ネットが遅くてイライラしてない!?

設備保全・生産技術として9年、会社に勤めてきました。
が、会社を辞めざるをえない状態になってしまい、各種の資格取得を目指しています。
現状、電験やボイラー危険物などの工業系資格はあるのですが、設備保全の専門資格を有していないので、どの程度の実力があるかを証明する事が難しい状態です。

そこで、機械保全技能士の資格を取ろうと思っています。
質問なのですが、
・これには1級及び2級とあるようですが、具体的に内容にどういった違いがありますか?
・実務経験が2級で2年、1級で7年とありますが、ここでいう実務経験はどう証明すればいいのでしょうか?
・機械保全技能士を取得することでどういったメリットがありますか?(転職・他の資格取得の際に免除があるetc)

お詳しい方がおられましたら、ご教授をお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1級と2級には大差有りませんと言う話です。

実際に問題見ても大きな違いはなさそうです。
受験申請書に実務経験を記載するだけのようです。適当に書いてもばれなければOKかも。
JIPMの会員になっている企業では評価されますけれども、会員でない企業、特にTPMをやっていないところでは何それ?って感じです。
問題については、みなづきさんのHPで確認してみては?
http://kikaihozen.minatsugi.com/index.html
会員の企業かどうかはJIPMのHPに記載されています。
http://www.jipm.or.jp/company/memberlist.html
ご参考までに
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事遅れて申し訳ありません。

協会に問い合わせたところ、「実務経験はあくまで申告制」とのことです。
以前豊田系に勤めていた頃は機械保全技能士が優遇されるという話は
まま聞いたのですが・・・他業界では余り意味はなさそうですね。

お礼日時:2009/12/16 13:29

No.1の方が書いておられるように、機械保全技能士は、製造技能職の方が製造機械を自ら保全する(すなわち自主保全:TPM)技能を示す要素があるので、設備・生技といったファシリティ関係の人が機械保全技能士というと、違和感とまではいきませんが、?と感じる方もいるかも知れませんね。

電験、ボイラー、危険物でも充分と思いますが。あと電工があればいいですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お返事遅れて申し訳ありません。

確かに機械保全技能士は豊田系で有用のようですが、他業界だとあまり意味は
なさそうですね。
ただ、まれに機械保全技能士を募集している案件もあるので、難しいところです。

お礼日時:2009/12/16 13:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q工場勤務に良さそうな資格

工場勤務(主に製造業、ブルーカラー)に良さそうな資格って何がありますか?
私が思いついた範囲では・・・。


・基本情報技術者試験
・応用情報技術者試験
→ 昔、バイトでいた工場の現場管理者が古いPCに向かって何かやっているのを思い出しました。
制御系の機器の保守や管理でしょうか。
ちなみに、そこに製造で入るとき面接で「コンピューターが好きだそうですが、プログラミングできますか」と聞かれたのですがこれってどういう方面だったのでしょうか。


ビジネスキャリア検定
・ロジスティクス
・生産管理オペレーション  
→ 生産管理や物流の知識は欲しいですよね。

・営業、マーケティング
・経営情報システム
・経営戦略
・経理、財務管理
・企業法務、総務
・人事、人材開発、労務管理

→人事や企業法務は、下の人間には必須では無くても中間管理職目指す人に。

・フォークリフト

・玉かけ

・クレーン運転士試験

・日商簿記

・衛生管理者

・QC検定


・何か表計算の資格
→材料や工程の管理に表計算は使えると良い。



お礼は遅くなります。


※ちなみに資格カテゴリで回答が付かなかったためこちらに移しました。

工場勤務(主に製造業、ブルーカラー)に良さそうな資格って何がありますか?
私が思いついた範囲では・・・。


・基本情報技術者試験
・応用情報技術者試験
→ 昔、バイトでいた工場の現場管理者が古いPCに向かって何かやっているのを思い出しました。
制御系の機器の保守や管理でしょうか。
ちなみに、そこに製造で入るとき面接で「コンピューターが好きだそうですが、プログラミングできますか」と聞かれたのですがこれってどういう方面だったのでしょうか。


ビジネスキャリア検定
・ロジスティクス
・生...続きを読む

Aベストアンサー

うちの会社の場合ですが、フォークリフト、クレーン運転士等、必要な職場に配属されれば、会社が免許を取りに行かせてくれます。
TOEIC試験は比較的重視するようです。わざわざスコア400程度の低い従業員を集めて、1年程度海外勤務させてTOEICスコアアップさせる研修もやっています。
 

Q工場設備の保全・管理について

第二種電気工事士の資格をもっているので、
その資格を活かせる仕事をと思い、ある求人サイトを見ていたら、
「第一種電気工事士または第二種電気工事士の資格をお持ちの方優遇」
と書いてある、工場設備の保全・管理の仕事を見つけたのですが、
工場設備の保全・管理って具体的にどういうことをするのでしょうか?
電気工事士のどういう知識が役に立つのでしょうか?
工場によって違うと思いますが、あなたの工場の場合どうなのか?
また一般論でも良いので教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>工場設備の保全・管理って具体的にどういうことをするのでしょうか?

 その工場の設備全般の保守、点検、管理です。
 自ら、行う場合と外注を使い実行する場合と両方有ります。
 設備は、電源設備、空調設備、生産設備、測定器、建物、ロッカー等何でも有りです。

>電気工事士のどういう知識が役に立つのでしょうか?

 二つ有ると思います。
 一つは、資格そのものが必要である。
 二つめは、資格を取得するために必要な知識を持っていること。

 二つ目の知識ですが、色々です。
 電気的知識のない人は、AC,DCもわからない、オームの法則もわからないと言うことがざらです。
 上記資格を持っていると言うことは、そういう電気的基礎知識を持っていると考えられます。(期待されます)

 例えば、新たな生産設備を増設するとします。
 この時、工場の保全者として、どのようなことをすればよいかと言うことが電気的基礎知識などない人にとっては見当もつきません。
 設備の大きさは→必要な設置スペースは、設備の必要な電圧、
 電流は→電源設備容量は、発熱量は→必要なエアコン等の容量は、等
思い浮かべ、調べ、設計する必要があります。
 そして、電源設備を設計する場合、どこのブレーカから引いて、容量は大丈夫か、途中に入れるブレーカの容量は、トランス容量は、使用するケーブル線種は、電気的知識がかなり要ります。
 次に実際の工事であれば、それが実行できる資格と技能があれば自らもできるでしょうし、外注にたのむ場合はそれらの電源設備仕様を説明できなければいけません。
 また、どのような工事にどのような資格が必要かも、資格を持っていればわかるでしょう。

 また、工場設備の故障に対しても、それなりの知識がないと、設備が故障かどうかもわかりません。とにかくメーカを呼んでみてもらうまで何もできません。
 ある程度電気的知識があれば、設備の切り分けができて、設備の特定の機器の故障と言うことまで特定できるでしょう。そうすれば、メーカに対しての情報も正確で、メーカはすばやい対応が取れますし、メーカが来るまでの間の応急処置(代品と取り替えるとか、そこだけ使用しないとか)が取れます。

>工場設備の保全・管理って具体的にどういうことをするのでしょうか?

 その工場の設備全般の保守、点検、管理です。
 自ら、行う場合と外注を使い実行する場合と両方有ります。
 設備は、電源設備、空調設備、生産設備、測定器、建物、ロッカー等何でも有りです。

>電気工事士のどういう知識が役に立つのでしょうか?

 二つ有ると思います。
 一つは、資格そのものが必要である。
 二つめは、資格を取得するために必要な知識を持っていること。

 二つ目の知識ですが、色々です。
 電...続きを読む

Q再就職の際、電気工事士の資格は有利ですか?

突然、旦那がリストラと言う事になりました。


旦那としては、資格があった方が再就職に良いのでは?との事で電気工事士の資格を取りたいと言っています。


そこでお伺いしたいのは

①電気工事士を取得するのは難しいでしょうか?

②資格の為に必要な金額は幾ら位でしょうか?


③電気工事士は需要があるんでしょうか?


田舎なので資格を取った所で勤め先があるのかなぁ?と思い介護の資格の方が良いのでは?と思ったりするのですが…。


とにかく色んな情報が知りたいのでお願いします。

Aベストアンサー

旦那様と同じぐらいの年齢の電気関連の仕事をしている者です。
一応、第二種電気工事士、第一種電気工事士を持っています。

1.第二種電気工事士の資格はそれほど難しくありません。
  恐らく独学でしたら2~3ヶ月もあれば十分です。
  ただし筆記試験合格後の実技試験は人によっては大変です。
  初めての電気工事でしたらある程度の対策が必要です。
  配線図を見て10分で作業を終えなければなりませんのである程度の慣れが必要です。
  どなたかが書かれていますが職業訓練校や実技講習会へ行かれることをお勧めします。
  実技試験に慣れさえすれば合格は見えてくると思います。

2.試験費用は9,300円+電気工事道具一式15,000円ぐらい+参考書+講習会費といったところです。
  職業訓練校や実技講習会の方がユーキャンよりは実践的に教えてもらえるのでお勧めです。
  それに、通信教育の高い教材を買うよりは書店を回られてご自分にあった参考書を
  選ばれる方が安上がりですし、余ったお金を実技講習会に回せます。
  また、実技試験用の電気工事道具セットはインターネットで購入出来ますので
  探してみると良いですし、秋葉の電材屋さんにはセット販売もされています。

3.持ってないよりは有利です。
  不景気とは言え電気工事の仕事がなくなることはありません。
  建設業界、電気工事会社、管理会社など旦那さんの年齢でしたら
  資格取得後ハローワークに行かれれば自信を持たれるのでは?と思います。
  ただし、電気工事士だけ取って満足するのではなく
  電気工事士を取った後、通信、ガス、設備工事関連の資格と向上心を持って
  経験と知識を積んでいかれれば十分職に困ることはないはずですし収入も増えるはずです。

私は介護関連の仕事もしてますが介護業界は大変な割に収入が低いように思われます。
介護保険の法整備の面も含めて不透明ですから手に職を持つことをお勧めします。
ヘルパー2級から始めることも悪くありませんがケアマネに至るまで10年、介護福祉士などの資格取得者でも5年と
実務経験が長い資格ですので今の旦那さんの状況では考えにくいと思います。
第二のスタート資格としては第二種電気工事士は良い資格です、同じ業界で
頑張る者として応援します!お互い頑張りましょう!

旦那様と同じぐらいの年齢の電気関連の仕事をしている者です。
一応、第二種電気工事士、第一種電気工事士を持っています。

1.第二種電気工事士の資格はそれほど難しくありません。
  恐らく独学でしたら2~3ヶ月もあれば十分です。
  ただし筆記試験合格後の実技試験は人によっては大変です。
  初めての電気工事でしたらある程度の対策が必要です。
  配線図を見て10分で作業を終えなければなりませんのである程度の慣れが必要です。
  どなたかが書かれていますが職業訓練校や実技講習会...続きを読む

Q制御盤の設計に有効な資格

制御盤(動力制御盤や計装盤)の設計の仕事を始めて半年ですが
キャリアアップのため資格を取りたいと思っています。
メーカーの研究所に3年いましたが資格の必要が無かったため1つも持っていません。
大学の電気工学科をでているので電気の基礎はあります。
電気工事士2級と電気主任技術者3種は取ろうと思うのですが 他に有効な資格があったら教えてください。
CADによる製図やシーケンスのプログラムもやっていますが
これらの資格は何かあるでしょうか。
1年で取れるだけとっておきたいのです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

制御盤関連の国家資格としては技能士があります。
http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/giken.html#Anchor1
これは制御盤を「製作する人」の技術力を国が認める資格ですから、工場で製作に携わる人が取る資格ですから、設計者に求められる資格とは異なります。ただし現場を知らなければ適切な設計は出来ないでしょう。

制御版や計装盤は15年以上まえからコンピュータによる制御になってきています。PLC,DCS、シーケンサ、DDCといったものです。これらのプログラミング言語は各メーカによる標準なので、メーカーのトレーニングに参加して覚えるものです。(資格は無く、受講証明書くらいか)
シーケンサの基本のラダー言語はリレーロジックと類似ですから自習することも可能です。オーム社からいくつか本が出ています(大浜庄司先生など)
近年はより複雑化して、データの自動収集やパソコンへの伝送などの機能もあります。このようなシステム作りには情報処理システムの開発セオリーを学ぶ必要があります。たとえば設計をどう進めるかとかの設計方法論です。プログラミングしながら仕様を決めるのか、仕様が確定してからプログラミングに着手するのが良いのかなどを知ることです。このようなことは情報処理試験(マイコン応用システム、エンベッドシステムなど)が目標になります。
http://www.jitec.jp/1_11seido/seido_gaiyo.html

CADの利用能力などはメーカーごとに違うので国家資格はありませんが、民間検定があります。
http://www.jpsa-nintei.com/cad/
(機械や建築CADが主な対象なのでお勧めしません)
もっとも、使いこなせる実力は転職の際に自分を高く売れます(転職しなくてもはげみになるでしょう)

もうひとつ、ユーザーの仕事(お客さんのプラントやシステム、製造方法)を良く知ることです。本から勉強するだけでなく、現場を見学したりすることもあります。またお客さんから答え(やりたいこと)うまく引き出すような会話能力も必要です。

制御盤が動かすシステムの構成要素(レベル計や流量計、ポンプやインバータ、モータの特性など)を知らないと設計できませんがこれらは電験3種の勉強で基本の2割くらいは勉強できます。それ以上はカタログや仕様書をよく読み、先輩や、メーカーの技術者に質問して教えてもらうしかありません。

電気電子の世界ではソフト半年、デジタル1年、アナログ10年の経験と精進がいります。
シーケンサのロジックなら1年もあれば1人前に書くことが出来ますが、プラントでシステムの挙動を理解したうえで安全性を考慮した設計が出来るようになるには10年かかります。

新しい仕事で最初の1年に勉強するものとしては、基本情報情報処理かマイコン、電験3種でしょう。
大学卒業程度なら技術士1次試験を取るのも良いと思います。30歳までに技術士を目標とするのがいいと思います。技術士はとったからといって何かが出来る資格ではありませんが、国があなたのことを「科学技術に関する高度な応用能力を備えている」と認定したことになります。http://www.engineer.or.jp/gijutsusi/index.html

もし対象とする業種が石油化学なら危険物、上下水道ならそれに関連した資格などもあるとよいでしょう。

参考URL:http://www.engineer.or.jp/examination_center/application_guidance/2006_first_examination.html

制御盤関連の国家資格としては技能士があります。
http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/giken.html#Anchor1
これは制御盤を「製作する人」の技術力を国が認める資格ですから、工場で製作に携わる人が取る資格ですから、設計者に求められる資格とは異なります。ただし現場を知らなければ適切な設計は出来ないでしょう。

制御版や計装盤は15年以上まえからコンピュータによる制御になってきています。PLC,DCS、シーケンサ、DDCといったものです。これらのプログラミング言語は各メーカによる標準なので、メ...続きを読む

Qシーケンス制御に必要な免許

PLCを使ったシーケンス制御を行なう場合、資格免許等は必要でしょうか?宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

シーケンス制御は、ラダーソフトの設計・製作、CPUや外部インターフェース回路の設計製作(いわゆる制御盤)、制御される機械・プラントの知識の3点がそろって実現します。基本的には前の方の解答どおり、実力と経験がものを言います。そのための日々の仕事から学ぶ勉強の姿勢と努力が必要です。

ラダーの設計をするだけなら免許は不要です。
メーカーのトレーニングコースを受講すれば近道になります(メーカーごとにプログラム言語に方言がある)
CPUやユニットを組み合わせたりする能力は自分で勉強したり、メーカーの上級コースを受講したりして身に付けます。

盤の設計、製作も資格は要りません。
ただし現地で外部配線工事をおこなう(制御盤の外から来た電気配線を端子台にねじ止めをする)段階から電気工事士の資格が必要です。
シーケンサ制御盤単体で動力回路を扱っていないものもありますが、たいていはモーターの運転・停止などを行い、無資格でやれば感電・火災などの危険が伴います。

また、現場に行けばプラント自体に取り付けられたセンサ、モーターなどを確認しながら試運転調整しますから、現場の安全を知る必要があります。これは電気取り扱いの特別教育という資格があります。石油プラントならそれなりの知識が求められます。

どの資格も持っていなければ手先として使いっぱしりになるだけです。

シーケンス制御の世界で一目を置かれるのは「技能検定(制御)」を取得している人です。これは一定以上の技能を有している人を、一人前の中堅技能者であると国が認定する制度で、免許ではありませんが、名誉称号のようなものです。(PLCに限らず、マイコンを使ってFA制御をするような場合でも取得可能です)

シーケンス制御は、ラダーソフトの設計・製作、CPUや外部インターフェース回路の設計製作(いわゆる制御盤)、制御される機械・プラントの知識の3点がそろって実現します。基本的には前の方の解答どおり、実力と経験がものを言います。そのための日々の仕事から学ぶ勉強の姿勢と努力が必要です。

ラダーの設計をするだけなら免許は不要です。
メーカーのトレーニングコースを受講すれば近道になります(メーカーごとにプログラム言語に方言がある)
CPUやユニットを組み合わせたりする能力は自分で勉...続きを読む

Q生産技術で出世するために必要なスキルを教えて下さい

生産技術職で出世するために必要なスキルを教えて下さい。

自分はとあるメーカーに機械系の大卒で入社し現在1年目です。
会社の方針で大卒入社の社員は最初の数年オペレーターとして現場で働きその後上に上がるとなっており、現在は現場で製造現場で修行中です。
しかし、現場での環境は厳しく残業と休日出勤だらけで出来るだけ早くこの部署から出たいです。
現場でつく知識は機械の構造やメンテ方、プログラミングばかりで将来のために必要なスキルだとあまり思えません。
自分で考えた結果、財務的な知識が必要かと思うのですが当方ずっと機械系で財務とは何か、財務の知識が本当に必要なのか、何をやればいいのかも分かりません。
周りには高卒の上司ばかりでこの先のキャリアが違うので聞くこともできません。

どうかご教授願います

Aベストアンサー

生産技術職でなぜ財務的な知識が必要だと考えられたのか、良く分かりませんので(このあたりに深い事情があり)、こちらが間違っているのかもしれませんが、私の考えは以下です。

生産技術は新製品開発部門と張り合うメーカーの核心的な重要部門であり、メーカーはいかに最先端の技術を取り込んで現行生産の方法を合理化し、必要な品質を確保しながらより低いコストで製品を生産するか、あるいは画期的な新製品が目標どうりに量産できる新設備をどれだけ早期に安価に確実に立ち上げることができるか、そういったことを開発部門と協調しながら達成する部門です。貴方が期待されているのは高卒社員が比較的弱い理論面でそういった作業を先導することが求められているのでしょう。
それらのベース的な知識として少なくとも現用設備の100%の理解、オペレーションは当然、様々な予想されるトラブルに対処して誰にも理解できる言葉でそういうトラブルの原因と対処方法、改善解決法の考案、自分自身でそれらができるスキルを身につけて周囲の信頼を得ることが必要だと思います。まあ、常識ですが。

機械系には自信がおありなのでしょうが、今の機械設備は様々なセンサーがついていますし、コンピュータが介在します。なので、シーケンスの知識を含めて電子機器の理解は必須だと思います。
財務部門とは新規設備の開発導入で喧嘩をすることもあり、投資にみあう償却期間の算定など、ドキュメント、あるいは投資計画書などを作成する上で必要な知識ではありますが、生産技術職としては早期に必要なスキルではないのかな、と思ったリします。

トヨタが今の世界に冠たるメーカーになったのは、やはり世界一の生産技術があったことが大きいと思います。
いずれにせよ生産技術は新製品開発職よりもむしろどろくさい面も含めてアイデア勝負で、多岐に渡る職務が割り当てられて面白い部門だと思います。がんばって職場の信頼を得てください。

ご参考になれば。

生産技術職でなぜ財務的な知識が必要だと考えられたのか、良く分かりませんので(このあたりに深い事情があり)、こちらが間違っているのかもしれませんが、私の考えは以下です。

生産技術は新製品開発部門と張り合うメーカーの核心的な重要部門であり、メーカーはいかに最先端の技術を取り込んで現行生産の方法を合理化し、必要な品質を確保しながらより低いコストで製品を生産するか、あるいは画期的な新製品が目標どうりに量産できる新設備をどれだけ早期に安価に確実に立ち上げることができるか、そういった...続きを読む

Q設備保全を学ぶためのわかりやすい入門書、サイトなどあれば教えてください

現在工場のラインで働いていますが、私が機械関係の学校を出ていると言う事で、設備の保全を出来ないかと言われています。

興味がありますし、責任のあることなので是非やりたいと思っています。
学校を卒業して何年も経つので機械の知識自体もだいぶん忘れていますし、学問の機械工学の知識と実際の設備の知識は違うと思います。

まずは学生の頃の教科書を引っ張り出してきて復習をしようと思います。

それと、設備に関しては実際に触りながら勉強する物だと思いますが、事前に勉強したいので、お勧めの入門書、サイトなどあれば教えてください。

Aベストアンサー

#1です。

設備管理は、それぞれの設備機器のしくみを理解する必要があります。
まずは一覧表作りからはじめるとよいでしょう。
現在あったとしても、もう一度自分で理解できるよう作り直すことに
意義があります。

例えば、天井クレーン設備一覧を作成します。
工場毎に
クレーンNo.  設置場所  吊上荷重  設置年月 桁のスパン  
         東面   10/5t     /      m     

フック下揚程  検査証No. 検査証有効期限  固定資産No.
    m    1234      /      5678  

といった具合に作成してください。
盛り込む項目は最初は少なくても構いません。
クレーンの仕様書を見て理解できるもののみ盛り込んでください。
こうやって一覧を作ることにより、
3t以上のクレーンは性能検査が必要になるということ。
などクレーンのしくみが理解できるようになると思います。

最初は分からなくても一覧表を作りこむことにより、理解の第一歩に
なることは間違いないので、ぜひとも取り組んでほしいと思います。

#1です。

設備管理は、それぞれの設備機器のしくみを理解する必要があります。
まずは一覧表作りからはじめるとよいでしょう。
現在あったとしても、もう一度自分で理解できるよう作り直すことに
意義があります。

例えば、天井クレーン設備一覧を作成します。
工場毎に
クレーンNo.  設置場所  吊上荷重  設置年月 桁のスパン  
         東面   10/5t     /      m     

