タイトルの通りですが、人格、意外な一面、暖かい話を知ってる方何が教えて下さい!最近一気に小説など読んだのですが、裏切りや残酷なことが多く少しぐったりしています…
よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 信長のはなしをひとつ 将軍義昭を奉じて 上洛し 諸事万端の段取りを済まして 岐阜に帰還 ところが それを見越して また


そぞろ 三好の一党が京周辺で動き始め 不穏な情勢に 義昭は不安になって 岐阜の信長に来援を要請しました 雪の積もる季節でしたが
ものともせず 急ぎ急行の指令を城下にだしました
そのときの顛末が信長公記にあります
荷の運搬に対して 信長は信玄や謙信のような 伝馬制度は採らず 馬借でした 城下で営業を許可しておりまして 通常は一般の請負ですが
いざというときは 独占貸切になり どこの誰が何をどれぐらいのものを積むかは すでに決めてありまして ほら貝とともに 短時間で出発できるようになっていました が そのときは何がたりなかったのか
少々混乱しまして (既定の人数にたりなかったようです)いつもより
たくさん積もうと(積めば積むほど金になる)荷持の取り合いがどうもあったみたていで 混乱したんです
信長は じきじきに 出て行って こういったそうです
京は 急いでいかなければならないので けんかするな
濃がいちいち見て採決してやるから さわぐな と
いちいち点検して これでよし  いくぞといって 出発したそうです
今で言うところの宅配便です
信長は もちろん京に間に合い 蹴散らしたそうです
馬借の人夫らと雪のちらつく中 馬の背に荷持を担ぎ上げたりしていたわけです
この距離感が信長なんでしょうね
支配するものと支配されるものの間の中間を排除しょうとした
行動の一端がかいまみれる思いです
  
    • good
    • 2
この回答へのお礼

織田信長って一般的に冷血で残虐なイメージありますけど、基本的には自分に逆らう人に対して…ですよね。目には目を…。 でもやっぱり歴史に興味のない人から見ればただの殺人気とか思ってる人も多いですが… 学校の授業でも何があってどうなった という結果だけでなく過程も教えてあげてほしいなと思います。テストには関係ないし授業時間も限られているので難しいとは思いますが… 一つのことを一方からではなくいろんな角度から見られる様になるのでは…
織田信長の行いが全て正しいかは分かりませんが、完全な悪ではないことと日本を造ってくれた御先祖様の内の一人ってことは確実ですから♪もちろん私の主観なので歴史を勉強してもなお嫌いとゆう人はそれでいいと思いますけどね。
とても良い話、ありがとうございました!
この話は初めて知ったので嬉しいです。またお世話になることがあればお願いします!

お礼日時:2009/05/14 14:17

「信長記」によると信長が鷹狩の折、悲しんでいる老女に遇い、わけを聴き先祖伝来の田畑を横領され、餓えに苦しむ毎日との話を聞き、帰城後丹羽長秀に調べさせその訴えの正しいことを知り、土地を取り戻してやったという。


比叡山焼き殺しの信長の優しさの一面です。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

うわぁなんて素敵な人でしょう…やっぱり織田信長が一番好きです♪ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/16 00:55

こんにちは。




こちら(↓)の石田三成と大谷吉継という武将のエピソードはどうでしょうか?

http://plaza.rakuten.co.jp/gundayuu/diary/200705 …
(人様のブログですが)
    • good
    • 1

織田が上洛したさい、織田家中のサムライが


京の名門の出の人間と同席することがあったが
名門様が、あまりに着飾って立ち振る舞いも
勿体つけた雅ぶり炸裂なので、この尾張の
サムライは何だか自分の田舎モノぶりをコケに
暗にされてる気がしてムカついたので、
名門さまの前で下半身全裸になって
「名門様、尾張の名物でござる」といって
一物を これミヨガしに見せて名門様は
フォロー不能になったという。
これを織田信長が聞き知った、側近らは
殿のカミナリ炸裂、ストリーキングをやった
侍は厳罰か手討ちかと恐れおののいたが
織田信長はハラを抱えて笑い、ワシも
京都の古風高貴カッコ付け連中と付き合うも
いいかげん肩が凝っておったところじゃと云い
モロだしサムライは、お咎め無しだったという。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

そのサムライ最高ですね!笑って許す織田信長も信長らしいとゆうか…おもしろかったです、ありがとうございます!

お礼日時:2009/05/16 00:47

・戦国時代の武将は、誰もが両刀使いですが、


 武田信玄は浮気はしていない旨のラブレターを家臣の高坂弾正に送っている。
・豊臣秀吉は、右手の指が6本(親指が2本)あったため、
 織田信長からは「はげねずみ」以外に「六つ」とも言われていた。
・豊臣秀吉の女癖が悪かったため、正室のおねが信長に愚痴の
 手紙を出したとき、優しい返事を出している。
・豊臣秀吉は名家の姫が好きだったが、
 徳川家康は出産経験のある後家が好きだった。
・徳川家康のふんどしは、多少汚れても目立たないように
 白色ではなく、最初から薄い黄色のふんどしだった。
・織田信長が京に行ったとき、京で一番の料理人の料理を食べたとき、
 まずくて料理人を殺そうとしたが、京の人が好んでいる薄口ではなく、
 田舎者が好きな濃い味付けで作り直したため、殺されずにすんだ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

武田信玄の男色…なんだか怖そう…でもラブレター書くなんてちょっとかわいいじゃないですか!徳川家康のことは他の方の返答で知ったのですが、その為に黄色いふんどしなんですね!妙に納得です! ありがとうございました楽しめました!

お礼日時:2009/05/14 14:39

徳川家康は吃音だった。


徳川家康は気が弱く、なにか事が起こるとすぐ腹を下した。戦のとき以外でも野グソをした(戦のときはみな野グソ)。信玄にぼこぼこにやられたときは脱糞していた。
徳川家康は、真田が出陣するとの知らせを廊下で聞くと、気絶しそうになり、柱につかまって「父か子か。」と言った。
豊臣秀吉が織田信長から付けられたあだ名は「サル」ではなく「ハゲ」。
織田信長が上洛したとき、京都の料理人はわざと濃い味付けの料理を出して信長が「うまいうまい」といって食べるのを陰で「田舎者」と笑っていた。
織田信長は初めて見た黒人を、体に墨を塗っていると思って小姓たちに洗わせた。
織田信長愛用の乗馬袴は、小便用の前空きで、ボタンで留めるようになっていた。現存する。
織田信長の妻で斉藤道三の娘の「濃(のう)」は、父親に激似のブスだった(伝承)。
真田の抜け穴は大阪市内に現存し、保存会もある。戦争中は防空壕としても一部使われた。
加藤清正は朝鮮で虎退治をしていない。なお、江戸時代の庶民は「清正公様」を「せいしょこさま」といっていた。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

おもしろい…徳川家康、豊臣秀吉の二人は、いろんな話を知る度に私の中で威厳がなくなってゆきます…(^^)他の武士たちのことに対しては見直すのに…これが逆にもっと知りたくなるから不思議です(^^)
ありがとうございましたー!おもしろかったです!

お礼日時:2009/05/14 14:31

真田信繁(幸村)の逸話で


大阪冬の陣直前に家康から、叔父である真田信尹を使者として最初「信濃国内1万石」、次いで「信濃一国を与える」から豊臣方を裏切らないかと持ちかけられたが、信繁は「この信繁、一万石では不忠者にならぬが、一国では不忠者になるとお思いか」と撥ね付けたと言います。

真田は先々代 幸隆 先代 昌幸ともに謀略・戦略に長けた武将でした。
信繁も父親譲りの才を持ち「今孔明」とも言われてましたが、元々は勇猛果敢な人であったようで、義理堅い所も持ち合わせていました。

因みに
一般的には真田幸村と言われていますが、現存する公的な文章には「幸村」の名前は一切出てきません。これは江戸時代の講談師が真田十勇士などの話を作るときに勝手に付けた名前です。
正式には真田源次郎信繁。
武田信玄の弟 武田信繁に肖って付けられたそうです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます!『真田幸村』ではなかったのを知ったのも、ごく最近です。。他の歴史上の人物や話などでも学校で習ったものとは違うことが多々あり名前覚えるのも苦労します…何度も名前変わるし!でも真実(確実な真実は分かりませんが)を知った時はすごくワクワクしますよね♪

お礼日時:2009/05/14 00:52

こんにちは。



昨日「人志松本の○○な話」で松本さんが熱弁していた
豊臣秀吉の家臣「黒田官兵衛」の話が面白いですよ。

とても頭がきれる家臣で、秀吉も懇意にしていたが、そのうち秀吉が「裏切られるのでは?」と不信を抱き一時一線を退く。
秀吉の死後関が原の戦いで手柄をたてようとするも、おバカな息子
に関が原の戦いの際に計算違いをされ、結局は名もないまま
終わった、というもの。

まあ、テレビの話なので、あとでwikiなどで調べると色々複雑なのですが、博識でキリシタンで平和主義? あまり出世欲がなかったらしい・・・という経緯をみると面白いです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E7%94%B0% …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

こんにちわ。へぇ~。黒田官兵衛って野心家(人並みに)なイメージだったんですけどあんまり欲なかったんですね!いろいろ調べてみたした~ちょっとおマヌケで空回り…好感がもてるかも…(>д<)
ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/14 00:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦国武将などの美化

戦国武将などの美化

戦国武将や坂本竜馬、新撰組など現代では美化されすぎですか?;

私も本人達とは会ったことがないので美化されてる、とは言い切れませんが…。

戦国武将などは一生を忠誠を誓った主に仕えるみたいな……。

本当にそんな美しい話あったんですかね…?

Aベストアンサー

主筋に対する忠誠・忠勤は戦国時代より江戸幕府開闢以降、つまり徳川将軍家が奨励した朱子学の波及と共に武士階級の一般的且つ支配的イデオロギーとなります。
つまり江戸体制の永久的存続を願う徳川家としては、大名を思想的に雁字搦めにして去勢する必要があり、主君に対する忠誠を武士の最も美徳なるものと規定したのです。

一方戦国時代は完全なる能力主義、武将の首も簡単に挿げ替えられてしまうが、武将のほうが大名・盟主を裏切り・見限るのも普通にあった時代でした。
尼子家に於ける山中鹿之助の様な稀有な例も存在しますが。

>戦国武将や坂本竜馬、新撰組など現代では美化されすぎですか?

昨今の歴史ブーム、やはり主人公はイケ面で思想的に堅固である必要があるのでしょう。
個人的に一番魅力があるのは戦国武将ですね、彼らは自分の力量を発揮出来るステージを与えられればあっけらかんと裏切り・敵に仕えてしまう。
新撰組には悲壮感が漂い、坂本竜馬はその功績・足跡がたぶんに誇張されているきらいがあります。

Q中世ヨーロッパなどの残酷な話

いつもお世話になっています。
こちらのカテで良いのかまよったのですが歴史とゆうことで質問させていただきます。
題名のとおり中世ヨーロッパなどで「美貌を保つために若い娘の血をぬきだしそれをあびていた」等のような話が載っているサイトはありますでしょうか?
物語ではなく実際本当にあったもので拷問などでもかまいません。
もしおススメのサイトがありましたらぜひ教えて下さい!!

Aベストアンサー

「美貌を保つため」云々の話は恐らく血の伯爵夫人エリザベス バートリのことだと思います。彼女の名前で検索すればたくさん出てくるのでは。

また、この手の残酷話は桐生操さんがたくさん本を出されています。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/250-1805295-5800232

Q【戦国武将ファンの心理がわからない】 戦国武将って何の計略もなくただ戦ってるだけですよね? たまたま

【戦国武将ファンの心理がわからない】


戦国武将って何の計略もなくただ戦ってるだけですよね?

たまたま進軍したらそこに敵がいたのでその配陣になっただけで相手の出方によって配陣は変わっていたのでたまたまその戦ではその配置になってたまたま勝った負けただけですよね?

相手の進軍がどう出るなんかは読めないので戦国武将の計略は過去の記録でしかない。

だから計略もクソもあったものじゃなくてただ戦った勝者の記録でしかない。

頭の頭脳プレーもない。

これのどこに戦国武将にハマる要素があるのでしょうか?

Aベストアンサー

戦場ではそうかもしれませんが、開戦する前までは情報戦ですからね。
むしろそっちの計略の方が重要。

Q歴史上 最も残酷な国

歴史上 最も残酷な国はどこの国でしょうか?

自分は、ヨーロッパ侵略を繰り返したフランス
だと思うのですが・・・・。

Aベストアンサー

共産主義国は、共産党関係者以外の一般国民、あるいは外国人の生命をゴミのように軽く扱います。

その意味で、ソ連、中華人民共和国、北朝鮮の3つの国は、「キングオブ人権蹂躙」と呼ばれても仕方ないでしょう。

その中でも、北朝鮮の政治犯強制収容所は、人類史上空前の残酷行為が日常茶飯に行われている場所と思われます。ナチスのユダヤ人強制収容所も足元にも及びません。

下記の本で、元看守によって詳述されています。

北朝鮮絶望収容所
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30675657

* 政治犯を虐待することが看守に奨励され、虐待によって政治犯が死んでも看守は一切咎められず、逆に褒められる。

* 食糧の配給は極めて少なく、かつ看守などにピンハネされる。政治犯が畑で作った僅かな食糧は、看守などに奪われる。食うものが何もない政治犯は、草を煮て食って腹をふくらまし、早朝から深夜までの重労働を強いられる。体を壊し、事故に遭って次々に死んで行く。

* 政治犯が看守の命令に逆らうことは決して許されない。火事が起きると、看守の命令で政治犯たちは火の中に飛び込んで火をもみ消す。その過程で次々に政治犯が焼死するが、それでも政治犯たちは火の中に飛び込む。

* 女性政治犯に対する性的な虐待は日常茶飯事。政治犯の女性は、看守にセックスの相手を命じられれば従うしかない。収容所内で生まれた政治犯の娘は、年頃になれば看守たちのオモチャにされる運命。女性を虐める際、拷問する際は、膣に木の枝や棍棒を突っ込んで苦しめることが良く行われるようです。

* 外部から、収容所に女性が入れられると、元気なうちに看守たちがオモチャにする。畑での作業中に、衆人環視の前でセックスを強いられることも珍しくない。なお、収容所では男女の別なく重労働を強いられるので、どんな美人でもしばらくすれば骨と皮にやせ衰え、真っ黒に汚れて男女の見分けがつかなくなる。
(これは、この本ではなくインターネットサイトでの証言です)

共産主義国は、共産党関係者以外の一般国民、あるいは外国人の生命をゴミのように軽く扱います。

その意味で、ソ連、中華人民共和国、北朝鮮の3つの国は、「キングオブ人権蹂躙」と呼ばれても仕方ないでしょう。

その中でも、北朝鮮の政治犯強制収容所は、人類史上空前の残酷行為が日常茶飯に行われている場所と思われます。ナチスのユダヤ人強制収容所も足元にも及びません。

下記の本で、元看守によって詳述されています。

北朝鮮絶望収容所
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30675657

*...続きを読む

Q戦国武将

戦国武将
こんばんは
ありきたりのアンケートで申し訳ありません。
好きな戦国武将
嫌いな戦国武将は誰ですか?
教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アラフォーのおっちゃんです

好きな武将

前田利家
信長、秀吉に仕えその類希なる「戦術眼」と「調整能力」で、秀吉亡き後の石田三成、徳川家康と互角に渡り合い「加賀百万石」を築いた名将。
また秀吉のような「知力だけ」ではなく、若い頃は「槍の又左」の異名をとるほどの使い手。

嫌いな武将

徳川家康
兎にも角にもやり方が「えげつない」の一言。
幼少の頃から人質として育ってきた故か、のし上がる・生き残る為なら「謀略・言いがかり・裏切り」等、なんでもござれ。
まぁ、だから200年以上続いた「江戸時代」の礎を築くことができたのでしょうが。

Q人間の歴史上最も残酷な拷問

人間の歴史上最も残酷な拷問は何だったのでしょうか?
特に深い意味は無いのですが、何となく気になった物で…。

Aベストアンサー

最も残酷なナチスの拷問の話を聞いたことがあります。

午前中、地面に穴を掘れ、と命令。
午後、その穴を埋め戻せ、と命令。

それだけです。ただし、それを毎日毎日くり返します。
無意味な重労働で精神的に追い込まれるそうです。

うまいことやるな。。。

Q戦国武将がヘビメタ???

戦国武将のファッションって世界中の誰が見てもめっちゃかっこいいです(←はいはい私の独断です、わかってますよ)

めちゃめちゃうまい日本人ミュージシャン(大村さんとか)が戦国武将のスタイルでヘビメタやれば、BABYMETALどころのさわぎじゃないすごいことになると思うんですけど……
どう思います?

Aベストアンサー

ファッションは個人の自由ですが、和服を着て変人扱いされたり、和服で来るなときに言われるのは許せないですね。

もう少し、日本を見つめ直して欲しいのが、本心です。

Q日本史はなぜ残酷なんですか。

日本史を勉強すればするほど人殺しまくりで地獄のようです。

江戸時代でさえも東北や僻地は飢え死にが4/3ほど(人肉を食らう絵図も・・・)
80%以上納税に我慢できなくなった農民は地域ごと皆殺し(打捨で)絶滅させられ
明治時代も下級武士が自由民権といえば殺され・・・無料で労働させられ(平民=奴隷
昭和時代では戦争では何十万人以上もしもじもが死に

平成では日本史始まって以来まだ支配者の命令で何十万人も死んだりはしてませんが
(死ぬよりも酷い目に遭ってる人は相当いるのでは?)

なんて残酷なのでしょう!
未来はもっと大きな単位でわが国民は死ぬのでしょうか!?

Aベストアンサー

歴史かぁ・・。

私の考えるところ、本当の歴史って庶民の平凡な毎日の積み重ね
が歴史だと思うんですよ。
大きな事件が歴史ではなくて。
だってそうでしょ、毎日の積み重ねが今に至ってるわけですから。

ケネディー大統領暗殺が今を作ってるわけじゃないですよね。

「歴史」と我々が言ってるのは
歴史上起こった変換期のきっかけになったものや、事件を「歴史」と言ってるわけです。

さてそこで、
では、その時代の変換期、つまり節目節目であったこと、あるいはその時代を特徴付けてる
事件て、どういう場合に起こると思いますか?

当然、意見のぶつかり合いが節目となりますね。

特に我々が一般的に学ぶ歴史というのは国家中央と国家間での出来事です。
そこでの節目には必ず意見のぶつかりあいがあります。
またそれがなければ変わらないので「歴史」では学びません。

意見のぶつかり合いごとに起きた出来事を勉強することになります。
すると人間はどちらかに意見を集約するためには争いを行います。
当然「戦い」ということになり殺し合いに発展するわけです。

これが我々が学ぶ歴史ですから、殺し合いの歴史と言っても
いいくらいこういったものが出てきます。
またでてきた当たり前なのです。

人間の発展は創造と破壊で成り立っています。
創造したものを破壊しないと次の創造はできません。

大化の改新だって、本能寺の変だって、天下分け目の関が原、破壊したから次の世ができるわけです。

創造したのは人間ですから、それを破壊しようとしたらそれを創造した人を排除しなければ
次の創造はできません。
一方は自分達が創ったものだから守ろうとします。
そこで殺し合いとなります。

現日本では法治国家ですから政治はそういうことになりませんが
でもたとえば小泉さん。
それまでの郵政事業を破壊し民営化という創造に向かって邁進しました。
昔なら
郵政省擁護派と改革派で殺し合いです。
これが後世学校で学ぶ「歴史」となるわけですからやはり殺し合い、殺戮の歴史になってしまいます。

まとめ。
我々が学ぶ「歴史」とは中央での時代の変節に起きる事件の列挙である。
時代の変節には必ず意見のぶつかりあいがある。
この意見のぶつかり合いが殺し合いとなるので
「歴史」は殺戮が多いということになる。

ってことだと思うんですがね。

歴史かぁ・・。

私の考えるところ、本当の歴史って庶民の平凡な毎日の積み重ね
が歴史だと思うんですよ。
大きな事件が歴史ではなくて。
だってそうでしょ、毎日の積み重ねが今に至ってるわけですから。

ケネディー大統領暗殺が今を作ってるわけじゃないですよね。

「歴史」と我々が言ってるのは
歴史上起こった変換期のきっかけになったものや、事件を「歴史」と言ってるわけです。

さてそこで、
では、その時代の変換期、つまり節目節目であったこと、あるいはその時代を特徴付けてる
事件て、どういう場合...続きを読む

Q戦国武将について

 私は、趣味で小説を書いています。今は、戦国時代を舞台にした恋愛ファンタジーを書いているのですが、戦国武将の暮らしにリアリティを出したいので、以下のことについて質問させて頂きます。

・戦国武将の一人称(私、俺など)
・有力な戦国武将の城での服装(普段着的なものです)
・有力な武将の家の女性の服装(正装ではなく普段着)

 ちなみに、登場する主要な武将は、真田幸村、伊達政宗、直江兼続、石田三成、服部半蔵、徳川家康 なので、知りたいのは主にこの6人についてで、上の質問の通りです。
 大河ドラマや歴史番組で言われている事をそのまま信じていいのかがいまいちわからないので、この場をお借りします。
 参考になる画像などがあれば付けて下さると嬉しいです。
 回答をお願いします。

Aベストアンサー

戦国時代は地方分権の時代だったので、どの武将も方言丸出しで喋っていたはずです。信長や秀吉はみゃーみゃー言っていたはずで、政宗はズーズー弁(東北弁)、信玄はもしかしたら「~ずら」といっていたかもしれません。実際のところ、そんな戦国武将が一堂に会したとき会話をどうしていたのか実はよく分かっていないのですよ。

で、リアリティについては小説、しかもファンタジー小説である以上「そこそこのリアリズム」でいいと思うのです。昔、千利休のことをやった映画で呼び方をリアリティにこだわった映画がありました。例えば明智光秀は当時は惟任日向守と呼ぶのが正しかったそうで、劇中のセリフは当然それに基づいたわけです。しかし、惟任日向守といわれても見る人は全然分からない。結局、誰が誰を呼んでいるのかサッパリ分からなくてストーリーがわからんという本末転倒なことになってしまいました。
読みやすさも小説の大切な部分ですから、「さすれば伊達どのはどのようにお考えか」「さよう、それがしの考えはこうでござる」程度にしておくのが読むほうもストーリーに集中できてよいと思いますよ。

ちなみに、当時のしもじもの人々は毎日戦争している時代というのもあって、かなり「ゆるかった」ようです。まず宣教師が「日本人に『処女が大事だよ』と説いてもみんな笑ってとりあってくれない」とグチっている手紙が残っています。また子供ができてもその事情はあまり追求しなかったようです。旦那が合戦に行っている間に奥さんが子供できてりゃいかにもおかしいのですが、「ま、生まれてくるのは子宝だ」という感じであったようです。

戦国時代は地方分権の時代だったので、どの武将も方言丸出しで喋っていたはずです。信長や秀吉はみゃーみゃー言っていたはずで、政宗はズーズー弁(東北弁)、信玄はもしかしたら「~ずら」といっていたかもしれません。実際のところ、そんな戦国武将が一堂に会したとき会話をどうしていたのか実はよく分かっていないのですよ。

で、リアリティについては小説、しかもファンタジー小説である以上「そこそこのリアリズム」でいいと思うのです。昔、千利休のことをやった映画で呼び方をリアリティにこだわった映...続きを読む

Q南京大虐殺よりも残酷? 中国による“通州事件”って?

某ネット内掲示板で“通州事件”について知りました。
昭和12年に中国の通州という場所に避難していた多くの日本人住民(女性、子供を含め)に多くの中国兵が侵入して日本人女性に暴行後惨殺、子供は手足を切り、体に丸太を刺し殺すなど残酷極まりない虐殺事件だったと知り、読んでいてかなりショックを受けました。

それにしても中国がひた隠しにするのは解りますが、日本の場合、歴史的にもあまり広く知られてはいません。どうしてなのでしょうか?

Aベストアンサー

通州事件の内容をご存知ならわかるでしょう。
一応確認としてはっておきます。
注:本気で凄惨なので、耐性のない人は見ないほうが良いかもしれません。敢えて転載もしませんので。
http://www.history.gr.jp/showa/tushu.html
http://www.asahi-net.or.jp/~ku3n-kym/doyoyon/doyoyo11.html

さて、これを読んでみて、“何か”に非常に似ていると思いませんか?

それは、あの有名な南京大虐殺です。中国側が主張してくるあの事件の凄惨な様子と凄まじいほどに酷似しています。
 この類似はある類推を呼びます。すなわち、「南京大虐殺は中国の捏造である――彼らは自分たちが過去にやったことを並べ立てて主張しただけだ」と。
 日本の過去の戦闘で、あの大虐殺に一致する性質のものは僕は聞いたことがありません。マイナーな事件であったことがあるかもしれませんが、マイナーであるということは、「日本ではそういう虐殺・略奪は文化としてあまり根付いてない」とわかります。

これに対して、中国・朝鮮・ロシア等にはこうした話題はしばしば登場します。中国は通州事件を始め、最近でもチベットに対して似たような虐殺を行っています。
http://adolf45d.client.jp/kousyoujyouka.html
朝鮮は明を裏切って清についたとき、清国があきれるほどの虐殺を行ったといいますし、ベトナム戦争のときの行為を思い出すべきです。
http://haniwa82.hp.infoseek.co.jp/k-textbook/vietnamwar.html
ロシア(ソ連)もヨーロッパでは「ロシアの本性は略奪である」と言われるほどです。

すなわち、こうした行為は大陸的文化であると言えます。いつ隣から攻めてくるかわからないため、(本来)自己防衛の目的で、結果として凄まじい攻撃性を発揮するのです。現在は文化として根付いてしまっており、これはなかなか収まらないでしょう。

これが広まらないのは「絶対的に日本が悪である」と主張したい人によって妨げられているからです。これについては私の過去の投稿を手繰っていただければ、どういう勢力がこれを行おうとしているかわかると思います。

通州事件の内容をご存知ならわかるでしょう。
一応確認としてはっておきます。
注:本気で凄惨なので、耐性のない人は見ないほうが良いかもしれません。敢えて転載もしませんので。
http://www.history.gr.jp/showa/tushu.html
http://www.asahi-net.or.jp/~ku3n-kym/doyoyon/doyoyo11.html

さて、これを読んでみて、“何か”に非常に似ていると思いませんか?

それは、あの有名な南京大虐殺です。中国側が主張してくるあの事件の凄惨な様子と凄まじいほどに酷似しています。
 この類似はある類推を呼び...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング