設立20年になる株式会社を営んでいます。
取締役・監査役の任期について教えてください。

手続きはいままで司法書士にお願いしておりましたが、
今年度から経費節減のため社会保険・労働保険を含む総務全般を社内にて進めていくことにしました。

定款をみると取締役・監査役の任期は2年ごの決算終了時点までとあります。弊社は3月決算なので5月に株主総会・取締役会を実施しており謄本を確認すると前回は19年5月に全役員・監査役が重任しています。

2年を経過しているので先日担当の司法書士に確認したところ
「会社法が変わったので、10年以内ならいつまででもいいのですよ。」と言われました。
前回の19年の手続きの時にうっかり申請を怠っていたので、科料を支払いました。

今年度から社内にて手続きをすることになり、これまでの担当司法書士は少しご機嫌が悪い感じでもありました。


本当に何の手続きもしないでよいのでしょうか?

A 回答 (3件)

(1)役員の登記簿を確認してください。

・・・任期確認
(2)任期が近いようでしたら
  1.役員を代表取締役1名にしてはどうか
  2.監査役を無しにしてはどうか
  3.取締役の任期を10年にしてはどうか
(3).定款の変更
(4).役員を取締役1名のみとして任期10年とする。

最もシンプルな会社形態です。
    • good
    • 0

1.定款を下記の要領でご確認ください。


・取締役の任期についての記載
・監査役の任期についての記載

予備的な確認として、
・取締役会設置についての記載
・監査役設置についての記載
・ 〃 について会計に限定している記載
・その他、会計監査人設置についてとかの記載

2.株主総会は5月何日に開催されましたか?
3.今回の登記は、別の司法書士に依頼することもご検討ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

適切なご回答をありがとうございます。
今回、任期の変更なども含め
司法書士依頼を新たに検討してみます。

お礼日時:2009/05/22 16:17

司法書士さんのお話から、貴社は株式譲渡制限会社ですね。


となると10年任期でOKですが、登記と定款変更は必要です。

あわせて監査役が必要かどうかも検討するとよいでしょう。
監査役も名ばかりでしたら、不要です。
ただし、取締役会設置会社では監査役が必要ですので、取締役会もなくしましょう。すべて株主総会決議になります。

この回答への補足

早々にご回答をいただきありがとうございます。

登記設立以来、取締役・監査役全員とも重任しています。
いわば、同族会社となっています。

現時点で法務局への提出は なにをすればよいのでしょうか?
かさねてお教えいただければ幸いです。

補足日時:2009/05/20 13:07
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q任期途中で解任した監査役の後任の任期

任期途中で解任した監査役の後任監査役の任期ですが、平成18年11月に就任した監査役ですが平成20年1月に任期途中で解任しました。後任の監査役は、平成20年1月に就任しましたがこの場合、後任監査役の任期はいつまででしょうか?定款には、任期満了前に退任した監査役の補欠として選任された監査役の任期は、前任者の任期の残存期間と同一とすることの条文が入っています。前任者の任期4年?を引き継いで22年11月という事で宜しいのでしょうか?

Aベストアンサー

補欠監査役であれば任期を引き継ぎますが、補欠監査役でなければ引き継ぐことはありません。
これは補欠監査役でない場合に任期を引き継ぐと、監査役の任期短縮となり会社法違反になってしまうからです。
補欠監査役に該当するかは、過去の総会議事録をご確認ください。

なお、任期は選任後約4年でありますので、詳しくは会社法336条を参照いていただきたいと思います。

Q取締役、監査役の任期について

こんにちは。
会社の役員の任期について教えてください。

平成12年9月の定時株主総会で決算期を毎年6月末決算を毎年3月末決算に変更しました。これに伴い平成11年8月8日に就任している取締役および監査役の満期はいつ満了するのでしょうか。

Aベストアンサー

その当時なら一般的に取締役の任期は2年、監査役の任期は3年となっているはずです。
ということは、とっくに任期満了で再任の総会議決がされてないとおかしいですね・・・。

選任された株主総会から、取締役は2回目ごとに、監査役は3回目ごとに再任されていたということにしておくことですね・・・。
なお、監査役は、確か一昨年の総会以降に選任された人は、任期が4年に変更されていたと思います。

Q監査役の任期について

下記の会社の監査役任期について教えて下さい。

1000万円の株式会社N 決算12月
取締役任期2年
監査役任期4年


1.設立平成13年7月 監査役Aが就任
2.平成14年2月 監査役A重任
3.平成15年2月 監査役A辞任 監査役B就任
4.平成17年2月 監査役B退任 登記遅れて平成17年7月監査役B就任(重任?)

