人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

シックハウス対策の24時間換気の考え方について質問です。
2階建ての木造住宅、第3種換気の場合で
○1階(居室数3)各居室毎の換気(廊下、階段等は換気経路にならない)
○2階(居室数2)換気扇は1カ所のみ設置(廊下は換気経路になる)
このような条件の場合、階段および1階の廊下等は換気経路とみなし、
居室の面積に算入するのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

空気をどこから入れてどこから出すのか・・・という計画によるのではないでしょうか。

実際は高気密住宅でもない限りどこからでも入ってくるのでしょうけども(笑)
給気口・換気扇をセットに必要な換気容量をチェックしておられると思います。
私が今まで確認申請でやってきたチェック方法ですが,階段でツウツウになっていても,2階は2階だけ,1階は1階だけの換気扇で換気チェックしてましたが,訂正させられたことはありませんでした。。。ちなみに2階は2階のトイレに24時間換気扇を設け,1階は洗面・ユニットバスの換気扇を24時間換気にしてました。給気口は対象となる居室だけに設けてました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
確認申請での実例を頂き、たいへん参考になりました。

お礼日時:2008/02/25 16:18

便乗回答になりますが、土日となりますのでご査収の程を。



Q>2階の換気も1階同様に各居室毎に行うのであれば
廊下や階段は気積に算入不要となるのでしょうか?

A→換気経路ではないので、お見込み通りです。

注;まさか扉(引き戸であれ)の無い居室は無いですよね。・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/25 16:20

>居室の面積に算入するのでしょうか?


この文章だけでは、算入ですよ。
2階居室+2階階段廊下+1階階段廊下で換気量の
検討です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/25 16:27

気密層や通気止めによって区切られていなければ、


それらの部分は換気経路として
気積に参入です。

この回答への補足

早々のご回答ありがとうございます。
2階の換気も1階同様に各居室毎に行うのであれば
廊下や階段は気積に算入不要となるのでしょうか?

補足日時:2008/02/22 16:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/25 16:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確認申請  小数点 四捨五入?

ちょっと、おしえてください。
今、申請書を書いています。
今時、考えられない急ぎの申請です。
まだ、余裕をもつという事を知らない人々がいるのです(笑)。

私は、ずっと、面積関係、ケンペイ率、容積率等の
小数点は切り捨てとしていました。

43.999ならば43.99と。

最近、申請もエクセルで打ち込むと数値が出るものが
あり、四捨五入しているのです。

今、もしかして、小数点第3位は、四捨五入?
ですか?

Aベストアンサー

そうですね、余裕をみて切り捨てたり、切り上げたりしても、申請は通りますから、
質問に対するダイレクトな答えとしては「四捨五入以外でもOKです」となるかと思います。

以下、余分な話をさせていただきますと↓

注意点は、切り捨て、切り上げ、四捨五入などの複数の「数値の丸め方」が、
一つの申請書類の中で混在しないことですね。これが一番だめなんです。

それと、建築って工学じゃないですか、その工学は四捨五入が原則なんですね。
だからその工学の分野の教育を受けた場合、それが理由(癖)で四捨五入する人は多いかもしれません。

お勧めは、四捨五入で統一です。申請以外でも問題が起こることはないと思います。
また、手法を統一することで、不本意なミスを避ける効果があるかもしれませんね。

Q給気口のより適切な設置位置について

給気口の設置場所についての他の質問も拝見させていただいた上で、なかなか納得の出来る答えが見つからないため、質問させていただく事にしました。
よろしくお願いします。
給気口の設置条件につきましては、以下(1)~(4)が主なポイントかと思われます。

(1)給気口と換気扇(または排気経路の扉など)は出来るだけ部屋の対角線上に配置すること。
(2)扉下から排気する場合は給気口は高い位置に、上部の換気扇で排気する場合は床近くに給気口を配置するのが基本。
(3)エアコンの直下に設置すると効率が良いらしい・・・?
(そのような意見が見受けられました。確かに理にかなっている気がします。)
(4)冷気、気流等による不快を生じないように、ベッドの位置(頭の位置)、ソファ等の位置を考慮した設置場所とする。


しかし、全条件を満足する事はむずかしく、程度問題かとは思いますが、どれを優先すべきか、アドバイスいただきたく、質問させていただきました。
あるいは更に注意すべきポイントがありましたら、あわせてアドバイスお願いします。

