RCやSRCの柱の鋼材の割合で
「コンクリートの全断面積に対する主筋(鋼材)の全断面積の割合は0.8%以上」
と言うのがありますが、なぜこの文面は
『鉄筋コンクリートの全断面積に対する』
ではなく
『コンクリートの全断面積に対する』
なのでしょうか?
計算式から行くと『鉄筋コンクリートの全断面積に対する』
でないと日本語としておかしくないですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

今晩は cyoi-obakaです。



aderasuさんの仰っている事は、至極当然のことで、「鉄筋コンクリートの全断面積に対する」が表現上は正解でしょうね。
ただし、数学的な「割合」の原則を忘れないで頂きたい!
  割合=部分/全体
ですよ。
従って、数学的に割合を算出する場合は、無条件で分母は「構成要因の全部」ですから、コンクリートの全断面積と記述されていても、その中には鉄筋の全断面積が含まれる。
以上です。
ただし、「割合」ではなく、「比」と記述させていたら、鉄筋の全断面積は分母に含まれない!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>至極当然のことで

ですよね!

>「割合」ではなく、「比」と記述させていたら、鉄筋の全断面積は分母に含まれない!

当然ですね

>割合=部分/全体

これも当然で、この全体となる部分のいい方が
「コンクリートの全断面積に対する」
では日本語として明らかにおかしいと思います。
「比」のいい方と「割合」のいい方がごっちゃになってる。
誰も不思議に思わないのかな?

お礼日時:2009/06/04 12:36

再補足について


>私がいいたいのは算出式が間違っているとかではなく、言葉の表現がおかしいのでは?と思っているのですが・・・
そのとおりです。
この質問に限らず、建築基準法・同施行令の条文の中には、どうにでも解釈できる部分が多々あり、そのつど確認検査機関に問い合わせが必要です。
また、自治体並びに市町村が違っただけで、確認が認可される、されないがあります。
建築確認を提出の際には、必ず確認検査機関に問い合わせする事をお勧めします。
ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうでもいいような面倒臭い質問にお付き合いくださいまして
ありがとうございました。

>どうにでも解釈できる部分が多々あり

包括できる言い回しならわかりますが
日本語が成り立っていないのではないかと思うので
誰も疑問に思わないのかなと思い質問しました。
建築確認を提出の際には問い合わせとか
そんなことが聞きたいのではないのです。

お礼日時:2009/05/16 18:51

捕捉について


貴方の考え方でいけば、SRCの場合に『鉄骨・鉄筋コンクリートの全断面積に対する』と表現も必要でしょう。
質問分の冒頭にRCやSRCの柱の鋼材の割合でと書いていますね。
双方に共通する部分がコンクリートの全断面積なんです。
だからおかしくはないのです。
必要鋼材断面積を算定する際の分母は、柱断面積です。
仮に柱断面が60cm×60cm×0.8%=28.8cm^2以上の鋼材断面が必要という事です。

この回答への補足

捕捉の回答ありがとうございます

>SRCの場合に『鉄骨・鉄筋コンクリートの全断面積に対する』と表現も必要でしょう。

そうです。仰るとおりそういうことになりますね。

>必要鋼材断面積を算定する際の分母は、柱断面積です。

それです!それが言いたかった。
その「柱断面積」です。
分母が「柱断面積」と言う表現なら60cm×60cmでOKで理解できます。
しかし「コンクリートの全断面積」と言う表現では60cm×60cmではなく
あくまでコンクリートの全断面積なのだから分母は
(60cm×60cm)-鋼材の断面積となるはずではないのでしょうか?

私がいいたいのは算出式が間違っているとかではなく
言葉の表現がおかしいのでは?と思っているのですが。

補足日時:2009/05/16 10:30
    • good
    • 0

よく読んでみて


「コンクリートの全断面積に対する主筋(鋼材)の全断面積の割合は0.8%以上」
コンクリートの全断面積=柱断面積
主筋(鋼材)の全断面積=柱主筋の合計断面積

鉄筋コンクリートの全断面積と言えば、柱だけではなく梁も含まれます。
この文面は、柱に関する事ですのでおかしくはないのです。
ご参考まで

この回答への補足

回答ありがとうございます

>鉄筋コンクリートの全断面積と言えば、柱だけではなく梁も含まれます

なぜここで梁がでてくるのでしょうか?
私が知りたいのは柱のことですよ。
この式は
{主筋(鋼材)の全断面積/柱の(幅×成)}×100≧0.8
と言うことですよね?
この式ではヤング係数比は考慮されていません。
つまりこれでは分母にも主筋(鋼材)の全断面積が含まれていると言うことになりませんか?
「コンクリートの全断面積に対する主筋(鋼材)の全断面積の割合は0.8%以上」
と言う表現とするなら分母では柱の鉄筋(鉄骨)コンクリートとしての断面積から
主筋(鋼材)の全断面積を控除させていないと日本語としておかしくないですか?

補足日時:2009/05/15 18:38
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄筋コンクリート造りと重量鉄骨造りはほとんどかわらない!?

こんにちは。教えてください。
不動産屋さんは上下間の音は鉄筋コンクリートより重量鉄骨造り(防音ALCと記載がありました)のほうがきこえにくく、左右間の音はほとんどかわらないと言っていました。こちらでみさせていただいていると鉄筋コンクリートのほうが良さそうだと思うのですが、分譲タイプのような高級マンションでない限りそうなのでしょうか。やたらと鉄骨のマンションをすすめられます。重量鉄骨はただの鉄骨マンションより防音性がいいともききました。
鉄筋コンクリート≧重量鉄骨>鉄骨>軽量鉄骨>木造。実際あってるんでしょうか。。。

現在木造アパートの2Fに住んでいて生活音・近隣の学校の騒音などに悩まされていてマンションタイプの物件を探しています。そこまで神経質ではないのですが、近隣に恵まれなくて音の問題で(毎日早朝から掃除機をかける、夜中に大声で歌を歌うetc…。)引越しを繰り返しています。次に住むところは長い間住みたいと思っているので慎重に探しているのですが不動産屋さんによって言われることが違うので困ってしまいます。どうか教えてください。よろしくお願いいたします。

こんにちは。教えてください。
不動産屋さんは上下間の音は鉄筋コンクリートより重量鉄骨造り(防音ALCと記載がありました)のほうがきこえにくく、左右間の音はほとんどかわらないと言っていました。こちらでみさせていただいていると鉄筋コンクリートのほうが良さそうだと思うのですが、分譲タイプのような高級マンションでない限りそうなのでしょうか。やたらと鉄骨のマンションをすすめられます。重量鉄骨はただの鉄骨マンションより防音性がいいともききました。
鉄筋コンクリート≧重量鉄骨>鉄骨>軽量...続きを読む

Aベストアンサー

床の遮音性能のうち足音など重量物による衝撃音(重量衝撃音)は梁で囲まれた面積と床の重量(一般に床の構造は単一材料ですので、密度一定のためその厚さ)でほぼ遮音性は決まってしまいます。

鉄筋コンクリート床とALC床は同じコンクリート製品ですが、ALCは気泡の多く入った工場製品ですので、一般に軽量です(その分運搬などがしやすいというメリットがある)。
また現場打ち鉄筋コンクリートだと施工が難しくほとんど造られない薄さの100mm程度の製品がALC床版では主流です。

防音ALCというのがどんな製品なのかよくわかりませんが、一般にALC床の遮音性は悪いです。
これを改善するためにALCにモルタルなどを縫って厚さと重量を増して改善することが行われていますが、同じ厚さなら重量が大きい鉄筋コンクリートのほうが大抵は遮音性がよいです。

また、ALCは工場製品のため接続部分が発生します。この部分の処理が悪いとずれにより音が発生することもあります。

床の厚さとALCの密度を確認した方がよいと思います(鉄筋コンクリートは2.3程度です)。
また遮音性がよいというのなら床の重量衝撃音の性能を確認してみるとよいでしょう。
LH-いくつという数字で性能が表示されます。
数字は小さい方が遮音性能がよいです。

参考までに記述すると、コンクリートならだいたい厚さ130mmで60、150mmで55、180mmで50程度となります。ALCだと厚さ100mmで65~70です。


なお、床の遮音性能は椅子を引きずるような軽量物による音は軽量衝撃音といいこれはLLで表され、床の構造よりも床の仕上げ(フローリング、絨毯、畳等)により変わる数値ですので、仕上げ次第と言うことになります。

また、一般に鉄筋コンクリートの壁は鉄筋コンクリートのことが多いですが、鉄骨の場合はALCなら良い方で、軽量鉄骨枠組みにボードを貼った程度の使用のことも多く、重量がないので遮音性能が悪く、隣戸間の音が問題になることが多いです。

ちなみに日本建築学会の遮音性能基準では、鉄筋コンクリート構造とその他の構造として大区分していますので、木造、軽量鉄骨、重量鉄骨の性能は大差なく、その仕様による差があるだけと考えた方がよいと思います。

なお、鉄骨の重量・軽量の差は柱・梁の差であって遮音性能に関係する壁や床の仕様とは関係のないものです。

床の遮音性能のうち足音など重量物による衝撃音(重量衝撃音)は梁で囲まれた面積と床の重量(一般に床の構造は単一材料ですので、密度一定のためその厚さ)でほぼ遮音性は決まってしまいます。

鉄筋コンクリート床とALC床は同じコンクリート製品ですが、ALCは気泡の多く入った工場製品ですので、一般に軽量です(その分運搬などがしやすいというメリットがある)。
また現場打ち鉄筋コンクリートだと施工が難しくほとんど造られない薄さの100mm程度の製品がALC床版では主流です。

防音ALCとい...続きを読む

Q場所打ちコンクリート杭の鉄筋の継手について

場所打ちコンクリート杭に使用する鉄筋の帯筋の継手は、重ね継手とし、主筋に堅固に結束てはだめな理由を教えて下さい。

Aベストアンサー

ぶら下げてセットするので0.8mmの結束線などではちぎれて分離するから溶接を主とする。

Q賃貸で条件が同じだと鉄筋(RC)、重量鉄骨、軽量鉄骨の順で家賃は安くな

賃貸で条件が同じだと鉄筋(RC)、重量鉄骨、軽量鉄骨の順で家賃は安くなっていくと思いますが、10年くらい住むつもりならちょっと高くても鉄筋にすべきでしょうか?防音性・冷暖房効率・耐震性(有意差なし?)などの視点からアドバイスいただけたら助かります。よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

防音や冷暖房については、壁の構造よりも窓の断熱の方が重要かと思います。
防音については、鉄骨ではなく壁の厚みと、防音のサッシとガラスですね。
断熱も壁の厚みもありますが、ペアガラスでなければ意味がないと思います。

構造の種類だけで単純には家賃も変わらないと思います。
賃貸専用建物なら多少はあるかもしれませんが、住宅用に使っていた物を貸す場合、構造が家賃に上乗せするようなこともないですね。

Q施工 鉄筋コンクリートの勉強

こんにちは。今、施工の鉄筋コンクリートの勉強を独学でしています。
2つ質問があります。
(1)重ね継手「設計基準強度が21N/mm2および24N/mm2の普通コンクリートを用いた異形鉄筋の重ね継手の長さは、フックなしの場合、呼び名の数値の40倍以上とする」と本に書いてありました。しかし、SD390の場合45倍以上なのではないのでしょうか?
(2)ガス圧接「鉄筋径25(mm以下)呼び名D25(以下)」とあって、「鉄筋径50(mm以下)呼び名D51(以下)」とありました。50mmなのにD50じゃなくてD51になるのは決まりごとでしょうか?
さっぱりわかりません。どうぞ教えてください。

Aベストアンサー

土木でなく、建築の話です。
(1)重ね継ぎ手の規定は法令で決まっているものではありません。極端な話建物ごとに変わっていても構わないものです。設計者の裁量の範囲で変更できます。
とはいっても、標準仕様書なるものがあります。公共建築工事標準仕様書やJASS5です。それでも設計図書に特記仕様書があれば、特記を優先します。特記がなければ、という但し書きがそれらにはあります。
前段が、長くなりましたが、「標準仕様書によれば、」という条件付きで記載の通りです。但し、H16年度版の標仕では(21~)27N/mm2まで含まれます。H13年度版のもの(あえて標仕とは書きません)は21~24です。定期的?に見直しがあります。未来永劫に正とは限りません。
(2)質問の主旨がイマイチ理解できません。見当違いかも分かりませんことを最初にお断りします。
異型棒鋼は公称直径という表現をします。鉄筋径は丸鋼の場合によく使用しますが、現在丸鋼はRCに使用しません。当然ガス圧接もしません。
丸鋼と異型棒鋼を列記してあるだけでは?
ちなみに、鉄筋コンクリート用棒鋼は公称周長が綺麗な整数にになっています。そのため、公称直径は半端な数字が出てきます。(←これは自信なし)

現在勉強している本とは何ですか。何年度出版のものですか。
JASS5は難しすぎるかも分かりませんが、RCの良い参考書になると思いますよ。(建築の場合)

土木でなく、建築の話です。
(1)重ね継ぎ手の規定は法令で決まっているものではありません。極端な話建物ごとに変わっていても構わないものです。設計者の裁量の範囲で変更できます。
とはいっても、標準仕様書なるものがあります。公共建築工事標準仕様書やJASS5です。それでも設計図書に特記仕様書があれば、特記を優先します。特記がなければ、という但し書きがそれらにはあります。
前段が、長くなりましたが、「標準仕様書によれば、」という条件付きで記載の通りです。但し、H16年度版の標仕では(21~)...続きを読む

Q重量鉄骨コンクリートと鉄筋コンクリートの違いを教えてください

ご存知でしたら教えてください。
また、図つきの説明サイトなどがあれば紹介してください。
気にしているのは、壁に十分な量のコンクリートが使われているかどうかです。

Aベストアンサー

>そうすると、建築階数が同じ場合、
>重量鉄骨コンクリートのほうが頑丈で
>騒音・振動が少ない、良物件ということでしょうか

構造計算してますので、一概には言えませんが、その傾向はあります。

>某サイトで、鉄骨アパートは鉄筋アパートに
>比べて騒音や振動などの住み心地で劣るという
>ようなことが書いてあったので、気になりました

ちょっと勘違いされてます。
鉄骨アパートと、鉄骨鉄筋(正確には、鉄骨鉄筋コンクリート。質問文の重量鉄骨コンクリートの事)は、全く違います。
鉄骨アパートは、骨組みが鉄骨だけですから、基本的には、壁などは、コンクリートではありません。
ですから、鉄筋コンクリートよりは、振動・騒音は多いように感じます。

Q駐車場のコンクリート 鉄筋かメッシュか

駐車場を1台分広げようかと思い、
数社に見積もりをお願いしました。
外溝やさんとリフォーム店ではメッシュで、
造園屋さんは鉄筋を入れないと絶対にだめだといいます。
また、ある程度高さがあるので一般的なブロックではなく
型枠ブロックか天然石の入った丈夫なものでないと
検査に通らないと言われました。
外溝やさんに頼んだ場合、おそらく市を通したり
しないのでしょうが
造園屋さんの施工内容はかなりしっかりしすぎな
気がします。
一般的にはメッシュが主流だと思いますが
鉄筋を入れれば費用も数十万円違ってきますし・・・
実際に、ほとんどの一般家屋の駐車場の施工は
メッシュでしょうか?

Aベストアンサー

一般にはワイヤーメッシュで宜しいでしょう。
主に表面のひび割れ防止が目的です。
従ってコンクリートの上部側に配筋します。
鉄筋を入れるのは違った目的ではないかと思います。
上戴荷重に対しての物であれば下側に配置すると思われます。

どちらがしっかりしていると言う事では無いと思います。
造園屋さんでも一定の知識がある方も居ると思いますがお話しの内容からは過剰設計に思います。
路床・路盤の状況によりますので参考意見としてお考え下さい。

Q物件(レオパレス)の造りで重量鉄骨は防音効果ありますか?

現在レオパレスで物件を探しています。

最初はネットで見ていて、
レオパレスは壁が薄いというので、在来工法の造りより、重量鉄骨またはRCタイプの方がいいと思って探しています。

レオパレス21のホームページを見ていたところ、物件の造りの表示に
●「アパート・在来工法」
●「アパート・重量鉄骨」
●「マンション・重量鉄骨」
●「マンション・鉄筋コンクリート(RC)」

という表示がされているというのがわかり混乱しています。
実際の物件タイプは「在来」と「RC」しかありません。

どのように考えたらいいでしょうか?
不動産の担当の人に聞いたら

在来は木造
重量鉄骨=RCは鉄筋コンクリート

で温度と防音の違いがあるとのこと?

重量鉄骨=RCは同じなのでしょうか?
混乱してなかなか決まりません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>在来は木造
ほぼ正解です。ただし、木造でも「2×4工法」の様な柱の無いパネル工法は「在来」とは呼びません。
在来工法は、簡単に言いますと「木造で、柱・梁構造の建物」です。

>重量鉄骨=RCは鉄筋コンクリート
不正解です。(^_^;)
重量鉄骨は、肉厚の「H鋼(断面がHになっている鋼材)」や「コラム(断面が□になっている鋼材)」 を柱・梁として組み、建物の骨組みを作る建物です。
略称は「S造」になります。
RCは、鉄筋コンクリート造で合ってます。
また、重量鉄骨の廻りを鉄筋コンクリートで覆った、大規模建築で多く使われる「鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)」という物もあります。

防音となりますと
RC造>S造≒木造 ぐらいの性能だと思います。
ですが、マンション・アパートの場合は、部屋と部屋の「間仕切壁」の構造が問題です。
建物全体がRC造でも、間仕切壁がRCで無ければ、意味はありません。

不動産の担当者に
「隣の部屋との間仕切壁の工法は何?」
「その壁厚は何mm?」
と聞いてみましょう。
ココで例えば「軽量鉄骨間仕切りの90mmです。」と言われたら、遮音性能はイマイチです。
「150mmのRC壁に石膏ボードをGL貼りしてます。」とかなら結構良いと思いますよ。

実際に、物件に足を運んでみて、壁を叩いてみる等して確認するのが一番確実ですが。(^^ゞ

ご参考までにどうぞ。

>在来は木造
ほぼ正解です。ただし、木造でも「2×4工法」の様な柱の無いパネル工法は「在来」とは呼びません。
在来工法は、簡単に言いますと「木造で、柱・梁構造の建物」です。

>重量鉄骨=RCは鉄筋コンクリート
不正解です。(^_^;)
重量鉄骨は、肉厚の「H鋼(断面がHになっている鋼材)」や「コラム(断面が□になっている鋼材)」 を柱・梁として組み、建物の骨組みを作る建物です。
略称は「S造」になります。
RCは、鉄筋コンクリート造で合ってます。
また、重量鉄骨の廻りを鉄筋コンクリー...続きを読む

Q技術士二次試験-建設部門-鉄筋コンクリート

はじめまして。よろしくお願い致します。

昨年、一次試験に合格して、今年から二次試験に向けて
勉強を始めようと思っております。私の受験科目は建設
部門の「鋼構造およびコンクリート」のコンクリートです。

コンクリート標準示方書、道路橋示方書の熟読は当然の
事だと思いますが、専門科目の出題予想として適切な
週刊誌、月刊誌などございましたら教えてください。

業界全体の流れの把握としては、日経コンストラクションや
土木学会誌などがあると思うのですが、コンクリート
についても、そのようなお勧め雑誌がありますでしょうか?

来年度から試験内容の見直しが行われているみたい
ですので、なんとか今年合格したいと考えております。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#1です。

>コンクリートに関しては「建築の分野」のことまで
気がつきませんでした。ありがとうございます。

専門については数問ある中から1つ選択すればよいので、わからないものは選択しなければよいので得意な分野の勉強を中心にしておけばよいと思います。
補修や劣化に関する問題は比較的よく出題されるので、コンクリート診断士のテキストを見ておくと、かなりの可能性で回答できる問題が出ることになります。また新素材や新技術についてもよく出ます。

説明が悪くて勘違いされてしまったようですが、建築分野までチェックしておくとよいのは専門分野だけでなく、建設一般についてもです。
ちなみに今年度の最初の問題は土木・建築の歴史上の人物についての設問でした。

国土交通白書は4月頃出るようになったようです(以前は夏に出ていましたが)。数年分読むのがよいと言われていますので、余裕があれば数年分見ておくのがよいのではないでしょうか? 特に流れを見ておくとよいと思います。

なお、最近は国土交通白書だけでは解けない問題も随分出ているようです。余裕があれば、京都議定書関連の文献や環境白書なども目を通しておくとよいでしょう。

#1です。

>コンクリートに関しては「建築の分野」のことまで
気がつきませんでした。ありがとうございます。

専門については数問ある中から1つ選択すればよいので、わからないものは選択しなければよいので得意な分野の勉強を中心にしておけばよいと思います。
補修や劣化に関する問題は比較的よく出題されるので、コンクリート診断士のテキストを見ておくと、かなりの可能性で回答できる問題が出ることになります。また新素材や新技術についてもよく出ます。

説明が悪くて勘違いされてしまったよう...続きを読む

Q床の耐久重量はどの程度ですか

はじめまして。
私は築10年の鉄筋構造のアパートの2階に住んでいますが、近く15名ほどの大人を案内する予定があります。
6畳間に約15名入っても床が抜けるような心配はないでしょうか?
万が一のことを考えると、案内できるか非常に心配しています。
鉄筋の床の耐えられる重量などアドバイスいただくとありがたいです。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

木造でなくて鉄筋造なら全然問題ありません。
通常300kg/1m2程度の荷重は見込まれているはずですから、6畳間なら10m2で3トンは大丈夫です。
ひとり70kgとして15人で約1トンなのでまあ大丈夫でしょう。

Q壁式鉄筋コンクリート造って梁が必要なのですか?

壁式RCは壁とスラブだけで構成された構造だと思っていたのですが
「壁梁の幅はこれに接する耐力壁の厚さ以上」と言う問題があります。
壁式なのに梁があったら壁式とは言えないと思うのですがなぜ?・・・^^;

Aベストアンサー

今日は cyoi-obakaです。 勉強は順調に進んでいますか?

壁式とは、柱の代わりを壁が負担する構造の事ヨ!
だから、梁は存在します。
ただ、壁に開口が無ければ全体が壁ですから、梁を設ける必要は無いです!

以上です。
 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング