ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

50代の夫なのですが、17~8年前に右足を複雑骨折し、その時に入れた膝のボルト(鉄板?と夫は言うのですが)が未だ入ったままにしてあります。
もっと早くに摘出手術を受けるべきだったのですが、仕事が忙しくリハビリにも時間がかけられない状態だったためにそのまま放ったらかしにして現在に至ります。
このままにしておくと何か支障が出てくるのでしょうか?
(現在、夫は左足に比べていつも右足のだるさを訴えています。)
また、今から除去した場合に、入院期間やリハビリにはどれくらいの時間がかかるものなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず、支障は個人差があると思います。


すでに17~18年経っているので鉄板を抜くのは不可能に近いと思われます。

私の場合も9年前バイクの事故で螺旋(ラセン)骨折で両足全体に4本のプレートを入れています。

骨折などでプレートを入れた多くの場合は、2年以内に抜くそうです。
2年過ぎるとプレートと骨が同化してしまうからです。
なのでこれから抜くのは諦めてください。骨を抜くのと同じ事になります。

私の場合は、お医者さんが抜くのを諦めました。
足全体にプレートが入ってるので、もし失敗したら車椅子生活を余儀なくされるからです。

私は金属アレルギー持ちですが、幸い、プレートはアレルギー症状が一番少ないチタンを使っているそうです。

両足を骨折前と後の違いは、プレートが入ってるせいで両足が痺れ易くなりました。
あと退院当初は足が冷えやすかったですが、今は自電車で移動することが多く、それにより筋肉が付き、さほど気になりません。
(筋肉は体温を上げ、脂肪は体温を下げる作用があります。)

唯一の支障は死後、火葬したあと、プレートが長過ぎて骨壷に入らないのでそのまま埋めてもらう事ぐらいです。
飛行機の搭乗時の金属探知機では適当に”I have plates on my legs by an accident.”と言って個人で金属探知機でチェックしてもらい、笑顔で通ってます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

HIKARU0321様

ご回答ありがとうございます。
足に入れる金属はとても重要な役目を担っているのですね。
夫には足を冷やさぬよう気をつけさせて、また 筋肉も落ちないよう出来るだけ歩かせるようにしたいと思います。
まだ先のことですが、火葬後のことも大変参考になりました。有難うございました。

お礼日時:2008/01/14 16:11

金属アレルギーさえ持っていなければ死ぬまで入れて置いても何にも支障はありません。

。今から抜くことで入院期間、リハビリ期間がものすごくのびてしまいますよ。
なにしろ10年以上も前にいれたとなるとそれを取った後のリハビリは1.2年で抜く時より遙かに大変なリハビリになるでしょうね。

50才代の方なので1ヶ月もしくは3ヶ月とかなり長い期間になることは覚悟されて下さい。

足にだるさが来るのは寒さに寄る物ではないでしょうか?
プレートやボルトが入っている人は冷やすことはさけてくださいね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

mukumuku4921様
ご回答ありがとうございます。
リハビリ期間...そんなにもかかってしまうのですね。
しかし別段入れたままにしておいても支障は無いということでしたので、
ほっといたしました。
なるべく冷やさぬよう気を配りたいと思います。
有難うございました。

お礼日時:2008/01/14 16:16

私の知人は、バイクの事故で骨折、足の骨の中に、鉄の棒をいれました。

膝から差し込んでおり、完治後は、抜かなくてはならないものでした。

でも、再度、膝の骨をはずすのがいやで、支障もないからと、そのままにしています。三年後に病院に聞いたところ、すでに固まってしまっているので、抜くのも大変だとのこと。

それは、二十代の頃。今、50歳近いのですが、とくに何も支障なく生活しています。飛行機に乗る時、金属探知器にヒヤヒヤしている位です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

morino-kon様
ご回答ありがとうございます。

わりとそういう方は多いのですね。
皆さん支障なく生活沙されていることがわかり、安心いたしました。
有難うございました。

お礼日時:2008/01/14 16:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q骨折手術後のボルトは抜いたほうがいいのでしょうか?