フック下揚程  検査証No. 検査証有効期限  固定資産No.
    m    ...続きを読む

Q設備保全や生産技術で積むべき経験・取るべき資格

これらの職種で仕事を進めるにあたって、どのような経験を積めばいいですか。

また、以下の資格のうち、何を取得すれば万が一の転職でも役に立ちますか?
・機械保全技能士
・技術士
・公害防止管理者
・電気主任技術者
・電気工事士
・エネルギー管理士
・品質管理検定
・施工管理技士
・建築士

Aベストアンサー

参考までに

科学技術で国際相互承認を受けているのは、技術士と建築士のみです。
ただし、建築士は構造分野に限定されてます。
基本的に技術士なると、審査でAPECエンジニアやEMF国際エンジニアになれます。アメリカの技術者資格はPE(プロフェッショナルエンジニア)、その他各国で科学技術資格がありますが、これらに相当する(相互承認されている)のが技術士です。
別の方が言っておられたTPPに対しては、この2つの資格が有効です。
ただし、建築士の数は約40万人で、供給過剰で優位性はありません。技術士は約7万人でそのうち半数が建設部門(道路とか橋とかダムとか計画設計する部門)で、供給が追い付いていないのが現状です。
現状では技術士があれば、どのような学歴やキャリアであっても、一定の待遇で転職可能です。

なお、言語や各国の基準もあり、現実的には『国内の仕事は国内技術者で』となりますので、上記2つ以外の資格でも十分に業界で要求される資格だと思います。

Q未経験者が設備管理への転職をする際に有利になる資格

未経験者が設備管理(ビルメン)への転職をする際に有利になる資格は何でしょうか?
来年から第三種電気主任技術者の受験を始めようと思っているのですが、
それよりも、まずボイラー技士や冷凍機械責任者を最優先に取得した方が良いかなと悩んでおります。
しかし、最近ではこの2つの資格の重要性が薄れつつあると聞きましたが、
実際はどうなのでしょうか?

自己紹介
私は、28歳の男性です。
持っている資格は、
第2種電気工事士
工事担任者 AI・DD総合種
危険物取扱者乙種第4類

Aベストアンサー

ビルメンへ転職するなら、建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)です。
経験を積むと、管理事業所の責任者位にはなれます。
ビルメンを超えてステップアップするには、電気主任技術者(電験3種)は必須です。
しかし、他の資格と難易度は格段の差があります。
なお、近年は資格の不要な冷温水発生器などが普及し、ボイラー技士や冷凍機械取扱責任者の資格は直接必要がないようになってきています。
しかし、ビルメン会社では、それらの資格取得に至る学習や関連知識がビル管理に有効として、それなりに評価しています。
将来性や年齢を考慮すると、まっすぐ電験3種にチャレンジしてはいかがでしょう。

Q機械の保守・保全作業について

この度、某企業のラインの機械保守の仕事に就く
事になりました。
全くの未経験からのスタートになりますので
どのような事をするのか詳しくは分かりません。
口頭では機械の点検やトラブル時の処置だと聞かされているのですが。
そこで、実際にこのような業種でご活躍されている方に
お尋ねしたいのですが、この職種に就くにあたり、
こんな資格を持つ、あるいはこのような勉強をすれば、
スキルアップに繋がるというようなものがあれば是非お教えいただきたいのですが。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

機械保守は大変と思いますがやり遂げた後の爽快感は最高です。
トラブルの原因の判断、処置、原因究明、次回への反映事項、報告書いずれも大切な一部ですね。
経験を積んできますと処置、対応能力が顕著にスキルアップするでしょう。
保全部門は多分24時間体制でしょうか。
納期もポイントになってくると思いますね。
基本的な機械の構造を十分理解しないとメンテは出来ないと思います。
僕も↓へジャンプしていろんな意見を参考にしております。
頑張ってください。

参考URL:http://mori.nc-net.or.jp/EokpControl;jsessionid=0202102F8131A649644C4D9EBB530528?event=CE0001&cid=19048


人気Q&Aランキング