グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

契約書を作成するとき、印紙を貼って消印を押します。契約文書を郵送でやりとりした場合(契約内容はメールで合意)、よく相手方が印紙に対して消印を押すのを忘れるのですが、この場合、この契約は有効でしょうか? 印紙に対する消印がないだけで、署名・捺印はされています。相手方の消印がないがために、もう一度契約書を送る、あるいは押印の場を設けるというのも手間なので、効力はどうなっているのか質問しました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

印紙を印紙法にそぐわない状態であっても


(張ってない、消印忘れなど)
民法に定める契約は有効ですまた消印は相手の印鑑はいりませんので、相手に送る必要は無く、消印すれば納税したこのに成りますので誰の判子でも問題ありません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さま、ご回答ありがとうございました。
確かに、税法上の問題と民法上の問題に分かれますよね。
印紙の横に消印を押す場合は、両サイドから、上下に押す場合は、自分は謙(へりくだ)る、という意味で下へ、相手を立てるという意味で上へ押すのがマナーだと思っていました。

印紙の再利用防止のために消印が押してあることが重要である、とは存じていましたが、相手のハンコがない場合、契約の有効性が分からなかったので質問いたしました。

おかげさまで疑問は氷解いたしました。
お答えいただいた方々へお礼申し上げます。ありがとうございました。

お礼日時:2009/03/17 19:04

>この場合、この契約は有効でしょうか?



収入印紙が貼られている貼らていないは税法上の問題(脱税)です。
契約そのものの成立・不成立には影響しません。

文書に貼り付けた収入印紙に所定の方法で消印しなかったときは、
その消印しなかった収入印紙の金額と同額の過怠税が課税されます。
http://encyclopedia.aceplanning.com/15.htm
    • good
    • 1

印鑑が押してない場合、


念のため、印紙の角にボールペンで二重線を引いた覚えがあります。
    • good
    • 1

印紙に消印を捺すのは はがして再利用するのを阻む為ですので 誰のどんな印でもかまわないのです


要は印紙税法の規定に則った額面の印紙が貼ってあって再利用できないようにしてあれば 印鑑である必要もありません
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべき?

契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべきなのでしょうか?
片方が押せばOKなのでしょうか?

Aベストアンサー

印紙の消印については、最初の回答者の述べるとおりだ。片方でよい(印紙税法基本通達64条)。印紙税法3条2項に定める連帯納税は、いずれかの者が全額を納税すればよいことを意味するのだから、ここからもいずれかの者が消印をおこなえばよいと結論づけることができる。社会通念上もこれで足りる。

なお、印紙を押印により消すことは、正確にはご質問のとおり消印と呼ぶ。割印ではない。また、契約書に貼付して印紙税を納税する場合の印紙については、消すことが法律上義務付けられている。「押しても押さなくても良い」にも「押してはいけないものもある」にも該当しない。

Q収入印紙の割印について教えてください。

企業と契約書を交わすときに収入印紙を貼りますが、その割印は両者でなくても大丈夫でしょうか?
実は、契約書には全ての押印や帯フに割印がなされているのですが、収入印紙が貼っておらず、1部に収入印紙を貼ってその分は手元におき、収入印紙の貼ってない1部を送り返してくださいと書いてあります。
そうなると、相手からは割印がもらえない状態になるので、相手が1部のみ返信くださいと書いてありますが、この場合は2部送って、1部を返信してもらわなくてはならないのでしょうか?それとも収入印紙の場合は、必ずしも両者の割印がなくても良いものでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

収入印紙の割り印は両者の割り印が無くても有効です。

基本的には何らかの形で消印が押されていれば有効です。
ボールペンでチェックするだけでも有効です。

相手の企業は,帰ってきた契約書にスタンプ(料金後払いの収入印紙)
を押すつもりなんでしょう。

ただ,契約書は互いに同じ内容の契約書を作成しそれを取り交わすので
本来,貴社が作成した契約書は相手方に行くべきものです。

でも,同じ内容だから結果的には同じですね。

Q収入印紙の貼り忘れ

はじめて質問させていただきます。
宜しくお願いします。

先日、100万近い買い物をしました。
その際、領収証を受け取ったのはいいのですが
その場では良く見ずに 家に帰ってから
収入印紙が貼っていないことに気がつきました。

印紙が貼っていなくても領収証は有効なのは
わかるのですが なんとなく、気になって仕方ありません。

その際に
お店サイドが貼るのを忘れていたのか?
貼ることはわかってはいるが 故意に貼っていないのか?
察することはできませんが
(そのお店は信用のある会社が経営していて
 領収証を発行したのは新人ではなく、ベテランの社員でした)

日にちがたってからでも
私から「(この前の領収証)収入印紙が貼ってないが大丈夫ですか?」
みたいなことを お店に言ってもいいものなのでしょうか?
できれば印紙が貼ってある領収証を持っていたい
気持ちが大きいので、電話で問いただしたいのです。

お店側が故意に貼ってなかったら
お店の人間から私は「うるさい客だなぁ・・・」とか思われるものでしょうか?
普通は(印紙が貼ってなくても)見てみぬフリをするとか、そういう世界なのでしょうか?
参考になるお返事、きかせてください。
宜しくお願いします。

はじめて質問させていただきます。
宜しくお願いします。

先日、100万近い買い物をしました。
その際、領収証を受け取ったのはいいのですが
その場では良く見ずに 家に帰ってから
収入印紙が貼っていないことに気がつきました。

印紙が貼っていなくても領収証は有効なのは
わかるのですが なんとなく、気になって仕方ありません。

その際に
お店サイドが貼るのを忘れていたのか?
貼ることはわかってはいるが 故意に貼っていないのか?
察することはできませんが
(そのお店は信用のある会社...続きを読む

Aベストアンサー

 
「お店サイドが貼るのを忘れていたのか?」、「故意に貼っていないのか?」は店側に聞いてみないと正直分からないですが、印紙の不貼付が故意または失念によるものであったとしても、印紙税法上の納税義務者(印紙を貼付しなければならない人)は領収書の場合、その領収書の作成者とされていますので、この場合納税義務者が罰せられご質問者さんが罰せられる事はありません。

もし仮に、店側の印紙の不貼付の責が購入者にも及ぶとした場合、消費者(購入者)全員が印紙税法の知識を持ち合わせていなければなりませんし、もしそうなった場合この世の中の多数の消費者が罰せられることになると思います。

「(この前の領収証)収入印紙が貼ってないが大丈夫ですか?」と問い合わせるのはご質問者さんのご自由ですが、そのことによりその店とご質問者さんとの関係がギクシャクしたり気まずくなったりしないかの方が心配ですね。

ご質問者さんの几帳面で潔癖なご性格がご質問文より伝わってはまいりますが、印紙が貼付されていなくとも領収書の効力(証明力)には影響しないということはご存知のようですので、ここは割り切るしかないと思います。

どうしても印紙の貼付された領収書の所持を希望し、かつ、その店との関係を良好に保っていきたいとなれば、その店に対してその領収書が税務署の目にとまる、あるいは税務署に提出するかもしれない、ということを暗にほのめかすとその店の対応が変わる可能性はあると思います。

例えば、購入商品の中に医薬品等があるような場合は「確定申告時の医療費控除にこの領収書を添付しなければならない」とか、「購入商品の中に自営業をしている知人から頼まれて購入した商品等があるので知人の税務調査時のためにこの領収書を知人に渡さなければならない」等と理由付けをして、「印紙が貼って無くても大丈夫ですよね」とやんわりと角が立たないように尋ねられたら良いと思いますが。


「お店の人間から私は「うるさい客だなぁ・・・」とか思われる」かどうかはその店の人の良心によると思います。
印紙の不貼付を指摘されてそれを真摯に受け取る人もいれば、不愉快になる人等々、様々です。

「普通は(印紙が貼ってなくても)見てみぬフリをするとか、そういう世界なのでしょうか?」については、その領収書を受取る側の捉え方次第ですが、印紙の貼付不貼付に関して無頓着なかたもおられますし(一定金額以上の領収書には印紙を貼付しなければならないということすら知らない人もいると思います)、貼付してあってもそれが正しい印紙税額なのかを気にする人もいれば気にしない人もいて、これもまた受取る人により様々です。


それから、大量に領収書を発行する事業者等の場合、印紙の貼付の手間を省くために、「書式表示による申告納付」といって印紙が貼付されていない領収書を発行する場合があります。
この場合の領収書には余白部分に「印紙税申告納付につき**税務署承認済」と表示されており、このような領収書には印紙の貼付は必要がありませんので。
 

 
「お店サイドが貼るのを忘れていたのか?」、「故意に貼っていないのか?」は店側に聞いてみないと正直分からないですが、印紙の不貼付が故意または失念によるものであったとしても、印紙税法上の納税義務者(印紙を貼付しなければならない人)は領収書の場合、その領収書の作成者とされていますので、この場合納税義務者が罰せられご質問者さんが罰せられる事はありません。

もし仮に、店側の印紙の不貼付の責が購入者にも及ぶとした場合、消費者(購入者)全員が印紙税法の知識を持ち合わせていなければ...続きを読む

Q契約書の割印の押印について

契約書の割印は、当事者双方が押印しないと効力がなくなりますか?そうだとすれば、その理由は何でしょうか。ちなみに、収入印紙の消印はどちらか一方で足りますか?

Aベストアンサー

#6です。
>(1)袋とじした部分、あるいはホチキス留めした全ページに押印するのは、「割印」ですか?それとも「契印」ですか?
●正確には「契印」です。
割印とは、控えと本証との間にとか、または複数の本証間に跨いで押印したりするものです。

>(2)それを押印する目的は、「改ざん防止のため」(すなわち押印の有無に関わらず契約書の効力は有する) なのか、または、「契約書に効力を持たせるため」(押印がなければ契約書に効力が生じない)なのか、どちらでしょうか。
●前者です。
本来、契約は双方の意思表示によって成立(つまり、口頭だけでも成立)するもので、契約書がなくても成立しているのです(保証契約等の例外あり)。

つまりは、契約書の契印の有無は契約の効力そのものには関係ないのです。
意思表示の内容を証拠として文書に表したものが契約書で、それが偽物でないことをするためにいろんな工夫が必要になると考えてください。
なお、署名(自署)に代えて記名押印で対応出来るとするのは商法での規定です。

Q自社の収入印紙を貼った契約書は自社で保管?

お世話になります。
 弊社では、他社と契約書を取り交わす際に、
・他社の収入印紙を貼った契約書は他社で保管(印紙の消印は他社)
・自社の収入印紙を貼った契約書は自社で保管(印紙の消印は自社)
としています。
 しかし往々にして、他社に契約書を2通送り、1通送り返してもらう際に、他社の収入印紙を貼った契約書(印紙の消印は他社)を送り返されます。また、それが正しい、とおっしゃる他社の方もいらっしゃいました。

 果たして、「・自社の収入印紙を貼った契約書は自社で保管(印紙の消印は自社)」で正しいのかどうか、教えてください。
(印紙税を払った証明なのだから、自社側で保管すべきと思うのですが…)

Aベストアンサー

 契約書の内容は、自社保管分と他社保管分とは相違ありませんから(当然ですが)、収入印紙の消印を契約当事者が夫々押印すれば、どちらを保管するか迷う事はないと思います。
 つまり、契約書を2通作成し、夫々に署名押印する時に、夫々の印紙への消印も夫々押印すれば良いかと思います。(一枚の収入印紙に自社と他社の消印です。)
 又、消印一箇所にこだわるのでしたら、契約書は当事者間で取り交わす事ですから、収入印紙を自社印で消印した物は、相手方に渡します。
 相手方(他社)が収入印紙を消印した物は自社に渡されますから、それを保管すれば良いのではないでしょうか。

Q収入印紙の消印はきれいに押されてないといけませんか?

いつもお世話になっております。
手形などで収入印紙を貼ることがあり消印をするのですが、たまに印がきれいに押せないときがあります。下の紙と印紙で段差があるため、印紙の側はともかく、下の紙のほうの印がほとんどうつらず中の文字が抜けて周りの丸い枠の部分だけとかになることがあります。これでも消印として有効でしょうか?違う部分にもう一箇所押そうとも思いましたが、2箇所押すのはだめだとかいう決まりがあるといけないと思い躊躇しております。この場合、
1このままで問題ない。
2もう一回違う場所に消印を押すだけでいい。
3もう一回押すなら、やり方がある。
のどれになるでしょうか。
すみませんがアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

一度、印紙税法に関する勉強を総合的にされるといいですね。
http://encyclopedia.aceplanning.com/15.htm
http://www.houko.com/00/01/S42/023.HTM
書籍なども新書で出ているので、読んでみることをお勧めします。

>1このままで問題ない。
2もう一回違う場所に消印を押すだけでいい。
3もう一回押すなら、やり方がある。

この問であれば2です。

印紙の貼り付けには契約云々に関する効力には関係がありません。
印紙の貼り付け&割印には印紙税を支払ったという意味しかありません。
ですから、極端な話、三文判でも、ボールペンでちょんちょんでも
かまわないですが、

ただ、会社としては、そのような手形を発行するのはみっともないですから、
私なら、新たに手形を切りなおし、印鑑を押し直します。

使えなくなった手形は手形帳が終わった時点で税務署に持って行って
還付を受けます。

Q注文請書の捺印は?

カテ違いだったらお詫びします。

販売会社の事務をしてます。
「本部」という組織に居るのですが、お客からの注文請書を
貰ったとき、印紙と当方の欄(販売側)に押す印は
「角印(社名の印)」か「本部長印(丸印)」のいづれを
押すのが一般的なのでしょうか?

今日どっちの印を押すかの話しが出て、
「請負書は契約書と同じだから本部長名の丸印」
という人と、
「社名と社印(角印)」で良い
という人と意見が別れてます。

すごく基本的な質問かと思いますが、どちらの印を押すのが
一般的でしょうか?

Aベストアンサー

ごめんなさい、丸印が本部長印だということを途中で失念してしまいました。

本部長は通常、契約締結の権限を代表取締役より与えられているものですから、基本的には、代表取締役名の入った丸印と同様にお考えになって大丈夫です。

御社の場合、本部長名の入った丸印を作成していることは、契約締結権限を代表取締役が本部長へ与えていることを表しているといえます。そのため、御社でもやはり、本部長名の入った丸印は代表取締役名の入った丸印と同様にお考えになって大丈夫です。

なお、本部長名を契約当事者欄に記入した場合でも、この場合の本部長は会社の代理人として位置づけられますから、角印を押しても構わないこととなります。

ということで、お詫びしつつ、上記補足を加えさせてください。

Q注文請書について教えてください。

注文請書について教えてください。

お仕事を単発でもらいながら在宅で仕事をしています。
この間依頼先から注文書がきて、注文請書を送ってくださいという話があったのですが
注文請書を送るのも触るのも今回初めてなので、どういうルールでどう送れば良いか不安です。
色々調べた下記内容であっているかのご判断といくつか質問を書きましたので
ご教授いただけますでしょうか。


<1>注文請書を送る流れ
「注文請書には金額に応じて収入印紙を貼り、割印して、相手側に郵送して完了」
と思っているのですがこの流れであっているでしょうか?

<2>FAXなどでは収入印紙は貼らなくても良いと聞きましたが、
もしFAXで請書を送る場合、名前と印鑑を押してFAXすれば問題ないのでしょうか?

<3>収入印紙にする割印の役割と貼り方
収入印紙に割印をするのは、収入印紙の再利用を防ぐためで、契約書ではないので、
相手方にもハンコを押してもらって返送してもらう必要はない。
という認識で問題ないでしょうか?
また印紙を貼る欄がない場合、収入印紙を貼る場所に一定の決まりはあるでしょうか?

<4>郵送の際に折って良いか
請求書などは折って郵送してもいいとききましたが
注文請書は折って郵送しても問題ないでしょうか?
また折るときに2つ折りなどでも大丈夫でしょうか?

(5)郵送する際に請求書とあわせて送る場合の朱書き
別の依頼の請求書と注文請書を送る際、、
朱書きは「請書在中」「請求書在中」と並べて2つかいたほうがいいでしょうか?


こまごまとした質問ですみませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

注文請書について教えてください。

お仕事を単発でもらいながら在宅で仕事をしています。
この間依頼先から注文書がきて、注文請書を送ってくださいという話があったのですが
注文請書を送るのも触るのも今回初めてなので、どういうルールでどう送れば良いか不安です。
色々調べた下記内容であっているかのご判断といくつか質問を書きましたので
ご教授いただけますでしょうか。


<1>注文請書を送る流れ
「注文請書には金額に応じて収入印紙を貼り、割印して、相手側に郵送して完了」
と思っているのですがこの...続きを読む

Aベストアンサー

><1>注文請書を送る流れ
>「注文請書には金額に応じて収入印紙を貼り、割印して、相手側に郵送して完了」
>と思っているのですがこの流れであっているでしょうか?

基本的に問題有りません。
但し、印紙に関しては注意が必要です。
 印紙は、請負契約(機械の保守契約等々)であれば課税文書ですが、物品販売
 (カタログに記載されている物品販売等)であれば、不課税文書です。
 よって、御社が何を注文されたかによって異なります
 請負販売か物品販売かを確認してください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7140.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7102.htm
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/inshi/12/11.htm
 ※平成元年に印紙税法が改定されています。
  昔は、物販であろうと印紙税は課税でした・・・・・。


><2>FAXなどでは収入印紙は貼らなくても良いと聞きましたが、
>もしFAXで請書を送る場合、名前と印鑑を押してFAXすれば問題ないのでしょうか?

http://www.k3.dion.ne.jp/~oouekai/Q&A/inshiukesho.pdf
基本的には上記の通りです。

但し、FAXの場合は一旦紙に印刷して送付すると思います。印紙税法では
課税文書の作成時に課税が発生するとされていますので、厳密な法解釈を
すると課税される可能性があります。
 (当社の場合は印紙税調査時には問題となりませんでした。しかし厳密
  な法解釈をされると・・・・・)

一番確実なのは、パソコンで作成された文書を直接FAXできるソフトで対応
したり、PDFファイルにしてメールに添付すれば、一旦紙に印刷しませんから
課税文書には絶対になりません。

><3>収入印紙にする割印の役割と貼り方
>収入印紙に割印をするのは、収入印紙の再利用を防ぐためで、契約書ではないので、
>相手方にもハンコを押してもらって返送してもらう必要はない。
>という認識で問題ないでしょうか?

結果として、記載されている内容でOKなのですが、理由は違っています。
注文請書は、印紙税の2号文書ですから印紙税法の契約書に該当します。
また、印紙税法では割印ではなく消印と呼びます。(どっちでも良いですけど)

国税庁のHPに詳しく載っています。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/inshi/06/03.htm
 ※消印方法を誤解されている方が多々見られます。印紙税の税務調査時に
  困らないように、正しい方法を覚えておきましょう。

本件が、物品販売の注文請書である場合には、本回答は読み飛ばして下さい。

>他の企業様とやり取りしてる中で、請求書は普通に3つ折りなどで送っていたので
>請書は折って良いか判断に迷いました。

これは、該当業種の商習慣によって異なります。商習慣に従って下さい。
私見としては、問題ないと思われます。

>「請書在中」「請求書在中」並べて2つかいたほうがいいでしょうか?

私の会社であれば、列記して頂いた方がありがたいですね。
(担当者が別なので)
但し、どちらか一方が記載されていれば、概ね何が入っているか理解できます
から、目的の部署に郵便物が配布されますので問題ないと思われます。

><1>注文請書を送る流れ
>「注文請書には金額に応じて収入印紙を貼り、割印して、相手側に郵送して完了」
>と思っているのですがこの流れであっているでしょうか?

基本的に問題有りません。
但し、印紙に関しては注意が必要です。
 印紙は、請負契約(機械の保守契約等々)であれば課税文書ですが、物品販売
 (カタログに記載されている物品販売等)であれば、不課税文書です。
 よって、御社が何を注文されたかによって異なります
 請負販売か物品販売かを確認してください。
http://www.nta.go.jp/taxans...続きを読む

Q製本されているのに割り印のない契約書は有効ですか?

製本されているのに割り印のない契約書は有効ですか?

Aベストアンサー

製本された契約書に割り印がなくても、民法上は、契約は有効です。契約当事者の双方の善意が続く限り、問題は生じません。

ただ、契約の当事者の一方が、悪意をもって契約書の1ベージを差し替えた場合には、他方が異議を唱えますから争いが生じることになります。契約書のベージを差し替える余地をなくすために割り印を押捺しておくのが常識ですね。  (^ ^;

Q手形や期日指定支払の際の起算日について教えて下さい

みなさま、こんにちは。

支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120日、支払日16日というような条件があるのですが、あまり理解できないので
どうか助けて下さい。

普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?
20日に締めたら、その日を起算日にした方が楽なような気がするのですが。

またサイトが120日にもかかわらず、支払日が16日とあれば、支払日が優先
されるのでしょうか?
2月のように短い月を含む時は計算が大変そうですね・・・

どんなことでも結構ですので、教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120>日、支払日16日

例えば、3月10日に\100、同月15日に\200の取引があった場合、20日で締めます
ので翌月4月16日に\300の支払手形を振り出します。(支払手形で支払います)
また、サイトが120日なので8月16日に取引銀行の口座から\300引き落とされます。
それから「支払日16日」というのは「翌月16日起算」とイコールじゃないですか?

>普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?

起算日の意味をどうとらえていますか?
例えば、末締め翌月末現金振込、という支払条件なら実質30日サイトの期日支払
と同じですから、締め=起算日になるでしょう。
支払手形の場合だと振出日=起算日ですね。先ほどの例なら16日が振出日です。
(通常、手形による支払日=振出日になると思います。)

>またサイトが120日にもかかわらず、支払日が16日とあれば、支払日が優先
>されるのでしょうか?

これはおそらく何かの間違いでしょう。

>2月のように短い月を含む時は計算が大変そうですね・・・

通常、30日を1ヶ月とします。企業によっては実日数による計算を行うところも
あります。

>支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120>日、支払日16日

例えば、3月10日に\100、同月15日に\200の取引があった場合、20日で締めます
ので翌月4月16日に\300の支払手形を振り出します。(支払手形で支払います)
また、サイトが120日なので8月16日に取引銀行の口座から\300引き落とされます。
それから「支払日16日」というのは「翌月16日起算」とイコールじゃないですか?

>普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?

起算日の意味をどう...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング