つらいことがあったときはもちろんのこと、冗談で悪口(軽い悪口です)を言われたときもなぜか涙が出てきてしまいます。
ちょっと笑っただけでも涙が出てしまいます。

よくある場面では
友人が、冗談のつもりでいって自分もそれを承知で言い返し(冗談で)たりしてるのですが、友達から「泣くなって」といわれます
自分でも涙が出てることはわかりますが、抑えれません。

涙が出るといっても、目が潤む程度ですが、相手からは泣いてるように見られます

男でもあるので直したいのですが、どうしたらいいのでしょうか?

本当に仲のよい友達とか、仲のよくない友達とか関係なく、つらいとは思わなくても涙が出てしまいます。



関係ないのかも知れませんが、涙腺(まぶたあたり)が生まれつき腫れ気味です。奥二重みたいな感じになっていてこれも少し困ってます。

A 回答 (2件)

感情移入を避け、クールにな性格になるように


トレーニングしてみましょう。

中島敦『名人伝』を
青空文庫
http://www.aozora.gr.jp/cards/000119/files/620_1 …
で読むか、
日本国内の、朗読ポータル
http://209.85.173.104/search?q=cache:U8GCOHNBZb0 …
で朗読を聴いてみてください。
参考になるでしょう。

半年くらい心理的なトレーニングをつづけて
それでもダメでしたら
眼科・精神科のある総合病院で
診察をうけてみてください。
    • good
    • 0

感情を伴っていない時でも涙がでるという事ですよね?



病院にいって診てもらうのが一番かと思います。
何かの病気かもしれませんよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q涙が出るという生理現象について。

感情が大きく揺さぶられる時、たとえば感動した時や悲しい時
興奮した時などに人は無意識に涙を流すことがありますが、
その理由について科学的に説明がなされているのでしょうか。
もし仮説などあれば教えていただけませんか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
涙の分泌には「生理分泌(刺激分泌を含む)」と「情動分泌」の二種類があります。このうち、感情の変化による情動分泌が確認されているのは人間だけであり、それがどうしてなのかはまだきちんと解明されていません。
陸上動物の多くが目の保護のために涙を使っており、他の動物の脳にも我々と同じ情動機能があります。ところが、感情の涙を流すは我々人間だけの特徴であり、それが何故なのかが分っていないです。
一時期「ストレスを発散するため」という説も流れましたが、これは科学的には根拠のないデタラメです。後、他に仮説らしきものにお目に掛かったことはちょっとないかも知れません。

Q以前から、あくびをしたりして涙が出ると涙が目頭のあたり(涙腺のあたり、

以前から、あくびをしたりして涙が出ると涙が目頭のあたり(涙腺のあたり、目の内側あたり)にしみてとても痛くて、どんどん涙が出てきてしばらく止まらなくなるんですが、これは病気なんでしょうか。(ドライアイなんでしょうか?目が乾燥しやすいんで)後、目やにを取ろうと目頭を触っても痛いんですけど、皆さんは目やにをどのように取っていますか。(自分は、目頭やまぶたの上下に少し指の先を入れて取っています)顔を洗うぐらいでは取れないんですけど。いい方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは

ドライアイかもしれませんし
なみのだ出口が詰まっているかもしれません
これは検査をして見ないとわからないので
まずはあまり触らないで眼科で見てもらったほうがいいですよ

Q無意識の分類を教えて。

無意識にはいくつかあるようです。フロイドが指す無意識の他,認知的無意識というのもあるようです。他にも無意識があるのでしょうか。
またそれぞれの違いも教えていただきたいです。

Aベストアンサー

認知的無意識というのは見えているけど意識していないということです。例えば、スマホをいじっているとき画面は意識の中にありますがスマホを持っている指は見えているけど意識はしていませんよね。
認知科学の分野なのでフロイトとはあまり関係ありません

フロイトのいう無意識とは、快楽原則にしたがう本能的なリビドーと呼ばれるもので自我や超自我に抑圧されています

フロイトのお弟子さんの1人のユングは、フロイトの無意識を個人的無意識と位置付け、その他に男性ならば女性的心性、女性ならば男性的心性があるとしました。また、人類全体に共通する普遍的な無意識(集合的無意識)があるとも言っています

この二人は無意識に着目した夢分析で有名ですね

Q涙腺が詰まって涙が零れ落ちます

ひと月前から左目に涙が詰まるようになり眼科へ行きました。左目だけがやはり詰まっていて「アズレン点眼液」で涙腺マッサージを薦められました。しばらく気にならなかったのですが、ここ4日間また涙が流れ出したのでマッサージをしたら今は目頭の横の鼻の辺りまで触ると痛く、黙っていても違和感があります。強くマッサージをし過ぎて何か炎症を起こしたのでしょうか?今後の治療法が分かれば教えて下さい。

Aベストアンサー

もう一度、眼科へ行かれることをお勧め致します。
炎症であれば、目薬の種類が変わります。
再三、涙腺がつまるようであれば「鼻涙管閉塞」という症状かもしれませんのでブジーという施術を眼科でしてもらってください。
涙腺から鼻にかけて針金を通す処置です。

Qユングの集団的無意識について

大学で心理学を学んでいるうりと言います☆
今、ユングの集団的無意識の理論がよく分からず困っています。
どちらか知っている方ぜひ教えて下さい!!
それはとくにフロイトの集団的無意識との比較の中でのことなのですが、
集団的無意識はフロイトの個人的無意識の考えで言えば
無意識の根底にあるものなのでしょうか?
そして、どのように作用しているのでしょうか?
そちらのほうも知っている方どうか回答お願いします☆

Aベストアンサー

申し訳ないデス★わたくしめには大した知識はございません・・・ただ学生時代勉強していたことを思い返して下の補足をさせてくださいませ。
フロイト流ですと患者の抑圧されたものを解釈したときに患者が「ああ、そういえば・・・」と思い出していく。そうすることでヤダヤダと無意識にしまいこんでいたものを発見する手伝いをすることで症状の原因を探っていくわけですよね。ユングだと単に無意識のコンプレックスを「それ見たことか!」的な解釈をするのではなく、祖先から受け継がれている集団的無意識内にある「元型」(・・・それが曲がったカタチで表れると例えば青年期にマザーコンプレックスという問題が表れるたりする)これとの対話をしていく方法をとってるのではないかと。ただしユング派の精神分析は解釈には力を入れず、あたたかい目で見守るような印象があります・・・箱庭療法なんかも(あれはユングが始めたわけじゃないですが)ユング派の人が始めたんですもんね。これが連絡のゆきわたらせ方ということでしょう。
あともう一つ補足ですが、ユングの集団的無意識は、意識―個人的無意識―集団的無意識という3つの層になっていると必ずしも解釈はできないです(と聞いたことがあります)。集団的無意識はいわば機構とでもいうか心の奥底にあるパワーなんだとも言えそうです。ではでは失礼しました★

申し訳ないデス★わたくしめには大した知識はございません・・・ただ学生時代勉強していたことを思い返して下の補足をさせてくださいませ。
フロイト流ですと患者の抑圧されたものを解釈したときに患者が「ああ、そういえば・・・」と思い出していく。そうすることでヤダヤダと無意識にしまいこんでいたものを発見する手伝いをすることで症状の原因を探っていくわけですよね。ユングだと単に無意識のコンプレックスを「それ見たことか!」的な解釈をするのではなく、祖先から受け継がれている集団的無意識内にある...続きを読む

Q何年も前から左の親指に太くて黒い縦線があります。 消えません涙 皮膚科に行きたいですが怖いです涙 病

何年も前から左の親指に太くて黒い縦線があります。
消えません涙

皮膚科に行きたいですが怖いです涙

病気だったらどうしようかと涙

Aベストアンサー

何年も変化してないなら違うかもしれないけど
怖いからこそ、とりあえず黒色メラノーマじゃないかだけは、確認しないとね

Q無意識について(心理学)

無意識に興味があります。

以前私は無意識が人間の活力と関わっていることをとある心理学系の書籍を通じて知り、無意識と活力の関わりについてもっと知りたいと思うようになりました。そして思ったのはもし無意識と活力の関わりを理解して無意識から活力をコントロールできれば、もっと色々なことができるようになるのではないかと考えました。

私は基本的に体力がなく、横になってしまう時間が長くなってしまい、活力の総量が少ないんじゃないかと悩んでいます。もっと活力にあふれる人間になりたいので、無意識と活力について知り、コントロールできるようになりたいです。

そこで無意識と活力について知ることができるおすすめの書籍はありますか?また、知ったところでコントロールできるものなのでしょうか?いずれかもしくは両方のお答え宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

知ったところでコントロールできません。ただ知るだけです。
自己コントロールセミナーなどではやり方を教えてくれます。そいうのに参加するとかなら分かりますが、無意識と意識の連動を知ったところで、基本知るということです。もし知って自己コントロールまでにつなげるのであれば、貴方が研究者と同じ事をするのと変わりません。つまり研究して自己コントロールの手法を編み出して自己コントロールするというとんでもない時間がかかるというのを自分は実感しました。なんで俺の経験上やっても構わないがどれだけ時間が掛るかは保証できない。という答えになります。故にそんな賭けに出るくらいなら初めから、そんなこと知らんでいいという気持ちで、とにかく行動してみるというのをお勧めします。

Q片目が常に涙目で、ときどき涙が流れます

1週間ほど前から左目だけが常に涙目になっています。放っておくと、ときどき涙になって流れます。食事をしたり話をしたりして顔を動かすと、(目の周りの動きでウルウルが押し出されるような感じで)余計に涙が流れます。痛みやかゆみ、異物感は一切感じません。充血もしていません。

これはなぜ起こるのでしょう?心配した方がいい症状でしょうか?眼科に行く必要はありますか?それとも放っておけば治るでしょうか?

似た症状を経験された方、専門家の方のアドバイスをお待ちしています。

Aベストアンサー

 私の場合、眼科で見て貰ったら涙腺(目から喉まで)が詰まっているのですぐなおるといっていましたが、結局左はすぐ直り、右は涙腺が詰まっていて通りませんでした。手術をすればなおると云ってましたが大事(おおごと)だよ、っていってましたので諦めました。涙腺の掃除をして貰ってください。早ければその場ですぐ直ります。

Q無意識について相談です。

無意識について相談です。
無意識の本には、「睡眠前にできなかったことが睡眠後にはできるようになることがある。
だから、無意識はあるんですよ。」
とむちゃくちゃなことをいっています。
意識が無いときの話なので「無意識が活動しています」といいたいのでしょうが
「無意識が」の「が」がおかしい。
睡眠中の人の脳のCT画像をとって「睡眠中に記憶に関する部位が活動している。記憶の整理をしているのだろう」とかなら分かるが、無意識が活動というのは、?????
まず、無意識というのは「無意識に」という「ついやってしまう」という副詞でつかうものなはず。
なんでちゃんとした裏づけがないのにこんなことを言うのだろうか?
典型的な文系思考・・・・理系人口の減少が出版物の質にまで影響を及ぼしているとも思えてきたよ。

Aベストアンサー

人間の行動や心に付いての変化に付いても、人間の脳内には二つの意識が存在していて、この二つの意識の動向から成り立っています。

一つは自我意識(顕在意識)です、言葉で論理的に考える脳の事です。ですが、大変判り難いのですが、もう一つ意識が在ります。その意識は、自我意識と共に同じものを常に一緒に見たり、体験したりしています。

そうしてもう一つの意識は『無意識』の時の主人公です。そうして言葉ではない情報で、自我意識と絶えず交信(情報のやり取りを)しています。ですが自我意識は今言った事を認識はしていません。

昔アメリカでの実験があったそうです、人間が起きてから眠るまでの間の実験ですが、自我意識が出ている時間と、無意識的にやっている時間を調べたものですが、自我意識が行動を支配する時間は約2割位だそうです、残りの8割は『自我意識』が関与していないという事になります。

話を変えますが、優勝が掛かった一打を打つ時や、オリンピック等の心にストレスが掛かる場合の事ですが、自我意識が出てその圧迫に負けた場合を『ストレスに弱い=或いはメンタル面が弱い』と表現しています。

ではメンタル面が強い人は『自我意識が出なくて』何が出ているのかと言うと、分りやすいかも知れません。その場合は『無意識の自分』に自我意識は任せていると言う事になります。

歩く事でも、よく歩けている場合は『自我意識が歩く事を忘れている時です』言い方を替えるなら、自我意識が体に歩く事を命令していない、もっと言うならば自我意識が歩く事に関与していない時です。その歩き方が出来た時が『心も体も疲れ難い』という言い方が出来ます。

明日の朝如何しても早く起きる必要がある場合にも、自我意識は無くなった状態なのに、その時間には目がさめる事が出来ます。それにも言えます。無意識の意識が『ちゃんと時間を』教えてくれています。

そうして人間はその二つの意識から全体像が出来ています。そうして当然ながら2対8くらいの割合で交替制を取っている事になります。ですがその事を『健康に』生きている人は、その健康さゆえに、二つの意識と言う事を分からないでいます。その切り替わりが余りに巧妙に出来ているからです。

ですが今言った二つの意識にずれが生じる場合があります。心に湧き上がる漠然とした不安を『心の違和感』として感じる時が、『心がおかしい』と想い出すことです。是を意識に乗せて『おかしいとした事』が心を病む場合の症状という事になります。

湧き上がる漠然としたものを『体の異常』として感じた時に自律神経失調症の『症状』になっています。

湧き上がる漠然としたものを『行動の異常』として感じた時に神経症、或いは不安障害の『症状として』固定された事になります。

従って二つの意識が協調できた時に、今言ったことから離れられるという事です。疲れ難くなると言う意味にもなります。自我意識が出て困った状態、或いは現象が、解消できると言う意味になります。

また二つの意識が共に手を取り合って、お互いの得意な事を受け持って、得意の事を交替しながらやって行くということです。

人間の行動や心に付いての変化に付いても、人間の脳内には二つの意識が存在していて、この二つの意識の動向から成り立っています。

一つは自我意識(顕在意識)です、言葉で論理的に考える脳の事です。ですが、大変判り難いのですが、もう一つ意識が在ります。その意識は、自我意識と共に同じものを常に一緒に見たり、体験したりしています。

そうしてもう一つの意識は『無意識』の時の主人公です。そうして言葉ではない情報で、自我意識と絶えず交信(情報のやり取りを)しています。ですが自我意識は今言った...続きを読む

Q涙を出す

自ら、他のものの手を借りないで、涙を出す方法を教えて下さい。泣く以外で

Aベストアンサー

俳優は悲しかったことを思い出して演技するそうです。


人気Q&Aランキング