社会保険についてまだよくわからないので教えてください。
今の会社に来年の1月に70歳を迎える役員がいます。今は常勤なので社会保険料を控除しています。70歳を機に社会保険の控除をしないようにするには単純に社員の4分の3未満の出勤、及び時間にしてもらったらいいのでしょうか。というのも70をこえてなお保険料を払い続けるメリットが判りません。

A 回答 (3件)

厚生年金は受給資格を満たしていれば70歳に達した日に資格喪失します。


この場合、健康保険は退職まで引き続き被保険者となります。

法的に定められていますので、雇用条件が変わり被保険者資格を継続できない限り、自分や会社の意思で被保険者でなくなることはできません。

元々、健保、厚生年金の事業主負担は誰に対してでも負担以外の何者でもありません。

被保険者の健康保険のメリット
被保険者としては、保険料の半額が会社負担。(国保は全額個人負担)
疾病、負傷時の休業時に傷病手当がもらえる(国保にはない)
被扶養家族があれば、保険料負担なしで扶養にできる。(国保は保険料が増える)

といったところでしょうか。
まず、市役所等で国民健康保険の保険料がどのくらいになるかを確認されることをお薦めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりやすい回答、ありがとうございました。70歳をこえて払っている人は受給資格を満たしていなかったのだろうということがわかりました。また、お恥ずかしいかぎりですが、年金と保険の区別がついていませんでした。
市役所へ行き、確認をしたいと思います。

お礼日時:2007/10/29 20:18

社会保険の内、厚生年金は70歳で納付は終わります。


(国民年金は60歳)
従って、保険料を払っても何らメリットがありません。
第一、70歳の役員から預かったお金を納付する役所がありませんね。
天引きした会社の不明金プールと見なされます。

組合健康保険の場合も、納付は終わっていると思います。
単純に国民健康保険でしようが、爺さんは老齢保険の適用でもあります。

>70をこえてなお保険料を払い続けるメリットが判りません。

会社にとっては、全くメリットはありません。
爺さんにとっては、単純に(所得税など)税金対策だと思いますよ。
しかし、これも税務査察があれば一発でバレます。
「百害あって一利無し」ではないでしようか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

的確な回答をいただき、ありがとうございました。
国民年金と厚生年金、保険と、まだ区別のつかない段階でした。
またよろしくお願いいたします。

お礼日時:2007/10/29 20:25

あなたが「社会保険」という言葉をどういう意味で使っているのか分かりませんが……。



厚生年金は、70歳に到達すれば自動的に資格喪失です。

公的医療保険では、被用者は健康保険、それ以外の人は国民健康保険という区分ですので、そのように扱われます。

〉単純に社員の4分の3未満の出勤、及び時間にしてもらったらいいのでしょうか。
「1日の所定労働時間と1ヶ月の所定労働日数が、それぞれ、当該事業所における一般の被保険者のおおむね3/4以上」というのが「常用」の判断基準です。
常用でなければ被保険者資格はありません。



〉70をこえてなお保険料を払い続けるメリットが判りません
誰にとっての「メリット」でしょうか?

事業者の保険料負担は、被用者の福利厚生という意味であり、もともと事業者のメリットなどありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をいただきありがとうございました。
知り合いに70歳を超えて尚、払い続けている人がいるようなので、以前から不思議に思っておりました。あれから自分なりに調べて、老齢給付の受給期間をみたしておらず、任意加入であったのだろうという考えにいたりました。
私の書き方が不十分で申し訳なかったのですが、‘メリット’というのは会社ではなく、払っている被保険者のことでした。
また、年金と、健康保険の区別がまだはっきりとしておらず、勘違いもしていました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/29 20:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社会保険加入手続き

私は年明けより、ある会社の総務で働く予定になっています。
現在はその会社で派遣社員として働いています。
時間を見て、総務業務もしています。

もともと総務担当がいないため、手探りで始めているのですが、
社会保険手続きでお聞きしたいことがあります。

うる覚えなのですが、社会保険・雇用保険加入手続きを
する際に社会保険事務所や職安に行く人の身分証明書を
提示するようになっていたと思います。
これは手続きする会社の社員かどうかを確認するため・・と
読んだのですが、もう実施されているのでしょうか?

