質問させてください

断熱材として袋入りのロックウールを施工する時、柱と間柱にタッカー(大きなホチキス)でとめていくと思いますが、私の家ではところどころタッカーが抜けている状態です。
詳しく言いますと、断熱材の袋の耳の部分をタッカーが突き抜けてしまって、しかも大工さんが破れていると認識しながらも再度タッカーを打ってくれていない状態なのです。

大工さん曰く、「コンプレッサーの空気が多いときにはどうしてもタッカーの機械が強く打ち過ぎでしまうので、断熱材の耳のビニールを突き抜ける」
そうです。
それが分かっているのなら再度打ってくれれば良いのですが、こちらがお願いしたところ、「数箇所タッカーが抜けていても石膏ボードで抑えるので、大丈夫です」と言われました。
確かに連続して3,4個以上も抜けがある訳ではないので、すぐに落ちてしまうとは思いませんが…。

このような施工の状態でも本当に大丈夫でしょうか?
どなたか教えてください、お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

断熱材と防湿材のことをよく理解していない大工が多いので


このような適当な回答と施工がされてしまいます。

袋入りグラスウールの場合、「200mm位の間隔でタッカー留とする」
となっていますので、ロックウールはグラスウールより自重があるので
出来るだけ細かく留めた方が良いと思われます。
固定間隔が広いと経年変化により壁内で落ちてきてしまい、断熱効果が下がります。

また、この袋も重要な役割をもっています。
それは防湿を行う為に袋の室内側の1枚が防湿シートになっています。
このシートが連続して壁面に施工されることにより、
壁内への湿気の流入を抑え、壁内結露の危険を下げることができます。
なので、根本的に破れたシートの部分には気密テープなどを貼り、
補修しなければならないのが正しい施工方法です。

更に、留め付ける場所も重要で、柱の見付面(正面)にタッカーで固定する。
なので、正しい施工をすると柱の殆どがシートによって見えなくなります。

ロックウール工業会に施工ポイントの記載と
正しい状態の施工写真が載っています。
http://www.rwa.gr.jp/product/housing03.html

家の耐久性に影響がありますので今のうちしっかり施工してもらいましょう。

参考URL:http://www.rwa.gr.jp/product/housing03.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

素早い回答をありがとうございました。

正しい状態の施工写真の紹介も参考になりました。
写真のようにキレイな状態だと最高なのでしょうが、拙宅はほど遠いような状態であります。

今度は現場監督さんに抗議をしてみたいと思います。
ご助言ありがとうございました☆

お礼日時:2007/07/08 21:00

2年前のリフォームの際、築36年の壁をはがしましたが見事にロックウールマットがへばりついていましたね。

(挟まってたんですね)

諸事情がありかなりの手抜き工事だった模様ですが(私は当時を知らない同居人、聞いた話です)見た印象は、まず「断熱材入れてたんだなあ」次に「頑張ってへばりついて何ともけなげ!」なんて感じましたね。
ただ耳にタッカーは打っておらず間柱もろ見え状態でしたが。

さて、いろんな御意見がありますが私も先に出ている「監理者か現場監督」に言うべきと考えます。

大変失礼ですが恐らくその大工さんは「断熱材とは壁にはまっていればオールOKなのだ」との感覚で仕事をされていると思います。
耳は「タッカーを打つ為だけの物」と考えているでしょう。

>このような施工の状態でも本当に大丈夫でしょうか?

これ以上の隙間也が「なければ」大丈夫でしょうが、繰り返しますが「監理者か現場監督」に陳情して下さい。
「そこまで見てるのか!」と仕事に対する緊張感が変わります、マット云々よりもその意味(効果)の方が大きいかもしれません。

設計者(私)も施工者も無意識であれお施主さんを「見ます」。かなり「見ます」。
「神経質そうでないからこの位の傷は気にしないかな」なんて、・・・人間ですからねえ・・・・これ大きいですよね、自戒込めつつ書きますが。

