「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

先日、通勤途上に交通事故(当方は自転車、先方は車で当方の信号無視。当方頭を3針縫いました)にあいました。
当日の仕事はもちろん休みました。
自転車も全損です。

治療費は労災で被害者請求は自賠責にすれば?と言う助言をいただきましたが、両方の併用は可能でしょうか?

また、自賠責保険への被害者請求はどのようにするのでしょうか?
自賠責保険への請求は40万円までなら過失割合に関係なく減額されないと聞きましたが、本当でしょうか?

自転車は直してもらえないのでしょうか?

初めての経験でわからない事だらけで、どなたかお教えいただけませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちわ。


どちらを使っても構わないかなと思います。労災は後程自賠責に請求しますので、結局出所は自賠責になります。ただ、病院側は自賠責での対応を要求してくる事が多いと思います。病院の中には同じ処置でも自由診療扱いになる自賠責の場合は労災の倍以上の治療費を取る病院もあります。病院側では同じ処置でより高く取れる方を好みます。
状況次第ですが、8割程度の過失があると思われますので、減額や総枠120万円の事を考えますと、労災で通った方が治療費が少なくてすみますからやはり労災で治療費関係を、慰謝料等は自賠責に被害者請求すれば良いと思います。
事故証明を取れば相手方の自賠責の付保会社が分かりますので、その保険会社の窓口に行けば自賠責の請求書類一式(含む手続き方法)がもらえます。
相手方が任意保険に加入している場合でも、あなたの方に過失が多いと対応(病院等に対しての支払等)はしてくれないと思いますのでやはりご自身で自賠責に被害者請求していく事になろうかと思います。
あなた含めてご家族の誰かしらが個人賠償保険(または特約)に加入していると、個人賠償保険にて相手方自動車の修理費が賄えますので確認してみてください。(個人賠償は契約者だけでなく家族全員補償対象です。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のお返事ありがとうございます。

とても的確なお答えを頂きありがとうございます。

今後の対応にとても参考になりました。

ありがとうございます。

お礼日時:2003/03/15 17:52

下記のご説明について補足します。


基本的に労災保険と自賠責保険の併用受給は可能です。
しかし労災の「第三者行為災害」に該当しますので、労災保険と自賠責保険とで調整されます。
詳細は、ご自身のご請求される労災保険の担当者にお聞きするのが一番宜しいかと思われます。
過失割合で左右されますので・・・・

では!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のお返事ありがとうございます。

今後の対応にとても参考になりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/03/15 06:08

交通事故の場合労災が使えないとか,いろいろ言う人がいますが,会社が労災を使いたくないために言ってる,嘘です.


交通事故のときでも,加害者がいる通勤災害でも,労災の適用は可能です.

労災と自賠責の併用は何の問題もありません.
健康保険の変わりに労災を使うと言う認識で結構です.
(先の回答で健康保険を使うように書かれていましたが,業務中・通勤途上の事故受傷は「健康保険」の適用が出来ません)

自賠責の傷害部分は120万円までです.被害者に7割以上の過失があると20%の減額となります.

自転車については過失割合に応じてお金をもらうことになるでしょう.

自賠責の請求ですが,相手が任意保険に入っているかどうかで若干変わってきます.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のお返事ありがとうございます。

ご意見を参考に、今後対応していこうと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/03/15 06:06

人身事故については、自賠責保険の対象で、


自転車については、対物保険になります。
(自賠責と任意保険で別会社の場合がけっこうあるし、等級が下がるのをきらって自転車代が安ければ保険を使わない人もいる)

ただし、事故原因があなたの信号無視であれば、「過失割合」がかなり大きいので、どれだけ請求できるか、という問題はあります。むこうの車に傷がついていれば、その費用もありますから。

市町村の法律相談で交通事故の担当もありますから、ご相談なさったらいかがでしょう。ほとんど無料です。(相談だけであれば)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のお返事ありがとうございます。

一度、市町村の窓口に相談してみようと思います。

お礼日時:2003/03/15 06:01

基本的に、加害者がいる通勤災害は労災の適用外となります。


詳しいことは、会社の担当の方に相談されたほうがヨイと
思いますよ。
勝手に話を進めていって、取り返しのつかないことになっては
困りますから・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のお返事ありがとうございます。

