出産前後の痔にはご注意!

自分の会社は当社・弊社
相手の会社は御社
それでは第三者的な立場にある会社「あの会社」適な言葉はありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

数学の板ですが… とりあえず回答を。



第三者的立場の企業の呼び方としては、無難に「**さん」というのが良いと思います。
たとえば、「御社とNTTさんのお付き合いが…」といった具合です。

当然、内部では適当に呼んじゃってかまわないので、外の人との会話で、です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

大変ありがとうございました。
参考になりました。
多彩な日本語にしては意外な感じがします。

お礼日時:2003/03/13 17:28

難しいですね。


「・・・さん」 「あちらさん」ですかね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変ありがとうございました。
参考になりました。
多彩な日本語にしては意外な感じがします。

お礼日時:2003/03/13 17:28

弊社、当社、御社、貴社のような呼び方は、具体的にはありません。



そのような場合は、具体的に言います。
例えば、同じ業種なら同業他社、競合先ならコンペティター(競合先とか)、関係ないなら具体的な会社名とか業種とかで、丁寧に言うなら様とか殿を会社名につけてとかが一般的ではないでしょうか・・・
    • good
    • 2
この回答へのお礼

大変ありがとうございました。
参考になりました。
多彩な日本語にしては意外な感じがします。

お礼日時:2003/03/13 17:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分の会社は「弊社」「当社」、あなたの会社は「貴社」「御社」、第三者の会社は?

メールなどで他社の方と連絡を取るとき、タイトルのように、
自分の会社は「弊社」「当社」、あなたの会社は「貴社」「御社(これは口頭の時にだけ)」、と表現しています。
そこで、第三者の会社を話題に出すときは、どのように表現するのが適切でしょうか?
(株)○○建設「さん」?「さま」?
今まで何となく「さん」「さま」づけにしていたのですが、正式にどのように呼べばいいのか、知りたく思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 まず「弊社」「貴社」に相当するような正式な呼びかたはありません。なぜならこういう言葉――仮に「第三御社」という言葉があるとすれば、「第三御社」という言葉で、会話に出てくるすべての第三の会社を代用してしまうと、ややこしくて仕方がないからです。
 そこで、会社名をそのまま利用するのがもっともベターであると思われます。
 会話のなかで、相手方に属すると思われる(相手の子会社や相手だけの取引先)第三の会社には「○○さん(さま)」(さま、のほうが丁寧)、こちら側に属すると思われる(当方の子会社や関連企業など)第三の会社は「さん」をつけずに、それ以外は「さん」をつけて、いっておけば、まず無礼にあたることがないと思います。
 ただし、貴社、弊社などと同様、「(会社名)さま」も近年になって出てきた言葉ですので、どれが正式ということはありません。むしろ言葉のつかいかたとしてはどれも誤りといってもいいかと思います。ですが、現実にあわせて、相手の気分を損ねない程度に工夫してしゃべればいいのではないでしょうか。

Q弊社に対する、他の会社名の呼び方

ビジネス上の会話として、たとえば弊社がs○nyだとして、トウ○バを「トウ○バさん」または「トウ○バ様」とさんや様をつけて話すのは日本語としておかしいといわれましたが、そうなんでしょうか。
詳しい方ご教授いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

語学的どうか分かりませんが、社会通念的には別におかしいことではありません。

会社名に「さん」をつけるのはよその会社様と話しているとき話題に出てきて社名を言うときに使うことが多いように思います。
例えば「御社もご存知かと思いますが○○社さんの場合は・・・」とかです。

相手の会社の目の前で相手会社を言い表す場合は「御社(おんしゃ)」を普通使うものですが、どうしても会社名を使う場合は「様」を付ける場合があります。
この場合、上下関係から営業へお伺いいている場合は絶対に「様」に徹した方が良いでしょう。
会社名に「さん」を付けるのは立場的に上にある場合で且つある程度気心が通じ合った信頼関係が成立していることが前提と考えるべきです。

