今だけ人気マンガ100円♪夏の100円レンタル祭り♪

甲種危険物取扱者の受験資格について

乙種4類危険物取扱者免状を取得しました。
次は甲種危険物取扱者を受験したいと考えています。
しかし、受験資格に「製造所等での実務経験2年」がありました。
ここでいう「製造所等」には、
指定数量以下の危険物を取り扱う「少量危険物取扱所」は含まれるのでしょうか。
ご回答の程、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2さんの回答の補足です。


これは平成20年4月1日以降に実施される試験から乙4をお持ちなら、
あと乙1か乙6、乙3、乙5を取得してしまえば、『製造所等での実務経験2年』なしで
甲種危険物取扱者試験の受験資格が得られます。
従って、この頃から甲種危険物取扱者の有資格者の高校生が
増えてきています。

>しかし、受験資格に「製造所等での実務経験2年」がありました。
>ここでいう「製造所等」には、指定数量以下の危険物を取り扱う
>「少量危険物取扱所」は含まれるのでしょうか。

これは微妙な所ですね。要は質問者様の勤務先の判断によると思います。
というのも、質問者様が勤務先で在籍する部署の建屋が少量危険物取扱所、
質問者様の勤務先全体で見ると危険物製造所に該当する場合、質問者様を
「製造所等での実務経験2年」として証明されれば一応、受験資格はクリアする筈です。
既に乙4取得済みですから、科目免除を活用して乙1か乙6、乙3、乙5を取得しては
いかがですか?同時に3種目までは受験できる筈です。
私の場合は乙4,2,6,1,3,5類の順で年二回ずつ受験、3年がかりで全て取得できました。
今年甲種を受けるか迷っているんですが、本屋さんでテキストを見てみると、
乙種とは全くの別物のテキスト、というのが第一印象でしたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。

乙種の特定類複数所持により、受験資格があることは承知しており、
先日、乙3と乙6を受験しました。
あと乙5を取得し、受験資格を得たいと考えます。

私の会社の契約先に化学工場等が多数あり、
どのような現場に異動しても、
すぐに保安監督責任者に選任できるよう甲種を取得したいと考えています。
難関資格ですが、がんばってみようと思います。

お礼日時:2010/01/30 16:16

平成20年から甲種の受験資格が変更になっております。


高校卒業後でもすぐに受験が出来るようになっているはずです。
詳細は、私も知らないので、
一度、消防署に電話をいれて、確認されるとよいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。

受験資格が得られるようがんばりたいと思います。

お礼日時:2010/01/30 16:17

製造所等は、指定数量以上を取り扱うものなので、


少量危険物取扱所は入りません。
逆に、少量危険物取扱所では危険物取扱者でなく
ても良いわけで、そういう意味では実務経験に
なりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。

受験資格が得られるようがんばりたいと思います。

お礼日時:2010/01/30 16:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q甲種危険物取扱者の受験資格がない。どうしたらいい?

甲種危険物取扱者の資格をとりたいと考えているのですが、受験資格がありません。

化学の授業の単位は足りませんし、実務経験といっても実務に直接たずさわれる職場ではないのです。
不足分の単位を放送大学で取得することも考えたのですが、入学金、授業料などお金がかかりすぎると考えています。

受験資格を得るよい方法はないでしょうか。
実務経験はどれくらい厳密な経験が問われるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2 です。
実務経験については会社側に確認することまではしないようです。
小さな会社では書類を適当に書いているところもあるようですが・・・

Q危険物甲種の受験資格について教えて下さい。

【受験資格】-(消防試験センターから引用)

◆乙種危険物取扱者免状の交付を受けた後、危険物製造所等における危険物取扱いの実務経験が2年以上の者
◆(乙種の免状交付を受けた後、2年以上の危険物取扱いの実務経験を有する方は甲種危険物取扱者の受験資格があります。)
◆なお、実務経験とは、消防法令で定められた製造所等での危険物取扱いに係る経験を言います。


私は4年ぐらい前に乙4の資格を取り、
それから、ある工場でアセトンや油などを扱う仕事をしていました。
この事は、消防法令で定められた製造所等での危険物取扱いに係る経験に入るのでしょうか?

危険物製造所、消防法令で定められた製造所が
いまいちどのような会社、職種のことを言っているのかが分かりません。

分かる方いたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

答えが三者三様になってしまいますが、私の理解の範囲でお答えします。

製造所等は例として
製造所:危険物を製造し出荷するところ:石油精製所、化学工場など
屋内危険物貯蔵所:いわゆる危険物倉庫
移動タンク貯蔵所:いわゆるタンクローリー
給油取扱所:ガソリンスタンド、バスの車庫、空港、漁港などにもある。
販売取扱所:小分けされている危険物を販売する所、灯油を扱うお米屋さん、塗料店など
一般取扱所:危険物をつり扱う工場など、塗装や印刷、油だきボイラー室など

質問者様の工場が、一般取扱所に合致するか、それとも工場施設内に、貯蔵所があるか、だと思います。

取り扱い経験は、指定数量と関係りません。その名のとおり、4類の危険物を取り扱った経験があればいいです。

受験申請の際、危険物取扱等実務経験証明書に、その工場の社印と工場長印等を押してもらってください。
http://www.shoubo-shiken.or.jp/denshi/pdf/template_kikenbutsu.pdf

Q危険物取扱乙4、企業から見たらしょぼい?!

今現在、トルエンなどを取り扱う職場で派遣社員として働いています。
既婚・子無しの主婦で、今年中には子供をと思っているのですが、その後(出産後)もまたこういった化学系の職場に復帰したいと考えていまして(今の仕事がすごく楽しい!!!)、危険物取扱の資格取得を考えています。
乙4は高校生でも取れるような比較的とり易い資格のようですね。ということは、逆に言えば乙4くらいでは資格のうちに入らないのかなぁ、とも思うのですが、どうなのでしょうか。
せめて化学系で働くなら○○○はとったほうがいいよ、というものももしあれば教えてください。

ちなみに、高校は私立の女子高で、短大も生活学科という、まったく化学とは縁がない人生でしたので、基礎は全くといっていいほどありません。
(でも勉強はしたくてたまらないので、努力は惜しみません。)
あと、いくら勉強したいといっても、学校入り直すほどの余裕はありませんのであしからず(苦笑)

Aベストアンサー

トルエンは消防法の危険物4類と毒劇物取締法
によって規制されているので

危険物の
http://www.shoubo-shiken.or.jp/kikenbutsu/index.html

他に毒物劇物取扱責任者
http://www.umekkii.jp/data/career/poison/intro/

もお勧めします

次にステップアップして公害防止管理者(水質又は大気)4種を受けるのが一般的です

http://www.jemai.or.jp/japanese/qualification/polconman/index.cfm

毒物は工業高校の化学系は試験免除
公害防止管理者 2・4種は工業高校の化学系卒程度
の難易度です

Q化学メーカーの社員が取るべき資格

よろしくお願いいたします。

昨年の4月に大きく分けると化学の属するメーカーに就職いたしました。
最近ある程度業務についてはなれてきて、多少違うことに力を入れることができるような余裕がうまれたこともあり、資格を取ろうと考えております。
現在保有している資格は、大学卒業とともに得た毒劇物だけです。(公的資格でどうやって証書などを受け取るのか分からないので放置してありますが。)

ざくっとお聞きしますが、化学屋が取っておいた方がよい資格には何があるのでしょうか?
一応危険物の甲種は取得しておこうと思っています。
そのほかに、取っておいた方がよい資格について教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「大きく分けると化学の属するメーカー」という意味がわかりませんが、化学工場で働く場合に必要となる学卒エンジニアの資格についてはつぎのものがあります。

(1) 危険物取扱者(甲種)
(2) ボイラ技士(一級又は二級)
(3) 高圧ガス保安責任者(甲種)
(4) 有機溶剤作業主任者
(5) 特定化学物質等作業主任者
(6) エネルギー管理士(熱)
(7) 公害防止管理者(水質、大気)
(8) 衛生管理者

(1)から(3)は化学工場で働く場合は必須です。(3)はちょっと難しいですが、(1)と(2)は大学を出ていれば難しくありません。(4)と(5)は労働基準協会の主催する講習会を受講すれば、ほとんど落ちることはありません。(6)と(7)は管理職となる人は持っていた方がよい資格です。(8)は事業所に一人は有資格者がいなければならない規定になっているので、持っていると有利(有資格者があなた一人の場合、少なくともリストラされることはありません)。
まず確実な(4)、(5)を取得し、(1)、(2)、(3)の順に取得していかれたらどうでしょうか。というのは化学系の資格の内容には共通点があるので、易しいほうから受験して知識を増やしていけば、難しい資格も取りやすくなるからです。
その他の資格として
技術士(化学部門)は私も持っていますが、「さすが」と尊敬してもらえます。ただしあまり実務的な利点はありません。
特級ボイラ技士は持っていると、各工場で引っ張りだこです。今の職場をクビになってもすぐに就職口が見つかる優れものです。
最近、大学院も一般に公開しているところがあり、働きながら博士号をとることができます。これも「さすが」と尊敬してもらえます。すでに博士号をもたれているのならごめんなさい。

「大きく分けると化学の属するメーカー」という意味がわかりませんが、化学工場で働く場合に必要となる学卒エンジニアの資格についてはつぎのものがあります。

(1) 危険物取扱者(甲種)
(2) ボイラ技士(一級又は二級)
(3) 高圧ガス保安責任者(甲種)
(4) 有機溶剤作業主任者
(5) 特定化学物質等作業主任者
(6) エネルギー管理士(熱)
(7) 公害防止管理者(水質、大気)
(8) 衛生管理者

(1)から(3)は化学工場で働く場合は必須です。(3)はちょっと難しいですが、(1)と(2)は大学を出ていれば難しく...続きを読む

Q1級ボイラー技士に合格するのに要する勉強時間・勉強方法を教えて下さい

2級ボイラー技士を2年ほど前に受け、合格しました。
その直後、1級ボイラー技士の試験を受けたのですが、不合格となってしまいました。

他の試験(電験三種)の勉強をする必要があったので、一端ボイラーの勉強をやめざるを得なかったのですが、この試験が終わり時間が空いたので、1級ボイラー技士の勉強を再び始めようと思います。

試験は11月半ばなのですが、時間的にあと2ヶ月で間に合うものでしょうか?
久しぶりに参考書を開いたのですが、内容をほとんど忘れていました。
2級ボイラー技士・1級ボイラー技士を合わせた過去の勉強時間は150時間程です。

合格までに要した勉強時間や、具体的な勉強方法等を教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

http://www.jbanet.or.jp/01tosyo/TOSYO.HTM

ここにアクセスして

(1)一級ボイラー技士教本
(2)一級ボイラー技士試験標準問題集
(3)一級ボイラー技士免許試験公表問題解答
を買って下さい。
これ以外の市販の問題集は必要ありません。


あくまでも。問題集から学習する事をお勧めします。
テキストの中身を全部理解してから問題集に移ろうとしないで、
問題を解いて、わからないところを(1)のテキストで調べるといった方法で、
上記(2)(3)の問題集を3回転させれば、合格ラインが見えてきます。
特に(3)は過去に実際出た問題ですので、こちらに比重を置かれるのが
合格への早道です。
くりかえし、同じような選択肢の問題が出題されています。

合格だけに要する時間(すべての事を理解する時間ではなく)は
1ヶ月で50時間から70時間ぐらいです。

補足ですが、試験当日の昼休みの過ごし方。
午前中の試験を1時間で退出すると、午後の試験開始まで
2時間ぐらいの時間があります。
この間を上記(3)の問題集の午後の部分を再度やりなおす事で
完璧なフィニッシュとなります。
もちろん午前の時間を1時間で退出するためには、
午前の問題は、合格ラインを超える自身がつくまで勉強をしていなくては
なりませんが。

参考URL:http://www.jbanet.or.jp/01tosyo/TOSYO.HTM

http://www.jbanet.or.jp/01tosyo/TOSYO.HTM

ここにアクセスして

(1)一級ボイラー技士教本
(2)一級ボイラー技士試験標準問題集
(3)一級ボイラー技士免許試験公表問題解答
を買って下さい。
これ以外の市販の問題集は必要ありません。


あくまでも。問題集から学習する事をお勧めします。
テキストの中身を全部理解してから問題集に移ろうとしないで、
問題を解いて、わからないところを(1)のテキストで調べるといった方法で、
上記(2)(3)の問題集を3回転させれば、合格ラインが見えてきます。
...続きを読む

Q危険物乙種取扱者の複数受験について

初めまして。

私は甲種の危険物取扱者資格が欲しいのですが、現在乙4一種類しか
持ってないのでそれ以外の乙種三種類を取って甲種受験資格にしよう
と考えています。

調べたところ乙4を取得した場合、甲種受験には

乙3
乙5
乙1または乙6

の三種類が必要との事でした。

そこでお聞きしたいのですが
1. 乙1と乙6どちらを取得したほうがいいでしょうか?
2. 勉強時間はどのくらい必要でしょうか?

1. ですがようするにどちらが簡単に取得できますかという事です。
2. は個人差があるので一概には言えないのは分かってますが…

参考として、先の危険物乙4を取得したときは一日一時間の勉強を
二ヶ月コンスタントに続けて合格できました。その際の得点は

法令 80
物化 100
性消 100

でした。どうかアドバイスのほどお願いします。

Aベストアンサー

乙4を取得していれば、法令と物理化学は全免申請でき、性消だけを
10問受験すればいいので、難易度的にも10日もあれば(もちろん、
毎日1時間位は勉強してです)行けると思います。(暗記と問題集が学
習の中心となります)あと、乙1と乙6の比較は、まぁ大概は同程度
なのですが、乙6は品目が少ない分、時々「個数問題(正しいor誤り
は幾つあるか)や複合問題」で若干難しい問題が出ることもあります。
いずれにしても、乙4を最初に受けた際の難易度には比すべくもない単
純さではあるので、心配はいらないと思います。集中力に自信があるの
なら、どちらでも変わらないでしょう。(でも、乙6は侮ると返り討ち
に遭う確率も他より高いんですよね、受験者の体験談などでは・・)
最後に、乙種全類と甲種では、1つ決定的な違いがあります。それは
「危険物保安監督者」の任用時の「実務経験」の必要要件です。詳しく
は下記URLをご参考に。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%B1%E9%99%BA%E7%89%A9%E5%8F%96%E6%89%B1%E8%80%85

乙4を取得していれば、法令と物理化学は全免申請でき、性消だけを
10問受験すればいいので、難易度的にも10日もあれば(もちろん、
毎日1時間位は勉強してです)行けると思います。(暗記と問題集が学
習の中心となります)あと、乙1と乙6の比較は、まぁ大概は同程度
なのですが、乙6は品目が少ない分、時々「個数問題(正しいor誤り
は幾つあるか)や複合問題」で若干難しい問題が出ることもあります。
いずれにしても、乙4を最初に受けた際の難易度には比すべくもない単
純さではあるので、心配...続きを読む

Q玉掛けは資格としては食える資格ですかあ?

現在、34歳(男性)で現在、介護の仕事をしています。みなさんご存じの通り介護の仕事は結構ハードで定年までできるかなあって最近疑問を感じるようになりました・・・そこで少しずつですが、転職に有利になるかなあっていう介護系以外の資格をとってきました・・
(今までとってきた資格)
大型自動車免許
フォークリフト

です。これからもちょっとずつでも、介護の仕事を続けながら資格をとっていきたいと考えています。

その次に目指すのが玉掛けの資格です。港での仕事や建設、工場などいろんなところで使えそうなのですが、実際のところお金になる使える資格なんでしょうか?玉掛けを修了したら今度は小型クレーンの免許も取ろうと考えてます。

ご存じの方は是非教えてください

Aベストアンサー

資格で転職が有利になる事はありません、どんな資格でもです
経験あっての資格です
行政書士だろうが大型二種だろうが同じです
今の御時世で資格だけで優遇される事はありません

玉賭けの合格率は97%です普通に講習受ければ誰でも取得出来ます
しかし、誰でも取得出来る資格でも
現場で働くからには取得しないといけません
製造業等では頻繁に使う作業の中にこの資格がないと作業出来ない事があるからです

介護系の職に見切りをつけて転職希望で資格所得って話ですよね
たぶん考え方は間違ってはないと思います
将来が不安で手に職と言われる製造業に興味があるって所だと思います

しかし、考え方が漠然とし過ぎです
製造業と言っても大企業のライン作業員と中小企業の現場第一線では
やってる事も知識も技術も全然違います
どの当りが違うかは割合しますが
製造業って括りの中にかなりの違いがある事はご理解下さい

質問者様的なアドバイスですが
現在取得してる資格と目指す資格ですと(大型、フォーク、玉賭、クレーン)
大型自動車のドライバーって事になります
しかも鉄筋系かな?
どこかの中堅運送会社に就職してダンプから初めて数年でトレーラーに乗り換え
最終的にはポールトレーラのドライバーって感じでしょうか・・・

ちょと妄想入ってますがそんな感じかもしれません
もし製造業での物作りを視野に入れてるのでしたら
方向性が違いますね、すいません

質問文だけではドライバーになりたいか製造現場の作業員になりたいかも解りません
もう少し方向性を決めた方がいいです

転職で有利になる条件は、経験と人柄、年齢だけです
資格試験はおまけの様な物です

ハッキリ言って未経験で34歳ですとギリギリです
それを踏まえてのアドバイスですが
転職される希望の業種をよく研究する
転職したい企業まで絞り込むのが理想です

あとは自分の人柄を信じて現在の職に在職しつつ数をこなすでしょうか?

う~ん、今求人を出してる企業はブラック企業の気もしますし判断は難しいですが
リサーチでなんとかして下さいとしか言えません

まとめますが、今現在の質問者様は何をしたいか迷走してます
製造業?ドライバ?建築現場?
まず、方向を見定めて下さい
で、資格はおまけって程度で
転職は経験と人柄です
質問者の場合経験がないので人柄のみの勝負ですが、転職成功すれば
資格なんて会社から取ってくれって事なります

よくよく吟味して進路を考えて下さい

資格で転職が有利になる事はありません、どんな資格でもです
経験あっての資格です
行政書士だろうが大型二種だろうが同じです
今の御時世で資格だけで優遇される事はありません

玉賭けの合格率は97%です普通に講習受ければ誰でも取得出来ます
しかし、誰でも取得出来る資格でも
現場で働くからには取得しないといけません
製造業等では頻繁に使う作業の中にこの資格がないと作業出来ない事があるからです

介護系の職に見切りをつけて転職希望で資格所得って話ですよね
たぶん考え方は間違っては...続きを読む

Q危険物取扱者について

危険物取扱者について
夫が危険物取扱者の資格を取る事を考えてるのですが、中卒です。他に何も資格は持っていません。
受験資格にはほとんど大卒と書いてあったのですが中卒で取る事はできないのでしょうか?
もしできるのであればどうしたらいいのか、分かる方がいらっしゃったらお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

はじめまして、危険物について回答させていただきます。
まず、資格の種類として、甲種、乙種、丙種の三種類に分類される国家資格です。
そのうちの、乙種、丙種については、受験資格は、「年齢、性別,国籍、学歴」の制限はありません。(甲種については、乙種危険物取扱者免状交付後実務経験2年等の制限あり。)
また、甲種、乙種、丙種のうち、

丙種:危険物第4類のうち、「ガソリン、灯油、第三石油類(重油、潤滑油類及び、引火点130度以上のもの)第四石油類(ギヤー油、エンジンオイルなど)が取扱えるのみ。

乙種:第一類~第六類の6分類があり、それぞれ所持している類の取扱、無資格者に対しての立ち会い、危険物保安監督者になる事ができます。乙種第四類(通称乙4)の受験が一般的です。(なお、一つの類を取得してしまえば、他の5類を受験する際に、科目免除が受けられます。) 試験問題は五肢択一のマークシート方式(問題レベルは中学生の化学程度です)

甲種:第一類~第六類のすべての分類においての、取扱、無資格者に対しての立ち会い、危険物保安監督者になる事ができます。試験問題は五肢択一のマークシート方式 

受験については、お住まいの都道府県の「(財)消防試験研究センター各支部」、お近くの「消防署」で、願書の配布や受付を行っています。
ちなみに、試験は全国で年間平均3回から4回くらい実施しています。

僕は、高校生のときに乙種危険物取扱者の全6類を取得して、(財)消防試験研究センターから表彰状もらい、来年度に「甲種危険物取扱者」を受験する予定です。

合格率は、乙4で60%ぐらいです。

他にも、受験資格に制限のない資格はありますよ。

例えば、危険物に関連して、「乙種消防設備士」。これは、消火器などの消防設備を点検整備ができる資格です。試験を実施している所が一緒なので、ご参考までに。

「毒劇物取扱責任者」は無条件で資格が与えられる場合にのみ学歴等の制限がありますが、受験資格については、18歳以上であれば、受けられます。

「第二種電気工事士」も受験に際して、学歴は不問となっています。

また、運転系の資格で、「フォークリフト技能講習」、は18歳以上であれば、受講する事ができます。

「危険物」も「毒劇物」も「電気工事士」も国家資格の永久ライセンスです。

勉強方法は、僕の場合ですが、
参考書は「読みこむよりも、書いて覚える。1つの項目が理解できたと思ったら、問題集で問題を解く。」これの繰り返しで、夜中に勉強よりも、「朝の30分~1時間」の方が、頭に入りました。
そして、参考書を100%理解なんて不可能なので、全体の80%が理解できていれば、試験本番も合格できます。

また、ある程度の時期に来たら試験の場数を踏む事もオススメします。
なぜかというと、試験本番の空気を体験しておくためと自分の実力を確認するため、あと、実際の試験問題は持ち帰れませんが出題の傾向をつかむためです。
予想問題集は、あくまでも「予想」なので…。

長々と書いてしまいましたが、試験勉強は大変かもしれませんが、がんばってください!!

はじめまして、危険物について回答させていただきます。
まず、資格の種類として、甲種、乙種、丙種の三種類に分類される国家資格です。
そのうちの、乙種、丙種については、受験資格は、「年齢、性別,国籍、学歴」の制限はありません。(甲種については、乙種危険物取扱者免状交付後実務経験2年等の制限あり。)
また、甲種、乙種、丙種のうち、

丙種:危険物第4類のうち、「ガソリン、灯油、第三石油類(重油、潤滑油類及び、引火点130度以上のもの)第四石油類(ギヤー油、エンジンオイルなど)が取扱え...続きを読む

Q電験3種とあわせて持ったほうがいい資格について

電験3種だけではあまり意味がないようなことを聞きました。その他に持っていたほうがいい資格は何がいいのでしょうか?電気工事士とかエネルギー管理士なのでしょうか?自分としてはまだ、具体的に何がしたいとかないのでこの資格ならこれにいいとか教えてもらえるとありがたいです。

Aベストアンサー

電験3種だけでも資格としての価値は高いと思います。工学部電気科卒でも、試験勉強無しには受からない資格です。
どの程度の年収を希望されるかによりますが、電気保安業務を行う場合、この御時世で学歴が無い中高年(年金生活者でも!)でも正社員・嘱託採用されます。フルタイムで働けば年収300万円は保証されるでしょう。