2年前に足(外果)を骨折し、手術してボルト(ねじ?みたいな細いやつ)を2本入れ、経過も順調で今は日常生活にまったく支障はない状態です。周囲からそろそろ抜いたほうがいいよ、といわれたので気になって病院にいくと「チタンだからどっちでもいいよ。抜いても抜かなくても」ということ。自分としてはやはり手術は嫌なので抜かないほうがいいのですが・・医者は抜かなくても将来、支障はない、というのですがどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

整形外科医です。

まずは理論的な根拠からですが、現在のところ、チタン製の内固定材料(ネジやプレートのことです)については、長期間体内留置しても差し支えないとされています。最初から抜去しないことを前提とした構造の(抜去する機能のない)材料もあります。
しかし、チタンが体内材料として使われ始めたのはここ20年程度のことですから、体内留置期間が50年60年と言う長期間になると、100%大丈夫、と言う保証は出来ません。ただ、現在のところ、理論上は長期留置しても大丈夫と考えられている、と言うことです。

ですから、チタン材料でも原則抜去することがあります。どのような場合かというと、若年者で、抜去が容易な部位にある場合です。一生留置となると、数十年以上となり、不確定要素が強くなるので、原則抜去となります。
逆に50代以降、抜去が困難な部位、抜去手術による合併症の危険がある、何らかの合併症がある、などの場合は原則抜去しません。

年齢にもよりますが、特に合併症などがなく、社会的・時間的にも余裕があり、局所麻酔程度の麻酔で抜去出来るなら、抜去しておいた方がよいかも知れませんし、逆に、何らかの合併症(糖尿病など)があるとか、全身麻酔が必要とか、そう言う場合には抜去しない方が得策かも知れません。

結局の所、「留置による不具合を回避するために、手術にまつわる合併症を許容出来るのか」、それとも、「手術による不具合を避けるために留置にまつわる不具合の可能性を受け入れるのか」、という事がすべてです。どちらも確率的には非常に低いことですが、万一不具合が起こったときに、手術しなければ良かった、あるいは、手術しておけば良かった、などと思うことの無いようにするのが一番です。

整形外科医です。

まずは理論的な根拠からですが、現在のところ、チタン製の内固定材料(ネジやプレートのことです)については、長期間体内留置しても差し支えないとされています。最初から抜去しないことを前提とした構造の(抜去する機能のない)材料もあります。
しかし、チタンが体内材料として使われ始めたのはここ20年程度のことですから、体内留置期間が50年60年と言う長期間になると、100%大丈夫、と言う保証は出来ません。ただ、現在のところ、理論上は長期留置しても大丈夫と考えられてい...続きを読む

Q骨折の抜釘手術は生命保険の支払い対象にはならないのですか?

1年前に腕を骨折して、プレート入れる手術をしました。今回、経過良好につき、抜釘手術を行いました。(ともに全身麻酔の観血手術)

生命保険会社の入院通院の保証のある障害保険に入っているのですが、保険会社より"初回のプレートを入れる手術は対象となるが、今回の分は保証対象にならない。これは他の保険会社でも同様なので了承ください"と言われています。

納得いきませんが、そういうものでしょうか?

Aベストアンサー

>>ただ、入院給付金も出ないと言われています。

No.1です。
すみません、質問の本文をよく読んでいませんでした。
生命保険会社の医療保険でなく、「傷害保険」にご加入なのですね。

傷害保険はケガによる入院や死亡等を保障します。
骨折による手術・入院ですので、前回の入院は「災害入院」に該当して、手術給付金・入院給付金は当然支払われました。

ところが、骨折が一年前ということで、今回の手術のための入院は災害入院に該当しなくなっているのです。
「不慮の事故の日からその日を含めて180日以内に開始した入院」が災害入院給付金の支払事由であり、事故の日から180日を越えて入院または再入院した場合には「疾病入院」に該当します。(災害入院の定義を約款でご確認ください)
「傷害保険」には「疾病入院」に対する給付はありません。

ですから、医療保険に入っていた場合には、1回目の手術・入院に対し手術給付金と入院給付金、今回の手術・入院に対し入院給付金が支払われましたが、傷害保険ということなので、今回の入院給付金は支払われません。

抜釘術が骨折の日から180日以内に行われているか、お入りになっていたのが傷害保険でなく医療保険であれば、2回目の入院給付金は出たということです。
でも、時間は戻せませんものね・・・

>>ただ、入院給付金も出ないと言われています。

No.1です。
すみません、質問の本文をよく読んでいませんでした。
生命保険会社の医療保険でなく、「傷害保険」にご加入なのですね。

傷害保険はケガによる入院や死亡等を保障します。
骨折による手術・入院ですので、前回の入院は「災害入院」に該当して、手術給付金・入院給付金は当然支払われました。

ところが、骨折が一年前ということで、今回の手術のための入院は災害入院に該当しなくなっているのです。
「不慮の事故の日からその日を含めて180...続きを読む

Q骨折には全治何週間くらいかかるのでしょうか?

骨折してから、ちょうど1週間になります。
骨折箇所は足の甲の小指側です。足の外側にポコッと骨が出てるところがありますよね、その横らへん?らしいです。(うまく説明できなくてすみません。)
医師により全治までの期間がまちまちで、どんなものかと思っています。
全治2~3週間という医師や4週間という医師まで。
また指は動かしてもよいとか絶対に骨折した方の足には体重をかけないようにとか。
・・・といっても実は、骨折して3日後くらいから痛みもないので、勝手に家で歩いたりしてたんです。
でも、この木曜に病院に行った時医師から注意されてしまいました。
その時、動いて腱がズレて手術になることもあると言われ、ションボリ。
仕事は事務職とはいえ、仕事に支障もあるし、何よりこの窮屈なギブスにウンザリ(笑)
気になるのが、その手術というのは、手術室で行うようなものでしょうか。
また、ギブスを外した後、リハビリとかあるのでしょうか。
すぐ歩けるようになるのでしょうか。
早く治す方法ってあるのでしょうか。
質問攻めで申し訳ありませんが、骨折のご経験のある方、なくても知識のある方、ご意見をお聞かせ下さい。

骨折してから、ちょうど1週間になります。
骨折箇所は足の甲の小指側です。足の外側にポコッと骨が出てるところがありますよね、その横らへん?らしいです。(うまく説明できなくてすみません。)
医師により全治までの期間がまちまちで、どんなものかと思っています。
全治2~3週間という医師や4週間という医師まで。
また指は動かしてもよいとか絶対に骨折した方の足には体重をかけないようにとか。
・・・といっても実は、骨折して3日後くらいから痛みもないので、勝手に家で歩いたりしてたんです。
...続きを読む

Aベストアンサー

 お話から察すると、この骨折は「第5中足骨基部骨折」だと思います。この「第5中足骨基部」には「短腓骨筋腱」という腱が付着しており、足を内へ強く捻ってしまったりすると、この腱に引っ張られて骨ごと剥離してしまうことがあります。これがこの骨折のメカニズムです。今回ギプス固定をされているということから、恐らく骨折部の転位は少なかったのだと判断しますが、先ほどの話しにもあるように、常にこの部分は腱に引っ張られているので骨折後は十分な固定をしておかないと更にズレていくことがあります。完全にズレてしまえば主治医の先生の仰るように手術しなければ「偽関節」という状態になります。手術は通常腰椎麻酔(下半身麻酔)で行います。方法は長さ2cm程度のスクリュー(ねじ釘のようなもの)で固定するか、1~2mm程度のワイヤーを2本平行に刺し、更に細いワイヤーで8の字に縛る方法があります。この手術をすればギプスをする必要はありませんが、2~3週間は体重をかけることは出来ません。次にリハビリに関してですが、現在の固定が足先からすねの中央まで固定されていれば、当然足首の動きも制限されているわけなので、ギプス除去後の「足関節・可動域訓練」というリハビリをする必要があります。ただし、除去後すぐに可動域が良好である場合はその必要はありません。
 最後に骨折全般に言えることですが、ほとんどの場合、一度骨折した骨は元の硬さに戻るには約2~3ヶ月かかると言われています。ですが、機能的な問題がなくなるのには約1~2ヶ月程度と言われています。早く骨癒合させるには、骨折部を出来るだけ動かさない(骨折部をグラつかせない)ことが原則になります。「もう少しの辛抱」と思って頑張って下さい。

