ヤフーオークションなどで、
支那事変債券、賜金國庫債券、朝鮮銀行券、満州中央銀行券、帝国軍票、戦時貯蓄債券、報国債券、大東亜戦争割引国庫債券、満州必勝貯蓄票、貯蓄券
などがよく出回っていますが、これらは終戦とともに紙くず同然となってしまったのでしょうか?
それとも安価ながら現金に交換してもらったのでしょうか?
少なくとも貯蓄券だけは現金化できたと思いますが。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

旧1円が 平価切り下げで 新100円になりました


旧紙幣貨幣・預貯金・国債・株券等 全て記載額面通りで流通でした
(旧紙幣や預貯金は一定の範囲内で新円に切替できました が それは 極々一部です)
さらにインフレで物価はどんどん上がりました

そのため 千円あれば家が建つ と言われた千円も 切替直後で1ヶ月の給与、昭和30年代には日給二日分程度の価値しかなくなりました

当時の紙幣は 20年ほど前まで 額面で流通可能でした
また 株券は現在でも有効です(債券等は 時効完成でしょうが)

知人の祖父が会社名義で購入した50円株券があり、数十年間何の手続きもしていないそうですが、無償増資で数倍になり、株主総会の召集集通知が現在でも送付されるそうです

外地の分と軍票は不明ですが国内発行の預貯金債券は ある時期まで額面では有効だったようです
価値が1/100以下ですから 紙くず同然と表現されていました(紙くずではないので若干の価値は有ったことは明らかです)
    • good
    • 0

http://mltr.ganriki.net/faq12g.html#10468
に少し記述がありますが,対外的には,戦後も支払いを続けていたようです.

------
 太平洋戦争中でも英国で日本国債の取引が為されていました.
 但し,満州事変からその価値は下がり続ける一方ですが….
 最終的に日本は,1950年代半ばまで,20世紀初頭の債券について利子を支払い続けています.
 その後,借換を繰り返し,1970年代まで保持し続けていたりする訳で.
------

 国内での扱いは,他の方の回答にある通りです.
    • good
    • 0

ヤフーオークションを見て無いので判りませんが、骨董品並にコレクター目当てに出しているものでしょう。


発行枚数、年度などの希少価値と美術的価値により、価格は変わりますが、結構高値がつく物もあるでしょう。
紙くず同然の物も多いでしょう。
    • good
    • 0

親が戦前国債や生命保険に入っていた。

国債の200円で家が建つほどの価値があったけど、紙切れ同然で200円ぽっちでなにも購入できなくなった。
と亡くなった親が言っていました。食糧不足でお米は配給制でした。まだ一銭や10銭というお金が通用していましたね。
日本全体が貧乏になり失業者があふれていたのが戦後の占領体制時代ですね。
戦前は1ドル≒1円から終戦後の占領下で1ドル=360円と定められその占領下の経済が続いたとのことです。
日本は朝鮮戦争による朝鮮特需で戦後経済の復活のきっかけを掴んだということです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大東亜国庫債券、戦時報国債権などは紙くずとなりましたか?

戦時中に、大東亜戦時割引国庫債券、戦時報国債権、戦時貯蓄債権などが発行されましたが、
これは終戦後に紙くず同然となりましたか?
なったとしたらその時期と、その理由は何でしょうか?
また、貯蓄債権だけは換金できたのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当時は、
銀行は半ば国寄りなので自宅の金庫に冊束で大量に保管しておく。
いつもお金は身近に置く物だ。

こう言う商人が、札束が紙くずとなって破綻した。
と言う創作も多くあります。

これが預金封鎖です。
http://www.c20.jp/1946/02kinyu.html

http://www.ne.jp/asahi/nagaishi/kyoto/komekakaku.html
米1俵がほぼ10円だったのが
2年で60円。昭和27年で3000円。

昭和12年物は昭和30年が償還日です。

50円で米5俵近く買えました。
昭和30年では米1kgも買えない返金です。
http://f59.aaa.livedoor.jp/~bokujin/

もちろん、軍票では無く、国債ですので償還されたようです。
集金した価値の数百分の1の価値を返還するのですから十分に可能です。

換金して昼食代でも出るのであれば大体が換金されたと考えますが、
それ以下だったのだと考えます。

Q【歴史・日本史】「日本の国策で中国の満州に移住したのに満州移民と呼ばれ、戦後に日本に戻ると満州移民の

【歴史・日本史】「日本の国策で中国の満州に移住したのに満州移民と呼ばれ、戦後に日本に戻ると満州移民の子供は中国産まれ、産まれは中国と言われて差別された。自分は日本人なのに中国人の扱いを受けた。日本人なのに中国産まれというだけで在日扱い、在日中国人と呼ばれた」


そう思うと蓮舫さん台湾産まれの蓮舫さんは可哀想な時代を生きたと思う。

蓮舫さんを日本人として迎え入れられないのはなぜですか?

日本の教育でも偏見を持って接しなさいと教えてないですよね。

なぜ自然と差別する思考回路が日本国民市民に根付いたのでしょう?

教育で教えてないのに洗脳されてるのは誰の性ですか?

Aベストアンサー

>教育で教えてないのに洗脳されてるのは誰の性ですか?
だれでもありません、あなたが洗脳されているのです。

「そうおもうと」以前が全くの妄想ですからね。

>そう思うと蓮舫さん台湾産まれの蓮舫さんは可哀想な時代を生きたと思う。
台湾生まれではないし、父親も強制連行されたのでも日本支配時代からいたのでもない、ただ商売で日本に来て日本人と結婚しただけですね。

Q満州事変は侵略ではありませんよね?

満州事変は侵略ではありませんよね?

1911辛亥革命
これ以降、一国多政府の時代に突入、天下大乱の時代が始まる。

1915年 二一箇条要求
日本が清と結んだ条約を、清が消滅したので中華民国と正式に締結し直す必要があった。
中華民国は旧清朝の領域の継承を主張したが、各地に軍閥が跋扈し治安維持能力がなかった。

1919年3月 コミンテルン結成、直後に北京で五・四運動
それまでの中国の伝統や歴史を一切否定する西洋化運動、そして排日運動
四年たってから二一箇条要求がやり玉に挙げられる。

1922年 九カ国条約締結
日本だけが違反したのではない。
蒋介石は1927年米英と紛争を起こしているし、張学良は1929年ソ連と紛争を起こした。
要するにそもそも中国側が違反していた。

1928年 六三カ国で不戦条約締結
米英が重要な点において留保を行うなど実質的に空文となった。日本は自衛戦争については留保していた。

1931年9月18日 柳条湖事件(満洲事変の発端)
中華民国が満州事変を日本の連盟規約違反として国際連盟に訴えたが、国際連盟は日本を侵略国と認定していない。

張作霖が排日運動の高まりや欧米からの支援をとりつけようと日本との距離を置き、
海外資本の提供をうけて、満鉄の平行線を建設し始めると、両者の関係は悪化しました。

当時中国は日本との条約を次々と破り、無知な住民を煽って暴力的なボイコット運動を起こさせ、
商鉱農工業妨害、日本国民の命に関わる圧迫行為、反日教科書などの侮日行為、
居留民襲撃や鉄道運行妨害など数百件のテロ行為を重ねていました。

満州には清や列強から承認された日本の特殊権益が存在しました。

日露戦争で日本がロシアに勝たなければ満蒙はロシア領になっていたはずです。
中華民国や張作霖は日本の勝利に何も貢献しなかったのに
日本が10万の戦没者、20億の戦費を費やして得た権益を
「満州は中国だから出て行け」というのはとうてい受け入れられません。
それに満州は万里の長城の外であって満州族の土地です。

もともと、満州に合法的に駐留していた関東軍はそれを守ろうとしただけです。
中央政府の中華民国も現地軍閥の張学良も犯罪に対する治安維持能力と条約遵守能力がなかったのです。

こういった事情から関東軍は権益を自衛するためには満州全土から匪賊同然の奉天軍を追い出す必要があると判断しました。
これは侵略に当たりません。

外国人への犯罪が放置され責任を持って対処する政府が存在しない。
これは国際法的には「無主の地」です。
責任を果たさないのに権利・主権など主張できない、という慣習国際法である。
こうしたなかで不法行為を黙って許容しているとそれを認めたことになります。

ラストエンペラー溥儀の英国人家庭教師であったジョンストンはリットン報告書の
”満州独立運動が日本による教唆によって発生した架空の民族運動であった”
という点を全くの事実誤認であるとして批判しています。
溥儀の忠臣たちは満州族による帝政復古運動を展開していた。

満州事変は日本がこれらにさんざん隠忍自重した末に起きた事件です。
満洲事変は侵略ではなく自営のための軍事行動であったのです。

戦乱と飢饉の拡大、繰り返しによって絶望の淵に追いやられていた中国の流民にとって満州国こそ最後の駆け込み寺でした。
年間百万あまりの流民が長城を乗り越え、満州に流入したことがその何よりの証拠です。

毛沢東はかつて「かりにすべての根拠地を失っても東北さえあれば社会主義革命を成功させることができる」と語った。
実際戦後の満州は中国の重工業生産の九割を占、中華人民共和国を支えたのは満州国の遺産であった。

豊満ダム完成後見学に来たフィリピン外相は
「フィリピンはスペイン植民地として350年、アメリカ支配下で40年が経過、住民の生活向上に役立つものは一つも造っていない。
満州は建国わずか10年にしてこのような建設をしたのか」と語りました。

参考)黄文雄、岡田英弘、宮脇淳子、倉山満

歴史にお詳しい方、私が調べた上記の記述でどこかおかしいところはありますか?
よろしくお願いします。

満州事変は侵略ではありませんよね?

1911辛亥革命
これ以降、一国多政府の時代に突入、天下大乱の時代が始まる。

1915年 二一箇条要求
日本が清と結んだ条約を、清が消滅したので中華民国と正式に締結し直す必要があった。
中華民国は旧清朝の領域の継承を主張したが、各地に軍閥が跋扈し治安維持能力がなかった。

1919年3月 コミンテルン結成、直後に北京で五・四運動
それまでの中国の伝統や歴史を一切否定する西洋化運動、そして排日運動
四年たってから二一箇条要求がやり玉に挙げられる。

1922年 九カ...続きを読む

Aベストアンサー

はい、満州事変は侵略ではありません。ただし適切な外交措置であったともいえません。
二一箇条要求そのものは決して無法な要求ではありません。ポーツマス条約でロシアから譲渡された満州権益の有効性を、辛亥革命後に成立した北京政府(北洋軍閥政府)に承認を求めたものです。しかし、その内容は列強の利害に抵触する部分もあり、列強の利害に関する配慮に欠けたものであった。
また狡猾極まりない袁世凱の目論見を見抜けなかったのが失敗でした。袁世凱は二一箇条要求を利用して反日ナショナリズムの高揚を図った。元々中国は日本と違って条約を遵守する国ではない。一度結んでもそれを無効化する悪巧みを持っています。そういう中国の伝統的体質を見抜けずに、中国に国際ルールが通用すると考えていたのが大間違いだったということです。所詮、純情・単純な日本に扱える相手ではない。二一箇条要求を推進したのは加藤高明外相の暴走であり、日本国内の支持も取りまとめたものではなかったのです。また北京政府(北洋軍閥政府)も脆弱な政権であり、中国国内の支持も取り付けていません。条約を結んだとはいえ、満州権益は極めて不安定なものであり、日本としては反って手に追えないやっかいな問題を背負ってしまったということです。
そして蒋介石の北伐で北京政府(北洋軍閥政府)が倒れた。こうなると満州権益はいよいよ風前の灯です。まだ政権基盤の固まっていなかった蒋介石は、日本の満州権益を尊重する態度を一旦は示したとはいえ、そのまま引き下がる相手ではないのです。蒋介石は満州に深入りすることなく、その後軍閥勢力・共産勢力の打倒を目指して政権基盤を固めようとしました。満州は北洋軍閥の分派である張軍閥の実効支配下となった。このように国としての体を為していない中国で、満州権益をどう保全するのか。これは大変な難題であった。こういう中国情勢の変化に日本政府は対応しきれなかった。
幣原外交は、国際協調路線といいながら在満日本人を無為無策に見殺しにするような外交であった。
中国人の排日テロ被害に泣く在満日本人の訴えを幣原外交はことごとく握りつぶしたのだ。

そもそも歴史は表に現れた事象だけを見ても理解できないのではないか。表に現れない「為すべきことをしなかったこと」にも、スポットライトをあてるべきではないのか。私はそういう認識も持っています。
当時、日本は国際連盟の常任理事国でもあった。国際協調路線というなら国際連盟に中国の非道を訴えなければならなかった筈です。政治が国民の問題を解決しようとしないなら、国民は政府を見放して軍部に解決を期待するようになるのは当然の流れです。これが満州事変に至った根本的な問題でした。
しかし満州事変は日中紛争を解決することにはならなかった。張学良が蒋介石に合流するのを助けただけだった。

リットン報告書の裁定は、満州国建国は日中紛争の解決にはならないというものであった。
私は満州事変が侵略かどうかを論じることにどれほどの意味があるとも考えていません。

国際協調路線といいながら無為無策の幣原外交が国際協調を壊し、日本をさらなる苦境においつめてしまった。国際協調路線といいながら幣原外交は日本の立場を国際社会に訴えようともしなかった。
日本外交はこの後、ひとりよがり、独善的な松岡外交によって奈落の底に堕ちて行きました。

確かに満州事変は、自営の為の軍事行動ではあった。しかし、そもそも不法行為を黙って許容していた幣原外交に重大な非がありました。国際連盟の常任理事国としての責務を果たそうとしなかったことに関して、国際社会からの非難を免れ得ないと私は考えています。在満日本人に泣き寝入りを強いた日本政府は既に機能喪失といわれても仕方が無い。

はい、満州事変は侵略ではありません。ただし適切な外交措置であったともいえません。
二一箇条要求そのものは決して無法な要求ではありません。ポーツマス条約でロシアから譲渡された満州権益の有効性を、辛亥革命後に成立した北京政府(北洋軍閥政府)に承認を求めたものです。しかし、その内容は列強の利害に抵触する部分もあり、列強の利害に関する配慮に欠けたものであった。
また狡猾極まりない袁世凱の目論見を見抜けなかったのが失敗でした。袁世凱は二一箇条要求を利用して反日ナショナリズムの高揚を図...続きを読む

Qイキサツ 満州事変

満州事変について資料をみても、あまり理解できません。満州事変とはどういういきさつで起きたことで、どんなことがあったのですか? また満州事変が起きたことで、なにか大きな戦争や、事件、問題のようなものは歴史上や現在ありますか? 今まで勉強不足だったもので、できるだけわかりやすい言葉がいいです。お手数ですが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>満州事変とはどういういきさつで起きたことで

そうですね、深く説明するときりが無いですが、簡単に経緯だけ。。

まず日本は、19世紀の終わりに朝鮮半島を巡って中国(清)と対立、戦争をして勝利、朝鮮半島を影響下におきます。
朝鮮半島国境(今の北朝鮮中国側国境)に隣接たところが満州と言われる地域ですが、ロシアがこの地域への進出を狙っていました。

1900年に、清が国内の外国勢力に宣戦布告すると(義和団事件)、ロシアは大軍を満州(正確には中国東北部)に送り込み、朝鮮半島にも圧力をかけ始めました。このため、日露戦争となり、アメリカの調停によって日本は満州の鉄道の利権を得ます。

これを足がかりに、日本は満州の権益を確立してゆきます。第一次世界大戦後、満州における利権の拡大のため、当時内戦状態だった中国(清は滅亡)で、満州を支配していた張作霖と手を組みます。しかし、利用価値がなくなったと知るや、満州の警備に当たっていた関東軍は、張作霖を殺害してしまいます。

張作霖の息子が満州地方での指導者になると、ここから日本の勢力を取り除こうとしました。陸軍の関東軍はこれに危機感を募らせ、武力によって満州を中国の主権から切り離して、日本の支配下におこうと計画します。

そこで関東軍は、自ら経営している南満州鉄道を爆破し、それを中国軍の仕業だとして軍事行動に出ます。そして、満州の各要地をことごとく占領します。この一連の軍事行動が「満州事変」と言われるもので、1931年9月から翌年3月まで続きました。

3月になると、滅亡した清の最後の皇帝(映画ラストエンペラーの人物)を迎え、「満州国」の建国を宣言しました。

>満州事変が起きたことで、なにか大きな戦争や、事件、問題のようなものは歴史上や現在ありますか?

まず、この日本軍(関東軍)の行動は国外で強く批難されました。国連の調査団がきて、日本軍の撤退要求が出されると、日本は国際連盟を脱退して、国際的に孤立するようになります。

更に日本は、華北方面(北京の方)にも侵略を企てようとして、翌年中国軍と激突し、日中戦争がはじまります。
日中戦争が泥沼化する中、今度は中国の日本進出を快く思わないアメリカと対立が深まり、紆余曲折を経て日米開戦に至ってしまいます。

また、満州国が建国されてから、日本政府は積極的に国内の日本人を満州に移住させようとして、多くの日本人が満州に移り住みました。
しかし、終戦直後にはソ連が満州に侵入し、多くの日本人が殺され、また捕虜として捕らえられシベリアに抑留されました。中国残留日本人孤児は、このときの混乱によって置き去りにされた子ども達です。

簡単に、、、と言いましたが、長くなってしまいました。
でも、これでもかなり省略しましたので、本当はもっともっと複雑な国際関係が絡んでいます。
まずは簡単な世界史の本でも読んでみることをお勧めします。

疑問点がありましたら、またお尋ねください、かなりはしょって書いたので。。。

>満州事変とはどういういきさつで起きたことで

そうですね、深く説明するときりが無いですが、簡単に経緯だけ。。

まず日本は、19世紀の終わりに朝鮮半島を巡って中国(清)と対立、戦争をして勝利、朝鮮半島を影響下におきます。
朝鮮半島国境(今の北朝鮮中国側国境)に隣接たところが満州と言われる地域ですが、ロシアがこの地域への進出を狙っていました。

1900年に、清が国内の外国勢力に宣戦布告すると(義和団事件)、ロシアは大軍を満州(正確には中国東北部)に送り込み、朝鮮半島にも圧力をかけ始め...続きを読む

Q満州事変に関する文の読み方

今、学校でのPBL発表があり、満州事変について調べています。

プレゼンをするのでスライドを読み上げなければなりませんが、読み方が分からないので以下の文の読み方をどなたか教えてください。

「鉄道ノ保護及居留民ノ安全ヲ期スル為メ機先ヲ制シテ沿線各地支那軍隊ノ武装解除乃至付属地付近軍略的要所ノ占拠」

引用先は多分(日本外交文書 満州事変1-3 外務省 1978年)です。

できれば、
漢字の読み方を()で横に書いていってほしいです。
例えば「鉄道(てつどう)の保護(ほご)……

こんなのも読めないのか!
と思われるかもしれませんが、漢字が全然できないのでどなたか協力お願いします。

それと、これは質問の場所おかしいですか?
文章の内容についてではないので…。

一応国語のカテゴリにも投稿してみます。

発表が明後日なのでできれば早めに回答をくれるとありがたいです。

Aベストアンサー

「鉄道ノ保護 「(鉄道の保護) 及 (および)
居留民ノ安全ヲ期スル為メ (きょりゅうみん の あんぜん を きする ため)
機先ヲ制シテ (きせん を せいして)
沿線各地支那軍隊ノ武装解除 (えんせんかくち しなぐんたい の ぶそうかいじょ)
乃至付属地付近軍略的要所ノ占拠」 (ないし ふぞくち ふきん ぐんりゃくてき ようしょ の せんきょ」


人気Q&Aランキング

おすすめ情報