ご意見を参考に今後対応してまいります。

お礼日時:2003/03/14 22:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q通勤時の交通事故、労災にするべきか

会社からの帰宅途中で交通事故にあいました。
こちらの過失はまったくなく、相手100%です。
任意保険会社より、労災が得との話がありましたが、任意保険会社の支払いが安くなるだけではないでしょうか。
怪我した本人は、会社に迷惑になると使わないつもりなのですが・・・

後遺障害が出るのは明確で、4級になると医師が診断書に明記しています。
また、人工骨頭置換の手術をしましたので、10~20年後再手術の必要な可能性が高いのですが、その件も医師が診断書に記載するそうです。

休職期間は3ヶ月で初期は有給で処理してくれます。

後遺障害の慰謝料や再手術を考えると労災にすべきなのでしょうか。

ネットで調べていたら、労災を使わないと治療費が高くなるので、治療費で使ってしまい慰謝料が少なくなるとあって心配しています。病院に早く伝えなければいけないので、どなたか教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

労災が使えるなら、絶対に使ったほうが得です。



まず、通勤災害なのでそれで、会社の労災保険料が上がる事は無いそうです。

続いて、休業補償も任意保険から出る場合でも、労災からも支給されます。

自動車事故の場合は、治療費等は労災ででても、最終的には相手方の保険会社へ労災から請求が行くとは思います。

せっかくの権利なので、使えるなら、使われた方が良いと思います。

将来的な心配もあるので、労災は分厚い補償があるので、絶対に労災にしておいた方が良いと思います。

参考URL:http://www.kachinet.com/tsuusai.htm

Q労災から自賠責への切り替えは可能?

先日、友人がバイクに乗っていて同僚のバイクに追突されたそうです。
事故直後はなんともなかったそうなのですが、数日経って首に違和感がでてきたらしく、病院に通院することになり会社の手続きで 労災 扱いで処理することになったそうです。

ただ、本人としては今後の保証の事を考えると自賠責で処理したいらしく、現在手続きをしている労災から自賠責に切り替えたいと考えているようなのですが、そういうことは可能なのでしょうか?

今は、労災手続きをしており2週間ほど治療を行っている状況です。

みなさんのアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

労災で今後もかかれば良いですよ。治癒後別途自賠責に被害者請求すれば休業補償の40%は補償してくれます。
特別給付金20%部分はそのまま受け取り可能です。つまり60%の労災補償 40%自賠責補償 特別給付金20%は余分に貰える それで120%補償ということです。
労災では慰謝料・通院交通費補償はありません。それを自賠責に請求すればいいことですから、両方使用・請求すれば良いことです。
労災は「第三者による被害」ですから当然支払った部分(治療費・休損)は自賠責に求償します。

別に切り替えるとかしなくても問題はありません。
また治療を労災でかかれば治療費は安くかかれます。
労災で補償しない分(慰謝料)を別途自賠責に被害者請求して回収すれば良いでしょ。

業務中の事故及び通勤・退勤途上の事故は健保は使えません。労災になります。健保を使えという上司の言動は認識不足です。

Q通勤途上の自損事故での任意保険と通勤災害の関係について

先日、バイクで通勤途中、自損事故で骨折してしまいました。
会社からは「任意保険に入っているならまずは任意保険で申請し、保障できない分は労災保険でカバーする」と言われ、保険会社からは「この場合は労災保険で申請してください」と言われました。
通勤災害は認められるような感じなのですが、労災保険と任意保険の関係・優先度が良く分かりません。
このあたりを教えて欲しいと思います。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

自損事故と第三者による事故とではケースにより対応が違ってきます。
自損事故、通勤災害ですから労災が優先されます。(健保 適用外)

任意保険加入ということですが、補償内容によります。
人身傷害加入なら、労災でカバーされた分の足りないところは補償されます。治療費実費負担部分・休業損害など また慰謝料(精神的損害)・通院交通費は担保されます。

自損事故傷害であれば、定額補償1日あたり入院6,000円 通院4,000円支払いされます。

人身傷害加入ならこちらが優先 自損事故傷害は対象外です。

Q通勤災害(交通事故)で休業補償は、労災?任意保険?

現在も通勤災害で療養中です。10:0での被害者です。
10月の事故で即労災申請をしたのですが、審査中とかで労災がおりず(何度も当方から連絡しました)、今年になって1/5再度連絡したら2週間後に折り返しで労基から連絡があり、相手任意保険から休業損害がでたので、労災からは特別支給金(20%)のみ保険会社の支払った日数分を支給します、その後の支払いも保険会社の支払いを確認してから払うとの事でした。(労基からは本日初回分がやっと10月11月分のみ振込がありました。)
ちなみに保険会社も一切の支払がなかったため弁護士を通じてやっと1月8日に10月11月分のみの入金があった具合です。相手保険会社は不払い有名な所です。
まるで労基は相手保険会社が払うのを待っていたかのようです。
治療にはまだ時間もかかりそうなので、労災先行でスムーズに済ませたかったのですが、労基がこのような対応です。収入が全く無くなった昨年10月から今年1月入金までは本当に大変でした。

休業損害の支払はこのまま任意保険で、労災からは特別支給金の支払いにしておいてもよいのでしょうか? 
病院の支払いは労災で申請しています。

保険会社からの支払いは結局今年1月8日に10月11月分のみの支払いのまま、以降の支払いは案の定ありません。
労基へは毎月休業損害請求書(16号-6)は送付しています。
現在も復職できる状況ではなく1月末で解雇されてしまいました。今後のこともあり不安ですので、アドバイスお願い致します。

現在も通勤災害で療養中です。10:0での被害者です。
10月の事故で即労災申請をしたのですが、審査中とかで労災がおりず(何度も当方から連絡しました)、今年になって1/5再度連絡したら2週間後に折り返しで労基から連絡があり、相手任意保険から休業損害がでたので、労災からは特別支給金(20%)のみ保険会社の支払った日数分を支給します、その後の支払いも保険会社の支払いを確認してから払うとの事でした。(労基からは本日初回分がやっと10月11月分のみ振込がありました。)
ちなみに保険会社も一切の支払が...続きを読む

Aベストアンサー

>その後の支払いも保険会社の支払いを確認してから払うとの事でした。

であればこそ、保険会社の支払いを確認してからの支給です。このお役所の姿勢は、お役所に問いただしてもらうしかないでしょう。弁護士立てたならもう一仕事してもらいますか?

任意保険加入している加害者であれば、自賠責温存など意味がありません。窓口が任意保険会社なら、自賠責基準で立て替え払いして自賠責に求償するのでしかないからです。任意保険加入してない加害者であれば、労災も生きてくるのですが。すなわち、労災が治療費を含む面倒見て、加害者に求償します。今後とも任意保険会社が自賠責をこえた分を最終的に負担するので、労災は先行などせず模様眺めを決め込んでるのです。

特別支給金も、会社からの給与が出ない期間(もう解雇させられたのでこれから先いつまで給付されるのかは労基署に問い合わせてください)、かつ平均賃金の20%が対象でしょ。この分は、加害者(または保険会社)に求償対象でないなら、質問者さんへの給付は労災基準で続きます。

Q自賠責の120万円を超えると慰謝料がやすくなる??

お世話になります。

現在交通事故の怪我で通院中です。過失は今のところ0らしいです。(自賠責の限度を超えると過失が発生するのでしょうか?以前の質問でそのような回答を頂きました。)

別のサイトの同じような質問を探していると


232日の治療期間で 232×4200で974000円(実治療日は118日)の慰謝料が発生ではなく
任意基準で642000円となったそうです。さらに相手の任意保険会社も偶然私と同じでした。
そこで幾つか質問させて下さい

(1)治療費+慰謝料等の合計で120万円を超えてしまった場合、慰謝料が減ってしまうという事なのでしょうか?何処かで 自賠責基準<任意基準<弁護士基準見たいなのを見た気がするのですが気のせいでしょうか?

(2)自賠責の120万円は慰謝料よりも治療費に充てられたという考え方で良いですか?