平成20年2月の株主総会で、監査役はCになる可能性が高いのですが、その場合、Cの監査役の任期はいつまでになるでしょうか。

平成19年2月の株主総会で任期による取締役変更をしますが、監査役任期をあわせることができるでしょうか。

別の質問になりますが、監査役で1年任期が残っているDが、一度退任して再度Dが監査役に就任をした場合、
新たに就任した年から監査役任期を4年とすることは可能でしょうか?

説明がうまくできないのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

色々条件があるのですが、ご質問の会社が会社法施行時(平成18年5月1日)に小会社(資本金が1億円以下かつ負債が200億円未満)であり、監査役が1名であるものとして回答します。

Cの任期(Bが辞任するものとします)ですが、これは会社法施行時に非公開会社(全部の株式について譲渡を制限する旨の規定がある会社)であったかどうかで異なります。
非公開会社の場合、No.1の方のおっしゃる通りなのですが、公開会社であった場合、Bは平成18年5月1日付で退任しており(会社法389条1項・336条4項3号、会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律53条)、CはBの任期を引き継げず、4年後の定時株主総会の終結の時までとなります。

No.1の方のおっしゃる通り、本件の場合任期の終わりを合わせることはできませんが、辞任してすぐに就任してもらうことによって任期の始まりを合わせることはできます。

Dの任期途中で辞任(退任ではありません)してすぐに就任した場合ですが、定款で会社法336条3項の補欠監査役の規定を置いていなければ任期は4年(正確には選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時まで)となります。当該規定を置いていても補欠として選ばなければ(同一人物を補欠として選べるかどうかは疑問ですが)、当然に4年となります。

http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%89%ef%8e%d0%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=H17HO087&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1 (会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律)

色々条件があるのですが、ご質問の会社が会社法施行時(平成18年5月1日)に小会社(資本金が1億円以下かつ負債が200億円未満)であり、監査役が1名であるものとして回答します。

Cの任期(Bが辞任するものとします)ですが、これは会社法施行時に非公開会社(全部の株式について譲渡を制限する旨の規定がある会社)であったかどうかで異なります。
非公開会社の場合、No.1の方のおっしゃる通りなのですが、公開会社であった場合、Bは平成18年5月1日付で退任しており(会社法389条1項・336条4項3号、会社法...続きを読む

Q監査役の任期を2年限定にできる?

監査役の任期は4年ということですが、たとえば就任時に2年間の任期で就任してもらうことはできますか。
それは総会の決議があればOKですか?
商法273条3項のような補欠ということでなく。新たに就任する場合のことなんですが、、、実際にそのようなケースがあるとは思ませんが、教えてください。

Aベストアンサー

他の方もかかれているとおり、定款等で定めることは無意味であります。
しかし、以前の3年任期と商法で定められていたときに、取締役の任期が2年なので、その都度、監査役に辞任してもらい、再度就任させるというようなことが、実務家(司法書士)の集まりの話の中で、ときどき耳にするが、やはり法の主旨を考えると、あまり好ましいことではない、ときいたことがあります。
登記を失念してしまう惧れがあるので、2年ごとに監査役に辞任していただくなどということも可能ではありましたが、定款にまで定めることはできません。。(法務局が受理してくれるのかな?)
また、上述のように、監査役の機能上、私も好ましいことではない、とも思います。

Q株式会社の監査役の任期について

当社の役員の任期は2年ごとの改選になっています。
前任の監査役が亡くなり、残存期間を含めて監査役の任期は3年と言う事で来年監査役の改選の予定でした。
株主総会の後、司法書士に相談したところ、法律の改正で
任期が4年に改まったとのことですが、果たして、事実なのでしょうか。

Aベストアンサー

ご参考にして下さい。

参考URL:http://www.sasakijimusho.com/a14-kansayakunohenkou/a14-01.htm

Q取締役と監査役の給与は株主総会?取締役会?

教えてください。
取締役と監査役の給与の決議は株主総会で行うものなのでしょうか?
それとも取締役会で決議するものなのでしょうか?
初心者なので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

取締役と監査役の給与の決議は株主総会で行うものなのでしょうか?

はずれ・・・・
給料は出ないの、役員報酬なの

会社規約どうなってます
無いならば・・・・

取締役と監査役のの決議は株主総会で行います

通常は、取締役と監査役の報酬は取締役会に一任願いますで・・・・・・

これで、株主総会の決議とるのが多いですね

又は、

新たに会社規約を作くって
会社規約に取締役と監査役の報酬は取締役会にて決議する

普通は規約あるでしょう
会社の規約見てみたら
とかに成ってる

当然規約変えるのに当然、株主総会で決議がいります

Q監査役を会計監査限定にした場合、監査役の任期は終了しますか?

監査役の監査権を会計監査権のみに限定する定款変更をした場合、
監査役は任期満了で退任しますが、会計監査人がいた場合には
会計監査人の任期も満了して退任することになるのでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>監査役の監査権を会計監査権のみに限定する定款変更をした場合、監査役は任期満了で退任しますが

→会計限定の定めを設けても監査役は退任しません。会計限定との絡みで問題となるのは、ご質問とは逆の場合です。今まで会計限定の定めがあったのに、これを廃止した場合に監査役は退任します(336条4項3号)。

>会計監査人がいた場合には会計監査人の任期も満了して退任することになるのでしょうか?

→会計監査人のいる会社においては、そもそも監査役の権限を会計に関するものに限定することはできません(389条1項括弧書)。

Q監査役の年度

監査役の1年は各種の本では株主総会後の6月末に、議長や常勤、予算、報酬の分配など決めますが、法的根拠はなんでしょうか?他の役員同様4月から給料をもらっています。直ぐに対処すべきことがあれば教えてください。

Aベストアンサー

質問の趣旨がよく理解できていないのですが
取締役もしくは監査役の任期は株主総会の終了後から
(通常定款に定めてあると思いますが)
2年(取締役)もしくは4年(監査役)後の株主総会の終了時までです。
ですから任期中であれば4月に報酬(給与とは言いません)
をもらっても何らおかしくないはずですが、
どこがおかしいのでしょうか?

Q監査役の任期、辞任2回の補欠について。

株式会社の監査役について。監査役現在1人です。

Aさん 平成17年 就任
     平成19年 辞任

平成19年 就任
平成20年 辞任

Bさん 平成20年 就任

Bさんが監査役を続けていくのですが、この場合、次回の登記はいつになりますか?

もし残任期間を引き継ぐのが、17年から数えるとすると、Bさんは平成21年に一度任期満了退任の登記をしてからまた重任となるのでしょうか?平成19年から残任期間を引き継ぐなんてことはないでしょうか?;;
監査役の任期は4年以外にあるのでしょうか。

疑問が多くて申し訳ないですが、回答宜しくお願い致します

Aベストアンサー

監査役の任期は、定款にどのように記載しているかで変わりますが、通常は4年間(監査役は定款に記載する事で最長10年まで可能)であり、最もよく記載されているのが、任期途中で辞任した役員の残存期間と同一とする内容(会社法第336条3項)です。(このようにしている事が多い理由としては、このようにしなければ、株主総会を開いて監査役の選任決議をしなければならない回数が増え、煩わしくなるためです。)

監査役の任期が4年だとして、ご質問の内容から推測するに、Aさんの監査役就任が平成17年であり、そこから起算して4年目は平成21年になるので、平成20年に就任したBさんの任期も平成21年までとなります。

もし、貴方が第3者であり、このBさんの監査役としての任期を調査したいのなら、最寄の法務局へ行き謄本をとれば、直ぐわかります。
また、貴方の会社の事で不明なのであれば、まずは定款の記載内容を確認してみてください。

Q監査役か取締役か?

変な話かも知れませんが、
株式会社を設立するにあたり、役員候補者に取締役になってもらうか?監査役になってもらうか?検討している段階です。
この役員候補者は、経理担当者としても仕事をやってもらう予定です。
中小零細企業ですので、実態としては、名前だけを借りるような感じでもありますので、会社側としては、取締役でも監査役でもどちらでもよいのです。
現在の会社法では、監査役は設置しなくても問題ないと思いますが、取締役になることと監査役になることで、法的責任といった面などでどのような違いがありますか?
監査役を置かないことのデメリットなど教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

>中小零細企業ですので、実態としては、名前だけを借りるような
>感じでもありますので・・・


下記会社法第326条1項は、そういう小規模会社等の為の規定でもあると思います。


会社法
(株主総会以外の機関の設置)
第三百二十六条 株式会社には、一人又は二人以上の取締役を置かなければならない。
2 株式会社は、定款の定めによって、取締役会、会計参与、監査役、監査役会、
会計監査人又は委員会を置くことができる。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報