ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

住宅の基礎工事で鉄筋とアンカーボルトを溶接固定してもいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。

NO.1です。
なぜ良くないのか理由を示さなくてはなりませんね。簡単に言うと、溶接の熱で、その部分の材質が変化してしまうからです。均質の材料だったものが、その部分だけ不均質になるわけです。粘りのある材料がその部分だけ固くなるとかそういうことをイメージすれば良いでしょう。強度的にはほとんど変わらないかもしれません。
アンカーボルトを直接溶接することは、避けた方が良いと思いますし、その方法はいろいろあります。しかし、もうすでに溶接が行われてしまっているなら、仕方ないです。よくはありませんが、それほど気にされなくても、大きな問題にはならないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答ありがとうございました。
疑問が解決できてよかったです。

お礼日時:2007/05/31 16:02

こんにちは。


アンカーボルト自体を溶接で固定するのは、良いとは言えません。
アンカーボルト本体というより、そのアンカーボルトをセットするための鉄板(テンプレートと言いますが)または、鉄材があるはずですので、それを固定するときに、鉄筋に点溶接することはあります。

基礎梁や柱などの主筋(太い鉄筋)に溶接してはだめですが、帯筋や壁筋でしたら問題ないでしょう。一般の建築でも、アンカーボルトの固定の補助として鉄筋に溶接することはあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
あまりよろしくないみたいですが、その理由はなぜでしょうか?溶接で鉄筋がとけて強度が低下するからでしょうか?鉄筋に切れ込みをいれると似た理屈になるからでしょうか?工事屋さんの話ですとなぜするかと言うと、固定金物を使うより、施工がやりやすいし、動かないからとのことでした。

お礼日時:2007/05/31 07:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q箱抜きアンカーボルトの固定方法

埋め込みでなく、後打ちでなく、箱抜きアンカーボルトについての質問です。
箱抜きアンカーボルトは 基礎の鉄筋に接合(溶接)することが前提かどうかという質問です。

日本建築センターの「建築設備耐震設計・施工指針」には各種引抜強度の表が掲載されていますが、筋に接合するという内容の記述は見当たりません。
もし、鉄筋に接合するのであれば、コンクリートを破壊して(コンクリートに付着して)引き抜かれる計算式以上の強度が見込めるハズと考えるわけです。

位置決め目的で筋に点付程度の接続剛性であれば、それは無視する と考えているのですが、
如何でしょうか?

Aベストアンサー

基礎の鉄筋に直接溶接 これは鉄筋に電気がながれうまくないのではないのですか?
通常は設計屋さんが許可しません。
どうしてもやらなければならない場合、セパ溶接しなければもたないもの等は捨て筋をながしてそれからとるのでは?箱抜きアンカ-ボルト設置とは、機械やさんから穴径 mm 深さ cm でこの位置にぬいてくれといわれている工事ですか。あとで機械やさんがレベルや位置調整をした機械にボルトを埋め込み無収縮モルタルをつめこむものですか。昔 Y設計さんがした設計をT機械さがいろいろいっていた記憶があります。たぶん機械設計屋さんの考え方と建築構造設計の考え方が違うと思います。考え方はケミカルアンカ-工事と同様の考え方のようなきがしますが。穴のなかにボルトがうめこまれ、樹脂モルタルが既存コンクリ-トと付着接続されるというふうなきがしますが。

Q鉄筋の継手位置とコンクリートの打継ぎ位置の違い

建築士を独学で勉強しています。
鉄筋の継ぎ手位置は、柱中央部、はり両端部近くの下端、はり中央部の上端となっています。
これは鉛直荷重や水平荷重が加わったときのモーメント図を描くとモーメントが小さい位置になるので納得できました。

一方、コンクリートの打ち継ぎ部は、柱・壁ではスラブの上端またはスラブや梁の下端で、はり・スラブではスパンの中央付近となってします。
モーメントが最大になりやすい箇所だと思うのですが、どういった観点から打ち継ぎ位置をこのように規定しているのでしょうか?
構造上はどこでもよく施工上の問題ということでしょうか?