なお余談ですが会社名を呼び捨てにするのをお酒の場などで時々聞くことがありますが、これは絶対避けるべきです。 誰が聞いているか分からないような場所で客先である会社名を呼び捨てにすることはその関係者が聞いていた場合、ビジネスに影響を及ぼしかねないからです。
どうしても言いたい場合は小声で耳元で囁くとか個室で話しをするとかその場の状況を判断して話をするべきでしょう。
これもビジネスマンの常識ですね。

語学的どうか分かりませんが、社会通念的には別におかしいことではありません。

会社名に「さん」をつけるのはよその会社様と話しているとき話題に出てきて社名を言うときに使うことが多いように思います。
例えば「御社もご存知かと思いますが○○社さんの場合は・・・」とかです。

相手の会社の目の前で相手会社を言い表す場合は「御社(おんしゃ)」を普通使うものですが、どうしても会社名を使う場合は「様」を付ける場合があります。
この場合、上下関係から営業へお伺いいている場合は絶対に「様」に...続きを読む

Q会社名に様、さん付けはNGというけれど

会社名に様付け、さん付けは失礼ということを聞きますが、「様」や「さん」を付けないのなら、なんと呼べばいいんでしょうか。
駄目という意見はよく見かけますが、具体的にどうすればいいのか分かりません。

1対1の打ち合わせであれば、「御社」で済みますが、複数の会社が集まる会議の場合はどうなりますか?

個人の発表や意見を求める場合は「A社のM様」、「B社のNさん」という言い方ができると思います。

しかし、「C社が開発して、D社が製造する」とその2社の担当者を前に言う場合、「C社様に開発いただき、D社様に量産をお願いします。」というような言い方しか思いつきません。

この場合、失礼でない言い換えができますか?そもそもこれってそんなに失礼な言い方でしょうか?
実際ほとんどの会社が○○社様と呼んでいると思います。

挙げた例があまり上手くないかもしれませんが、ご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「書く」場合は。じゃないかな?

手紙やら、小包やらは、「○○会社 御中」とかだと思います。
でも、御中がなんとなく面倒(個人の感覚ですが)なので、「○○会社 ○○部 ○○担当様」とか、個人宛のようにしてしまうのが、楽といえば楽かな。と。


>>実際ほとんどの会社が○○社様と呼んでいると思います。

「言う」場合には、それで問題ないんじゃないかと思いますよ。


http://www.letter110.net/manner/atena.html

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q敬語の使い方 第三者の発言を引き合いにして言う場合

× 父がおっしゃっていました
○ 父が申しておりました

こういうのはよくわかるんです。仮にその第三者が、自分(発言者)より身分が上でも、自分の身内だったり、自分の勤める会社の社長だったりする場合ですね。私は、敬語の対象とするのは、あくまでいま自分が話しかけている相手だと思うんです。

でもその第三者が、その場にいる誰とも上下関係の関わりがまったくない場合はどうなるんでしょうか。
「社長、おとなりの山田社長がこんなことをおっしゃってましたよ」
みたいに、話題になっている第三者についても敬語で表現するべきなんでしょうか。

と言うのも、先日ラジオの放送を聴いていたら、こんな場面で疑問を感じたからなんです。

楽天のキャンプ地を取材してきた記者が、メインキャスターにむかって
「田尾監督は○○とおっしゃっていました。」
こう発言していました。まあ、常識人として敬語はなるべく使うべきだと思います。
でも、それを聞いた私は、なんだよ、俺たち視聴者より田尾監督の方が偉いのかよ?って思わず感じてしまいました。

確かにその記者が、取材に応じてもらった感謝の気持ちから、田尾監督に敬意を持つのは当然だと思います。もしかしたらキャスターに向かってそう言っているのかもしれません。
でも放送っていうのは、視聴者に向けて作られているんですよね?
番組を聞いている私は、別に放送局の人間でもないし、楽天の選手でもありません。
その人が天皇陛下だったり、ノーベル賞を受賞するような偉大な学者だったりと、国民全体が敬意を表するべき人物なら別ですが、プロ野球の監督は単なる一人物です。
ですから、中立な第三者的・立場から、「田尾監督は○○と言っていました。」と、ふつうに丁寧語で言うのが適切だと思うのですが、みなさんはどう思いますか?

× 父がおっしゃっていました
○ 父が申しておりました

こういうのはよくわかるんです。仮にその第三者が、自分(発言者)より身分が上でも、自分の身内だったり、自分の勤める会社の社長だったりする場合ですね。私は、敬語の対象とするのは、あくまでいま自分が話しかけている相手だと思うんです。

でもその第三者が、その場にいる誰とも上下関係の関わりがまったくない場合はどうなるんでしょうか。
「社長、おとなりの山田社長がこんなことをおっしゃってましたよ」
みたいに、話題になっている第三...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。どうも質問者さんの言いたいことを取り違えていたようです。

さっきも書いたのですが、尊敬語は誰に向かって話すかは関係ないんです。たんに「話し手」と「話題中の人物」の関係できまります。
ここでの関係とは、尊敬の気持ちやら感謝の気持ちとは関係なく、社会的関係です。日本語は、「話題のなかにいる人物」の社会的位置と「話し手」である自分の社会的位置を話を構成する際に組み込まなければいけないんです。
尊敬語を使うのは「目上の行動を描写するとき、目上でないものの行動を描写するときと違う動詞を用いなければならない」というルールがあるからです。聞き手が尊敬語を聞けば、「話題中の人物」が「話し手」よりも社会的位置が上なのだなと言うことがわかるわけです。

1さんのお礼のところに
>学生 A が先生 B に「先生Cがお見えになりましたよ」
>というふうに言ったとしたら、先生 Bに対して失礼だと思いませんか?

とありますが、もし「先生Cが来ましたよ」などと言ったら、先生Bに、目上に対する言葉遣いを知らないのかと怒られますよ。なぜなら、これでは学生Aが自分の位置を先生Cと同等もしくは上に置いていると受け止められるからです。

久米広さんの話はまったく正しい。「以上、誰の誰べえが報告いたしました。」という表現は謙譲語が使われています。謙譲語は話題中の二人の人物の上下関係を示します。ここで話題中の人物は誰かというと「誰の誰べえ」(報告するという動作の動作主)と「視聴者」(報告するという動作の受け手)です。「誰の誰べえ」よりも「視聴者」を社会的位置を上にした表現です。
ここで「話題中の人物」と「聞き手」が偶然に同じ視聴者であるから、混乱されるのかもしれません。
聞き手と話題中の人物が違う例をあげると、「昨日、先生の家に伺ったよ」と友達に話す場合、「聞き手」の友達と「先生」の関係で動詞が謙譲語にされるのではなく、「先生」(受け手)と「私」(動作主)の社会的関係で動詞が謙譲語にされるのです。
謙譲語が示されることによって「聞き手」はすぐに話題中の動作主と受け手の社会的な位置関係が把握できるのです。

No.2です。どうも質問者さんの言いたいことを取り違えていたようです。

さっきも書いたのですが、尊敬語は誰に向かって話すかは関係ないんです。たんに「話し手」と「話題中の人物」の関係できまります。
ここでの関係とは、尊敬の気持ちやら感謝の気持ちとは関係なく、社会的関係です。日本語は、「話題のなかにいる人物」の社会的位置と「話し手」である自分の社会的位置を話を構成する際に組み込まなければいけないんです。
尊敬語を使うのは「目上の行動を描写するとき、目上でないものの行動を描写する...続きを読む

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q丁寧な言葉で「教えてください」を表現するには?

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うことで教えてもらうというものではなくて、「教えてください」という言葉にそのまま換われる表現を知りたいです。
また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。

みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。
よろしくお願いいたします。

※「ご教示願います」という言葉も見かけるのですが、目上の方には使いにくい響きがある気がしてしまいます。この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うこと...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「教えていただけますか?」

が一番です。
女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。

やや、丁寧なヴァリエーションは
「教えていただけますでしょうか?」
があります。

ここまでが限度ですね。それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。

ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。女性にはエレガントではありません。

また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。

要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

Q至急お願いします!!「代理でメールを送る場合の上司の書き方」

上司の代理でメールを送ることになりました。
その際は、上司の名前を呼び捨てにし、●●の代理で送らせていただきます。と記載していいのでしょうか。
CCに上司も入れるのですが、やはり肩書き「部長」などを付けるのは、間違いでしょうか。
自信が持てませんでしたので、質問させていただきました。
申し訳ありませんが、早速のアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

社外に送られるんですよね?
身内以外に送るのでしたら呼び捨てで大丈夫です。
メールだけでなく電話などの場合でも同様です。

Q相手の会社の人を呼ぶときの敬称のつけ方

例えば電話で、相手の会社の人を呼び出してもらうとき、敬称はどのようにつけるのが良いのでしょうか。

私は、役職名には敬意は含まれないと誰かに聞いたのを鵜呑みにしていて「○○部長さんをお願いします」という言い方をしていたのですが、気になって検索してみたら役職名に敬意が含まれるとする解釈が多いようです。

「○○社長さんはいらっしゃいますか」
「○○社長はいらっしゃいますか」

「○○課長さんがおっしゃってました」
「○○課長がおっしゃってました」

「○○主任さんにお願いしてあった件ですが」
「○○主任にお願いしてあった件ですが」

電話口なので、「部長の○○さんはいらっしゃいますか」とは言わないような気がします(気がするだけなので、この呼び方が正しければ、そのように指摘してください)。

役職名に敬意が含まれているとすると、自分の会社の社長や部長を呼ぶとき、「社長!」とか「部長!」と呼ぶのは間違いということなんでしょうか?

私の上司が、自分の会社の社長に「社長、先月の売上は○○でした」という話し方をするのに、取引先の社長に対しても、「社長、これでお願いします」という話し方をする、というのも気になっています。もしかして役職名に敬意が含まれている、とした上で、自社の社長に対してへつらっているのか?とも思います。

社会人になって10年以上たちますが、私はこれまで「役職名に敬意は含まれない説」でやってきたので、「○○部長さんという呼び方をする人がいる会社は警戒します」というような意見を見て、かなりへこんでいます。
http://matsuri.site.ne.jp/standardsr/sr94.htm

今まで誰にも指摘されなかったので、新入社員だった頃から10年以上もたってしまいキツイのですが、「役職名に敬意が含まれる説」にしなければならないでしょうか。

例えば電話で、相手の会社の人を呼び出してもらうとき、敬称はどのようにつけるのが良いのでしょうか。

私は、役職名には敬意は含まれないと誰かに聞いたのを鵜呑みにしていて「○○部長さんをお願いします」という言い方をしていたのですが、気になって検索してみたら役職名に敬意が含まれるとする解釈が多いようです。

「○○社長さんはいらっしゃいますか」
「○○社長はいらっしゃいますか」

「○○課長さんがおっしゃってました」
「○○課長がおっしゃってました」

「○○主任さんにお願いしてあった件で...続きを読む

Aベストアンサー

役職名に敬意は含まれます。
電話で相手の部長を呼ぶときは、
1、◎「部長の○○様・・・」
2、○「○○部長・・・」
3、△「○○部長様・・・」
4、×「○○部長さん」

3は本当はおかしいのですが、最近は全くダメということでもないようです。
「さん」を使うのは、かなり親しい会社関係の場合に限られます。
業界にも特徴があり、その業界のリーダー企業の文化が取引先等に伝播し、業界スタンダードみたいになってゆきます。
業界内で使うときは本筋から外れすぎない程度に業界にあわせておき、業界外では本筋に戻す、というのが良いのではないでしょうか。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング