【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

お世話になっております!

今回は工作機械関係の英文についての質問です。

次の英文を訳したのですが、どうにも "Though..." あたりからいまいち意味を把握できていません(><)

どなたか工作機械にお詳しい方、訳文の確認と、該当箇所の意味を教えていただければ幸いです(^^)

よろしくお願いいたします。

<原文>
Machine tools are often defined as power-driven machines, ordinarily not portable by hand, which cut, shear, or press metal into desired forms. Though they may be classified in various ways, perhaps the most meaningful arrangement is according to their respective modes of shaping materials, usually metals, which they are designed to work. Figs. 1 - 6 show the basic method of operation of various classes of machine tools.

<訳文>
工作機械はよく、金属を切断、せん断、必要な形状にプレスするための動力駆動型で、通常持ち運びしない機械と定義される。その分類法は様々だが、おそらく最も意味のある分類は、加工するための材料(通常は金属)の成形方法に基づく分類である。図1-6に、各種工作機械の基本的な操作方法を示す。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

愉快な人も居られるようですが、機械も時には悪くない。



最初の文、順序はできるだけ守りましょう。
工作機械はよく、動力駆動機械で、通常は手で持ち運びできない機械と定義され、
金属を切断、せん断、またはプレスして望みの形状にするものです。
ここは鬼海さんの方が素直なようです。

次の文、their respective modes of shaping materialsがポイントで
材料に形を与える(付形とも言う)。かれらそれぞれのモード(様式)です。
その分類法は様々だが、おそらく最も意味のある分類は、それぞれの機械が
加工する材料、普通は金属、に形を与えるやり方(モード)に基づくものである。

最後の文、主語はFigs.ですから素直に
図1-6は各種工作機械の基本的な作動方法を示す。
操作方法→作動方法は、第2の文との関係で変更。旋盤=回転運動、
フライス盤=往復運動、プレス=上下圧縮運動等々の作動モードの
種類で分類と解釈。

機械語みたいですみませんが、相手が機械なのでご容赦を。文は適当に手直し
してください。
    • good
    • 0

工作機械は多くの場合として電源駆動機、通常持ち運び出来ない切削、せん断、または金属をプレスして目的の形状にします。

それらはさまざまな方法で分類することがあります、おそらく最もわかりやすい配置によれば形材、通常は金属をFigs.1-6が工作機械のさまざまなクラスの動作の基本的な方法で動作するよう設計されています。


一応「工場の機械」つくってる業界にいましたので、
過去の英語を掘り出しました・・・

ご参考まで。

この回答への補足

ご回答いただき恐縮ですが、本当に困っているので機械翻訳はご勘弁ください。

補足日時:2009/06/24 20:47
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q機械系英文の訳

お世話になっておりますm(__)m

今回は機械系英文の訳についてお伺いします。

次の文章を訳したのですが、専門でないせいか、いまいちどういう状況なのかが把握できていません(><)

私の稚拙な訳も掲載しますので、どなたか訳の確認と、文章の説明お願いいたします。

原文
Brackets shall be avoided if possible. When necessary, it is recommended that a small stiff cube be used, rigidly mounted to the structure, with machined surfaces drilled and tapped to accept stud mounting.

訳文
できればブラケットは使用しないこと。必要な場合は、代わりに小さな硬い立方体を使用することをお勧めします。この場合、機械加工面にドリルで穴をあけ、鋲を取り付けられるよう、構造体にしっかりと取り付けます。

Aベストアンサー

文中の単語の意味とつながりは次の通りと思います。

bracket=(1)腕木, 持送り, ブラケット、対象が何か判らないので
 そのままブラケットで(原文は複数に注意)。
stiff=〈布地・紙などが〉堅い, 曲がらない. ▼rigidが曲げると壊れる
 ことを意味するのに対し, stiffは曲がりにくいことを強調する.
cube=立方体、ですがキューブでも良いかも(原文は単数に注意)。
the structure で
 drilled and tapped=穴開けねじ切りされた モノで、
 stud=(機械の)スタッド, 植込みボルト mounting をaccept
 するようなモノです。

できるだけ原文に近く訳文を手直しすれば、
できればブラケットは使用しないこと。必要な場合は、小さな堅い立方体を構造体の
機械加工面にドリル穴を開けネジ切しボルト取付し使用します。

図面が有れば、何がブラケッツなのか、なぜa cubeなのか判るとは
思いますが。堅い文ですが適当にこなれた表現にしてください。
 

Q工業系(ダンパ)文章の英訳

ほぼ毎日お世話になっております。

以下の文章を英訳したのですが、特に問題はないのでしょうか。

後半の「小地震から~」のところが自信がないので、より適切な訳などございましたら、ご指導ください。

よろしくお願いいたします。

原文:
「粘性剪断型ダンパ(VSD)は速度に比例した抵抗力が得られるため、小地震から大地震まで幅広く免震効果を発揮します。」

訳文:
By using a viscous shear damper (VSD), resistance proportional to velocity can be obtained. Therefore, the damper provides extensive seismic isolation effects on both large and small earthquakes.

Aベストアンサー

半日以上も放置ですか。内容的に引く人も多かったでしょうね。じゃあひとつ・・・

Viscous shear damper (VSD) produces resistance force proportional to the shear velocity experienced, assuring extensive seismic isolation effects on both large and small earthquakes.

放置するのが悪いというだけの回答なので,信用しないでください。ビルが倒壊する責任は負いたくありません 笑。

Qフリーの翻訳者さんへ質問です

今までの知識と経験を活かしてフリーの翻訳者を目指そうと考えています。 

実際に翻訳者として実務翻訳をされている方の翻訳(日->英、英->日)のスピードは一般的にどのくらいでしょうか? また、翻訳会社が翻訳者に求めているスピード(納品期間)はどのくらいが一般的なのでしょうか? それから、初めて翻訳の仕事をする方はどのくらいのスピードで、どのくらいの経験を積むと一般的なスピードに達するのでしょうか? 

試しにトライアルを受けてみましたが、細かく調べたりしていると1枚あたり2時間もかかってしまいました。 できれば最初は採算性よりも実際に翻訳をしながら成長したいので翻訳会社に登録しようかと思っていますが、納期に余裕があるような仕事(このペースだと1日5枚以内)はあるものでしょうか?

品質や内容にもよるので「一般的」というのは一概に言えないと思いますが、実際に経験されている方のご意見を伺えれば嬉しいです。

Aベストアンサー

フリーで翻訳を5年程やっています。最初は、翻訳速度と納期のことは気がかりですよね。

>また、翻訳会社が翻訳者に求めているスピード(納品期間)はどのくらいが一般的なのでしょうか?  
一つの目安として実務翻訳ですと、英日で一日2000w、日英で6000文字と言われていますが、あくまで目安にしかならないと思います。

>納期に余裕があるような仕事(このペースだと1日5枚以内)はあるものでしょうか?
あると思います。納期は、本当にまちまちだと思います。お客様の中には、とにかく早くと言われる方もいますし、ゆっくりでもいいからしっかり調べて欲しいと言われる方もいます。翻訳会社はそのへんのところはよく分かっていますので、cous_cousさんの実力が認めてもらえれば、後者のようなお仕事をまわしてもらえると思いますよ。

>それから、初めて翻訳の仕事をする方はどのくらいのスピードで、どのくらいの経験を積むと一般的なスピードに達するのでしょうか?
今は、便利なツールがたくさんありますので、そういったものを使いこなすことでも、格段に速度はあがりますよ。下記のサイトはご存知ですか?これから在宅でお仕事をしていかれるのなら、色々勉強になると思います。こちらのサイトには初心者からベテランまで、様々な翻訳者の方がおられます。特に、ベテランの方は親切にアドバイスして下さいますので、在宅で翻訳をやっていく上で生じる色んな問題の解決に役に立つと思います。よろしければ、ご覧になってみてください。実際に仕事を始めると、レートを聞かれて自分で決めないといけないこともありますし。

頑張ってください。

参考URL:http://trans.kato.gr.jp/

フリーで翻訳を5年程やっています。最初は、翻訳速度と納期のことは気がかりですよね。

>また、翻訳会社が翻訳者に求めているスピード(納品期間)はどのくらいが一般的なのでしょうか?  
一つの目安として実務翻訳ですと、英日で一日2000w、日英で6000文字と言われていますが、あくまで目安にしかならないと思います。

>納期に余裕があるような仕事(このペースだと1日5枚以内)はあるものでしょうか?
あると思います。納期は、本当にまちまちだと思います。お客様の中には、とにかく早くと言われ...続きを読む


人気Q&Aランキング