大雑把な考え方としましては・・・

イ>換気を優先すべきである。
給気口がベッドの頭の上であっても、それほど(言われている程)冷気が気になる事もなく、むしろ換気を優先しないと、空気がよどみ、その事の方が住環境に悪いし、24時間換気を阻害する事になりかねない・・・
この場合、エアコンが直上にあれば冷気の心配もなくなり理想ではあるが、そのために無理やりエアコンの位置を変えるのはどうか?
(給気口同様、エアコンの位置もなかなか決めずらい部分があります。換気の流れ、室外機の設置場所、効率の良さ等、やはり全ての条件を満足できない事の方がが多いかと思います・・・)

ロ>生活上不快となる位置への設置は絶対に避けるべき。
対角線ではない場所であっても、それほど気にする必要はなく、対角線側の空間の換気も徐々にされると考えてよい?あるいは空気がよどんでも特に支障はない・・・。?


といったところですが、<イ>、<ロ>どちらの考え方によるべきでしょうか?

自分では、<イ>の換気経路を優先して考えていましたが、いろいろ調べていると、冷気が気になって、冬場は給気口を閉じているなんていう方もおられ、そうなってしまうと本末転倒であると思います。
対角線に拘りすぎているためにこうした迷いが生じていますが、そこまで拘る必要はないのでしょうか?

以上よろしくお願いします。

給気口の設置場所についての他の質問も拝見させていただいた上で、なかなか納得の出来る答えが見つからないため、質問させていただく事にしました。
よろしくお願いします。
給気口の設置条件につきましては、以下(1)~(4)が主なポイントかと思われます。

(1)給気口と換気扇(または排気経路の扉など)は出来るだけ部屋の対角線上に配置すること。
(2)扉下から排気する場合は給気口は高い位置に、上部の換気扇で排気する場合は床近くに給気口を配置するのが基本。
(3)エアコンの直下に設置すると効率が良いらしい...続きを読む

Aベストアンサー

気にしすぎですね。
そもそも、24時間換気するのは、シックハウス回避が目的です。
目的を逸脱した空気の対流考慮はナンセンスです。

そもそも、部屋の空気は温度がどこも一定ではありません。
また、人が活動すれば空気も動きます。
図面上では誰も動いていませんが、生活とはそういうものではありません。
あくまでも、
対角線が望ましいだけであり、全く空調のふき出し対流に頼るものとして計画するものでもありません。

さらに、生活上不快となるには新鮮空気の取り入れ口が「温度差」や「気流が早い」事によるものですのでそれを防ぐ計画をすればよいことです。室内でも気流は数m/秒あっても不快ではありませんので換気扇で引っ張る量と空隙を比較して気流が不快でないか確認すればよいのです。たいてい1室1給気口で居室の1時間で部屋の空気の半部を入れ替えるような設計なのですから不快気流が起こることはありませんね。
あとは温度差です。
これは、給気口から入る空気はH1600以上のところからという考え方もありますので(当初はかなりこの高さは指導に出てきましたがすっかり今は指導もされませんが)書かれているうちの低い位置からの給気というのは不快な温度差を人が感じやすいのでやるべきではないと思います。新鮮空気はある程度室の高ところから入れるべきなのはその辺りにもあると思います。

もっと頭をやわらくして考えましょう。
空気の滞留は望ましくないですが、高い天井の空気は人は吸いません。そこの空気まで換気を必ずしなければならないのではないのです。24時間換気は人が吸う空気を新鮮空気を入れながら吸うことが目的です。なので、天井や床を這うような空気の部屋の隅々までまで(赤ちゃんは吸うから床の空気は綺麗な方がいいですが)換気できなくても大勢に影響は無いでしょう。

それに空気の滞留が起きるような部屋は換気に頼ることなく、サーキュレーターや窓あけによって通気を行うべきでしょう。機械に頼って自然な生活を失っては仕方ありませんからね。

気にしすぎですね。
そもそも、24時間換気するのは、シックハウス回避が目的です。
目的を逸脱した空気の対流考慮はナンセンスです。

そもそも、部屋の空気は温度がどこも一定ではありません。
また、人が活動すれば空気も動きます。
図面上では誰も動いていませんが、生活とはそういうものではありません。
あくまでも、
対角線が望ましいだけであり、全く空調のふき出し対流に頼るものとして計画するものでもありません。

さらに、生活上不快となるには新鮮空気の取り入れ口が「温度差」や「気流が早い」事...続きを読む

Q吹き抜けがある居室の排煙計算方法

木造3階建ての住宅の確認申請で、排煙計算をするのですが、2階LDKの上部が一部分吹き抜けになっています。吹き抜けは3階廊下部分の横になります。(廊下の横部分が腰壁になっています)
このような場合、排煙計算はどのようにしたらいいのでしょうか?
平均天井高を求めるのですか?
3階廊下部分は関係してくるのですか?

Aベストアンサー

今晩は cyoi-obakaです。

原則としては、平均天井高で求めます。
廊下は、無い物として扱うのが通常でしょうね(私が主事でしたら)。

詳細は、確認検査機関に事前相談したのがよいと思います。
場合によっては、吹抜けとは扱わない!とする見解もありますからね。
注意点は、吹抜けが一部となる点です。設計の状況判断ですね~!

あくまで参考意見です。

Q法22条区域の軒裏の構造は?

法22条区域の軒裏の構造は防火構造にしないとならないのでしょうか。
木材で仕上たいのですか、どうすればできるでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.1です。
板張り・・・大丈夫でしょう。
私が過去に「板張り」と書いた事が無いので確証は御座いません。
(フレキシブル板とか既製品ばかり使ってましたので、ただそれでも○mmとか書くだけ、不燃番号も防火番号も22条地域では書かなかったです、必要ない訳ですから。)

万が一何か問題があっても今法改正(6/20)でもその程度の訂正は認められるでしょう(私の地域では何箇所も訂正しましたがOK)。

何か責任感じてきましたね・・・、間違ってたら誰か訂正して下さい。
法の解釈は間違ってないはずですけど・・・。

Qシックハウス対策の給気口の設置は全居室?

建築関係の仕事をしているものです。
シックハウス対策のための換気計画で、第三種換気を適用しています。
確認申請に行ったところ、自然給気口を「全居室」に設置するように役所の担当に指示されました。
扉は全て引き戸なので換気計画は一体で、計画では換気経路の空気の流れはきちんと確保できていますが、それでも「全居室」ということのようです。
建物は木造2階建てで全て漆喰ぬりの無垢材使用のため、元々シックハウス症候群とは無縁なので、デザイン的にできる限り給気口を減らしたいと思っています。
上記のようなことを指摘されたのは初めてだったので数日間法令を探しましたが、「全居室」に設置することが記された法文が見当たりません。
地域ごとに基準法のとらえ方が違うのはいいとしても、法文になく、かつ必要のないものをつけることは納得がいきませんので、役所に協議に行こうと思います。
つきましてはどなたか給気口を「全居室」に設置することを義務とした法律が本当にあるのか、あるとすればどこに記載されているのか、教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

4です。
単純な例を挙げます。
左から子供室、リビング、キッチンと並んでいると仮定、全て外気に面しています。
子供室には給気口を設ける。
リビングには設けない。
キッチンに常時換気扇を設ける、給気口は設けない。
各室は引き戸などにより通気が確保されている。

キッチンの換気で全室まかなう訳ですが、この場合でもリビングに設置しろと?このパターンすら認めない?。
我が地域ではこの程度は認められます、又先にある様な続き間の例も同様。

「居室」にこだわる、言い方を変えれば居室に給気口があって当たり前、との先入観のみから判断、回答しているとすれば職務怠慢の極みですね。

先週用途変更の事前申請に陸路4時間掛けて行って来ました。
担当者は前例や他地域の解釈を重んじるタイプ、「間違いを無くす為、時間が欲しい」旨訴えましたが施主の都合により2日間での回答を要望。
協議中はかなりあいまいでしたがさて結果は法文通りの回答が得られ安堵しております。
この担当者は以前解釈を3転させた事のある方で、良く言えば妥協無く真理を究明する真面目なタイプ、悪く言えば能力不足。

前にも書きましたが少なくとも田舎では、審査機関は市に倣う、市は県に倣う、そんな図式が一般的だと思います。
納得されなければ上位の機関に問うてみるのが効果的でしょう。
これの極端な例ですが遠方ゆえその県の最大手の設計事務所に質疑を依頼、県に陳情してもらいあいまいな点を崩した事もあります。
お互い妥協しない話し合いの果てにこそ住む人、使う人の為の法解釈は見えて来る、そう信じたいです。

4です。
単純な例を挙げます。
左から子供室、リビング、キッチンと並んでいると仮定、全て外気に面しています。
子供室には給気口を設ける。
リビングには設けない。
キッチンに常時換気扇を設ける、給気口は設けない。
各室は引き戸などにより通気が確保されている。

キッチンの換気で全室まかなう訳ですが、この場合でもリビングに設置しろと?このパターンすら認めない?。
我が地域ではこの程度は認められます、又先にある様な続き間の例も同様。

「居室」にこだわる、言い方を変えれば居室に給...続きを読む

Q住宅の図面にある「ALVS」とは?

宜しくご回答下さい。家を立て替えるべく、図面をFAXで業者から取り寄せたのですが、その中に「洋室:A-9.93 L-4.45 V-0.74 S-なし」という表記がありました。この中にある「ALVS」とは何でしょう?ウェブでも調べて見たのですが、見つけられませんでした。ご存知の方がおられましたら宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。建築設計の仕事をしている者です。
ALVSとは採光・換気・排煙計算のことです。
とは言ったものの恥ずかしながら私もALVSが
何の略なのかは知りません(^^;

恐らく
A:室面積
L:有効採光面積
V:有効換気面積
S:有効排煙面積
だと思います。
よくALVSと言う言葉を耳にしますが今まで気に
したこと無かったです。。。
ですのでちょっと自信ないです。

簡単に説明すると、居室等の部屋に対して採光・
換気・排煙に有効な開口部が取れているかを
計算するものです。

例えば質問にある洋室の採光であれば有効採光面積
が室面積の1/7以上でなければいけません。
4.45/9.93>1/7なので採光はしっかり取れている
と見ます。
換気・排煙も同様に計算します。
詳しくは
「採光計算」「換気計算」などで検索をするか
本屋で建築基準法や申請memoなどを立ち読み
してみればどうでしょう。

Q22条地域で外壁に杉板を使いたい

この度、22条地域に自宅(延床30坪程度)を建築することになりました。延焼の恐れのある部分に建物がかかる敷地条件のため、普通の杉板は使用できないと思います。

その際に、不燃加工してある杉板を使用すると思うのですが、
難燃、準不燃、不燃と種類もあり、
どのランク以上のものを使用せねばならないのか?、
また下地を防火構造としなければならないのか(逆に下地を防火構造とすれば普通の杉板が使える?)、
とかよくわかりません。

過去の質問&回答も読みましたが今ひとつ理解できません。
現在検討中の工務店にも質問しましたが、本来施工地域が防火規制とはあまり縁の無い地域の工務店なので、あまり詳しくないようです。

そこで皆様のお知恵を拝借できればと思い質問させていただきました。
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

内装制限の場合は、不燃、準不燃という基準なのですが、外壁の場合は、防火構造になっているかどうか、となります。
木造の防火構造は告示でいろいろ決められた方法か、
メーカーが実験により認定を取っている方法(防火サイディング+内部PBt12仕上げなど)があります。
また、防火構造(たとえばサイディングの平板や、PBに鉄板など)の上に可燃の木材を表面材として貼っても性能を損なわないと判断されます。(#1のご回答にありますが)
下地を防火構造にしない場合は、防火構造の認定をとったメーカーなどの木材を認定の仕様で使うことになります。
防火構造の認定は表面のみでなく、壁の内部までの構造でPC030BE-○○○などの認定番号がそうです。

http://www.channel-o.co.jp/home.html

http://www.koshii.co.jp/a-02.html

参考URL:http://www.channel-o.co.jp/home.html

Q天井高さが3m以上の排煙計算について

いつもお世話になっております。
下記の条件の場合の排煙計算について教えて下さい。

床面積:12.0m2
天井高さ:3.315m
開口部種類:引き違い窓
高さ:FL+750 
寸法:H1.300m×W1.800

開口は上記1ヶ所のみです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

廊下(避難路ですから免除なし)ではなく、部屋ですよね
この窓では有効開口にならないので
H12建・告1436号内装不燃(下地とも)で免除でよろしいのでは?

室 :H12建・告1436-4-ハ(2)
居室:H12建・告1436-4-ハ(4)

Q24時間換気システム(第3種)、2階から給気しないのです・・・

こちらは北海道で、3年ほど前に新築、第3種の24時間換気システムで、自然給気、強制機械排気です。
ところが、冬になると2階から給気がしなくなります。換気不足ではないかと冬になる度に不安です・・・

建築会社に聞きましたが、うちは大きな吹き抜け(1階から2階の屋根の高さまでの吹き抜け5メートル以上)
があるために仕方がないと言われ、問題ないと言われました。
キッチンのレジスターを作動させたら給気しますよと言われ、その通り給気しましたが、
それで問題ないという意味がよく判りませんでしたが・・・

自分でも色々調べましたが、家の気密が低いと、そのような現象になってしまうようです。
気密が低いとしても今更建ってしまった家はどうすることも出来ないし、換気の状態だけでも良く出来ればと思いました。
冬に2階から給気しない状況は問題有りでしょうか?ちなみに夏はきちんと給気しているようです。
また気になる症状もあって、あくびが良く出る。睡眠不足でもないのに、すぐ眠くなることです。

建ててもらった会社はもう信頼関係がなくて相談しにくい状況です。
換気不足かどうか調べる方法はどうすれば良いのか、そういう専門の業者さんもあればと思うのですが・・・
このような状況ですが専門の方に何かアドバイスいただけたら幸いです。宜しくお願いいたします。

こちらは北海道で、3年ほど前に新築、第3種の24時間換気システムで、自然給気、強制機械排気です。
ところが、冬になると2階から給気がしなくなります。換気不足ではないかと冬になる度に不安です・・・

建築会社に聞きましたが、うちは大きな吹き抜け(1階から2階の屋根の高さまでの吹き抜け5メートル以上)
があるために仕方がないと言われ、問題ないと言われました。
キッチンのレジスターを作動させたら給気しますよと言われ、その通り給気しましたが、
それで問題ないという意味がよく判りませんでした...続きを読む

Aベストアンサー

どうも議論がかみ合っていない様な...
質問者さんの懸念点は
(1) 気密不足のために第三種換気が設計意図のように働いていないのではないか?
(2) (1)が事実である場合、換気不足で問題が発生する可能性がないか?
ということですよね?
厳密には建物の細かい情報がないと判断できませんが、(1)はほぼ間違いないように思います。
吸気口とされる部分から排気が生じているようであれば、「設計意図が満たされていない」のは明らかなのでは?
もちろん「計画換気」が名ばかりで、必ずしも思ったとおりに換気できていない場合が多いのは分かっていますが、内容から判断するに「問題外」のように思います。
ただ、本件の場合、気密がかなり悪いように見受けられるので、その意味で(2)は問題ないように思います。
むしろ換気過多で問題を起こしそうな感じがします。
暖房費等は問題ありませんか?
気密がいい加減なら、その他の施工精度も問題があるかも...
高気密/高断熱といってもピンキリですので、名前にだまされないようにすることが大事です。
業者さんとの関係が良好であれば、代表的なC値/Q値を教えてもらうことも出来るでしょうが...
(逆に、高気密/高断熱を謳っているのに、C値を実測しない、Q値を計算しないのであればかなり問題ありですが)
施工時の図面や資料が残っているのなら、断熱や気密の性能を確認することが出来るかも知れません。
家屋の性能調査を依頼することも考えられます。
換気以外にも気になる点があるようであれば、費用をかけてでも専門家に調査してもらった方が良いかと思います。

かえって不安にさせてしまったのあれば済みません。
お住まいに問題が無いことを祈っております。

参考URL:http://www.shinjukyo.gr.jp/

どうも議論がかみ合っていない様な...
質問者さんの懸念点は
(1) 気密不足のために第三種換気が設計意図のように働いていないのではないか?
(2) (1)が事実である場合、換気不足で問題が発生する可能性がないか?
ということですよね?
厳密には建物の細かい情報がないと判断できませんが、(1)はほぼ間違いないように思います。
吸気口とされる部分から排気が生じているようであれば、「設計意図が満たされていない」のは明らかなのでは?
もちろん「計画換気」が名ばかりで、必ずしも思ったとおりに換気で...続きを読む

Qベランダは建築面積に入るの?

建物がコの字にあります。
このコの字の寸法が三辺とも1820なんですが、
そこにベランダをつけたいのです。1820x1820の正方形で
三辺が壁に取り付く形です。その場合、建築面積に入りますか?
はね出してる場合は出先から1m後退した距離で面積に参入されるそうですが、三方が壁の場合でも、1m後退して1820x820って事にしていいんですか?それとも三方だから全面積(1820x1820)が参入されるんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは
建築面積は「建築物の外壁又はこれに代わる柱の中心線で囲まれた
部分の水平投影面積による。但し高い開放性を有する場合は
出先から1mの範囲は不算入とする」となっているので、
三方が壁に囲まれている場合は 全面積(1820×1820)が
建築面積に含まれると思います。

但し、上部に屋根や庇などを付けないのであれば
高い開放性を有する場合と考えられると思うので
一度建築指導課に相談に行かれた方が良いと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング