知人(60歳)が、5月初旬、子宮ガンの手術を受けました。
(全摘出です。転移はしておりません。)
普段アルコール摂取があった為麻酔を強めにされたそうです。
術後、意識が2日ほど回復しませんでした。
意識が戻り、しばらくしておかゆを食べれるようになったものの、体調が優れず、また点滴に戻りました。
その後、体調が日に日に悪化しているようで、体力が回復しません。
そんな時、頭痛を訴える為、CTスキャンで検査をすることとなりました。その結果、脳萎縮だと告げられましたが、患者の体力が戻らない以上、手術も出来ないとのことです。

これは麻酔による脳萎縮なのでしょうか?
常にアルコールを摂取していると脳萎縮になるということも調べました。アルコールによる脳萎縮なのでしょうか?
癌からの影響なのでしょうか?
術後の体調が優れないことも関係があるのでしょうか?
体力が回復すれば、手術できるとのことですが、治るのでしょうか?
年齢的に回復が遅いだけで、命に関わる事ではないのでしょうか?
また、後遺症(認知症)になる可能性もあるのでしょうか?

いくつも質問を重ね、申し訳ないのですが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>これは麻酔による脳萎縮なのでしょうか?


>アルコールによる脳萎縮なのでしょうか?
>癌からの影響なのでしょうか?
普段の飲酒量によるかと思いますが、脳萎縮は飲酒と加齢によるものだと考えるのが妥当だと思います。麻酔や癌の影響はないと思います。

>術後の体調が優れないことも関係があるのでしょうか?
術後の意識が戻るのが遅かったのは麻酔の影響もあるかもしれませんが、体調の回復は関係ないと思います。

>体力が回復すれば、手術できるとのことですが、治るのでしょうか?
何の手術でしょうか?

>年齢的に回復が遅いだけで、命に関わる事ではないのでしょうか?
年齢だけでなく、いわゆる体力の要素もあると思います。

>また、後遺症(認知症)になる可能性もあるのでしょうか?
あると思います。何もしなくても認知症にはなる可能性がありますから。

この回答への補足

>何の手術でしょうか?
詳しくは分からないのですが、脳萎縮に加え、脳に穴が空いているということで、その手術だと聞いています。

補足日時:2009/05/20 10:01
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答して頂き、有難う御座いました。

お礼日時:2009/05/20 10:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q癌と脳萎縮について御存知の方、お願いします。

知人(60歳)が、5月初旬、子宮ガンの手術を受けました。
(全摘出です。転移はしておりません。)
普段アルコール摂取があった為麻酔を強めにされたそうです。
術後、意識が2日ほど回復しませんでした。
意識が戻り、しばらくしておかゆを食べれるようになったものの、体調が優れず、また点滴に戻りました。
その後、体調が日に日に悪化しているようで、体力が回復しません。
そんな時、頭痛を訴える為、CTスキャンで検査をすることとなりました。その結果、脳萎縮だと告げられましたが、患者の体力が戻らない以上、手術も出来ないとのことです。

これは麻酔による脳萎縮なのでしょうか?
常にアルコールを摂取していると脳萎縮になるということも調べました。アルコールによる脳萎縮なのでしょうか?
癌からの影響なのでしょうか?
術後の体調が優れないことも関係があるのでしょうか?
体力が回復すれば、手術できるとのことですが、治るのでしょうか?
年齢的に回復が遅いだけで、命に関わる事ではないのでしょうか?
また、後遺症(認知症)になる可能性もあるのでしょうか?

いくつも質問を重ね、申し訳ないのですが、よろしくお願いします。

知人(60歳)が、5月初旬、子宮ガンの手術を受けました。
(全摘出です。転移はしておりません。)
普段アルコール摂取があった為麻酔を強めにされたそうです。
術後、意識が2日ほど回復しませんでした。
意識が戻り、しばらくしておかゆを食べれるようになったものの、体調が優れず、また点滴に戻りました。
その後、体調が日に日に悪化しているようで、体力が回復しません。
そんな時、頭痛を訴える為、CTスキャンで検査をすることとなりました。その結果、脳萎縮だと告げられましたが、患者の体力...続きを読む

Aベストアンサー

>これは麻酔による脳萎縮なのでしょうか?
>アルコールによる脳萎縮なのでしょうか?
>癌からの影響なのでしょうか?
普段の飲酒量によるかと思いますが、脳萎縮は飲酒と加齢によるものだと考えるのが妥当だと思います。麻酔や癌の影響はないと思います。

>術後の体調が優れないことも関係があるのでしょうか?
術後の意識が戻るのが遅かったのは麻酔の影響もあるかもしれませんが、体調の回復は関係ないと思います。

>体力が回復すれば、手術できるとのことですが、治るのでしょうか?
何の手術でしょうか?

>年齢的に回復が遅いだけで、命に関わる事ではないのでしょうか?
年齢だけでなく、いわゆる体力の要素もあると思います。

>また、後遺症(認知症)になる可能性もあるのでしょうか?
あると思います。何もしなくても認知症にはなる可能性がありますから。

Q子宮体癌術後、天候不良のたびに体調が悪くなります

40歳、女性、既婚、子供無しです。
2007年11月、38歳の時に子宮体癌の手術を受けました。
術式は準広汎子宮全摘出+両側付属器切除+骨盤内リンパ隔清です。
術後の追加治療は無く、順調に回復してきたように思います。

しかし、天候不良の日には下記のような症状があります。

・起き上がれないほどの倦怠感
・お腹に力が入らず、言葉を発するのも大変
・歩いている途中でへたり込んでしまう
・フワフワとめまいがして、横になってもくらくらする
・ボーっとして思考能力が低下。一日中眠い
・異常に甘いものが食べたくなり抑制がきかない

手術の際に検査で橋本病であることが発覚し、チラージン服用中です。
また、ホットフラッシュ等卵巣欠落症状は漢方にて治療中です。
リンパ隔清の影響は、多少ちりちり感やだるさはあるものの、浮腫という状態には至っていません。
天候の良い日にはジョギングができるほど元気なので、その落差に困惑しておりますし、梅雨時期は連日廃人状態なので仕事や家庭生活にも支障を来たし、生きていく自信がなくなります。

婦人科の主治医は天候と体調不調の関係について「気のせいじゃない?」と言うので、誰に相談してよいかわかりません。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、原因や対処方法などについてアドバイスいただけると幸いです。
よろしくお願い致します。

40歳、女性、既婚、子供無しです。
2007年11月、38歳の時に子宮体癌の手術を受けました。
術式は準広汎子宮全摘出+両側付属器切除+骨盤内リンパ隔清です。
術後の追加治療は無く、順調に回復してきたように思います。

しかし、天候不良の日には下記のような症状があります。

・起き上がれないほどの倦怠感
・お腹に力が入らず、言葉を発するのも大変
・歩いている途中でへたり込んでしまう
・フワフワとめまいがして、横になってもくらくらする
・ボーっとして思考能力が低下。一日中眠い
・異常...続きを読む

Aベストアンサー

 ためしに、
  "天気と体調の関係"
をキーワードにして検索してみたら、36ほどのページがヒットしました。

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GZHZ,GZHZ:2007-36,GZHZ:ja&q=%22%e5%a4%a9%e6%b0%97%e3%81%a8%e4%bd%93%e8%aa%bf%e3%81%ae%e9%96%a2%e4%bf%82%22

 そのうちの一つに、天候による体調不良を「気象病」と呼ぶということが書いてあったので、これをキーワードに検索すると、1万を超えるページがヒットしました。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&rls=GZHZ%2CGZHZ%3A2007-36%2CGZHZ%3Aja&num=100&newwindow=1&q=%22%E6%B0%97%E8%B1%A1%E7%97%85%22&lr=

 質問者様の場合に限らず、広く怪我や病気、手術等のあとで、天気が悪くなると体調が悪くなったり、痛みがひどくなったりという話はよく聞きます。
 天気が悪いときは気圧が低くなるので、それまでは難なく順応できた微妙な気圧差でも、病後の体ではうまく適応できにくくなるのが原因だと思います。
 普通に上り下りできた階段の途中で一度休憩しなくてはいけなくなったみたいなものでしょうね。あまり気になさらず、体をいたわりながら、あせらず気長にその症状と付き合っていくのがよいのではないでしょうか。
 こんな時間なので、具体的なアドバイスをする余裕はありませんが、上のURLの検索結果をご覧になれば、参考になる記述もあると思います。
 症状が早くなくなるといいですね。
 


  

 ためしに、
  "天気と体調の関係"
をキーワードにして検索してみたら、36ほどのページがヒットしました。

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GZHZ,GZHZ:2007-36,GZHZ:ja&q=%22%e5%a4%a9%e6%b0%97%e3%81%a8%e4%bd%93%e8%aa%bf%e3%81%ae%e9%96%a2%e4%bf%82%22

 そのうちの一つに、天候による体調不良を「気象病」と呼ぶということが書いてあったので、これをキーワードに検索すると、1万を超えるページがヒットしました。

http://www.google.co.jp/search?h...続きを読む

Q歯と脳の関係 脳の萎縮 痴呆

歯の数が減ると咀嚼による脳への刺激が減り、脳が萎縮し、果ては痴呆になってしまうと聞きました。

無くなった、歯による刺激を、回復させる方法は無いのでしょうか?
また、失った刺激を他の刺激で補って脳の萎縮を防ぐ事は出来ないのでしょうか?

最近、歯が減って恐怖しております^^;

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

歯による直接的な刺激だけで痴呆になるわけではなく。一要因に過ぎません。
元雄直接的要因は、顎関節の近くには脳への血流を補う部分があり、物を咬むことによって脳への血流が助けられます。
物を良く咬むことは、脳の血流を増やすといわれています。


いずれも「+α」てきな要因であり、ないからといって基本的マイナス要因になるとは限りません。
また、歯を失う事がマイナスと言う要因より、「噛まない」事が影響するので、歯が全部あっても物を噛まない現代人には、そのほうが大きな影響があります。

歯を失ったなら、入れ歯やインプラントなどで歯を足せばいいだけです、この場合、この説に限って言えば顎骨に直接刺激が加わるいんおウランとの方が有効と言う事になるでしょう。
でも影響は「顎を動かす」方が大きいので、入れ歯でも、歯が無くても、顎を多く動かせば、歯を失った影響は軽減されるということになります。

あくまでも相対的な関係で、絶対的でないことを忘れないで下さい。

Q肺癌術後2年で、小脳転移、脳浮腫がひどくなってきています。予後は?

肺癌術後2年で、小脳転移、脳浮腫がひどくなってきています。予後は?

Aベストアンサー

病気の如何に関わらず、皆、然るべき時に死にます。
交通事故に遭遇し、今日これから死ぬかも知れません。
癌が治ろうと治るまいと、基本的な部分は大きく変わらないでしょう。

Q高齢で脳が萎縮しているって、どんな状態なんでしょうか?

高齢で脳が萎縮しているって、どんな状態なんでしょうか?
と、単純に言葉通り取ってもらっては困ります。(笑

Myじーさんの事で、てんかんの発作を起こし、左半分に少し麻痺。
脳のレントゲンも見せてもらいました。

萎縮は脳が縮む事というのは分かるのですが、そこから一歩進んで。
心理状態は、萎縮加減によるとは思うのですが、どんな心理状態なんでしょうか。
最近は、言語が少し怪しくなってきたものの、記憶や判断は衰えているはいるものの、正常だと思います。

いろいろな変な経験はあるけど、さすがに脳の萎縮は経験がなくって。^^;

Aベストアンサー

言語の中枢は脳にあります。
大脳皮質の前頭葉にブローカ領野があります。側頭葉にはウエルニッケ領野があります。これらは言語を司る中枢です。
右利きなら96%、左利きなら70%くらい、左側の脳(脳の左半球)にこれらの言語中枢があります。
脳が萎縮すると、これらの部分もその影響で能力が衰えるものと考えられます。
ブローカ中枢は、自分で言葉を話すことのできる能力の中枢。
ウエルニッケ中枢は、聴覚や視覚からの情報による言語理解の中枢。
これらが脳梗塞などでも障害を受けると、失語症という状態になります。
ちなみに、左半分に麻痺があられるのでしたら脳は右半球に障害があります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E8%AA%9E%E7%97%87

Q術後の体力

昨年7月、盲腸癌(Stage3A)の手術(腹腔鏡下手術)を行い病巣は完全切除しました。再発防止のため半年ほど抗がん剤(ゼローダ)を内服しましたが、赤血球が3割ほど減ったり、白血球が半分に減ったりはしましたが、特に大きな副作用はなく、めまいが多い程度で済んでいました。抗がん剤治療終わるまでは、激しい仕事からは外してもらっていましたが、2月末に抗がん剤終了したことから、4月より元通り忙しい仕事に復帰しました。ところが、2日連続で残業して無理をすると、かないの倦怠感がまだあり、3日目にはフルで仕事が出来ない状態になります。今日までダマシダマシやってきましたが、やはり体力が低下している状況が改善されません。無理をすると手術部が鈍く痛むことがあり、脂汗みたいなものも出てきます。主治医は、大腸20cmとリンパ節24個を取る大きな手術を行なったので、体力の低下はしばらくは仕方が無いよとも言っておられました。血液検査も現在問題はないし、一昨日大腸ファイバーで検査を受けましたが問題はなかったです。エコーは別途追加検査を受けますが。同様な経験をされた方おられますでしょうか?思ったようにフルパワーで働けないことに少しショックを受けていますが、平均的には体力の復活にはどの程度を要するものなのでしょうか?45歳男性です。どなたかご経験をお聞かせ頂けると助かります。よろしくお願いします。

昨年7月、盲腸癌(Stage3A)の手術(腹腔鏡下手術)を行い病巣は完全切除しました。再発防止のため半年ほど抗がん剤(ゼローダ)を内服しましたが、赤血球が3割ほど減ったり、白血球が半分に減ったりはしましたが、特に大きな副作用はなく、めまいが多い程度で済んでいました。抗がん剤治療終わるまでは、激しい仕事からは外してもらっていましたが、2月末に抗がん剤終了したことから、4月より元通り忙しい仕事に復帰しました。ところが、2日連続で残業して無理をすると、かないの倦怠感がまだあり、3日目に...続きを読む

Aベストアンサー

長い間の抗がん剤治療で体内酵素の働きが落ちているのだと思います、体温も36度以下ではないでしょうか、体内酵素の働きが回復して、栄養を蓄えられるようになれば回復すると思いますが。血圧を下げる薬を飲んでいると、体温は上がりにくいので135以下にならないように注意が必要です。個人差はありますが、食欲が出て便秘もなく体温が上がれば体力がつくと思います。頑張ってください。

Q脳萎縮に詳しい病院を知りませんか?

数年ほど前から乳が脳萎縮症になり、左半身にだんだん力が入らなくなりました。
現在掛かり付けの病院では「進行していない」との言われましたが、家族から見て進行しているように思えます。
どなたか関東近辺で脳萎縮に詳しい病院、あるいは先生をご存知ですか?

Aベストアンサー

以下のURLは、社団法人日本脳神経外科学会のサイトで、この中の、「一般の皆様へ」の中に、専門医のリストが公開されています。

参考URL:http://jns.umin.ac.jp/

Q全身麻酔?局所麻酔?

私は、去年の11月、交通事故で足の脛骨の膝下辺りとくるぶしの上辺りの2箇所、腓骨の膝下辺り1箇所を骨折し、脛骨の骨折について手術を受けました。
 骨折はかなり重篤で、くるぶしの上辺りは、引きちぎられた様でした。
 手術はプレート固定で、相当の数のビスも入っています。
 執刀していただいた先生からは、プレートは外さなくてもいいと言われ、手術を受けなくても良いと喜んでいたのですが、このサイトの皆さんの投稿等を閲覧していると、殆どの方が、プレートを抜去されていて、抜去しなかった時のデメリットを挙げられている方もおられました。
 私は、皆さんの投稿を読ませていただいて、抜去するべきか否か悩んでいるのですが、一歩を踏み出せない大きな理由が、麻酔が、全身なのか局所なのかということです。
 そこで、手術を受けられた方に伺いたいのですが、抜去の手術は、全身麻酔でしたか局所麻酔でしたか。
 私は、下半身の局所麻酔は腰骨に麻酔注射すると、人伝えに聞いたことがあるのですが、もし、腰に麻酔注射となったら、痛みはどの程度のものなんでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは。大変でしたね。

抜釘(プレート除去)はしてもしなくても変わらない方もいる様です。
プレートを除去する事により生じるデメリット等をお医者さんと相談するといいと思います。

脊椎麻酔は針が細いので見えない恐怖はありますがあまり痛くない様です^^

Q脳の萎縮、CTスキャンについて。

27歳女です。
ここ数年、物忘れや注意散漫がひどいです。
事故とまではいかなくても、車をこすってしまったり何度もあります。

以前、頭痛がひどくてCTスキャンで脳を調べたのですが、脳に異常はないと言われました。

昔、鬱になり毎日寝て過ごしていた時期などもありパニック障害などもあったため、ストレスで脳が萎縮したのでは?と心配してます。

CTスキャンの時に、物忘れなどについて脳の萎縮などを聞けばよかったのですが、聞きそびれてしまいました。
多少でも脳の萎縮があったら、医師は教えるものですか?
それとも、頭痛の原因ではないと判断し生活に支障をきたす程のことではなければ言わないものなのでしょか?

Aベストアンサー

CTスキャンで何か普通と違う所見が見つかれば、普通は指摘すると思います。

ご心配されているような萎縮があった場合は:

「この部分に少し萎縮がありますが、頭痛の原因ではないですし、日常生活に支障が出るレベルでもないので、特に気にすることではありません」

的な感じで。
ただ、最終的には医師の質(患者に親身かどうか)によると思いますので、「萎縮はあったけれど説明されなかった」ケースはゼロではないと思います。

ところで、「物忘れ」や「注意散漫」を引き起こす病気としては、脳の病気の他に、甲状腺関連疾患などの内分泌系の病気も考えられると思います。

まずは掛かり付けの内科を受診して、「物忘れや注意散漫などの症状や頭痛がひどいのだけれど、脳や甲状腺などの疾患の可能性はありますか?」と相談してみてください。

もし脳や甲状腺の病気が疑われる場合、それぞれの専門病院や総合病院に紹介状を書いて頂けると思います。

お大事になさってください。

Q全身麻酔と局部麻酔について

ここのカテに適当かどうか分からなかったのですが手術に関してなのでここで質問させてもらいました。
大抵の病院で、手術のときに全身麻酔か局部麻酔か決められる場合あまり手術時間のかからないものは局部麻酔になると思うのですが全身麻酔と局部麻酔は体に与える影響からみてどのような差異があるのでしょうか?全身麻酔は局部麻酔に比べてものすごく体に負担がかかるとかやはりあるのでしょうか?たとえば患者が局部麻酔だと余計に苦しく感じて全身麻酔にしてほしいと言っても病院側は大体局部麻酔で十分と判断した場合患者の要望を退けるものですがこれは負担を考慮してのことなのでしょうか?あまりの痛みや苦痛を考えると体への負担を差し引いても局部ではなく全身にするべきなのではないかと前から思っていたもので質問させていただきました。この辺詳しい方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

全身麻酔、局所麻酔にはそれぞれ長所、短所があります。全身麻酔の長所は眠っている間に終わるので、手術中の苦痛はありません。長時間の手術には向いています。麻酔も30分くらいで覚めるので(個人差がありますが)、体の一部がシビレているという変な感覚はありません。短所は、気道にチューブを長時間入れているので、喉に違和感や痰が多くでたり、チューブを入れた際に喉を傷つけたりする恐れがあります。手術当日はベット上安静でウロウロ出来ません。トイレもベット上です。麻酔が切れると意識もしっかりしてくるので、痛みを感じてきます。局所麻酔の長所は意識はしっかりして、痛みだけ取れるので、全身に及ぼす影響が少ないです。短所は局部なので場所によっては麻酔がかかりにくいこともあります。以上、それぞれの長所、短所を言いましたが、局所麻酔で苦しいことはなく、ただ痛みの感じ方の問題です。全身麻酔は皆さんが言っているように全身に及ぼす影響が多いので、局所で出来るなら局所でもいいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報