彼女が腹痛で入院し、検査の結果、「軽い虫垂炎の疑い有り」と診断され、その場は抗生物質(?)の点滴のみで退院したのですが、やはり手術が心配なようです。
針でなくても、東洋医学(漢方、灸等)での治療は可能なのでしょうか?
又、よく「薬で散らす」と言うのを聞きますが、「散らす」というのは具体的にどういう事なのでしょうか?
薬だけで完治はするのでしょうか?
回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 ohmygodさんが詳しく解説されてますから簡単にいいますと、虫垂炎も体の表面にできるおできも一緒です。

赤くなっている状態なら抗生剤も効きますが、ウミが溜まって先が黄色くなってくるとこれはもう切開してウミを出してやるしかありませんよね。虫垂炎も一緒で初期段階であれば抗生剤での治療は可能です。しかしウミの溜まった状態、すなわち化膿性虫垂炎と言われるレベルまで進むと手術しなければほぼ破れて腹膜炎を起こします。こうなると皮膚切開も大きくなったり、ドレーン(お腹のウミを出すための管)を入れたりで入院期間も長くなりますし、女性の場合だと後の傷も問題になりますよね。これらを総合的に判断して手術適応は考えられます。点滴(おそらく抗生剤)で治るものであればわざわざ手術したりしませんし、逆に今手術しなければ腹膜炎になる可能性があれば手術を強力に勧めることになるでしょう。
 もう一つの手術の判断は親、兄弟に虫垂炎で手術した人がいるかどうかです。虫垂の構造的な遺伝がありますから、誰か手術していればいずれ手術が必要になる可能性が高くなります。
    • good
    • 0

急性虫垂炎は進行度によって、虫垂が赤く腫れるカタル性虫垂炎、感染が進行し膿が貯留してくる化膿性虫垂炎、虫垂壁が壊死して腹膜炎を起こしてくる壊疽性虫垂炎に分類されます。


このうちカタル性は原則としてオペの対象にはなりません。散らす、つまり抗生物質で炎症を抑えてしまう治療が第一選択となります。化膿性虫垂炎でも散らせるものもあります。
進行性の化膿性虫垂炎と壊疽性虫垂炎が絶対的なオペ適応となります。
もちろん散らしてしまう、というのは完治を意味します。
例外的に、慢性化してしまっているとしか思えないような症例にもお目にかかりますが、虫垂炎というのは一度治ってしまえば、次に虫垂炎になる確率は他の人と同じです。
もう一度虫垂炎になった場合は、それは再発ではなく、新たに発症したものです。
医療全般がそうですが、特にオペというのは必要悪です。受けないですむものならなるべく受けない方が良いと思いますよ。
針に関しては何とも言えません。すくなくとも今の状態(もう腹部症状はないという前提で)では、病気ですらないのですから西洋医学東洋医学を問わず、治療の対象にはなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご説明、ありがとうございます。
僕も彼女も「手術」というものの経験が無いもので、必要以上に臆病になっている部分はあると思いますが、専門の方の意見を聞けるとずいぶんと安心します。早速伝えてみます。
ありとうございました。

お礼日時:2001/02/22 12:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q盲腸の症状

今、自分がもしかして盲腸かなと悩んでいます。
現在の私の症状は、時々、胃がまたはみぞおちが痛くなることと
右下腹のあちこちが時々、ズキンという形で痛くなることです。
ただ、腹部の範囲に完全に入っていれば
そんなに悩む必要はないのですが、
ちょうど、足の付け根(足と胴体がくっついている部分)の
少し内側(お腹側)が痛いのです。
確か、盲腸はおへその右下部分?あたりにあり、そこが痛くなるのでは
と考えているのでやはり違うのかなと思っています。
(実際は、そこも時々痛むのですが)
また、吐き気や食欲不振、便秘はしていません。あと熱も出ていません。

盲腸にかかった人の体験談を伺うとお腹が痛くなってから
我慢できない痛みになるまで日数的に1日たっていない気がするので
私の場合もう2日、たっているので違うのかなあと思っています。

盲腸の前兆について知っている方、もしくはこの症状が出たら
すぐに病院へ直行したほうがいいということをしている方が
いらっしゃたら是非教えて下さい。

Aベストアンサー

再び失礼します。
その後体調はいかがですか?状態が改善されていると良いのですが・・・。

献血を血液検査目的に利用しては絶対にダメですヨ。
献血によって集められた血液は安全でなければならないのです。
献血は健康であることを前提に血液をあげるものなのです。
そこで採取された血液は一応全て調べられますが、献血をした人が健康かどうか調べるのではなく、その血液が安全かどうかを調べるのです。
従って盲腸の疑いがある場合には、早急に調べなければいけない検査なので不向きです。というかまず検査目的で献血をしてはいけませんヨ。
最近ではエイズ検査目的で献血をする人が増えていて困っているそうです。
昔は売血という制度があって自分の血液を売ってお金を得ることが出来ました。
しかし、生活苦からお金欲しさに売血に来る人が多く、不健康な血液ばかりが大半であったそうです。
そんな事も有り、その制度は廃止になって、輸血用血液は献血という形で人々の善意によって集められる事となったのです。

ukeaoiさん、早く全快してくださいね!

Q点滴の針を抜くこと

こんばんは。
お尋ねしたいことがあるのですか・・
私の知人に診療所の医療助手をしている方がいるのですが、今メールがきまして「点滴の患者さんの点滴針を抜いてから帰ってきたので遅くなった」と書いてありました。
私はこれは(点滴の針を抜くこと)いけないことなのでは?と思ったので「いいの?」と聞きましたが「抜くのはいいんだよ」との返信がもどってまいりました。
はたして、この友人の行っていることは医療行為にあたらないのでしょうか?
小さな心療所です。
教えてください。

Aベストアンサー

回答致します。
有資格者でなければ、原則は違法です。
事故があった場合には、本人は無論、監督者である医師等も処罰対象になります。
ただ、危険性の低い医療行為等は人手の関係で黙認されている場合が実際には多いようです。
取り急ぎ回答まで。

Q右下腹部に 違和感があります … 。 3日前くらいから、右下腹部に違和感があり、盲腸なのかな と思い

右下腹部に 違和感があります … 。
3日前くらいから、右下腹部に違和感があり、盲腸なのかな と思い 親や先生 友人に 聞いてみたところ、症状が全く 似ていませんでした。
痛くはないのですが、違和感が凄いです。
もしかしたら これは盲腸なのでしょうか?

こんな経験が あって 盲腸だった など、経験のある方 わかる方 教えて欲しいです 。

Aベストアンサー

盲腸は右下腹部なので、

もしかしたら可能性はあるかと思います

盲腸はもっと悪化すると

激痛らしいですよ。

なので今の時点で病院にかかったほうがいいかと思います

Q脳脊髄液減少症で点滴で痛みが緩和するので家の近くで点滴してます。 最近、腰椎麻酔で悪化し、週1日の点

脳脊髄液減少症で点滴で痛みが緩和するので家の近くで点滴してます。
最近、腰椎麻酔で悪化し、週1日の点滴を毎日通院で点滴になりました。
そのところ、女の医師から「脳脊髄液減少は健保では週3日しか点滴できない。」と言われました。「自賠責の時に実家のそばの病院では毎日してましたが。。」と申したところ「自賠責はやりたい放題だけど、健保は保健基金から目をつけられてうちの病院が全額払わなきゃならない」と言われました。
そんな理不尽な事があるのでしょうか。
痛みを訴えてて、しかも症状は人それぞれではありませんか。
自賠責では医師は何でもできて、健保では同じ病気ではできないなんてあまりにも理不尽でなりません。
そんな決まりはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

厚生労働省・協会けんぽの、問題です。
直接、電話を。
お大事に。

Q私って盲腸\(゜ロ\)(/ロ゜)/でしょうか??

私は、(中)3なんですが・・今日の昼頃に急に右のおへその横辺りがなんともいえない、体を一歩も動かせないくらいの痛みに襲われて、薬局に売っている腹痛や生理痛に効く薬を飲んだら痛みは治まりました。そのことを言うと友達や親は盲腸だ!というのですが、大きな病気をした経験もないし、盲腸は手術をしなければならないらしいし、私は、注射も駄目な怖がりなので、あまり病院に行く気になれません。それに今まで右の脇腹あたりにこんな痛みが起きたことはなかったし、急だったので本当に盲腸なのか??と疑っています。もし盲腸の可能性が高いなら、病院にいこうと思っているのですが、この症状はやはり盲腸なのでしょうか??

Aベストアンサー

ひょっとしたらひょっとするかもしれませんね。
早い事、病院行ったほうがいいですよ。
わたしは盲腸を経験しました。
わたしの場合、夕方ごろに右下腹部が質問者様のように突然痛み出し、夜寝るころになると、強烈な痛みが走ってのた打ち回り、
病院へ連れて行ってもらうころには痛みで何も喋れませんでした。
質問者様の場合、鎮痛剤で今痛みが治まっていると思うので、薬が切れると今以上にひどい痛みに襲われるかもしれませんね。

Qどこか近くに漢方薬局は?

千葉から成田方面。あるいは江戸川辺りまでで漢方薬局をご存知の方、教えてください。
先生の可否もあるでしょうが、脈などを取ってからだの状態を良く診て下さる先生がいると良いのですが。

Aベストアンサー

細かいところまでは分かりませんが、とりあえず。

++ インターネットタウンページ ++ も使えると思います。

>> http://itp.ne.jp/servlet/jp.ne.itp.sear.SCMSVTop <<

▽ 医療 & 健康 タウンページ

>> http://itp.ne.jp/topics/health/ <<

ご参考までに。

参考URL:http://itp.ne.jp/topics/health/

Q本当に盲腸でしょうか??

数日前に吐き気・下痢・腹痛の症状が出て病院にいきました。
触診とエコー検査をしたところ「軽い盲腸」とのことでした。血液検査・尿検査もしたのですが、尿に異常は無し、
白血球数は4800でした。

最初に病院に行った日に点滴をして、抗生剤を処方してもらいました。

その後下痢はおさまりましたが、胃の不快感は変わりません。なんとなくお腹の右下のあたりが痛い感じもします。

盲腸と言うと、立って歩けなくなるほど痛くなるものだというイメージがあるので、本当に私は盲腸なのだろうかと
不思議に思っています。
もし本当に盲腸だとしたら、抗生剤を飲んで治るものなのでしょうか??

どうかアドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

一般に「盲腸」と言われるのは「急性虫垂炎」のことです。

これも程度により症状や治療が変わります。軽いものなら、手術を避けて抗生剤などで様子を見ることがあります。

手術をしない場合、虫垂そのものを確認する機会がないため、本当は急性炎症がなかったということもあります。ただ、虫垂炎の確信がない場合でも、虫垂炎見込みで抗生剤を投与するのが普通です。

炎症が強くなり、虫垂周囲の腹膜にまでおよぶと、「腹膜刺激症状」と言われる強い痛みが発生します。こうなると確かに立って歩くのが苦痛でしょう。これは手術の対象になります。

更に重症化すると虫垂の壁が破れて腹膜炎になります。これだけは避けたいですね。

患者さんの利益を考えて、軽い炎症ならできるだけ切らずに抑える、虫垂炎の疑いがあれば見込みの段階で治療を始めた方が安全、というのが治療の原則です。

Qお灸について

さかごでない妊婦がさかごなおしに効くお灸をしたら、どうなるのでしょうか?
逆に逆子になってしまったりするのでしょうか??
教えてください。

Aベストアンサー

補足質問拝見しました。このサイト見る時間が無く遅くなって済みませんでした。
>今9ヶ月でずっと逆子状態です。(横位)
胎児が大きくなりすぎますと治りにくい傾向がありますので早いほうが効果がある様です。
お住まいが東京でしたら世田谷区瀬田の日産厚生会玉川病院の産婦人科・もしくは東洋医学科に受診されると良いと思います。
都内でない場合でしたらhttp://www.hariq.net/
でもよりの地域で検索してみては如何でしょうか。
逆子の臨床経験があり解答が納得の出来る所がよいと思います。
また、相性もありますし親身に対応して下さる方がベストですね。
善き出会いがありますように。

参考URL:http://www.hariq.net/

Q盲腸が破裂しており、飲まず喰わずの生活を余儀なくしています

父親が検査入院の中で盲腸を起こし、手術をして盲腸を切除しました。
盲腸は既に破裂していて、腹部に痛みを感じるようになってから14時間後の手術でした。
盲腸でも、既に破裂してしまっているタイプの場合は飲まず喰わずの生活が数日間続き、
同時に術後の副作用で高熱が数日間続くという旨を聴きました。
また、飲まず喰わずの生活が続くからなのでしょうが、幻覚が見えたり感じたりするようです。
現在、実際にその病状にあるのですが、何日ぐらいで食事が取れ、熱や痛みが引くようになるのでしょうか?
父親は現在57歳ですが、もともと体中に多くの疾患を抱えているので、食事も睡眠もとれず、熱も痛みも引かずに苦しんでいる姿は痛々しくてたまりません。
実際にこのような症状を経験された方や、こういった病状に詳しい方は教えて下さい。

Aベストアンサー

私の息子が5歳の時に、盲腸が破裂して2週間ほど入院しました。
最初熱が出て、風邪かな?くらいにしか思ってなかったのですが、
とにかくぐったりとしていて、腹痛を訴えた時にはもう破裂していました。
小さかったので、かかりつけのお医者さんも、まさか盲腸だとは思わなかったようです。
お腹が痛いとも言わなかったし。

緊急手術後、1週間くらいは点滴のみの生活だったように思います。
それからは、重湯→煮魚と徐々に普通の食事に戻りました。

しばらく食事がとれないのは仕方ないと思いますが、
どれくらいから食事がとれますか?とお医者さんに聞いてみるといいと思います。
痛みに関しては、訴えれば痛み止めなどを処方してくれるのではないでしょうか?

熱がどれくらいかは分かりませんが、腹膜炎による炎症を起こしていると思うので、
しばらくは続くかと思いますが、心配なことがあれば、担当のお医者さんに聞いてみるのが一番だと思いますよ。

Q92歳の祖母の手術についてご質問させていただきます。病名は穿孔虫垂炎に

92歳の祖母の手術についてご質問させていただきます。病名は穿孔虫垂炎による腹腔内膿瘍です。膿は虫垂の脇にこぶし位の大きさがあります。約1週間絶食し、抗生物質(フルマリン)投与の科学治療を受けておりますが担当医より手術を勧められております。手術は大腸を半分ほど切断し、小腸につなぐ事になります。当然のこととして、全身麻酔、みぞおちからへその下まで開腹する大手術です。科学治療では回復の見込みはないと言われております。手術が成功すれば入院前と同じ日常生活が戻ってきますが、うまくいかなかった時のことを考えると、つらい思いをさせたくはありません。合併症も考えられます。寝たきりになるかもしれません。痴呆になるかもしれません。本人を含め家族全員、手術がうまくいかなかったことを考えると手術をする決断が出来ません。「手術をした方が良いか」皆様のご意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

手術はお勧めします。今の状態では食事は摂れない状態が続きます。当然寝たきりになる可能性は手術でうまくいかなかった場合同様高くなります。また、今は抗生剤により菌の繁殖が抑えられていますが、もし抑えきれなくなった場合腹膜炎を起こし命の危険があります。
今では90歳代の全身麻酔での手術は珍しくはありません。絶対大丈夫とは言い切れませんが、今の状況よりは回復の見込みは高いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報