(3)だとすると自賠責の120万を超えないようにしなくてはいけないという事ですよね?
 自由診療だと1点当たりの値段が医者によってバラバラだそうですがそれでは何を基準にして
 治療費を見極めればよいのでしょうか?例えば医者に直接治療費を聞いたりしたら教えてくれる
 ものでしょうか?逆に保険会社に問い合わせたら教えてくれますか?

(4)難しい質問だと思いますが腰を痛めて数回のレントゲン、痛み止めやシップ、リハビリ等の治療を
 行い40回程、通院した場合、慰謝料等含めて120万円超えてしまうと思いますか?自転車の弁償は自賠責関係ないですよね??

御指導宜しくお願い致します。

参考

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1462191964

お世話になります。

現在交通事故の怪我で通院中です。過失は今のところ0らしいです。(自賠責の限度を超えると過失が発生するのでしょうか?以前の質問でそのような回答を頂きました。)

別のサイトの同じような質問を探していると


232日の治療期間で 232×4200で974000円(実治療日は118日)の慰謝料が発生ではなく
任意基準で642000円となったそうです。さらに相手の任意保険会社も偶然私と同じでした。
そこで幾つか質問させて下さい

(1)治療費+慰謝料等の合計で120万円を超えてしまった場合、慰謝料が減って...続きを読む

Aベストアンサー

(1)自賠責基準は、損害額が120万円の自賠責限度額に収まる場合のみ適用されます。120万円を1円でも越えると、任意保険基準でり算定となります。(リンク先の回答では、この原則を誤って理解しているものがあります)
自賠責基準の慰謝料は、事故から何カ月経過しようと、慰謝料の日額単価は4,200円で定額です。しかし、裁判所は「慰謝料の日額単価は事故からの経過日数により逓減する」という考え方を取っているため、任意保険基準では事故後4カ月目から、弁護士基準(赤い本)では事故後2カ月目から、1カ月(30日)単位で慰謝料の日額単価は逓減していきます。
ご質問のケースで、実治療日数118日であれば治療費・通院交通費など他の損害額が226,000円以内に収まらないと、保険会社は任意保険基準で慰謝料を算定します。治療費は、健康保険を使用した場合でも、本人負担分だけでなく、健保負担分も合わせた額ですから、まともな治療をしていたなら収まるはずがありません。
ちなみに、ご質問のケースで、任意保険が642,000円であれば、弁護士基準でも970,000円程度になるはずです。

(2)違います。そもそも慰謝料の算定基準が違うだけで、治療費・有職者の休業損害など実損害額の算定基準は、任意保険・自賠責保険・弁護士基準でも同じです。
ただ、健保の使用で治療費を抑制することは、自賠責限度額を有効に使う上で必要なことです。

(3)治療費の累計額を把握している医師は少なくないですか。個人医でも、医療事務スタッフが健保・損保への請求をしているはずですから。対人一括払いの場合、病院は毎月、診断書と診療報酬明細書(レセプト)を、月末締めで翌月中・下旬に損保に送付します。レセプトに毎月の治療費の総額が記載されていますから、それで確認できます。また、レセプトの送付時期に病院の会計窓口の人に尋ねると、教えてもらえると思います。

(4)健保使用であれば、治療費+慰謝料では越えません。休業損害があれば別ですが。自転車の賠償は物損ですから、自賠責は無関係です。

(1)自賠責基準は、損害額が120万円の自賠責限度額に収まる場合のみ適用されます。120万円を1円でも越えると、任意保険基準でり算定となります。(リンク先の回答では、この原則を誤って理解しているものがあります)
自賠責基準の慰謝料は、事故から何カ月経過しようと、慰謝料の日額単価は4,200円で定額です。しかし、裁判所は「慰謝料の日額単価は事故からの経過日数により逓減する」という考え方を取っているため、任意保険基準では事故後4カ月目から、弁護士基準(赤い本)では事故後2カ月目から、1カ月(30日...続きを読む

Q交通事故ってこんなにお金もらえるの?

友人が夜中に車の信号待ちをしている所に車が突っ込んできました。
相手が100%悪いらしいです。
車は一部つぶれてしまったので修理に出しています。
友人は少しむちうちぎみなので病院に通っていますが、普段は全然健常です。
友人いわく、1度病院に行くと4万円もらえるから行ける日は毎回行くと言っています。180日通えるようなので、計算すると700万円以上になります。また、後遺症は全くないのですが診てもらう時にウソであたかも後遺症があるようにすればうまくいくだろうと考えています。軽自動車だったんですけどこれでセルシオ買えるって言ってます。自分はそううまくはいかないと思うのですがホントにこんなうまくいくものなのでしょうか?

Aベストアンサー

自賠責から貰える慰謝料は日額4100円で、
任意保険会社でも同額を出してくれるときがあるので
最高で日額8200円になりますね。

その他、休業損害は賃金を貰えなかった分となります。

自動車の損害は時価額となりますから、
100万円で購入した新車で全損となったときで
2年乗っていれば約50万円しか貰えず、
ローンが60万円残っていれば10万円の損となってしまいます。

もらい事故で得をすることはありません。
得をするなら保険金詐欺が多発してしまいます。

また、被害者よりも加害者が得をすることもあります。
加害者の車両が残存価値150万円で全損となったとき
自分の車両保険に170万円入っていれば
20万円多く貰えることもあります。
被害者の車両は保険金額に関わらず原価償却法による計算されるので
損をすることが多いようです。

Q労災と保険の併用について

最近、車とバイクの事故にあい怪我をしてしまいました。

当方はバイク、相手が車で、怪我をしたのはこちらだけです。医者には休業見込み2週間の診断書をもらっています。

その事が始まりで、労災や保険についてのことがわからなかったので質問させてください。

まず過失の割合なんですが、これは保険会社とのやり取りで決めるもんなんですね?警察では事故の証明をするだけで、そうゆう話は保険のほうですると言われました。
過失の割合と言っても、その現場に保険会社の人間がいたわけでもないのに、どうゆう風にして割合を決めるんでしょう?やはり事故に関わった人間と保険会社との話し合いで決まるもんなんでしょうか?

次に、労災についてなのですが。
通勤途中、帰宅時に起きた事故のため、療養給付および休業給付を受けられると思うのですが、会社に話してみると、僕が労災から給付を受けた場合、相手方の任意保険からの給付は受けられないといわれました。
たしかに、労災のHPを調べてみると「相手が自動車等の場合、自賠責
保険等への請求権も生じますが重複請求はできません」と書いてありましたが・・・
では僕のような事故のケースの場合、どのような制度を使いどうゆう風に請求するのが妥当になってくるのでしょうか?

最後に、相手方の自賠責保険と任意保険には請求できるのでしょうか?任意保険で請求した金額を支払ってもらう場合、どこまで出してもらえるんでしょう?
労災では療養給付は指定された範囲のものであれば全額、休業給付は日額の60%までを四日目からと書いていましたが。
壊れたバイクの部品の請求とかは、また別になってくるんでしょうか?


以上です・・・文章が下手でどうもすいません。
一目見ただけで理解できるような書き方はできていないと思いますが、どなたかお知恵を貸していただけたらな、と思います。

よろしくお願いします。

最近、車とバイクの事故にあい怪我をしてしまいました。

当方はバイク、相手が車で、怪我をしたのはこちらだけです。医者には休業見込み2週間の診断書をもらっています。

その事が始まりで、労災や保険についてのことがわからなかったので質問させてください。

まず過失の割合なんですが、これは保険会社とのやり取りで決めるもんなんですね?警察では事故の証明をするだけで、そうゆう話は保険のほうですると言われました。
過失の割合と言っても、その現場に保険会社の人間がいたわけでもないのに、...続きを読む

Aベストアンサー

先ず労災について。
労災に休業損害を請求した場合、ご存知の通り重複請求は出来ません。
あくまでも重複請求が請求出来ないのであり、労災の休業給付の60%の差額、40%は保険会社に請求できます。
また、休業特別給付20%は福祉事業の支払いですのでボーナスみたいな物です。
従ってそのまま貰っても問題ありません。
過失が0%の場合、保険会社で100%の休業補償をしてもらい、労災へは休業特別給付のみを請求する事も可能です。
労災は4日目からの給付ですから、3日間の休業補償は保険会社に請求します。
過失が有る場合、自賠責の範囲内120万円までは過失相殺はされませんが、120万円を超えると確りと過失相殺がされます。
その場合は、労災の休業給付の60%の差額、40%を保険会社に請求しますが、その40%は過失相殺がなされます。
従って先に労災へ休業給付の請求をすべきで、保険会社に先に請求をすべきではありません。

次に、
自賠責の支払限度額を超えた場合、任意保険の出番がきます。
通常は任意保険会社が出てきますが、これは任意一括と言い、保険会社が治療費や休業補償を立て替えて支払いをします。
しかし、内容は自賠責の支払限度額120万円を超えるまでは自賠責からの支払い、超えれば任意保険会社が支払いをします。
従って保険会社は自賠責の範囲内で治めようとしてきます。
バイクの件は物損ですから任意保険会社が対応します、自賠責は関係ありません。

最後に過失割合ですが、
警察では過失の話をしません。
民事不介入の原則です。
従って保険会社と話し合う事になります。
通常は別冊判例タイムズ16の過失割合を参考にして、話し合いが行われます。

先ず労災について。
労災に休業損害を請求した場合、ご存知の通り重複請求は出来ません。
あくまでも重複請求が請求出来ないのであり、労災の休業給付の60%の差額、40%は保険会社に請求できます。
また、休業特別給付20%は福祉事業の支払いですのでボーナスみたいな物です。
従ってそのまま貰っても問題ありません。
過失が0%の場合、保険会社で100%の休業補償をしてもらい、労災へは休業特別給付のみを請求する事も可能です。
労災は4日目からの給付ですから、3日間の休業補償は保険会社に請求します。
過...続きを読む

Q労災。リハビリの通院費はでますか。

夫が仕事中の事故で足を複雑骨折し、労災で休業補償は支給されています。
 退院後1週間に3日ほど通院しているのですが、通院費は労災からでるのでしょうか。
 病院は、救急車で運ばれた病院だったので家からは40キロ近く離れています。転院をすすめましたが、手術した先生のいる病院で最後まで直したいと希望したため、入院中も家族が通い、退院後は自分でリハビリに通っています。
 労働局に問い合わせたところ、家から一番近い病院ですか、としつこく聞かれ、退院後の通院交通費は難しいと言われました。家から近い病院で4キロ以内でないと支給に差が出るというのも知らなかったので・・・。
 ほかにも、リハビリに行かない日は、接骨院などにも通っているのですが、こちらも労災では出ないでしょうか。
 いずれも家計には大変な負担です。
ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

 労災補償保険上、『移送費』といいます。

 質問者が山奥・離島等に居住しており、労災指定病院への通院が困難な場合、約2~4キロを目処に支給されますが、近隣に指定医がある場合は原則的に不可。離れた病院でないと受けられない特殊な治療法があり、同趣の主治医の意見がない限り無理です。
これを認めると、通院の度に労災保険の給付金で旅行する人が出ます。

 また接骨院、マッサージ等への通院も、医師が必要と認めて指示したものなら給付対象となりますが、被災者自身の判断のみであれば支給の対象外です。主治医が治療効果が見込めるとの意見書を書いてくれればOKです。

 いずれも心情的に理解できるのですが、公平・公正な給付を原則とする国の制度なので、ケチで細かいんです。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/rousai/Q&A/gyoumu008.htm

Q慰謝料は通院回数以外認められないのか

交通事故の慰謝料について質問です。

6/1~7/14まで約1月半の間が治療期間ですが、
実質病院には7回。

保険会社から提示されたのは
5200×7×2=72800

確かに病院には7回、これは平日は通えず土曜日だけで
日曜日は病院が休みのためですが、ここで質問です。

(1)1ヶ月半首が痛い状況は続いていたわけですが、それでも
通院回数でしか認められないのでしょうか。
7日毎日通って完治したのと1月半も痛い思いしたものが同じ
評価というのが納得できないので何がしかの根拠が欲しいのです。

(2)5200円という基準額は妥当なものでしょうか。

以上よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

書ききれなかったので追記失礼します。
大抵の人は、自賠責基準に毛の生えた金額で示談してしまうんですよ。
残念ながら知識ないが故に保険会社に言いくるめられてしまう人が大半なのです…。
後遺症残る残らないに関わらず、慰謝料は、「日弁連基準で請求!」これを知るだけで慰謝料の金額変わります。
こちらから言わないと「治療打ち切ります、示談金額これです」だけで、示談に持ち込み、後遺症認定を言わない保険会社すらありますよ(エグい手口ですがよく聞く)。
後遺症認定を受けるか受けないか、通るか通らないか、等級によりますが、「日弁連基準」これで知るだけで金額が変わります。
勿論全て日弁連基準で計算して請求です!
保険会社の意味不明な自社基準に従う理由は、どこにもありません。
むちうちの一番下の14級でも日弁連基準なら慰謝料や逸失利益含めて数百万、12級なら一千万近くになります。
後遺症認定には、医師が必要ですから医師と良好な関係を築き必ず整形外科に通院です。
整骨院だと医師でないので後遺症認定の書類が書けないのです。


私は、10、0のオカマ事故被害者で「バックミラー見てなくて怪我したのが悪い」ってニュアンスの言い方するような保険会社を相手にもう話し合う気すらないので弁護士に依頼して訴訟して闘います。
後遺症残った場合など全て日弁連基準で取れるなら仮に借金しても着手金払う価値ありますから(弁護士特約付いてるなら使えますが私付け忘れてた…、これを期に特約付けました)。
ついでに忘れがちなのが生命保険、交通事故通院で出るか確認して忘れずにきっちり請求しましょう。

知ってる弁護士が有り難い事に相談料金無料にしてくれ、「等級決まったら正式依頼で着手金だけ先に払ってね、取れるだけ取りますよー、成功報酬は貰うけど(笑)」と言ってくれてますから、面倒くさい紛争センターより私は、こちらを選びます。

必ず慰謝料は、日弁連基準請求で!これが基本です。
「裁判にならないと日弁連基準適応されない」なんて保険会社の大嘘信じたらダメですよ。

頑張って下さいね。
お大事に。

書ききれなかったので追記失礼します。
大抵の人は、自賠責基準に毛の生えた金額で示談してしまうんですよ。
残念ながら知識ないが故に保険会社に言いくるめられてしまう人が大半なのです…。
後遺症残る残らないに関わらず、慰謝料は、「日弁連基準で請求!」これを知るだけで慰謝料の金額変わります。
こちらから言わないと「治療打ち切ります、示談金額これです」だけで、示談に持ち込み、後遺症認定を言わない保険会社すらありますよ(エグい手口ですがよく聞く)。
後遺症認定を受けるか受けないか、通る...続きを読む

Q身体障害者の等級と、労災の障害保障の等級のちがい

私の身内なんですが、現在通勤労災の認定を受けて入院中です。

医師からは、身体障害者第4級を認めると言う事で、役所へ行って手続きをして来て下さいとの事でした。
一般の障害者第4級の保障は、とても生活の出来る手当てではないようです。

そこで、疑問なのですが、労災の障害者の等級表を見ると
第7級ぐらいに該当するのですが、これは別々の事として考えて良いのでしょうか?

一般の障害者等級の第4級を認定されて、その級相当の手当てを受けた場合は、労災の第7級に該当する手当てを受けることが、出来なくなると言う事があるのでしょうか?

また、この両者の等級の認定は、無関係と考えてよいのでしょうか?

この先、仕事には復帰できる見込みがないほどの障害が残ってしまいました。
労災の第7級相当の保障が下りなければ、生活ができないので、心配しております。
何もわからず、悩んでおります。早急に手続きをとのことなんですが、いま迷っております。

どうか、アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

#3です。

 身体障害者手帳と労働災害の申請窓口は別々です。それぞれの制度を利用しようと思えば、それぞれへの申請が必要となります。まずは、それぞれの申請窓口に相談に伺ってください。必要な書類などを教えてくれます。

 私の経験ですが、身体機能の回復の見込みがあるときは、医師は診断書を出さないように思います。ある程度固定した時点で診断書に記入するのではないかと。

 リハビリの目的にはADLの向上、残存機能を使っていかに日常に必要な動作をするか、ということもあるようです。右利きの方が右腕切断しても、左腕を使いこなす訓練をすれば、箸も持てますし、文字も書けます。

 何かと気苦労が多いかと思いますが、焦らずに体を治して下さい。


人気Q&Aランキング