Aベストアンサー

>構造上はどこでもよく施工上の問題ということでしょうか?
>柱・壁ではスラブの上端またはスラブや梁の下端で

施工上なら、スラブ上端は不可です。なぜなら上端に設けると、打ち継ぎ部は漏水箇所になり易いですが、防水処理がしにくいからです。上端より少し上にしておき防水処理を行うことが望ましいです。また打ち継ぎ処理として目荒らしをする余裕も取っておかなければなりません。
また梁の中央部にすると、一時的に片持ち梁状態になりますので、型枠の設計上好ましくなく、施工も面倒なので、施工上の理由ではないでしょう。

コンクリートは引っ張り力を負担しません。圧縮力とせん断力、曲げです。
圧縮力に関しては圧縮方向と直角に対する打ち継ぎ(梁軸方向圧縮力に対する垂直打ち継ぎ、柱に軸力における水平打ち継ぎ)は、完全に接着していなくとも、圧縮力がかかって利くので、それほど影響しませんので、主にせん断力を中心に考えます。

柱・壁のせん断力は一定ですので、同じように施工上の弱点となりやすい鉄筋継ぎ手がない位置から遠いところが望ましいでしょう。

梁の場合は等分布荷重を仮定するとせん断力は中央が一番小さくなるので好ましいです。
まお、梁中央は曲げモーメントが大きくなりますが、変形方向を考えると中心軸より下端に引っ張り力、上端に圧縮力が発生していることになります。
下端の引っ張り力は鉄筋が負担するものですのでコンクリートには関係ないですし、上端の曲げモーメントによる圧縮力は大きくなりますが、打ち継ぎ部を押しつぶす方向に働く力なので、問題ありません。
柱などは方向性は一定していませんが、同じように考えてみてください。

>構造上はどこでもよく施工上の問題ということでしょうか?
>柱・壁ではスラブの上端またはスラブや梁の下端で

施工上なら、スラブ上端は不可です。なぜなら上端に設けると、打ち継ぎ部は漏水箇所になり易いですが、防水処理がしにくいからです。上端より少し上にしておき防水処理を行うことが望ましいです。また打ち継ぎ処理として目荒らしをする余裕も取っておかなければなりません。
また梁の中央部にすると、一時的に片持ち梁状態になりますので、型枠の設計上好ましくなく、施工も面倒なので、施工上の...続きを読む

Qべた基礎の人通口の配置について

 設計の初心者です。木造2階在来工法の基礎伏図を描いているのですが、人通口の位置をどこにすればよいか悩んでいます。
 ドアなどの開口部の直下に設けたほうが良いのか、それとも他の場所がよいのか…。
 先生方どうぞよろしくご教授ください。

Aベストアンサー

river1さんの説明に「補足」をすれば、
基礎のスパンの外側から1/4の位置に「貫通口」を
設けてください。

間違っても「スパンのど真ん中の位置」は避けてください。

ご存んじの通りで“基礎の立ち上がり部分”は
言わば「梁成」なので、モーメントが反転する部分に
穴を開けるのが「一番安全」なのです。

この時、開口部補強の為の「配筋」については
多目なぐらいで「配筋」してください。

Qボルトの許容せん断応力について

ボルトの許容せん断応力の求めかたを教えてください。
材料はSS400
ボルトはM20 
です。
計算式だけでもかまいませんのでよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

許容応力は「建築基準法」、「鋼構造設計規準(以下、S規)」など各種法令基準で決められていて、それぞれ数値が異なりますし、ボルトの場合、一面せん断か二面せん断か、せん断力と同時に引張力も受けるのか、などでも違ってくるんですが、

ボルトの許容せん断力を求める一番簡単な方法は、S規に基づく次の計算方法だと思います。

SS400の許容せん断応力度f=0.7 ton/cm^2・・・S規で決まってます。

このfの値にボルトの軸の断面積(M20であればA=3.14cm^2)を掛ければ、許容せん断力(A×f=2.198ton)が求まります。

なお、この値は長期荷重に対する許容値で、風荷重等の短期荷重に対しては1.5倍
することができます。

こんなんでどうでしょうか?

ちなみに、

http://www.kawasaki-steel.co.jp/binran/index.html

にその他いろいろデータが載ってます。

参考URL:http://www.kawasaki-steel.co.jp/binran/index.html

許容応力は「建築基準法」、「鋼構造設計規準(以下、S規)」など各種法令基準で決められていて、それぞれ数値が異なりますし、ボルトの場合、一面せん断か二面せん断か、せん断力と同時に引張力も受けるのか、などでも違ってくるんですが、

ボルトの許容せん断力を求める一番簡単な方法は、S規に基づく次の計算方法だと思います。

SS400の許容せん断応力度f=0.7 ton/cm^2・・・S規で決まってます。

このfの値にボルトの軸の断面積(M20であればA=3.14cm^2)を掛け...続きを読む

Q配筋補強の要らない床貫通スリーブの最大サイズ及び根拠

新築の鉄筋コンクリート作りの建物で、配線用に床(厚さ400から500mm)に貫通穴を設けたいのですが、配筋の補強等をしたくないので、補強しないで済む最大のサイズと、その法(建築基準法?)的根拠あるいは、何かの基準、指針等を確認したいのですが、教えてください。当方 電気技術者で、建築、土木関係は、ほとんど知識がありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

素人さんぽい質問なので間違った認識の部分を指摘すると、どの本をお読みになったか知りませんが、「100mm未満であれば、配筋補強を考えなくてよい」が万事において通用するわけではありません。100mm未満でも補強が必要になることはあります。お造りになる建物の設計図書をよく読んで適切な工事を行なって下さい。

ちなみに、一般的な用途の一般的な規模、構造の建物であれば、概ねスラブ配筋はD10又はD13を200mmのピッチで配筋するので、No.1さんの回答にもあるようにスラブの鉄筋から被り厚さ分(片側30mm~40mm程度)を確保して更に施工誤差なども勘案すると100mm以内の径の開口であれば鉄筋などに影響を与えず、コンクリートの欠損としても軽微なため、仮に構造計算を行なったとしても今ある鉄筋だけでもってしまう事が多くなり、よってもって開口補強はしなくても良いとされていたりします。実際に、わが社の構造の基準図でも直径100mm以下の開口は補強不要としていますが、それもこれも床の構造設計時にそういった開口が開いても大丈夫なように設計をする事になっているからです。

また、古からの慣習で100Φ以下は補強不要というのもありますが、恐らく上記のような理由により影響が極めて小さいと判断できる場合が多いのがそのいわれの元だと思います。

法的根拠たるものはこれまでには見たことがありません。
建築基準法には、構造計算により適切に構造部材の断面を決める事になっています。

ちなみに、スラブ厚400mm~500mmというのは一般的な用途の一般的な構造の建物ではありませんので、きちんと設計図書になんて書かれているかを読んで、分からなければ設計者に質疑をあげてきちんと理解すべきだと思います。

素人さんぽい質問なので間違った認識の部分を指摘すると、どの本をお読みになったか知りませんが、「100mm未満であれば、配筋補強を考えなくてよい」が万事において通用するわけではありません。100mm未満でも補強が必要になることはあります。お造りになる建物の設計図書をよく読んで適切な工事を行なって下さい。

ちなみに、一般的な用途の一般的な規模、構造の建物であれば、概ねスラブ配筋はD10又はD13を200mmのピッチで配筋するので、No.1さんの回答にもあるようにスラブの鉄筋から被り厚さ分(片側30mm~4...続きを読む

Q鉄筋に付着した剥離剤は基礎の強度に影響しますか?

 現在、新築木造2階建住宅を建築中です。本日、べた基礎の立ち上がり部のコンクリート打設を行いました。コンクリートミキサー車が到着している現場で基礎業者が基礎枠の剥離剤を噴霧器を使用して、枠内に噴霧していました。私が「基礎枠の剥離剤の噴霧はかまわないが、鉄筋の剥離剤は拭き取って下さい。」と申し出ると基礎業者は剥離剤の噴霧を止め、鉄筋に付着した、はく離剤を拭き取る代わりに水で洗い流す事で対応をされました。コンクリート打設が終わり、剥離剤について調べますと、剥離剤は油性なのが判りました。
 ここで、心配になったのが「植木の水やり程度の洗水で基礎に付着した剥離剤は除去できるか?」「鉄筋に付着した剥離剤は基礎の強度に影響しないか?」という事です。
 対処法等のアドバイスを頂けませんでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実験室での測定などのレベルでは厳密に言えば影響はありますが一般住宅での鉄筋に付着した剥離剤程度はまったく問題ありません。

基本的に平面板上の場所で剥離しやすくしますが異型鉄筋に付着した程度では引っ張り強度等に影響はありません。
コンクリートが化学反応を起こして硬化中に水分を分離しますがその際に余分な油は乳化現象をおこしコンクリート表面に浮き出てしまいます。

QコンクリートのFd、Fq

Fcはコンクリート強度ですが、Fd、Fqとは何なのでしょうか?
単位は共に(N/mm2)です。

Aベストアンサー

ゼネコン構造設計の者です。
自信ありありです。(笑)

Fcは「設計基準強度」
Fdは「耐久設計基準強度」
Fqは「品質基準強度」です。

耐久設計基準強度は、建物の計画共用期間の級に応じた強度で、
(1)一般(耐用年数30年)Fd=18
(2)標準(耐用年数65年)Fd=24
(3)長期(耐用年数100年)Fd=30
です。

品質基準強度は設計基準強度に3(N/mm2)加えたもの、と、耐久設計基準強度に3(N/mm2)加えたもの、の大きい方の値です。

詳細は、日本建築学会「JASS5」1997年を参照してください

Q【見積】と【積算】の違いがわかりません。

こんにちは。
現在建設コンサルタント会社で働いています。

ここで、初歩的な質問なのですが、いわゆる「見積」と「積算」というものの違いがいまいちよくわかりません。
gooの国語辞典で意味を調べてみましたが、・・・?という感じです。
「積算」も見積もりなんですよね?

建設コンサルの知識は無いに等しいのですが、どなたか教えてください。
よろしくおねがいしますm(__)m

Aベストアンサー

積算とは、建築物の工程ごとに、必要な材料などを拾い出して、単価を掛けて計算することです。
これを積み重ねたものが積算原価です。

この工程ごとの積算原価に利益を上乗せしたものが見積単価になり、全部の工程ごとにまとめて見積金額になります。

積算価格+利益=見積価格です。

Q何日後に型枠を解体したらいいのでしょうか???

10月19日、基礎の立ち上がりの部分を打設しました。
幅200*高さ1200ミリの部分(ごく一般的な基礎)と
幅700*高さ1200*長さ4000ミリ(かなりボリュウムのある基礎)の2ヶ所です。

当方、北海道です。
最近は気温が日々下がっています。
最近の平均気温では最低3~6度 最高10~14度くらいです。
末には初雪の到来も考えられますし。。。ちょっと心配です(この時期はすぐ消えますが・・・)

特に「幅700*高さ1200*長さ4000ミリ」の部分がリュウベイ数が多いので型枠解体まで何日くらいなのか教えて下さい。
まったく見当がつきません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。タイムリーな返信じゃなくて申し訳ありません。
8日待つとの事、厳しい決まりの方を選択するのは施主として賢明な判断と思います。待てるにこした事はありません。ただ、やはり僕が質問者さんを担当していたとしたら、まだ長くなるので専用の説明はしませんが、8日は待たないで脱型する事を協議したと思います。

まず、読み返してみて、自分の文章に間違い発見しました。申し訳ありません。
温度補正ばっかり気にして品質基準強度の+3N忘れてました。まず+3Nに温度補正でさらに+6Nになりますので、21N/mm2の設計基準強度なら30N/mm2、24N/mm2の設計基準強度なら33N/mm2と置き換えて下さい。本当お恥ずかしい・・・・

そして、御心配の温度の事ですが、ちょっと調べてみました。気象庁のデーターベースによると、札幌の観測データは
19日 平均気温:11.7℃ 最低気温:4.1℃
20日 平均気温:11.3℃ 最低気温;6.7℃
21日 平均気温:8.9℃  最低気温:5.5℃
22日 平均気温:7.4℃  最低気温:4.4℃
23日本日は今の所、最高気温:7.5℃ 最低気温:1.3℃かな?
とりあえずは、大丈夫そうです。これで言うと材齢で存置期間決定しても8日間ではなく5日間という事になるでしょう。
で、質問者さんが上記データにを参考に出来る場所にとして、もし本日-2℃になっていたらどうだったかと言う事を説明します。ただ今は微妙な時期なので説明が難しいですが・・・・
厳密に言うと、「打込み後5日間以上はコンクリート温度を2℃以上に保つ」と言う決まりがあります。”気温”ではありません。”コンクリート温度”です。それで言うと質問者さんの基礎CONも、なんらかの保温養生を考えていかなければなりません。
断熱性のある材料で覆う断熱養生をすれば完璧ですが、シート等で覆う被覆養生でも、なんとか保たれるような気もします。いずれにしても手を打つ事が必要でしょう。
で、これは品質を確保する養生となるのですが、同時に、「初期凍害を受ける恐れのある場合は寒中コンクリートに順ずる初期養生を行う事」となっています。
じゃあ、、初期養生を行う期間はいつかと言うとですが、
寒中コンクリートは、「初期凍害を受けないように、軽微な凍結期では3.5N/mm2、凍結作用期では5N/mm2の圧縮強度が得られるまでの凍結を防ぐ」事が目標の一つとなっています。そこまでが初期養生の期間です。
で、その大前提は「打込み後、コンクリートのどの部分についても、その温度が2℃以下にならない方法」(日本建築学会 寒中コンクリート施工指針・同解説による場合0℃以下)と、最初に書いた決まりとほぼ同じ事をするように決められています。
じゃあ、その初期養生が終わった後は、どうでもいいんかい?という事になりますが、
「初期養生終了後の養生(品質確保の為の養生期間)は、コンクリートのどの部分についても、その温度が0℃以下にならない方法で行う事」(日本建築学会 寒中コンクリート施工指針・同解説による場合は、所定の材齢で所要の強度が確認できる場合はコンクリートの急激な冷却を防止できる養生方法で良い)となっているので、先の2℃以上と言うのはなんだったんだって話しになりますが、これを守れば良いと言う事になります。
まとめると、所定の材齢(何の協議もなければ28日。寒中コンクリートの場合は、監督職員の承諾の上で91日以内とする事もできます。)で所定の強度(設計基準強度)が確保されるように管理されていれば、その計画は積算温度と言うものによっていて初期養生期間以降はマイナス温度になる事は初めから見越されているので、以降はマイナス温度になっていても大丈夫ですが、5日目位までは、コンクリートがマイナス温度にならないようしてもらった方がよいです。
しかし、計画管理をしているという事は温度補正や現地温度の記録をしているはずですが、多分していないような気がします。
その場合少なくとも、現場養生による供試体が28日強度で設計基準強度が発現していることを確認するよう求めて下さい。(求められなくとも当たり前ですが・・・)
結果ダメなら問題ですが、それでも、呼び強度24N/mm2で打設していたとして、この位の温度なら一週(7日)強度は17N/mm2位は出てるんじゃないかと僕は思います。
一週強度の発現を確認すると、28日で出る強度の予想ができるので、1月はらはらする必要がありません。
という事で納得できましたか?

初期養生期間の5N/mm2の圧縮強度が得られるまでの凍結を防ぐって言うのは、No.2で言った材齢によらず圧縮強度によって決める型枠存置期間の5N/mm2の確認と同じですよね。前回は2日位かな?といいましたが、もし温度補正無しで呼び強度24N/mm2で打っていたとしたら、微妙なところでもう一日は発現にかかるかもしれません。
そう言うわけで、寒中コンクリートの場合初期養生の打ち切りと、その根拠となる圧縮強度の確認をもって、せき板の脱型を行う運びとなる協議をする事が多いのですがその話しは前回の補足です。

もう一点補足をしたいのですが、質問者さんの地域が、江別・恵庭よりなら心配は頷けます。19日の朝、寒くなかったですか?札幌の気温を調べるついでに、付近のデータベースも見たのですが、最低気温がマイナスでした。
平均気温は8.9℃なので、打設時は、2℃以上になっていたでしょうが、もし、打設後その温度になったのに、ほったらかしでしにされていたのならば、僕の意見は非常に厳しいものになっていたでしょう。

No.2です。タイムリーな返信じゃなくて申し訳ありません。
8日待つとの事、厳しい決まりの方を選択するのは施主として賢明な判断と思います。待てるにこした事はありません。ただ、やはり僕が質問者さんを担当していたとしたら、まだ長くなるので専用の説明はしませんが、8日は待たないで脱型する事を協議したと思います。

まず、読み返してみて、自分の文章に間違い発見しました。申し訳ありません。
温度補正ばっかり気にして品質基準強度の+3N忘れてました。まず+3Nに温度補正でさらに+6Nになり...続きを読む

Qフレア溶接とは?

フレア溶接とは何でしょう?アーク溶接との違いが解りません。教えてください。

Aベストアンサー

フレア溶接とは継手工法の種類の一つです。
ビル建設で鉄筋などをつなぎ合わせる時、圧縮したり熱を加えたりする工法自体を
フレア溶接と言い、アーク溶接を用いてします。
ほかにもパス盛り溶接(内側に補強材をいれながら溶接する方法)、
フラッシュバット溶接などが有りますが、
技法の名前でして、すべてアーク溶接でします。
(電気をショートさせ、溶接棒を溶かし溶接する)


人気Q&Aランキング