 お話から察すると、この骨折は「第5中足骨基部骨折」だと思います。この「第5中足骨基部」には「短腓骨筋腱」という腱が付着しており、足を内へ強く捻ってしまったりすると、この腱に引っ張られて骨ごと剥離してしまうことがあります。これがこの骨折のメカニズムです。今回ギプス固定をされているということから、恐らく骨折部の転位は少なかったのだと判断しますが、先ほどの話しにもあるように、常にこの部分は腱に引っ張られているので骨折後は十分な固定をしておかないと更にズレていくことがあります。...続きを読む

Q骨折してプレートを外すか迷っています

47歳、ピアノ教師をしている妻のことでお聞きします。転んで手首を骨折しました。プレートを付ける手術をして現在固定されています。抜糸も終わり、違和感と痛みがありますがピアノもなんとか弾ける状態です。骨折してから25日くらい経ちました。プレートを外すかどうか迷っているようです。40年も付けているのに不安を感じているようです。医師は外さないほうがいいと言っています。外すべきでしょうか? リスクは大きいのでしょうか? 痛みは消えるのでしょうか? 違和感はなくなりますか? 40年付けていることに問題はありますか?

Aベストアンサー

骨折経験もあり、今は人工関節のお世話になっていますが、
その経験から言えば、抜くか抜かないかが50:50なら抜くほうを勧めましたが、
医師が抜かないほうがいいというのなら、その方がいいのでは?

私も中手骨を骨折し、ボルトとプレートを入れていましたが、抜いたらすっきりしましたね。

骨折から25日では、まだ抜けないのでは?
骨はくっ付いているのでしょうか。

ボルト、プレートを外しても、ネジの穴が骨に開いているので、それが埋まるまでにまた時間がかかるそうです。

痛みが何処から来ているのかわかりませんが、
切っているわけですから、皮膚の痛みはしばらく残ります。
これはプレートの有無に関係ありません。
手は痺れが残ったりすることもあるので、手を使う職業なら余計に切りたくないというのもあるのかも。
末梢神経は再生するので、時間をかければ痺れも取れますが。

Q骨折後、ボルトとプレートの入ったまま無理してウオーキングを毎日し続け、激痛になりました!

足首を骨折し、手術でボルトとプレートを入れました。
退院後、トレーニングジムのウオーキングマシーンで、毎日90分のウオーキングを続けていたら、徐々にプレートが入っているところが痛み出し、それでも痛みに耐えながら続けていたら
とうとう、自分の家のなかですら歩くことすらできないくらいの痛みになりました。
すぐに受信した方が良いですか?

Aベストアンサー

はい、すぐ受診してください。

昔、足の腓骨(ひこつ)を折ってしまってプレートを入れたのですが
床で滑って踏ん張った日の夜から患部が痛みだし、翌朝には発熱。
整形外科へ行ってレントゲンを撮ったらプレートがずれてました…。
ずれは直しようがないので炎症止めをもらっただけでしたが、現状把握は大事ですよ。
(骨は無事にくっついて抜釘手術できました)

Q病院でやる骨折のリハビリの方法を教えて下さ!

こんばんは。骨折した足が痛くて眠れずに起きています。


私は足を骨折しまして、入院して手術もしました。まだ何本ものボルトとプレートが入っています(>_<)。

まだ歩けないのに、病院の通院が終わってしまいました(>_<)。


病院で骨折のリハビリをやっている方たちは、足の骨折のリハビリは、どんな事をするんですか?


私は通院が終了してしまったので、リハビリもやってないんです(>_<)。でも早く歩けるようになりたくて、無理にでも両足で立とうとすると激痛が走り、すぐ転んでしまうので、あちこちがアザだらけです(>_<)。


私は病院ではリハビリしてもらえないので、病院では、どんなリハビリをやってもらえるのか、すごく気になるので教えて下さい!

