現在、監理技術者資格証(電気)を所有しております。
監理技術者資格証(消防)も取得したいのですが、消防設備士の資格を持っていれば申請できるのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ゼネコンで建築士をしており、数種類の監理技術者資格者証を所持しております。


消防設備士資格は、自分で設備の工事や保守が出来るといった資格であって、監理技術者資格とは関係有りません。
消防設備業は指定21業種ではなく、監理技術者資格者証は実務経験でのみ申請できることになっております。
よって下記リンク先に記載の通り、学歴に応じた経験年数と2年以上の指導監督的実務経験があれば建設業技術者センターに対して資格者証の申請が可能です。
しかしながら経験による申請は、私の経験では国家資格による申請と違って数十分の面接審査や厳密な書類審査やがありますので、きちんとした証明書を用意して、その内容についても色々な質問に答えられないとすぐ却下になってしまうので注意が必要です。
私も消防設備や水道、電通については経験で申請しましたが、指定21業種の方が試験に合格する必要はありますが、遙かに申請が楽であったと思っております。

参考URL:http://www.cezaidan.or.jp/license/kanri2.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1級土木施工管理技士の監理技術者講習について

はじめまして。
コンサル勤務の1級土木施工管理技士資格保持者です。
主に設計業務を担当していますので、監理技術者講習は受けてはいません。
しかし、今後施工管理などの業務の担当が予想され、管理技術者講習を受けようと考えています。
この管理技術者講習を受け講習の試験合格後、監理技術者講習修了証が発行されるという流れですが、水道施設工事業などの業種別という考え方があるのでしょうか?
それとも、あくまでも1級土木の管理技術者講習という考え方でよろしいのでしょうか?

資格+管理技術者証が必要とのことで、管理技術者証のところが調べてもよく分かっていない状態です。
もし分かる方いましたら、よろしくお願いします。<(_ _)>

Aベストアンサー

1級土木施工、監理技術者の所持者です。
私の場合は、現場に勤務しております。
監理技術者は、ある一定金額以上の工事を下請けに出す場合に必要な資格、と考えて頂ければ良いと思います。
(確か2500万以上だったと記憶しておりますが、詳しくは調べて頂ければ良いかと思います。)
ですから、通常、公共工事になりますと、主任技術者が監理技術者という呼ばれ方になります。(主任技術者は1級だけでも出来ますが、監理技術者はこの資格を持っていないとなれません。)
あと、最近は、経営事項審査で1級と監理技術者の有無で若干点数が変わってくるみたいですね。
簡単に言いますと、この様な違いがあります。

Q建築物環境衛生管理技術者や電気主任技術者が修理業務

将来、建築物環境衛生管理技術者と電気主任技術者を活かし独立したいと考えています。
ですが、色々調べてみた結果あまり食っていけるものではないそうです。

ひとつ疑問に思ったのですが、
建築物環境衛生管理技術者や電気主任技術者が修理業務をすることは禁止なのでしょうか?

保守点検するのだから、修理や機器の交換などが必要となった場合、修理業者に任せることになるのでしょうか?

もし、会社を作って保守点検は自分で行い、修理を資格を持った社員に行わせることは大丈夫なのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>建築物環境衛生管理技術者や電気主任技術者が修理業務をすることは禁止なのでしょうか?

かまいませんよ。
ですが、同時に「責任」も付いてきます。

仮に電気工事をしていて、短絡したばあい
最悪 停電になったり、システムダウンしたりと、
「賠償金」は破格になりますよー。

ビル管理も主任技術者も「管理(監督)業務」が主体と思ってください。点検して、不備があれば、専門業者に依頼です。

ちなみに管理でパワーUPするのでしたら、
「工事担任者」・「消防設備士」(弱電)の勉強もしておいたほうが良いでしょう。

http://www.nbsgrp.co.jp/license/lindex.html

Q建築工事の監理技術者、主任技術者になれる雇用形態は

よろしくお願いします。 公共工事の建設現場などに置く管理技術者や主任技術者似なれるのは、元請会社の正社員以外だと、パートでも期間を定めない雇用契約ならOK、とは聞きましたが、出向社員やや派遣社員でもなれるのか教えてください。

Aベストアンサー

場合によっては、たぶん無理です。

主任技術者、管理技術者の要件は
「直接的かつ恒常的な雇用関係」が必要とされており、

下請け会社や協力会社の社員などがその会社に在籍したまま元請け会社に出向した場合は「直接的な雇用関係」の要件を満たしていませんし、その工事のために一時的に元請け会社に雇用されたとしても、「恒常的な雇用関係」の要件を満たさないと見なされます。

この確認には、健康保険証や源泉徴収票を施工体制台帳とともに提出することで、なされるようです。

参考URLは福井市の例ですが、国土交通省、各都道府県発注の公共工事においても同様です。

さて、これらの要件は建設業法のどこに謳われているのでしょうか?
...すみません、勉強します。(^^;

「法令データ検索システム」↓で、「建設業法」などの関係法令を確認してください。
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

Q電気主任技術者+ビル管理技術者のダブルライセンスについて

第三種電気主任技術者の資格を持っています。
昇給や昇進について色々調べていたら、建築物環境衛生管理技術者(ビル管理技術者)も取ると仕事の幅が広がると書いてありました。

電気主任技術者がビル管理技術者の資格を取ると具体的にどのような仕事を任せられるのでしょうか?

例えば、電気主任技術者と第一種電気工事士を持っていれば、自分で点検をして修理するところを発見した場合、自分で修理することができるようになる。という具体的な事をお聞きしたいです。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

電験三種に受かることができる程なら、過去のご質問も含め、ご自分で
調べてみる事を勧めます。それこそ、ケースによって違うので、ここ
では満足いく回答は得にくいと思います。ネットやブログで体験談や
仕事の事を書いている電工や主任技術者は多いですから、そういうの
を探してみるのもいいでしょうね。

Q建設業法の中で、監理技術者の常駐は義務ですか?

業法 26条の中で、専任とは、他の工事現場に係る職務を兼務せず、常時継続的に当該工事現場に係る職務のみに従事していることをいいます。(監理技術者制度運用マニュアル)
と書いてあります。

ある回答書の中で
、工事現場が適切に管理されている範囲において常駐までを求めたものではありません。  
と回答してありました。

例として、ある現場に現場代理人は常駐して、監理技術者は 店社のある部署に在籍しており
必要に応じて時折、監理技術者として現場に常駐する場合です  

Aベストアンサー

Q3建設業法第26条第3項で定める「専任」とは常駐のことですか?

A3専任とは、他の工事現場に係る職務を兼務せず、常時継続的に当該工事現場に係る職務のみに従事していることをいいます。(監理技術者制度運用マニュアル)したがって、工事現場が適切に管理されている範囲において常駐までを求めたものではありません。


この問答は、たとえば工事稼動期間中、発注者との打ち合わせ呼び出しがあって、現場を離れる(すなわち常駐義務違反となる)ことまで規制したものでない、という意味です。

貴殿の例示:ある現場に現場代理人は常駐して、監理技術者は店社のある部署に在籍しており必要に応じて時折、監理技術者として現場に常駐する場合です

現場からはなれた在籍部署に待機していつでも現場に出向ける状態であっても、これでは専任性を満たしていません。現場をはなれるに正当な理由がないからです。

なお現場代理人の有無動向は、監理技術者の専任性に影響しません。

Q電気通信技術者資格の免除について

電気通信技術者の資格を取得したいのですが、申請をすれば試験を受検しなくても、資格が貰えるのでしょうか?貰えるはずですが、条件等は何でしょうか?

Aベストアンサー

電気通信主任技術者の事でしたら、学歴、経験に拠っては
免除科目が在りますが全科目免除の規定は在りません。
よって申請だけで資格取得は出来ません。

Q監理技術者の直接的かつ恒常的な雇用関係の意味とは

ご教授のほど、お願いいたします。

私は某大手企業で常勤嘱託として1年契約で勤務しております。

そこで質問なのですが、監理技術者の資格(電気)を取得したのですが
監理技術者は直接的かつ恒常的な雇用関係が必要と監理技術者運用マニュアルに
記載されていたのですが、常勤嘱託のポジションで建築現場に監理技術者の設置は
可能なのでしょうか?

また『監理技術者 = 正社員雇用』と言う認識は間違っているのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> 常勤嘱託のポジションで可能なのでしょうか?
⇒「直接・恒常的な雇用関係」と言うことであれば、可能です。

> 『監理技術者 = 正社員雇用』と言う認識は間違っているのでしょうか?
⇒ 管理技術者の請負業者における届出資格要件は、「個人の資格」と届け出る請負業者に於ける「直接採用」「恒常的な雇用関係」です。「正社員」と言う定義はありません。

「恒常的な雇用関係」とは「雇用関係が継続している」、「直接採用」とは言葉通り(派遣会社経由などではない)、と言う意味であって、「本件のための臨時的な雇用」、いわゆる「渡り技術者」を排除するための文言です。

> 監理技術者運用マニュアルに…
発注者の特記仕様書(あるいは入札説明書)に記載されている文面が優先します。
たとえば「直接雇用関係を示す文書の添付」が明記されます。

####
国体は渡り選手が多いですが(この獲得で開催地は気苦労の塊りらしい)、これは住民票の滞在状況が条件となっています。これと同じですね。

Q電気通信の管理技術者の資格について

こんにちは、
電気工事の管理技術者の資格は、試験に合格して取得しておりますが、電気通信の管理技術者の資格は、実務経験があれば申請をすれば取得できるのでしょうか?

また、電気通信の管理技術者の資格は、試験を受けて取得することも可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

#3ですが追補させていただきます。
実務経験が大卒3年以上、高卒5年以上と記しましたが、これは指定学科を履修した者のみとなります。
指定学科では無い者は通算10年以上の実務経験が必要となります。
尚#2の方も書かれているとおり、本年4月から電気通信主任技術者の資格があれば、取得後5年の実務経験で監理技術者証の申請が出来るようになりました。
また以前ろくに審査もしていないと問題になってからは実務経験審査が非常に厳格になり、電気通信の監理技術者資格は取得しにくくなり、また試験では取得出来ないこともあり、今のところ建設業界では希少価値があると言われております。

Q建設業許可 監理技術者

建設業に詳しい方教えて下さい。
建設工事を行う時、その工事の元請業者の建設業許可看板を現場出入口付近に取り付けますが、そこに監理技術者の名前と、専任の有無を記載する欄があります。この欄に記載するべき監理技術者とは、その現場に配属された監理技術者か会社(営業所)に配属されている監理技術者なのか、どちらを記載するべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

営業所に張り付けた技術者を専任技術者といい、
現場で要する主任技術者、監理技術者とまぎらわしいのですが。
監理技術者クラスの工事となると、専任常駐を義務づけられ、
営業所の専任技術者はまず無理です。
営業所に配属した監理技術者資格者証をもった技術者が専任技術者でなければ、現場に専属させればいいだけです。

それと工事経歴書に施工当時の営業所の専任技術者を記載すると間違いなく指導ものです。

Q電気主任技術者は役に立つ資格か

第3種電気主任技術者は役に立つ資格なのか疑問に感じます。   それ程重要な資格だとは思わないのでが、取得した方でその資格を取得して役に立ったという話を教えてください。

Aベストアンサー

われわれ第二種電気工事士から見れば電検三種資格保持者は神様のようなものです。従業員100名足らず約1MWh/月程度の工場ですが、この程度の契約になると必置資格らしいです。当社はアホばっかりで誰も合格できず、外部委託したり親会社の有資格者に兼務してもらったりしています。
第一種か第二種電気工事士と併せて持っていると、高圧受電している工場や大規模店舗に就職すると優遇というよりも、リストラにあう心配はありませんね。


人気Q&Aランキング