右前歯に激痛がして治療しはじめたのは今年になってすぐからのことでした。以前別の歯科医院で治療した前歯の治療で使用した材質が合わず炎症をおこしているのでは。ということで痛み止めを処方さた3日ほど飲みました。痛みもひいたのですが、その後も上の左右の親不知を抜いたり、抜歯後の消毒や歯石をとったりと毎週受診していました。2月の中旬ごろまた右前歯が痛み出し、「痛みがひかないなら歯が弱くなるので抜きたくないがしょうがない」と薦められるまま神経を抜きました。その後も毎週根幹治療という消毒に通い、先月の終わりにやっと神経を取るために開けた穴の部分を埋め、先々週には裏側をごっそり削られて土台という金属を埋める為の型を取り、先週やっと金属を入れたので今週でその入れた金属を形成するために削って治療も終わるのかと思っていたところ、「型をとりますから」ととくになんの説明もないままいきなり前歯を削り始め、私はてっきり裏側の金属を削っているのかと思っていたら、どうも表面を削っているような気配を感じました。うがいをして現在の歯の状態を舌で確認したら、前歯の芯だけを残して他は削られていたのです。なにが起こったのかわからず衛生士から差し歯の型をとられはじめ、呆然と「この歯は差し歯になるんですか?」と聞くと「表面も黒くなっていて残せなかったんですね。」といわれました。表面の歯の部分も削り全体を覆うような差し歯のようなかぶせ物をするなんて、今回神経も初めて抜いたような素人の患者の私にどうして想像ができたでしょうか。神経を抜いた後の治療が、確かに歯科医師はかぶせるという説明はしていましたが、白いセメントのようなもので埋めるぐらいだろうと、周囲の前歯の神経を抜いた人の治療の話から勝手に思っていました。通院し始めて約半年、歯科医師からも一度も表面の歯の部分も削り全体を覆うような差し歯のようなかぶせ物をするとも、そんな雰囲気すら感じたこともありませんでした。
たしかに歯をかぶせるという漠然とした治療内容は聞いていましたが
表面の部分も削り芯だけの状態になってから、あまりに私が愕然としているのを察したのか、慌てた様子で保険の適用や自費で作成できる差し歯の歯形や画像を見せられ、保険の適用なら5千円くらい、自費ならセラミックで色が変わらない差し歯が8万円くらいで作れるだの費用の説明をはじめ出しました。私が聞くまで差し歯の費用・材質の説明すらなかったんです。「色の違いは保険適用でも入れてみたらみなさん大丈夫ですよ。とりあえず保険適用で作ってみて気に入らなければ自費で作成もできます。その際は保険適用で作成した分の費用は頂きませんから」と無責任な歯科医師の発言に言葉も出ず、愕然としていたら「そんな神経質にならなくても・・」といわれました。神経質になるのは当然ではないでしょうか。大事な前歯が削られて既になくなっている状態です。どういう治療になるかぐらいの事前説明はあってもよくないでしょうか。
とにかくショックでなにもいえずにいわれるがまま型をとり、仮歯を入れられて家に帰ってきたのですが、どうしても納得がいかず歯医医院に電話し、削る前にどういう治療になるか、前歯が差し歯のようなかぶせ物をかぶせなければならないため表面の部分も削らなければならないのか、表面は残したままの治療は不可能だったのか等治療の説明が不十分だったのではないのかと訴えたところ「説明はたぶんしてるはず!」「それが通常の処置!」 の一点張りです。事前に差し歯になるという説明や費用、材質についての説明を受けていたらこんなにもショックではなかったはずです。いや、わかっていたら今差し歯になんて絶対しませんでした。たとえ色が変わろうが耐えられるまで自分の歯を残しておきたかった。
もう私の前歯は削られてなくなってしまったので表面も含めた差し歯にしなければならないのはわかっているんですが、治療前の歯科医師の説明がたりなくて申し訳ないという態度がないことへの憤りで「謝罪と元の歯の状態に近いものに治せ!」と訴えたのですが、「言った言わないの水掛け論となりますの、第三者に意見を聞いてからでなけらば返答できない」としか歯科医師もいいません。
こういう場合どうしたらよいのでしょうか。
歯科医院のほうは弁護士に相談するようなことをいっているんですが
私も弁護士へ相談した方がよいのでしょうか。とにかく泣き寝入りだけはしたくありません。どうしたらいいのかわからないのでよいお知恵をくださいませ。よろしくお願いします。
ちなみに現在右前歯には仮歯が入っていて来週差し歯をかぶせる予定です。この段階でも歯科医院を変えることもできるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