まず、少なくとも大きい穴や隙間は補修シール等でふさいで貰って下さいね。

以上、だらだら長すぎました、失礼しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

素早い回答をありがとうございました。

築36年でも断熱材がとまっていたのですか、うち断熱材クンもそれ以上に頑張って張り付いてもらいたいものです。

現場監督さんに細かく言うだけでも色々良い効果がありそうですね、大変参考になりました、さっそくご助言通りにしたいと思います。

大変貴重なご意見ありがとうございました☆

お礼日時:2007/07/09 14:21

断熱材タッカー半部位でも落ちませんね


素人の考え過ぎ、
本来は断熱材の外側の空気層です
Ano1さんの画像の様に外壁ざいとの間に図のように空気層出来れば理想ですが
図面は出来ますが不可能ですね、

気密が気に成るのでしたら、気密住宅ですね、発泡材の板状の断熱材です、

最近のベニア板の家この断熱材のお陰で
腐ってる家多いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答をありがとうございました。

画像を見ましたが、外壁と防湿透水シートの間には「どうぶち」があるので、空気層ができていると思います。
「断熱材と防湿透水シートの間に空気層が…」の間違いでしょうか?

一応うちの家ではスペーサーを入れましたので、断熱材と防湿透水シートの間には空気層が出来ています。

素人の考え過ぎとの事で、少し安心いたしました。
ご助言ありがとうございました☆

お礼日時:2007/07/08 21:20

 タッカーの止め方に不満があるのであれば、現場監督に抗議してください。


 大工に抗議しても、らちはあかないでしょう。

 土台あなたの望むようには止まらないでしょう。そんなことしていたら日が暮れてしまうからです。適当に止めれば1-2日仕事でも、丁寧に入れると4-5日かかってしまうほど地味かつ手間の違う作業だと思います。
 何を職人に言っても無駄な可能性の高い領域です。
 壁に隠れるので丁寧にやってもらわないと困る気持ちは理解できますが、手間賃が最も割に合いにくい部分だと思います。

 完璧を目指すのであれば、あなた自らが施工するか、ひたすらあなたが監視してください。
 ロックウールを使用するのであれば、悲しいかな、それが現実でしょう。これが嫌な人はロックウール断熱材を使用する、家自体を嫌がります。

 大丈夫かどうかは大丈夫だと思いますとしか言いようがありません。
 壁内さえ乾燥していればロックウールにの袋に多少穴が開いていても、水分の侵入も少ないでしょうし、乾燥していれば軽いので、ずり落ちる可能性は低いでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

素早い回答をありがとうございました。

はい、今度は現場監督さんに抗議をしてみたいと思います。

手間賃が最も割にあいにくい…ロックウールを使用するなら自らが施工や施主がひたすら監視…これが現実なのかもしれませんが施主からしたらやり切れない気持です。
実際、うちの家を作ってくれた大工さんに「安いロックウールを選んだんだから、少しは我慢しなきゃ」とか、「もう少しお金を出して発砲ウレタンを選べば良かったのに」とか、「人間がやる事だから100点満点に行くとは限らない」とか言われたので、ロックルールを選んで後悔しましたし、そんな大工さんに施工してもらって、良い家になるわけが無いとガッカリしました。

ずり落ちる可能性は低いとのご意見、すこし安心いたしました。
ご助言ありがとうございました☆

お礼日時:2007/07/08 21:15

十分な密度と厚みのある断熱材ならば、ずり落ちる事は無いです。



それ以上に怖いのは、施工が雑でコンセントや筋交いのまわりに隙間があったり、ボードとの間に隙間があったり、間仕切り壁の気流留めが無かったりする事です。

防湿に関しても、袋入のビニル部分で考えているのか、気密シートで考えているのか、最近は気密シート不要の考え方も有りますし、住宅全体でどのような思想で行なわれているかが大事です。

大工さんよりも設計者・監督員に気軽にお尋ね下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答をありがとうございました。

ずり落ちる心配は無いとの事で、少し安心いたしました。

そうですか、コンセントや筋交いのまわり、気流留めの有無などを
現場監督さんに質問してみようと思います。
大工さんに言ってもムダみたいですね。
ご助言ありがとうございました☆

お礼日時:2007/07/08 21:08

住宅建築に携わるものです。



確かに、一般の方からすると不安になりますね。
高額ですし、これからの我が家になるわけですから・・。
このような不安を施主様に与えていては、
住宅業界全体への不信感にもつながりますね。
私の知り得ている限りを答えさせていただきます。

質問への回答ですが、
「住み始めてから、壁の中でズリ落ちてしまうのでは・・」
という不安であれば、大工さんが言うとおり大丈夫だと思います。

ただ、「断熱性」や「気密性」という住宅の性能を
左右する分野においていえば、マズイですね。
ここで、その話をすると本題から外れてしまい、
長くなりますので割愛させていただきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答をありがとうございました。

そうなんです、これから何十年と住むわけですし、一生に一回かもしれない高額な買い物ですので、せめて標準施工方法でやってもらいたい気持になるのです。

まだ不安がありますので、現場監督さんに抗議をしてみたいと思います。
ご助言ありがとうございました☆

お礼日時:2007/07/08 21:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発泡スチロール?の断熱材

現在新築中です。
内壁に発泡スチロール?(水色)の断熱材が施工され、その隙間には発泡剤?みたいなものが注入されています。

断熱材というとグラスウールのような物をイメージしていたのですが、こんなんで大丈夫なのでしょうか?
また、この発泡スチロールの断熱材はグラスウールのそれと比べてどんな代物なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

壁にスタイロフォームを使っているとは、
断熱仕様はよい家だと思います。
普通は、費用面からグラスウールを使うことが
おおいです。(性能も同じ厚みなら普通はスタイロの方が
上です)
まして、隙間に充填しているのはウレタンフォームだと
思いますが。普通はそこまでしてくれません。

家そのものの仕様も職人さんもいいものだと思います。

Qグラスウールとロックウール、断熱材としてはどちらが優れてる?

現在、断熱材としては、広くグラスウールとロックウールが用いられていますが、どちらの方が優れているのでしょう?、断熱性能だけでなく、経年劣化とか(グラスウールは湿気を吸ってへたるとか聞きますが)差があれば教えてほしいです。

Aベストアンサー

硝子繊維協会
http://www.glass-fiber.net/index.html
「断熱対策 VSロックウール」を見てください。

ロックウール工業会
http://www.rwa.gr.jp/index.html

住宅用の断熱材はグラスウール(黄色いもの)ばかり見かけますね。
鉄骨の耐火被覆は吹付けロックウールが多いです。
両者は特徴別に使い分けられていると思います。

Qポリスチレンの断熱材って・・

断熱材でポリスチレン製の物がありますが、これは発泡スチロールとどう違うのでしょうか。
実際に触った感じとか、見た目なども違うのでしょうか。
断熱性能や値段も違うのでしょうか。

Aベストアンサー

>どちらの性能が上でしょうか。
既に書いたように、「押出発泡法の方が性能が高いです」
(他の方への補足でスタイロフォーム、カネライトフォームとありますがどちらも押出発泡法ポリスチレンです。大差ないので好みでどうぞ。)

>どちらを使うべきでしょうか。
それは性能の高い方が同じ厚みであればより断熱性は高くなりますのでよいですが、あとはお値段と相談です。

Q断熱材ロックウールの袋のやぶれについて

新築中で質問があります。
建築に詳しい方意見をお聞かせお願いします。

断熱材にはロックウールを使用していますが、ロックウールが入っている袋が破れているものがありました。
又、柱と柱の狭い空間にはロックウォールを切って入れています。よって切断面は袋に覆われていない部分となります。
ここで心配なのがロックウールがむき出しでも問題はないのでしょうか?
もし問題がある場合、エアコンを新築後につけるため配管の穴を開ける場合、その部分のロックウールはどうするものでしょうか?
ご意見をお聞かせお願いします。

又、エアコンを取り付ける部分には下地をいれておいたほうが良いのでしょうか?
入れなくても全然だいじょうぶでしょうか?

Aベストアンサー

住宅用ロックウール断熱材の施工要領では切断部などで
防湿フィルムをはがした部分元に戻す様になっています、

断熱材の袋は 室内側は密閉された防湿フィルムですが

室外側は小さな穴が空いたフィルムになっています、

壁下地などに隙間なく しき込事で室内の気密を上げているならば

それが破れてむき出しになっている状態は問題が有りそうです。

http://www.nichias.co.jp/products/homemat/construction/constneo.html

http://www.nichias.co.jp/products/homemat/construction/consthm.html

http://www.jfe-rockfiber.co.jp/products/ammat.html

施工時にカッターナイフで 内部の断熱材と外部の防湿袋をカット

してしまったのでしょう。


エアコンの取り付け部分ですが できるなら コンパネで下地を

入れておくと室内機取り付け時に背板がしっかり固定できGJです、


後施工で穴をあける場合は 室内から穴あけの位置決めを行い

外から外壁だけをくり抜きフィルムをカットしてロックウールを

取り除き室内のフィルムを外向きに広げ貫通スリーブを入れる様な事になります、


工事段階でエアコン取り付け位置をしっかり出せるな先行して貫通スリーブを

入れておくことも可能です。

住宅用ロックウール断熱材の施工要領では切断部などで
防湿フィルムをはがした部分元に戻す様になっています、

断熱材の袋は 室内側は密閉された防湿フィルムですが

室外側は小さな穴が空いたフィルムになっています、

壁下地などに隙間なく しき込事で室内の気密を上げているならば

それが破れてむき出しになっている状態は問題が有りそうです。

http://www.nichias.co.jp/products/homemat/construction/constneo.html

http://www.nichias.co.jp/products/homemat/construction/consthm.html

http://ww...続きを読む

Q発砲スチロールを断熱材に使用した場合の健康被害について

ご指導の程宜しく御願い致します。
古い造りで断熱材が一切使用されていない家に住んでいます。
冬は寒く夏は暑いので断熱対策をDIYで行いたいと考えています。
天井裏の構造が弱いので上がっての作業が出来ないため、発泡ウレタンやグラスウールを天井裏に敷き詰める事は出来ません。
そこで、ホームセンターなどで売っている発泡スチロール板を”室内側”の天井や壁に貼り付ける方法を考えています。
その場合、その発泡スチロール板の臭いや飛散物などは人体に対して健康被害があるのでしょうか?
食品トレーやカップラーメンのカップなども発泡スチロールと聞いているので人体には悪影響が有るはずがないと思いますが、なにせホームセンターの資材コーナーのレベルですので少し気になっています。
どなたか宜しく御願いします。

Aベストアンサー

No.2です。
> その場合でも室内側に施工するのは人体に良くないのでしょうね。
・その点は、特に問題無いと思います。
倉庫を、そのまま売り場にした量販店などは、鉄鋼材やスレート板に直接、断熱不燃ウレタン吹きつけ、簡単に塗装しただけの天井も良く見かけます。

ただ、人の手に触れる壁面だと、材質がガラス繊維の製品だと、肌触りがチクチク感があって不快だったり、見た目を良くするために、ひと工夫必要になるなどの問題だけです。

Q【断熱材】グラスウールとロックウールの違いを教えてください。

【断熱材】グラスウールとロックウールの違いを教えてください。

Aベストアンサー

http://www.mx-eng.jp/cpu/column/theme01/column01.php

Q断熱材と壁紙張替え

雨の降っている日に、システムバスの組み立てをすると、雨で濡れてしまって、悪影響とか有るでしょうか?
また、断熱材が、雨で濡れてしまうと、悪影響とか有るでしょうか?

まだ、業者の営業の人に聞いてみていないのですが、予定していたシステムバスの組み立ての日程を変更してくれと頼むのは、まずいでしょうか?普通は、拒否されるものでしょうか?

断熱材を入れようか迷っていますが、TOTOのあったか浴室パック(グラスウールの断熱天井50mmと発泡スチロールの断熱壁10mmと発泡ウレタンの断熱床5mm)をつけるケースと、普通の断熱材をつけるケースと、どちらが良いでしょうか?
業者の営業が『普通の断熱材』と言っていたのですが、『なんていう名前?』と聞いても分からなかったみたいなんですが、なんだと予想されますか?
また、グラスウールは、あまり効果が無いのでしょうか?

『グラスウールの断熱天井50mmと発泡スチロールの断熱壁10mmと発泡ウレタンの断熱床5mm』の50mm、10mm、5mmという厚さですが、薄すぎる気がするのですが、この位が一般的なのでしょうか?また、こんな5mmとかでも、効果は有るのでしょうか?

壁紙を張り替えてもらいたい場合、リフォーム店にお願いする以外では、どういう所でやってもらえるでしょうか?(壁紙張替え専門店みたいなのは、有るのでしょうか?)
壁紙のショールームとかは、どこかに有りますか?

雨の降っている日に、システムバスの組み立てをすると、雨で濡れてしまって、悪影響とか有るでしょうか?
また、断熱材が、雨で濡れてしまうと、悪影響とか有るでしょうか?

まだ、業者の営業の人に聞いてみていないのですが、予定していたシステムバスの組み立ての日程を変更してくれと頼むのは、まずいでしょうか?普通は、拒否されるものでしょうか?

断熱材を入れようか迷っていますが、TOTOのあったか浴室パック(グラスウールの断熱天井50mmと発泡スチロールの断熱壁10mmと発泡ウレタン...続きを読む

Aベストアンサー

>雨の降っている日に、システムバスの組み立てをすると、雨で濡れてしまって、悪影響とか有るでしょうか?

できるだけ材料は濡らさないほうが良いと思います。
断熱壁仕様でない場合などは耐火ボードなどが貼ってある為、
裏側に面した部分は濡らさないようにしてもらいましょう。

>また、断熱材が、雨で濡れてしまうと、悪影響とか有るでしょうか?

断熱材の種類にもよりますがグラスウールなどの繊維系断熱材は濡れたら駄目です。

>断熱材を入れようか迷っていますが、TOTOのあったか浴室パック(グラスウールの断熱天井50mmと発泡スチロールの断熱壁10mmと発泡ウレタンの断熱床5mm)をつけるケースと、普通の断熱材をつけるケースと、どちらが良いでしょうか?

コストは高いと思いますが専用品のほうが良いでしょうね。

>『グラスウールの断熱天井50mmと発泡スチロールの断熱壁10mmと発泡ウレタンの断熱床5mm』の50mm、10mm、5mmという厚さですが、薄すぎる気がするのですが、この位が一般的なのでしょうか?また、こんな5mmとかでも、効果は有るのでしょうか?

天井に関しては、一般的に断熱された室内空間にシステムバスを設置するわけですから
あまり問題は無いと思います。
(但し、欠陥住宅では外壁の断熱施工がされる前にユニットバスを入れてしまい
ユニットバス廻りの断熱欠損になっている場合もあるようですのでご注意を)
壁の断熱材ですが、一般的に内壁などとユニットバスの壁との隙間が殆ど無い状態で
浴室はセットされますのでこれ以上の断熱材は無理かと思います。
床面の断熱は、ユニットバスは樹脂の床なので熱伝導は低く、
発泡ウレタンも他の断熱材に比べて熱伝導率が低い為、問題ないのではないでしょうか。
家によっては浴室部の基礎のみ基礎断熱にして、床下からの冷気進入を防ぐ方法もあるようです。
一般的な床断熱の場合ユニットバス廻りの隙間から冷気が屋内に入ってきますので
なんらかの冷気止め処理をしなければ浴室の上階の部屋などの床が寒くなります。

>雨の降っている日に、システムバスの組み立てをすると、雨で濡れてしまって、悪影響とか有るでしょうか?

できるだけ材料は濡らさないほうが良いと思います。
断熱壁仕様でない場合などは耐火ボードなどが貼ってある為、
裏側に面した部分は濡らさないようにしてもらいましょう。

>また、断熱材が、雨で濡れてしまうと、悪影響とか有るでしょうか?

断熱材の種類にもよりますがグラスウールなどの繊維系断熱材は濡れたら駄目です。

>断熱材を入れようか迷っていますが、TOTOのあったか浴室...続きを読む

Q断熱材 断熱ウール材について

陶芸の電気の窯を使用しています。
フタにとりつけてある断熱ウール材がとれてしまったので
交換しようと思ったのですが、
ホームセンターなどにおいてある安価な断熱ウール材と書いてあるものと
陶芸の電気窯用の断熱ウール材とは、ちがいがあるものなのでしょうか

窯の中は1250℃まであがります。
電気窯のフタについていた断熱ウール材の色は白いのに対して
ホームセンターの方の断熱ウール材は黄色でした。
もし、ちがいがなければ、消耗品なのでホームセンターの安価なものを購入したいと考えています。

宜しくお願いします

Aベストアンサー

ホームセンターにある黄色い断熱材って言うのはグラスウールのことでしょう。
一般に出回っているのは下記のように常温での使用を前提にしています。
http://www.afgc.co.jp/faq/faq_performance01.html




超高温用は昔はアスベストでしたが今はこのような製品ですね。
http://www.nichias.co.jp/products/fireinsulation/fiber/high01/index.html



グラスウールでは事故になるかもしれませんから止めておいた方がいいですよ。

参考URL:http://www.nichias.co.jp/products/fireinsulation/fiber/high01/index.html

Q断熱材が無い

中古で購入した家なのですが
リフォームをすることになり和室の点検口を除いたところ
リビング天井、和室6畳の天井、2階フローリング床下に断熱材が無いのですが通常入れないのが普通なのでしょうか?

