現在使用中のADA『グリーンブライティSTEP3』がそろそろ無くなります。

ネット等で検索してみると自作されている方も多く今回は自作してみようと考えております。

そこでハイポネックス活力液(窒素、リンを含まない微量元素ということで)とメネデールを足して鉄分を強化したADAのSTEP2のような液肥を目指しているのですが、(カリウムは別途ブライティKを添加します)
グリーンブライティくらいの濃度にするにはどのくらいの割合で精製水を入れたら良いのでしょうか?

参考サイト等でも構いませんので、ご教示お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ブライティKは、炭酸カリウムの10%水溶液のようです。


↓(作り方結構出てますよね)
http://plaza.rakuten.co.jp/oshiken/diary/2009012 …
炭酸カリウム50gに水(水道水で可)450gを混ぜて溶かして出来上がりです。

話が変わりますが、先日紹介した内容で間違いがありました。
ご質問文で出てくる「ハイポネックス活力液」。
紹介したHP内には“微量成分”のみとなっていますが、実際にはこれには鉄分が含まれています。
(↑コレ持ってますから間違いありません。)

詳しい成分比率までは不明ですが、「~活力液」単品でSTEP2の代わりになるかもしれません。

この回答への補足

「ハイポネックス活力液」鉄分もですが、カルシウムも含んでるんですね。更に「ブライティK」も添加するとかなり硬度が
上がってしまいそうですね。

水草に使用する際の濃度もネットで調べてみても100~200倍
であったり2倍程度であったり、まちまちなんですね~。

「メネデール」は水草用と園芸用どちらも同じ濃度なんですよね?
先日ご紹介いただいたHPの添加量をみるとかなりの量でびっくりしました。

前回も含め、ご丁寧にありがとうございます。

補足日時:2009/05/20 13:26
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報