プロが教えるわが家の防犯対策術!

前回(4月24日)の質問では皆様には大変お世話になりました。
あらためてお礼申し上げます。再度ご教示いただければ幸いです。

17歳の娘のバイク自損事故に対する人身障害保険(原付バイク特約)の後遺障害保険金(逸失利益)の支払いに関して、私が入っている損害保険会社から本日、下記の回答の文書が届きました。(後遺障害7級12号の認定をいただいてます)

1、逸失利益
 18歳から27歳までの10年間  3,301,200円×10%×(7,7217ー0,9523)=2,234,714円
2、精神的損害
  4,500,000円
後遺障害慰謝料 合計 6,734,714円

上記の回答でした。(1、の数字は私の請求した金額の約12%です)
すぐに担当者に電話連絡し数字の根拠を聞きました。その答えは「根拠は各々の状況から判断して決定したものです。人身障害保険の逸失利益のお支払いに関してはこれまで事例がまったくないため確かに困りましたが、結局このような判断をさせていただきました」との返事でした。
※下顎の傷はあまり目立たないため10%にしたとも言っていましたが、10年間の説明はありませんでした。
また最後に私は会社に対し「保険金支払いに関する異議申立て兼再審査請求書」を送付して下さいと申しました。(そんなものがあるかどうかわからないようでしたが、一応お送りしますとのことでした)
そこで皆様にお尋ねさせていただきます。

1、このような状況ではありますが、今後どのように行動していくのがよいのか是非アドバイス願います。なんでもご意見をいただければと思います。
2、裁判まで持っていくとすると、裁判所はいわゆる「弁護士基準」で勧告なり裁定なりしてくるものと考えるのは(人身障害保険である以上?)やはり甘いのでしょうか。どのようなものさしや事例をもって裁判所は数字を判断されるのでしょうか。人身障害保険だからという理由で裁判所が逸失利益の算定基準を損害保険のものと違えたりするのでしょうか… なんともわかりません。
3、ある程度大きい数字で保険会社から回答をもらえれば、裁判せずに示談で終わらせようかとも思っているのですが、裁判までもっていったほうがよさそうかどうか…いかがなものでしょうか。
(ズバリ逸失利益はおいくらぐらいが妥当だと思われますでしょうか)
4、この「異議書、再審査請求書」の内容にはどんなことを書いたがよりよさそうかお教え願います。(具体的に数字によるアドバイスがおありでしたら是非お願い致します)

以上1~4どれに対するお答えでも結構です。
よろしくお願いいたします。
いつも勝手な質問ばかりで申し訳ございません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

娘さんの事故、大変ご苦労されていると思います。


私も以前妻の事故で10年間痛みの病状・保険会社と闘いました。
その際に気づいたことを少々記載させていただきます。
今後の動きに、少しでも参考になればと思います。

私の妻の場合
1、後遺障害診断書の記載が不十分だった
→医師・検査士が十分な検査をせずに記載数値に誤りがあり、後々後遺障害等級の決定にひびいた。
後に日本有数の大学病院で再度後遺障害診断書を書いて頂くが、当初書いた診断書が優先される。

2、保険会社との示談金の話にかなりの差額がでる。
→後遺障害診断書に基づき、自賠責保険基準の等級を定めるがそもそも後遺障害診断書の記載が間違っているので、
保険会社へ異議申し立てその後に紛争処理機構へ再度申し立てを行うが異議は通らず。

3、弁護士選任
→ここが一番重要と考えます。
弁護士も人の子、単に金儲け主義のその場の言葉だけのいいかげんな人もいれば、勝訴に向かう為に一緒に闘ってくれる弁護士もいます。
選任は十分気をつけて、調べて行ってください。

裁判になった場合は、弱者救済を念頭においている裁判官判事ならば多少は話になりますが、
加害者(保険会社)よりの裁判官の場合は、中々思う金額が出ないようです。

私の場合は弁護士の勧めもあり、思う金額よりも小額で示談をしました。11級7号で手元に残るのは600万程度(併自賠責)

妻は事故後10年経ったいまだに痛みと闘っています。
お子さんの状態も気になりますが、家族の方々の心労も心配です。

本文長くなりましたが、嘘偽りを平気で吐く、1円でも支払いたくない保険会社に負けないよう、また、ご納得できる保障が出るよう、心よりお祈り申し上げます。
    • good
    • 0

逸失利益  20年×60(20%)=1200万


精神的損害 (請求5000万円)現実 約1000万円~3000万
後遺障害 約1000万円
私の計算では 最低3000万円です。 

お子さん可哀想です。
私の後輩も顔が10cmベロリと切れてしまい。
元の体に直すまでの無駄な時間とお金は結構かかてました。
3000万円でも割にはあいませんけど。。足しにはなるので
しっかり頂いたのが良いです、保険に入ってる価値がないですから
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
おっしゃるとおりここでは強気でがんばっていこうと思っています。
娘の後遺障害にも大変お気遣いいただきまして感謝いたします。

励ましのお言葉、ありがとうございました。

お礼日時:2008/05/11 08:36

可也低額な提示ですね。


ここまで低いとは思っていませんでした。

まず私の経験から。
人身傷害で12級7号及び14級9号で併合12級が認定されました。
損害賠償額計算書の逸失利益は594万6000円×0.14×4.32948= 360万4032円です。
労働能力喪失期間は5年で見ています。
私は「神経症状の後遺障害なら5年も理解できる。しかし、今回は機能障害であり、訴訟の実務では労働能力喪失期間は67歳までの13年間である」と主張しました。
まともに計算すると、594万6000円×0.14×9.39357= 781万9583円となります。
当然相手は拒否してきました。
「私も譲歩して要求金額を下げますから、貴方も譲歩して金額を考慮してください」と提案。
そして中を取ろうと言う事で594万6000円×0.14×7.10782= 591万6833円を提示。
労働能力喪失期間は9年です。
稟議に回してみますという事で持ち帰りましたが1週間後すんなりOKが出ました。

もう一件、会社の同僚です。
同じく自損事故で12級5号です。
505万5600円×0.14×7.72173= 546万5316円が提示金額。
労働能力喪失期間は10年です。
此方の主張は505万5600円×0.14×15.80268= 1118万4884円、労働能力喪失期間は32年です。
理由は上記と同じ。
当然保険会社は無理ですという事は解っています。
そこで同じく中を取ろうと言う事で505万5600円×0.14×12.46221= 882万0552円を提案。
労働能力喪失期間は20年です。
最終的に505万5600円×0.14×11.68959= 827万3704円で妥結しています。
労働能力喪失期間は18年です。

1.交渉方法の一部分です。
貴方側の状況に照らし合わせてください。
女性であること、27歳は未だ結婚適齢期の範囲であること、少なくとも中年の域に入る40歳までは見て欲しい等が材料になるかな。

2.賃金センサス19年度の女子・高卒・全年齢は300万5000円、学歴計が346万9000円。
自賠責の全年齢とさほどの差は有りません。
問題は喪失率と喪失期間ですよね。
これ等は前回の判例で交渉します。
それが駄目なら訴訟と言う事になるのでしょうが、弁護士基準が通用するかどうかは解りません。
前回の回答の通りです。

3.賠償金の目標は、最低が自賠責保険金の1051万円ですかね。
330万1200円×0.2×12.46221= 8,228,049円+450万0000円で交渉してみて下さい。
喪失期間20年です。

4.ヒントになるかどうかは解りませんが、上記に書いた事を参考にして下さい。

7,7217ー0,9523、これは事故時の原価で計算していますね。
理由は聞かれましたか。
通常、事故時から遅延損害金が発生するので事故時の現価で計算するというのが保険会社の主張なんですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

毎度のことですが、今回もまた大変ご丁寧な回答をいただきありがとうございました。
いつもながらの本当に貴重な内容をもってお答えいただき心から感謝致しております。

お話のとおり喪失率と喪失期間が問題となっております。
「17歳の女子学生で7級認定の今回のケースで、こんな小さい算定になるのはおかしいではないか! 判例でも類を見ないではないか!」と食い下がりましたが、先方は「過去の逸失利益関係の判例を元に吟味した上でどちらも設定しました」といっていました。そう平然と言うものですから敵?ながらあっぱれです。 でも、このような飄々とした言葉に対してはなんと切り返せばよいのでしょうか? その時は言葉が出ませんでした。 素人なだけにやはりなんとも悔しいものです。

tpedcipさんのご見解やアドバイスまた二つの事例を元に、気を取り直して「異議申立て兼再審査請求書」の内容を、前もって今からでも練っておこうと思います。 頑張ります。
また元気が出てきました。 ありがとうございました。
今後ともよろしくご教示のほどお願いいたします。

お礼日時:2008/05/09 22:50

俺も交通事故で1年半ほど治療にかかった


怪我、やっと先日示談しました。

いやーー、驚くほどに慰謝料が安かったで
す。その慰謝料に納得いかない旨の根拠を
示して30万ほどUpしてもらいました。

その経験上から・・・・・。

merukさんはお子さんの事故みたいですね。
子供の事となれば自分の事以上に心配し
ますよね。心中お察しいたします。

俺は100万前後の安い慰謝料でもめていま
した。さらに30万Upしてくれたのでサ
インしましたが、merukさんの場合700万
という金額ですよね。俺の事故と訳が違
います。さらに将来あるお子さんに障害
が残り、いかほど残念な事か。

無料弁護士相談にも行きましたたが、
所詮は無料、「慰謝料はこんなものじゃ
ないですか」と全然話になりませんでし
た。

そこで、俺なら700万もの示談金であれば、
正式に弁護士さんに依頼します。人生のうちで
弁護士を雇う機会などあるかないかです。

自分の今後の経験のためにも子供の為にも
お金はかかるかもしれませんが、悔いが残
らないよう闘います。

はじめは、弁護士さんに相談して(たぶん
相談料とられると思います)700万以上勝ち
取れると太鼓判押してもらったら、正式に
依頼するのはどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変わかりやすい率直なご意見、アドバイスをいただきありがとうございました。
まだ少し迷っているところはあるのですが、nik670さんのお話を聞きやはり示談で頑張れるところまでやってみて、それから一生に一度の弁護士依頼を考えてみたいと思います。
おっしゃるとおり、弁護士さんの自信の程なり勝算なりは是非前もって確認したいところです。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2008/05/09 19:50

保険会社の数値に不満があれば、調停とか裁判しかありません。



保険会社が約款基準で算出した数値でも、裁判所の判断がそれを
上回れば、保険会社は裁判所の判断を尊重することになっています。

ただ、感触としてはそこまで保険会社が出しているものを裁判で大きく
上回る数値を期待されない方が良いと思いますし、費用のことも
考えた方が良いのでは?

それに裁判となると費用以外にも相当エネルギーを使いますよ。
保険会社は控訴、上告までしてくることも可能性としてはあります。
そうすれば10年裁判になることも覚悟しなければなりませんよ。

それよりも、保険会社と粘り強く交渉して、少しでも提示された
金額をUpしてもらう方が良いのでは?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答いただき感謝いたします。
内容を読ませていただき、裁判のことも含めいろいろと考えることがありました。ありがとうございました。
でも正直に申しまして現時点での提示金額には多いに不満です。
この程度のものなのでしょうか。
お話のとおり現時点ではやはり示談の線で頑張っていこうと思っています。
(なんとか喪失率と喪失期間のアップ理由・妥当性が得られればいいのですが)

お礼日時:2008/05/09 08:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q後遺障害(逸失利益)の判例について

昨年、17歳の娘がバイク転倒の自損事故(下顎の先端部を損傷)を起こしました(相手なし)。その事故に対する人身障害保険(原付バイク特約)の後遺障害保険金の支払いに関して、私が入っている損害保険会社に対し現在異議を申し上げているところです。
要点からいいますと、保険約款に記載されている「1、逸失利益」に関する請求を行っているのですが、これに関する支払い額の提示が現時点でなされていません。(顔面の外貌醜状による後遺障害7級12号認定を既に受けていますし、逸失利益を含めた人身障害保険金請求書も送付しているのですが…)
保険会社からは文書で二度ほど「逸失利益」は認めない旨の回答がありましたが、どちらもただ「労働能力の喪失はないものと判断し1の逸失利益は認定しません。2の精神的損害のみ定額で支払います」とだけの返答です。「逸失利益」を否認する理由も尋ねてはみまししたが、全くその根拠や理由が示されおりません。
交通事故の保険請求にお詳しい方々にお尋ねいたしましたが、どの方も「最近の判例では、ほぼ大部分が外貌醜状の逸失利益もしくはそれに準ずる慰謝料を認めている事実・傾向がある。今回は7級認定の顔面醜状(しかも17歳の女子学生)であることを考えれば、まちがいなく逸失利益もしくはそれに準じる慰謝料は認められるでしょう」との見解でした。 よって労働能力の喪失がない理由や根拠をあげることなくただ喪失はないから!というだけの保険会社の態度には納得できません。
なんとか顔面の(特に下顎の傷による)外貌醜状の過去の判例(認定、不認定を問いません)をすべて入手できれば…と切望しております。
「赤本」に記載してある判例は入手しているのですが、如何せん下顎損傷のケースが載っていませんでした。どうやら裁判になりそうなので一つでも多くの同様な判例を集めておきたいのです。
同じような判例をご存知の方がいらっしゃれば、お教え願いたく存じます。 また判例以外でもこの件に関しまして何かよきアドバイスをいただけるものであれば、あわせてお願いいたしたく存じます。
よろしくお願いいたします。

昨年、17歳の娘がバイク転倒の自損事故(下顎の先端部を損傷)を起こしました(相手なし)。その事故に対する人身障害保険(原付バイク特約)の後遺障害保険金の支払いに関して、私が入っている損害保険会社に対し現在異議を申し上げているところです。
要点からいいますと、保険約款に記載されている「1、逸失利益」に関する請求を行っているのですが、これに関する支払い額の提示が現時点でなされていません。(顔面の外貌醜状による後遺障害7級12号認定を既に受けていますし、逸失利益を含めた人身障害...続きを読む

Aベストアンサー

積算基準とは、約款に書かれている「人身傷害補償特約損害額算基準」です。

保険会社の回答を待ってから考えても遅くは無いと思いますよ。

Q自身の車の任意保険で保険金支払いが遅く困っています。

自身の車の任意保険で保険金支払いが遅く困っています。
4月7日に自身が運転している自身所有の乗用車で当方の過失でダンプカーに突っ込んでしまい、自身怪我をして、役1カ月通院しました。

自身の任意保険で
・1通院1日4200円の慰謝料と

・治療費、通院交通費(タクシー代も中には数回あります、ほとんど都バスの乗り換えで通院しました)

が5月初めに治療を終了し必要な書類すべて揃えて保険会社に提出しましたが未だ支払ってもらえていません。

支払われる金額は
・立替えている、治療費と通院交通費で20万円以上、
・慰謝料1日4200円で23日通院しましたので96600円
・搭乗者障害金というのが10万円でるそうです。

正直、立替えてる20万円以上が金銭的にキツイです。

保険会社には何度も担当者に「いつになったら、お支払い頂けるのですか」と何度も問い合わせをしましたが、
いつも回答は
「社内で今、検討中です」とだけでです、もう3カ月過ぎました、

保険の約款上は「遅滞なく支払う」記載があります、「遅滞なく」という言葉だけでは1週間が遅滞なのか1ヶ月が遅滞なのか、現状の3カ月なのか?1年なのかはっきりしません。

職業は自営業なので「休業補償」はでないようです。

早く立替えている20万円以上だけでも先に払って欲しいです・・・

(1)何故そんな、不道理なことになってしまうのでしょうか?必要書類は不備なくすべて、とっくに提出しています。

(2)支払いが遅滞して被害を被った、ということで民事で例えば遅滞1日につき1万円の訴訟を起こしたら勝てますでしょうか?
保険会社ですから、最後まで争うでしょう、でも私も頭に来ているので最後の最高裁まで争う気持ちはあります、一応、法学部出身で民事訴訟は個人訴訟を起こしたことが2回あります、

それは、タクシーが停車中の私の車に追突(オカマほり)をしてきたにも関わらず、車の修理代等を払ってくれないからでした。
和解を進められ、タクシー会社も納得して、結果、私の全面勝利の内容で和解致しました。

今回の保険会社の保険金支払いの遅滞ということで、簡単な案件なので頭にきたので訴訟を起こしてやろうかと考えてしまいます。
保険会社は誰でも知っている某大手保険会社です、
訴訟に「勝つ、負ける」だけではなく、「保険金支払いを遅滞する保険会社」というレッテルを訴訟を起こすことではらせ、企業イメージにダメージを与えるという意味で効果があるかと思います。

如何でしょうか?
宜しくお願い致します。

自身の車の任意保険で保険金支払いが遅く困っています。
4月7日に自身が運転している自身所有の乗用車で当方の過失でダンプカーに突っ込んでしまい、自身怪我をして、役1カ月通院しました。

自身の任意保険で
・1通院1日4200円の慰謝料と

・治療費、通院交通費(タクシー代も中には数回あります、ほとんど都バスの乗り換えで通院しました)

が5月初めに治療を終了し必要な書類すべて揃えて保険会社に提出しましたが未だ支払ってもらえていません。

支払われる金額は
・立替えている、治療費と通院交...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

保険法21条の二項を参照して下さい。意訳すると
"約款に支払い期限が書いていない場合は、必要な期間を経過するまでは遅滞の責任を負わない"とあります。
なので、保険会社に必要な期間を確認してみて下さい。

以下は参考までに。
約款は各保険会社によって異なりますので、その一例を書きます。
◆国内損保大手
"当社(=保険会社)が求めた書類が全て揃ってから原則30日以内"
つまり、5月初めが始期となります。

但し、調査が必要な場合は60日~180日の範囲で変更となります。
この場合保険会社は契約者に対して、調査が必要な旨を通知する必要があります。

Q自損事故の後遺症認定

昨年、自損事故にて肋骨を折ってしまい、約半年経ちました。
(通勤労災+任意保険の人身障害)

現在も肩の動きが悪いのですが、先日損保会社の担当から症状固定にして後遺症認定の
資料を提出しませんか?といわれました。
今度、医師と相談してみようと思っています。

それで質問なのですが、後遺症認定は損保会社の担当経由で依頼するのと
行政書士に被害者請求を出してもらうのとでは、どちらがいいのでしょうか?

ネットを調べると、加害者がいる事故の場合、加害者側の損保会社のお抱え
医師が意見書を添付して提出するので、被害者請求の方がよいと書かれて
いるようですが・・・・
今回のように加害者がいない、自損事故の場合、どちらの方がより確実に
後遺症の認定を取れるのでしょうか?

Aベストアンサー

似たような質問に回答してあるので、参照して下さい。
http://okwave.jp/qa/q7451326.html

保険会社も営利企業です。
医師の意見書をつけるにもお金がかかります。
医師の意見書っていくらかかるかわかります?
A4が1枚1万なんてザラですよ。
一人で百件以上もこなしながら仕事している損保社員が後遺障害の申請1件ごとに、金と時間かけて医師の意見書つけるなどありえませんよ。

被害者請求で手間隙を自分でかけるのか、保険会社にすべて任せるかです。

自賠責の等級は異議申し立てが出来ますので、保険会社に任せて、納得の行かない判定だったら、被害者請求すればいいじゃないですか?
何故最初から自分の手間隙をかけて被害者請求しなければいけないのか意味がわかりません。

Q事故で90日以上の通院について。

宜しくお願いいたします。
4月に自損事故を起こしてしまい、現在通院中で週に一度整形外科と休み以外は毎日整骨院でリハビリー治療を行っております。整骨院に治療にいきますと体も頭痛も一時的に良くなりますので毎日治療に専念しておりますが、先日友人より月16日以上の通院で十分だと説明があり、ネットで調べ理解はできましたが、
(90日以上)整骨院に通院した場合は慰謝料などの減額があったりするのでしょうか。整骨院で治療しますと不眠や耳鳴りや頭痛がましになりますので、私としては引き続き通院したいのですが。お分かりのかた教えてください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

自損事故ですから、人身傷害保険での対応ということですね。
人身傷害保険は、各社が約款で支払い基準を規定していますから、まず契約保険会社の約款で「人身傷害条項損害額基準」を確認してください。

精神的損害は、精神的損害基準金額表(事故から3カ月目までは1日4,200円、4カ月目以降は1カ月ごとに少しずつ金額が少なくなっている)を用いる方式と、期間区分ごとに減額率表(1日4,200円を基本とし、4カ月目以降については一定期間ごとに減額率を定めている)を用いる方法に大別されます。

いずれの方法でも、事故から30日を1カ月として扱い、その30日間に通院した日数が15日未満の場合は通院日数の2倍を、15日以上の場合は30日を通院日数とし、その月の1日当たり基準金額(前者の場合)または4,200円×減額率(後者の場合)をかけた金額がその月の損害額となり、最終通院月まで累計したものが精神的損害額となります。

したがって、通院頻度が月16日以上だからという理由で減額されることはありませんが、4か月目(91日目)以降の通院については、慰謝料の日額が4,200円より少なくなるのが一般的です。
基準金額表の場合は、4か月目約3,300円、5か月目約2,950円、6か月目約2,550円、減額率表の場合は4~6か月は25%減額(3,150円)というのが一般的なところです。

自損事故ですから、人身傷害保険での対応ということですね。
人身傷害保険は、各社が約款で支払い基準を規定していますから、まず契約保険会社の約款で「人身傷害条項損害額基準」を確認してください。

精神的損害は、精神的損害基準金額表(事故から3カ月目までは1日4,200円、4カ月目以降は1カ月ごとに少しずつ金額が少なくなっている)を用いる方式と、期間区分ごとに減額率表(1日4,200円を基本とし、4カ月目以降については一定期間ごとに減額率を定めている)を用いる方法に大別されます。

いずれの方法でも...続きを読む

Q人身傷害保険について

人身傷害保険について教えて下さい。
自分が100%過失の交通事故でも人身傷害保険に入っていれば、自分の医療費、通院費、慰謝料まで支払われると聞きました。調べても確かにそうなっています。
そのうち、慰謝料についてですが、この質問コーナーでも、通院の場合、実通院日数の2倍を上限に一日4.200円が支払われるとほとんどの場合書いてあるのですが、約款には実通院日数としか書いていません。その場合は書いてあるとおりですか。通院日数の2倍が支払われる場合は、約款にその旨の記載があるのですか。

Aベストアンサー

>通院日数の2倍が支払われる場合は、約款にその旨の記載があるのですか

約款には、どのような場合に実治療日数の2倍を上限とするかは明確な記載はありません。しかし、人身傷害の精神的損害と対人賠償の慰謝料との整合性をはかる観点から、期間区分(後述の逓減率が採用される期間区分)ごとに入院期間を除いた総治療日数と実通院日数の2倍を比較して、少ない方を対象日数としています。また、事故日から3カ月超の場合は、期間区分ごとに逓減率が定められています。

3カ月超の逓減率については、各社ばらつきがあるかもしれませんが、ある損保では3カ月超6カ月まで75%、6カ月超9カ月までは45%、9カ月超13カ月までは25%、13カ月超は15%となっています。

仮に、毎月10日ずつ1年間通院したとすると、事故日から最初の3カ月は4,200円×30日×2=252,000円、4カ月目から6カ月までは4,200円×30日×2×75%=189,000円、7か月目から9カ月までは4,200円×30日×2×45%=113,400円、10カ月目から12カ月までは4,200円×30日×2×25%=63,000円ですから、合計120日の通院で617,400円となります。

また、毎月20日ずつ通院した場合は、最初の3カ月が4,200円×その3カ月の暦日数となり、以降期間区分に応じて逓減率を掛けます。

>通院日数の2倍が支払われる場合は、約款にその旨の記載があるのですか

約款には、どのような場合に実治療日数の2倍を上限とするかは明確な記載はありません。しかし、人身傷害の精神的損害と対人賠償の慰謝料との整合性をはかる観点から、期間区分(後述の逓減率が採用される期間区分)ごとに入院期間を除いた総治療日数と実通院日数の2倍を比較して、少ない方を対象日数としています。また、事故日から3カ月超の場合は、期間区分ごとに逓減率が定められています。

3カ月超の逓減率については、各社ばらつきが...続きを読む

Q後遺障害認定にかかる時間・認定書が送られてくるのは?

●今年、1月中旬に「後遺障害診断書」を任意保険会社(任意一括にしているので)に郵送しました。
●3月中旬:あまりにも時間がかかっているみたいなので、医師にMRIなどの借受などの請求が任意保険会社からあったのか訊ねたところ「何の請求もありませんよ」いう回答でした。
任意保険会社にクレームを伝えたところ何の手続きがされていない状態でした。その直後、任意保険会社から整形外科へレントゲン・MRIの借受がされました。
●4月20日頃に自賠責保険から任意保険会社に「後遺障害14級」が認定されたと確認がとれたので示談交渉を開始しました。

■質問■
「後遺障害認定書」については、しばらく時間がかかると任意保険会社の担当は、言っています。

口頭で認定が出て3週間ぐらい経過しているのですが、「認定書」が送られてくるのは、後どのくらいかかるものなのでしょうか?

ちなみに自賠責も任意保険会社も同じ会社です。

Aベストアンサー

No.2で、書いたものです。

自賠責保険は、特殊な保険で、任意保険会社が勝手に料率(保険料)などを決める事が禁止されています。

自賠責保険は、加入時の保険料のうち、取り扱い手数料がいくらと決定されているだけでなく、事務経費などもすべて届け出る必要がある特殊な保険なんです。
ですので、受付事務なども別の部門に分かれていますので、被害者請求をする場合、保険会社のサービスセンターに電話をして、自賠責保険の受付窓口を聞いて下さい。

そこへ申請を行ったものに対して、任保険の担当者は手出しをする事は出来ません。

また、後遺障害の等級認定は、保険会社ではなく、自賠責保険の調査事務所という保険会社を超えた共同で行われている所で行いますので、保険会社とは別な機関と思ってください。
そこで認定された内容に対して、保険会社が認めないという事は出来ません。
(ですが、この組織に被害者が直接等級認定を申請する事も出来ないのです。)

任意保険から等級認定書が来た後、自賠責保険に被害者請求を行う事は可能ですので、自賠責保険の担当部署に異議申し立てを行うことになります。
ただ、この異議申し立ても、あなたから、単にその等級じゃ軽すぎるなどでは根拠になりません。
医師の所見として、客観的後遺障害基準に相当する内容やデータ、写真などの根拠を提示して申請します。
あなたの主治医が「12級だ!」と書いたって、そんなものは認めません。
あくまで測定結果、写真の内容などがすべてだと言う事を覚えておいてください。

自賠責保険の認定結果に関しては、加害者請求(任意保険会社経由)であれば、任意保険会社経由でしか通知は行われません。
任意保険の担当者にいつ出すんだと言っていくしかありません。

No.2で、書いたものです。

自賠責保険は、特殊な保険で、任意保険会社が勝手に料率(保険料)などを決める事が禁止されています。

自賠責保険は、加入時の保険料のうち、取り扱い手数料がいくらと決定されているだけでなく、事務経費などもすべて届け出る必要がある特殊な保険なんです。
ですので、受付事務なども別の部門に分かれていますので、被害者請求をする場合、保険会社のサービスセンターに電話をして、自賠責保険の受付窓口を聞いて下さい。

そこへ申請を行ったものに対して、任保険の担当者は...続きを読む

Q労災から障害補償一持金が入金されました、ですが・・・

たびたび利用させて頂いています。
仕事中に交通事故に遭って障害が残りました、症状固定となり自賠責へ障害等級の申請を行いました。仕事中の事故でもあるので労災へも障害申請をしようと労災へ電話にて問い合わせた処、「自賠責の等級が決まってから労災へ申請してほしい」と言われたので自賠責からの連絡を待つことにしました。
自賠責から等級事前認定の通知が来て14級との事でしたのでその等級は納得がいかず異議申し立てを行う事としました。同時にとりあえず経済的な理由もある為、労災へ障害申請を行いました。(労災へは自賠責に対して異議申し立てを行う事は、伝えました)
私としては、自賠責への異議申し立てにより等級が確定してから労災からの各、支給金等が決まり入金との流れと思っていましたが、先日、労災より支給決定書が来て等級は11級でそれに伴う各、支給金が入金となりました。
事故などのサイトなどでは、自賠責と労災両方適用になる事故では、労災の方で一部各支給金を相殺したり、障害年金では支給停止期間がありある程度の期間は支給されないとの事が書かれていいたり、事故日の翌月から3年間過ぎてから、その後に支払いされる障害給付は代位取得せず、相手に求償しないとも書かれています。
私の場合は、労災の支給決定書に書かれている各日時は 傷病年月日 平16年11月 療養開始年月日 平16年11月 支給事由発生年月日 平18年 10月
支給決定年月日 平20年 1月となっています。
労災に障害申請時には自賠責に異議申し立てを行う事は伝えてあったのでどうして支給が決定になったのかがわからなく労災へ問い合わせた処、「とりあえず自賠責より14級との事前認定が出ているので支給決定した」との事で自賠責との示談時には、労災から障害給付を受けた事はを伝えてください」と言われ、また相殺に関しては、「自賠責の方で行うと思うが相殺の基準は、自賠責と労災では違うのでどの程度、相殺になるかは分らない」との事でした。
私の場合は、自賠責との示談時、相殺対象になるのか、もしなるとすればどの程度の割合になるのかなどわかりません。
又、事故日より三年以上経過していますがその期間経過も含めてどうなるのか教えてください。
よろしくお願いします。
 

たびたび利用させて頂いています。
仕事中に交通事故に遭って障害が残りました、症状固定となり自賠責へ障害等級の申請を行いました。仕事中の事故でもあるので労災へも障害申請をしようと労災へ電話にて問い合わせた処、「自賠責の等級が決まってから労災へ申請してほしい」と言われたので自賠責からの連絡を待つことにしました。
自賠責から等級事前認定の通知が来て14級との事でしたのでその等級は納得がいかず異議申し立てを行う事としました。同時にとりあえず経済的な理由もある為、労災へ障害申請を行い...続きを読む

Aベストアンサー

調整期間3年は年金の場合です。
一時金は関係ありません。
11級は一時金となります。

障害一時金の損益相殺は逸失利益の部分です。
自賠責の後遺障害11級は、保険金が331万円ですが、その内196万円が逸失利益です。
貴方の障害一時金が200万円とすると196万円全額控除、190万円とすると6万円が支払いされます。
慰謝料等は関係あありません。
障害特別一時金、特別支給金は損益相殺の対照ではありません。


人気Q&Aランキング