人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

英文法の本をしていて、完了形のhaveは文法上助動詞になりますと書いてありました。

そのままその本を見ていると、仮定法過去完了というところがあり、should,would,couldが助動詞と書いてありました。

じゃあ、仮定法過去完了のhaveの品詞は何ですか?

助動詞は、2つ使えなかったような覚えがあるので、疑問に思いました。

どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

面白いことに気がつかれましたね。



助動詞を二つ使えないとするのは、助動詞は話者の心の態度みたいなものを表していて、態度が同時に二種類以上あるはずはないと考えるからです。

でも、仮定法過去完了の文には確かに二つの助動詞があります。なぜか?

これ、当然の話なのです。would は、仮定法であることを示すための助動詞、have は当然完了形であることを示すためのもの。

完了形というのは時制表現の一種であり、仮定法は時制表現とはまったく別の次元のものなので、互いにぶつからないのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。ついつい、英文法を丸覚えしていたので、その意味まで考えていませんでした。

>助動詞を二つ使えないとするのは、助動詞は話者の心の態度みたいなものを表していて、態度が同時に二種類以上あるはずはないと考えるからです。

上の説明で、より理解が深まりました。

>完了形というのは時制表現の一種であり、仮定法は時制表現とはまったく別の次元のものなので、互いにぶつからないのです。

文法をやり始めたばかりなので、そうなのか~って位しか理解できませんが、すっきりしました。

お礼日時:2007/11/08 01:09

はじめまして。



ご質問1:
<じゃあ、仮定法過去完了のhaveの品詞は何ですか?>

助動詞です。

1.have+過去分詞で完了形という「主節より過去の時制」を表す動詞の形になります。これを完了動詞といいます。つまり、haveは完了動詞の一部なのです。

2.「完了動詞」は主節の時制の時点で、その動作が完了していることを表す、動詞の「形」であって、時を示す「時制」ではありません。

つまり、「完了動詞」=「完了を表す動詞の原形の形」であって、≠「過去時制」ではないのです。

3.仮定法過去完了の帰結では、助動詞の過去形+完了動詞の形になります。この完了動詞have+ppのhaveを完了動詞の一部、と考えれば、助動詞+完了動詞として助動詞同士がぶつかるというイメージから解放されると思います。


ご質問2:
<仮定法過去完了というところがあり、should,would,couldが助動詞と書いてありました。>

助動詞+have+ppをとるのは、仮定法だけではありません。

1.過去推量もこの形をとります。
例:
may have pp「~したかもしれない」
must have pp「~したに違いない」
cannot have pp「~したはずがない」

2.これらの過去推量は仮定法とは全く関係ありません。

3.この場合も助動詞+have+ppになっていますが、これも推量の助動詞(may、must、cannot)+完了動詞(主節よりひとつ前の時制を表す動詞の原形の形)と考えると、助動詞の連続、というイメージを避けることができるでしょう。

以上ご参考までに。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

丁寧な解説ありがとうございます。私の英文法の知識が、中学のレベル程度しかないのが非常に残念です。

助動詞+have+ppのppってどっかで見たなってレベルなので、一つ一つ調べて理解したいと思います。

>仮定法過去完了の帰結では、助動詞の過去形+完了動詞の形になります。この完了動詞have+ppのhaveを完了動詞の一部、と考えれば、助動詞+完了動詞として助動詞同士がぶつかるというイメージから解放されると思います。

わからないなりに、上記部分がかなり気になります。私の知りたかったあたりがこの辺にあるように感じました。

お礼日時:2007/11/08 01:48

仮定法過去完了に限らず,


完了形の不定詞 to have 過去分詞なども,to の後に助動詞が来ていいか,という同じ問題が発生します。

また,受動態の be +過去分詞の be も助動詞と辞書にはあると思いますが,to be 過去分詞のようになると,同じことが言えます。

have +過去分詞の have が助動詞とするのは,
あくまでも have は(過去分詞といっしょになって)現在完了という時制をつくる役目を果たすだけで,
英語で必ず必要な動詞の意味は過去分詞の方にあるという考えによります。

そして,can や must のような助動詞がなぜ2つ続かないかというと,
can や must に原形がないからです。

I can ~なら can は現在形,I could ~なら過去形(仮定法を含めて)です。
to can と言えないように,will can とも言えません。

しかし,完了形の have には原形が存在し,
will have 過去分詞という未来完了が存在します。

結局,完了形の have を助動詞とするのは便宜的なもので,
あくまでも一般動詞の have から来ており,
現在形・過去形だけでなく,原形 have も存在します。

したがって,could have 過去分詞の have も原形となります。
これをあくまで助動詞と呼ぶかどうかは大きな問題ではありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。私が読んでいるのは、入門レベルなのでわかりやすくするために、助動詞が1つって書いてあったんだと思います。

最近やっと、品詞が何なのかわかり始めて(まだまだ入門レベルですが)今回の疑問がふと出てきました。

>完了形の不定詞 to have 過去分詞なども,to の後に助動詞が来ていいか,という同じ問題が発生します。

まだ、上記の言っていることが私の知識では理解できませんが、これからもっと勉強して理解できるようになりたいと思います。

お礼日時:2007/11/08 01:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qhave toの品詞がわかりません

have to(has to,had to)+動詞の原形について教えてください。
辞書には「~しなければならないという意味で助動詞のように使う」と書いてありますが、人称や時制によって変化するということはhaveの品詞は動詞でいいのでしょうか?
では、うしろのto と動詞の原形は何でしょう?
不定詞ではないと思いますし、調べても考えてもわかりません。
have to +動詞の原形の品詞を教えてください。

Aベストアンサー

品詞は何かというのは難しいですね。

伝統的な基本的な品詞分類では、英語は8品詞に分かれます。
それは、
名詞
代名詞
動詞
形容詞
副詞
接続詞
前置詞
間投詞
です。

これをみると何か抜けているような感じがしませんか、冠詞とか助動詞がないですね。もちろん関係詞とか疑問詞などというのもありません。

大きな分類で言えば冠詞は、形容詞に含まれますし、また助動詞は動詞として分類されます。関係詞はわけられて関係代名詞は代名詞に、関係副詞は副詞に分類されます。このような品詞分けは、英語の深い理解を助けてくれたりもします。関係代名詞を代名詞として捉う場合などです。

問題はhave toは助動詞として扱えるのかということですが、意味とすると助動詞として扱えますが、疑問文や否定文の作り方、あるいは他の助動詞のwillなどと一緒に使えるので単なる動詞として扱うほうが矛盾がないとおもいます。

うしろのto+原形は間違いなくto不定詞です。
いわゆる不定詞の用法として分類できない、あるいはしない不定詞はたくさんあります。たとえば
be ablel to、 be going to、 be sure to
などでしょうか、これらは普通は何用法とは分類しませんし、しても意味がないような気がします。あるいは表現の数だけ用法を立てなければならないという、愚行になります。to に動詞の原形が付いたものはto
不定詞と考えればいいと思います。

蛇足ですが英語は英語としてみるとわかりやすいのですが、また文法もわかりやすい規則なのですが、文法的用語が難しいのです。簡単な規則なのにむずかしい用語で分類されてしまうために混乱することもあるのではないでしょうか。

品詞は何かというのは難しいですね。

伝統的な基本的な品詞分類では、英語は8品詞に分かれます。
それは、
名詞
代名詞
動詞
形容詞
副詞
接続詞
前置詞
間投詞
です。

これをみると何か抜けているような感じがしませんか、冠詞とか助動詞がないですね。もちろん関係詞とか疑問詞などというのもありません。

大きな分類で言えば冠詞は、形容詞に含まれますし、また助動詞は動詞として分類されます。関係詞はわけられて関係代名詞は代名詞に、関係副詞は副詞に分類されます。このような品詞分...続きを読む

Q分詞は形容詞?

初歩的な質問になるのですが、分詞について理解しかねて
いる事があります。

例えば「excited / exciting 」を辞書で調べると、品詞は
形容詞となっています。
“I'm excited about it.” のようにbe動詞の後にくるので,
品詞で表わすと形容詞なのだろうと思います。

そして「分詞」の意味を確かめたところ、
(分詞…動詞が形容詞的な働きをすること)とありました。

“分詞は形容詞的な働きをして、品詞としては形容詞”という事が
( 形容詞のようで形容詞?) と混乱しています。
言葉の言い回し方になるのかもしれないのですが…。

また、分詞は品詞で表わすとすべて形容詞なのでしょうか?

随分と勘違いをしていたり、上手くご質問できていないかも
しれませんが、ご説明を頂けると大変有難いです。

Aベストアンサー

大分、分詞の働きで悩んでいるようですね?
おおまかに言えば、(私の持っている文法書によれば)形容詞と動詞の性質を兼ねている準動詞を分詞と言うとあります。
分詞には、現在分詞と過去分詞がありますが、be 動詞の後ろに来るからすべて形容詞とは限りません。
分詞は動詞に形容詞的機能を持たせたものである事は確かですが、本来の動詞的機能も持っているのです。
動詞として働くのは、進行形や完了形、そしてご質問者の混乱の原因を作っている、受動態です。
これらは分詞の形を取っていても形容詞として働いているわけではありません。