家でも出来るか試してみたいです(^o^)。


あと…通院のリハビリの回数(週に何回とか)や実施時間なども教えて下さい!


病院では、リハビリやってもらえなかったので、全く分からないので色々と知りたいんです(^o^)。


リハビリの先生、整形外科の先生、リハビリに通っている方など、色々と詳しく教えて下さい。参考にさせて頂きます。よろしくお願い致します。

こんばんは。骨折した足が痛くて眠れずに起きています。


私は足を骨折しまして、入院して手術もしました。まだ何本ものボルトとプレートが入っています(>_<)。

まだ歩けないのに、病院の通院が終わってしまいました(>_<)。


病院で骨折のリハビリをやっている方たちは、足の骨折のリハビリは、どんな事をするんですか?


私は通院が終了してしまったので、リハビリもやってないんです(>_<)。でも早く歩けるようになりたくて、無理にでも両足で立とうとすると激痛が走り、すぐ転んでしまうので、あ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
整形外科病院で働く理学療法士です。
まず、どこの骨の骨折か?どのような折れ方をして、どんな手術をしたのか?体重をかけてもいいのか、免荷か?などでリハビリの方法は変わってくると思います。
リハビリは医師の診断のもとに行われるものなので素人判断で勝手にすると悪化や再骨折の危険性もあります。
手術をした病院での指導はなかったのでしょうか?通常は入院中にリハビリがなかったとしても退院後のリハビリ指導、外来でのリハビリがあるはずです。
手術をした病院に問い合わせて、現在の状況を説明するのがベストかと思います。
答えになっていなくて申し訳ありませんが、リハビリの治療プログラムを考える際は、実際に触ってみたり、手術の情報がないと正確な治療ができないと思います。
お大事にしてください。

Q骨折して3ヶ月も経つのに腫れが引かない

脛を骨折し、手術をして3ヶ月経ちますが、足の腫れが全然引きません。左右を比べて別人の足のようです。病院の先生はもう少し様子を見ましょうと言っていますがいつまで様子を見ればいいのかはっきり言ってくれません。完治するのに3ヶ月といわれて手術したのですが、もう3ヶ月経ちます。このまま様子を見て本当に大丈夫なのでしょうか。最近かなり焦っています。

Aベストアンサー

 一般的な骨折の治療経過をお話しますと、レントゲン的に骨癒合(くっついたなってわかる)が見られるのが約6週間、それがしっかりするのが12週間=約3ヶ月です。この頃になると他の部分と殆ど同程度の強さになります。しかし骨折はこれで治ったわけではありません。周辺の血管(特に静脈)は損傷を受けるとそれ自体はほとんど再開通しません。それ以外の血管が次第に血流を増やして心臓へ血液を戻すようになりますが、それまではうっ血が起こりますから、そのためむくみが生じます。約半年くらいむくみは続きます。
 3ヶ月で完治というのは元の骨と同じ位の強さになる期間です。むくみはもっと続きますが心配はありません。

Q骨折&オペ後、腫れがひかないときのリハビリについて。

骨折&オペ後、腫れがひかないときのリハビリについて。

6月末に左手首の橈骨を遠位端骨折、オペをしてプレートを入れました。
術後にリハビリをして3ヶ月、手首の動きがかなりよくなったので、病院でのリハビリは終了したのですが、なぜか腫れと痛みがひきません。
握力が落ちているので軽い筋トレをしたいのですが、どの程度動かしても大丈夫なものでしょうか。

レントゲンで見る限り骨は順調にできているようで、念のためにとやった血液検査でも異常は見つかりませんでした。
筋がプレートにひっかかってるの?とも思ったのですが、お医者曰く「ひっかかってたらもっとそれらしい感触があるハズ」とのこと。
「どんどん動かすように」とも言われましたが、あまり負荷をかけるとズキズキするので、どこまで何をやっていいのかよくわかりません。
リハビリ中に作業療法士さんから「腫れているのが心配。いきなり筋が切れたりしないといいんだけど」などと言われたこともあるので、ちょっと心配です。
放っておいて大丈夫なら、動かして筋力をつけたいのですが…