今は派遣社員なので私が社会保険・雇用保険の加入手続きを
できないかもしれないと思いました。

解る方がいらっしゃいましたらお教え願います。

Aベストアンサー

会社の事務をしています。
社会保険事務所で、従業員の手続きをしに行ったときなど、
身分証など提示した事は、1度もありません。
また、個人として、社会保険事務所を訪ねたときも
(高額療養費の請求)ありませんでした。

Q国民健康保険から社会保険に切り替わった のですがよくわらないので教えてください。 国民健康保険は今

国民健康保険から社会保険に切り替わった
のですがよくわらないので教えてください。

国民健康保険は今年の2月5日に引き落とし
されたきり3月4月5月6月7月と引き落と
しさせれていません。
督促状も届いていません。
そして5月の末に社会保険に切り替わりました。
市役所に行ったところ問題はないそうですが
1ヶ月分の引き落としがあるそうなんですけど
どうゆうことなんでしょうか?
初めてのことでよくわらないのでわかりやすく説明していただけると嬉しいです。
よろしくお願いしますo┐ペコリ

Aベストアンサー

国民健康保険の保険料は自治体によって納付の期間が違います。毎月の場合もあれば年間で10期とか8期になっている場合もあります。
2月に支払ったからと言って2月分までを支払っているとは限らないのです。

おそらく4月から翌年3月までを何期かに分けていて、前年度の最後の支払いが2月になっていたかと思います。
そして今年度の国民健康保険料をまた4月分から支払う必要があり社会保険に入らなければ6月か7月あたりに1期の支払いがあったはずです。
ですが5月から社会保険に入ったので4月分の保険料を支払えばそれで国保の保険料は全部支払ったことになります。

おわかりになるでしょうか(^_^;)

Q5日以内!?社会保険の加入手続きって!?

 事業主が、5日以内に、社会保険事務所に加入手続きをしなければならないと義務付けられていますが、それが遅れた場合、なにか不利益はありますか。

Aベストアンサー

5日以内に手続きをしなければならないのは、原則としてですね。

別に5日を越えてもまったく問題はありません。

ただし、あまり遅すぎたりしますと、社会保険事務所から「届出が遅れた旨の理由書を添付してください。」と言われることがあります。(2ヶ月以上遅れた場合は言われます。)

でも、従業員さんの健康保険証のこともあるので、なるべくならば早めに手続きをしてあげてください。

Q社会保険の被保険者の範囲「70歳未満」の者につて

健康保険と厚生年金の被保険者の範囲について教えてください。
この4月25日に70歳の誕生日を迎える会社役員なのですが、現在、健康保険と厚生年金の両方を役員報酬より天引きされてします。
4/25からは70歳となりますので厚生年金の被保険者からは除かれ、健康保険は依然として天引きされるという理解でよかったでしょうか?
また、この場合の役員報酬ですが、毎月月末払いで、たとえば3月分の保険料を4月末の給料から天引きされていると思いますので、4月が厚生年金の資格喪失月となり、3月分までの保険料(4月末支給分)まで天引きすればよいということでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>4/25からは70歳となりますので厚生年金の被保険者からは除かれ、健康保険は依然として天引きされるという理解でよかったでしょうか?

>3月分までの保険料(4月末支給分)まで天引きすればよいということでしょうか?

そうです。
4/25が誕生日の方は法的にはその前日4/24に70歳に達したとみられますので、その方の厚生年金保険被保険者としての資格喪失日は4/24となり、保険料徴収は3月分までとなります。

Q社会保険の加入手続きが派遣会社のせいで遅れた場合

派遣社員として10月半ばから勤務し始めたのですが、加入要件を満たしているのにもかかわらず、社会保険の加入手続き書がなかなか派遣会社より送られてこなかったため、先日問い合わせをしました。派遣会社によると、加入申請書を送るのを忘れていましたということと、契約初日(派遣社員として働き始めた日)から、加入が可能ですという回答がきました。「加入は契約初日(勤務開始日)からになる」ということですが、社会保険料はそのまま給与から引かれてしまうのでしょうか?保険証も手元に届くのが最速でも来月の半ばだそうで、何だか理不尽な感じがします。電話で再度確認しましたところ、例えば病院に行った場合保険証がなくても、手続き中ということを申告+仮発行される?番号を伝えれば問題ありませんということでした。また、まだ加入していませんが、契約初日からの加入ということは保険料は今月分から引かれてしまうのでしょうか?全くわからないので、どなたかご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

○健康保険の加入

・健康保険については、勤務先などで健康保険に加入できない方は自動的に国民健康保険の加入者になり、勤務先の保険に加入できるととなっときに、国民健康保険の加入資格を無くすことになっています。

 つまり、貴方の加入の意思の有無にかかわらず、他の健康保険を止められた日に国民健康保険の加入資格を得ることになり、他の健康保険に加入された翌日に国民健康保険の加入資格がなくなります。(国民健康保険法第7条および第8条)
 勿論、事務的には、国民健康保険への加入届や脱退届は必要です。

○保険料

・保険料については、社会保険は加入された月の翌月の給与から天引きが始まります。

 以上を前提に、以下ご質問へのお答えですが、

>「加入は契約初日(勤務開始日)からになる」ということですが、社会保険料はそのまま給与から引かれてしまうのでしょうか?

・遡って加入されるということは、そういうことになります。
 ただ、遡って加入されないと、無保険の期間が生じますから、その場合は国民健康保険法に基づき、国民健康保険に遡って加入することになります。
 どちらかを選択することになりますが、勤務先の保険に加入されるほうが手続きが簡単であるのは言うまでもないです。今更、わざわざ国民健康保険に入る意味はないと思います。

>保険証も手元に届くのが最速でも来月の半ばだそうで、何だか理不尽な感じがします。

・もし、遡って加入させてくれなければ国民健康保険に加入することになりますから、相手のミスではありますが、それよりは良心的な対応だとは思います。
 まー、相手のミスなので、理不尽とは言えますが…

>電話で再度確認しましたところ、例えば病院に行った場合保険証がなくても、手続き中ということを申告+仮発行される?番号を伝えれば問題ありませんということでした。

・通常に保険に加入されても、すぐには保険証が発行されませんから、加入してすぐに医療機関にかかると同じことが起こりえます。

>まだ加入していませんが、契約初日からの加入ということは保険料は今月分から引かれてしまうのでしょうか?

・当初から加入されていても、今加入されても、実際に保険料が引かれるのは来月の給与からです。また、保険料は月単位で、加入時期により日割りをするわけではありませんので、月のいつに加入されても保険料は一緒です。また、11月に2か月分引かれるわけではありません。11月分は12月の給与から天引きされます。
 勿論、何月分から保険料がいるのかということでしたら、10月分からということにはなります。

・ただ、今となっては、遡って加入されないと国民健康保険料の支払い義務も生じますから、遡って加入しないのは良い選択ではないです。

○まとめ

 理不尽な選択ではありますが、

・遡って勤務先の保険に加入して、保険料を支払う。
・例えば、11月から勤務先の保険に加入して、10月は国民健康保険に加入して保険料を支払う。

のいずれかから選択することになります。

-----------------------------------------------------------
[国民健康保険法]
(被保険者)
第5条 市町村又は特別区(以下単に「市町村」という。)の区域内に住所を有する者は、当該市町村が行う国民健康保険の被保険者とする。

(適用除外)
第6条 前条の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する者は、市町村が行う国民健康保険の被保険者としない。
1.健康保険法(大正11年法律第70号)の規定による被保険者。ただし、同法第3条第2項の規定による日雇特例被保険者を除く。
2.船員保険法(昭和14年法律第73号)の規定による被保険者。
3.国家公務員共済組合法(昭和33年法律第128号)又は地方公務員等共済組合法(昭和37年法律第152号)に基づく共済組合の組合員
3の2.私立学校教職員共済法(昭和28年法律第245号)の規定による私立学校教職員共済制度の加入者
4.健康保険法、船員保険法、国家公務員共済組合法(他の法律において準用する場合を含む。)又は地方公務員等共済組合法の規定による被扶養者。ただし、健康保険法第3条第2項の規定による日雇特例被保険者の同法の規定による被扶養者を除く。
5.健康保険法第126条の規定により日雇特例被保険者手帳の交付を受け、その手帳に健康保険印紙をはり付けるべき余白がなくなるに至るまでの間にある者及び同法の規定によるその者の被扶養者。ただし、同法第3条第2項ただし書の規定による承認を受けて同法第項の規定による日雇特例被保険者とならない期間内にある者及び同法第126条第3項の規定により当該日雇特例被保険者手帳を返納した者並びに同法の規定によるその者の被扶養者を除く。
6.生活保護法(昭和25年法律第144号)による保護を受けている世帯(その保護を停止されている世帯を除く。)に属する者
7.国民健康保険組合の被保険者
8.その他特別の理由がある者で厚生労働省令で定めるもの

(資格取得の時期)
第7条 市町村が行う国民健康保険の被保険者は、当該市町村の区域内に住所を有するに至つた日又は前条各号のいずれにも該当しなくなつた日から、その資格を取得する。

(資格喪失の時期)
第8条 市町村が行う国民健康保険の被保険者は、当該市町村の区域内に住所を有しなくなつた日の翌日又は第6条各号(第6号及び第7号を除く。)のいずれかに該当するに至つた日の翌日から、その資格を喪失する。ただし、当該市町村の区域内に住所を有しなくなつた日に他の市町村の区域内に住所を有するに至つたときは、その日から、その資格を喪失する。
2 市町村が行う国民健康保険の被保険者は、第6条第6号又は第7号に該当するに至つた日から、その資格を喪失する。

http://www.houko.com/00/01/S33/192.HTM#s1

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S33/192.HTM#s1

 こんにちは。

○健康保険の加入

・健康保険については、勤務先などで健康保険に加入できない方は自動的に国民健康保険の加入者になり、勤務先の保険に加入できるととなっときに、国民健康保険の加入資格を無くすことになっています。

 つまり、貴方の加入の意思の有無にかかわらず、他の健康保険を止められた日に国民健康保険の加入資格を得ることになり、他の健康保険に加入された翌日に国民健康保険の加入資格がなくなります。(国民健康保険法第7条および第8条)
 勿論、事務的には、国民健康保険へ...続きを読む

Q会社を辞めてその日に社会保険から国民健康保険に変えようとしたらまだ出来ないと言われ その後すぐ仕事も

会社を辞めてその日に社会保険から国民健康保険に変えようとしたらまだ出来ないと言われ
その後すぐ仕事も決まったのですが、保険証の番号を5日後から入る工場の入門書を貰うため番号がいるって言われたのですが、国民健康保険に変えるの忘れててまだ無保険状態なのですが番号ってすぐにわかるんですかね?

Aベストアンサー

辞めた会社の退職証明書か健康保険資格喪失証明書と
身分証明書をもってお住まいの役所へ行き、
国民健康保険の手続きをしてください。
マイナンバーの通知カードも持っていってください。

保険証の発行は即日できる役所と後日郵送の役所と
自治体によって違いがあります。

>保険証の番号
を知りたいと相談してみてください。
この意図はちょっと分からないですね。

>臨時の紙が保険証がわりになる
被保険者資格証明書を出してもらえるかは
なんとも言えないです。
それで保険番号を知ることはできますが、
国保でのこの証明書は、保険料を滞納して
いる人に出すものなので....

いかがでしょう?

Q社会保険加入手続き

社会保険加入手続きで「源泉所得税の領収書」が必要になると思うのですが、領収書の金額と賃金台帳の金額が違っていても問題がないかどうか教えていただきたいと思います。
内容としては、領収書×2か月分が各月\250,000の差額が生じてしまいます。弊社事情によりどうしてもこの差が生じてしまうのですが、これでもある程度調整いたしました。
やはり領収書とぴったりの金額でないといけないのでしょうか?
ご回答宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

#5です。

>ただ賃金台帳にはその役員の給与も入れて作成したので差額が生じてしまったのです。

なるほど、そういったことですか。
であれば、その部分もあわせて社会保険事務所にご説明ください。
おそらくそれで納得していただけるはずです。

社会保険事務所としても、社会保険に適用される前のことですから、今後はちゃんと賃金台帳などを作成してくれれば、とくに何も言わないと思いますよ。

ただし、訂正ができるのであれば、ちゃんと訂正をしてから社会保険事務所にお持ちください。

Q会社員の社会保険について教えてください。 とある会社の求人に、社会保険(雇用・労災)※国民年金と健康

会社員の社会保険について教えてください。

とある会社の求人に、社会保険(雇用・労災)※国民年金と健康保険は会社が半額補助との掲載があったのですが、、、これってどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

>法律事務所です、、、。

ってことは個人事務所なんじゃないですか?

>とある会社の求人

会社とか書くからややこしくなるんですよ。働く先は何でもかんでも会社なわけじゃないですよ。
個人経営で法務の事業なら労働者が何人いても健康保険・厚生年金は適用除外ですから入ってなくても問題ありません。
そのうえで国保・国年の補助をしてくれると書いているのでしょう。
まぁ、補助分は給与になると思いますが。でも法律事務所なら適正に処理してくれると思いますよ。

Q社会保険労務士は社会保険加入手続き時、番号などから個人の年金記録・履歴など過去から現在まで分かるものでしょうか?

転職先での社会保険労務士が社会保険手続きをする会社に入りました。
障害者年金を受けていて、国民年金も免除されております。
会社には伝えておりません。
社会保険労務士に年金手帳を渡し、その番号から、私の年金の履歴など、障害年金を受けていること・国民年金を免除など分かってしまうものでしょうか?
簡単にコンピューターに番号を打ち込めば分かると聞きました、
役所で聞けば、個人情報なので他人には分からないといいますが、どうでしょうか?
社会保険労務士であれば閲覧、把握する事は可能でしょうか?

会社になかなか言えないので、困っております。
社会保険労務士の方、教えて頂きたいです、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「簡単にコンピューターに番号を打ち込めば分かると聞きました、」

コンピューターに触れるのは職員(もしくは社会保険労務士会に委任された登録員)に限られます。したがいまして、通常の取得手続きで社会保険労務士が触ることはありえません。

ただ、障害の程度がどういうものなのかはわかりませんが、労務管理上知らせておいたほうがいいようにも思えます。年金の相談にも乗ってくれる。隠すべきものなのかなとふと思いましたが。

Q社会保険料控除証明書について会社から、給与所得者の保険料控除申告書というものをもらいました。今の

社会保険料控除証明書について
会社から、給与所得者の保険料控除申告書というものをもらいました。
今の会社は今年の7月から正社員として働いていて、このような書類をもらうのがはじめてで、書き方がわからず困っています。。

私の状況はこのような感じなのですが…
・27歳未婚
・平成27年7/2〜現在 正社員
・平成26年7/1〜27年7/1 派遣社員(雇用保険に加入)

上記の通り、26年7月以降はずっと雇用保険に入っているので、「社会保険料控除」の欄は空欄にしようと考えていたのですが、年金機構から「社会保険料控除証明書」というハガキがきました。
納付済保険料の証明書として15,000円ほどの金額が書いてあります。平成27年1月〜9月末の間に支払ったとあるのですが、そんな覚えがなく…。

そこで教えていただきたいです。
①「納付状況の内訳」の表で、4〜6月のところに「済」(平成26年)とかいてあります。派遣と前職の間に、無職の期間が1.5ヶ月(平成26年)あり、その時のもののことかなと思うのですが、27年の納付済保険料とは、この分のことなのでしょうか?
②そうだとすれば、平成26年の分を今の会社で貰った27年の保険料控除申告書に書いて良いのでしょうか??

調べてみたのですが、難しくてよくわからなくて…
個人的な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします!>_<

社会保険料控除証明書について
会社から、給与所得者の保険料控除申告書というものをもらいました。
今の会社は今年の7月から正社員として働いていて、このような書類をもらうのがはじめてで、書き方がわからず困っています。。

私の状況はこのような感じなのですが…
・27歳未婚
・平成27年7/2〜現在 正社員
・平成26年7/1〜27年7/1 派遣社員(雇用保険に加入)

上記の通り、26年7月以降はずっと雇用保険に入っているので、「社会保険料控除」の欄は空欄にしようと考えていたのですが、年金機構から「社...続きを読む

Aベストアンサー

>上記の通り、26年7月以降はずっと雇用保険に入っているので…

雇用保険など、お話の控除証明書うんぬんとは全く関係ありません。
控除証明書に関係するのは、国民年金だけで、強いていうなら厚生年金に加入していたかどうかです。

>派遣と前職の間に、無職の期間が1.5ヶ月(平成26年)あり、その時のもののことかなと思うのですが…

その間に国民年金の保険料を納めた覚えはあるのですかないのですか。
あるのなら、支払ったのは今年になってからでしてか。
今年 1~3月はまだ平成26年度でしたから、26年度分を 27年になってから払っても不審なことはありません。

>27年の保険料控除申告書に書いて良いのでしょうか…

だから、支払った覚えがあるのなら正々堂々と書けば良いでしょう。

一方、支払った覚えなどないのなら、何かの間違いで届いたものと判断し、年末調整にはだまっていましょう。
年金機構とは、「消えた年金」で一躍世に名を知らしめた旧社会保険庁のことですから、どんな間違いがあるかしれませんよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報