確かに、辞書を見るとexcited は形容詞となっています。
形容詞的用法として載っているのも確かです。

先日、I was born in.....という文は受動態かどうか、すなわち、使われている born は動詞か形容詞かという事にも通じる質問がありました。
そのハッキリした回答を私はネイティブの専門家から頂きましたが、その方の説明によると、動詞として捉えるか形容詞として捉えるかはその内容であるとの回答に私は納得いたしました。
このborn という動詞も、辞書によって、形容詞と説明されている事がありますが、同じ「生まれる」でも、
Jesus was borne by Mary.
イエスはマリアから生まれた(生まされた)と言う場合と
I was born in 1967.(私は1967年に生まれた) や He was born a poet.(彼は生まれながらの詩人だ) などはその意味が明らかに違います。
前者は、誰かによって為された行為の受動態であり、後者は誰かによって為された行為というより、その主語が『在る状態』と見た方がしっくり来ます。
それを今述べるのはここでは本筋ではありませんので、これ以上は省きますが、結論としてそのネイティブは使われている過去分詞が動詞であるか形容詞であるかの分け方はその述べられている内容によると説明してくれました。

I'm excited が形容詞的用法なのか、あるいは受動態なのかはさておき、動詞には現在、過去を含めて、既に形容詞化したものがあります。
charming, interesting, boring,exciting,
pleased, worried, confused, excited 等々。
これは、その時々で、またセンテンスの中に出て来たときに確かめながら覚えていくしかありません。

また、《be+過去分詞》の他にも、過去分詞は名詞の前や後ろに付いて様々な形で形容詞の役目を果たします。
どこに置くかはまたそれなりのルールがあり、今すべてをここで説明するわけにはいきません。
一つ一つのケースを例文として出して、その時々で回答を求めるようにしていくべきです。
少し、例を出しておきます。
過去分詞
retired people, excited crowd, advanced technology,
現在分詞
amazing people, charming lady, interesting boy,
などは名詞の前に付いてその名詞を形容しています。
これらはすべて形容化した動詞ですが、すべての動詞がこのような形になるわけではなく、たとえば
A bird is singing .(一羽の鳥がさえずっている)
のように分詞が動詞として活用されています。また、
singing bird (さえずる小鳥)
のようにこれは形容詞として働いています。

要するに、動詞は形容詞として働くために分詞に形を変えているというだけで、本来の役目を失ったわけではありません。
これは分詞という形に限らず、動詞はすべて名詞に対してそのような役目を最初から負っていると言えるかもしれません。
しかし、「鳥がさえずる」という事と「さえずる鳥」という事の違いを表わすために動詞を形容詞化する必要が出て来るのだと思います。

まだ、言葉足らずで充分説明出来たとは思いませんが、分詞がすべて形容詞になるという思い違いだけはしないで欲しいと思い回答させていただきました。
考えを纏める上で少しの助けになればと思います。

大分、分詞の働きで悩んでいるようですね?
おおまかに言えば、(私の持っている文法書によれば)形容詞と動詞の性質を兼ねている準動詞を分詞と言うとあります。
分詞には、現在分詞と過去分詞がありますが、be 動詞の後ろに来るからすべて形容詞とは限りません。
分詞は動詞に形容詞的機能を持たせたものである事は確かですが、本来の動詞的機能も持っているのです。
動詞として働くのは、進行形や完了形、そしてご質問者の混乱の原因を作っている、受動態です。
これらは分詞の形を取っていても形容詞とし...続きを読む

Qa lot の品詞的役割はなんですか? 

去年は6月に雨がたくさん降りました。
It rained a lot in June last year.

の“a lot”は品詞的には何になりますか?

自分的には副詞でないとおかしいようなきがするのですが、よくわかりません。

もし副詞的役割を果たしているとすると、このケースだけでなく常に a lot は副詞的役割をするのでしょか。
お願いします。

Aベストアンサー

a lot で「たくさん」という名詞です。
この名詞が副詞的な役割を果たす。
結果としては副詞です。

rain は目的語をとらないので,副詞的としか考えられませんが,
have a lot to do with ~
「~と大いに関係がある」
のような a lot は have の目的語なので名詞のまま。

yesterday などにも見られるように,名詞は副詞的に用いられるケースがいくつもあります。

I'm fifteen years old.
のような fifteen years「15年」という名詞が old という形容詞を修飾している
すなわち副詞。
こういうのもあります。

I know a lot about them.
a lot は know の目的語とも,about them を強調する副詞とも考えられます。

基本,a lot = much
a lot of 名詞= many/much +名詞
と考えればすっきりします。


人気Q&Aランキング