OCN光で最大124,800円おトク!

はじめまして。私は葬儀会社に勤めてております。

先日、当社にて葬儀を営まれた方が、葬儀代金未払いのまま行方不明になってしまいました。
当方に不手際などはありませんので、何とか探し出して支払っていただきたいと考えております。

現状ですが・・・
・当時のアパートは引き払われています。
・携帯電話は料金未払いのため、使用されていません。
・親戚の方も連絡が取れなくて困っているとのこと。
・勤務先もわかりません。

親戚の方(保証人ではありません)に立替えていただければ会社としてはOKなのでしょうが、契約者本人から何の事情説明もないまま丸く治めてしまうのも、私自身が納得がいきません。

探し出す方法、もしくは有効な法的手続きをご存知ならば教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

No2です。


法定相続人(遺族)が負債を含めて相続した場合、法定相続人へ請求することになります。ただ葬儀費用が故人の負債になるかどうかの問題はあるかと思いますが。
遺族が相続放棄や法定相続人が居ない場合は、葬儀を依頼した故人に請求するしかありませんが。
残った親族が等分して支払うのが妥当だと思いますが。
    • good
    • 2

本人(喪主)が居るなら民事請求となりますが相手が行方不明となれば犯罪となります。

例えるなら無銭飲食ということになり、相当な請求を払わず逃げたという犯罪になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。心強い意見ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/07/17 19:13

恐らく本人には支払能力が無いと思われます。


亡くなられた方の相続人に請求されるのが順当だと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ただ故人の住民票は入院していた病院に遷されていたため、相続するものも無いのではないかと思われます。

お礼日時:2008/07/17 13:14

法的手続きなら警察に被害届けを出すしかないと思います。

高額な医療機器を壊されてしまいその方が直ぐ亡くなられ病院も請求できないと言われ泣いたことがあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速回答ありがとうございます。
警察は民事不介入とも云われています。事件として取扱ってくれるのでしょうか?
また、被害届を提出したらどのような処置になるのでしょうか?

お礼日時:2008/07/17 13:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q葬儀代が払えない

先週、父の葬儀がありました。
結果、60万程度かかってしまいましたが、
家には全くお金の余裕がなく、葬儀屋、親戚と共に相談した結果、2回に分けて支払うことになりました。

1回目は親戚からお金を借りて払いました。
2回目は父の年金(退職金)の一時金で支払うことになっています。
(それがいつ降りるかは分からない、数ヶ月はかかるだろう、と言うことは葬儀屋に予め伝えてありました)
調べた結果、一時金が降りるのは3ヶ月後という事が分かったのですが、
葬儀屋から、今月の20日(だったかな?)までに支払いなさいと言った通知がきました。

支払いたいのは山々ですが、出せるお金なんてありません。
(向こうだって知ってるはずなのに・・・)
どう対応するべきでしょうか?

Aベストアンサー

葬儀屋は仕事ですから毎月きちんと請求書を出してきます。

でも最初から支払いは3ヵ月後と言う話が出来ていたわけですから・・・
それまで知らん顔していて大丈夫です。

私もそう言った支払いの期日を決めた後に、期日違いの請求書が届いたことが有ります。
支払日は、前もって約束してあるので、知らん顔してその日まで支払いませんでした。

葬儀屋は一括で支払い請求書を発送します。(残金があればパソコンのデーターに出ますので・・・)
貴方だけ特別に・・・とは扱いません。
その結果が20日の支払い請求書になるわけです。
でも約束してあるなら、貴方の担当者が会社で説明するでしょう。
約束道り3ヵ月後に支払えば問題ないです。

Q民事裁判とは、どのようなものですか? 経験者の方、教えて下さい。

こんばんは。

民事裁判経験者の方に質問です。 

民事裁判とは、どのようなものですか?

訴訟の提起から裁判終了までの流れに沿って教えて下さい。

裁判を経験した感想等も伺えたら助かります。

宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍しくありません。

原告が申し立てたことのひとつひとつについて、被告は、
1.認める
2.争う
3.知らない
のいずれかを申し立てるのが原則です。

認めるといったものは、真実ではなくても、原告の言い分が真実となります。
争うといったものは、立証義務がある方が、証拠をもとに証明します。証明できないと、真実であっても、うそだということになります。

最終的に双方の陳述(といっても、文書のやりとりですが)、が終了すると、裁判官が判決を書きます。

その間、判決ではなくて、和解しないかという打診が裁判官から何度もあります。互いに合意すれば、判決と同じで、強制執行などもできます。

双方が納得しなければ、判決ということになります。
裁判官は、原告の言い分が多分正しいのだろうなと思っても、原告が証明しきれてないと、正しいという判決は書けません。

つまり、裁判は、裁判官が正否をジャッジするのではなく、証明できるかどうかの争いなのです。

だからウソが飛び交います。そのウソを証拠で突き崩していくことになります。

素人でも裁判はできますが、文書のやりとりですから、文書力と証拠がカギです。

未経験の方が争えば、負けてしまいます。弁護士の助力は不可欠でしょうね。

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍し...続きを読む


人気Q&Aランキング