日本企業の特質と企業家精神について説明してほしのですがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

欧米との比較で現代の日本企業の特質を挙げますと、


1)従業員の自発的流動性が少ない
2)従業員同士の結びつきが強い
3)個人を突出させないマネージメント
となります。最近は大変革期で、欧米流のマネージメントがどんどん入ってきているにもかかわらず、これらのことは日本古来からの特徴として、なかなか崩れそうもありません。つまり言い換えると、日本企業の組織は仲の良い家族のようによくまとまっていると言えます。あの国際的なソニーでさえ家族主義を唱えています。これを江戸時代の「イエ社会文化」にルーツがあるという学者も居ます。

一方、企業家精神というのは、既存のものに勇気を出して挑戦し、イノベーションを起こす精神のことです。最近よく言われる表現では、「創造的破壊」の精神です。
現代の深刻な問題は、日本企業にこの企業家精神が乏しいことです。ですからなかなか会社も変われないし、だんだん時代遅れになって、不況からも脱出できないというわけです。

この日本企業の特質と企業家精神とは、一見相容れないことが分かります。会社全体が”変わろう”と一致団結したときには、変革に対して日本企業は、強烈なエネルギーを発散させると思われますが、そうしたエネルギーは、はじめは大方1人か数人の人にしか宿りません。しかし日本組織はそうした突出を許しませんから、ほとんどはそうした人たちは、静かになるか会社を出ていってしまいます。

第二次世界大戦直後のように、日本古来のものが破壊されたときには、松下幸之助や本田宗一郎のような企業家が輩出しました。しかし今は、古来のものを破壊したり捨て去るものがありません。しいて言えば、ITでしょうか。ですからeービジネスのベンチャーに期待がかかっているのです。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました 助かりました

お礼日時:2001/03/06 18:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCSRの数値を公表している企業教えてください。

CSR会計に関する数値をネット上に載せている企業を教えていただきたいです。
具体的には営業収益、株主数、CO2排出量、障害者雇用率などが
掲載されているものが良いです。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

大抵の上場企業は、自分のHPでCSR報告書を公開していますので、まめに見られてみてはいかがでしょうか。

例えば、

トヨタ自動車
http://www.toyota.co.jp/jp/index_responsibility.html
↑ここの「ステークホルダーとの関わり」「環境への取り組み」

日産自動車
http://www.nissan-global.com/JP/COMPANY/CSR/
↑ここの「サステナビリティレポート」

東京電力
http://www.tepco.co.jp/csr/report/2008/p01-j.html
↑ここがずばり「サステナビリティレポート」
 障害者雇用についての言及もあります。

てな感じで、各企業のHPを見ていけば必ずCSR報告書があります。

Q企業価値、株式価値の問題です。どうしても解けずに困っています。どなたか解答よろしくお願いします。ある

企業価値、株式価値の問題です。どうしても解けずに困っています。どなたか解答よろしくお願いします。ある企業の市場価値がV円(V≧0)であるとする。この会社の負債総額はF円(F>0)である。株主、債権者ともに有限責任のみを負い、債務不履行時には債権者が優先的に返済を受けるものとする。株主、債権者ともにリスク中立的であるとする。

問. この企業が0.5の確率でV=F-s、0.5の確率でV=F+sとなるような事業を実施する。ただし、0<s<Fを仮定する。この事業により実現する企業価値の分散と、株式の期待価値を求めなさい。

詳しく教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

株式価値をS(大文字)で表わすと、株式の期待価値ESは
S=0 if V-F<0,
S = V-F = s if V-F>0
より、
ES = 0.5×0 + 0.5s = 0.5s
である。
期待企業価値EVは
EV=0.5×(F-s) + 0.5×(F+s) = F
企業価値の分散は
0.5(F-s-EV)^2 + 0.5(F+s-EV)^2= 0.5s^2 +0.5s^2=s^2
となる。

QCSR(企業の社会的責任)

今日、現代社会では少子高齢化が問題となっていますが、CSRはこの問題解決に有効でしょうか??あるいは、少子高齢化問題とCSRの関わりについて教えてもらえませんか??

Aベストアンサー

今ひとつ論点が分かりません。
少子高齢化問題はどうなれば「解決した」ことになるとお考えですか?

QNo Ponzi Game(専門家or院生の方よろしくお願いします)

No-Ponzi-Game の条件の意味がよく分かりません。
一人当たりの借金が利子率の速さでは増えないという条件ならしく、lim[T→∞]a*exp{-∫(r(v)-n)dv}=0というものです。
但し、aは非人的資産,積分範囲は0→Tです。
どなたか分かる方、教えてください。
あるいは、詳しく解説された本などがあれば紹介してください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そうですか・・・その本とページを教えてもらえますか?
あ、ちなみに私の専門はゲーム論なので
しかも、財政はさっぱりやったことないので
ポイントはぜんぜんずれてるかもしれません。

#このサイトはちょっと数学の入った経済学にはからきし弱いです。
他のサイトで聞いたほうがいいかもしれません。

Q企業の社会的責任(CSR)と国際ビジネス

いつもお世話になっています。海外の大学の授業で「国際ビジネスの企業責任」という科目を取っており、いくつか質問がありまして質問をさせていただきたいと思います。WEBや授業ノートで調べていますが、直接の答えでもなくとも、ヒントやアドバイスがあればお願いします。

A 世界銀行、IMF、OECD、 UN Global Compact, Transparency International のそれぞれの役割と、今日の多国籍企業への示唆は何か。

B、国際ビジネスにおいて、あなたがもっとも直面するであろう汚職問題は何か。” Facilitation payment” を受け入れる以外に方法がない場合、どのように汚職、賄賂などの防止対策、行動をとるか。

Aベストアンサー

先進国の場合は、行政や法的な解決方法も講じられていることが多いはずです。企業が自発的に行う以外の汚職は、先進国より途上国で問題になるですよね。だから、世銀や国連なんかが出てくるんです。

まず、開発経済学を勉強されることをお勧めします。汚職の問題は、開発経済学ではメジャーなテーマです。

また、日本語でこの手の問題を調べるなら、日本企業の中国進出や貿易などのテーマを当たると具体例もたくさん出てきます。
ただ、個人的にはこういうテーマは、個別企業じゃなんともならない気がします。各国の企業が現地で団体を組織したり、大使館や領事館、日本をはじめアジア各国はJETROのようや貿易促進機関なんんかがネットワークを持っています。また、経団連も中国政府などに注文をつけるなどの活動もしています。
しかし、いずれも、個別案件までは扱えないでしょうね。そもとも、中国政府だって汚職撲滅を掲げているけど、できてませんよね。

Q至急説明お願いします 醤油を0.8L買って、360円払いました。この醤油の1Lの値段は何円ですか?

至急説明お願いします

醤油を0.8L買って、360円払いました。この醤油の1Lの値段は何円ですか?

答えが360➗0.8=450
450円

なのですが、何故このようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

醤油2Lを買って600円だったら、1Lの値段は
 600÷2=350
と求めますよね。
10Lで2400円だったら2400÷10=240円。
価格をリットル数で割ると1Lあたりの値段を求めることができます。

リットル数が少数の場合も同じで
 360÷0.8=450
と計算することで1Lあたりの値段が出てきます。

Qなぜ、CSRが・・・?

なぜ、CSR(企業の社会的責任)が経営の中で注目されているんですか?

Aベストアンサー

雪○や日○ハム、○菱自動車等、企業の不祥事がメディアで取り上げられることによって、消費者行動への影響が大きく、企業業績に直結してくる時代になったため、今まで以上にCSRが重要になってきています。

Qよろしくお願いします。

 パーシェ指数とはなんですか?

Aベストアンサー

こちらをどうぞ。

参考URL:http://www.findai.com/yogow/w00148.htm

QCSRは何学部?

私は大学でCSR(企業の社会的責任)や企業の環境政策について学びたいと考えています。
それには何学部に行けば学べるのでしょう?
早稲田大学が第一志望なのですが、早稲田大学でしたら何学部になりますか?

Aベストアンサー

某大企業の事業部(工場)の環境管理部門で環境管理をしていますが、
出身は国立大学の工学部です。同僚はほとんどが地元工業高校で高卒です。

こんなメンバーですが事業部の環境方針を策定し、問題なく任務を遂行しています。

CSR推進部門は隣の部門なので多少の交流がありますが、工場のCSRなので品質管理が一番の重要項目です。開発系の人と生産系の人が適度に混じった部署ですが開発系は工学部の大卒もしくは修士、生産系は工学部の大卒か工業高校出身者が多いようです。

以上のようにメーカー系なら工学部です。

CSRにしろ環境対策にしろ会社が行っている事業の内容を知っていること、工場に設置されている設備に精通していることが第一に必要なことであって、机上の空論のCSRにいくら詳しくても使い物にならないので注意してください。

Qよろしくお願いします

日本的組織とアメリカ的組織の意識決定の違いは何ですか。

Aベストアンサー

> 日本的組織とアメリカ的組織

そんなものは存在しない。

日本の商慣行の中で日本の株主に支えられているのであれば、アメリカの企業も日本企業と同じような行動様式を取るか、さもなくば市場から退出させられるだろう。逆もまたしかり。

> 意識決定の違いは何ですか。

意志決定機構という意味であれば、日本流の「根回し」がアメリカにはほとんど存在しない。
意志決定原理という意味であれば、日本企業は中長期的な視野の元での利益を考えるのに対し、アメリカ企業は短期的な株価最大化や短期的利潤を追い求める傾向にある。
意志決定責任者という意味であれば、日本企業はかなり曖昧な点が残るのに対し、アメリカ企業ではCEOの**、などと責任者が決まっている場合がほとんどである。
意志決定までの時間という意味であれば、アメリカ企業はごく短時間の会議で決定されるのに対し、日本企業は根回しと長時間に及ぶ会議で決定される。

こんなものですかね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報