痔になりやすい生活習慣とは?

このカテゴリーでいいのかわからないのですが、
長期間地底に人が住むことって可能なんでしょうか?

例えば、核戦争などが起きて地上に人が住めなくなったとしたら、
地下に住むのと宇宙に住むのではどちらが現実的なんでしょうか。

あと、地底に住めるとしても色々不都合はあると思うので
そこらへんのことを教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

五分五分ではないでしょうか?


地下で暮らすのは、太陽光の代わりになる物が無いですが、宇宙なら問題ありません。
宇宙の場合、宇宙ステーションが一番、現実的です。宇宙ステーションを建設する事は、今の技術で十分作れます。
問題は、莫大な資金が必要になるとゆう事でしょう。
しかし、世界の国が、本気で資金を出し合い、建設する気があれば、作れます。
重力は、回転させる事で解決されます。
お金さえかければ、即建設、出来次第、居住可能となるでしょう。
    • good
    • 0

宇宙、地下ともに人間が長期間住むにはどちらも現在の技術では現実的ではないと思います。


その期間の長さにもよりますが、いずれも前提にあるような外部からの補給がほとんどできない状態ではいわゆる閉鎖型生態系を構築することになります。
「住めない」ことの定義や理由にも拠るでしょうが、水資源や食料の問題、宇宙では重力、地下では太陽光などの問題が出ると思います。
人間のハードウェア的な問題とメンタル的な問題ともまだ、そのような閉鎖空間や極限環境での生活に関しての研究はほとんどないのが現状だと思います。
閉鎖環境での長期滞在を実験したバイオスフィアでも700日程度だったそうです。(ただし、通常の屋外と同じように外光が入る空間で、放射線、宇宙線のような肉体的危険や地下のようなメンタル的重圧がほとんどないガラス製ドームでの例です。)
重力の問題や補給の問題が技術的に解決したとしても、数十年の長期滞在では地下、宇宙ともに肉体的劣化は免れないでしょうし、とくに人間特有の子孫を残すということに関してはネガティブな側面が多く出るのではないでしょうか。

アリゾナ州トゥーソンで行われた閉鎖系の環境実験であるバイオスフィアに関しては
「バイオスフィア実験生活」
または、
http://www.bestlife.ne.jp/namco/tx-bios.htm

大深度地下空間に関しては

東急建設STUDプロジェクト
http://const.tokyu.com/tec/civil/tika.html

東急建設STUDプロジェクト地下実験施設見学の詳細
http://iz.fc2web.com/studyhp/index.html
    • good
    • 1

長期間、人類が住むって事になると地下の方が現実味があるでしょう。


なんせ宇宙空間まで移動すること自体大変だし、無重力状態では、
いろいろと身体に不都合が起きる(骨や筋肉が弱くなるなど)事が
わかっています。この克服が大変ではないでしょうか。

地下についてですが、太陽光線については大丈夫みたいです。
私の友人が以前研究をしていたのですが、地上から光ファイバー等を利用すれば
地下まで、太陽光線を導くことが出来るそうです。
実際、地下で光ファイバーを利用して、植物を育てた実験があったそうです。
    • good
    • 1

文面通りなら 地下の核シェルターがあれば


数ヶ月という単位なら 地下で生活はできるでしょうね
冷戦時は いつ核戦争がおこるかわからない
という観念から 核シェルターの研究開発を
よくTVでもやってましたが 最近はあまり見ませんね
久しぶりにその言葉を聞いたのは北朝鮮の地下鉄は
非常に深いところにあって核シェルターの替わりになる
そうです。

食料、水、空気(酸素)これらがあれば なんとかなるでしょうが
閉鎖的環境に耐えられない可能性もあります。精神が。

まぁ今の日本みたく平和ボケしているところにいきなり
核ミサイルが一斉に打ち込まれたら ほぼその付近の人は
助からないでしょうね。
    • good
    • 0

住めるかというと、住めるという回答になるかと。


核戦争が起きた場合・・・今現在ということであれば、
どちらもできず人類死滅という結果になると思います。
どちらにせよ。準備が必要と言うことです。

ただ、火星移住計画とかになると、
遠い未来の話なので現在の仮定は変わるでしょうが、
地球化する環境は一部です。
その為その空間を有意義に使うため、地下を利用します。

しかし、地下にすみ続ければ、太陽光を得られないので、
後々身体に異常が出るかもしれませんね。
(何世代も後の話だけれど。)

いま、地球での地下生活は、よほどの技術革新が無い限り
今はまだありえないかもしれませんね。
    • good
    • 0

現在、大深度地下の利用の研究をしているようです。


ただ、地下と言うことで、生命に必要な太陽がないというところが悩まされるところでしょう。
だから、太陽の光なしでも育成できるような植物を研究する必要もあります。
また、人間自体も太陽の光を必要としますので、長期間は難しいのではないのでしょうか。
また、深く掘れば掘るほどマグマに近づきますので、少しは地熱効果はあるかな?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング