新規無料会員登録で1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

現在、看護師を目指して看護大学に通う二年生です。
来週実技テストがあり、その内容は「右上下肢不全麻痺のある患者さんの寝衣交換」というものです。

寝衣交換の方法は資料や他サイト等で学ぶことができました。
その際、健側から脱がせ患側から着せるということのエビデンス(スムーズに行うため)は理解できたのですが、
看護師が健側から援助を行うエビデンスがどの資料にもなく理解できません。
なぜ看護師は健側(この場は左側)から援助を行う必要があるのでしょうか?

看護師の方、看護学校の教員の方、その他どなたでもかまいません。
ご回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

答えてしまうと簡単なので、まずはご自分でイメージしてみましょう。



あなたが、患側に立ったとしましょう。
ご存知のとおり、仰臥位の患者様の、健側から脱いでいただかなければなりません。
患側は動きません。では、仰臥位の患者様ご自身の健側の手で、健側の寝衣の肩をグッとずらす事(抜くといいます)ができるでしょうか?
当然、それは介助者がすることになりますよね。
では、患側に立った介助者がそれを実行しようとすると、どうなるでしょうか?
患者様の上に、介助者の体が乗り出すことになりますよね。

全部書いてしまうと勉強になりませんので、ヒントだけにしておきます。
患側を下にして側臥位になっていただくとき、健側を下にして側臥位になっていただくとき。健側の手でベッド柵を掴んでいただいたりするならば、介助者はどちらにいた方がいいと思いますか?

看護技術で疑問があったときは、できるだけイメージすることが大事です。また、イメージできそうにないなら、右側の手足を動かないように意識しながら、自分が患者役になって動いてみればいいですよ。

参考になりましたでしょうか?実習がんばってくださいね(^-^)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

そうですね。まずはイメージしてみることが大切ですね!

もし私が患側に立って援助を行うと、おっしゃるとおり患者さんの上に体が乗り出すことになってしまいます。
これだと自分の体から遠いところで作業することになるし、患者さんにとっては不安だし安全ではなくなりますね。
健側の手でベッドの柵を掴んでいただく際は、患側を下にしての側臥位でないといけません。
ということは、やはり健側にいたほうが良いですね!

とても参考になりました!ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/14 16:06

NO1の方も書かれていますが回答を書く事は簡単です。


けれどそれでは貴方の本当の実習にはならないですよ。
まずは患者様の気持ちに出来るだけ近付く事です。

貴方がもし同じ状況になった時、どうして欲しいか?
どんな気持ちなんだろう?
まずはそれを考える事から看護の第一歩が始まります。

一度、右麻痺を体験されてはいかがですか?
良く学校では右や左を固定してしまい片麻痺の方の実習をしていました。教科書では分からない事も体験出来ると思います。

何事も一緒です。教科書通りの理屈では対応出来ません。

経験する事で一人前に成長出来ますよ。頑張って下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

私が看護師役、友達が患者役となって寝衣交換を行ったのですがどちらから行っても実施のしやすさに差異はありませんでした。
今度は私自身が患者役になって右麻痺を体験したり寝衣交換を体験してみようと思います。
患者さんと同じ状況を体験することで、患者さんにとって気持ちのいい看護とはなにか考えていきたいと思います!

ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/14 16:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ側臥位をするとき片麻痺側を下にしてはいけないのですか?

私は5年一貫看護学生の4年生です。
側臥位にするときに片麻痺側を下にしてはいけないことは常識ですが、根拠が分かりません。
なんとなく理由は分かりますが、もし「根拠を説明しなさい」と言われた場合答え切れません。
いろいろな教科書や参考書を見比べながら勉強したのですが、やはり決定的な根拠が分かりません。
看護師の方、看護教員の方、基本的な事ですみませんがよいアドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
麻痺側を下にしないのは原則ですが、絶対ではありません。
常に麻痺側の血行状態に注意し、長時間麻痺側を下にしない。
麻痺側を下にした側臥位をとる場合には、上肢の位置に注意をし、体の下に引き込まないように注意をする。良肢位を保つ。
これらが守られている場合は、麻痺側も下にして側臥位を取ることは可能です。

「決定的な根拠」の意味が良くわかりませんが、根拠は理解できるのですか?
では、片麻痺の病態などは理解されているのですよね。
では、片麻痺が起こっている麻痺側の体は健常側とはどう違う状態なのか理解されていますよね。
そこから、なぜ、麻痺側が下にならないほうが良いのかわかりませんか?
また、なぜ体位変換は必要なのですか?

「決定的な根拠」は、どこまで決定的な答えが必要なのかもわかりませんが、ここで答えを書くことが正しい事とも思えませんので書きません。
出来れば、御自身で答えを書いてくださればと思います。
がんばってくださいね。

Q脳梗塞患者 清拭 方法

脳梗塞患者さんの清拭の留意点を教えてください。

清拭の方法はわかりますが、どの文献を探しても留意点がありません。

こまっています。

お手数だと思いますが、教えてください。

Aベストアンサー

こんばんわ。先日、食事介助のご質問をされておられた方ですね。

先ずは肩。 Br.stage1ですとブラブラ状態で骨間が開いていますし、stage2や3でも大胸筋に引張られてアライメントが狂って亜脱臼状態ですから、脱臼予防に留意です。(注:文字化けしないように普通の数字で書いてます。)
片麻痺pt.の肩関節に生じる疼痛の80%以上は、ROMエクササイズや看護の仕方が悪い事に起因すると言われています。ですから、そのような2次的損傷を引き起こさないように気をつける必要があります。具体的には…

そのpt.の他動的ROMを、実際の清拭動作前に「予め動かして体感的に知っておく」事!

肩関節を他動的に動かす方向を間違わない事!!
肩を屈曲や外転方向に動かすのでしたら「最大伸展位~90°屈曲or外転」迄は、内旋を伴うように動かします。「屈曲or外転90°を超える時」には今度は外旋を入れながら動かします。

肩の動きは、「肩甲上腕関節」と「肩甲骨自体」の動きの総合的運動になります(ex.コッドマンリズム)。
「肩甲骨を動かすようにしたら肩甲上腕関節もつられて動いた」というようなイメージのほうが安全です。上腕や肘・前腕等を掴んで動かすは関節が不安定であり危険です。先ずは肩甲骨を外転させるなどして肩甲帯の動きを引き出しましょう。

上記の事は、「端座位のまま」「背臥位→側臥位」でおこなう場合のどちらにも言えます。麻痺側を下にした側臥位とするときには、肩Jo.部分が体側に押し潰されないよう、予め必ず少し外転させてからおこないます。



他には、
深部感覚障害や空間失認などで座位バランスが悪い人の場合、端座位状態で行う際は、安定の確保=転落防止に留意です。

表在温度覚障害の場合には、熱いタオルで拭かれても平気な顔をしていて、後になって「2度の熱傷」なんて事故も実在します。そうならないよう 清拭タオルの温度管理にも留意。

左半球損傷ということで、失語=コミニケ障害の可能性も頭に入れておくよう留意 かも(笑)。

自立のためのADL訓練を含んだ清拭動作ですと、利き手交換を含めもっと細かな留意点(患側無視への対応等)があれこれ出てきそうですが…
とりあえず一般論的には、上記のようなところで如何でしょう。的外れな回答になっていたらゴメンナサイ。

ちなみに当方、Ns.ではありません。在宅や福祉施設医療に携わったり経営するなかで、看護師さんに教える機会も多い複数資格保有セラピストです。

こんばんわ。先日、食事介助のご質問をされておられた方ですね。

先ずは肩。 Br.stage1ですとブラブラ状態で骨間が開いていますし、stage2や3でも大胸筋に引張られてアライメントが狂って亜脱臼状態ですから、脱臼予防に留意です。(注:文字化けしないように普通の数字で書いてます。)
片麻痺pt.の肩関節に生じる疼痛の80%以上は、ROMエクササイズや看護の仕方が悪い事に起因すると言われています。ですから、そのような2次的損傷を引き起こさないように気をつける必要があります。具体的には…

その...続きを読む

Q寝衣交換

現在、看護学を学んでいるのですが、分からないことがあります。

点滴を施行しているときの寝衣交換をどのようにすればいいのでしょうか?片側麻痺などの場合は分かるのですが、点滴をしてるとコードがあるので同じようにしたらいけないのではないかと思うのですが・・・教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

とりあえずルートをはずさない方法でしましょうね。勉強中ならね。
留置針のときのみです。抜き差しのときはわざわざ点滴中にする必要性はありませんしね。

で、腕の何処に針がさしてあろうと一緒です。
麻痺などさまざまな条件で多少順序を調節したり、脱がし方を調節することは必要なんですけど、

点滴をしていない腕を先に脱がせます。
ここからは普通の交換と同じ。
で、点滴をしているほうの腕、袖をルートに注意しながら抜きます。ルートを引っ張ったりしないよう注意。
そうすると寝衣の袖に点滴ルートが通っている状態になります。
ボトルを持って、滴球の位置に注意しながら、ボトルを袖に通して抜きます。よほど袖が狭いとかボトルが瓶で500mlとかでないかぎり抜けるはずです。
寝衣でもパジャマ系でもこれで脱げます。

逆も同じ
先に寝衣の袖にボトルを持って通しておきます。
あせると逆方向に通してしまうので注意
その後点滴をしている腕を先に着てもらいます。
後は普通に反対側の袖を通すまでも経緯をたどるだけです。
最後に針をさしている部位の確認。ルート特に接続部の確認(緩んではずれやすくなっている可能性もあるから)、滴下等のチェックは忘れないように…

こんなところでいかがでしょう?。

とりあえずルートをはずさない方法でしましょうね。勉強中ならね。
留置針のときのみです。抜き差しのときはわざわざ点滴中にする必要性はありませんしね。

で、腕の何処に針がさしてあろうと一緒です。
麻痺などさまざまな条件で多少順序を調節したり、脱がし方を調節することは必要なんですけど、

点滴をしていない腕を先に脱がせます。
ここからは普通の交換と同じ。
で、点滴をしているほうの腕、袖をルートに注意しながら抜きます。ルートを引っ張ったりしないよう注意。
そうすると寝衣の袖に点...続きを読む

Qなぜ腎不全になると代謝性アシドーシスになるの?

pHの維持機構には、(1)肺による調節(2)体液緩衝系による調節(3)腎による調節がありますが、腎不全になると重炭酸イオン(HCO3-)がなぜ減少し、水素イオン(H+)が増えて酸性に傾くのか分かりません。また、腎臓では『りん酸塩・塩化アンモニウムにより酸を緩衝して排泄している』と説明がありました。(2)の体液緩衝系も腎不全に関係しているように思うのですが、混乱して分かりません。どなたか分かる方、教えてください。

Aベストアンサー

この代謝性アシドーシスの要因としては、以下の3つが考えられています。

(1)滴定酸(リン酸塩、硫酸塩など)の排泄障害
(2)HCO3-の再吸収障害
(3)NH4+の排泄障害

腎不全により酸の排泄が障害され、更にHCO3-の再吸収障害によるアニオンギャップが増加する代謝性のアシドーシスです。

Q片麻痺がある人の…

片麻痺がある方のオムツ交換や陰部洗浄は、何か特殊な方法で行うのでしょうか?それとも、体位を工夫するだけで構わないのでしょうか?

ご存知の方、教えていただけませんか☆

Aベストアンサー

排泄ケアにおいて片麻痺の有無は特に関係ありません。

更衣や摂食機能訓練(食事)、入浴、移動方法は
その方にあった工夫が必要です。

Q看護学校の何が辛いのですか?

看護師の資格を持っている知人女性が、「平均睡眠時間が3時間だった」「あれができればなんでもできる」と言っていました。しかし、某国公立大学看護学部に入学した高校時代の同級生の女の子は、大学2年生のときに同窓会で再会したとき、全然つらそうな顔をしてませんでした。普通に楽しそうに振舞っていました。それどころか、「合コンして○○大学の男と付き合っていた」と、男女交際までやっていたそうです。

一体看護学校や看護学部の何が辛いのですか? よく平均睡眠時間が一日3時間とか聞きますが、それは4年間のうち何ヶ月くらいなのですか?

Aベストアンサー

はじめまして。
学校によっても変わってくるでしょうね。大学と看護学校でも変わってくるでしょうし・・・。

おそらく、辛いとおっしゃっていた友人様は看護学校卒のお方だと思われます。
確かに看護学校は相当辛いです。一方大学の看護学部などは看護学校に比べたら優しいとわたしは学生時代感じていました。
まず、看護学校と大学の違いは実習の数やそれをこなすために与えられる時間の量のにあると思います。また、看護学校は主に技術、大学は知識です。
わたしは看護学校に通っていたのですが、1、2年は膨大な量のレポートに範囲広すぎなテストの連続、3年になれば実習三昧で1クール3週間を約1年間、夏休み・冬休みを除きぶっ続けにエンドレス、それに向けたスパルタ技術練習、またまた膨大な量の事前学習や必要な調べ物など、それはそれは厳しい3年間でした。恋愛はよっぽど理解のある人とじゃなきゃ長続きしないし(こっちが忙しくて会ってるヒマがないに等しい)、バイトはできてもおこずかい程度、気になる睡眠時間は人により寝ないで翌日という場合もありました(でもいつか必ず寝れます、土日とか)。環境も女だらけとあってストレスは溜まるでしょう。そしてなぜか看護学校の教員ってくせ者が多いです・・・
本当、覚悟して臨まないと卒業できません。精神的にやられます。
ちなみに、大学の看護学部の友人も何人かいて話を聞くのですが、実習の中身も学校生活の内容も看護学校より遥かに余裕のあるものだと思いました・・・。
なので、楽しい学生ライフを送りながら看護師になりたい、というならば頑張って大学を(普通の大学よりは忙しくなると思いますが)、ガッツラ鍛えられた上で一刻も早く看護師になりたい、というなら看護学校を選べは良いかと。
大学は保健師受験資格もあるので、興味があれば魅力的ですよね。

はじめまして。
学校によっても変わってくるでしょうね。大学と看護学校でも変わってくるでしょうし・・・。

おそらく、辛いとおっしゃっていた友人様は看護学校卒のお方だと思われます。
確かに看護学校は相当辛いです。一方大学の看護学部などは看護学校に比べたら優しいとわたしは学生時代感じていました。
まず、看護学校と大学の違いは実習の数やそれをこなすために与えられる時間の量のにあると思います。また、看護学校は主に技術、大学は知識です。
わたしは看護学校に通っていたのですが、1、2年は膨...続きを読む

Q看護学生です。看護学総論のことで・・・。

いくつか教えていただきたいのですが。
(1)ニードとニーズの違いって、なんでしょうか。
看護学概論では、ニードとしきりに出てきますが、演習の方ではニーズと出てきます。
漠然とした違いはわかるのですが、はっきりと文章にして理解できなくて・・・。
(2)看護とは、というところを勉強しているのですが、看護の対象は、身体的、心理的、社会的存在であり、統一体としての全人間である、とありますが、
この統一体としての全人間とは、一体どういうことなのでしょうか??
また、これを自分に置き換えて説明するとしたら、どうやって説明したらよいのでしょうか?
考えても考えても分かりません。
去年の過去問なので、先生に聞くにも聞けなくて。
宜しくお願いします。
他にも、看護学総論、医学概論の問題集でいいものがありましたら、教えてください。って、そんなものがあるのかどうかもわからないのですが・・・。

Aベストアンサー

看護学生さん、頑張ってくださいね。応援してますよ。
1)「ニードとニーズの違い」について。どちらも「要求」を表す言葉ですが、「ニード」は一つ一つの要求のこと、「ニーズ」は「ニード」の複数形で、概念としての「要求」を表すと思います。つまり、「ニード」とは「不安を取って欲しい」とか「痛みをとって欲しい」「先生の説明をもう一度聞きたい」などの具体的な要求の内容を意味します。ただし実際にはどちらも「ニーズ」と言ってしまうことが多いと思います。
2)「統一体としての全人間」とは「全人的」と同じで、その人のある側面だけ捉えるのではなく、様々な面を持ち、しかもそれらは複雑に絡み合い、全体として一つの人間を形成している、ということで、自分(看護学生であるあなた)に喩えれば、若い未婚(?)女性で特別な疾患もなく健康という「身体的」側面と、「心理的には」試験前で勉強に終われやや焦っている状況、「社会的」には将来医療職につこうとしてる看護学生、であり、親から見れば大切な娘であり、という側面を持っているということです。これらの一部分だけをみて看護するというのではなく、こうした様々な側面を見て、それらを統一的に捉える、人間をそうした視点(単眼ではなく複眼)で捉えるということです。まあ、人間にはもっと複雑な側面もあるとは思いますが。参考になったかな?

看護学生さん、頑張ってくださいね。応援してますよ。
1)「ニードとニーズの違い」について。どちらも「要求」を表す言葉ですが、「ニード」は一つ一つの要求のこと、「ニーズ」は「ニード」の複数形で、概念としての「要求」を表すと思います。つまり、「ニード」とは「不安を取って欲しい」とか「痛みをとって欲しい」「先生の説明をもう一度聞きたい」などの具体的な要求の内容を意味します。ただし実際にはどちらも「ニーズ」と言ってしまうことが多いと思います。
2)「統一体としての全人間」とは「全...続きを読む

Q全身清拭について(看護)

全身清拭が感染予防になるという根拠を教えてください

Aベストアンサー

No1の方が書いているように、表面の菌を取り除くことが最大の理由だと思います。人間(に限りませんが)の感染防御システムについての成書にはどれも、最も重要で最も強力な感染防御系として皮膚の重要さを強調していると思います。全身清拭が必要な患者の場合、表皮にいる常在菌や院内で皮膚に付着した細菌が増殖し、それがカテーテル挿入部や創部、あるいは口腔から体内に入り感染、発症する危険性が、一般健常人に比べ高い状況です。それとベッド上全介助レベルの方では床擦れが出来やすく、あたたかいタオルなどで全身清拭することで表皮や筋層の血液循環を改善させ、また、早期に床擦れ(なりかかりも含めて)を発見する契機にもなります。自己免疫力を高めることそのものを証明した論文や成書を見たことは私はありませんので、興味があれば調べてみてください。

Q片麻痺患者の車椅子の注意点について・・。

介助側は、片麻痺の患者さんの車椅子移乗時と車椅子操作時にどんな事に注意すればいいでしょうか?ぜひ、教えてください。

Aベストアンサー

それでしたら、漠然としてしまいますが、移乗の手順は、よく教科書の看護手順にかいてあるものでよいかと思います。基本的は安全・安楽にです。

片麻痺があると、バランスが取れませんので、麻痺側の足を、介護者の足で支えながらトランスします。(現実問題、バランスが悪いと、安全のため、前から支える人と、後ろから腰を持ち支える人と、2人介助になります。)
また、感覚障害などあるので患側管理といって、麻痺側の手足が損傷しないようにこちら側で観察しなければなりません・・・。麻痺が重度であれば、アームスリング(三角巾でも可)で麻痺側を損傷しないよう保護したりします。

車椅子乗車時ですと・・・全介助レベルだと座位バランスも悪いと考えますが・・・ベルトやカットテーブル(車椅子の上にテーブルで固定してずり落ちないようにするもの)を使用したりします。

あと、目を離すときは、ブレーキ・フットレストはかならず確認する・・・。

こんなことでよいのでしょうか?他に何か知りたいですか?一応、リハビリ病棟で働いていたことがありますので参考にしてみてください・・・

それでしたら、漠然としてしまいますが、移乗の手順は、よく教科書の看護手順にかいてあるものでよいかと思います。基本的は安全・安楽にです。

片麻痺があると、バランスが取れませんので、麻痺側の足を、介護者の足で支えながらトランスします。(現実問題、バランスが悪いと、安全のため、前から支える人と、後ろから腰を持ち支える人と、2人介助になります。)
また、感覚障害などあるので患側管理といって、麻痺側の手足が損傷しないようにこちら側で観察しなければなりません・・・。麻痺が重度であれ...続きを読む

Q看護学生*希釈の計算

看護学生です。
2%の薬液が5mlあり0.9%の生食で10倍に希釈する。
生食は何ml必要か?答えは45mlなのですが
式が分かりません。
お願いします。

Aベストアンサー

2%の薬液が5ml
 ⇒ 0.02 * 5 = 0.1 ml
つまり薬自体は0.1mlあるという事。
10倍に希釈するのだから0.2%の薬液を作りたい。
 ⇒ 0.1 / ( 5 + x ) = 0.002
(0.1ml÷(最初の薬液5ml+加える生食の量x ml)) = 0.2%
xについて解くと、加える生食の量は45 ml


人気Q&Aランキング