人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

大陸プレート同士の衝突はいつ終わるのでしょうか?

インド・ヒマラヤの造山運動を調べていると、インドの部分的な沈み込みによってアイソスタシーが起こり大陸が隆起するらしいのですが、遠い将来インドは完全にユーラシア大陸下に潜り込んでしまうのですか?
それともプレートテクトニクスには終りがあるのでしょうか?

質問が多くてすみません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

インドはユーラシアの下に潜り込みません。


ちょうど伊豆半島のような形になります。

伊豆半島の南側、ちょうど神津島の当りを震源に群発地震が起こることがあります。
実はそこに新たに潜り込み帯、つまり海溝が出来ようとしているのです。

インドも同様です。
さすがにインドの地塊は大きく、ヒマラヤの下に潜り込めず、ヒマラヤに押し付けられるように圧縮し続けます。
しかし、そのうちおそらく、いまのスリランカ辺りで群発地震が発生し始めると思います。やがてはインドの南に海溝が出来るでしょう。

プレートテクトニクスは、他の方が回答されている通りです。
ずっと続きます。
    • good
    • 0

>アパラチア山脈などの古期造山帯の造山運動は現在停止していること



部分的というか、地域を限ってみれば、上記のようにとまることもあるかと思いますが、地球全体規模で見れば、さほど変わらないのではないでしょうか。ある地域で地殻運動がとまっても、別の地域で新たに始まっていて、全体のバランスとして同じとか。

近くはマントルに浮いているおり、マントルの対流によって運動しているので、この構造が変わらない限り(例:マントルの対流が止まる)、地殻運動は止まらないでしょう。
    • good
    • 0

>ある大陸が合体した後、また別の大陸が合体しようとしたときには、すでに合体していた大陸が分裂を始めていたり潜り込んで片方の大陸が消滅していたりする場合がある



おっしゃるとおりです。「運」次第ですね。でもいつか一つにまとまるときがあると、最近の学説にあるように、パンゲアで起こった地球全体を焼き尽くすような超巨大な火山活動が生じ、その結果再度いくつもの娘大陸に分かれていくでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

超大陸の形成を「運次第」としてしまうのは少々哀しいですね。スッキリはしていないので自分でも調べていきたいと思います。

お礼日時:2009/02/27 10:19

約2億年後に現在の大陸が1つになって、大陸プレート同士の衝突が一旦終わるかもしれません。

詳しくは「プルームテクトニクス」で検索してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございます。

そうなんです。プレートテクトニクスによって超大陸が形成したあと、再び分裂するために新たな海嶺が誕生します。分裂は衝突とは異なる方向へ向かうプレートの運動なので一時的に衝突が終わる時がありそうです。また、造山運動が停止するということは衝突の終わりがあるように感じます。

wikiによると「反対方向に分裂した大陸片同士はいずれどこかで出会う可能性が高い。こうして、超大陸が再形成される。」とあるのですが大陸プレートの衝突が止まらないと、ある大陸が合体した後、また別の大陸が合体しようとしたときには、すでに合体していた大陸が分裂を始めていたり潜り込んで片方の大陸が消滅していたりする場合があると思います。

プルームテクトニクスで考えるとある程度納得するのですが、この場合過去の超大陸(ヌーナやロディニアなどのパンゲアより前のもの)の存在を証明することが難しいと思うのです。

お礼日時:2009/02/25 12:00

プレートの衝突は、終わらないと思います。


プレートがもぐりこむ分、地下(マントル)からプレートが誕生します。この潜り込む/誕生のサイクルは終わることはないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

プレートの衝突が終わらないとすると、インド・ユーラシアプレートの場合はいずれインド大陸が消滅してしまうことになります。また、沈み込まない場合でも、衝突によって造山運動は永久に続くわけです。しかし、過去に超大陸が形成したことやアパラチア山脈などの古期造山帯の造山運動は現在停止していることを考えると矛盾が生じると思うのです。

お礼日時:2009/02/25 11:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海洋プレートの沈み込みについて

地震の発生を説明する時によく見られる、大陸プレートの下に、
海洋プレートが沈み込んでいく図を見ていて疑問に思ったのですが、
なぜ海洋プレートはマントルの中に沈んでいけるのですか?

プレートは、液体状のマントルの上に、浮かんだ状態で存在すると聞きます。
今まで浮かんでいたものが、他のプレートに衝突した途端に、
沈んでいくというのが不思議な気がします。

大陸同士の衝突(インドのヒマラヤ山脈)の説明の図では、
大陸プレートの沈み込みは描かれず、押しつぶされた結果、
山脈となって盛り上がっていく過程が描かれています。
大陸プレートの方が、海洋プレートより軽いそうなので、
大陸プレートが上になるのは分かるのですが、なぜ海洋プレートが
マントルの中に刺さるようにして沈んでいけるのかが、よく分かりません。

海溝があるところには、高い山などはないので、
海洋プレートが地底深く沈んでいくという図は正しいのだと思いますが、
ちょっと引っかかるものを感じたので、質問させていただきました。

Aベストアンサー

 海洋プレートは玄武岩質、大陸プレートは花崗岩質です。玄武岩は花崗岩よりも密度が大きいため、両者がぶつかると重い方、すなわち海洋プレートが大陸プレートの下に潜り込みます。

 海洋プレートは中央海嶺で水を含む岩石として生成されます。中央海嶺を離れるに従って冷却し、厚みが増していきます。大陸地殻の下に潜り込む「沈み込み帯」では、圧力下での温度上昇により水が吐き出され、これがマントルの岩石に加わると部分融解してマグマができ、上昇して山を造ります。一方生成時より厚みが増し、水も吐き出した海洋プレートは(海洋下のマントルよりも密度が小さいと考えられている)大陸下のマントル中に沈んでいきます。

 大陸プレート下に潜り込み始める前の海洋プレートは、中央海嶺でのプレート生成に伴って拡大していきますが、いったん「沈み込み」が始まると、潜り込んだプレートの"重み"により、あたかもテーブルクロスの端を持って引っ張るかのごとく端(大陸プレート側)を引っ張られる形になり、移動速度が増します。中央海嶺での海洋プレート生成は後追いのようになっていきます。大西洋の海洋底移動速度に比して、太平洋の海洋底移動速度が大きいのはこのためです。

 以上が、現在、様々な観測と岩石の高圧実験などから考えられているシナリオです。

 なお、沈み込んだ海洋プレートは、大陸プレート下にたまっていき、ある時一気にマントル中を"落下"してコアにまで達し、これに伴い、熱い物質が上昇し、大陸を分裂させると考えられています。この考えが「プリュームテクトニクス」の創設につながりました。

 海洋プレートは玄武岩質、大陸プレートは花崗岩質です。玄武岩は花崗岩よりも密度が大きいため、両者がぶつかると重い方、すなわち海洋プレートが大陸プレートの下に潜り込みます。

 海洋プレートは中央海嶺で水を含む岩石として生成されます。中央海嶺を離れるに従って冷却し、厚みが増していきます。大陸地殻の下に潜り込む「沈み込み帯」では、圧力下での温度上昇により水が吐き出され、これがマントルの岩石に加わると部分融解してマグマができ、上昇して山を造ります。一方生成時より厚みが増し、水も...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報