次の英文の後半は次の2つのどちらの文法的解釈がより妥当でしょうか?
The retail chain’s colors are instantly recognizable to a vast chunk of the world’s population, its green and brown carefully selected to symbolize the land on which the coffee is grown.

1.主節の主語 ”the retail chain’s colors” と同格の関係になっている。
直訳すると、「この小売チェーン店の色、つまりコーヒーが育つ大地を象徴するように入念に選ばれたこのチェーン店の緑色と茶色は、世界中の膨大な数の人に即座にそれとわかるものである。」

2.いわゆる独立分詞構文で、its green and brownとcarefully selectedの間にbeingが省略されている。
直訳すると、「この小売チェーン店の色は世界中の膨大な数の人に即座にそれとわかるものであり、このチェーン店の緑色と茶色はコーヒーが育つ大地を象徴するように入念に選ばれている。」

後半の最初の名詞句“its green and brown”が主文の主語"the retail chain’s colors" が指すものと
・イコールならば1の解釈になり、
・イコールでなければ2の解釈になる、
のだろうというところまでは考えられるのですが、どうもよくわかりません。

ご教示ください。


《ご参考までに》
この一文は2004年早稲田大学商学部の入試問題の一部です。その冒頭部分を次に引用しテおきます。第2段落の最初の文です。
Each week, 25 million customers wander through the now-familiar doors of Starbucks coffee stores around the world.
The retail chain’s colors are instantly recognizable to a vast chunk of the world’s population, its green and brown carefully selected to symbolize the land on which the coffee is grown. Reddish variations are also allowed within the coffee giant’s carefully controlled color scheme, apparently to signify the fire used to roast the beans. For the growers too, the color is appropriate. Most are up to their necks in the red. The price of coffee has collapsed.
Put simply, too much of the stuff is grown. More than 40 million bags of excess coffee are currently on the market. Production exceeded consumption by nine million bags last year. Five years ago, top quality coffee such as that produced by Ethiopia would fetch around £1 a pound; now it’s down to 40 pence. As a result, Ethiopia is losing twice as much as it gained in debt relief, and communities are at pre-starvation level.
Their suffering can be clearly traced to Western demands and in particular the World Bank, which advised poor nations that never grew coffee to enter the market. Enter Vietnam. In 10 years the South East Asia country came from nowhere to become the world’s second biggest producer of coffee behind Brazil. (以下省略)

なお、原典らしきものは次のHPの真ん中付近に見ることができます。
7http://72.14.235.132/search?q=cache:FCfAtq0OIGcJ …

またStarbucksのロゴの色やデザインの変遷については次のサイトなどが参考になりそうです。
http://72.14.235.132/search?q=cache:-t_KIdcGuk4J …
http://72.14.235.132/search?q=cache:ghH6SLRSbmoJ …

A 回答 (3件)

英文を素直に読むと,2 と感じられます。


The retail chain’s colors

its green and brown
は内容的には同じことを言っていますが,代名詞で受けるわけでなく,別の表現で言い換えている以上,独立分詞構文の(意味上の)主語として用いて,何ら差し支えありません。

同格であれば,コンマやダッシュではさむことになるでしょう。
読んでいて,はなれてしまっていますので,同格という感じはしません。

付帯状況を表す分詞構文で,「~する。そして~する」と動作が続けて行われることを表す用法があります。

動作の連続でなく,
The retail chain’s colors are instantly recognizable to a vast chunk of the world’s population.

Its green and brown carefully are selected to symbolize the land on which the coffee is grown.
という同じことを言っている英文を論理的に進行させていく
「~であり,そして~である」ような場合にも用いられます。

同格といっても,
The retail chain’s colors are instantly recognizable to a vast chunk of the world’s population.
Its green and brown carefully are selected to symbolize the land on which the coffee is grown.
という同じ趣旨の英文を分詞構文でつなげて,言い換えている感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 07:31

 No.2です。

ひとつ訂正をしなければなりません。

 「because 【they are】 its green and brown carefully selected to symbolize the land on which the coffee is grown.」という英文は、補語の部分に「its green and brown」が来ている点で少しおかしな英文ですね。

 「because its green and brown 【are/were】 carefuly selected to symbolize the land on which the coffee is grown.」の方が自然な英文になります。

 上記の英文を分詞構文にした英文、すなわち元の英文の中の「The retail chain's colors」と「its green and brown」が同じものを指しているのに、後者が省略されずに「独立分詞構文」になるのはおかしいという指摘も理解ができます。

 おそらく書き手の頭の中では、「The retail chain's colors」と、それをより具体的に示した「it green and brown」は異なるものだという意識があるのではないでしょうか。

 お尋ねの問題に関しては、2つの事柄が距離を置いておかれているということと前半と後半に因果関係があると考えられるということの2点から、やはり「(独立)分詞構文」であると理解するのが自然な考え方ではないかと思います。


 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/24 07:32

 確かに「同格」と「分詞構文のbeingが省略されたもの」とは紛らわしいものですね。

どちらで解釈しても良い場合もありますが、「同格」とは考えにくい場合もあります。

(1) <The only son born in a prestigious family>, Ken has attracted great attention.

(2) Ken, <the only son born in a prestigious family>, has attracted great attention.

(3) Ken has attracted great attenition, <the only son born in a prestigious family>.

 (1)と(2)は「同格」と理解しても「being」が省略された分詞構文と理解しても良いでしょう。特に分詞構文であることを表したい場合には「being」をつけるでしょうから、どちらかといと「同格」とみなされることが多いでしょう。

 ただし、(3)の場合には「Ken」と「the only son ...」が離れすぎていますので、「同格」ではなく「分詞構文」と解釈した方が良いでしょう。

 ただし、分詞構文だと考える場合には、「being」を「the only son」と「born」の間ではなくて「the only son」の前に補った方が良いと思います。

 それは、文の流れから元の英文を「... , because he is the only son born ...」」と考えた方が良いと思われるからです。「名家に生まれたから、注目を集めている。」というつながりを意識した方が自然であることは明らかですね。

 お尋ねの英文ではどうでしょうか。やはり「being」は「its green and brown」の後ではなくて、その前の方に入れた方が良いような気がします。

 元の英文は「, 【and】 its green and brown 【was】 carefully selected to symbolize the land on which the coffee is grown.」ではなくて、「, 【because】 they 【were】 its green and brown carefully selected to symbolize the land on which the coffee is grown.」だと考えられます。

 上記の2番目の英文を分詞構文にする場合には、接続詞の「because 」と主語の「they」を省略し、さらに「were」を「being」に変えることで分詞構文の完成です。

 この場合、前半の主語である「The retail chain’s colors」と後半の主語である「they」が同じなので、これは独立分詞構文ではなくて、通常の分詞構文ということになります。

 全体の意味を、「その小売チェーン店の色は世界中の膨大な数の人に即座にそれとわかるものである、【なぜなら】その色はコーヒーが育つ大地を象徴するように入念に選ばれた緑色と茶色だからです。」と考えると前半と後半のつながりが自然になるではないでしょうか。

 「its grean and brown」を「同格」と解釈したのでは、上記で示した「因果関係」がうまく出て来ません。「because」があると想定して、すなわち分詞構文だと考えて初めて「因果関係」が読み取ることができるのではないでしょうか。

 なお、お尋ねの英文を「同格」だと解釈できるのは下記のように、同じものを近くに並べ立てた場合に限られるような気がします。

【The retail chain’s colors】, 【its green and brown carefully selected to symbolize the land on which the coffee is grown】, are instantly recognizable to a vast chunk of the world’s population.

 この英文の書き手が、上記のように「The retail's chain's colors」と「its green and brown ...」を並べ立てずに、わざわざ離して書いているのは、「因果関係」を表す分詞構文を意識しているのだと思います。

 ご参考になれば・・・。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QThe cards in the air 意味は?

Let's get the cards in the air.

意味を教えてください

Aベストアンサー

トランプやカードゲームで、ディーラーと言って、カードを配る人がいますが、そのディーラーがカードを配り始めて、ゲームを開始することを言います。
ディーラーが、52枚+ジョーカーのカードのセットをよく切り(つまり混ぜる)、一番上のカードから、ひゅっ、ひゅっと、プレイヤーの一人一人の前に置いていきますが、慣れたディーラーは、カードが低空飛行して置かれるので、まさに、空中を飛ぶ感じがします。それをthe cards in the airと言っています。その状態を作り出すgetですから、I'll get the cards in the aird配り始めるということですが、Let's をつけて、さあ、配り始めようということになります。それは、ディーラーだけでなくLet'sでみんなでということですから、配り始めてゲームをやろうーーという意味になるのです。

以上、ご参考になればと思います。

QTom had a happy surprise. showed its bright color

Tom had a happy surprise.

showed its bright colors.

これを日本語にしてください!

Aベストアンサー

トムには、うれしい驚きだった。
明るい色を見せた。

Qmidway through the period と、during a period of time. ニュアンスの違いを教えてください。

こんにちは、いつもお世話になります。

現在留学中の者です。

教科書を読んでいて、「その期間」という言い回しに、during a period of time.はよく見かけるのですが、今日偶然、midway through the periodという言い回しを見かけました。

グーグルで検索をかけてみると、midway through the periodは、スポーツ関係の記事に多く見かけました。

midway through the periodの方が、during a period of time.よりも、短い期間で使われるのでしょうか?

また、もしかしたら、midway through the periodを、「その期間」と勝手に思い込んでいますが、もし私の勘違いならば、その事もご指摘願います。

以上です、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

一切の強力な根拠はありませんが、

during a period of time = その期間中の「何時でも」(時期は特定しない、出来ない)

midway through the period = その期間中の「途中で」「中途で」

例えば、こんな例題があったとします、

(A)
The festival had some days of unexpectedly poor turnout during a period of time.
その祭典の'期間中'期待に反して人出が少ない日があった。
(B)
The festival had some days of unexpectedly poor turnout midway during the period.
その祭典の期間の中途で期待に反して人出が少ない時期があった。


(A)の場合開催直後なのか、中途なのか、終盤に差し掛かってなのかは(故意にか、どうかは別にして)はっきりしません、していません。
(B)この場合は、やはり「前半、後半の」間の「中盤に差し掛かって」の雰囲気を感じますが。

これはやはり「midway」=「その途中で、その中途で」の雰囲気を出したいと感じる書き方のせいでしょう。 こんな「中途」「半端」なお答えでご納得は頂けないでしょうが(泣)(笑)

一切の強力な根拠はありませんが、

during a period of time = その期間中の「何時でも」(時期は特定しない、出来ない)

midway through the period = その期間中の「途中で」「中途で」

例えば、こんな例題があったとします、

(A)
The festival had some days of unexpectedly poor turnout during a period of time.
その祭典の'期間中'期待に反して人出が少ない日があった。
(B)
The festival had some days of unexpectedly poor turnout midway during the period.
その祭典の期間の中途で期...続きを読む

Qthe millions?

今更かも知れませんが、次の文を見かけて質問します。

The costs have run into the millions.

なぜmillionsの前に定冠詞がつくのでしょうか?

Aベストアンサー

two hundred
three thousand
four million
のように -s はつかない。

hundreds of ~「何百もの~」の場合は -s がつく。
これが昔から教えられてきたことです。

実はこの hundreds というのは
one hundred
two hundred
three hundred
いろんな hundred の意味を表します。

だから,hundreds of ~という形でなくても -s になることはあります。

ここでも,「費用は~にまで達している」

この部分が「何百万,数百万」であり,
これが具体的に実際ある金額,実際にかかっている費用自体を表し,
the millions と特定化されています。
単なる数字でなく,その数字で表わされる「何百万人の人,もの」
ここでは「ドルなり,円なりを単位とした」
何百万もの金額で,実際に存在しているものとして特定の the がついています。

QThrough the wood は名詞句か。

Through the wood is the nearest way.
という文の主部「Through the wood」は名詞句なのでしょうか?

手元にある文法書には、上の文の主部は句である、と書いてあるのですが、同書の別のページには、名詞句になるのはおもに不定詞および動名詞である、と書いてあり、疑問に思いました。
あくまで「おもに」不定詞および動名詞、ということでしょうか。

今、曖昧だった文法を改めて勉強しているところなのですが、気になってしまい質問させていただきました。
よろしくお願いいたしします。

Aベストアンサー

主語になれるのは原則として名詞句だけです。
主語になる不定詞は「名詞」用法の不定詞、動名詞は名詞の一種、ということになっています。

ただごくまれに、場所を表す副詞句が主語になることがあります。
下の例文が有名です。

Understandably [here] is not the right place to report more in details.
No wait, [over there] is even better.
[Under the bed] is the best place to hide.
[Under the table] needs cleaning.

非常に例外的な構文で、うっかりこれを強調してしまうと、おかしな英作文が続出することになるので、教科書や参考書の執筆者は、あえて黙っていることが多いのです。

主語は名詞、と言っておけば安全ですから。

QLike the increasing millions of Ame

Like the increasing millions of Americans who regularly follom a vigorous exercise program, I know that working out makes me feel good.


どうしても訳すと支離滅裂になってしまって、困っています…
この文を和訳出来る方訳して下さい。
お願いします!

Aベストアンサー

定期的に,精力的な運動プログラムに従う,ますます増え続ける何百万人ものアメリカ人と同様に,私も運動することは気分よくさせる(運動すると気分がよくなる)ことを知っている。

work out で exercise「運動する」の意味になります。
ここでは「私」もアメリカ人の一人だと考えられます。

QIt was through the book Hunminjeongeum, the origin

It was through the book Hunminjeongeum, the original name for hangeul, that it was made known to the people.


翻訳してください

Aベストアンサー

それが人々に知られるようになったのは、ハングルの元々の名前である「訓民正音」という本を通じてでした。

QThe eyes are the window..

“The eyes are the window of the soul.”
という言葉について質問があります。

冠詞がいまいち掴めないのですが、
広く漠然としたくくりの物を言う場合は(s)を付ける必要があると思うのですが、
時々この文章のようにthe+(s)を見かけます。(s)とthe+(s)の違いは何でしょうか?
またこの文章でthe window, the soulとあるのが、windows やthe windows/soulsや the soulsとならないのはなぜでしょうか?

このほかの参考になる例文、webサイトなどもあれば、教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

この場合の冠詞の使い方は、普通と異なります。

冠詞"the"の使い方は、「使わない」使い方と「使う」使い方の2通りあります。
考え方としては「一般性」と「特殊性」という考え方をマスターしている必要があります。

1)一般性:日本語では「~というもの」という表現がよく使われます。辞書などの定義がこれです。
英英辞典の定義を少し利用させてもらいましょう。
「目とは顔にあり、ものなどを見る役目をする2つの器官である。」という英語は(直訳にはなっていません)、次のようなものですが、主語だけに注目して下さい。

Eyes are two organs on the face that you see with.
An eye is either of two organs on the face that you see with.

「目とは」とか「目というものは」などの一般性をもつ数えられる名詞の場合、主語になった場合、
「無冠詞複数」か「a(n) + 単数名詞」で表します。この場合は、冠詞を使わない用法ですね。

一般性を表す名詞は、(1)数えられる名詞で、主語の場合は上に述べたとおりですが、目的語になる場合は「無冠詞複数」の使い方しかありません。(2)数えられない名詞の場合は、主語であっても目的語でも「無冠詞単数」の使い方しかありません。たとえば、"Coffee is ~. "とか"I like coffee."の様にします。

2)しかし、「彼女の目は青かった。」の英語は
"Her eyes were blue."と言います。
また、「暗闇の中にぎらぎら光っていた目がこちらを見ていた」とします。
この英語は
"The glaring eyes in the darkness were looking at me."
などとします。この場合は一般的な「目というものは」という言い方ではなく、「ある状況の中での特定の目」のことです。こういう場合は"the"をつけます。

3)さて、それ以外の冠詞の使い方はこの3番目で説明します。これは特殊な使い方ですので、使われる場合は非常に少ないのです。しかしこの用法だなということはすぐに分かります。
次の英語を見て下さい。
"The pen is mightier than the sword."
これは「ペンは剣よりも強し。」という訳がなされていますが、比喩的な意味で格言として使われています。 ペンをもって剣と戦ったら剣が勝つに決まっています。

本題の“The eyes are the window of the soul.”という英文の中の"The eyes"とか"the window"の
"the"はこの比喩的な意味で格言のように使われる用法の冠詞なんです。"the soul"は"the body"と対比されて使われる用法で格言の"the"ではありません。「心と体」の様な使い方です。
「目は心の窓です。」
というように「目」と「窓」を同一視している比喩なんですね。

このように今回のご質問の冠詞の用法は特殊な使い方ですから、パニックになる必要はありません。

この場合の冠詞の使い方は、普通と異なります。

冠詞"the"の使い方は、「使わない」使い方と「使う」使い方の2通りあります。
考え方としては「一般性」と「特殊性」という考え方をマスターしている必要があります。

1)一般性:日本語では「~というもの」という表現がよく使われます。辞書などの定義がこれです。
英英辞典の定義を少し利用させてもらいましょう。
「目とは顔にあり、ものなどを見る役目をする2つの器官である。」という英語は(直訳にはなっていません)、次のようなものですが、主語だけ...続きを読む

Qyou disposed of all the rest up through is の訳し方と文法

you disposed of all the rest up through is の訳し方と文法解説をお願いしたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

最後のisは、itのタイプミスですね。

You disposed of all the rest up through it.
あたなは、それまでの残り全部を処分した。

up through 〜は、up to 〜と同じ意味です。

https://m.youtube.com/watch?v=rhgbOfSbKCk

この文脈であれば、itは「16号」のこと。
all the rest up through itは
「16号までの残り全部 = 1号〜15号」
ということになります。

Q教科書のThe Story Of Coffee(ユニコン英語II)という課の英文について。 (3)

Around 1600, Italian traders introduced roasted coffee to Europe. At first, people drank coffee as a kind of medicine. By 1645, as the drink became more popular, one of the first European coffee houses was opened in Venice. Later, coffee houses could be found across Europe. These coffee houses also became popular places for people to gather.

・・・・という英文で、(翻訳サイトではなく自分で訳しました。)

1600年ごろ、イタリアの商人はヨーロッパへ焼いたコーヒーを生産しました。最初は、人々は、薬の一種としてコーヒーを飲んでいました。1645年まで、より人気になった飲み物として、最初のヨーロッパ人のコーヒーハウスの一つがベニスで開店されました。その後、コーヒーハウスはヨーロッパで見つけられました。これらのコーヒーハウスもまた、集まるための人々の人気の場所となりました。

・・・となったのですが、訳が間違っていたらその箇所を指摘して正解を教えてください。できれば細かいところまで指摘してください。また、この英文の全訳を教えていただけたらありがたいです・・・。

Around 1600, Italian traders introduced roasted coffee to Europe. At first, people drank coffee as a kind of medicine. By 1645, as the drink became more popular, one of the first European coffee houses was opened in Venice. Later, coffee houses could be found across Europe. These coffee houses also became popular places for people to gather.

・・・・という英文で、(翻訳サイトではなく自分で訳しました。)

1600年ごろ、イタリアの商人はヨーロッパへ焼いたコーヒーを生産しま...続きを読む

Aベストアンサー

introduceは生産ではなく、「持込んだ」
2行目のasは「・・として」ではなく、「・・になると」と訳すと良いでしょう。その場合、理由と時の
両方の意味を持ちます。asにはいろいろな意味があり
重要な接続詞です。 
across Europeは「ヨーロッパのいたるところで」
です。 could be foundは「見られるようになった」
ぐらいでしょうか。 
最後のfor people to gatherのpeople とgatherは
主語、述語関係になっています。
「人々が集まる場所」と訳しましょう。
for 人 to 動詞原形は
「・・が・・する」というパターンで訳し慣れて
おいた方が後になって楽ですよ。


人気Q&Aランキング