ヤフーオークションなどで、
支那事変債券、賜金國庫債券、朝鮮銀行券、満州中央銀行券、帝国軍票、戦時貯蓄債券、報国債券、大東亜戦争割引国庫債券、満州必勝貯蓄票、貯蓄券
などがよく出回っていますが、これらは終戦とともに紙くず同然となってしまったのでしょうか?
それとも安価ながら現金に交換してもらったのでしょうか?
少なくとも貯蓄券だけは現金化できたと思いますが。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

旧1円が 平価切り下げで 新100円になりました


旧紙幣貨幣・預貯金・国債・株券等 全て記載額面通りで流通でした
(旧紙幣や預貯金は一定の範囲内で新円に切替できました が それは 極々一部です)
さらにインフレで物価はどんどん上がりました

そのため 千円あれば家が建つ と言われた千円も 切替直後で1ヶ月の給与、昭和30年代には日給二日分程度の価値しかなくなりました

当時の紙幣は 20年ほど前まで 額面で流通可能でした
また 株券は現在でも有効です(債券等は 時効完成でしょうが)

知人の祖父が会社名義で購入した50円株券があり、数十年間何の手続きもしていないそうですが、無償増資で数倍になり、株主総会の召集集通知が現在でも送付されるそうです

外地の分と軍票は不明ですが国内発行の預貯金債券は ある時期まで額面では有効だったようです
価値が1/100以下ですから 紙くず同然と表現されていました(紙くずではないので若干の価値は有ったことは明らかです)
    • good
    • 0

http://mltr.ganriki.net/faq12g.html#10468
に少し記述がありますが,対外的には,戦後も支払いを続けていたようです.

------
 太平洋戦争中でも英国で日本国債の取引が為されていました.
 但し,満州事変からその価値は下がり続ける一方ですが….
 最終的に日本は,1950年代半ばまで,20世紀初頭の債券について利子を支払い続けています.
 その後,借換を繰り返し,1970年代まで保持し続けていたりする訳で.
------

 国内での扱いは,他の方の回答にある通りです.
    • good
    • 0

ヤフーオークションを見て無いので判りませんが、骨董品並にコレクター目当てに出しているものでしょう。


発行枚数、年度などの希少価値と美術的価値により、価格は変わりますが、結構高値がつく物もあるでしょう。
紙くず同然の物も多いでしょう。
    • good
    • 0

親が戦前国債や生命保険に入っていた。

国債の200円で家が建つほどの価値があったけど、紙切れ同然で200円ぽっちでなにも購入できなくなった。
と亡くなった親が言っていました。食糧不足でお米は配給制でした。まだ一銭や10銭というお金が通用していましたね。
日本全体が貧乏になり失業者があふれていたのが戦後の占領体制時代ですね。
戦前は1ドル≒1円から終戦後の占領下で1ドル=360円と定められその占領下の経済が続いたとのことです。
日本は朝鮮戦争による朝鮮特需で戦後経済の復活のきっかけを掴んだということです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古い債券の換金

戦時貯蓄債券、 報国債券 割引勧業債券 があります。
これらは換金できるのですか、

できるとするとどこで出来ますか

出来ないとすると なぜ出来ないのですか。

これらは父が勤めていたころに 給料の中に入ってきたといってました。

Aベストアンサー

これらは、割引債券です。
償還期日が決まっています。
発行日に券面の7%~15%ほど安価に購入でき、償還期日に券面の金額が支払われる仕組みです。
・銀行の利子よりも高利回りでした。
ただし、償還期日以降持ち続けても利子は付きません。
償還期限が切れたら、ただの紙くずになります。
そして、償還期限が切れているので、債権としては換金できません。

ですが、古美術品として買取る店はあります。
http://someyagunsoh.web.fc2.com/saikenn3.html
http://someyagunsoh.web.fc2.com/saikenn-9.html
http://someyagunsoh.web.fc2.com/saikenn2.html

Q昔の国庫債券について教えてください。

父の遺品の整理をしていたところ、昭和15年発行の国庫債券「賜金國庫債券」四百円、というのが出てきました。大日本帝国政府とあり大蔵大臣とあるのですが
これはもうすでに使われないとは思うのですが、換金できないまでも何らかの価値のようなものはあるのでしょうか? ご存知の方がありましたらお教えください。

Aベストアンサー

昭和15年は、紀元節で神武天皇が日本に
降臨して日本建国2600年という年でした。
日本が戦争一色になっていく年だったと
言えるでしょう。
支那事変から3年、兵役を終えた軍人が
日本へ帰国した際に報奨金としてもらった
もののようです。
個人個人の名前が入っているらしいです。
どうですか?
この賜金国庫債券は敗戦後の昭和21年の
閣議決定で正式に無効になっています。

お父様は軍人だったのでしょうね。
75年前の日本の歴史を生々しく物語る資料
ではありますね。

九段下にある昭和館で引き取ってもらえる
かもしれませんが、確かなことは言えません。
http://www.showakan.go.jp/information/insearch/index.html

いかがでしょう?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報