経験者の方、詳しい方のアドバイスお待ちしています。

骨折&オペ後、腫れがひかないときのリハビリについて。

6月末に左手首の橈骨を遠位端骨折、オペをしてプレートを入れました。
術後にリハビリをして3ヶ月、手首の動きがかなりよくなったので、病院でのリハビリは終了したのですが、なぜか腫れと痛みがひきません。
握力が落ちているので軽い筋トレをしたいのですが、どの程度動かしても大丈夫なものでしょうか。

レントゲンで見る限り骨は順調にできているようで、念のためにとやった血液検査でも異常は見つかりませんでした。
筋がプレートにひっかかってるの...続きを読む

Aベストアンサー

>術後にリハビリをして3ヶ月、手首の動きがかなりよくなったので、病院でのリハビリは終了したのですが、なぜか腫れと痛みがひきません。

三ヶ月ぐらいでは、腫れが完全に引いていない場合が多いですよ。また痛みはそれ以上かかります。状態によっては一年近くかかる場合もありますから、しっかりリハビリを頑張りましょう。


>握力が落ちているので軽い筋トレをしたいのですが、どの程度動かしても大丈夫なものでしょうか。

これは治療に関わることなので、詳しくは回答できないのが残念なところです。筋力よりも恐らく手首の動きの方が問題ではないですか?

・手のひらを拝むように正面で合わせてみてください。手のひらが完全にぴたりと付きますか?そのまま位置を低く出来ますか?

・手の甲を正面であわせましょう。これもぴたりと痛みなく付きますか?肘の位置と水平になるように、手の位置をあげて見ましょう。

・肘を台につき肘を固定します。手のひらを完全に下に返せますか?また完全に上に返せますか?


これらが左右差なく行えなければ関節の動きが悪いのです。いまは病院のリハビリ通っていますか?リハビリ科のある街のクリニックなら、こういった症状にプロがマンツーマンでリハビリしてくれる病院があると思います。


>リハビリ中に作業療法士さんから「腫れているのが心配。いきなり筋が切れたりしないといいんだけど」などと言われたこともあるので、ちょっと心配です。

こういう発言をする人はあまり知識、経験、技術のない人です。このような病院は避けましょう。

>術後にリハビリをして3ヶ月、手首の動きがかなりよくなったので、病院でのリハビリは終了したのですが、なぜか腫れと痛みがひきません。

三ヶ月ぐらいでは、腫れが完全に引いていない場合が多いですよ。また痛みはそれ以上かかります。状態によっては一年近くかかる場合もありますから、しっかりリハビリを頑張りましょう。


>握力が落ちているので軽い筋トレをしたいのですが、どの程度動かしても大丈夫なものでしょうか。

これは治療に関わることなので、詳しくは回答できないのが残念なところです。筋力よ...続きを読む

Q骨折手術後のボルトについて

57歳の夫が約1年半前に大腿骨骨折の手術を受けて
大腿骨にボルトが入ったままです。
病院では昨年の11月だったか受診して「念の為、 
年が明けてから1月にボルトを外す手術をしましょう」との事でしたがそのままになっています。
お年寄りだとそのままにしておくらしいと
聞いた事はあるのですが夫の年齢でも
このままで将来、何の支障もないのでしょうか?
本人の腰がなかなか上がらないのです。
アドバイスなどありましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 入っているのはプレートか髄内釘(骨の中に入れる心棒)、材質はステンレスかチタンと思われますが、チタンは骨とくっつきやすいため抜くつもりがあれば早めがいいと思います。実際に抜く手術をしたけれど抜くことが出来なかった場合もあるようです。60前の若い人には抜くことをお勧めする場合が多いみたいです。
 物によって必要な機材が異なるため、何十年もたってから抜こうとしても、その機材が分からず困ることもあるようです。
 放置しておいても問題が起こることは余りありませんが、抜く必要が出た場合に抜けずに困ることはありえるかも。
 

Q【骨折治療後も痛みがひきません】

一昨年11月にスポーツ中に、頸骨と腓骨を骨折しました。前の骨(頸骨?腓骨?)を複雑骨折、後ろの骨を普通の骨折と診断され、複雑骨折している方に手術をしてボルトを入れる手術をしました。普通の骨折の方は、そのまま自然治癒させました。
昨年の8月にボルトを取り、その後の診察で完治したと言われたのですが、今も痛くて足を引きずる時があります。
他の病院でも診てもらったのですが、診断は同じでした。2つの病院ともに「筋肉トレーニングが必要」といわれたのですが、いくらトレーニングしても痛みは変わりません。しまいには、「痛いと思うから痛いんだ。」というようなことも言われました。自分では、痛みには強いと思っていたのですが・・・。
現在もスポーツをしているため、早く痛みを取りたいと思うのですが、どうしたらよいのでしょうか?ひどいときには、階段も上り下りできなくなります。良い方法があったら、どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

 それだけの怪我をされた後では、リハビリテーションをしっかりやる必要があります。周辺の筋肉の損傷もかなりあったのでしょう。どの程度のリハビリをされたのでしょうか?
 急にスポーツのトレーニングを始めると筋肉の損傷が新たに起きるでしょうし、無意識的に傷めた所をかばって筋肉の使い方がアンバランスになってしまうこととおもいます。

 単純な筋肉トレーニングだけでは問題の解決は難しいでしょう。筋肉を効率よく使うための筋紡錘システムを向上させるトレーニングや、膝下の筋肉だけでなくハムストリングや胴体の筋肉を使って脚を動かすことを身に付けると良いと思います。(この方が全体的に下半身のパフォーマンスが上がります。)
 また、痛みは大切な危険信号ともいえます。怪我をした記憶から怪我のときの力の方向性に近い負荷を感じると脚を守るために周辺の筋肉が硬くなることがあります。その場合は「これは安全な負荷だ」ということを脚(神経系を含めて)に教えなければなりません。

 方法としては例えば、
○床に横たわって壁をいろいろな方向に軽く押す。
○仰臥して膝を立てて床をいろいろな方向に軽く押す。
ことをやるといいと思います。
 どちらも可能な限り(全身の)力を抜くことと、押した反動が身体の中の骨をどのように伝わって頭に到達するかを感じて下さい。呼吸は普通の状態でやること!
最初は難しいかもしれませんが、無駄な力が全身の動きを邪魔しないようになると頭が上下に転がるようになります。(自分で頭を動かすのではありません。意図しなくてもそうなります。そうならなければ動きを小さくしてもっと力を抜く必要があります。力を抜くこと-身を任せること-が苦手な場合は頭が動くのに何日もかかるかもしれませんが、飽きずにやってみて下さい。)
 上手にできるようになると、骨格の中を力(負荷)が通り抜けるようになりますので、そうなるとかなり快適に動き回れるようになると思います。いろいろ工夫してください。(力を入れると筋紡錘の働きが鍛えられないので、効果はあまり出ません。楽に、痛くならないようにやって下さい。)
 力を入れないでも、痛みが出ることがありますので、そのときは休むこと!
(無理をしていない・力を抜いている動作を繰り返した時の痛みは治っていく過程で出てくる場合がほとんどですので、その場合は気に病む必要はありません。)

 それだけの怪我をされた後では、リハビリテーションをしっかりやる必要があります。周辺の筋肉の損傷もかなりあったのでしょう。どの程度のリハビリをされたのでしょうか?
 急にスポーツのトレーニングを始めると筋肉の損傷が新たに起きるでしょうし、無意識的に傷めた所をかばって筋肉の使い方がアンバランスになってしまうこととおもいます。

 単純な筋肉トレーニングだけでは問題の解決は難しいでしょう。筋肉を効率よく使うための筋紡錘システムを向上させるトレーニングや、膝下の筋肉だけでなくハ...続きを読む


人気Q&Aランキング