現在使用中のADA『グリーンブライティSTEP3』がそろそろ無くなります。

ネット等で検索してみると自作されている方も多く今回は自作してみようと考えております。

そこでハイポネックス活力液(窒素、リンを含まない微量元素ということで)とメネデールを足して鉄分を強化したADAのSTEP2のような液肥を目指しているのですが、(カリウムは別途ブライティKを添加します)
グリーンブライティくらいの濃度にするにはどのくらいの割合で精製水を入れたら良いのでしょうか?

参考サイト等でも構いませんので、ご教示お願いします。

A 回答 (1件)

ブライティKは、炭酸カリウムの10%水溶液のようです。


↓(作り方結構出てますよね)
http://plaza.rakuten.co.jp/oshiken/diary/2009012 …
炭酸カリウム50gに水(水道水で可)450gを混ぜて溶かして出来上がりです。

話が変わりますが、先日紹介した内容で間違いがありました。
ご質問文で出てくる「ハイポネックス活力液」。
紹介したHP内には“微量成分”のみとなっていますが、実際にはこれには鉄分が含まれています。
(↑コレ持ってますから間違いありません。)

詳しい成分比率までは不明ですが、「~活力液」単品でSTEP2の代わりになるかもしれません。

この回答への補足

「ハイポネックス活力液」鉄分もですが、カルシウムも含んでるんですね。更に「ブライティK」も添加するとかなり硬度が
上がってしまいそうですね。

水草に使用する際の濃度もネットで調べてみても100~200倍
であったり2倍程度であったり、まちまちなんですね~。

「メネデール」は水草用と園芸用どちらも同じ濃度なんですよね?
先日ご紹介いただいたHPの添加量をみるとかなりの量でびっくりしました。

前回も含め、ご丁寧にありがとうございます。

補足日時:2009/05/20 13:26
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水槽のPHの下げ方

最近、熱帯魚を買い始めた超初心者です。

現在、
「テトラ20匹」と「グラスキャット10匹」と「えび2尾」を
60cmの水槽で飼っているのですが、
水草が枯れ始めため、試しにpH試薬やpHメーターで
計ってみると7.5ありました!

テトラの適正phは6.5ということなので、
あわててpH降下剤(液体)・pH安定剤(ブロック)・バクテリアを
投入したのですが、一時的に下がるだけで
すぐにpH7.5位に戻ります・・。
何回やっても戻ります・・・。

何がpHを上げる原因になっているのでしょうか?
「流木」などを入れたほうが良いのでしょうか??
pHを適正にする方法および今後の対策ついて
教えていただければうれしいです。

Aベストアンサー

こんにちは。
>熱帯魚を買い始めた超初心者です
超初心者にしては、pHを気にしたり、pHのHが大文字で正確な表記をされているとは、相当に勉強していますね。

飼育水のpHは底砂が一番影響を与えます。質問には記されていないので想像ですが、大磯砂を使用すると、中の貝殻に含まれているカルシウムが徐々に溶け出し、硬度を上げてしまいます。この硬度がpH低下の緩衝作用をして水がアルカリで安定してしまうわけです。最近の大磯は私も使用していますが、10年前とは違い貝殻の量が少なく従来に比べ、早くpHが下がり始めるように感じています。

解決方法としては、使用している水道水のpH(7.2)・GH(5)・KH(4)を測定してください、()内は私の使用している水道水の数値です。
この数値と同等か以上であれば、下げることは時間がかかりすぎますので、底砂をソイル系(私はアマゾニアを使用しています)に変えることで簡単に下がりますので、あれこれ考えず、面倒でもリセットしたほうが、後々高pHに悩まなくてすみます。
pHを下げる方法としては
・二酸化炭素の添加
・成長の早い水草(マツモやアナカリス)を利用して硬度を下げる
・巷間言われるピートモスを30分ほど煮沸してから濾過に入れる。
これらよりも底砂をソイル系に換えるほうが、短期間で確実です。

こんにちは。
>熱帯魚を買い始めた超初心者です
超初心者にしては、pHを気にしたり、pHのHが大文字で正確な表記をされているとは、相当に勉強していますね。

飼育水のpHは底砂が一番影響を与えます。質問には記されていないので想像ですが、大磯砂を使用すると、中の貝殻に含まれているカルシウムが徐々に溶け出し、硬度を上げてしまいます。この硬度がpH低下の緩衝作用をして水がアルカリで安定してしまうわけです。最近の大磯は私も使用していますが、10年前とは違い貝殻の量が少なく従来に比べ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報