日本学術振会の特別研究員になるためには、
どのくらいの論文や国際学会をこなす必要があるのでしょうか?
DC-1とDC-2で違うと思いますが、両方について教えてください。
よろしくお願いいたします。

ちなみに僕は今度の4月から大学院に行く予定です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 4月から修士でしょうか。



 まず、DC-1ですが、M2の5月に申込ですね。 それまでに論文がなくても通っている人は何人もいます。あればあるに越したことはないですが、なくてもいけるでしょう。それよりも博士課程の研究室が決まっていて、きちんとした研究計画がたてられていることの方が重要と思います。10月か11月に面接が有るので十分にアピールできる実効性のある計画が必須です。

 DC-2は、論文がないときびしいでしょうね。すでに博士課程に進んでいることですし、ある程度の業績がもとめられます。でも、D1ならアクセプト1、2本でも通っているようです。ファーストがあればなおよろしいのでは。

 学会発表は特に国際学会である必要はないでしょう。

 どちらにせよ狭き門です。教授の力が反映されるとも言われていますが、基本はあなたの業績と計画がいのちです。よい雑誌が一本あれば間違いないと思うので、がんばってくださいね。

この回答への補足

すばやいご回答をありがとうございました。もう待っていても、
他の方のアドバイスは聞けないようなので、締め切ります。

励ましの言葉、ありがとうございました。

補足日時:2001/03/26 22:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。

誤解を受けるような表現で申し訳ありませんでした。
僕は来年から修士1年です。

いろいろな経験者からのご回答をお待ちしています。
ちなみに僕は情報理論が専門です。

お礼日時:2001/03/11 22:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本学術振興会の特別研究員(DC1)以外の制度

来年度、博士課程進学を考えている者です。
日本学術振興会の特別研究員(DC1)採用を狙っているのですが、これ以外にも大学院生が応募する事によって研究奨励金をもらえる制度はあるのでしょうか?そういう制度が一覧になっているHPなどご存知でしたら教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

http://www.jfc.or.jp/index.html
上記のサイトが参考になるでしょう。
「民間助成金ガイド」で検索すればいろいろ出てきます。

参考URL:http://www.jfc.or.jp/index.html

Q学術論文と国際会議プロシーディング

工学系の学生です。

学術論文と国際会議プロシーディングについて質問があります。

いろんな大学教員の方の研究業績を見ると、
学術論文の数より、国際会議プロシーディングの数が多い人がほとんどでした。
(例えば、学術論文数:プロシーディング数=1:3など)

(大学によると思いますが、)一般には、学術論文(特に英文ジャーナル)の方が
国際会議プロシーディングより、業績の価値が高いと思うのですが、
(もちろん、論文は同じ一報でもIFによって価値が全く異なることも承知してはいますが)

そうすると、特にステップアップのために多くの業績が必要な、助教、准教授などは
プロシーディングより学術論文の方をバンバン数多く出してそうなイメージがしたのですが、
実際は、上記のようにそうではありませんでした。

これはなぜなのでしょうか?

もしかして実は国際会議プロシーディングと学術論文に、業績価値としての差は
あまり無いからなのでしょうか?
(もしそうならば、プロシーディングは査読期間が短く一回の審査だけで採否が決まるので、
プロシーディングを数多く出そうとするのが理解できるのですが。。。)

ほとんどの研究者が、学術論文数よりプロシーデング数の方が多い一番の理由は何なのでしょうか?

工学系の学生です。

学術論文と国際会議プロシーディングについて質問があります。

いろんな大学教員の方の研究業績を見ると、
学術論文の数より、国際会議プロシーディングの数が多い人がほとんどでした。
(例えば、学術論文数:プロシーディング数=1:3など)

(大学によると思いますが、)一般には、学術論文(特に英文ジャーナル)の方が
国際会議プロシーディングより、業績の価値が高いと思うのですが、
(もちろん、論文は同じ一報でもIFによって価値が全く異なることも承知してはいますが)

そうす...続きを読む

Aベストアンサー

個々の学会によって違うでしょうが、国際会議のプロシーディングでは、オリジナリティが求められないことが多いと存じます。
プロシーディングの数が多いのは、ほぼ同じ内容を発表しているからでしょう。
業績を論文などの数で表すという風潮には合点がゆきませんが、
それはともかくとして、
会議のプロシーディングの価値は、“無いよりはあった方がまし”という程度だと思います。

Q学術論文としての価値について

たとえば、ある研究者Aさんがある独創的なアイデアを思いついたので、それを実際に研究開発して、アイデア通りのものができて実証できたので、その研究内容を学術論文に投稿するとします。

ただし、文献調査のときに特許を調べていると、Aさんが思いついたそのアイデアで特許出願されていました。ただし、その特許出願の内容は、アイデアだけの記載で、Aさんみたいに実際にそれを製作したわけではありませんでした。

この場合、Aさんの投稿した学術論文は、新規性がないとみなされてリジェクトされる可能性が高いのでしょうか?それとも、実際にそのアイデアを実現化したのはAさんの開発なので、その開発した内容が学術論文としてアクセプトされる可能性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

分野にもよるだろうし, あるいは「いつ出願したのか」にもよるだろうねぇ.

昔はどうだったか知らないけど今では特許出願から 1年6月後に自動的に公開されるので, それだけの時間がたっていれば「独創的なアイデア」の部分は (出願特許の公開により) 否定される可能性が高いでしょう. もちろん「実証した」ということに価値はあるけどその価値がどのくらいのものであるかは分野による.

Q日本学術振興会の特別研究員(PD申請)

 書類を書きながら思っているのすが、採用基準が気になるところです。研究業績に査読付きがないため(在学時代出したけど何度かのやりとりで1年半かけ、落とされました)そのことが気になります
ちなみに博士課程在学時代(なかなか成果が出ず苦労しました)今は満期退学ですが・・・
査読なし6本 発表8本 国際会議1本です
査読ありがないのが気がかりですね大丈夫なのだろうか?不安です

Aベストアンサー

論文名にVol.とNo.(巻数、号数)が付いてれば、どうしか勘定してくれるんじゃないの?査読のレベルについては、いろいろな分野から手弁当で集まっているような審査委員の人たちには、おそらくわからないでしょう。

成果がでてなくても、萌芽研究なら、面接のときに説明すればいいと思いますよ。研究がすぐ成果に結びつかないのは、審査委員もとっくにお見通しのこととと思います。要は、チェックポイントを決めて、いついつまでにどのような業績を出すのか、中期計画みたいなものがハッキリしていればいいと思います。国民の税金を使うわけですから。定員もあるようですし、毎年トライして、手薄な年に引っかかれば上出来でしょう。

自分の学科主任からは、査読なしは0,査読ありは1,その中間はないと厳しいお言葉をいただきました。わたしは0ばっかりでしたが、1年遅れながらなんとか補欠にひっかかりましたよ。でも、やっと採用になったんですが、ちょうど国会が混乱しているときで、予算の成立が半年遅れ、支給開始はさらに遅れて、9月頃からでした。それまで、ずいぶん貧乏を強いられました。支給開始時には、財布の中はもうすっからかんでしたね。

論文名にVol.とNo.(巻数、号数)が付いてれば、どうしか勘定してくれるんじゃないの?査読のレベルについては、いろいろな分野から手弁当で集まっているような審査委員の人たちには、おそらくわからないでしょう。

成果がでてなくても、萌芽研究なら、面接のときに説明すればいいと思いますよ。研究がすぐ成果に結びつかないのは、審査委員もとっくにお見通しのこととと思います。要は、チェックポイントを決めて、いついつまでにどのような業績を出すのか、中期計画みたいなものがハッキリしていればいいと思...続きを読む

Q学術論文の英訳をweb上で掲載するのは大丈夫?

研究室のメンバーで、自分たちの読んだ学術論文(英文)をweb上で共有しよう
という案がでたのですが、著作権とかそういうのにひっかからないのかと
疑問に思いました。
アブストくらいなら大丈夫でしょうか?
(アブストは無料でみることのできる雑誌が多いので)

ご意見、専門の方の見解等、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

著作権については,素人なので参考程度にしてください. 学術論文の著作権は一般的に雑誌を発行している学会にあります,なので,和訳したものでも著作権は学会にあると思います.無断で和訳してweb上で公開するのは著作侵害の可能性があります. 
しかし,読み込んで,他の論文との比較,さらには問題点の指摘などを客観的に述べるのであれば,新たな論文とも見なせるのではないでしょうか? ひとことで言えば総説風にすれば,問題はないとおもいます.蛇足ですが,その際には,どこまでが誰がした研究で,どれが自分の意見かなど明確にすることが重要です.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報