直接のお答えには成らないかもしれませんが何かの参考になれば幸いです。

私達の歯は動きながら磨り減りながら時間を掛け体全体でバランスを取りながら生えてきます。奥歯の噛む力は50キロ近くありますので噛み合わせの不調和があると歯にも骨にも体にも様々な問題を起こします。過去から学び、教訓を未来に生かし、これ以上掛け替えのない歯と体を駄目にしない事が大切です。歯の堅さ、形全てに意味があります。神経を取れば歯が脆くなります。入れた差し歯に噛み合わせの不調和があればまた問題を起こします。噛み合わせに対する考え方は先生により色々ですので噛み合わせに詳しい先生に入れた差し歯に噛み合わせの問題がないか否か一度診てもらうと良いと思います。また人間は1日に15分位しか食いしばらない事が生理学で判っていますが悔しさ、心配、不安等で食いしばる事が多いと問題を起こしやすくなります。お釈迦様がこだわるな、捕らわれるなと言っていますが今回の事を高い授業料だったが良い勉強をしたと捕らえ、未来のために今できる事する事が大切かと思います。
参考:
虫歯になったら歯医者に行き詰めて貰うのが当たり前と多くの方は思っていると思いますが、某国で学校に歯科室を作り子供達の歯をせっ
せと詰めたら返って虫歯が増えてしまったと言う報告もありますし、
歯医者に行けば行くほど歯が駄目になると言う統計も出ています。

歯を削って痛いと言う事は
「それ以上削ると駄目に成っちゃうよ」と言う歯の命の叫び声です。
麻酔で歯を黙らせればいくらでも削れます。歯を殺す事など簡単な事です。神経を取れば神経の管に膿を持つ様に成るかも知れません。
神経を取れば枯れ木と同じで歯がもろく折れやすくなります。
被せる為に大きく削れば自分の歯はどんどん無くなります。
被せれば自然の歯と固さが違う為、今度は骨が減り歯周病に成ります。入れたものに噛み合わせの不調和があれば相対する歯が駄目になったり噛み合わせが不安定になり歯も体も時間を掛けて駄目になります。
歯科治療は歯の、体の気持ちに耳を傾けながら
掛け替えのない歯を大切にし、体のバランスを崩さない様に
慎重に行う事が必要です。

歯科医療所詮偽物、最小限一度に治療しない事が大切、
歯の堅さ、形全てに意味があります。
車に純正部品が良い様に歯も自然が一番です。

参考URL:http://yamashita.dental-net.jp/info/frameset-inf …
    • good
    • 0

http://www2.ha-channel-88.com/bbs/

こちらでご相談ください。

歯科医師の先生方が無料で相談にのってくださいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

u-nnmayouw様

アドバイスありがとうございます。
実はこちらにも相談済みです。

http://www2.ha-channel-88.com/bbs/kiji.php?no=52 …

少し気持ちも落ち着き、今の歯科医師での治療の継続は信頼できないにせよ、これからの長い人生を考え前向きに今後の治療を考えていきたいと思えるようになりました。

今から信頼のおける歯科医師を一から探さなければいけないというリスクはありますが、時間をかけて考えたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 22:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前歯6本のさし歯は保険適用で治療できないの?

私は前歯が6本さし歯なのですが前回までは、まとめて6本の治療を行った事が無く、すべて保険適用内で治療ができました。
ところが最近どうも前歯の調子が悪くなってきたので、本日ある歯科で見てもらった所、「6本まとめて治療が必要なので入れ歯なら保険がきくけど、さし歯(インプラントかブリッジ)は保険適用外です。」と言われました。
保険適用内にてさし歯で治療してくれる所(方法)をご存知の方、お教え願いますでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

保険適応の基準はほぼ全国的に統一されています。
ある歯科医院では良くて、他はだめと言うことは余りありません。
ごく細かな点では、解釈に違いがある場合は有りますがおおむね同じと考えて間違いありません。

さて前歯の治療ですが、質問者様の歯が今どの様な状態で、歯科医師がどの様に治療を進めているのかは判断出来ませんので何とも言えませんが、特別な(例えば5本抜く必要が有るような)場合を除いて保険での治療が可能なはずです。
また、本来保険で適応できる治療を材料の強度等を理由に自費でしか出来ない、などということはほとんどありません。
少し、歯医者さんの説明に理解できないところがあります。

なぜ保険が適応されないのか、今一度、歯医者さんでよくお話を聞かれたほうが良いと思います。
場合によっては他の歯医者さんで相談してみるのも良いか知れません。

Q差し歯にかかる治療期間について。 現在、前歯の横隣の差し歯だった歯が差し歯が抜けもとの歯が少しだけ残

差し歯にかかる治療期間について。
現在、前歯の横隣の差し歯だった歯が差し歯が抜けもとの歯が少しだけ残った状態、その横の1番前の歯も少しかけています。とれてしまった差し歯は無くしてしまい、歯医者も先生が苦手なので別の歯医者に変更しようと思ってます。この場合、2本の歯とも差し歯になると思いますがおおよそ何回通えば2本の治療期間は終わりますか??

Aベストアンサー

さぁ・・・・・わかりません。
最短でたった1回~~普通で3・4回約一ヶ月~~長い方で数ヶ月~~最悪数年

歯の状態によって治療回数・治療期間はいかようにも変化してしまうのです。だいたい、その歯が差し歯として使えるだけの歯かどうかもわかりません。場合によっては抜歯せざるをえず、ブリッジや入れ歯、あるいはインプラントになる可能性もあります。
また運良く使える歯だとしても、取れてしまった場合 内部は細菌で確実に汚染されていますから、消毒・治療に相当の回数が必要です。X線写真等で確認して見て、根の再治療が必要かどうかも全くわからない事です。神経はすでに無い状態でしょうから、消毒・根管治療が終了するのに最低でも一ヶ月以上は必要でしょう。運が悪ければ この治療で数が月~数年を必要とする場合すらあり得ます。
極めてラッキーな事にほとんど問題が無いとしても、現実には 1回~10回程度と治療の選択肢によってとてつもない幅があります。従って 何回という基準はあり得ません。他人の言う事は全く当てにならないのですよ・・・・・例えば 希望すればたった1回で2本の差し歯を作る事も可能です。当然 完成する物はそれなりの質になってしまいますが・・・・・患者さんによっては、明日 家族の結婚式なのでどうしても今日中に・・・・なんて事もあるんですよ。
また、どういう質の物を希望するかでも治療回数は変わります。丁寧に作れば作るほど 当然ながら治療回数も時間も増えてきます。そりゃ、適当で良いと言うので有れば 患者さんの希望通りの回数・日数で完成することもできますが・・・・・
さらに その歯科医院のシステムによっても大きな差があります。技工との兼ね合いで 1回で作る場合や 歯の色合わせや調整などに十分な回数と時間をかける歯科医院もあるでしょう。
全く同じ差し歯を作ったとしても 技工・歯科医院のシステムによっては やはり1回~10回と幅があるんです。
また、型を採って一時的にも歯が無くなるのは嫌だというのであれば仮歯を作って入れる事になりますか、仮歯を作らなければ・歯が無い状態を我慢できるのであれば 当然 それだけ回数は減ります。仮歯を作れば作るほど治療回数が増える・治療時間が増えるのは 致し方ないのですよ~

まぁ、あくまで単なる予想でしか有りませんが 治療の順序を書いておきます。もちろん諸事情によって如何様にも変化してしまいますが・・・・・

・初診~最初の型採り X線写真 他の検査
・歯の治療・神経を取るような治療が無い場合 土台の作成・型どり
・土台の接着~仮歯の作成
・差し歯の最終型採り 噛み合わせの採得
・金属部の試適 色合わせ 噛み合わせの調整など
・最終接着

間に いろいろな治療が普通は入ります。各段階を複数回に分けたり、あるいは2つの段階を1回でやってしまう場合もありますから、上の回数だけで済む方がむしろ少ないはずです。

そういうわけで この質問に答えられる人は、現実に診た歯科医師だけです。ここで質問するよりも まずは歯医者さんを見つけて 実際に歯を見せてからどのくらい必要なのかを聴いて下さい。

さぁ・・・・・わかりません。
最短でたった1回~~普通で3・4回約一ヶ月~~長い方で数ヶ月~~最悪数年

歯の状態によって治療回数・治療期間はいかようにも変化してしまうのです。だいたい、その歯が差し歯として使えるだけの歯かどうかもわかりません。場合によっては抜歯せざるをえず、ブリッジや入れ歯、あるいはインプラントになる可能性もあります。
また運良く使える歯だとしても、取れてしまった場合 内部は細菌で確実に汚染されていますから、消毒・治療に相当の回数が必要です。X線写真等で確認...続きを読む

Q前歯のさし歯について

私の知り合いが、だいぶ前に仕事で歯をぶつけて、前歯が半分以上かけて細くなっていたり、また前歯の表面がかけたりしています。そこで最近、歯医者に行く決意をしたらしいのですが、料金の面で心配しています。他のところでも質問してみたのですが、前歯のさし歯は保険がきかないとういう人と前歯のさし歯は保険適用内でもできるものもあると2つの意見があって、どっちが正しいのかわかりませんでした。いろいろインターネット検索して調べてみてるのですが、保険適用外の歯については料金など書いてる場合があるのですが、どうもわかりません。もし、前歯のさし歯でも保険適用内でできるのであれば、一本いくらくらいかかるのでしょうか?教えてください、よろしくお願いします。またそのような事が書いてるサイトなどあれば教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

俺も前歯差し歯ですが保険適用ですよ。
歯って、保険が適用できない高価な材質もあるん
ですよ。そりゃーもちろん高価な材質のが長持ち
する、変色しない!などの効果が高いんです。

でもそんなの保険適用でできちゃうと健康保険、
つぶれちゃいますから保険適用の場合はこの安い
材質で!お金がある人は10割負担で高くて良い
材質の差し歯もできますよって事です。

値段は忘れました。いきなり差し歯はできないの
で何回か治療した後差し歯作成しますから、トー
タルで5,6千円もあれば十分だったような。

Q前歯の4本削り今は仮歯です。虫歯の治療中で、歯の神経は残ってます。今年は歯医者に行けないので、仮歯が

前歯の4本削り今は仮歯です。虫歯の治療中で、歯の神経は残ってます。今年は歯医者に行けないので、仮歯が欠けてしまい、残ってる仮歯も取れそうです。すぐに歯医者には行けないので取れたらどう対処すればいいでしょうか?教えてください!

Aベストアンサー

仮歯は折れやすい物です。時間を作って歯科にいくことです。
どうしても何回も行けないのであれば仮歯を作ってもらってください。
また、仮歯の間は前歯では柔らかい物しか食べない要注意が必要です。

Q前歯のさし歯

初めて前歯をさし歯にするのですが、セラミックので15万、その次のランクで8万と言われました。奥歯なら保険でと思うのですが、前歯だしイイ物にしようかと思っているのですが、セラミックで15万って…値段はこんなものなのでしょうか?やはり病院によって全然値段が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

No.3です。
衝撃やたわみに対する強さはセラミックよりもハイブリットの方が優れているとも考えられますが、絶対的な強度はセラミックの方が上ですので、どれが一番丈夫かと言うと難しい問題になります。
しかし、適切に作られた冠でしたらセラミックが剥がれると言ったトラブルはほとんど有りません。
もちろん不可抗力や事故によって壊れることは有りますが、この場合でもオールセラミックと比べれば丈夫である場合が多いです。

ある程度以上の技量のある術者による治療であれば、差し歯などの寿命に最も多く影響を与えるのは「メインテナンス」である場合も多いです。
数年で駄目になるのは歯周病や2次的な虫歯で土台の歯が駄目になってしまう場合の方が多い様な気がします。

冠そのもののトラブルに関しては保証を設定している歯医者さんも有るようですので、その点も確認された方が良いとおもいます。

下記の質問、回答なども参考にして下さい。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2266329
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2240396
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2235763
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1997580

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/search/search.php?status=select&MT=%BA%B9%A4%B7%BB%F5%A1%A1%BA%E0%BC%C1&ct_select=0&ct0=&ct1=&c

No.3です。
衝撃やたわみに対する強さはセラミックよりもハイブリットの方が優れているとも考えられますが、絶対的な強度はセラミックの方が上ですので、どれが一番丈夫かと言うと難しい問題になります。
しかし、適切に作られた冠でしたらセラミックが剥がれると言ったトラブルはほとんど有りません。
もちろん不可抗力や事故によって壊れることは有りますが、この場合でもオールセラミックと比べれば丈夫である場合が多いです。

ある程度以上の技量のある術者による治療であれば、差し歯などの寿命に最も...続きを読む

Q前歯ですが、以前治療して保険の差し歯となった歯が、思わず、飴を前歯で噛

前歯ですが、以前治療して保険の差し歯となった歯が、思わず、飴を前歯で噛んでしまい、プラスチックの部分だけ、縦に半分割れてしまいました。金属部分は残っていますが、どのような治療が考えられますか?ちなみに、割れたプラスチックは飲んでしまいました。

Aベストアンサー

また作り直すだけです。
私は抜けることはよく有りましたが、割れたことは無いですね。

Q保険での前歯のさし歯はどうですか?

歯医者さんの方にお聞きしたいです(または経験者のかた)。
母のことでお聞きします。

母(68歳)は保険で作ったさし歯の前歯を20年間愛用していましたが、さすがに変色が激しく、茶色がひどく目立つようになり、先週歯医者さんに行きました。
母は今回はへそくりを奮発して、セラミックの歯を作るつもりだったのですが、歯医者さんは何も説明せずに、印象をとり、帰りがけに会計で「27日に歯を入れます。そのとき2万5千円(上前歯5本)くらいかかります」とおっしゃったそうです。

それを今日電話で聞き、値段から思うに、そのさし歯は保険のものだと思います。私も保険の前歯(プラスチック素材ですか??)についてはあまり知識がないので教えていただきたいです。

1 機能的にどうなのか?(磨耗しやすい=噛みあわせが深くなる/あわなくなる、強度的にもつのか、などの点で劣るということはありますか?)

2 審美的にどうなのか?(変色は何年くらいであきらかにめだってくるのでしょうか?)母は和食党なので、あまり色の濃いカレーやナポリタンなどの食事は頻繁に食べないと思います。

3 あと、年齢的な懸念があると思いますが、根がしっかりしている68歳の場合、セラミックを入れても、せめて8年くらいもちそうですか?加齢で歯を支える骨が吸収されて、歯がぐらぐらするということを聞いたことがあります。実は、上下10本くらいをセラミックに、と考えていたようなので、火曜日に歯医者さんに話してみて、セラミックでまた注文を出す場合、高額な歯をいれた場合、メンテナンスをしっかりやれば年齢に関係なく持ちますか?

ご回答よろしくお願いいたします。

歯医者さんの方にお聞きしたいです(または経験者のかた)。
母のことでお聞きします。

母(68歳)は保険で作ったさし歯の前歯を20年間愛用していましたが、さすがに変色が激しく、茶色がひどく目立つようになり、先週歯医者さんに行きました。
母は今回はへそくりを奮発して、セラミックの歯を作るつもりだったのですが、歯医者さんは何も説明せずに、印象をとり、帰りがけに会計で「27日に歯を入れます。そのとき2万5千円(上前歯5本)くらいかかります」とおっしゃったそうです。

それを今日電...続きを読む

Aベストアンサー

1 機能的にどうなのか
保険の前歯の白い歯には2種類あります。
金属の冠の表(見える)面に白い硬質プラスチックを装したもの(硬質レジン前装冠)と全体が硬質プラスチックで出来たもの(硬質レジンジャケット冠)が有ります。
このうち前装冠は噛む面が金属になりますので、かみ合わせに対する耐久性の大きな問題はありません。
ジャケット冠はプラスチック対天然の歯の噛み合わせになるため、どうしても磨耗、破損の危険があります。
自費の物にはメタルボンド、オールセラミック、ハイブリットレジンなどが有ります。
このうちメタルボンドで裏面がセラミックの物やオールセラミックの場合はセラミックによって噛み合う自分の歯が減ってしまう心配がやや有ります。
裏側が金属のメタルボンドやハイブリットはその心配は余りありません。
白い部分の材料はセラミック、ハイブリット、硬質レジン(保険)の順に柔らかくなり、単純に耐久性その他をを比べれば保険のものは劣る事になります。
しかし、セラミックは脆いので欠ける心配は有りますし保険の材料でも通常の使用で10年~20年持つ場合も多く有ります。
セラミックの補修は困難な場合もありますが保険のそれは口の中でも可能な事もあり、簡単には比較できません。

2 審美的にどうなのか?
出来てすぐの状態での審美製の良さは製作する歯科技工士の腕次第です。
同一の歯科技工士が作った場合、総合的にみればオールセラミックが最も審美製に優れ保険のものはそれに劣る場合も有りますが、優秀な歯科技工士の保険のものがそうでない歯科技工士の自費の物よりもはるかに優れている事は良く有ります。
(自費の場合は優秀な歯科技工士に発注している歯科医院も多いようですが…)
着色は保険の硬質レジンの場合どうしても有りますが、メインテナンス次第で10年~20年の使用に耐える場合も有ります。
一昔前に比べ硬質レジン材料はかなり進歩しています。

3.将来的にみてもつかどうか。
被せた歯の生存率は冠の種類によると言うよりも的確な治療や冠の製作、適正なメインテナンスに掛かっていると言えます。
自費治療に対し保険治療の手抜きをしているのでしたら別ですが、そうでなければ差はほとんど有りません。
保険の硬質レジンやハイブリットはセラミックよりもやや歯垢が着きやすいことは有りますので、そのような点を注意すれば長期にわたって使用できますし、メインテナンスが不適ならば自費でも保険でもすぐにダメになってしまいます。

○何を選択すれば良いか。
裏側に金属が見えるのがどうしてもダメ、などという理由が無い限り優秀な歯科医師と歯科技工士による保険のものでしたら十分かとも思います。
特に1本だけとかで無ければ色も満足がゆく場合が多いと思います。
(保険の場合微妙な色調性は望めない場合が多いです)
但し、保険治療の技術料は歯科医師や特に歯科技工士にとっては全く不十分な状況です。どうしても十分な技術を発揮していない治療になる可能性はあります。
そのような点は注意が必要です。

1 機能的にどうなのか
保険の前歯の白い歯には2種類あります。
金属の冠の表(見える)面に白い硬質プラスチックを装したもの(硬質レジン前装冠)と全体が硬質プラスチックで出来たもの(硬質レジンジャケット冠)が有ります。
このうち前装冠は噛む面が金属になりますので、かみ合わせに対する耐久性の大きな問題はありません。
ジャケット冠はプラスチック対天然の歯の噛み合わせになるため、どうしても磨耗、破損の危険があります。
自費の物にはメタルボンド、オールセラミック、ハイブリットレジン...続きを読む

Q銀歯をかぶせるのに、虫歯でない歯を削るのは?

教えてください。
1月の中旬に一番奥の銀歯が取れてしまい、近所の歯医者に行きました。先生曰く、虫歯にはなっていないので、そのままかぶせて大丈夫でしょうとのことでしたので、そのままかぶせてその日は帰りました。
そして、先日、またかぶせていたものが取れてしまったので、同じ歯医者に行きました。すると、噛み合わせが悪い(逆の奥歯が結構削って低くなっている)ことと、取れないようにするにはすっぽり被せる形のほうがいいとのことでした。言っていることは理解できたので、その通りに治療を進めてくださいといったところ、虫歯にはなっていなかった歯を結構削りました。(逆の歯と同じぐらい)
削ってしまったのは元に戻るわけがありませんし、しょうがないのですが、先生曰く、それでも被せたものが取れるようだったら神経抜いて、思いっきり削って被せた方が良いと言っていました。正直、この考え方にはついていけません。
実は、以前に家内が噛み合せが悪いと言われ、右の歯、次は左の歯というように、ちょっとづつ歯を削って噛み合わせを直そうとした歯医者があり、全く治らない上に、削ったところがしみて痛みを感じていました。
ここで、疑問なのですが、虫歯でない歯を削るということは、他に何らかのリスクがあるのでしょうか?
また、素人考えですと、以前はくっついていたのですから、またより強い接着剤のようなものをつければ、もと通りになるのではないでしょうか?
よろしくお願いします。

教えてください。
1月の中旬に一番奥の銀歯が取れてしまい、近所の歯医者に行きました。先生曰く、虫歯にはなっていないので、そのままかぶせて大丈夫でしょうとのことでしたので、そのままかぶせてその日は帰りました。
そして、先日、またかぶせていたものが取れてしまったので、同じ歯医者に行きました。すると、噛み合わせが悪い(逆の奥歯が結構削って低くなっている)ことと、取れないようにするにはすっぽり被せる形のほうがいいとのことでした。言っていることは理解できたので、その通りに治療を進めて...続きを読む

Aベストアンサー

状況が判らないので削る事が適正かどうかは判りませんが
「すっぽりかぶせる」つまり冠を入れるためには全体を大きく削る必要がありますから、それ自体に問題はありません。
ただ、噛み合わせが悪く、取れるから神経を取るというのは適正かどうか疑問です。
神経を取り、更に削れば高さが低くなります。
深い蓋と浅い蓋のどちらが安定しているかといえば、当然深い方が安定します。つまり、通常であれば、今の方が安定していると考えられます。
但し、元々歯の高さが無く、充分な高さが得られない場合があります。
特に近年ではその傾向が強くなっていると思います。
この場合には二つの方法があります。
一つは外側を削って高さを得る方法。
これでは高さを得られ、神経を取らずに済みますが、金属と歯肉では相性が悪いので歯周ポケットが形成されて、歯周病のリスクが高まります。
もう一つが歯の中にストッパーという穴を掘る方法。
これは歯を削るので神経を刺激し、痛みが出るリスクがありますから、無理に残すのであれば抜髄した方がいい場合もあります。
実際に痛みが出て、麻酔すら出来ない状態になっている人もいますから…。

金属が取れて早い人では1~2日で噛み合せが変ってきます。
強い接着剤と言っても歯科用では限度があり、それ以上に強くなると刺激が強すぎて生きている歯の神経や歯肉に毒性をもってしまう危険が出てきます。

果たして、再セットで本当にダメだったのか、冠にするのは仕方の無いことなのかについては、実際に見ていないので、ココでは判断する事は出来ません。
治療方針も先生によって違う場合が多いですし、可能性としては同じ経過を辿ることも充分にありえることです。

状況が判らないので削る事が適正かどうかは判りませんが
「すっぽりかぶせる」つまり冠を入れるためには全体を大きく削る必要がありますから、それ自体に問題はありません。
ただ、噛み合わせが悪く、取れるから神経を取るというのは適正かどうか疑問です。
神経を取り、更に削れば高さが低くなります。
深い蓋と浅い蓋のどちらが安定しているかといえば、当然深い方が安定します。つまり、通常であれば、今の方が安定していると考えられます。
但し、元々歯の高さが無く、充分な高さが得られない場合があり...続きを読む

Q去年の夏前から、上の前歯をさし歯にする為、歯科医に通院中の者です。

去年の夏前から、上の前歯をさし歯にする為、歯科医に通院中の者です。

引っ越しを機に、現在の歯科医に変えたのですが、腕は確かな様で、
患者さんも常に多く、連休明けなどは、1週間以降でないと予約が取れない程です。

以前通院していた歯科医が、所謂藪医者だった様で、
現在通院している歯医者では、前途の前歯はかなり進行した状態だと診断を受けました。

長く通院していますが、何分進行が結構な状態らしく、時間がかかる事や、どの様にして治療を施すかの一番最初の説明は丁寧にして頂きました。

途中、私情で入院したり、多忙を極めたりと、暫く通えなかった時期があったのですが、
遅々ながらも治療は着々と進んでいる様に思えていました。

ですが、この頃疑問というか、一抹の不安を感じます。

去年末に、いよいよ土台を入れる事になったのですが、
その土台を入れる為に、周囲の歯ぐきを切開し、3針ほど縫う手術をしました。

抜糸後、歯ぐきが正常な状態に戻るまで、2か月程はかかるとの事でしたので、
その間は、前歯の様子を見つつ、他の虫歯の治療にかかる事になりました。

今の所、上下の前歯(問題の前歯以外)と、右下の奥歯を治療して頂き、
現在は右上の奥歯の治療途中です(仮詰めの状態)。

ですが、前歯については、殆ど何も、触れて来ないのです。

歯科衛生士さんが、まだ前歯が少し炎症を起こしていますので…と、
たった一言簡単なセリフを言っただけで、だからどうする、という説明は一切なく、
前歯については、今後どうするかの説明すら一切ありませんでした。

抜糸をしてから、もう3カ月以上経過します。

素人目に見れば、出血もありませんし、腫れも引いています。

周辺の前歯の歯ぐきと、大差ありません。

今現在は、本番の土台を埋め込んであり、そこに仮歯が被せてある状態です。

もうすぐ通院を始めて一年です。

一年経っても、完治の目処が立たないどころか、まともな説明もないなど、
有り得るのでしょうか。

私の前歯を一番最初に診断して下さり、今後の施術方法やかかる費用、時間を説明して下さったのは、歯科医院の院長先生です。

ですが、その院長は、いつもいる訳ではないらしく、それもまた不安です。

これだけ長く通っているのに、最初の説明を除くと、会って話したのは、たったの2回です。

その会話も、本当に様子どうよ?的な感じの内容で、説明や、今後の事についての内容はありませんでした。

今のままでは、私の前歯は一生仮歯のままなのでは、と不安で仕方がありません。

歯科衛生士や、虫歯治療専門の先生では、詳しい事が解らない様な様子もまた不安です。

一度電話で約束を取り付けるか、先生に時間がある時に、電話でも良いので、お話しを聞くべきでしょうか。

それとも、相手もプロな訳ですし、考えがあっての事だと割り切って、様子を窺うのが良いのでしょうか。

アドバイスなどありましたら、どうぞ宜しくお願い致します。

長文を読んで頂き、ありがとうございました。

去年の夏前から、上の前歯をさし歯にする為、歯科医に通院中の者です。

引っ越しを機に、現在の歯科医に変えたのですが、腕は確かな様で、
患者さんも常に多く、連休明けなどは、1週間以降でないと予約が取れない程です。

以前通院していた歯科医が、所謂藪医者だった様で、
現在通院している歯医者では、前途の前歯はかなり進行した状態だと診断を受けました。

長く通院していますが、何分進行が結構な状態らしく、時間がかかる事や、どの様にして治療を施すかの一番最初の説明は丁寧にして頂きました。

途中...続きを読む

Aベストアンサー

はっきり、状況を聞きましょう。

歯茎のはれが治ったらでしたら、確かにまだ治療にかかれないのかもしれませんが「3か月たってそろそろかと思いますが、まだ炎症があるのならおおよそどれくらい時間がかかるのでしょうか?」「炎症を治すために歯ブラシなどはどうすれば良いですか?」などさりげなく前歯の様子を聞いて今後を確かめてください。
そこでも曖昧な感じだったら、「次回は説明してくださった院長先生にお話を聞きたい」と聞いても良いと思います。

>歯科衛生士や、虫歯治療専門の先生では、詳しい事が解らない様な様子もまた不安です。

これを見ると、症状によって担当の先生が違うでしょうね。

自分も丁寧だと評判で、子供~年配の方まで通っていて保険治療なのに1時間もかけてくれるところに今月から通っています。
ただ、歯科先生が2人(1人は院長)いて二人とも若干判断が違ってる所があって不安なんですよね・・・。
言えば、説明はしてくれるので今のところ経過見てますが。

・・・とまあ、私の話はおいといて。


自分の歯の事ですもの、施術方法は気になるのはおかしくないですよ。

>それとも、相手もプロな訳ですし、考えがあっての事だと割り切って、様子を窺うのが良いのでしょうか。

いままで治療してもらっていて安心できる、全部おまかせして大丈夫!頼りになります。な先生ならかまいませんが、実際に院長先生に治療して事がないなら、実際無理です。お話も2回だけなら不安もあたりまえです。

不安の中、自分の歯をおまかせするのですから、ちゃんとお話しましょう。

ちなみに・・No.1様の
>わたしは、たくさん説明された時は、忘れてしまうからと言って、全部、紙に書いてもらいました。本当は、後で違うことを言われないためですが・・・

これは素晴らしいですよね。自分も家に帰ってお話を反復したら「あれ?最初と最後の話が若干矛盾してるな。」と思う時があります。紙に書いてもらいたいと思っても遠慮してしまいますが、自分が間違って把握してる事を防ぐためにも見習って今後お願いしてみようかな。。。先生は手間がかかって嫌がるかも?!

はっきり、状況を聞きましょう。

歯茎のはれが治ったらでしたら、確かにまだ治療にかかれないのかもしれませんが「3か月たってそろそろかと思いますが、まだ炎症があるのならおおよそどれくらい時間がかかるのでしょうか?」「炎症を治すために歯ブラシなどはどうすれば良いですか?」などさりげなく前歯の様子を聞いて今後を確かめてください。
そこでも曖昧な感じだったら、「次回は説明してくださった院長先生にお話を聞きたい」と聞いても良いと思います。

>歯科衛生士や、虫歯治療専門の先生では、詳...続きを読む

Q歯の治療についてですが、虫歯で歯をかぶせていました。

歯の治療についてですが、虫歯で歯をかぶせていました。
昔は銀色でかぶせていたのですが、口を開けるとどうしても銀歯が目立ってしまいます。

そこで、歯の外側は普通の歯の色で内側は銀色のものをかぶせたいと考えています。
歯医者さんに相談すると、保険が利くのは銀歯になるが、実費でいくなら外側が普通の歯の色、内側が銀色の歯をかぶせることは可能と言われました。

実費を聞くと1本、4万円と言われました。
保険がきいて、銀歯以外の方法はないのでしょうか?

ちなみに歯を2本治します。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

何番でしょうか?

口をあけると目立つということは、456辺りでしょうか??

それでしたら、保険内ですとHJK(硬質レジンジャケット冠)があります。
ただ、このHJKは銀歯に比べると、壊れやすかったりするようですし、奥歯には向いてないようです。
それに、変色もしやすいという難点があります。


裏打ちが銀で、見える部分が白いのだと、
MB(メタルボンド)でしょうか?
保険外ではありますが、保障もしっかりしてるはずですし、
強度も強いですし。

実際口腔内をみてみないと、なんとも言えないと思いますし、
口腔内の状態がどのような感じかによっても、違ってくるかもしれません。

よかったら、下のURLを参考にしてください☆

http://www.ha-channel-88.com/crown/metal-bond.html

やはり、かかりつけの歯科でちゃんと話合いをすることをオススメします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報