ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

夫(35歳)の生命保険の加入を検討中の主婦です。子供が一人おります。夫の年収は、500万円です。保険には、素人の為、初歩的な質問をさせて頂きます。

夫の死亡保障として、終身保険と収入保障型保険(定期保険)の組み合わせが良いことが分かりました。
しかし、自分なりに調べましたら、下記の通り、「死亡保障額」の提案がマチマチなので、混乱しています。
保険にお詳しい方に、どの金額が妥当なのか、ご教示&アドバイス頂けたらと思います。
また、「終身保険の必要性」についても教えて頂きたいです。貯蓄で賄えるのであれば、不要なのでしょうか?

●「保険代理店」で設計をして頂いた提案
・終身保険・・・1,000万円
・収入保障・・・4,000万円
合計 5,000万円

●「生命保険の書籍」
・終身保険・・・300万円(夫の葬儀費用代)
・収入保障・・・3,000万円(夫:サラリーマン 妻:専業主婦の場合)
合計 3,300万円

●「保険選びのサイト(パソコン上のサイト)」
・終身保険・・・100万~200万円で充分
(貯蓄がそれなりにあれば、終身保険は不要!!)
・死亡保障額(終身保険+収入保障)は、年収~年収の3倍までにしておくのが良い。年収が500万円であれば、500万円~1,500万円までにしておくのが妥当。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

そもそもの保障額の総額がバラバラですね。


根本的に考え直すことをお勧めします。

キャッシュフロー表を作成してもらいましたか?
キャッシュフロー表とは、ライフプラン(これからの予定)に基いて、これから30年、40年後までの毎年の収支(収入、生活費、教育費、住宅費、などの支出)と累計の収支を一覧表にしたものです。
この表を使って、夫様が亡くなれたときのシミュレーションをして、必要保障額を計算します。
夫の収入を遺族年金、支出から夫の分を差し引けば、必要保障額がわかります。

終身保険ですが、このように算出した必要保障額と支払余力を考えれば、どのような保険が良いのか、分ってきます。

例えば、お子様が高校、大学へ進学するときに、生活が苦しくなると、保険料の支払いも苦しくなり、進学費用のために保険を解約すると言うことになってしまいます。
中途解約すれば、どんな保険でも不利です。
つまり、こうなることが分っていれば、終身保険に契約する意味はありません。
それよりも、貯金するべきだからです。

終身保険は、終身で保障されるだけでなく、解約払戻金を使って、老後の生活費にもできる……と、PRされていますが、そのまえに、学費の支払があります。
まずは、先に支払う分の資金を確保するべきです。
一方で、教育ローンを借りながら、終身保険に保険料を払うというのは、穴の開いたバケツに水を入れているようなものです。つまり、無駄遣い。

住宅を購入していないなら、住宅の購入費も準備しなければなりません。
住宅ローンの金利より有利な利率の終身保険は存在しません。
ならば、頭金を貯めることに力を注ぐべきです。

結論
キャッシュフロー表によるシミュレーションが必要です。
そうすれば、お金には出て行く順番があることも一目瞭然です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

rokutaro36様には、以前にも何度かご回答頂いております。いつも丁寧にお答え頂きまして、本当にありがとうございます!!
キャッシュフロー表によるシミュレーション、保険代理店で作成して頂きました。

まずは、先に支払う分の資金を確保するべきでなんですね。全く意識しておりませんでした。目から鱗です!!まずは、子供の進学費用を優先的に考え、生命保険を解約しないで済むように、備えたいと思います。

お礼日時:2008/11/19 01:36

 終身保険が必要かということは、あなたがどのように考えるかです。


 保険は、不測の事態に備えるものですから、貯蓄で代替するとその貯蓄は万一のために備えて解約できなくなります。一生解約しなくてよい貯金があるのなら、終身保険は必要ありません。
 「今は一生解約しなくてよい貯金は今は無い」という場合に、終身保険がおすすめとなります。
 終身保険は将来解約すると返戻金が戻ってきます。年金受け取りも選択できます。いま、資金に余裕があれば終身保険でお金を貯めるものひとつの方法です。貯金のほうが解約しやすいので、残しておきたい分は保険で積立しておくという人もいます。
 終身保険は 保険料が掛け捨てタイプに比べて高めになっています。お金の余裕があれば終身保険に、掛け金を抑えたいなら掛け捨て保険と状況に応じて使い分けるのがよいでしょう。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。確かに、貯金のほうが解約しやすいですよね。是非、ご意見を参考にさせて頂きます。終身保険、掛け捨ての保険をうまく活用したいと思います。

お礼日時:2008/11/19 01:16

何も手付かずで置いておける貯蓄があるのであれば、終身保険はいらないんじゃないでしょうか?ほとんどの方は今からお葬式代等の整理資金を準備している人はいないと思います。

住宅のため、教育費のため、事業のため、老後のためといろいろな目的で貯蓄をされていると思います。お葬式代として終身保険で準備するの最大のメリットは、貯蓄であればかかった分が目減りしてしてしまいますが、保険であれば、入って1ヶ月後でも契約した保険金が受け取れます。また、同様な理由になるかもしれませんが、払った保険料以上の死亡保障が必ず受け取れるところです。よって、お墓があるのであれば、最低200万~300万くらいでいいのではないのでしょうか?なければさらに200万くらいプラスで何とかなると思います。ただ、インフレを考慮してませんので、ご心配であれば少し多めにかけるか、変額終身もいいのかもしれません。

収入保障も、(1)奥様が働く働かない(2)遺族年金の額(3)奥様の年齢(奥様が何歳まで保障してもらうようにするのか)(4)生活費(毎月の)で変わってきますので、何とも言えません。毎月の保障額が低くても期間が長いとそれなりの合計保障額になると思います。

仮に 月に10万円を保険から受け取れるようになったとして、奥様の年齢がご主人と同じ35歳で、 ご主人が生きていたら65歳まで(奥様も65歳)もらえるとしたら

合計の保障額としては 10万円×12ヶ月×30年=3600万円になります。 こんな感じで、金額が決まるので、このあたりの数字を、
教えていただければ、おおよその適正額は出るのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な金額を出して頂き、とても分かりやすいです。
葬式代として、200~300万円。遺族の生活費として、3000万~4000万円。保険代理店でもこのような金額の提示がございました。一般的なサラリーマン家庭ですので、この金額に当てはまると思います。是非参考にさせて頂きます。ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/19 01:22

初めまして 二児の母です。



終身部分ですが、100から200万では 足りないと思います。
男性ですから、最低でも300万は必要じゃないでしょうか。
と言うのも、お墓がある/無し にも関係しますが、
実母の葬儀では(女性なので比較は正確じゃないですが)250万掛かってます。 その他墓地の購入、葬儀に関しての雑費(お通夜前等の親戚等の食事)
女性でも200万は最低ラインだと思ってます。

定期部分が3000万は これも 持ち家か賃貸かによって変わります。
賃貸ならば、今後も何処が住む場所を探さないとなりませんし、若干安い賃貸に住むとしても家賃は発生します。
持ち家だと 団体保険に加入しますから、住宅ローンは0円になり、債務はありませんので、3000万は削る事も可能でしょう。

お子さんが一人 と言うのも 今後御兄弟も考えているのなら お子さんの学資保険も必要になるでしょうから さほど旦那様の保険に重点を置く訳には行きません。
予算にもよりますが、月給の1割が 家族全員の生命保険支払いの限度じゃないでしょうか。
30万の月収なら 旦那様&奥様&お子様の生命保険支払いは3万円。

他に加入するのなら 個人年金も考えた方が良いです。
私も同世代ですが、年金は貰えるとは思いますが、確実に65歳になります。60歳定年し貰える迄の5年間が困りますからね。
10年確定の個人年金に加入して(それは生命保険では無く 貯蓄と考えて)終身部分400万にして定期部分を1500万にします。

定期部分は 10年や15年で更新になりますので、更新時には支払い金額が倍になったりしますので、あまり無理の無い様にした方が良いです。
我が家の場合ですが、住宅ローンがありますので、終身540万、定期1500万にしました。
5年後更新ですが、更新はせず、掛け捨ての県民共済に加入します(終身部分のみ継続)
幸い、子供も 5年後には高校卒業と入学になりますので、県民共済で1500万の定期部分を支払った方が 断然安いので。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

詳しく説明して頂きまして、本当にありがとうございます。お子様をお持ちのお母様からの回答、是非参考にさせて頂きます。月給の1割が 家族全員の生命保険支払いの限度と、どの本にも書いてありますね。無駄が無いように、最低限度の保障で考えたいと思います。個人年金の加入については、考えておりませんでした。是非検討させて頂きたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/19 01:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一般的に死亡保障額はいくら必要?定期と終身では全然違うが・・・

現在29歳、既婚、今年末に第一子誕生予定、生命保険未加入の、サラリーマン男性です。

終身保険と定期保険とを比べていたら、死亡保障額が
全然違うことに気づきました。
払える月額を2万円程度までとして、そのときの死亡保障額を調べてみると、終身保険だと約1,000万円。定期保険だと約3,000万円のようです。
(定期保険は年齢によって異なりますので、30歳で6千円、40歳で1万円、50歳で2万円の月額、というケースを上記では使用しました。)

1,000万円では、なんだか足りない気がします。しかし、終身保険でそれ以上の保険額を望もうとすると、月額が増えてしまいます。しかもそもそも、終身保険でそれ以上の保障額を設定している保険会社はあまりないようです。
かといって下手に定期付終身保険などにすると、月額が膨大になりそうで、手を出せません。

「死亡保障は終身保険のみ」という方に質問なのですが、まだ小さい子供を抱えている場合、この金額でも足りるものなのでしょうか。

この質問は言い換えると、自分の必要保障額がわかっていないのでそれを知りたい、ということなのかもしれません。ただそこで、皆さんは死亡時の必要保障額をいくらで計算しているのか、ということを参考にさせて頂きたいと思い、質問しました。

現在29歳、既婚、今年末に第一子誕生予定、生命保険未加入の、サラリーマン男性です。

終身保険と定期保険とを比べていたら、死亡保障額が
全然違うことに気づきました。
払える月額を2万円程度までとして、そのときの死亡保障額を調べてみると、終身保険だと約1,000万円。定期保険だと約3,000万円のようです。
(定期保険は年齢によって異なりますので、30歳で6千円、40歳で1万円、50歳で2万円の月額、というケースを上記では使用しました。)

1,000万円では、なんだか足り...続きを読む

Aベストアンサー

死亡保障額の一つの目安は、こんな風にかんがえればわかりやすいかと思います。
まず保険はあなたが生きておれば当然給料を稼いできます。が万一の時には、残された家族に給料が入らなくなりますので、それを補うために保険に入ると考えると、本来給料のあるだろう定年まで掛ければよいということになります。
次に、あなたに万一のことがあった後、遺族が生活していくためにいくらお金が必要でしょうか?月20万あれば生活できますか?もし万一時に遺族に月20万円分の保険金をのこしてあげたいなら、20万×12ヶ月×31年(60才定年として)=7440万の保険金が出ればあなたはもういませんが月20万円の手取り給料の60才までの稼ぎを遺族に残してやれるののです。
7440万とは大きいなーとおもうでしょ、実はサラリーマンの方が亡くなった場合遺族年金が月12万くらい遺族に支給されます。お子さんが18歳になると減額されますが、9~10万くらいはありますので、今万一のことがあっても計4000万くらいの支給があるのです。よって3500万くらいの保険をかけておくべしという考え方です。
あと月20万分の生活費は確保されたと言えども、残された奥様の老後の資金が心配です。年金だけでは生活は無理で1000万は最低老後に確保しておかねばなりませんが、残された奥さんは、いくらか働くと思いますので、そのあたりも考慮して保険金額を設定していきます。
遺族の住むところは確保されているという仮定で、まー3000万から5000万くらい方が多いように思います。
そこで3000万をすべて定期保険60才満期(掛け捨て)で安く掛けるもよし、1000万くらいは貯蓄性の高い終身保険で残り2000万は定期保険特約(掛け捨て)にしてもよし。というかんじでしょうか。

死亡保障額の一つの目安は、こんな風にかんがえればわかりやすいかと思います。
まず保険はあなたが生きておれば当然給料を稼いできます。が万一の時には、残された家族に給料が入らなくなりますので、それを補うために保険に入ると考えると、本来給料のあるだろう定年まで掛ければよいということになります。
次に、あなたに万一のことがあった後、遺族が生活していくためにいくらお金が必要でしょうか?月20万あれば生活できますか?もし万一時に遺族に月20万円分の保険金をのこしてあげたいなら、20万×...続きを読む

Q1ヶ月の保険料の平均は?

はじめまして。私は現在29歳、妻(28歳)です。
月収は1ヶ月平均手取りで20万円くらいです
いったい、皆さんは1ヶ月にどれくらい保険料を払っていますか?
私は現在、私と妻の生命保険等で合わせて、月3万円くらい払っています。
皆さんの意見を聞かせてください
お願いします。

Aベストアンサー

一世帯あたり平均5万円前後といわれています。
収入から計算すると、15%20%貯蓄と保険に分散するのが理想と言われています。20万円の収入なら夫婦、子供合わせて3万から4万といったところでしょうか。ただここに貯蓄部分も含まれていますので、加入の生命保険に貯蓄機能がついていなければ、貯金も必要ということになりますね。

Q終身保険 小学生でも分かる説明

私20代、旦那さん30代なのですが、保険にまったく入ってません。
子供もいるのでちゃんと考えないといけないと思いつつ保険のことがまったく分かりません。
いろいろ調べても用語の説明すら理解できない状態で・・・
ちなみに旦那さんも保険には疎いです。
家計は普通です。 
ただ教育資金、家購入資金、老後資金も貯めていかないといけないので保険で損はしたくないです。
保険会社に行ってもこちらが無知なので変な保障つけられそうで怖いです。
あまり裕福な家庭ではない場合、掛け捨てがいいと聞いたのですが、私としては老後に、預けたお金以上に戻ってくる保険がいいのですがそんな保険ありますか?
そもそも終身保険って得するのですかね?
夫婦で終身保険入ったほうがいいのですか?
質問は

1、老後に、預けた以上のお金が戻るか。
2、夫婦で終身保険はいったほうがいいか。
3、保険料の支払い途中に死亡または障害が残った場合はどうすればいいか。
4、終身保険のメリットデメリット
です。
  
本当に保険用語分からないので小学生でもわかるような回答お願いします!

Aベストアンサー

こんにちは、では早速ですがアドバイス申し上げます

Q1.老後に預けた以上のお金が戻るか?
A1.はい戻ります。(但し途中解約したりご契約された保険会社が倒産した場合は払い込んだお金よりも少ない金額となります)。
例えば、30歳男性で死亡保険金1000万円で月約18000円を60歳迄支払ったら支払総額合計約650万に対して解約した場合のお客様の受け取りできる金額(解約返戻金)は約710万です。
このお金で御質問者様の年金上乗せにできます。60歳で無くても50歳や10年払いとかお客様が支払期間を選べます。ちなみに一般的に会社員は60歳払い、お医者さんや会社の社長さんは10年払いが多いようです。

Q2.夫婦で終身保険に入った方がいいか?
A2.はい。男女老若関係無く人は誰もが死を迎えます。その時のお葬式代やお墓代、残務整理のお金などが必要になります。愛する旦那さまや奥様がもしお亡くなりになったら、どんなお葬式やどんなものを棺おけの中に入れてあげますか? お花をいっぱい飾ってあげたいですか?

Q3.支払い途中について
A3.死亡されたり高度障害の場合はお金が支払われます。高度障害は両手が永久に使えない状態、または両足が永久に使えないなどの状態です。

Q4.メリット、デメリット
A4.メリットは(1)一生涯の保障が続く (2)払い込み終了後は払い込み総額よりも解約返戻金のほうが多い更にそのままにすれば解約返戻金が増加する (3)保険料は契約した時の年齢で決まり、払い込みまで変わりません。更新されません。 (4)払い込んだお金がほぼ全額戻ってくるのでそのお金で年金や旅行などのいろいろな事に使える。(5)支払い期間が選べる (6)万一の場合は、貯金は貯金したお金だけしか受け取れない 保険は仮に3年後に万一の事があった場合契約された保険金を残された御遺族が受け取れる
デメリットは(1)途中解約の場合は払い込んだ総額よりも受け取るお金は少ない 

一度、お勤め先の会社の社長さんや行きつけのお医者さんや御質問者様の御両親などにも伺ってみてください。

以上参考になれば幸いです。

こんにちは、では早速ですがアドバイス申し上げます

Q1.老後に預けた以上のお金が戻るか?
A1.はい戻ります。(但し途中解約したりご契約された保険会社が倒産した場合は払い込んだお金よりも少ない金額となります)。
例えば、30歳男性で死亡保険金1000万円で月約18000円を60歳迄支払ったら支払総額合計約650万に対して解約した場合のお客様の受け取りできる金額(解約返戻金)は約710万です。
このお金で御質問者様の年金上乗せにできます。60歳で無くても50歳や10年払いとかお客様が支払期間を選べます。...続きを読む

Q医療保険って必要ですか?

こんにちは。現在損保ジャパンの医療保険に入っています。月5000円くらいです。
母が、癌になり保険に入っていなかった為、私自身はガン保険に入ろうと色々検索していました。
ふと、思ったのですが、医療保険って必要なのでしょうか?
母は癌で今抗癌剤治療も受けています。手術で入院したのは3週間、その後は抗癌剤のため2,3日の入院が半年続きます。
癌でも3週間の入院、しかも高額医療費控除でかなり帰ってくるとのことでした。
癌家系なので、ガン保険は入ろうと思ったのですが、医療保険は本当に必要なのでしょうか?入っていない人もいるのでしょうか?

Aベストアンサー

saku058さん

「医療保険に入れずに、老後を迎え、まともな治療を受けずに我慢している人たち」
私も、こんな方々が本当にいるのか知りたい一人です。

保険専門家の方々はsaku058さんの不安を高めようとする方向にしかアドバイスなさらないようですので、違った観点からの意見も。

ある病気の治療法に効果があると確認されたものは、健康保険の適用があるものと認識しています。
健康保険の適用があれば、自己負担割合は3割。さらに一定の金額を超えれば自己負担額は上限がほぼ決まっています。(高額療養費制度)

No.8の方がご紹介されていた治療は、おそらく「先進医療」に該当する治療法だと思います。
こちら(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4103494.html)に記載しましたが、先進医療とは、「臨床試験や諸外国の実績でそれなりの効果があると判定されたものの、まだ健康保険の対象とするには症例が十分でない検査や治療方法のことである。」とのことです。つまり、健康保険を適用されるまでもう一歩の段階の治療法、ともいえるのでしょうか。
この治療を受けた場合には、確かに健康保険の適用がなく、高額療養費の適用もありません。

先進医療のうち、「中でも一番高いのが重粒子医科学センター病院の固形ガンに対する重粒子治療で315万円となっている。一方、DNA診断などでは1万円を切るものもある。」

この重粒子治療を受ける確率は、人口百万人に3人程度です。

このくらいの確率で、万万が一この治療を受けたとして、保険会社からもらえる金額は100万円程度。
(「先進医療を受けたら、抽選で1名様に1戸建て住宅をプレゼント」というような特典でもあるならともかく、保険料を払って、百万分の一程度の確率をかいくぐったとしてもこんな程度です。)

例えば、火災保険や自動車任意保険の場合は、確率だけで決められないかもしれません。それは、
たとえ確率は低くとも、意に反して、万一火災や事故を起こして、数千万円もの修復費用や賠償金はとても自己資金では払えないと思っているからです。

一方、医療保険で払われる金額はどうでしょう。万一入院で10万円程度、先進医療を受けてさえ100万円程度。生涯で百万円を超えるような保険料を払う意味がありそうですか?

また、他の方が「健康保険適用外の抗がん剤や未認可(認可前)の治療は自由診療」となり、全額自己負担とおっしゃっていました。
しかし、治療効果が確認されているものは、そもそも健康保険適用となるのではないでしょうか。
効果は未知数だが藁にもすがる思いで受ける治療が「自由診療」となるのでしょうか。

ちなみに、私の知り合いの例をご紹介します。
その方は、治療法のない特殊なガンになりました。
病巣を切除する以外治療法のないガンです。
切除できない部位にガンが発生したらもう手の施しようがありません。
その方は、一つ目に入院した病院から紹介されて、その特殊なガンの治療法を研究している教授がいる大学病院に転院しました。

通常の治療法では対処できません。
そこで本人納得の上で、未承認の薬を投与されました。つまり、藁にもすがる思いで、その薬の効果を試す実験台になったのです。その薬は当然健康保険の適用はありません。

では、その人は健康保険の利かない「自由診療」により数百万円の治療費を払ったのか?
答えは"NO"です。その治療に要した費用はゼロ円-つまりタダ-でした。
なぜか、その薬の投与が研究材料だったからです。
(残念ながら、その方には、その薬の効果はありませんでしたが。)
病気の治療にはこんなこともあるのです。

また、いわゆる「難病」になった場合には、その治療費の自己負担額は極めて低く抑えられる公的制度もあるようです。
http://www.nanbyou.or.jp/what/nan_kenkyu_45.htm

>あなたにとって医療費に不安がなくなるだけの十分な預金額はいくらでしょう?

これがわからないから、一般の人は不安になるのです。それを指し示すのが本来の保険営業員の仕事のはずです。
ただ実態は、具体的なデータを示さず、極端な事例を示して客の不安を煽るばかり。

ある事態が発生する確率、その場合の発生費用。
それに、健康保険制度にある援助制度。(サラリーマンであれば、最大1年半、給料のおよそ6割が給付される「傷病手当」という公的制度があります。)

本当は、営業員は、客に適切な判断を促す客観データ等を示したうえで、
それでも医療保険は必要ですか? 必要だとしたらどれほど必要ですか?
と問うべきだと思うのは私だけでしょうか。

saku058さん

「医療保険に入れずに、老後を迎え、まともな治療を受けずに我慢している人たち」
私も、こんな方々が本当にいるのか知りたい一人です。

保険専門家の方々はsaku058さんの不安を高めようとする方向にしかアドバイスなさらないようですので、違った観点からの意見も。

ある病気の治療法に効果があると確認されたものは、健康保険の適用があるものと認識しています。
健康保険の適用があれば、自己負担割合は3割。さらに一定の金額を超えれば自己負担額は上限がほぼ決まっています。(高額療...続きを読む

Q手取り21万 家族3人 やりくり教えてください 貯金がしたい

大人2人 9か月の赤ちゃん1人の3人家族です
旦那の給料は平均して21万ほどです。賞与は年2回合計40万です。
毎月赤字です。貯金をきりくずしています。泣
今後を考えなんとか貯金をしたいのですが・・・

保険料は信頼できる会社で昔からの知り合いの方にプランを立ててもらいました。
余分な保険はかけていませんが、やはり掛け金をすくなくするべきなのでしょうか?

車は軽とミニバンです。車検や車税がある月は大幅にマイナスになります。
田舎なので車は2台ないととても生活できません。

酒、たばこなどの嗜好品一切なしです。

21万あればできるはずだと思うのですがなかなか、、、
やりくり上手な方教えていただきたいです。


食費     30000
生活雑貨   5000
家賃     44000 
車保険    4000
ガソリン   8000  2台分です
光熱費    15000
携帯     17000
通信費    5000  パソコン・NHK
旦那こずかい 20000
妻こずかい  0~5000
美容     4000
子供費用   10000  習い事 おむつなど
外食・レジャー20000
保険     41500

大人2人 9か月の赤ちゃん1人の3人家族です
旦那の給料は平均して21万ほどです。賞与は年2回合計40万です。
毎月赤字です。貯金をきりくずしています。泣
今後を考えなんとか貯金をしたいのですが・・・

保険料は信頼できる会社で昔からの知り合いの方にプランを立ててもらいました。
余分な保険はかけていませんが、やはり掛け金をすくなくするべきなのでしょうか?

車は軽とミニバンです。車検や車税がある月は大幅にマイナスになります。
田舎なので車は2台ないととても生活できません。
...続きを読む

Aベストアンサー

思わず二回計算してしまったが、予算の段階で収入を上回っているじゃないか!
これじゃ、破綻に向けてまっしぐらだね!^ω^b

まずは、携帯が高すぎ。
どんなプランに入っているのか知らないけど、スマホ2台使いでも3000円/月以上削れるはず。
つーか、ガラケーに替えたらいいんじゃないかな?うん、替えよう。
1万円以上の削減になるはず。

ミニバン。車種は分からないけど、これってせめて「中古」の軽に替えられないかな?うん、替えよう。
ガソリン代、車両税、車検代、タイヤ代、オイル交換代等々、さまざまな経費が浮くはず。

美容月4000円って、なにかな?
破綻が目に見えている状況で、美容もあったもんじゃないと思うが、男のおいらには理解しがたいが、、許す!

外食レジャーが多すぎ!!
子供のことを考えればレジャーの費用を削るのはかわいそう、、って、まだ9ヶ月やないかい!!!
純粋に両親の遊び金かい!!!!!
1万円以上削減することをオススメする。

保険は妙に高いけど、学資保険が高いのかな?
もし、両親の保険がメインだとすれば、見直しした方がいいかも。

保険って商品は、契約者が損するような設計になっているので、損得の話はしないが、本当に自分達の人生設計に合っているものなのか、再考の余地があるんじゃないかな?
見直した結果、共済保険(数千円/月。還付金あり)でよかったとか、こんなにデカい保障は不要だったとか、結構ありますよ??

社会保険に加入している会社員本人なら、入院費用が、実はほぼ0円負担って知ってますかい??
(場合によるけど。詳しくは会社の担当者にでも聞いてくれたまえ。)
もちろん、入院中も家族の生活があるから、貯金が潤沢に無い限り、無保険って分けには行かないけどね。

入院中の出費をすべて保険でカバーしようなんて考えると、保障が膨らんで、結果保険料がとんでもない金額に!!!
しかも、保険料の割りにほとんど使っていない!!!!!ってのがほとんどの方です。
(医療・生命保険を使わないってことは、病気とかしてないってことだからいいことなんですが)
備えも大事ですが、なんでも適正ってもんがあるからね。

あとは、旦那さんの収入を増やすことと、貴女も働ける環境になったら働けるようにしておくことが大切ですね^^

思わず二回計算してしまったが、予算の段階で収入を上回っているじゃないか!
これじゃ、破綻に向けてまっしぐらだね!^ω^b

まずは、携帯が高すぎ。
どんなプランに入っているのか知らないけど、スマホ2台使いでも3000円/月以上削れるはず。
つーか、ガラケーに替えたらいいんじゃないかな?うん、替えよう。
1万円以上の削減になるはず。

ミニバン。車種は分からないけど、これってせめて「中古」の軽に替えられないかな?うん、替えよう。
ガソリン代、車両税、車検代、タイヤ代、オイル交換代等...続きを読む

Q40歳・専業主婦 生命保険の見直し

現在契約の生命保険の更新が近づき担当者から新しい保険を勧められ、決断を迫られているのですが、ネットなどで調べたりしたものの、煮詰まってきてしまいました。
お詳しい方にお知恵を解釈したく投稿させていただきます。

家族構成
夫42歳(会社員) 年収約500万円
私40歳(現在専業主婦) パート求職中
娘14歳(中2) 公立高校入学予定、大学は奨学金利用予定。18歳時に学資保険80万円おりる予定。

住宅ローンなし、今後も予定なし。


現在契約中の保険内容です。
死亡・高度障害(一時金)(定期保険特約)        490万円(一時金)
死亡・高度障害(一時金)(終身保険)           110万円(一時金)
3大疾病(3大疾病保障定期保険特約)         300万円(一時金)
病気による身体障害(疾病障害保障定期保険特約) 100万円(一時金)

骨折・関節脱臼・腱の断裂で治療(特定損傷特約)   5万円(1回に付き)
病気やケガで入院                       5万円(1回に付き)
総合医療特約(124日型)                   1万円(日額)
(女性特定疾病倍額型 日額2万円)

現在の保険料 7578円(月)
更新後の保険料 10418円(月)

ここ1年ほどはパートもしておらず、今後働いたとしても家計に加える感じではないので、毎月1万円以上の保険料は高いな、と感じたので、担当者にその旨を伝え、終身は外し(葬式資金は貯蓄からと考え)、医療部分も小さくしたいと伝えたところ、以下のような内容のプランが届きました。

死亡された時(定期保険)                 300万円(一時金)
3大疾病                           300万円(一時金)
病気・ケガによる身体障害(身体障害保障保険)  100万円(一時金)
要介護状態(介護保障保険)               300万円(一時金)


骨折・関節脱臼・腱の断裂で治療(特定損傷保険)   5万円(1回に付き)
病気やケガで入院                     25000円(1回に付き)
総合医療保障(124日型)                  5000円(日額)
がんを直接の原因とする入院(がん医療保険)    10000円(日額)
(女性特定疾病で入院の場合・10000円/日) 

保険料 8174円
15年後の更新時からは 17231円


はじめは希望を取り入れてくれ、保険料もまあまあかと思ったのですが、いろいろ調べていくうえで、終身部分は貯蓄で蓄えるよりも保険でかけたほうがいいのかもと考えるようになりました。
しかし、上記の新しい保険に終身を付けたら結局1万円くらいの保険料になりそうだし…。

私の希望としては、がんなどの病気にかかった時にある程度安心な医療保険と介護が必要になった場合と死んだ後に一人娘に負担がかからないようにしたいというところです。


情報が足りないようでしたら補足します。

どうかご教授お願いします。

現在契約の生命保険の更新が近づき担当者から新しい保険を勧められ、決断を迫られているのですが、ネットなどで調べたりしたものの、煮詰まってきてしまいました。
お詳しい方にお知恵を解釈したく投稿させていただきます。

家族構成
夫42歳(会社員) 年収約500万円
私40歳(現在専業主婦) パート求職中
娘14歳(中2) 公立高校入学予定、大学は奨学金利用予定。18歳時に学資保険80万円おりる予定。

住宅ローンなし、今後も予定なし。


現在契約中の保険内容です。
死亡・高度障害(一時金)(定期保険特約)   ...続きを読む

Aベストアンサー

現在の保障内容は日本の大手保険会社だと思いますが、本当に保険が必要になるご年齢では保険料が高過ぎて継続できなくなるでしょう。
まず見直すなら日本の大手保険会社から縁を切りましょう。(あくまでも健康上問題ないことが前提です)

ご参考例を一つ。

富士生命がんベストゴールド:診断給付金200万円・先進医療特約(悪性新生物・上皮内新生物同額・上皮内新生物でも保険料免除)・・・保険料3,060円
※ガンの場合、入院給付金が2万円あろうが3万円あろうが入院が短かったり、入院が無かったりしたら何の役にも立ちません。診断給付金ならば何でも使えるので一番効果的です。

オリックスCURE60日型:入院日額5,000円(3大疾病入院無制限・4大疾病120日まで)・手術20万円(通院手術5万円)・先進医療・・・保険料2,022円

メットライフアリコ終身保険:保険金100万円60歳払込済・・・保険料3,149円

合計8,231円  ※全て終身のため更新なしで保険料は一生上がりません。60歳以降はの保険料は5,082円

これに限らず外資系・通販系を組み合わせていけば本当に必要な保険が安く契約できるものです。
健康なうちが最後の見直すチャンスです。
あくまでもご参考まで。

現在の保障内容は日本の大手保険会社だと思いますが、本当に保険が必要になるご年齢では保険料が高過ぎて継続できなくなるでしょう。
まず見直すなら日本の大手保険会社から縁を切りましょう。(あくまでも健康上問題ないことが前提です)

ご参考例を一つ。

富士生命がんベストゴールド:診断給付金200万円・先進医療特約(悪性新生物・上皮内新生物同額・上皮内新生物でも保険料免除)・・・保険料3,060円
※ガンの場合、入院給付金が2万円あろうが3万円あろうが入院が短かったり、入院が無かったりしたら何の役...続きを読む

Q終身1000万は多いですか?

夫の保険の見直しをしています。が、終身保険をどのくらいにすべきなのかわかりません。まだ、子供はいないのですが、来年くらいにほしいと思っています。
逓減型定期2000万と(65歳)終身を1千万にするか、逓減定期2900万の終身100万にすべきかなやんでいます。
保険料の差額は貯金しようと思っていますが。
その他に、ガン保険と終身医療保険を選ぼうと思っています。終身医療はアリコの夫婦型を考えているのですが、
やはり別にしたほうがいいのでしょうか?
また、東京海上あんしん生命ですと、終身医療が特約としてつくようなのですが、これはいかがでしょうか?
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

 初めまして。名前の挙がってる会社を一応両社扱ってます(笑)
 まだ子供がいないとの事なので、逓減定期保険は子供が出来てから考えても十分です。また、逓減定期より収入保障保険の方が逓減する割合が多い分割安ですので収入保障の検討もしてみてもいいのではと思います。逓減定期、収入保障両方資料等取り寄せてみて下さい。
 最近試算してみましたが、現在銀行の定期積金は0.01~0.4%の利率です。東海あんしん(名前出てたもので)の長割終身なら1%位の積立利率とも換算できます。(ちなみに日○興○のなっ特終身の方が返戻率は高いです。)長割り終身1000万か、運用に自信があるようでしたら終身保険ではなく定期保険だけ掛けて運用するものいいですよ。投信だけでも十分保険料相当で1000万位上に増やせます。
 アリコの終身医療は完全掛け捨てという取り扱っていてもイマイチ納得できない保険の一つです。ただ、夫婦型の場合、ご主人が先に亡くなった場合、保険料の払込免除で奥様の終身保障が残るというメリットがあります。歳が離れたご夫婦ならお勧めかもしれません。
 あんしん生命他損保系生保でも終身医療特約が付加できます。特約の方が割安ですが、終身保険を老後に年金移行、介護保障移行と形を変える事も想定できますから、単体の医療保険の方がいいです。解約したり、年金移行すると付いている特約も全て解約となります。医療保障だけ残したい、という場合は多いはずです。
 歳が離れていればアリコの夫婦型。似たような歳なら夫婦別がいいでしょう。夫婦別の歳は返戻率の高い医療保険を選びましょう。医療保険やがん保険は決して安い保険料ではありませんが、返戻率の高い保険で有れば元が取れる可能性が高くなります。扱ってて言うのもなんですが、あんしん生命の医療保険やがん保険は予め返戻率を抑えていますので私の発言主旨には合いません。(ですので、また違った会社のをお勧めしております。)

 初めまして。名前の挙がってる会社を一応両社扱ってます(笑)
 まだ子供がいないとの事なので、逓減定期保険は子供が出来てから考えても十分です。また、逓減定期より収入保障保険の方が逓減する割合が多い分割安ですので収入保障の検討もしてみてもいいのではと思います。逓減定期、収入保障両方資料等取り寄せてみて下さい。
 最近試算してみましたが、現在銀行の定期積金は0.01~0.4%の利率です。東海あんしん(名前出てたもので)の長割終身なら1%位の積立利率とも換算できます。(ちなみに日○興○の...続きを読む

Qオリックス生命の評判は?

43歳の主婦です。
終身の医療保障を検討していて、いろいろと比較検討した結果、オリックス生命の終身医療保険がいいかな・・と思っていますが、保険会社も倒産する時代、
会社として安心度が気になります。
格付けをみると、1社はBBBをつけており、そこが
少し気になっていますが、どんなものでしょう?
ご意見をいただけますと、幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

格付けについてですが、No1の方が仰るように、参考程度の判断材料として、ご覧になられる方が良いのではないでしょうか。
確かに安心度としては気になるところですが例えば現在、格付けがAAAでも10年後、20年後にAAAであるとは限りません。
また、S&Pの格付けですがオリックス生命は、数ヶ月前にBBBからBBB+の安定的に格上げされました。

最近、生命保険は自己責任で加入する時代といわれてますが、例えば、入院日額10,000円が希望の場合ですが、オリックス生命の終身医療に入院日額5,000円で加入されて、mamehahaさんが安心だと思う保険会社に入院日額5,000円で加入する方法もリスクを分散させる意味において得策だと思います。小口で数社に分けて加入する方法をお勧めします。

Q保険入ってない人いますか?

日本人は生命保険加入率がとても多いそうですね。
そこで敢えて聞いてみたいのですが
(生命)保険入ってない人ってここでは
どれくらいいるのでしょうか?

あまり関心がなくて、、、と言う理由だったら
このカテゴリーも見てらっしゃらないと思いますが(汗)

理由と現在の状況(独身だからとか)を
教えてください<m(__)m>
旦那さんに死亡保障だけはしっかりかけてる!(笑)

医療保険しか入ってないわーなどでもいいです。

ちなみに私は最近まで未加入でした。
無知の極みで、です。

Aベストアンサー

既婚者です。子供もいます。僕は一家の大黒柱です。
しかし生命保険には加入していません。
加入の必要をまったく感じません。
理由は色々とあります。

まず僕は極めて健康体です。健康診断をしても異常があったためしがありません。さらに両親兄弟もみんな健康体で、遺伝的にも心配がありません。車にも乗らないので、交通事故などに遭う危険性も普通の人より少ないです。
僕みたいな人は、保険会社にとっては上客です。彼らを喜ばせることはありません。

仮に病気になったと仮定して、1カ月程度の入院で済むような病気だったら、生命保険に入らずに自費で治したほうが遥かに割安だと思いませんか? 健康保険には強制的に加入させられていることもあり、1カ月程度の医療費なんて安いものです。

では、もし僕が早死にしてしまったら? 一時的にン千万円の大金が戻るかもしれませんが、その程度の金が戻って残された家族がやっていけるかと言われると、やっていけません。生命保険に加入していようが、していまいが、僕が早死にしてしまったらどの道、残された家族は不幸のどん底を味わうしかないのです。

一生寝たきりのような重病にかかった場合も同様です。永久に医療費が支給されるわけではありません。やはり家族が路頭に迷うことに変わりないのです。

その分、計画的に貯金に回しています。自分なりに財テクを勉強して、もしもの場合でも家族が路頭に迷わないよう保険以外の予防策を打ちつつあります。
僕みたいに趣味と特技が財テクっていう人には、生命保険があまり得策ではないと判断して、保険に未加入の人が多いかもしれません。

既婚者です。子供もいます。僕は一家の大黒柱です。
しかし生命保険には加入していません。
加入の必要をまったく感じません。
理由は色々とあります。

まず僕は極めて健康体です。健康診断をしても異常があったためしがありません。さらに両親兄弟もみんな健康体で、遺伝的にも心配がありません。車にも乗らないので、交通事故などに遭う危険性も普通の人より少ないです。
僕みたいな人は、保険会社にとっては上客です。彼らを喜ばせることはありません。

仮に病気になったと仮定して、1カ月程度の入...続きを読む

Q死亡時3000万円の生命保険では、どれが?

お願いします。

36歳、男性です。
この度、結婚することになり
生命保険に入ろうかと思っております。

私が突然に亡くなった場合に備えて、残されたパートの妻と、もしその後に子供が生まれた場合のために死亡時3000万円の生命保険に入ろうかと思っております。
(子供が生まれたら、5000万円に増やそうかと思っています)

知り合いに、外資のライフプランナーの方もいますが
なかなか比較できないので、お教えください。
保険業界も移り変わりが激しいので、終身ではなく
掛け捨て10年がよいかと、思っておりますが、、

具体的な質問1
本当に掛け捨てがいいのでしょうか?


どの会社のどの保険が安くて、必ず払っていただけるのでしょうか(未払い問題もありますので)


医療保険も入ろうかと思っていますが、生命保険の特約につけたほうが、お得なのでしょうか
(ガン保険は外資のものに、すでに入っています。10年掛け捨てで、入院1日3万円です)

Aベストアンサー

NO.4の追加です。

>5000万円の受け取りですと、掛け捨てで、月の支払いが
45歳まで14000円
55歳まで26000円
65歳まで56000円の見積もりをいただいており、

36才男性で無解約返戻金型定期65歳だと、22800円です。はじめは更新型より高い保険料になりますが、トータルで考えると全期型の方が安いことがお分かりいただけると思います。


人気Q&Aランキング