贈与税がかからない場合』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4405.htm
>>2.夫婦や親子、兄弟姉妹などの扶養義務者から生活費や教育費に充てるために取得した財産で、通常必要と認められるもの…

ちなみに、なぜそういう取り扱いになっているのかといえば、「税法」も「民法の考え方」をベースに作られているからです。

『扶養の義務とは? - 民法の取扱説明書』
http://minnpou.blog81.fc2.com/blog-entry-49.html

>…15万円の仕送りをきっちり毎月使い切らないとまずいのでしょうか?

厳密なことを言えばそういう「理屈」にもなりますが、「生活費」というのは(突然の出費などで)変動するものですし、「仕送りは、使いきらないと課税されてしまう」という考え方は「極めて不自然、不合理」です。

ですから、「平均すればこれくらい」というようなアバウトな考え方で問題ありません。(もちろん、常識的な範囲の金額でということです。)

>…10万円は生活費として非課税。…60万円、で年間110万円に収まるから非課税ということになりますか?

おっしゃるとおり、「理屈」はそういうことになります。

>それとも15万円×12ヶ月=180万円に課税となってしまうのでしょうか。

それはありません。
また、【仮に】、「生活費は自分で稼いで、仕送りは全額貯蓄してしまう」としても「180万円-基礎控除110万円=70万円」が課税対象です。

*****
(備考1.)

ご存知かとは思いますが、お母様に収入がないのであれば、fujimichi4さんは「扶養控除」を申告することができます。

『扶養控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
『生計を一にするQ&A』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180_qa.htm
※あくまでも税法上の「考え方」です。「生計を共にする」とも違います。

『一宮市|所得金額とは』
http://www.city.ichinomiya.aichi.jp/division/shiminzei/guide/shiminzei/syotoku.html

*****
(備考2.)

※ここからは、ご質問とは直接の関係はない「国税とは?」「贈与税とは?」というような話になりますので、不要であれば読み飛ばしていただいて差し支えありません。

---
「所得税」も「贈与税」も「納税義務者」の【自己申告】にまかされた「申告納税制度」という仕組みを採用しています。

つまり、「申告の義務があるかどうか?」については、まずは(国ではなく)【自分自身(国民自身)が判断する】のが原則ということです。

『申告と納税』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/06_1.htm
>>国の税金は、納税者が自ら税務署へ所得等の申告を行うことにより税額が確定し、この確定した税額を自ら納付することになっています。これを「申告納税制度」といいます。

そのような前提があったうえで、「国(実務上は国税局や税務署)」の【見解】と相違があった場合に、「訂正(修正申告)」を求められたり、「国税局や税務署」の判断で税額を決定されたりすることがあるということです。

ですから、「自分の判断(申告)におかしな点はない」という自信があるのであれば、必ずしも国の判断に従う必要はありません。

『不服申立ての手続』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/fufuku/huhuku3.htm

ちなみに、「そもそも申告していない」場合は、「見解の相違」そのものが起きようがありませんので、「国税局や税務署」が、「申告義務があるのに申告していないことを把握した(情報をつかんだ)」場合に、「見解の相違が起こりうる」ということになります。

---
結局、何が言いたいのかといいますと、「誰が見てもあきらかなこと」は争う余地がないのは当然ですが、「仕送りのうちいくらまでが生活費として妥当か?」というような、「(誰にでも当てはまるような)明確な基準がないこと」については、「国民(納税者)と国(税務署)の双方が納得できる落とし所を探る」ようなことも必要になるのが「申告納税制度」ということです。

ですから、原則として、「自分が正しいと思う通り」にすればよいのですが、「自分の判断に自身が持てない」ということであれば、「税務署」へ事情を話し、「お互い納得できるライン(金額)」を事前交渉しておくべきということになります。

『国税局・税務署を調べる』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeikyoku/chizu/chizu.htm

---
ちなみに、「国税局や税務署」は、「申告義務があるのに申告しない者(つまり脱税を行っている者)」の調査ばかりしているわけではありません。

まずは、「申告した者の申告内容」を調査するのが主な仕事になるのですが、「贈与税の申告漏れ(無申告)」は、そのような調査のうち「相続税の申告内容の調査」で発覚することが多いようです。

裏を返せば、「(国民の)身内同士のお金のやりとりなど税務署はいちいち気にしていない(そんな暇はない)」、しかし「それなりの相続財産がある(申告漏れがあれば徴税額も大きくなる)」場合は、「過去のことまで徹底的に調べる」ということです。

もちろん、「明らかな脱税」を「徴税額が少ないから」とスルーしてばかりでは納税者(国民)になめられてしまいますから、「税額が少なければすべてお目こぼしになる」ということではありません。

これについては、以下の記事が参考になります。
「贈与税」についてではありませんが、「税務署の行っている調査(仕事)」ということでは「贈与税」についても同様です。

『確定申告後に税務署から来署案内?』(2011/01/18)
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-594e.html
『税務署はいくらから来る?』(2010/12/06)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-760.html

*****
次に、「贈与税」を考えるときに重要なこととして、「贈与税は相続税(の仕組み)を補完するための税金である」ということです。

たとえば、「遺産を相続した家族にかかる相続税を減らしたい」と考えるのが人情ですから、「生きているうちに財産を贈与してしまえば相続税がかからない!」と誰しもが考えることでしょう。

しかし、それを許せば「相続税」は意味がなくなってしまいますので、「そのような行為は脱税である」という考え方のもとに作られたのが「贈与税」ということになります。

---
しかし、そうなると「お年玉(財産)をもらった子供も贈与税の申告をしなければならない」、あるいは「家族に仕送りするのも財産の贈与だからすべて申告の対象である」という「理屈」になってしまいます。

しかし、常識的に考えて「おかしな理屈」であるのはあきらかです。

国としても、「毎年、税務署に贈与税の申告者が押し寄せる」ことになっても困りますから、「ならば、一定の額までは申告不要にして、生活や教育に使うお金も贈与税の対象外とする」というような規程が作られたわけです。

ですから、「110万円」という金額も、あくまでも「そのぐらいが妥当であろう」という線引きにすぎませんので、「110万円をほんの少しでも超えたら絶対申告すべし」というようなものではありません。

そもそも、前述のように「いくらぐらいが生活費として妥当か?」の解釈によって「課税対象となる(ならない)範囲」も容易に変わってしまうわけですから、「その人の家庭の事情」を考慮することで、結局は「人それぞれ」「ケース・バイ・ケース」にならざるを得ないということです。

*****
(その他参考URL)

『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『国税庁>ご意見・ご要望』
http://www.nta.go.jp/iken/mail.htm
---
『日本税理士会連合会>相談事業のご紹介』
http://www.nichizeiren.or.jp/taxpayer/consultation.html
『まだまだたくさんいる「偉い税理士先生」』(2012/06/07)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1359.html

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。

>家族間で生活費として仕送りする場合は贈与税はかからない…本当でしょうか?

本当です。
国税庁のサイトにも以下のように説明されています。

『贈与と税金>贈与税がかからない場合』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4405.htm
>>2.夫婦や親子、兄弟姉妹などの扶養義務者から生活費や教育費に充てるために取得した財産で、通常必要と認められるもの…

ちなみに、なぜそういう取り扱いになっているのかといえば、「税法」も「民法の考え方」をベースに作られている...続きを読む

Qお金がない親の面倒について。

両親の面倒、お金の事です。

私(既婚)、両親(55歳)、弟(既婚)、妹(未婚)。

私の両親は貧乏で、父は糖尿病で透析を受けています。普通の仕事が出来なくなったため、簡単なアルバイトをし、母親もパートをして生計をたてています。

貧乏の原因で考えられるのは、年収800万位貰っていたにも関わらず、貯金がほとんどない(退職金もない)。
年金払っていない。
保険も入っていない。
糖尿病になり、透析を受けるまでは色々な合併症になり、入退院を繰り返し、保険に入っていなかったため入院費が高く、そこで貯金を使ってしまう。
透析を受ける事になり障害者になったが年金払っていないため障害年金が貰えない。
タバコがやめられない。
持ち家がない。
車が盗まれる。

このような感じで貧乏になりました。

同居してほしいと言われましたが、どうしようもない親ですし、一緒に住んだら物凄く大変になる事は確実で、妻の事を思うと、同居は絶対に出来ないと思ったので、はっきり断りました。

その後も父は、今後誰が面倒みてくれるんだ、みんな冷たい、兄弟で話し合ってくれ、などと言ってきます。

妹はまだ親と暮らしていましたが、すぐに出ていった方がいいと話し、彼氏の家に引っ越しさせました。

現在は団地に入って貰い、車は私が乗っていた車をあげました。車をあげたのは、車がないと生活が出来ないような田舎、病院等に自力で行ってもらうためです。

私の親の貧乏の事、車をあげる事について、もちろん妻とケンカになりました。親については、私も本当に困っており、お金の援助して欲しいとは今の所言ってきませんが、今後の事を考えると、どうするのがいいのかわからず、不安でしょうがないです。

妻は、今まで後の事を考えず自由に暮らしてきたんだから自業自得、老後は子供を頼りにしようと思って生きてきたなんて信じられない、同居なんて絶対に出来ないし、援助もしたくない、関わりたくないと。

私もその通りだと思いますし、関わりたくありません。私も弟も、子供がいますし、お金の援助する余裕もない状況です。

父に、生活保護の話をした事があったんですが、子供が3人もいるのにそんなの無理だ、お前達が面倒みろ!と言われました。母はこのような話をするといつも黙ってしまいます。


どうするのがいいのかわからず、困っています。

アドバイスを頂けないでしょうか。

よろしくお願いします。

両親の面倒、お金の事です。

私(既婚)、両親(55歳)、弟(既婚)、妹(未婚)。

私の両親は貧乏で、父は糖尿病で透析を受けています。普通の仕事が出来なくなったため、簡単なアルバイトをし、母親もパートをして生計をたてています。

貧乏の原因で考えられるのは、年収800万位貰っていたにも関わらず、貯金がほとんどない(退職金もない)。
年金払っていない。
保険も入っていない。
糖尿病になり、透析を受けるまでは色々な合併症になり、入退院を繰り返し、保険に入っていなかったため入院費が高く、そこで貯金を...続きを読む

Aベストアンサー

お気の毒ですね。まだお若いのに、ご両親の経済的面倒まで心配するとは。
私は現在60歳ですが、サラリーマンとして生きてきて所得はなくなり
行く末は少ない年金で生きていくことになります。
しかし、人として子供に経済的負担をかけるような生き方はしたくないです。
そんなことをするくらいなら、どこか行方をくらまして見知らぬ土地で
生活保護を受けるか、東南アジアの物価の安い国で隠れて暮らします。

>父に、生活保護の話をした事があったんですが、子供が3人もいるのにそんなの無理だ、

無理ではないですよ。子供が扶養できないことを福祉事務所に説明すればいい。
一緒に住んでいたらだめですけど、遠方にいて仕送りをしたら自分の生活が
なりたたない。そう言うしかない。

実は、私の実の弟が脳内出血で半身まひになって働けない状況で、しかし私は
子供の教育費用住宅ローンなど負債がたくさん残っている状況で弟を世話する
余裕はないどころか、妻の母が癌で治療費がかかる。
そもそも謙虚な弟ならまだしも、親の遺産相続で大げんかし自分から兄弟の
縁を切ると言った人です。母の面倒をみたと周囲には言っているけどその実
自分は働かず父の遺族年金や貯蓄を食いつぶし、あげくのはてに母が病気の
際に二つ隣の県まで遊びにでかけていて、インフルエンザで母はなくなりました。

だいたいが、人に面倒見てもらうのが当たり前みたいなことを言う人間は
できそこないです。
面倒を見たらみたで当然だとおもうだけ。感謝の気持ちがあるなら、もうすこし
まともな生活をしてきているはず。


お父様にはこういって差し上げてください。

もし、お父さんの面倒をみることで、うちの子が大学進学できなかったら
あなたどうするつもりですか。一人東京の大学を卒業させるのに
1600万円はかかるんですよ。(生命保険会社の資料に出ています)
孫の将来まで足引っ張って自分が長生きしたいですか。糖尿だって
透析に至るまで放置しなければ、薬でコントロールできたんですよ。
自分の不摂生の結果じゃないですか。


私も、手立てがあるのなら弟の面倒をみることも考えますよ。先に遺産として
実家の土地建物と貸家一軒先の生活の手立てとして弟に渡してあるのです。
何も面倒をみないからといって恨まれる筋合いはないです。

質問者さまも、実際に無理なことをやれと言われて悩むことはないですよ。
質問者様に経済的な余裕がおありなら別ですが。

親不孝を脅しに使う親ほどひどいものはないと私は思います。そういわれるのが
子供にとって何よりつらいことがわかっていてそういうのだから。

お気の毒ですね。まだお若いのに、ご両親の経済的面倒まで心配するとは。
私は現在60歳ですが、サラリーマンとして生きてきて所得はなくなり
行く末は少ない年金で生きていくことになります。
しかし、人として子供に経済的負担をかけるような生き方はしたくないです。
そんなことをするくらいなら、どこか行方をくらまして見知らぬ土地で
生活保護を受けるか、東南アジアの物価の安い国で隠れて暮らします。

>父に、生活保護の話をした事があったんですが、子供が3人もいるのにそんなの無理だ、

無理ではな...続きを読む

Q手渡しで大金を渡せば贈与税はかからない?

質問のとおりです。
善悪でいえばもちろん悪ですが
手渡しだったら
ばれないですよね?
ばれないから税金はかからない?
これが脱税になるんですね。
警察につかまるんですか?

Aベストアンサー

贈与税の基礎控除額は110万円ですので、「大金」の範囲ですが、110万円以上で手渡しできる額として、一般的な市民感覚内?の額・・数百万円から1000万円強くらいと仮定します。

一般的には現金でなくても銀行口座間での異動でも税務署はそこまで調査しません、できません。

通常は家(不動産)を買う、建てる場合に、お尋ね文が来て資金の出所を調査され補足されますが、それ以外では、税務当局に補足されることはありません。

あくまでも一般論です。

Q家を子供名義で親に購入してもらう場合

 
家の購入について、まったくの勉強不足のためアドバイスをお願いします。


私の親はローンの金利を払うのがもったいないという考えで、子供が大きい買い物をする時は
先に親が払って、返済を無利子で親にする という形をとってきました。

今回もその方法で、800万~1100万円ていどの近所の家(土地も含む)を
購入しようと考え中です。
さすがに今回は本当に大きい買い物なので、税金などについて悩んでいます。

実際に私が住む可能性もあることから、私、または私の姉夫婦か兄の名義で購入しようかと
相談中なのですが、それぞれに不安な点が…


◆姉夫婦は今回考えている家の隣の土地に現在住んでいて、そこは親名義で購入し、
 後から姉夫婦の名義に変更して、月々10万円の返済を親にしているということで
 課税を免除されている とのことです。
 返済金額は、まだ2000万円ほど残っているようです。
 そこでまた新たに、姉夫婦の名義で購入が可能なものなのでしょうか。


◆兄は独身で会社員です。
 親への借金とはいえ、審査があるというような話をきいて、クレジットカードなどが
 使えなくなったり、他のローンを組むことが出来なくなるのではないかと心配しています。


◆私も独身で契約社員のような雇用形態で会社勤めをしています。
 結婚を考えている相手がいるので、今回購入を考えている家に、新居として住むのも
 ありかな と考えています。
 結婚をすると、親からの寄付という形で550万円までなら税金が発生しないで
 受け取れると聞いたことがあるのですが、本当でしょうか。
 それを活用するなら、購入を決める時には結婚していなければならないのでしょうか。
 私の名義にする場合は旧姓でも可能でしょうか。それとも彼の名義になるのでしょうか。
 (彼にはこの件について相談済みです。)

ちなみに親の年齢は60代前半、子供は成人しています。


知識がない中で書いた質問なので、わかり辛い所があるかと思いますが
どんな税金が発生するのか、どうしたら無駄なく購入できるのかなど
少しでもアドバイスをいただけたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
 

 
家の購入について、まったくの勉強不足のためアドバイスをお願いします。


私の親はローンの金利を払うのがもったいないという考えで、子供が大きい買い物をする時は
先に親が払って、返済を無利子で親にする という形をとってきました。

今回もその方法で、800万~1100万円ていどの近所の家(土地も含む)を
購入しようと考え中です。
さすがに今回は本当に大きい買い物なので、税金などについて悩んでいます。

実際に私が住む可能性もあることから、私、または私の姉夫婦か兄の名義で...続きを読む

Aベストアンサー

>私の親はローンの金利を払うのがもったいないという考えで、子供が大きい買い物をする時は
>先に親が払って、返済を無利子で親にする という形をとってきました。
>今回もその方法で、800万~1100万円ていどの近所の家(土地も含む)を
>購入しようと考え中です。
借用書に類する書類と、若干でも金利を負担しないと税務署にやられる可能性があります。
また利息も若干取らないといけません。
返済は、貸主の銀行口座などをそれ専用に作り、その口座に返済するようにします。

>◆姉夫婦は今回考えている家の隣の土地に現在住んでいて、そこは親名義で購入し、
> 後から姉夫婦の名義に変更して、月々10万円の返済を親にしているということで
> 課税を免除されている とのことです。
課税を免除されている???
そんな法律はありません。
繰り返しになりますが、
借用書に類する書類と、若干でも金利を負担しないと税務署にやられる可能性があります。
また利息も若干取らないといけません。
状況が良く分かりませんが、名義変更している時点で、
贈与税とみなされ、まだ支払っていないようであれば、追徴課税の対象でしょう。

> 返済金額は、まだ2000万円ほど残っているようです。
> そこでまた新たに、姉夫婦の名義で購入が可能なものなのでしょうか。
貴方の親(貸主)が認めれば何ら問題は無いでしょう。
税金は別の話ですが。

>◆兄は独身で会社員です。
> 親への借金とはいえ、審査があるというような話をきいて、クレジットカードなどが
> 使えなくなったり、他のローンを組むことが出来なくなるのではないかと心配しています。
個人同士の借金にカード会社などは一切感知しません。


>◆私も独身で契約社員のような雇用形態で会社勤めをしています。
> 結婚を考えている相手がいるので、今回購入を考えている家に、新居として住むのも
> ありかな と考えています。
> 結婚をすると、親からの寄付という形で550万円までなら税金が発生しないで
> 受け取れると聞いたことがあるのですが、本当でしょうか。
結婚している・していないは関係ありません。

>どんな税金が発生するのか、どうしたら無駄なく購入できるのかなど
生前贈与の方法が手っ取り早いですが、
時限立法のため、今現在では今年中が期限となっています。
まあ今までの通例でいけば、延長されるとは思いますが。

>私の親はローンの金利を払うのがもったいないという考えで、子供が大きい買い物をする時は
>先に親が払って、返済を無利子で親にする という形をとってきました。
>今回もその方法で、800万~1100万円ていどの近所の家(土地も含む)を
>購入しようと考え中です。
借用書に類する書類と、若干でも金利を負担しないと税務署にやられる可能性があります。
また利息も若干取らないといけません。
返済は、貸主の銀行口座などをそれ専用に作り、その口座に返済するようにします。

>◆姉夫婦は今回考...続きを読む

Qどうして一括は良くないの?

 夢のまた夢のような話なのでどうでもいいのですが、気になるので是非とも教えて下さい。

 たとえば大金が手に入ったとします。そして家を建てようと思います。普通であれば銀行でローンを組んで購入すると思いますが、宝くじなどで何千万も当たったら一括で買ってしまいたい!と思っています。
 でも、聞いたところによると家などは一括では買わないほうがいいとかなんとか・・・。お金があるなら一気に払ってしまいたい!と思うのが普通だと思うのですが、なぜ一括で支払うのは良くないのですか?

 どうでもいい質問ですが、詳しく分かる方がいらしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

今住んでいる家が・・宝くじで建てた家です。
設計段階で・・一部金を渡して
基礎段階終了時に・・また一部金を渡して
棟上終了時に更に・・一部金を渡し
完了時に・・残金を渡しました。
このような方法が一般的だった様に思います。
大きな工務店(上場企業)は別でしょうが・・小さな土地の工務店に全て依頼する時には、大工さんの材料費や下請け業者さんへの支払いが問題となりますので、その都度何回かに分けてお支払い致しました。
支払いの都度、現場での状況を確認して、現場大工さん、下請け業者さんと雑談しながら、気になる部分の確認や、希望を申し伝えていました。
一括支払いだと、その様な話し合いが出来るものか?不安が残ります。

余談ですが・・ローンで台所を改築しましたが、余りの利息の高さに閉口して、何回目から忘れましたが一括返却に変更して頂きました・・ら
約60万円近くも安くなりました。やはり現金が手元にあればローンは損です。

Q贈与はなぜわかるのですか?

知識が乏しく単純な質問で恐縮ですが、

親から子への贈与は一体いつだれが調査するのでしょうか?
銀行が税務署に逐一報告しているとは思えませんし・・。
例えば親の口座からお金を引き出し、子供の口座に入金するような場合です。あるいは手渡しなども考えられます。

よく子供用にお金を貯めておき、必要な時(子供の住宅購入資金や結婚資金など)で親から子へお金を渡す事は当然ある事ですが、こういう時はどうなるのでしょう?
口座を経由せず手渡しならわからないのしょうか?
あるいは最初から子供名義の口座にして貯めておけばいいのでしょうか?
課税調査のシステムがよくわかりません。

あわせて夫から妻に対するお金の出し入れも贈与になるのでしょうか?
すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修正申告書を出して、追徴本税を払い、過少申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担します。

不動産を持った場合に判明するのが一般的でしょう。
不動産の所有権変更などがあった場合は、法務局から税務署にデータが報告されます。
税務署では「売った人間」「買った人間」両者にお尋ねという質問文を発送し、回答を得ます。

不動産をいくらで買ったのか、その資金はどこから得たのかという質問に答えます。
答えたくなければ答えなければ良い話ですが、調査官が「おこんにちは」と家に来られるより良いので、多くの方が答えます。
それで「不動産購入資金としてもらった」のが分かるというわけです。

家を新しく建てたという場合には、ローン控除が受けられますので、これを受けるために「いつ、どんな家を購入して、その資金はどうしたか。」などを不動産登記簿や住民票など必要書類を添付した申告書を提出します。
この資料に「誰からいくら現金を貰った」と記載するので、分かります。
書かなければバレナいだろうとは、思うのですが、銀行からのローン残高とか手持ちの資金からいくら出したのかなどを記入していくうちに「ごまかして書いてもバレそうだ。正直に記載しよう」となるのです。

これ以外にも「ばれる」のは、近所の人がする「タレこみ」です。
また、贈与行為を隠していて税務署につかまって追徴されたという人が、積極的に「おれはバレタ。残念だ」と新聞に発表するわけではないので、「ばれないんんじゃないの。聞いたことないし」というレベルになってると考えられます。
恥ずかしいので口にしない人のほうが多いでしょう。
実際には、贈与税の無申告で追徴されたという方は結構いるようです。
公になってないので「現金だとばれない」という都市伝説ができてるのでは?が私の意見です。


夫から妻に対して現金を渡す行為は「相互扶助義務」の範囲でしたら贈与税はかかりません。
つまり生活費として渡してるなら、その金額が「それは、いくらなんでも多いだろ」という額でない限り贈与税は非課税です。
また所得税も非課税です。

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修...続きを読む

Q子が購入した家・土地に親を住まわせるには

現在両親が65歳を越え、ふたりで雇用促進の団地に住んでいます。ここは、何年か後に取り壊すため、他へ移らなければなりません。私は夫の購入した中古家に住んでいます。一緒に住めればよいのですが、事情があり今のところだめです。両親は、新しくアパートで毎月支払うなら、中古住宅を買えればと思っているので、私が購入して親に住んでもらうというのを考えたのですが、法律上何か注意することがあれば教えてください。ローン減税や、贈与税とか、一緒に住んでいないとローンが組めないとか、家賃は取らないといけないのかなどよく分かっていないので教えてください。私自身は貯金で頭金を出して、会社員なのでローンは組めると思います。

Aベストアンサー

基本的に住宅ローンは住む人が組みます。つまり、はじめから住む予定も無い場合は無理です。ただ、将来的に近々住む予定があるならば、方法はあります。
あなたが世帯主となり、一旦住所を移す条件でローンを組むことは可能です。ただ、書類上夫婦別居となりますので扶養や健康保険でも、分離する必要が出てきます。それと、いくら書類上とはいえ、全く住む予定が無ければルール違反となりますので、その辺は注意してください。
あとは、「別荘」として購入する場合です。
この場合はあなたが本宅とは別に利用するために住宅を購入するので、ローンは組めます。しかし、固定資産税は居住用ではなく別荘扱いとして割り増しとなります。そこにご両親が間借り、または管理のために住むことが出来ます。最低限の家賃を設定する必要も出てきますが、実際は管理費と相殺も可能です。
どちらにせよ、光熱費や自治会の登録等、あなたの名義になりますので、少々面倒かもしれません。
ローン会社とご相談されて条件等を把握され、購入されればよいかと思います。
実際、私も自分で購入した中古物件に祖父母を居住させています。公共料金は祖父母の名義にしてますし、電話も大丈夫です。あるていど、司法書士さんに相談して必要な書類をそろえていただきましたが、とくに面倒なことはありませんでした。ただ、家に関するコストの総額は普通にアパートを借りるほうが断然安いです。ご参考までに。

基本的に住宅ローンは住む人が組みます。つまり、はじめから住む予定も無い場合は無理です。ただ、将来的に近々住む予定があるならば、方法はあります。
あなたが世帯主となり、一旦住所を移す条件でローンを組むことは可能です。ただ、書類上夫婦別居となりますので扶養や健康保険でも、分離する必要が出てきます。それと、いくら書類上とはいえ、全く住む予定が無ければルール違反となりますので、その辺は注意してください。
あとは、「別荘」として購入する場合です。
この場合はあなたが本宅とは別に利用...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング