お恥ずかしい話なのですが、
実験操作・手順のフローチャートの良い書き方が
未だによくわかりません。

僕が今回書き方がよくわからなかったのは、
化学的手法による抽出の操作でした。
酢酸エチル抽出がどうとかこうとか・・・
(図書館で少し調べてみたのですが、なかなか見つからなくて・・・)

なにかアドバイスがありましたらお願いします。
別に上記のようなものではなく、
どのような実験についてでも結構です。

皆さんの色々なフローチャートを参考に出来たら、と思っていますので。

お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

実験手順のフローチャートですから、実験を行った通りの順序、手法を書けば良いのです。


書き方はシンプル・イズ・ベスト!
誰もがそのチャートを見て、同じ操作が出来るように目指して書いて下さい。
実験手順、操作のフローチャートなんて、料理のレシピみたいなもんです。

「やった事」だけを書けば良いのですから、そう悩む必要はないと思いますよ。
むしろ、実験結果における考察の方が大切です。

古いモノですが、私が学生の時やった
「アルカリ性フォスファターゼによるp-ニトロフェニルリン酸の加水分解における温度の検討」
という実験のフローチャートを書きます。

反応液調製      酵素液調製
 |          |
 | pre-incubate 5min. |
 |←―――――――――|
 |  1ml添加
 ↓
mix
 ↓
incubate 20min.
 ↓
saturated NO2CO3 sol. 1ml添加
 ↓
mix
 ↓
A400測定
 ↓
検量線の式からp-NP生成量を求める
 ↓
酵素活性で表す
 ↓
グラフ用紙にプロット
 ↓
至適温度を求める

長くてすいません。下付き文字がないので、変な部分ありますが、こんな感じです。
参考になると良いのですが・・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

誰もがそのチャートを見て、同じ操作が出来るように目指して書く、というのは納得ですね。
確かにおっしゃる通りです。

shiho-mさん、どうもありがとうございました。
参考にさせていただきます♪

お礼日時:2001/06/14 22:16

回答はでているようですが、以下の成書はどうでしょうか(図書館で見つからなかったとの事ですので無理かも・・・)?


---------------------------------
有機化学実験/フィーザー,ウィリア…[他]/丸善/2000.3 
工業有機化学実験/永井芳男∥〔ほか〕編…/丸善/1995.10 
基礎有機化学実験/畑一夫,渡辺健一/丸善/1995.7 
有機化学実験ガイド/富岡清[他]/広川書店/1993.6 
有機化学実験/山口博由/技報堂出版/1992.11 
有機化学実験のてびき/5/化学同人/1991.10 
実験化学講座/27/日本化学会/丸善/1991.5 
有機化学実験のてびき/4/化学同人/1990.9 
有機化学実験のてびき/3/化学同人/1990.8 
有機化学実験のてびき/2/化学同人/1990.2 
マイクロスケール有機化学実験/ウィリアムソン[他]/丸善/1990.3 
有機化学実験のてびき/1/化学同人/1989.6 
---------------------------------------
これらの中に記載があればよいのですが(内容未確認!)・・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね、もっといろんな本を見てみた方がいいですね。

MiJunさん、たくさんの参考図書ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/14 22:19

単純に書きましょう。

私は学生の時から、指導教官が英語またはドイツ語でのフロー以外は認めなかったので、今でもSOPを作る必要があるときには、下記のような感じで書いていますネ。

0.5mL of SPL
  ↓← added 5mL of EtOAc
  ↓
Shaked for 10m
  ↓
cf for 5min at 2800rpm
  ↓
EtOAc layer
  ↓
Dried on WB
  ↓
Dissolved in 5mL of MeOH
  ↓
HPLC analyze
試料溶液0.5mLに酢酸エチルを5mL加えて10分間振とう抽出し、2800回転で5分間遠心分離して得た酢酸エチル層を水浴上で乾固し、5mLのメタノールに溶かしてHPLCで分析したというチャート例です。
参考になりますでしょうか?
以上kawakawaでした
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね、あんまり深く考えすぎてもかえって読みづらくなりそうですもんね。

やはり、シンプルが良さそうですね。

kawakawaさん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/14 22:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフローチャートの使い方

フローチャートの記号の意味にとらわれず、ビジュアルに訴えるのであれば、フローチャート記号を使ってもいいのでしょうか?プレゼンテーションでフローチャートを書き、説明しようと思っていますが、JISで解釈すると、プログラミングに使用するばかりで、作業の経年経過を説明するには、向いていないようです。そもそも、経年経過をフローチャートで書くことは無理なのでしょうか?

Aベストアンサー

プログラミング用のフローチャートは、普通の人にはかえって理解しづらいと思います。
プレゼン用のフローチャートを書くのであれば、フローチャート風でもいいと思いますから、ルール通りよりも分かりやすさを優先してアレンジした方が良いと思います。

Q薬品などで 酢酸カルシウム 炭酸カルシウムなどカルシウムに炭酸や酢酸を

薬品などで 酢酸カルシウム 炭酸カルシウムなどカルシウムに炭酸や酢酸をくっつけている理由がわかりません 教えていただけないでしょうか?
へパリンナトリウムはへパリンにナトリウムがなんでくっっついているの?

Aベストアンサー

くっつけておかないとばらばらになるからです

Qフローチャートについて

プログラミングをするとき、フローチャートを書くのが一般的だと聞きました。
私は趣味でプログラミングをしているのですが、フローチャートを書くことに挑戦してみようと考えています。

そこで、フローチャートを学習したいのですが、
「JISフローチャート」
「構造化チャート」
こういった種類のフローチャートでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

フローチャートは今はあまり使われていません。制御系やアルゴリズムなどを整理・説明するときには役に立ちますが昨今のプログラム(GUI系や関数やAPIを多用するアプリやCなどの構造化言語)ではあまり役に立たないと言われています。それよりもプログラムの仕様書や関数の仕様書を書いた方が良いです。

制御系で数百行ぐらいのアセンブラのプログラムをまとめるときや関数の説明をするような時に使います。結局フローチャートは人に見せるものなので、誰が見ても有る程度解る様に書くことですが。

Q実験レポートの書き方

実験レポートの書き方

実験レポートの書き方について質問があります。
この前教室内の照度を、照明をつけた時や、消した時、ブラインドを開けた時など様々なパターンで測定しました。そこで現在エクセルを用い等高線で照度の様子を書きました。

明るい順に薄い灰色→灰色→濃い灰色→黒みたいな感じで、数値の範囲内にあるものを塗りつぶしています。

そこで伺いたいのは、レポート全体で「1000~800lxなら薄い灰色」、「800~600lxなら灰色」など色を統一した方がよいのか、それともパターン別に最高値が違うのだからパターン別に色の範囲を変えた方がいいのか、ということです。

例を示しますと、パターン1では「1000~800lx‐薄い灰色」「800~600lx‐灰色」・・・
ですが、パターン2では「600~400lx‐薄い灰色」、「400~200lx-灰色」・・・みたいな感じです。

わかりにくい文ではありますが、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

照度を用いるなら、色を統一する。
範囲を変えるということは普通しないと思います。
最高値が違うということを考慮するなら、照度を尺度としないで、各測定値を最高値で割って(正規化)、0-100%で同じ範囲で同じ色を使って表しましょう。

QISO9000 2000年版 プロセスフローチャートについて教えてください

ISO9000:2000の品質マニュアルを作成しています。規格の要求事項の中に‘プロセスの順序及び相互関係を明確にする‘と有りますが、この方法として
プロセスフローチャートを作って対応する、と参考書にはよく出ています。しかしながら、言ってる事は良くわかるのですがフローチャート図そのものを例として解説している資料がなかなか有りません。プロセスフローチャートの作り方のアドバイス、又は具体的にプロセスフローチャート図を用いて解説してくれているネット上のサイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

tkuzooさん、はじめまして。

現在、ISO9001・1994年版から2000年版への移行期間中の会社に勤める者です。

プロセスフローチャートの作り方として、2000年版の特徴としてあげられている
PDCAを使って継続的に改善することが重要かと思われますが、以下のサイトは
如何でしょうか?

http://www.jaco.co.jp/2000taio2.htm

http://www.technofer.co.jp/body_manual.html

http://www.ecology.or.jp/isoworld/iso9000/iso9000.htm

参考URL:http://www.jaco.co.jp/2000taio2.htm

QAVR Tudio上記のプログラムをC言語で作成

/* プログラム名;静止型自動検索装置         */
/* 使用マイコン AT90S2323-10pc      */
#include <io.h>
int main()
if (reset ==0)    /* reset=0 7 行目 */
{    
/************  初期値         9 ***********************/
int kado  =1111 ; 
int kens =0 ;
int ketate  =0 ;   
int palu   =0  ; 
int ketaha =0  ;
int ketaka  =0   ; 
int time  =0   ;   
int reset  =0  ;
int dami  =0  ;
/**********            I/Oレジスターの指定 19  *******/
equ sing   =r16  ;    /* $16 Bポー入力ピンパルス信号 20 */
def ddrb   =r17  ;      /* $17 Bポートデータ方向レジスター 21*/
def portb   =r18  ;     /* $18 Bポータレジスタ       22*/
/**********      ホートDとBを初期        23*********/
ser bpoto = $FE ;     /*  Bポート111111110設定  24  */
out ddrb  = bpoto ;                  
clr bpoto = $00 ;    /*  出力LED       26  */
out portb = bpoto } ;    /* 初期設定       27 */
/**********     メイン処理ルーチン        28   *********/
eles if ( reset ==1)      /* reset=1 29     */
{ dami ++ ; }     /*  r30+1    30      */
sdis pind sing ;     /* sing=1     31     */
{ kens =kens + ketake } ;   /*  r2=r2+ r4  32     */
time = = 0 ;   /*  time=0     33    */
sbic pind sing  ;       /* sing=0    34      */
palu ++  ;   /*  r6=r6+1    35    */
time = 70 }  ;   /*  0.2sec    36    */
main2;
sbic pind sing  ;     /*  sing=1    36       */
{ rjmp main1
sbic pind sing  ;     /*  sing=0     39      */
{ time -- }  ;    /*  t1=t1-1    40       */
if ( time != 0 )     /*  time ! =0   41       */
rjmp main2
if ( time ==0 )
{ dami ++ ; }   /*   r30+1    43    */
if ( palu ! = 10 )      /*   r6 !=10  44       */
{ rjmp main3 }
if ( palu ==10 )       /*   r6=10     45    */
ketaha = ketate * 10 ;    /*   r8=r4x10    46   */
kens =kens - ketaha } ;    /*   r2=r2-r8   47      */
main3;
palu = 0  ;   /*   r6=0   49 */
ketate = ketate * 10 ;   /*  r4=r4x10    50    */
if (ketaka == 5 )       /*  r10=!5     51     */
{ rjmp main1 } ;
if (ketaka == 5 )  
{ dami + + ; }     /*    r30+1   54   */
if ( kabo !=kens )        /*    r0 !=r2  55     */
{ reset = 0 ;     /*   r28=0    56    */
rjmp main1 } ;
if ( kabo =kens }       /*   r0=r2   58 */
{ reset =3  ; }  /*   r28=3   59     */
main4;
time = 800 ; }      /*   0.8sec設定 61   */
main5
time --  ;      /*  t1-1      62 */
if ( time > 400 )       /*    t1>400   63    */
{ ori bpoto ,$10 ;
out portb .bpoto }    ;  /*   LED表示   65  */
if ( time <=400 )      /*  t1<=400   66  */
{ ori bpoto $00 ;
out portb bpoto  ;    /*  LED消灯表示 68   */
if (time ! = 0 )   /*   time !=0      */
rjmp main5 } ;
if ( time =0 )  
{ rjmp main4 )  ; 
/****** END of File 72 ***** */      
/*AVR Tudio上記のプログラムをC言語で作成しコンパイルを行つたところ */
/*エラー数が436個もあります、一番数の多いのは下記2個がおおいです。 */
/*../test5.c:71: error: stray '\201' in program */
/*./test5.c:71: error: stray '@' in program */
/*どこに不具合があるのかわかりません御教授下さい。

/* プログラム名;静止型自動検索装置         */
/* 使用マイコン AT90S2323-10pc      */
#include <io.h>
int main()
if (reset ==0)    /* reset=0 7 行目 */
{    
/************  初期値         9 ***********************/
int kado  =1111 ; 
int kens =0 ;
int ketate  =0 ;   
int palu   =0  ...続きを読む

Aベストアンサー

エラーメッセージに出ている行番号であたりをつけてください.

Qフローチャートを書く書かない

 元ハード屋です。
先日ASIC設計(半導体設計)の方との話で驚いたことがあります。その方はC言語を使いフローチャートは書かずにいきなりコーデングするそうです。
装置物(マイコンでの制御)の設計を10年位前にしていましたが、その時一緒に仕事をしてましたソフト屋さんはたしかC言語を使い、そして沢山のフローチャートを書いていました。
最近はC言語ではフローチャートを書かないのでしょうか。また言語(FORTRAN、COBOL、BASIC、、、)或いはやる内容により差があるのでしょうか。私はプログラマーでは有りませんが最近Visual Basicで割合大きなプログラムを組みましたが、その時はフローチャートを書きました。あとで変更する時フローチャートが無いと困るだろうと感じています。

Aベストアンサー

頭の中で整理できたり、小規模なモノ、動作させながら仕組みが変わる可能性が
ある場合はフローチャートを書かずにすぐに打ち込みするのではないでしょうか?

比較的小さいものはフローチャートを書かずに組ながら考えます。
出来上がってからちゃんとしたフォローチャートを残しますけど。
(プログラムを入力するのは面倒ではなくてもフローチャートを書くのは面倒
という人もいますので。)

Q引力とか重力とかについて教えて下さい

潮の干満は地球と月の引力などの関わりとゆうことですが、教えてほしいことは海の水の総重量はものすごく重たいのに、なぜ地上の軽いものが動かないでいられるのでしょうか。教えて下さい

Aベストアンサー

水中では四方(正確には前後左右上下)から圧力を受けています。
月の引力がない場合は均等に圧力がかかっているので
球体ですが、月の引力があるとその方向の下向きの圧力が
弱くなるので盛り上がるんです。
言葉ではうまく説明できませんが・・・
丸い風船を立方体の箱に押し込んで、片方だけふたを空けると
そこだけぷくっと出っ張る・・・という感じだと思います。

Qワード論文にフローチャート

ワード論文にフローチャートの図をいれようとしている者です。
エクセルでまず作ってから、コピーして貼り付ける方式でワード論文の作表はいつもしています。
しかし、貼り付けると、フローチャートの中の文章の改行がずれたりします。
論文に合うように縮小されたりするからでしょうか。
どうすれば、きれいにフローチャートの中の文章を改行でずれたりしないようにワード論文に貼り付けることができるでしょうか。

Aベストアンサー

> ワード論文にフローチャートの図をいれようとしている者です。
> エクセルでまず作ってから、コピーして貼り付ける方式でワード論文の作表はいつもしています。
> しかし、貼り付けると、フローチャートの中の文章の改行がずれたりします。
> 論文に合うように縮小されたりするからでしょうか。

はい。行に収まるように貼り付けされますので、行に収まる幅でないと縮小される結果、文字が折り返されて表示されます。

対策(案-1)
論文に貼り付けしたフローチャートを編集する必要がなければ、Wordに貼り付ける際、「形式を選択して貼り付け」から「図(拡張メタファイル)」や「図(PNG)」を選択しますと、画像のフローチャートが貼り付けされますので、「行」がずれるようなことはありません。

対策(案-2)
テキストが挿入されている図形を右クリックして「図形の書式設定」を選択し、「テキストボックス」の「自動調整」欄の「テキストを図形からはみ出して表示する」にチェックを入れ、「内部の余白」欄の「図形内のテキストを折り返す」のチェックを外します。
このように設定しますと、Wordに貼り付けして「フローチャート」が縮小されても、文字が折り返されることはありません。
(Office 2010の場合)

> ワード論文にフローチャートの図をいれようとしている者です。
> エクセルでまず作ってから、コピーして貼り付ける方式でワード論文の作表はいつもしています。
> しかし、貼り付けると、フローチャートの中の文章の改行がずれたりします。
> 論文に合うように縮小されたりするからでしょうか。

はい。行に収まるように貼り付けされますので、行に収まる幅でないと縮小される結果、文字が折り返されて表示されます。

対策(案-1)
論文に貼り付けしたフローチャートを編集する必要がなければ、Wordに貼り付け...続きを読む

Q低気圧とか高気圧とか何なのですか?

低気圧とか高気圧とか何なのですか?なぜ低気圧になると雨が降って、高気圧になると晴れるのですか?原理を教えて下さい。

Aベストアンサー

>低気圧とか高気圧とか何なのですか?

空気にも「重さ」があるので、上から押されて、地面近くの空気には「1気圧」くらいの圧力がかかっています。

しかし、空気が温まったり冷えたりすると、比重が変わるので、温かい空気は上に、冷たい空気は下に移動します。

移動により「上昇気流」や「下降気流」が起きると、地面近くの「気圧」が上下します。

上昇気流が発生していると、下に押さえつける力が減るので、地面近くの気圧が下がります。

下降気流が発生していると、下に押さえつける力が増えるので、地面近くの気圧が上がります。

>なぜ低気圧になると雨が降って、高気圧になると晴れるのですか?

温かくなった空気は、温まった分、冷えた空気よりも多くの水分を含む事が可能になります。

温かい室内に冷たい飲み物が入ったペットボトルを置くと、ボトルの表面に水滴が付きます。

これは、温かくなって水分を含んだ空気が、ペットボトルに触れて冷やされると、冷えた分、水分を含む力が減ってしまい、空気中の水分が空気から出て行くからです。

海の上などで温かくなった空気は、温まった分、多くの水分を含んだまま、上昇気流になって高く上がります。

上昇気流のある所は低気圧になります。

水分を含んだまま上昇した空気は、冷えたり、高度による減圧で、水分を含める力が減ります。

水分を含める力が減ると、空気中の水分が空気から出て、小さな水滴や小さな氷の粒になります。

この「小さな水滴や小さな氷の粒」の集まりが「雲」です。

その水滴や氷の粒が、だんだん集まって粒が大きくなると、浮かんでいられなくなり地面に降ってきます。

そうやって降ってくるのが、雨や雪です。

一方、上空で冷たくなって乾いた空気は、冷たくなって下に移動して下降気流になり、下降しているので地面近くは高気圧になります。

下降してきた冷たく乾いた空気は、温まるにつれ、より多くの水分を含めるようになるので、空気中の水分をどんどん吸収してしまいます。

空気中の水分をどんどん吸収してしまうと、小さな粒になって空中に漂っていた水分、つまり「雲」が、空気に吸収されてしまって、雲が無くなったり、雲が出来ません。

「雲が無い」って事は「晴れている」って事です。

>低気圧とか高気圧とか何なのですか?

空気にも「重さ」があるので、上から押されて、地面近くの空気には「1気圧」くらいの圧力がかかっています。

しかし、空気が温まったり冷えたりすると、比重が変わるので、温かい空気は上に、冷たい空気は下に移動します。

移動により「上昇気流」や「下降気流」が起きると、地面近くの「気圧」が上下します。

上昇気流が発生していると、下に押さえつける力が減るので、地面近くの気圧が下がります。

下降気流が発生していると、下に押さえつける力が増えるので、地...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報