ビル管理などの正社員であれば、ほかに冷凍機、高圧ガス、ボイラー、消防設備士、ビル管理、マンション管理、衛生管理者などがあると役立ちますが、これらの資格で収入が増えるわけではありません。(資格が多い人のほうが採用される可能性が高いというくらいの違い)交代勤務になる可能性が高く、年齢制限もありますが年収はもっと良いはずです。

電気工事士の場合は肉体労働になります。年齢制限がありますが、日給2万円以上はもらえるでしょう。

エネルギー管理士や電験2種を持っていても、中規模企業の管理職以上でないと資格を生かすことは難しいでしょう。中規模以上の工場やビルの電気系社員なら自己開発の一環としてこれらの資格を取得していることが多いからです。

難易度としては
有線・無線系の資格
アマチュア無線<特殊無線技士<工事担任者<電気通信主任<無線技術士

電力系の資格
2種電気工事<電験3種<エネルギ管理<電験2種

といった感じです。

電験3種だけでも資格としての価値は高いと思います。工学部電気科卒でも、試験勉強無しには受からない資格です。
どの程度の年収を希望されるかによりますが、電気保安業務を行う場合、この御時世で学歴が無い中高年(年金生活者でも!)でも正社員・嘱託採用されます。フルタイムで働けば年収300万円は保証されるでしょう。

ビル管理などの正社員であれば、ほかに冷凍機、高圧ガス、ボイラー、消防設備士、ビル管理、マンション管理、衛生管理者などがあると役立ちますが、これらの資格で収入が増えるわけでは...続きを読む

Q化学系の就職には、危険物取扱者とどちらが有利?

現在転職を考えております。
化学系の会社にて転職を希望しているのですが、その前に資格所得を考えております。
今、危険物取扱者の受験も考えているのですが、現在働いているため、TOEICと平行勉強は少し難しい気がして…。
どちらが就職に有利なのか、知っている方教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

転職は、いつ頃をお考えでしょうか。また、いまのTOEICのスコアはどのくらいでしょうか。TOEICは、仕事をしながら数か月やって大幅スコアアップできるようなものではありません。

迷っておられるのなら、とりあえずTOEICを受けてみるべきでしょうね。時間配分などでミスらないように、受験前に公式問題集などをやって、試験形式に慣れておくといいでしょう。

技術者の場合ですと、600以上あれば、それなりに評価されます。技術者ではなく事務系のキャリアであれば、730はほしいところです。860以上あれば、かなりアピールできるでしょう。

目標までに50くらい足りないのであれば、半年くらい毎日3時間くらいがんばれば、目標達成できるかもしれません。3時間というのは、机の前に座ってやるのではなく、移動中の時間などを含みます。3時間も無理と思うかもしれませんが、そのくらいやらないと、短期でのスコアアップはむずかしいと思います。

目標にはるかに足りないのであれば、とりあえずTOEICは忘れて、危険物を目指せばいいでしょう。逆にすでに目標に達しているのであれば、危険物という考え方もできますね。

なお、TOEICは、なれていないと、50くらいスコアが低く出ることがあります。1回目に目標に少しだけ足りないという場合は、続けて受ければ、ほとんど学習しなくてもあるいはスコアアップできるかもしれません。また、50は誤差の範囲内とも言われているので、続けて何回か受けて、その中の最高スコアを履歴書に書くという方法もあります。

転職は、いつ頃をお考えでしょうか。また、いまのTOEICのスコアはどのくらいでしょうか。TOEICは、仕事をしながら数か月やって大幅スコアアップできるようなものではありません。

迷っておられるのなら、とりあえずTOEICを受けてみるべきでしょうね。時間配分などでミスらないように、受験前に公式問題集などをやって、試験形式に慣れておくといいでしょう。

技術者の場合ですと、600以上あれば、それなりに評価されます。技術者ではなく事務系のキャリアであれば、730はほしいところです。860以上あれば、...続きを読む


人気Q&Aランキング