「権限を委譲する」というのは、職位が上位の者から下位の者への場合だけでしょうか。反対の場合はどういうのでしょうか。

A 回答 (3件)

 「権限を委譲する」というのが、行政法の「権限の委任」(権限を有する行政庁が、その権限の一部を他の行政機関(補助機関である場合が多い)に移譲し、これをその行政機関の権限として行使させること)のことを指しているのであるならば、下位機関から上位機関に対する権限の移譲も「権限の委任」と言ってよいのではないでしょうか。


 この場合も、上位機関から下位機関への権限の委任と同じように、法律の根拠が必要となるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

会社の規程の整備の途中で、この疑問が出てきました。
下から上への移譲もあってよい、という風に考えることにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/19 09:41

 会社の規程の話だったのですね。


 下位の者から上位の者へ権限を委譲するということは、もともと上位の者が有していた権限を下位の者が上位の者へ戻すと考えたら説明がつくのではないでしょうか。
    • good
    • 0

「権限委譲」は行政法(行政法とは行政法学のこと。

つまり行政上の権能、権限、効果等についての解釈する学問)上の問題なので行政カテゴリーで質問してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

行政とは全く関係ない文脈でこの疑問が浮かんできたので、ここに質問させていただきました。以後、このような問題は行政カテゴリーで質問させていただきます。
ご指摘ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/19 09:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q委譲と委任の違いを教えてください

市長の権限に属する事務を課長に委任するといいます。事務の委譲とはいわないのでしょうか。選挙などの投票は委任するといいます。どういうときに委譲なのか、または委任なのか。違いをご教示下さい。
 

Aベストアンサー

字の通りなのですがね、譲ってしまうか任せるかのちがいです。

譲る・・・自分の物・地位・権利などを他人に与える。譲渡する。
任せる・・仕事などを他にゆだね、その自由にさせる。


委譲・・・権利・権限などを他の人・機関に譲って任せること。
  全てを譲って任してしまう事です。

委任・・・当事者の一方(委任者)が相手方(受任者)に一定の事務の処理を委託し、相手方がこれを承諾することによって成立する契約。


大きな違いは、委譲は権利・権限全てをその人に譲る事です、課長に市長の権利・権限を市長が譲ってもいいですか?
だから委任すると言います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報