家の4方の側面と風呂場、洗面、トイレの上には断熱材があり、
1階フローリング下全てには発泡スチロールのような
断熱材がはめ込んであります。

単なる手抜きなのでしょうか?

Aベストアンサー

断熱は建物の外周面(屋根や床下を含め外部と接する部分)に入れるのが通常です。
住戸内の間仕切りや床(2階建ての場合、2階床下=1階の屋根裏)には入れていません。

他の部屋に熱が逃げてロスをするという考えもありますが、間仕切りや床でも多少なりとも断熱性能があるのと、壁などを断熱しても扉の隙間などから熱が逃げるので、きちんとやるならそれなりの気密性のある扉にしなければならなくなりますし、天井裏も室ごとに区画しておかなければなりません。

そうすると、今度は換気が悪くなるので、各室それぞれに換気設備を設けなければならなくなります。そこまでやっている住宅はまず無いでしょう。

Q断熱材施工(グラスウール)アクリアネクストについて

新築一戸建てを建てております。

グラスウールはアクリアネクストを選択しており標準は430の厚さ85mmでしたが

オプションで430の厚さ105mmを選択しており実際にそれが入っているかどうか

確認できません外観上確認する方法はありますでしょうか?ちなみに105mmとかの表記はありません。

又、グラスウールをチェックしました所サッシ取り付け部分の隙間や筋交い部分にグラスウールが十分に施工されていない気がします(写真参照願います)

105mm厚のものを指定しオプションで金額を払っているのに105mmは無いような気がします(柱は105mmなので隙間があること自体おかしいような気がします)

素人考えですのでこれがあっているかどうか分かりませんがアドバイスいただければ幸いです。

Aベストアンサー

写真では良く解りません。

イ:GW
 柱105に対して、GWがはみ出さないなら、GW105ではない可能性が
 考えられます。

 確認方法は、1)工事監理者(確認申請許可書に記載)、2)施工店、に
 確認する、しかありません。
 
 GW105である、と言う事であれば、納入伝票を提示してもらう、と言う事に
 なるかも知れません。
 納入伝票の型番で、メーカーに確認すれば、正体が解ります。

 一方、単純に、現場担当者の勘違いでGW85が納入されている事例も考えられます。

 何れにしても、工事監理者、施工店に確認しないと、ここでは解りません。

ロ:隙間
 隙間に関しては、現状がGWの限界でしょう。
 GWでは、隙間なく、と言う事が、基本的に無理だと思います。

 しかし、実際には、この隙間こそが重要なので、北国ではサッシ周りは、発砲ウレタンを
 吹き付けて、断熱欠損を防止したりします。

 恐らく、お住まいの地域は比較的温暖なのではないか、と思います。
 厳密には、GWを挟み込む間柱自体が断面欠損ですし、筋違等の処理の仕方も
 それで問題が発生しない地域である事を暗示しています。

 間柱や筋違の断熱欠損を問題としたところで、現実に、その地方で特段問題と
 なっていなければ、正直、あまり意味が無いと思います。

 ただ、サッシ周りに関しては、直接的に、結露と言う状態で表面化しますので、
 可能なら、発砲ウレタンを吹き付けるようにお勧めします。

 温暖な地域では、この発砲ウレタンが無い事を責めても、極寒の地域でもなければ
 入れる習慣もありませんので、場合により、有料になるかも知れません。


ハ:その他
 いずれにしても、基本は、工事監理者(設計者)、工務店に相談、質問すること
 だと思います。

写真では良く解りません。

イ:GW
 柱105に対して、GWがはみ出さないなら、GW105ではない可能性が
 考えられます。

 確認方法は、1)工事監理者(確認申請許可書に記載)、2)施工店、に
 確認する、しかありません。
 
 GW105である、と言う事であれば、納入伝票を提示してもらう、と言う事に
 なるかも知れません。
 納入伝票の型番で、メーカーに確認すれば、正体が解ります。

 一方、単純に、現場担当者の勘違いでGW85が納入されている事例も考えられます。

 何れにして...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング